FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

イン・ハー・シューズ

http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1126884608/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2005/09/17(土) 00:30:08 ID:ztG4QXTQ
30歳目前にして自分にぴったり合う靴がみつけられず、裸足でさまよい続けている……この映画のヒロイン、
マギーはそんな女性だ。弁護士として活躍する姉のローズとは反対に、キャリアも資格も学歴もない
マギーが、たったひとつ人に誇れるのは、グラマラスなルックスだけ。とはいえ、若さの賞味期限は
それほど長くない。そのことに気づいたマギーは、遅まきながら自立の坂道を登り始めるが、道のりは
想像以上の険しさだ。よろめき、つまずき、傷ついて、自分のみじめさを噛みしめる日々。その過程で
唯一の理解者だったローズと対立し、完全に居場所をなくしてしまうマギー。そんな彼女が向かったのは、
最近まで存在さえ知らなかった祖母の住むフロリダ。ファッショナブルなハイヒールよりも洗いざらしの
スニーカーが似合うこの土地で、マギーは、いままで知らなかった本当の自分と出会うことになる――。

監督:カーティス・ハンソン
出演:キャメロン・ディアス、トニー・コレット、シャーリー・マクレーン 

http://www.foxjapan.com/movies/inhershoes/


9 :名無シネマ@上映中:2005/09/22(木) 23:30:57 ID:/f/v9DOG
見ますた。
日本で「負け犬」と言われた30代の女性たちにはグイグイ来ると思いますた。
キャメロン・ディアスの代表作になったといっていいと思いまつ。
ただし、主人公の姉妹を中心に女性たちの心理が鋭く描かれているのに比べて、男性の描き方がステレオタイプで平板。
女性のための映画でつ。

11 :名無シネマ@上映中:2005/09/23(金) 08:27:14 ID:JdyVsvwD
予告見たけど。キャメロンのアップは酷かったな
もう少し若いうちだったらよかったのに…
顔だけは綺麗な妹…って感じじゃなかった

2ちゃんねる映画ブログ

25 :名無シネマ@上映中:2005/10/20(木) 23:54:38 ID:jdB1m6mg
試写会見てきたよ~。
三十路女にはなかなか切実なお話です。
ちょっと甘々なストーリー展開ではあるけど、
いい話ですんなり感情移入して泣けますた。
キャメロンは肌は確かに劣化しているけど
やっぱスタイルは抜群っすよ!

38 :名無シネマ@上映中:2005/10/23(日) 14:06:28 ID:LjyTasbV
キャメロンの推定肌年齢40代半ば

41 :名無シネマ@上映中:2005/10/24(月) 13:26:47 ID:n/7cqOeG
若いときに肌の手入れを怠るとガクッと老けるというけど本当だね・・・・
気をつけよう

100 :名無シネマ@上映中:2005/11/11(金) 13:21:17 ID:WSONB+/N
キャメロン、もう40歳過ぎてると思ってた・・・。
32歳だったんだね。

78 :名無シネマ@上映中:2005/11/07(月) 01:38:07 ID:8MO/DNIe
うーん 試写会でみましたが
悪くはないが 優等生的な映画というか・・・
及第点はとるが、強烈に印象に残ったりするとこがないのよねえ

92 :RRD ◆3MranranlY :2005/11/10(木) 23:21:49 ID:t6hoaY/s
試写で見てきた。バンソウコウのおみやげ付き。
要するにママとキャメロンは精神病なんだろ、遺伝性の。
おばあさんが一見普通そうなのでなんの考えなく受け入れてしまった
精神病の孫を改めて受け入れていくクダリは割に面白かったけど、精神病という
レッテルを貼ってしまったらそれで塗りたくられる大味な映画になっちまいそうだ。
姉妹ともに肌の汚さと目の周りのしわが妙に目だった。
でもオパーイが素晴らしいから全てが許せる。
つーのが男視点としての話で、女視点としては姉妹のどっちかに自分を当てはめて
自分との共通点を探せば簡単に見つかる、という感じなのかな、よく分からん。
つーかあからさまな「傷ついた女性のみなさん、元気出してください」という
メッセージ映画そのもの。
久しぶりに八方丸く収まるハッピーエンドの映画を見たような気がするが
なんにも残るものがなし。

104 :名無シネマ@上映中:2005/11/11(金) 19:57:18 ID:o4GMal8a
母親はあれだろ、天才とナントカは紙一重ってやつ
その血を受け継いでるのは姉じゃないの
原作読んでないけど

109 :名無シネマ@上映中:2005/11/12(土) 19:46:22 ID:a+xHZF8T
劇中に出てくるe. e. cummingsの詩の名前わかる人いますか?
キャメロンと盲目の教授のシーンで呼んでいたものなんですが、、、、

110 :名無シネマ@上映中:2005/11/12(土) 20:24:50 ID:Enhtac6m
>>109
回答ではないですが、海外ドラマ「ビバリーヒルズ青春白書」の中で
ブランドンとケリーが結婚式の直前(結局取り止めてしまうのだが)、
ブランドンからケリーへ送った詩が「E・E・カミングス」ダタ。
それは違う詩だったけどね!

つづく…

111 :名無シネマ@上映中:2005/11/12(土) 20:29:22 ID:Enhtac6m
…因みにある方のブログから抜粋(以下、キャメロンが読んだモノ)これを参考に探してみれば?

あなたの心と共に
私の心を重ねて
決して離すことなく
私が行く所  あなたも共に
私のすることは
あなたのすること
いとしい人
運命など恐れない
あなたが私の運命だから
世界など欲しくない
あなたが私の美しい世界だから
誰も知らない深遠なる秘密
起源の中の起源
未来の中の未来
大空に育ちゆく人生という木
魂の飛翔  理性の畏れより早く枝を延ばす
空に星がきらめく神秘のように
あなたの心と共に
私の心を重ねて
誰も知らない深遠なる秘密
起源の中の起源
未来の中の未来
大空に育ちゆく人生という木
魂の飛翔  理性の畏れより早く枝を延ばす
空に星がきらめく神秘のように
あなたの心と共に
私の心を重ねて

          by  E.E.カミングス


上の詩は、ラストの結婚式で読んだものだった希ガス。

129 :名無シネマ@上映中:2005/11/14(月) 02:01:46 ID:4jfvafii
ヤロー、一人で見に行った
予想以上に良かった
教授に本を読み聞かせてAプラスだとか言われるキャメとか見てて思わず涙ぐんだよ

他にも心に残るシーン多々あった
今年の中じゃあ十分に上位の名作じゃん

134 :名無シネマ@上映中:2005/11/14(月) 13:51:54 ID:XERASL6F
後でジワッとくる映画だな。
仕事中に教授がキャメロンを褒めてた場面を思い出して
意味不明に泣きそうになった。

135 :名無シネマ@上映中:2005/11/14(月) 14:29:09 ID:IqW1ujKu
>>134
あの人と出あって初めて、外見やセックスや劣等感を絡めずに
協力しあえる関係を作れるんだ

138 :名無シネマ@上映中:2005/11/14(月) 22:09:12 ID:n0Nkcmo0
>>134
smart girl. だっけ? その後ウヒウヒお買い物してたの可愛かった。
初めて言われたんだろうなぁ…
姉も、どんなに優秀で稼ぎがよくても、君は魅力的だ、愛してるよと
ずっと言ってほしかったんだろうし…

いやー、これよかったよ。「姉妹がケンカして仲直りした」ってだけだけど、
絆や心理の描写やエピソードが上手いと思った。

149 :名無シネマ@上映中:2005/11/15(火) 12:39:01 ID:zFVSijN4
>>138
smart girlより「A+」って言ってもらえたのが凄く嬉しかったんだと思う。
お姉さんの彼氏寝取っちゃったとき、お姉ちゃんが
「ほら、ジムのスペルいってみな、じいぃいむぅぅ」ってやつ。
ああいうのがキャメロンが学校で受けてた文字がうまく読めない子の授業でしょ。
あれ本人の自尊心を凄く傷つけそう。
マギーがDQNになっちゃったのも
やっぱり学校に馴染めなかったのもあるんじゃないかな。
ましては評価がA+なんて一度も貰えたことなさそう。
マギーは活発なシニアのための退職者居住地域で教授に出会えて本当によかったね。

152 :名無シネマ@上映中:2005/11/15(火) 15:10:27 ID:6ddpkeEE
難読症の人の気持ちを簡単の味わうには、文字化けしたPCの画面を眺めて
「なんでこんな簡単な文字も読めないの?」といわれ続けることだな。

154 :名無シネマ@上映中:2005/11/15(火) 15:58:19 ID:59oP2NMO
>>152
なるほどねえ。
私はADDだけど、英語学校で文章や質問の意味がとれなくて
周囲に嫌がられちゃったよ

153 :名無シネマ@上映中:2005/11/15(火) 15:26:48 ID:0cZJ5J4H
ゆっくりなら、読めてたよね?
マギーの場合は、ゆっくりしか読めない&計算が出来ない
って症状だけだったのかな。

317 :名無シネマ@上映中:2005/11/28(月) 19:53:12 ID:DAG7qVoJ
あの教授って、きっと現役の時も
ちょっと問題児的な生徒を、ゆっくり見守って
いい所を引き出してあげてたんだろうな~。

2ちゃんねる映画ブログ

出番ほとんど無かったけど、あのうんうんって楽しそうに聞いてる姿だけで
人物像が想像できた。
自分の中学時代に、同じ様な先生が居て
その先生の事思い出して泣けた。・゚・(ノД`)・゚・。

168 :名無シネマ@上映中:2005/11/16(水) 14:10:52 ID:/lo7j7dD
お姉ちゃんの彼氏がユダヤ人だったと結婚式の時にやっと解った。
継母の編集したビデオを見せられるシーンのちょっと前に
「ユダヤの邪教が云々~」みたいな台詞があったけど気が付かなかったよ。

169 :名無シネマ@上映中:2005/11/16(水) 14:36:52 ID:rPN8jkSa
名前がサイモン・スタインだし…

「私のマーシャ」が入ったカルトは、調べて知ったんだけど、
イエスをキリスト=救世主と信じるユダヤ教の一派らしい。
(当然、伝統的なユダヤ教からは認められていない)

170 :名無シネマ@上映中:2005/11/16(水) 17:58:22 ID:5EGurDOr
サイモンがその気になったと眼鏡をとるシーンは
大変よろしゅうございましたわ

171 :名無シネマ@上映中:2005/11/16(水) 18:17:49 ID:HVARuXqL
電気点けたり消したりはちょっとクドかったけど。
あのロマンス小説はローズ姉さんの愛読書だよね?妹のじゃなく。
わかってて朗読して盛り上げたのか。
やるね、サイモン。

姉妹の祖父母もユダヤ系かな。アイラ&エラ・ハーシュ。
フロリダに引退して悠々自適ってことはお金持ちだよね。
非ユダヤ系の娘婿とは、娘の病気以外でも
いろいろ確執があったのかなと勘繰ってみる。
ローズ姉さんはユダヤ教徒じゃないから
レストランウェディングにしたんだろうね。

182 :名無シネマ@上映中:2005/11/17(木) 14:04:46 ID:ZadAzNel
出張でジムが行けなくなった時サイモンが行くようになったけど
あとで「だからってサイモンに行くように頼まなくても良いじゃない!?」って行ってたけど
なんでそんなにサイモンが嫌いだったのかが不思議です。

2ちゃんねる映画ブログ

185 :名無シネマ@上映中:2005/11/17(木) 15:31:04 ID:A0sQv17n
>>182
よく知り合うと面白くてイイ奴、メガネ外すとあらステキなんだけど、
第一印象がオタクの変人って感じだった。というか、そういうふうに
撮ってなかったっけ。
マーク・フォイアスタインって役者を知ってれば別かもしれない。
 
188 :名無シネマ@上映中:2005/11/17(木) 21:52:08 ID:K4MyRZfD
>>185
>第一印象がオタクの変人って感じだった。

私もそう思った。
最初、リチャードギアとニーアムリーソン足して小さくした上に
ナポレオンダイナマイトを間違えてかけちゃったみたいな印象だった。

おすし屋さんあたりから、ガンガンかっこよく見えてくるのが不思議だった。
役者さんが上手いのかなー。あの人良かったな。

189 :名無シネマ@上映中:2005/11/17(木) 22:10:14 ID:rt0TCLRj
サイモン、法律全部頭に入ってるというか仕事でもマニアックな所があったんだろうね。
男の友人が多そう、人の目をじっと見て話す、趣味や興味の幅が広くて深い、とすごくいいかんじ。
脚本の段階では出来過ぎなキャラだけど役者が上手いから不思議な現実感のある役になってたと思う。

192 :名無シネマ@上映中:2005/11/18(金) 03:52:18 ID:76ZKzf5a
サイモン初登場からめちゃくちゃ好印象だったよ
出張の日も食事の誘いを断るなんて信じられなかった
どこが不満なんだか、いい人なのになあ

199 :名無シネマ@上映中:2005/11/18(金) 15:39:02 ID:5SM4fX4y
この映画、全米興行収入はどうだったんですか?
作品は良作だと思うけど

201 :名無シネマ@上映中:2005/11/18(金) 20:43:43 ID:+tgCWL17
>>199
まだ一応上映はしてるみたいだから、最終的なのは分からないけど
BOXだと$32,216,094ってなってた。

今年では65位だから、この手の映画にしては
頑張ってる方なんじゃないかなあ。

207 :名無シネマ@上映中:2005/11/18(金) 23:26:56 ID:WcZaMGDF
ローズの結婚式、犬と黒人のおばちゃんも出席してたから
犬盗んで消えた危ない女と姉妹だってバレちゃってるわけねw
でも、その危ない女(マギー)とおばちゃんが
最後のほうで仲良く飲んでたりするところが
この映画の好きなとこ。

213 :名無シネマ@上映中:2005/11/19(土) 00:51:11 ID:2UFN+aP1
車イスのお婆ちゃん死んじゃったのかと思ったよ。

215 :名無シネマ@上映中:2005/11/19(土) 11:56:31 ID:yGN1QbK9
 >>213
車椅子のおばあちゃんがギャグ落ちだったので、教授ももしかしたらと
期待しちゃって泣かされた

249 :名無シネマ@上映中:2005/11/22(火) 10:42:21 ID:/vRLSfn3
寿司屋でサイモンに勝手に自分の分まで注文されて
カチンときてるローズの描写とか、心理描写が丁寧だなーと思った。
この脚本家の映画っていつもちょっとフェミ志向って感じだけど
説教くさくないし、押し付けがましくなくてうるさく感じない。

252 :名無シネマ@上映中:2005/11/23(水) 22:42:17 ID:C3zHvdup
>>249
サイモンと付き合ったら、本当に美味しいものばっかり食べられそう~って思った。
メニューを羅列する部分があったよね。
あれは心をくすぐったなぁ。

詩も良かったし、おやじさんとばーちゃんが和解できたのも良かった。
ばーちゃんすごいお洒落だよね。見習う部分がたくさんあった。
ラジオでの紹介で、するめ系映画(じわじわくる)と言ってたが、納得。

253 :名無シネマ@上映中:2005/11/23(水) 23:41:47 ID:iohjSTRd
なぜサイモンのお箸スリスリに突っ込みを入れるやつがいないのだ?

254 :名無シネマ@上映中:2005/11/23(水) 23:48:21 ID:VvT+tZ6d
米人からすれば、ちょっとした通に見えるのかもと思った。
日本人から見ると、お箸スリスリは下品だけどね。

266 :名無シネマ@上映中:2005/11/24(木) 23:09:23 ID:VJe+6el3
姉妹でお花の名前って可愛いよね。
母親が考えて付けたっぽい。

285 :名無シネマ@上映中:2005/11/26(土) 14:56:11 ID:bEw2oATN
あのあとマギーは医者の息子とつきあったのでしょうか?
パーティの場面で探したけど、いなかったみたいだったが。

個人的にはプールサイドで日光浴しているマギーに老人が群がっているところがツボに入った。
眼福じゃ、眼福じゃ。

291 :名無シネマ@上映中:2005/11/26(土) 23:25:37 ID:O615+NEz
>>285
教授の孫との間にほんわかした空気は微妙にあるんだけど、
色目使ったりはしないところがいいよね。成長したな、マギー

292 :名無シネマ@上映中:2005/11/26(土) 23:31:54 ID:tXkQ6d8C
本当に医者の孫がいて、その人にちゃんとマギーのことを
話していたってところがいいエピソードだよね。
あれでローズの結婚式に二人で来てたら、やり過ぎー

287 :名無シネマ@上映中:2005/11/26(土) 22:17:13 ID:FdTO53XS
姉が犬連れて階段を駆け上がって叫ぶシーンは、
ロッキーでスタローンが同じように階段駆け上がって叫んだシーンのオマージュだね。

299 :名無シネマ@上映中:2005/11/27(日) 14:09:19 ID:k5da14lm
この前見てきたけど久々にいい作品みたなーと感じた
ストーリーもすっと入ってきたし、音楽も背景として感じられてうるさくなかった
靴なんかも可愛かったし、衣装も見てて楽しかった
自分には妹がいるから姉妹で喧嘩したり、レストランで話し込んだりっていうところは共感したよ

2ちゃんねる映画ブログ

トニー・コレットって撮影しながらダイエットしたんでしょ?
肌がだんだん汚くなったけど、美人さんだし、演技も悪くなかった
結構いい女優さんだと思うなあ

306 :名無シネマ@上映中:2005/11/27(日) 23:18:13 ID:RH0dAp+y
外国の年寄りは、やっぱチャーミングでイカしてる人が多いね。
日本の年寄りはレゲエでダンスしないもんねと思った。
うちは妹とは仲悪くて何だか羨ましくなったなー
お母さんが死んでしまい、お父さんが再婚して義母はあんな調子だし、助けあうしかなかったのかもしれないけどね。
温かい映画でした

308 :名無シネマ@上映中:2005/11/27(日) 23:44:25 ID:Q+HXlmn5
今日みてきた。
母親を早くに亡くして、祖母も遠ざけられざるを得なくて、
女性が一人もいない家の中で、姉が母親代わりだったのかな。
妹を彼に紹介することで最初は彼に嫌われると言ってた姉だけど、
最後は妹を守りたいって言ってた。
妹を失うことは自分を見失うことだとも。
祖母「自分以外の他者の世話をするのは本当に大変なことよ」
お互いが相手のひとりでやれる力を信頼しあって、自分のことを
見つめられるようになるラストは感動でした。
年の違いがあるとはいえ、母と父との喧嘩エピソードへの記憶違いが
姉妹の間にあって、実はそれ以前から姉が妹を守ろうとしていたこと
が語られ共有されるシーンで泣けますた・・・

312 :293:2005/11/28(月) 10:10:25 ID:cciW3++u
昨日見てきました 最後は泣けた

個人的には弁護士事務所のボスに同情…
そりゃキャメロンディアスが
(≧д≦)ノ~▽パンティ姿で出てきたら…ねぇ

335 :名無シネマ@上映中:2005/12/01(木) 18:33:49 ID:k3IO9bnK
男にはダメなのかなぁ。

途中何回か寝てしまった。。。

336 :名無シネマ@上映中:2005/12/01(木) 20:13:50 ID:MgZ0JPtA
>男にはダメなのかなぁ。

そんなことはない。てか性は関係ないしょ。

343 :名無シネマ@上映中:2005/12/02(金) 10:17:13 ID:bw1YZdFZ
男だけど、十分面白かった。
老人をうまく撮る映画はどれも面白いね。まあさすがに
客は女性が多かったようだが。あと、男の性として前半の
キャメロンがエロいな~と、ついつい思ってしまう……(;´Д`)

344 :名無シネマ@上映中:2005/12/02(金) 13:19:59 ID:1Qd5M2Pc
冒頭とか挑発的だしね。
ああいうの監督の経験がモノを言うのかもね。
編集も良かったし。 そしてやはりスタアの魅力は凄い。

355 :名無シネマ@上映中:2005/12/03(土) 09:53:02 ID:5L7OiY5c
教授がマギーをバカな若い子扱いしなかったように
監督もキャメロンをきちんと女優として扱ったんだなというのが伝わってきた。
8mileでもエミネムからあそこまでの表情を引き出したし、地味だけどなにげにすごい監督だと思ったよ。

371 :名無シネマ@上映中:2005/12/05(月) 11:31:29 ID:gWzL0Iza
なんでローズはマギーを許す気になったの?
そこだけわからなかった。

373 :名無シネマ@上映中:2005/12/05(月) 12:33:55 ID:EUKEE3v5
>371
だってマギーは妹だし・・・
ローズはマギーの母代わりだったわけだし・・・
見捨てられるわけないじゃん!!

374 :名無シネマ@上映中:2005/12/05(月) 14:39:15 ID:mSUBI3y4
たった二人の家族でしょ(父親は再婚して別の家族として)
そう簡単には捨てられないんだよ
それと、祖母のところで立派に働いているのを見て
マギーがちょっとは改心したんだと、見直したからでは?

376 :名無シネマ@上映中:2005/12/06(火) 00:28:39 ID:A7RU3sSB
「ジムよりもいい男に出会えたし」みたいな

377 :名無シネマ@上映中:2005/12/06(火) 08:05:37 ID:Z0di2m7u
>>371
冷静に考えてみれば、マギーのおかげで
目の前に餌があればすぐふらつくようなゲス男だって分かったわけだし。

399 :名無シネマ@上映中:2005/12/08(木) 14:01:42 ID:yk55H7Fq

2ちゃんねる映画ブログ

しかしあの二人のお父さん、本当に娘を思いやってていい人なのに、なんで
あんな意地悪ババァと結婚しちゃったんだろ。前妻同様おんなを見る目が
なかったって人かしら?

400 :名無シネマ@上映中:2005/12/08(木) 15:54:48 ID:xPRK+2fm
あの父ちゃんは人はいいけど、父親としてはダメダメ。
娘への愛情を表に出せないのはともかく、継母の意地悪を黙認。
祖母が生きているのを知ったローズが夜中に実家に押しかけて
そのへんの本音をぶちまける場面でも
自分の愚痴と言い訳タラタラ。

ああいう父親を見て育ったから、姉妹2人とも
ロクな男に引っ掛からないのかと妙に納得してしまった。
ローズにはサイモンという救世主がいたからよかったけどね。

でも、きっと継母も最初は努力したんだろうな、とも思う。
なのに、実母に突然死なれた姉妹の結束は固く、なついてもらえなくて
ローズは利口すぎ、マギーはバカすぎて、可愛く思えなくなったのかもなと想像してみる。


関連記事

  1. 2010/02/11(木) 00:16:34|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スペル | ホーム | 鴨川ホルモー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/985-a386af81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR