FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤い糸

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1227867533/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2008/11/28(金) 19:18:53 ID:Oe57J9GA
12月6日に連続ドラマがスタート
→12月20日映公開
→連ドラ3話~9話が映画とリンク
→連ドラ10話と11話は映画のその後を描く

映画のみでも完結するが連ドラと合わせるといっそう楽しめる仕組み

http://www.akai-ito.jp/(映画公式)
http://wwwz.fujitv.co.jp/akai-ito/index.html (連ドラ公式)

主要キャスト

南沢奈央、溝端淳平、

木村了、岡本玲、石橋杏奈、桜庭ななみ、柳下大、鈴木かすみ、田島亮
岩田さゆり、矢崎広、平田薫、若葉竜也、山本未来、渡辺典子


31 :名無シネマ@上映中:2008/12/09(火) 01:38:32 ID:kP6c2E/t
http://yaplog.jp/keitainobel/archive/2

<『赤い糸』のあらすじ>
幼い頃から、姉の春菜、幼なじみの悠哉と3人で過ごしてきた芽衣(中学生)。芽衣は
密かに悠哉に想いを寄せていたが、悠哉の口から春菜への想いを聞かされ、 想いを
封じ込める決意をする。
 
ある日、芽衣はクラスメイトで遊び人のアツシと出会い、彼とつきあい始める。しかし、
これは彼女の波乱に満ちた"赤い糸"探しの序章に過ぎなかった。付き合いだしたのも
つかの間、アツシが水商売の女と浮気ドラッグセックスをするなど、ちょっとしたすれ
違いによって二人は別れてしまう。

失恋のショックからコータと愛情のないセックスをしてしまう芽衣。その後も、輪姦され
たり、友達が自殺未遂して記憶喪失になったりするなど、数々の試練が芽衣を襲う。やがて、
芽衣はたかチャンと出会う。しかし、芽衣の親友の沙良はたかチャンのことが好きだった。
それでも構わず芽衣はたかチャンと付き合い始める。友達を裏切りながら始まった恋では
あったが、芽衣はたかチャンからたくさんの愛と優しさを与えられる。さまざまな男との
出会いと別れを繰り返す芽衣。果たして、芽衣の運命の赤い糸は誰につながっているのか…。

32 :名無シネマ@上映中:2008/12/09(火) 01:39:05 ID:kP6c2E/t
<赤い糸 -destiny-のあらすじ>

時は流れ、芽衣は高校2年生になった。芽衣の親友の優梨に子供が生まれ、昔の仲間たちが
集まることになった。そこで芽衣は、新しい恋人と一緒にいるアツシの姿を見つけ、心を
痛める。もう気持ちに迷いはないと思っていたはずなのに、再び動き始める芽衣の運命。
 
やがて、父親ががんに冒され、芽衣は落ち込んでいたが、手術が成功し安心する。手術の帰り
に立ち寄った神社の絵馬にはアツシが芽衣の父親の無事を祈る言葉がつづられていた。その
言葉を見て、アツシへと心を動かされる芽衣。
 
その後、芽衣がドラッグパーティーから持ち帰ったヤクを、かつて芽衣と一緒に輪姦されて
しまったことのある親友の美亜が使ってしまい薬物中毒に陥る。芽衣は薬中になってしまった
美亜への対応に悩みつつ、アツシの彼女の麻美からの嫌がらせにも苦しめられるようになる。
やがて芽衣は、麻美と別れたアツシと正式に付き合うようになるが、境界性人格障害である
麻美の嫌がらせは止まらなかった。
 
麻美は、経営がうまくいかないアツシの母親の店への融資の件や、芽衣の輪姦事件をネタに
して、なんとかして芽衣とアツシを別れさせようと画策する。しかし、目の前で芽衣を救う
ために車にはねられたアツシを見て、麻美の嫌がらせは止まる。そののち、芽衣とアツシの
二人は見事結ばれる。
 
物語の最後に、芽衣の本当の両親の話が語られる。アツシは自殺した芽衣の実母のホステス
仲間の子だった。運命の赤い糸って…きっとある気がする。

41 :RRD ◆3MranranlY :2008/12/16(火) 22:20:14 ID:5e8VvFTx
つーことで試写会で見てきた。
しょせん携帯小説派生のクソ映画と思ってハードル下げてたせいも
あるかもしれないけど、意外とよかったんだ、これが。
つーか、>>31-32のストーリーと全然違うんだけど。
いい意味ですげーよ、この原作破壊。まぁいろんなこと詰め込みすぎで
場面場面の繋ぎ目で超展開が続くとはいえ、全体の構成は
錬られてるし、現代風のきれいな純愛ドラマに仕上がってるよ。

話としてはまとまって終わったけど最後にto be continuedと出た。
続編あるの?今日は試写会でタダで見たけど、続編があったら
金払っても見ようかと思う。

42 :RRD ◆3MranranlY :2008/12/16(火) 22:25:29 ID:5e8VvFTx
どのくらいの原作破壊か、っつーと

登場人物全員童貞処女設定

いや、マジだって。

44 :名無シネマ@上映中:2008/12/16(火) 22:30:02 ID:eI27yn3x
>>41
私も試写会で観たから分かる
映画の続編っていうのはドラマのラスト、
10話・11話のことですよ

46 :名無シネマ@上映中:2008/12/17(水) 07:46:50 ID:W2HFQpLX
南沢奈央は学校のシーンで学校の集団にいると普通にいそうなかんじ。

2ちゃんねる映画ブログ

47 :名無シネマ@上映中:2008/12/17(水) 11:27:55 ID:iedkx20R
奈央ちゃんの紺ハイソププン酢

52 :名無シネマ@上映中:2008/12/17(水) 21:36:35 ID:+1uT963C
原作では
女子の主役は芽衣である。

男子の主役は淳史、コータ、陸と変わっている。一番の主役は陸である。

これがフジテレビ&松竹映画では芽衣と淳史の二人の物語に大きく変更されている
「コドモのコドモ」と同じ運命をたどっている。

82 :名無シネマ@上映中:2008/12/20(土) 19:15:47 ID:UxtCgWH1
一人で観に行ってきたけどかなりよかったよ
原作にあるような過激なシーンは一切ない
これは神作品かも

83 :名無シネマ@上映中:2008/12/20(土) 21:14:46 ID:cyinKGWT
どこが神作品だよwww
まぁ、ゆとりの中高生向け映画だから仕方ないか
よくある不幸設定詰め合わせで笑ったわwww

よくこんな馬鹿らしい脚本かけるな
そしてよくこんなのを映画化ドラマ化しようと思えるなwww

90 :名無シネマ@上映中:2008/12/20(土) 22:19:46 ID:7ZmMGuOu
オレも観に行ったが、糞だとは思わないな。
ただ、神作品だとも思わない。普通だな。

まあ、舞台挨拶目的で行ったからいいけど。

99 :名無シネマ@上映中:2008/12/21(日) 01:43:16 ID:OXF7+emD
ドラマ1-2話見ていて、
今日、映画と、ドラマの3話目及び4話以降の予告見た。

ドラマは、映画とは別の視点と思ってたんだけど、同じ視点なんだな。
3話も、10分位は、映画と同じシーンの使いまわしだった。
ただ単に、3-9話のダイジェストを映画館でやって、金取ってるって、
ちょっと酷いな、これ。

100 :名無シネマ@上映中:2008/12/21(日) 02:09:25 ID:50yd44V7
俺もびっくりしたわww
同じシーンの使いまわしw

映画をまとめると
ドラマの総編集w
そして映画のラストは・・・続きはドラマでwww

なんぞこれwwwww

101 :名無シネマ@上映中:2008/12/21(日) 02:26:49 ID:XEK2PXrn
映画を見るとドラマを先取りすることになるのか。
桜庭ななみは氏ぬの?

2ちゃんねる映画ブログ

102 :名無シネマ@上映中:2008/12/21(日) 04:18:35 ID:ACr7TGGq
>>101
死なない。他の人が死ぬ。

103 :名無シネマ@上映中:2008/12/21(日) 05:02:09 ID:saAzQRR3
でも所々泣けた。てか切ない。早くドラマで続き見たい~あっくんたかちゃんいいね~

118 :名無シネマ@上映中:2008/12/21(日) 20:35:28 ID:trnsa8Ro
主演の溝端と南沢の誕生日が366日差なんだけどこれって狙ってキャスティングしたの?
主題歌のタイトルが366日だったりドラマ内の誕生日がうるう年設定とか

120 :名無シネマ@上映中:2008/12/21(日) 20:36:40 ID:+rkiQTLQ
>>118
それは偶然だね

121 :名無シネマ@上映中:2008/12/21(日) 21:31:47 ID:trnsa8Ro
凄い偶然だな

122 :名無シネマ@上映中:2008/12/21(日) 22:03:42 ID:+rkiQTLQ
そう。スタッフも知らなかった偶然w

124 :名無シネマ@上映中:2008/12/22(月) 01:16:11 ID:lkDpYZyO
そして当人同士が勝手に運命感じて、それはもう大変な事にw
このドラマはそのほんの序章に過ぎなかった・・・

127 :名無シネマ@上映中:2008/12/22(月) 09:41:54 ID:+kn8zbqV
映画とTVドラマのコラボも、いろいろ見たけど、
これだけ、ひどいのは初めてだな。
ほぼ、TVドラマと同じものを流してるだけで、
最後は、ドラマに続くって、いったいなんなの?

TVドラマは3話のみだけど、その時間の中で、映画だけのカットって、
ほとんどないだろ。
推測すると、内訳的は、
TVドラマの各話から、12分づつ集めて84分
映画オリジナルカットが14分
オープニングクレジット、オープニング、エンディング合わせて8分で、
計106分にしてあるような感じかな。

総集編を劇場で流しておけば、
映画の為の製作費ほとんど使わず、
騙されて金払う奴も、いるだろうって事か。

132 :名無シネマ@上映中:2008/12/23(火) 01:51:57 ID:O9Yyvi8D
すまん渡辺典子が芽衣の出生の秘密のシーンがよくわからなかった
人物相関関係を誰か説明してくれませんか?

148 :名無シネマ@上映中:2008/12/24(水) 14:51:51 ID:Ut8cYlAd
>>132 全く一緒。わけわかんねー
急になんで母親出てくんだよw
詰め込みすぎwww

149 :名無シネマ@上映中:2008/12/24(水) 16:05:47 ID:GGkVahKS
>>148
なんか、
山本未来親子と、メイの実父母が近所で、
子供も同じ年頃で仲良かったんだが
メイの実父が、シャブ中の山本未来とハメまくるようになり、
その関係で、シャブやって、死んで、
メイの実母も、それを知って自殺。
だから、メイの家族を、めちゃくちゃにしたのは、山本未来。
だから、その息子と付き合うのは、その事実を知ったときにメイが苦しむ。
みたいな感じ。

150 :名無シネマ@上映中:2008/12/24(水) 17:00:56 ID:Ut8cYlAd
>>149 分かりやすいな、ありがとう。

みあがいつの間にか薬やめててワロタ(^◇^)
突っ込みどころ満載ww
とかいいつつタカちゃんの留守電で泣いた俺www

153 :名無シネマ@上映中:2008/12/25(木) 02:42:16 ID:0HaUSSDL
>>149
あれ?メイ父は死んでないんじゃなかった?
覚醒剤で逮捕って言ってた気がするんだけど違った?

152 :名無シネマ@上映中:2008/12/24(水) 20:54:41 ID:p9HThdnZ
ん? じゃあメイと姉は実の姉妹じゃないのか?

161 :名無シネマ@上映中:2008/12/25(木) 15:16:30 ID:jqY6rJyR
>>152-153
貴様ら原作を全部よく読んでいないから混乱しているんだ芽衣はやくざの父と母の友達マチ子の子供、春菜は両親の実の子供だ両親は芽衣の問題で一時
離婚するが父が肺がんになって手術をしたが運良く助かり再び再婚して元の温かい家庭が戻る。芽衣の実の父もやくざを辞めて児童施設の管理人になり
春菜と同い年の兄は刑務所を出るまで7年かかったのですぐに見つけ出したが芽衣は見つからないまま今の育ての両親のもとで育つ実の父は芽衣が淳史
といった食堂でノブさんから話を聞き芽衣を知る芽衣とも再会して本当の生みの親のありがたさも知るがやはり育ての親のもとへ芽衣はいくのだ。原作
「赤い糸上・下」続編高校生編「赤い糸destiny上・下」完結編社会人編「赤い糸precious」まで完全に読んで映画やテレビや映画を見ると大きく改変さ
れてドラマと原作小説の違いがよくわかるのだ。私は先ず減抱く5冊の本をしっかりと読み映画もテレビドラマも見ている。

153 :名無シネマ@上映中:2008/12/25(木) 02:42:16 ID:0HaUSSDL
 映画、思ったよりはひどくなかったような。正直ちょっと泣いたw
各エピソード流しすぎのダイジェスト映画ではあるが
この映画って不器用な若い日を振り返る大人の郷愁目線がちょっぴり入ってる気がすんだよね
年寄りにはそこが不覚にもなんかキタw自分チョロいwww

163 :名無シネマ@上映中:2008/12/25(木) 15:56:10 ID:ieopL0PR
良いラストだた
運命とか偶然とかの積み重ねで、
いつのまにか埋められない溝ができていた。
でも、昔の約束を守って、またあの場所に戻ってきて、
互いの気持ちを知りながらのバイバイ

平成の文学系映画では断凸だよ

165 :名無シネマ@上映中:2008/12/25(木) 18:23:08 ID:jqY6rJyR
>>163
良いラストだた
>運命とか偶然とかの積み重ねで、
>いつのまにか埋められない溝ができていた。
>でも、昔の約束を守って、またあの場所に戻ってきて、
>互いの気持ちを知りながらのバイバイ

>平成の文学系映画では断凸だよ

だから駄作といわれているのだ。完全に作り話とわかってしまう。何が実話だ。こんな駄作なラストはないよ「恋空」と全く逆のハピーエンドすぎる。
「恋空」はな紙は駄作でもラストの感激があったが「赤い糸」は全くない映画はコケて「恋空」の5分の1でよかったよケータイ小説はこれを最後にも
う映画化すんな高校生のセックスや喫煙、飲酒や自殺や死者を描くこと自体がよくない。

167 :名無シネマ@上映中:2008/12/25(木) 20:01:28 ID:k18En+jP
いい映画じゃん。コケたとか糞映画って評判だったからどうなのかと思ったけど、見入っちゃったよ!!
ただ、渡辺典子の話を聞く限りでは、交際を反対するには弱い理由だった。原作読んでないので
もしかしたらもっと別な真実があるのかもしれないが・・・あの程度の理由で別れさせられたなんて
ちょっと怒りを感じた。たかちゃんはよいイメージのまま死んで良かった?ね。彼は自身がないからと
束縛や暴力の理由を語っていたが、それにしても彼は酷い粘着振りだった。最後はいい人に変ってが
あのまま生きていたらまた素の彼が出てきたかもしれない。

171 :名無シネマ@上映中:2008/12/26(金) 15:40:14 ID:j6r2MAor
原作ではたかちゃんは生きて大学生になり美しい彼女ができているのにドラマや映画では殺されてしまった。原作をこんなひどい命を粗末にする映画に改変をしているのでコケたのだ。

173 :名無シネマ@上映中:2008/12/27(土) 00:14:46 ID:gcw0Z/qm
今の中高生にとってはギャルと地味眼鏡が同じグループに属するのは普通なのかね
感動ポイントが一つもなかったけど柳下大と岩田さゆりが可愛かったので見て良かったです

178 :名無シネマ@上映中:2008/12/28(日) 19:09:43 ID:pKHM4Efh
南沢奈央、鼻デカイし可愛くない!子供の時と違い過ぎだろ…

2ちゃんねる映画ブログ

溝端淳平、子供の頃に想像できなかったイケメンだなー

225 :名無シネマ@上映中:2009/01/08(木) 09:57:11 ID:IcDIDloc
>>178
同意。南沢の鼻が好きな
女の子なんているの?

ガッキーは、女の子人気が
すごかった(女から見ても
文句なく可愛い)。
そこの差。

269 :名無シネマ@上映中:2009/02/06(金) 14:31:36 ID:nsIYrh+9
 新垣より南沢の方が全然カワイイけどな!
完全に個人的な問題だが新垣のどこがカワイイのかわからない…
新垣より岡本の方がマシな俺がいる。

270 :名無シネマ@上映中:2009/02/06(金) 15:04:47 ID:sUlNxNGX
はい!は~い!

2ちゃんねる映画ブログ

俺も南沢より岡本玲がかわいいって意見に一票。。

185 :名無シネマ@上映中:2008/12/30(火) 02:18:21 ID:zKU5olxi
映画恋空は反響が凄いのに、赤い糸は何で盛り上がらないんだろ
原作のページビューは恋空以上で、原作本の売り上げは恋空と同等
恋空よりも赤い糸の方が人気があるということだったのに、不思議だ
2ちゃんねらが見る映画じゃないのは分かるけど、他のサイトもどこ行っても盛り上がってないよ
赤い糸製作関係者と出演者ファンはもっと盛り上げる努力をした方が良いと思う

186 :名無シネマ@上映中:2008/12/30(火) 15:07:53 ID:jLySBuqn
>>185
主演女優に差があるからじゃないか?
当時上り調子だった新垣に比べて、南沢では負けは見えてる。

あと、ケータイ小説原作ってことでは二番煎じなので
話題性も少ないかと。

189 :名無シネマ@上映中:2008/12/30(火) 19:05:30 ID:HqvJIvSD
>>185
まず「原作本の売り上げは恋空と同等」ってのがそもそもおかしい。
「恋空」はシリーズ2冊で合計200万部
「赤い糸」はシリーズ5冊で合計180万部
上巻読まないで下巻買う人はいないんだから、冊数で乱暴に割ると
恋空の読者は100万人、赤い糸の読者は36万人。

そもそも原作の知名度が一番あるのはDQN層なのに
原作のDQN展開を忠実に映画化した恋空
原作からDQN度を排除して純愛映画改変を試みた赤い糸

なんかいろいろまちがってんじゃないか。

192 :名無シネマ@上映中:2008/12/31(水) 15:04:39 ID:wq1NShLf
南沢奈央が所属するスウィートパワーって事務所はそれなりに力あるんだろうな。
内山理名も同じ事務所か。
人気と関係なく捩じ込む感じだね。

227 :名無シネマ@上映中:2009/01/08(木) 21:26:15 ID:OgF8Y/tw
南沢は色気が無いよな。
かわいいことはかわいいと思うけど、
子供っぽさがかわいいだけで、女としてはなぁ...。
恋愛モノはまだ早いって感じ。

228 :名無シネマ@上映中:2009/01/10(土) 19:56:59 ID:NTKkGITB
中学生に見えないって

254 :名無シネマ@上映中:2009/01/27(火) 20:03:19 ID:kQsmCVl4
中学生ドラマの設定は大失敗、これはどう見ても大学生ドラマだよ。

194 :名無シネマ@上映中:2009/01/01(木) 22:16:12 ID:+NkIRX9C
今日千円なんで観て来た。

今後のテレビ版に期待を持てる内容で面白かった。

南沢は悪く無かったよ。
がんばってる。

でも、客は朝早かったんで自分と兄の二人で貸し切り状態に!

198 :名無シネマ@上映中:2009/01/03(土) 00:02:12 ID:IETs2b2Y
女の子を殴るカスが死ぬシーンの動きに大笑い。

それにしても人が死んでいるのに、気にしないで
お祭りを楽しむ人々にがっかりしたよ。

199 :名無シネマ@上映中:2009/01/03(土) 00:09:47 ID:W+xXt62u
>>198
ある意味で今を風刺してるんじゃないの?
現実の世界では人が死んでてもケータイで写真撮ってるやつが絶対いそうだけど。

224 :名無シネマ@上映中:2009/01/08(木) 02:46:06 ID:PmGzfKe7
なんで原作どおりじゃないわけ?
集団レイ○シーンとか大事だろ
あっくんが100人の女と寝まくってるのも欲しいだろ

240 :名無シネマ@上映中:2009/01/16(金) 23:31:35 ID:XFnb5qnK
女子大生と見てきた。

感想とかそういうレベルじゃないというか、ドラマの予告編を2時間見せられた感じ。
共感とか感動とか、心を動かされる何かがあるかと問われれば、無いとしか。

切ない恋愛映画でもない。恋空以上に、ただ不幸をてんこ盛りしただけ。
女子大生も、「よくわかんなかった。恋空の方がずっといい」と言っていた。
恋空を面白いと言う層ですら、そういう反応の映画。
だからデートで見るのにも不向き。映画として使いようがない。

243 :名無シネマ@上映中:2009/01/18(日) 13:12:07 ID:vTv3t6yB
そもそも、10年ちょいしか生きていないコドモに「運命」とかいうセリフを言われても、何も感じないし説得力もない。

244 :名無シネマ@上映中:2009/01/18(日) 14:22:13 ID:kO1fzouc
>>243
「今まで生きてきた中で、一番幸せです」

2ちゃんねる映画ブログ

           岩崎恭子(14歳)語録より

246 :名無シネマ@上映中:2009/01/18(日) 22:56:23 ID:1RoRBjA8
>>244
>>243を読んですぐに同じ言葉が思い浮かんだw

249 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 01:18:22 ID:pAnMMj1N
う~ん、思ったよりはいい映画だったと思ったよ。まあ、最初が携帯小説と
言うことで相当ハードルが低かったけどな。

原作は相当ひどいらしいけど、映画は主人公とその彼氏のさわやかさ?みたい
な所が気に入ったし、ストーリーも松竹の脚本が良かったせいで恋空みたいに
過激なシーンも入れないで進んでいく。

ああ、なるほど、ああいうつくりをするのか!と少し研究させてもらった。

あとやっぱなお?ちゃんが、さわやかで真面目な所が好感持てたな。
ああいう真面目でやさしい子が好感持てる。

276 :名無シネマ@上映中:2009/02/14(土) 14:52:26 ID:Nq7lyi+8
映画は見る価値ありますか?

279 :名無シネマ@上映中:2009/02/16(月) 01:51:30 ID:scdw3kBG
ストーリーは同じ
映画にしかないシーンがちょこちょこあるが
もうドラマのストーリーが追いついてしまったし
ドラマ見てるんならディレクターズカット版を見るぐらいのかんじ
DVDになってからでも十分かな


関連記事

  1. 2009/11/19(木) 00:06:57|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<彼が二度愛したS | ホーム | ジュラシック・パーク>>

コメント

1 ■無題

素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。
これからも更新頑張ってください。
  1. URL |
  2. 2010/01/18(月) 15:55:57 |
  3. 秋田の出会いにあきた #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2 ■Re:無題

>秋田の出会いにあきたさん
ありがとうございます。
更新へのパワーを頂きました。
  1. URL |
  2. 2010/01/18(月) 22:06:23 |
  3. 江戸川長治 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/982-c5712170
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR