fc2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カメレオン

【藤原竜也】カメレオン【阪本順治】
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1210379504/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2008/05/10(土) 09:31:44 ID:fwfqfFNx
「カメレオン」公式
http://www.c-leon.jp/

【配給】東映
【公開】2008年7月5日
【監督】阪本順治
【出演】藤原竜也 水川あさみ 塩谷瞬 豊原功補 他


まるでカメレオンのようにいくつもの表情をもち、
時よりゾッとするほど冷めきった顔を垣間見せる伍郎
ある日、いつもの様に完璧に獲物を騙しきった伍郎たちが偶然、
拉致現場に居合わせてしまった事をきっかけに、
暗い闇の連鎖が動き始めていく-
藤原竜也×阪本順治が挑む、激しく壮絶なクライムアクションムービー


127 :名無シネマ@上映中:2008/06/16(月) 23:38:33 ID:ZnLjNcW8
試写会行ってきた。

Vシネでおkな内容だった。
コンパクトにまとまってはいたけど、それだけ。
藤原はやっぱ演技巧いけど、童顔で損してんなと思った。

138 :名無シネマ@上映中:2008/06/18(水) 10:30:47 ID:LPEz3wZ/
レトロで乾いてて、好きな映画だった。
藤原竜也は非常に魅力的。アクションは凄い。
老人3人組はとても素敵。憧憬の対象。
豊原氏はダークで格好良い。
ストーリー展開等は難ありだが、上記の面々のキャラ立ちと
映像の雰囲気で映画を成立させている感あり。
イロイロ格好良かったのでリピートするかも。

143 :名無シネマ@上映中:2008/06/18(水) 17:17:17 ID:fLfjB749
ヒゲグラサンパーマがどうしてもきもい・・・。好きなんだけど…。

2ちゃんねる映画ブログ

144 :名無シネマ@上映中:2008/06/18(水) 17:57:30 ID:v9Va6/V6
90分でキャラ立ちしてるのはすごいね

161 :名無シネマ@上映中:2008/06/20(金) 00:55:48 ID:Xp/kUPxc
ドンパチやカーアクション、トリッキィなファイト。
あぶ刑事ファンの自分はニヤっとした。
格好良けりゃ何でもあり、展開なんて勢いだって映画もたまには良い、
そんな気分で見るのが一番かと。

170 :名無シネマ@上映中:2008/06/21(土) 23:30:47 ID:xCkUxTSj
試写を観た。Vシネマで充分。脚本に無理ありすぎ。   
その脚本の無理を乗り越えてファンタジーにするには
俳優陣が技量不足。 当初のイメージ通り優作だったなら、
まだそのカリスマ性で強引にもっていって映画として
は観れたかもしれないと思った。

173 :おっさん:2008/06/22(日) 08:06:13 ID:sull+ryy
ほとんどのアクションシーンを藤原竜也本人がこなしているので、見所といえます。危険な階段落ちも本人が演じたそうです。大画面でないとわからないよ。

176 :名無シネマ@上映中:2008/06/22(日) 10:22:53 ID:0R1L+vkB
藤原くんはどんなに長くて難しい連続のアクションシーンも
一度手本を見せられると一発で完璧にこなしたらしい
編集なしの長回しになってるからそのへん見所

187 :名無シネマ@上映中:2008/06/24(火) 16:43:45 ID:YTOmRMYD
どうも藤原竜也は違和感あるんだよなあ。
巧い役者だとは思うんけどあのポスターのビジュアルはどうもね。
松ケンのほうがビジュアル的にはカメレオンという素材には合ってるかな?と。
ただ水川のあのケバさはセントラルアーツ臭があって悪くない。

251 :名無シネマ@上映中:2008/07/03(木) 22:14:20 ID:MJIiWPYl
藤原がかっこいいだけの映画だった

252 :名無シネマ@上映中:2008/07/03(木) 22:15:22 ID:oAr6j/9X
豊原もかっこいいよ

2ちゃんねる映画ブログ

253 :名無シネマ@上映中:2008/07/03(木) 22:47:57 ID:VTPOv2qv
かっこいいだけでもいいじゃんw

270 :名無シネマ@上映中:2008/07/05(土) 11:05:23 ID:JM0AVNmk
藤原のおこちゃま顔がハードアクション? ありえねえよ


と冷ややかな気分で試写見たんだが、いやいやこれが予想外にすさまじいことに。
お見逸れしました、一生ついていきます
と藤原達也にひれ伏したい気分になったよ

吹き替えなしCGなしのバトルとセントラル臭プンプンのカーアクション最高!
 
271 :名無シネマ@上映中:2008/07/05(土) 14:55:15 ID:fQq+Tj/E
海岸の廃墟での怒りに満ちた迫真の無言の演技は
藤原神としかいいようがなかった。
廃墟からラストまでの展開もジェットコースターのように一気にksk
していくから観ていて爽快。

273 :名無シネマ@上映中:2008/07/05(土) 17:03:43 ID:5xtgZAow
いつもはボソボソしゃべるのに、「ぷりっぷりっだよ」と言うとこだけ
明瞭にしゃべるゴーロに惚れた

277 :名無シネマ@上映中:2008/07/05(土) 18:49:37 ID:5B4bS7kd
とてつもなく古い感覚の日本映画でした。
作り手に「斬新で面白いアクション映画を作ろう」という意志を感じることができず
「とりあえず批評家には褒められる映画を作った」という感じ。
観客不在の(作り手にとっての)娯楽映画?
藤原君の芝居が(悪い意味で)歌舞伎役者のようでした。

278 :名無し@お腹いっぱい:2008/07/05(土) 19:05:22 ID:91nu1NyL
> 277
その「古臭い」雰囲気が、結構いーのよぉ。
CGもワイヤーも飽きてたから、すっごく新鮮に見えた。
やっぱ、アクションはああじゃなくちゃ!
主役の藤原も体をはって、がんばってて、いいじゃん!
周りの俳優たちもベテランぞろい。
結構、ああいう懐かしい雰囲気のアクション映画好きな人
とっても多いと思うよ。

309 :名無シネマ@上映中:2008/07/06(日) 08:55:57 ID:qW3BD14W
なんつーか邦画の限界を感じた
全体的な話の流れは好きだったんだが脚本と撮影が稚拙すぎる
アクション映画のくせにたいして迫力なかったし
いちいちアクションに持っていくための不自然な演出がうざすぎる
藤原の演技だけが異様に目立ってて藤原の演技だけに支えられている映画だった

314 :名無シネマ@上映中:2008/07/06(日) 12:15:12 ID:ORROXOpf
>>309
邦画の限界?既にスイーツに占領されてマンガ原作の映画が大ヒットするご時世だよ?
とっくに限界点突破してるさ

307 :名無シネマ@上映中:2008/07/06(日) 07:42:37 ID:nrHTx/Bt
プロデューサーが監督や主演にダメ出しできないから
こういういつもながらのぼんやりした邦画ができるのかな?
どうせなら優作さんの子息に演じてもらった方が宣伝できたんじゃ?

310 :名無シネマ@上映中:2008/07/06(日) 09:07:38 ID:ORROXOpf
>>307
あんな大根息子使ったら最悪だった
優作の伝説台無しにするつもりか?
スイーツの雰囲気演技だけやってればいいよ

323 :名無シネマ@上映中:2008/07/06(日) 17:46:58 ID:pnST5PJD
とりあえず俺は面白くなかった・・・アクションシーンは良かったけど。
映画素人なので色々わからないところがあった。

以下気になった点
・水川あさみはなんで生きてたんだ?とどめも確かさされてたよね?
RCAも死んだと思って安置室に放置してたってこと?さすがに厳しいんじゃ・・・。
・藤原竜也の腕がいつの間にか義手に代わってたがあれは一体・・・そんな怪我
してたシーンあったっけ?
・なぜRCAのトップと闘うシーンを入れなかったのか。

327 :名無シネマ@上映中:2008/07/06(日) 19:19:15 ID:/+T4V8V2
>>323
以下ネタバレ含むので注意


>水川あさみはなんで生きてたんだ?とどめも確かさされてたよね?

・とどめはさされてない
・主人公は死なないの法則


>藤原竜也の腕がいつの間にか義手に代わってたが
あれは一体・・・そんな怪我してたシーンあったっけ?

・水川が倒れた後、左腕に3発位被弾してる

334 :名無シネマ@上映中:2008/07/06(日) 20:43:06 ID:wUxU21ee
ノベライズのほうに後半カットされた部分がかなり描かれてるね、水川助かる様子とか
でも映画としては多少強引だけどあのテンポで終わるのがいいような気がした
日本映画にありがちな湿度だけ高い陰気な感じがあんまりなくて、
ところどころで笑えたりしてよかったよ
登場人物が魅力的だから多少の本の粗さはそれほど気にならなかった
藤原はあんなにアクションできる役者だったんだなぁ

337 :名無シネマ@上映中:2008/07/06(日) 21:12:46 ID:pb9fL4VK
昭和の映画知らないからかもしれないけど
すごく新鮮だった
単純に、かっけええーって気分にさせてくれる映画だった
ゴーロがキレてから乗り込んで行く時の音楽とアクションが痺れた

342 :名無シネマ@上映中:2008/07/06(日) 22:09:20 ID:8B27Nx2+
とにかく藤原竜也が魅力的だった
これに尽きるわ
往年の松田優作とはまったくベクトルが違う魅力なので
比べてどっちがっていう話ではないなと思った
本来は男臭い役者がやるべき役をどこか中性的な藤原がやったことで
説明しづらい不思議な魅力のキャラクターになった気がした

343 :名無シネマ@上映中:2008/07/06(日) 22:19:20 ID:dJrbfxPs
>>342
言いえて妙!

344 :名無シネマ@上映中:2008/07/06(日) 22:33:32 ID:ZXOO9/MC
俺は特に、撃たれて床下に落ちた藤原の顔
目を見開いて怒りに震えたあの表情が印象的だった

2ちゃんねる映画ブログ

345 :名無シネマ@上映中:2008/07/06(日) 22:58:31 ID:V3HtY9jw
軽く笑い起きてたよ
個人的には藤原が豊原たちの顔色を伺いながら札束の6枚目を引き抜くところで地味にウケた

415 :名無シネマ@上映中:2008/07/09(水) 15:28:29 ID:5QSqAkGe
床下で女が引きずられていくのを見て怒りに震えるシーンの顔
いつ破裂するかと心配になる位の顔芸だった
スゴスw

416 :名無シネマ@上映中:2008/07/09(水) 16:53:52 ID:co8fkRjR
阪本監督あそこまで頑張らせることないだろと思うくらいだったなW
同世代の役者と一人だけ違う方向に向かってるように見える
もっと上を目指すために苦労を厭わないというか
自分に厳しい人なのかな

417 :名無シネマ@上映中:2008/07/09(水) 17:01:09 ID:oAGqUB32
あの顔芸は藤原の発案
息を止めて血管を浮き上がらせる方法は
バトロワで故深作監督から教わったんだよね

418 :名無シネマ@上映中:2008/07/09(水) 17:29:59 ID:lZjJ3F8y
あのシーンはカットをかけるのがあと数秒遅かったら藤原くん死んでたかもって
阪本監督がインタビューで語ってましたね

351 :名無シネマ@上映中:2008/07/07(月) 00:06:01 ID:HIJRFnp6
試写と今日で2回見た
2回目のほうが断然面白く感じた
最後の乗り込むところ、藤原左腕ほぼ使わないでアクションしてて凄いなと思った

352 :名無シネマ@上映中:2008/07/07(月) 00:08:19 ID:+i3Fe1+w
そうだった?気が付かなかった。レイトでもう一回見るかw
ラストの群集シーン、水川地味に足を引きずってなかったか?気のせいかな

353 :名無シネマ@上映中:2008/07/07(月) 00:22:30 ID:gX5VVS3v
ほぼネタバレ

>>352
足、引きずっていたよ。
右足を庇っていたね。
弾丸が当たったシーンを思い出したんだけど、左の脇腹やや上と右の腰だったような気がする。
足は、たぶん映っていなかったように思う。

356 :名無シネマ@上映中:2008/07/07(月) 00:27:24 ID:emmyjtmk
自分も試写でも見たんだが、二回目のほうがよくわかって面白い。
片腕だけだったっての気づいたの2回目で。
水川は足引きずってます。
雑踏の中歩くと藤原竜也は背が高かったとわかった。
二人肩組んでフラフラしてる感じがリアルでよかった。
盗聴音頭~はウケた。
この映画なんでもっと宣伝しなかったのか。
アイドル映画と勘違いされてるんじゃないかな。
宣伝下手だね、東映。

357 :名無シネマ@上映中:2008/07/07(月) 00:48:03 ID:5TUMGoph
ネタバレあり


自分は二回目いまいち楽しめなかった
左腕を使わずにアクションをしているかどうかに注目していたから
かっこいいアクションを堪能できなかった・・・
監督さんの(ネタだと思うが)「3回目が楽しい映画」に納得だよ
でも婦警さんを左腕でグキッてしてとどめをさしてたのよ・・・
上腕があるから?つまらんことを考えずに見る映画?
盗聴音頭は2回目に気づいた!でも一緒の回を見た人みな気づいていなそう

358 :名無シネマ@上映中:2008/07/07(月) 00:55:31 ID:KDG4d/0p
えっ、盗聴音頭は一回目で気づくとこだろー
でもあそこで笑ってたの自分1人だった気がしてきた
腕は肘から先がないっぽいのかな?上椀でとどめさしてたね
この映画、あんま理屈こねずに感性でかっこいーとかすげーとかって見るのが一番な気が

642 :名無シネマ@上映中:2008/07/16(水) 18:17:34 ID:aeUsEdcY
おどりお~ど~るな~ら
ちょいと
とぉ~おちょ~うお~んど~

646 :名無シネマ@上映中:2008/07/16(水) 21:12:07 ID:fgM6RZQD
老人3人トリオがよかった

2ちゃんねる映画ブログ

354 :名無シネマ@上映中:2008/07/07(月) 00:24:31 ID:KDG4d/0p
藤原はもう言わずもがなとして
水川の若いのに人生に一度絶望しちゃったような感じや
塩谷の不器用で弱い部分を隠せない若造像なども
なかなかよかったよ
語り口があんまり辛気くさくないところがよかったな
けっこう人死んでるけど
不思議な乾いた浮遊感のある映画
たぶんゴーロのキャラクターのせいだろうね

355 :名無シネマ@上映中:2008/07/07(月) 00:26:18 ID:ivtrmsJG
最後、脳天にぶち込まれてるように見えたんだけど。
普通死んでると思う。つーか、クルマで本部(?)まで
運んだんだから、生死の確認ぐらいしろよと。

本当に映画の悪役は詰めが甘いw

372 :奈良県:2008/07/07(月) 22:49:53 ID:p8pLTO0i
最初のシーンで水川は撮影中 本当に藤原のちんこ触ったんかね?

373 :名無シネマ@上映中:2008/07/07(月) 23:10:14 ID:nnm9JOCP
藤原が水川の女優魂に感心してたから触ったんじゃね
この映画なんか妙にハマるかも

376 :奈良県:2008/07/07(月) 23:41:20 ID:p8pLTO0i
藤原は水川の胸を直に触ったんかね?

377 :名無シネマ@上映中:2008/07/07(月) 23:56:19 ID:ZO7mOac1
この流れ、これエロ映画じゃないんだからw
今二回目見て来たんだが、やっぱりカーチェイスとアクション凄いよ
冒頭の水川拉致&おさわりシーンは何度見てもぎょっとする

380 :名無シネマ@上映中:2008/07/08(火) 01:09:37 ID:oX5oJKiz
倉庫での芝居屋たちの最後の宴会(水川も混ざっていたやつ)から、国定忠治の芝居へ移るところのカメラワークがよかったなあ。
なんか、カメラが天井から降りてきて芝居を映し、役者たちの背後に回ると客席に人がいっぱいいるところ。あのファンタジックなところが
ちと泣けた。

382 :名無シネマ@上映中:2008/07/08(火) 08:14:10 ID:Mz1HZfqD
>>380
ほんと、『雨月物語』みたいでおもしろかったねあのシーン。
映画としてのフォーカスがきっちり合っていた、いい作品だった。
ロング・グッドバイのマッチとか『ダーティーハリー2』みたいなカースタントといった70年代テイストのハードボイルドアクションに、
前半部分の大衆演芸一座+東野圭吾の小説に出てきそうな藤原・水川グループのキャラクターの描き込みがチャーミング。
シーンにおける充実した芝居、後ノリの台詞のテンポと編集のリズムが適度にまったりしていて、
その分、シーンとシーンの間を大胆に飛ばして活劇の躍動感を持続させている。

423 :名無シネマ@上映中:2008/07/09(水) 22:29:39 ID:MgTSU3SJ
水川あさみが退廃した色気があってよかった
て言い切れないところが情けない
(いや、言い切れるよw)

2ちゃんねる映画ブログ

なんつーかね、
個人的にはごもっともな映画もいいが
こういう映画がだいすきだ
阪本監督の色と昔ながらの日本映画アクションと藤原竜也の色と
不思議なアンサンブルだったな

430 :名無シネマ@上映中:2008/07/09(水) 23:47:04 ID:7718YM2s
で、焼酎にカラシを入れると本当においしいのかw

460 :名無シネマ@上映中:2008/07/10(木) 03:38:30 ID:3i7vLQiy
ラストのセリフにグッと来た
何だか「一所懸命生きる事」を肯定してる映画ばかりなので
たまにはこんなのも良いかな、と

藤原竜也はあまり好きでなかったけれど、それでも
盗聴車両を覗き込む時のラリッてる雰囲気とか
ヤクザ事務所殴り込みのグニャグニャした動きとか
国会シーンのしかめっ面とか‥
純粋に見てて面白かった

CGとか物語のカタルシスではなく
登場人物の「気分」で魅せる映画なんて久しぶりだな

470 :名無シネマ@上映中:2008/07/10(木) 15:17:12 ID:ekszKyC4
よくこの時代にこのテイストの作品ができたものだと。

権力とつるむ敵役がいる。疲れた女がいる。仲間の復讐に燃える
メチャ強い男がいる。それだけでいい、背景も説明も要らない。
ざらついた画質も、泥臭い小ジャレ感もセントラルアーツ独特の
B級アクション映画←コレ、褒め言葉です。

ベッドシーンや血ドバの殺戮シーンがないのは、現在の
自主規制によるものだろうけど、R指定になってもいいから、
徹底的にやればよかったのに。

471 :名無シネマ@上映中:2008/07/10(木) 15:53:05 ID:IKhgzsep
>>470
ベッドシーンについては監督が
僕の他の作品見てもらえば判ると思いますが僕が苦手なんです、って言ってたよ
藤原も水川も俳優は平気そうなのに

476 :名無シネマ@上映中:2008/07/10(木) 22:25:10 ID:4d+xBpwo
ベッドシーンなくてもあの冒頭のシーンだけで十分だと思った
あれ、めちゃくちゃ色っぽくてカッコ良くてゾクゾクしたよ
ゴーロにも惚れるがあれを受けて立つ佳子にも惚れた

477 :名無シネマ@上映中:2008/07/10(木) 22:35:57 ID:XN0/nCPm
同意。ありがちなベッドシーンより冒頭のおさわりの方が濃い

495 :名無シネマ@上映中:2008/07/11(金) 00:58:14 ID:PeiqjUQM
見たけど…話の筋は悪くない。
ハリウッドならもっとうまく作るだろうな。もったいない。
で、この擦れではちと藤原が持ち上げられ過ぎだと感じた。
悪くはないんだけど。

521 :名無シネマ@上映中:2008/07/12(土) 00:02:23 ID:gP1VzDoX
前半は ああ、やっぱ松田優作のための本だなーと
思いながら観てたけど 後半片腕になってからは
完璧藤原のゴーロだと思ったよ
松田優作のギラギラしたアクションよりなじめた
作ってるぽさがなくかっこよかった

579 :名無シネマ@上映中:2008/07/14(月) 01:12:34 ID:S1AI+x14
続編で藤原と豊原のサシの勝負してほしい

604 :名無シネマ@上映中:2008/07/15(火) 00:01:22 ID:FimG7q45
萩原聖人って必要だったかね

612 :名無シネマ@上映中:2008/07/15(火) 15:04:24 ID:N2qK+B48
あのカメレオンのバッヂ欲しい

613 :名無シネマ@上映中:2008/07/15(火) 15:38:49 ID:TI5NcZwY
そういやオープニングでカメレオンが出演者の名前を
目で追うのが可愛かったな

629 :名無シネマ@上映中:2008/07/16(水) 01:49:26 ID:nb/3Ip9e
携帯やパソコンが出てくるのが不自然に思えるくらい
「昭和」な映画でした。

644 :名無シネマ@上映中:2008/07/16(水) 20:39:12 ID:1oxl6R05
昭和っていい時代だったんだろうなー
って平成生まれの自分が思った

649 :名無シネマ@上映中:2008/07/16(水) 22:23:06 ID:Bx9kRqib
冒頭の場面でケーコが落書きしてるノートの上に滴が落ちるけど、
あれケーコの涙?

650 :名無シネマ@上映中:2008/07/16(水) 22:26:50 ID:f44kvLkP
>>649
私はそう思ったわ

654 :名無シネマ@上映中:2008/07/16(水) 22:42:31 ID:sPBAnGvb
ノートの上の滴なんて2回見たけど気づかなかったわ
まだ気づいてないシーンいっぱいありそうだな…


関連記事

  1. 2009/11/26(木) 01:15:37|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ダイヤモンド・イン・パラダイス | ホーム | センター・オブ・ジ・アース>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/983-553135e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (286)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 香港映画 韓国映画 ニコラス・ケイジ 高良健吾 竹中直人 谷村美月 ジョニー・デップ 麻生久美子 妻夫木聡 西田敏行 ミュージカル サミュエル・L・ジャクソン 加瀬亮 ブルース・ウィリス リーアム・ニーソン 阿部寛 松山ケンイチ ジャッキー・チェン 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ハリソン・フォード スペイン映画 マット・デイモン ドキュメンタリー 浅野忠信 ARATA 山田孝之 三浦友和 役所広司 岡田将生 中村獅童 小出恵介 ブラッド・ピット 戸田恵梨香 ユアン・マクレガー レイフ・ファインズ 宮藤官九郎 小池栄子 瑛太 藤原竜也 小栗旬 蒼井優 満島ひかり 玉山鉄二 宮崎あおい スティーヴン・セガール スカーレット・ヨハンソン 長澤まさみ 吉高由里子 アーノルド・シュワルツェネッガー 堤真一 ジョン・トラヴォルタ 成宮寛貴 谷原章介 大沢たかお 樹木希林 犬映画 ジェイソン・ステイサム ゲイリー・オールドマン ロバート・ダウニーJr. ユースケ・サンタマリア 特撮 ジョージ・ルーカス キャメロン・ディアス 鈴木京香 田中麗奈 西島秀俊 中国映画 カナダ映画 佐々木蔵之介 伊勢谷友介 モーガン・フリーマン 渡辺謙 薬師丸ひろ子 トム・クルーズ トム・ハンクス エマ・ワトソン 窪塚洋介 椎名桔平 広末涼子 ガイ・ピアース アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 綾瀬はるか 宮崎駿 田辺誠一 香里奈 堺雅人 柳葉敏郎 園子温 アンソニー・ホプキンス ジョージ・クルーニー 北乃きい 深田恭子 ヒュー・ジャックマン 市原隼人 香取慎吾 井上真央 仲里依紗 オーストラリア映画 シガーニー・ウィーバー 玉木宏 中井貴一 サンドラ・ブロック ラッセル・クロウ 石原さとみ 伊藤英明 阿部サダヲ ダコタ・ファニング ハル・ベリー ジョディ・フォスター 草なぎ剛 竹内結子 クリント・イーストウッド アン・ハサウェイ 仲間由紀恵 ミラ・ジョヴォヴィッチ ユマ・サーマン 成海璃子 佐藤隆太 ミッキー・ローク 上野樹里 仲村トオル ウィル・スミス 松田龍平 水川あさみ イライジャ・ウッド クリスチャン・ベール シルヴェスター・スタローン 大泉洋 豊川悦司 トミー・リー・ジョーンズ 木村佳乃 木村多江 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ 林遣都 ベン・アフレック ケイト・ベッキンセイル 深津絵里 ケヴィン・スペイシー 堀北真希 大竹しのぶ 柴咲コウ リチャード・ギア キアヌ・リーブス ジュード・ロウ 吉瀬美智子 白石美帆 ナタリー・ポートマン 永山絢斗 スティーヴ・ブシェーミ 岡田准一 黒木メイサ 栗山千明 コリン・ファレル ヴィン・ディーゼル ブラッドリー・クーパー メリル・ストリープ ティム・バートン 松田翔太 オーランド・ブルーム 江口洋介 哀川翔 ジュリア・ロバーツ 小雪 ダスティン・ホフマン 小西真奈美 松本人志 マイケル・J・フォックス 森山未來 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン 松雪泰子 唐沢寿明 及川光博 佐藤健 ロバート・ゼメキス マイケル・ベイ 中村蒼 北野武 リュック・べッソン ペネロペ・クルス 西部劇 佐藤江梨子 北川景子 竹野内豊 クエンティン・タランティーノ アレック・ボールドウィン ザ・ロック マイコ 香椎由宇 寺島しのぶ ベルギー映画 宮迫博之 ケヴィン・ベーコン ベニチオ・デル・トロ イタリア映画 グウィネス・パルトロウ ショーン・ペン 中谷美紀 デニス・クエイド 菊地凛子 ヒース・レジャー 松たか子 ジャン・クロード・ヴァン・ダム 織田裕二 生田斗真 多部未華子 アビゲイル・ブレスリン キャシー・ベイツ ジェームズ・キャメロン 小林聡美 オーストリア映画 桐谷健太 ビル・マーレイ 向井理 ウィノナ・ライダー 篠原涼子 ロバート・パティンソン ジャック・ブラック サラ・ジェシカ・パーカー チャーリー・シーン ポール・バーホーベン 市川由衣 マイケル・ダグラス 三浦春馬 ジェフ・ブリッジズ 猫映画 イーサン・ホーク シャーリーズ・セロン 溝端淳平 ケヴィン・コスナー ジム・キャリー 永作博美 ダニエル・クレイグ ジェット・リー 芦田愛菜 ダニエル・ラドクリフ クライヴ・オーウェン 真田広之 オーウェン・ウィルソン ベン・スティラー ピアース・ブロスナン ジェラード・バトラー イ・ビョンホン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジョン・マルコヴィッチ 小泉今日子 スーザン・サランドン 新垣結衣 エディ・マーフィ 吉川晃司 ケイト・ウィンスレット 岡村隆史 上戸彩 原田知世 二宮和也 ガイ・リッチー リブ・タイラー 中居正広 ヒュー・グラント 山田洋次 榮倉奈々 シャイア・ラブーフ 木村拓哉 小池徹平 アンドリュー・ガーフィールド エドワード・ノートン 福田沙紀 星野真里 中村雅俊 ダニエル・デイ・ルイス 稲垣吾郎 クリステン・スチュワート クリス・パイン ジェシカ・アルバ 水谷豊 ナオミ・ワッツ 笑福亭鶴瓶 ジャック・ニコルソン マーク・ウォールバーグ チェコ映画 桜庭ななみ キーファー・サザーランド リバー・フェニックス ティム・ロビンス オダギリジョー ロビン・ウィリアムズ 三谷幸喜 M・ナイト・シャマラン アントニオ・バンデラス メキシコ映画 平野綾 内田有紀 夏帆  ジェームズ・マカヴォイ エミリオ・エステベス 松田優作 マシュー・マコノヒー 水嶋ヒロ ソン・ガンホ オリヴァー・ストーン エイドリアン・ブロディ 井ノ原快彦 高倉健 シャロン・ストーン ミシェル・ファイファー ポーランド映画 ジェラルド・バトラー 庵野秀明 三浦翔平 キーラ・ナイトレイ ジェイミー・フォックス メグ・ライアン 速水もこみち ペ・ドゥナ キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート ウィリアム・ハート デミ・ムーア 寺尾聰 長谷川京子 福山雅治 東山紀之 アンディ・ガルシア ジョシュ・ハートネット 相武紗季 アル・パチーノ 前田敦子 ドリュー・バリモア スティーブン・キング ブレンダン・フレイザー オードリー・ヘプバーン ジャン・レノ ジョン・キューザック 押井守 ショーン・コネリー 反町隆史 ホアキン・フェニックス メル・ギブソン 武井咲 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ マーティン・スコセッシ ウーピー・ゴールドバーグ ハーレイ・ジョエル・オスメント 吉永小百合 マコーレー・カルキン アダム・サンドラー 渥美清 井筒和幸 大島優子 つるの剛士 ジェニファー・アニストン 武田鉄矢 藤木直人 米倉涼子 中島哲也 リンジー・ローハン ノルウェー映画 松嶋菜々子 奥菜恵 ピーター・ウェラー スウェーデン映画 タイ映画 マイク・マイヤーズ 松下奈緒 大倉忠義 ウェズリー・スナイプス チョン・ウソン 加藤あい リーズ・ウィザースプーン アシュトン・カッチャー オランダ映画 吉岡秀隆 ポール・ニューマン 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア マドンナ 沢尻エリカ チャック・ノリス 安藤政信 金城武 チャン・ツィイー 櫻井翔 ルクセンブルク映画 陣内孝則 中山美穂 チョン・ジヒョン 市川海老蔵 マット・ディロン 菅野美穂 クリス・タッカー スティーヴ・マーティン ウォンビン 佐々木希 カート・ラッセル コロンビア映画 アルゼンチン映画 アシュレイ・ジャッド ハンガリー映画 台湾映画 イスラエル映画 山下智久 シェール 照英 赤西仁 ブルース・リー 亀梨和也 ソン・スンホン 新海誠 長瀬智也 山下敦弘 スイス映画 マイケル・ムーア 伊東美咲 錦戸亮 松平健 本木雅弘 フィンランド映画 シガニー・ウィーバー イラン映画 丸山隆平 スイス映画 キーラ・ナイトレイ ドルフ・ラングレン インド映画 松坂桃李 高橋克典 松岡昌宏 大野智 村上信五 スロベニア映画 ポール・ウォーカー デンマーク映画 ロバート・レッドフォード ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン スロバキア映画 キルスティン・ダンスト 森且行 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR