FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

マリと子犬の物語

http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1180285359/
2ちゃんねる映画ブログ

2 :名無シネマ@上映中:2007/05/28(月) 02:11:08 ID:mbYhldGk
出演 
船越英一郎 宇津井健 松本明子 広田亮平 佐々木麻緒 
マリ(柴犬)と三匹の子犬 ほか


489 :名無シネマ@上映中:2007/12/08(土) 16:12:38 ID:Q9wQtEb3
試写会いってきますた。

想像してたより遥かに良かった。
油断してたら思いっきり泣かされた(T T)
子役の女の子、演技がうまいうまい。
ころころわんこもたまらんです。

小学生位の女の子がひっくひっくとしゃくりあげながら
ぼろぼろ泣いてた。

493 :名無シネマ@上映中:2007/12/08(土) 17:07:02 ID:sC3bTJxp
ネタバレすっと蛭子即死

494 :名無シネマ@上映中:2007/12/08(土) 17:21:03 ID:dZMKq+J3
改めて、作品内で気になった所をツッコミ

・マリが母親になった経緯をちゃんとやってよ
・劇中唯一の死者の蛭子さん追悼
・雨の山道を妹背負ってかなりの距離歩ける亮太スゴス
・ラストの船越と松本の意味深な笑みはなに、いつからそんな関係に?

495 :名無シネマ@上映中:2007/12/08(土) 17:48:17 ID:/NTAaquK
>>494
飼い犬がいつのまにか子供孕んでるってよくあるからいんじゃない
犬猫はメスしか子育てしないし

496 :名無シネマ@上映中:2007/12/08(土) 18:57:15 ID:mF6fqVF4
初日なのにスレも映画館も過疎りすぎw
3割くらいしか入っていなかった。
映画は期待どおり、なかなか良かった。
基本はお涙ちょうだい系だし、思いっきり臭いセリフまわしが
いっぱいあるんだけど、犬の演技がすごくて許せちゃう。
子役も二人とも良かった。

ただ、母親を病気で殺して、それ絡みで泣かせるのはいただけなかった…
涙そうそう的ダメダメポイントも結構多かったのが残念。

497 :名無シネマ@上映中:2007/12/08(土) 20:56:47 ID:HvnqKQ26
子役とマリ役の犬、本当に良かった。
佐々木麻緒ちゃんには「火垂るの墓」のドラマでも泣かされたっけ。

2ちゃんねる映画ブログ

500 :名無シネマ@上映中:2007/12/08(土) 21:27:59 ID:EMnNS+5w
船越のヅラと子犬のケツの穴には泣けた・・・・

197 :名無シネマ@上映中:2007/11/04(日) 11:02:15 ID:eEgXxVJv
これって船越のヅラ映画ですか?

211 :名無シネマ@上映中:2007/11/05(月) 21:24:18 ID:lJXgxV1d
泣く前に船越の頭で笑おう!

2ちゃんねる映画ブログ

503 :名無シネマ@上映中:2007/12/08(土) 22:04:50 ID:HkHFY3kU
今日、見てきました。
めちゃ犬好きで犬が出てくる映画は全部見ている犬映画ヲタですが・・・
感想としてはこぎつねヘレンの方がおもしろかったなあ。
理由は・・・登場人物に感情移入できるような、キャラが立ってる人がいない。
実話なんだからしょうがないんだけど、出てくる人全員がいい人なんでストーリーに起伏が乏しいんだよね。
子犬はかわいかったし、大型ヘリを追いかけていくマリもよかったけど。
南極物語だと犬の一匹一匹に個性があってエピソードがあって・・・でも、この映画ではただの「3匹の子犬」だった。
クイールだと訓練士と盲導犬とのコミュニケーションや対人間との関係が丁寧に描かれていてそれが面白かったんだけど・・・
やっぱり実際にあった地震をベースにしての犬の話はノンフィクションだけに制約があるのかなと思った。

508 :名無シネマ@上映中:2007/12/08(土) 23:11:33 ID:8MI3mC+m
今日、観て来た。
一緒に行った4歳の娘が、周りの方に迷惑なくらい、おいおい泣いて仕様がなかった。
後半は2人で抱き合って泣きながら観てた。
劇中の女の子が4歳に見えないとか、救助班(?)の班長が緊張感足りなく見えたり、いくつか思うところはあったけど、
いっぱい泣いて、何かスッキリした。

509 :名無シネマ@上映中:2007/12/08(土) 23:22:05 ID:Snos8HxL
>>508
あなたの娘さんは素晴らしい感受性ですね。
私の隣にいた、おばあさんに連れて来られた小学3~4年生の女の子は
「ねえ、まだ終わらないの?」とか言い出したり、
しーんとしてる場面(どっちかと言うと泣くとこ)で笑ったり…。

523 :名無シネマ@上映中:2007/12/09(日) 03:54:20 ID:qmcYA1Mi
俺は猫派だから、犬は好かん

524 :名無シネマ@上映中:2007/12/09(日) 03:55:39 ID:5Or7nb4e
あっそ

527 :名無シネマ@上映中:2007/12/09(日) 06:39:35 ID:nB7HDxZn
いちばんトロい子犬がパーかな?

541 :名無シネマ@上映中:2007/12/09(日) 13:24:53 ID:UWj3bbXF
昨日観たんだが、なんでみんな綺麗な東京弁なの?
新潟県民からすりゃマリーアントワネットが英語劇だった位違和感ありまくり

542 :名無シネマ@上映中:2007/12/09(日) 13:39:36 ID:0lq6/RS+
>>541
想像してみた。
「世の中にゃどうにもならねーこともあるがーよ」
下手に方言を入れる方が違和感・・・

543 :名無シネマ@上映中:2007/12/09(日) 13:46:57 ID:iONJSUQR
>>541
なじらー
そんたらこつゆーめーに、おまさんがいつご弁使ってにちゃんに書かんば。

553 :名無シネマ@上映中:2007/12/09(日) 15:36:00 ID:BTT0WVG7
兄妹が村に潜入しようとするシーンを省略して90分にした方が良かったかな?
小さい子や年寄りに二時間は辛いようだ。(トイレを我慢できない)

558 :名無シネマ@上映中:2007/12/09(日) 18:28:01 ID:iONJSUQR
>>553
子供も視野に入れたファミリー映画としては定石な展開で必須。

566 :名無シネマ@上映中:2007/12/09(日) 20:27:32 ID:Veyv/UYs
>>553
あれなかったらお兄ちゃんの活躍するシーン無くなっちゃう

554 :名無シネマ@上映中:2007/12/09(日) 15:51:31 ID:AvXjaEfP
エンドロールを見ながら、「はぁー終わったー・・・」と思って油断してたら、
最後に本物のマリの写真が出てきて、また泣けた・・・。

557 :名無シネマ@上映中:2007/12/09(日) 18:18:06 ID:NUg3mj/R
昨日みてきた。
すっごい泣いた。マリかわいそう。
飛んでいくヘリを追いかけていくマリは
何を考えてたんだろう。

飼い主がいないのに、毎日アヤと一緒に遊んでいた場所に
せっせと通う姿がいじらしかった。ちゃんとボールをくわえて。。
あの場所って橋をわたらないと行けない場所なのに
よくアヤたち、あそこに行けたよね。


>>554
私は実在のマリの家族が出てくると思ってみてたけど
実在のマリだけか、って思っちゃったよw

579 :名無シネマ@上映中:2007/12/10(月) 00:09:17 ID:yee+zon6

2ちゃんねる映画ブログ

高嶋政伸はミスキャストじゃない?
特にマリに率いられて彩とおじいちゃんが生き埋めになっている現場に行く時の
走り方はアドリブでウケを狙ったのか知らないが、ふざけた走り方だった。

580 :名無シネマ@上映中:2007/12/10(月) 00:15:47 ID:hLVYvixO
>>579
申し訳ありません

585 :名無シネマ@上映中:2007/12/10(月) 01:35:19 ID:0xzUVBxj
>>579
あのシーンでウケは狙わんだろw
まあ装備とか足場とかで走りにくかったんだろうけどあの走り方は不覚にもワラタw

589 :名無シネマ@上映中:2007/12/10(月) 05:18:37 ID:N/MfVZZd
>>579
私も同じこと思った。
わざとらしい走り方だたね。

619 :名無シネマ@上映中:2007/12/10(月) 20:35:44 ID:Bgicgn2I
B級映画マニアの俺としては
高嶋の走りに興味しんしんで観にいくぞww
そんなに面白いのか

620 :名無シネマ@上映中:2007/12/10(月) 20:42:29 ID:3s6uhYPd
>>619 面白すぎるお!
あれでスローだったら笑いどころと勘違いしてただろう

622 :名無シネマ@上映中:2007/12/10(月) 20:50:55 ID:vus8CsQj
高島弟は東宝枠として必要だったから仕方ない。
自衛隊用語か、高島弟がオクレ、オクレと言うたびに
オクレ兄さんが頭に浮かんだよ。

581 :名無シネマ@上映中:2007/12/10(月) 00:24:18 ID:BjdOYn5v
2時間泣きっぱなしだった私も一つ萎えたシーンがあった。
マリと再会して避難場所に戻った時、被災者が一緒に喜んでいたけど、無理があるかなと…実際は他にもペットと別れた被災者も居るだろうし、あのシーンは余計かなと…再会したとこで終わって欲しかった。
まぁ、動物モノは細かい事を言ったら泣けないけどね(^-^;

583 :名無シネマ@上映中:2007/12/10(月) 00:56:47 ID:NIXErBjT
>>581
そこは映画だから。
ついこないだ避難所生活してたもんとしてはあの生活とか
住民の焦りとかすごく上手に描いていたと思う。
もっとも歩いていけばなんとか状況確認できた柏崎よりテレビ等でしか確認できなかった
山古志の住人のほうがはるかに焦りや不安を感じただろうけど・・・

586 :名無シネマ@上映中:2007/12/10(月) 01:57:21 ID:oxc3nQSP
こんな映画反則だよ。涙が止まんないよ。去年保健所に預けたうちの犬思い出した。

587 :名無シネマ@上映中:2007/12/10(月) 02:19:45 ID:zC47TYQ/
>>586
お前はこの映画語る資格なし。

598 :名無シネマ@上映中:2007/12/10(月) 16:46:16 ID:N1yGZf4C
観に行ってきました。
地震発生のシーンとマリが必死で飼い主を崩れた家から助け出そうと
するシーン、置き去りにされヘリを追いかけていくシーン、まだまだ
沢山あるけど、涙がでました。

以前、柴犬を飼っていたので重ねてみていました。
ただ、マリがボロボロになって再会を果たすシーン、映画だし演技だから、
仕方ないけど、本当に嬉しいなら体をよじったり飛び跳ねるんだけど、
ただおとなしくしていたので、ちょっと惜しいかな・・・。

地震の恐怖や家族や人を大切にする・・・この映画を見てよかったです。

617 :名無シネマ@上映中:2007/12/10(月) 19:47:24 ID:cj14xKDc
超大作!てわけでは決してない。
しかし、他人事じゃない映画。
大地震じゃなくとも震度4ぐらいの地震にヒヤッとしたりが
わりと身近な日本だもの。
家屋倒壊シーンは切なさ倍。

618 :名無シネマ@上映中:2007/12/10(月) 20:09:10 ID:Y7eDsTEB
地震のシーンは、少し誇張し過ぎな部分も無きにしもあらず。
映画は、ゴジラが来たみたいだった。

671 :名無シネマ@上映中:2007/12/11(火) 11:53:05 ID:I0o51o+B
618
3年前はあんなモンじゃなかったぞ。
家はあんなに持たずに一発でぺしゃんこだったからな。
崖下にそっくり落ちた家もあった。
土砂崩れの中から子供が救出されたところも最初の一発で崩れたんだよ。
むしろ映画の地震のシーンは生ぬるいくらいだ。
でも怖かったけどね。

629 :名無シネマ@上映中:2007/12/10(月) 21:34:11 ID:FKQS3WUN
犬は山で自分で食べ物を探せるから大丈夫だと言うことを完全に伏せてしまっていた。
後半は過剰な演出で萎えてしまった。

652 :名無シネマ@上映中:2007/12/11(火) 02:16:52 ID:HNyjfXzx
凄かった。2時間ずっと泣きっぱなし。
泣きすぎて疲れた映画は始めてかもしれないw
とにかくマリ役の犬が素晴らしかった。
あと、宇津井健の演技力にビックリしてしまった。
ドラマでは一度も上手いと感じたことなかったのに、この映画の演技にはやられた。
ファンになりそうだw

2ちゃんねる映画ブログ

お兄ちゃん役の子、初めて観たけど自然体な演技でいいね。
女の子役はとても素晴らしい演技力なんだけど、申し訳ないけどなんか鼻に付くw
いやでもその演技に何度も何度も泣かされたんだけどね。

内容は勿論素晴らしかったんだけど、
実話はマリが子犬を産んだその日に地震があったんだね。
その辺を変えてしまっていたのが残念だった。
そっちの方が壮絶だし、マリの凄さがより際立つのに。
生まれたての子犬を使うのが難しかったんだろうけど・・・。
事実は小説より奇なり。
あと、いないはずの子供を中心にするより、マリとおじいさんを中心にして欲しかった。

657 :名無シネマ@上映中:2007/12/11(火) 04:53:08 ID:gGcULTA7
>>652
>いないはずの子供

子供はフィクションなの?
実際は爺さんだけだったの??
じゃ、誰がマリを探しに行ったの?

658 :名無シネマ@上映中:2007/12/11(火) 05:16:02 ID:HNyjfXzx
>>657
おじいさんと一緒に住んでる息子。
映画でいうと船越英一郎。

659 :名無シネマ@上映中:2007/12/11(火) 06:36:08 ID:gGcULTA7
ふーん。
子供で脚色すれば、お涙ちょーだいになるもんね…。

感動して、仕事中も時々思い出して泣きそうになってたけど
急にさめました。そっかー。爺とその息子の物がたりだったのかー。

660 :名無シネマ@上映中:2007/12/11(火) 06:38:27 ID:L6h8hfIK
脚色して泣かせるなんて・・

661 :名無シネマ@上映中:2007/12/11(火) 07:21:05 ID:f7egL1ah
映画だからね。

671 :名無シネマ@上映中:2007/12/11(火) 11:53:05 ID:I0o51o+B
658
それも間違い。
倅は小千谷の床屋で散発中に地震喰らったから山古志に入ったのは翌24日以降。
実際に助けたのは近所の住民。

672 :名無シネマ@上映中:2007/12/11(火) 12:30:57 ID:HNyjfXzx
>>671
え、違うでしょ?
長岡に非難して20日以上経ってからの話だよ?
子犬に母乳をあげ続けたガリガリのマリを見つけたのは息子なはず。

675 :チヌーク名無シネマ@上映中:2007/12/11(火) 12:57:28 ID:I0o51o+B
>>672
これ実際の時系列。
23日、つまり発災当日は倅は小千谷で散髪中に地震を喰らい小千谷ルート、長岡ルート、広神ルートなど山古志に入るルートは全て寸断。
倅は山古志には入れず。
同日深夜までに山古志に入れたのは陸自30普、2普の偵察隊。

23日夜、山古志で爺さんを助けたのは近所の住民。

24日早暁から順次避難民の搬送を開始。

ペットは人命優先のため取り残される。

2~日して山古志に入った地元新聞記者が犬を発見。
単に「被災地で空に向かって吠える犬」と写真付きで新聞に載る。
(コレがマリだったわけだがこの時はマリの「マ」の字も判らず全くの偶然)
映画でも彩が兄ちゃんに新聞見せて「マリだ~」って言ってたけどアレは本物の地元新聞。

マリ等、ペットを連れ出したのは発災16日目の一時帰宅の時。
マリは倅が発見して救助。
他の家等では餓死して白骨化したペットも多数。(実際の映像あり)

680 :名無シネマ@上映中:2007/12/11(火) 15:41:42 ID:HNyjfXzx
>>675
じゃあ>>658で間違ってないじゃない。
っていうか、息子さんが迎えに行けたのは20日以上経ってからだと
ズームインで言ってたんだけどな。

707 :名無シネマ@上映中:2007/12/13(木) 00:13:32 ID:6BnGq/c2
>>675
実話の時系列ありがとうございます。
自分は地元住民が体育館に集まったあと、救助ヘリに乗るまで
何で行方不明者の捜索をしないんだと不審に思ったのですが
その辺は創作なのですね。そういえば当時は「SOS山古志」の文字が
話題になるころまで救助にいけませんでしたからね。

個人的には震災シーンに注目でした。
ガラスの上を歩いて血だらけのマリの足を見て、人から聞いていた
[神戸の地震のあと、枕元に靴」を実感したり
余震なんてたいしたことないと思っていたのを改めたり
送った洋服がちゃんと活用されたり、避難所の張り紙なんかを見ていました。

715 :チヌーク名無シネマ@上映中:2007/12/13(木) 07:40:40 ID:7B0e38su
>>707
ま、時系列は時系列、映画は映画って楽しんだ方が良いかなと。
実際にはもっと壮絶な体験をして、子供がまたフラッシュバックを起こすかも知れないから観に連れて行けないって人もいるからね。
(オイラの知人がそう。たまたま初震の時、幼稚園児の子が別の部屋で、絵本を見ていて直ぐに傍にいてあげられなかった)
実際に体験した人とそうでない人とでは泣くシーンが違うとは思うけどそれぞれの思いを重ねて観て欲しいかなと。
ちなみに私もエキストラ出演したんで、末端の末端ながら製作の手伝いが出来たから思い出の映画になるかなと。
(ほんのワンカットだけど映っていてホッとしたよw)

664 :名無シネマ@上映中:2007/12/11(火) 07:42:43 ID:1JL95ezZ
私は阪神大震災で被災したので、この映画の地震のシーンが余りにリアルで悲しさと怖さが蘇りました。お涙ちょうだい的な要素は確かにあるけれど、この映画は観た人は色々と考えさせられ、感動出来る良作だと私は思いました。

681 :名無シネマ@上映中:2007/12/12(水) 18:56:11 ID:CFs6qTFm
子犬の父親が終始スルーなのが解せない

682 :名無シネマ@上映中:2007/12/12(水) 19:05:41 ID:jR7RuFNT
田舎の雑種犬なんて生理が来たら野良オスが寄って来て気付けば妊娠してましたってパターンじゃないのか

683 :名無シネマ@上映中:2007/12/12(水) 19:59:33 ID:WhtCaPBv
>>682
同感。
田舎の飼い犬なんて、野放しにして
勝手にさせてる家が多いから
どっかの家の犬か野良にヤラレチャッタんでしょ。

687 :名無シネマ@上映中:2007/12/12(水) 20:24:26 ID:X6EXvRZO
見てきた
映画館で人目も気にせず泣きまくったのは久しぶりだった
置き去りと再会シーンはやばすぐる
佐々木麻緒と犬たちのおかげと言ってもいいぐらいだけど、
思いの外広田亮平もよかった。探しに来た親父に自分の気持ちを叫ぶとことか。
周りの観客からも終始すすり泣きの声が聞こえてたよ
冷蔵庫が開いたらウィンナくわえたマリが座ってたとこでは笑いが起きてた

不満だったのは他の被災者がほぼスルーされてたのと自衛隊が少なすぎなことぐらいかな
走りについてはもう何も言わんw
ただ高嶋は先日のドラマ版半落ちでもかっこよかったから好きなんだが。

カラスに顔面蹴られる子犬たちかわいそうだったよー
あそこはマリがんばれーと思わず応援した

688 :名無シネマ@上映中:2007/12/12(水) 20:43:44 ID:vX82mODr
ギャースカ泣き叫んで立ち入り禁止区域にマリを探しに行く兄妹の現実離れした行動なんて
いかにも作り話ってのがミエミエだし邦画に良くあるその場限りの安っぽいお涙頂戴に過ぎない

それより不自由な体で2時間かけて階段をおりる宇津井健を想像してみろ
ずっと深い感動があるぞ

690 :名無シネマ@上映中:2007/12/12(水) 20:53:05 ID:UAcqL6hK
それよりヅラ試着してる船越想像してみろ
感動するぞ!

691 :名無シネマ@上映中:2007/12/12(水) 20:55:19 ID:jR7RuFNT
その展開だったらまず寝るw

725 :名無シネマ@上映中:2007/12/13(木) 23:19:09 ID:EmMr9SGs
エンドロールの「船越英一郎担当ヘアメイク」にワロタ

726 :名無シネマ@上映中:2007/12/14(金) 00:13:40 ID:8jLLwDiN
>>725
ああっ、見に行った直後書こうと思って忘れてたww
あれ見て一人でニヤニヤしてたよw

692 :名無シネマ@上映中:2007/12/12(水) 20:58:15 ID:Zjhu4o5y
ノベライズだともうちょっと細かい部分にも説明つけてるんだけど
マリの命名(鞠のように丸かったから)とか
子犬の父親(野良犬が迷い込んで)とか
映画は最初から撮ってないのか、撮ったけどカットされたか。

711 :名無シネマ@上映中:2007/12/13(木) 01:06:00 ID:YFQyihu+
佐々木麻緒だったからこそここまで泣けたと思う
ただ、死んじゃうのやだよ!のところは少し過剰だったかも
泣きの表情には文句のつけようがないね
瓦礫に埋まって苦しんでる様子も頑張ってたし
最後の呼び掛けに応えがなくごめんね…と泣き崩れた後にマリがやってくるとこも
分かっていてもやっぱ感動したのはマリに抱きついて泣きじゃくるあの子の表情があったからかな

720 :名無シネマ@上映中:2007/12/13(木) 18:21:33 ID:Igeq+rRv
マ゙ァリ゙ィ゙ィ゙ィ゙ィィィィィィィィィィィィィィィ

723 :名無シネマ@上映中:2007/12/13(木) 22:28:47 ID:5khSIBJL
まぁああああああぁぁぁあっーりぃいいいぃぃぃ

730 :名無シネマ@上映中:2007/12/14(金) 02:30:43 ID:+ypykpjo
ヴぁあああああああああああああああああああああああああでぃいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!!!!1

731 :名無シネマ@上映中:2007/12/14(金) 08:07:23 ID:lxrmvI4Y
↑ほんとにそう言ってるように聞こえるw


関連記事

  1. 2009/12/20(日) 00:02:50|
  2. ま行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<インデペンデンス・デイ | ホーム | クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/998-f5ab16ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR