FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1228830265/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2008/12/09(火) 22:44:25 ID:aBHqa3yO
「寝ずの番」「次郎長三国志」に次ぐマキノ雅彦(津川雅彦)の最新作。
閉園の危機を乗り越え、いまや北海道の国民的動物園にまで復活を遂げた旭山動物園の感動の物語。

1/24 北海道先行上映
2/7 全国公開

http://www.asahiyama-movie.jp/


8 :名無シネマ@上映中:2008/12/15(月) 11:21:13 ID:htmsWy8R
映画観てきた。
禿げしくなんだかなぁ…って感じ。
後半に出てくる動物園廃止反対派市民たちは、自分たちの税金がどれだけ垂れ流しされていたかを知った上で反対してるんだろうか?
動物達は野生でいるより動物園にいた方が長生きするんだ!ってセリフがあったのに、動物園廃止の場合は動物達の受け入れ先が決まらないと殺処分の運命って矛盾。
アホすぐる。

22 :名無シネマ@上映中:2009/01/13(火) 00:38:04 ID:g83rL/jy
試写で見たけど、こりゃだめだ。
いまさらこんな有名なネタを映画化したところで、北海道ならまだしも、首都圏で公開したら間違いなくコケる。
西田の演技もわざとらしく、陽はまた昇るのほうがまだまし。

これって地元住民・エキストラくらいしか興味ないんじゃないのか?

51 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 11:45:11 ID:yOR2c0sG
かなり濃ゆい出演陣で逆に安っぽいドラマみたいだったことは否めなかった。
もっと無名性の高い俳優陣で作ったら
クリアでいい作品にできたかもしれない。
それをマキノに臨むこと自体アレだけどなw

2ちゃんねる映画ブログ

肝心のペンギンがあまり撮られていなかった。
この程度だったらそこいらの観光客のハンディービデオのほうが
数段魅力的な生態を捉えてるんじゃないかというくらいの体たらく。

52 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 15:51:41 ID:yOR2c0sG
まあでも涙腺の緩くなったオサーンは何度かやばかったことをゲロります。

53 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 19:46:18 ID:7T6MeeNh
最後の園長定年で去るくだりがイマイチだった。
動物たちが退職を惜しんでるとかいう陳腐な演出なのかありゃあ?
やっぱここだけはまだ先のことなんで
事実に基づいてない分だけ
苦し紛れ動物頼み絵空事でドッチラケ~みたいな。

あと、ペンギンが宇宙飛んじゃったっりのメージ映像(笑)のマンガチックもウンザリ。

62 :名無シネマ@上映中:2009/01/27(火) 16:08:16 ID:TrJ+L0g5
地元関係者エキストラで気が付いたところを。

西田と笹野の間を割って通り過ぎた市役所職員役の西川市長。
結構観客から笑いが漏れていた。

駅で新聞を取るサラリーマン役の一人に小菅園長。

アムールヒョウ(?)の肉球を子供に触らせようとして中村らに注意される客役の坂東副園長。
でも坂東さんはペンギンの散歩で中村らと一緒に本業で映ってるからなんか矛盾がw

市役所幹部役として後ろの方に居た重野部長。
フォーカスは微妙に外れていたw

あとは現役市議の方々など。

79 :名無シネマ@上映中:2009/02/03(火) 10:32:41 ID:E4MOYVjO
新人の飼育員が気持ち悪い
もっとまともな役者いなかったの

80 :名無シネマ@上映中:2009/02/03(火) 13:43:46 ID:DzB3hhN5
何言ってんだよ
前田以外飼育員全員気持ち悪いぞ

81 :名無シネマ@上映中:2009/02/03(火) 16:10:58 ID:CPpwDgfb
>>80
長門が動物の交配に性交して喜んで象のところに踊りながら寄っていって踏み潰された時には
試写会場で子供たちがゲラゲラ笑ってたっけなwwwwwww

100 :名無シネマ@上映中:2009/02/07(土) 00:14:37 ID:M/UpFqtS
この映画ってさ津川さんには申し訳ないけどこのテーマを映画にするには今更って気がするんだよな~そう思わない?

102 :名無シネマ@上映中:2009/02/07(土) 02:13:34 ID:5czq1wCm
>>100
一回転して新しい

103 :名無シネマ@上映中:2009/02/07(土) 10:05:34 ID:UzP5yHiU
新しくはねーだろ?
むしろ年寄りとガキを狙った
ベタな映画。
衰退化してるな、映画界。

107 :名無シネマ@上映中:2009/02/07(土) 17:07:01 ID:5czq1wCm
>>103
ベタは大事やがな。

124 :名無シネマ@上映中:2009/02/09(月) 01:29:54 ID:x3ALg6JH
要約すれば、
結局、職員のアイデアは、何の役にも立たず、
マスコミに踊らされる民度の低い市民に選ばれた市長をたらしこんで、
血税を注ぎ込ませ、
他の水族館のアイデアパクった、ハコモノで集客した動物園の物語。

まぁ、作ってる方は、楽しかったと思うよ、津川らしい映画だ。

127 :名無シネマ@上映中:2009/02/09(月) 08:22:56 ID:06/sRG59
新市長が出てきた途端に何もかもトントン拍子に上手く行っちゃいましたってのがなあ

様々な展示場が出来ましたってとこを音楽に乗せてサーっと流しちゃったけど
家族連れや子供はむしろそれらを作る過程こそ見たかったんのでは?
先行してるフジのドラマシリーズのイメージが付いてると特にそうだと思う。

あと、ご都合展開で大成功!なラストだと、ツヨシのイジメのトラウマとか
通夜での口論は結局なんだったんだと思わなくもない。
ツヨシのは一応最後で適当に回収してるけど、まさか通夜の件は頭下げて終わりなの?

監督のおかげか俳優さんは端役まで豪華な顔ぶれだったし、セットや小道具も凝ってたのは良かった。

128 :名無シネマ@上映中:2009/02/09(月) 11:00:30 ID:QoYrcnXp
>>127
まぁ、ネタは事実を元にしてるから、ドラマチックにはいかない。
あれで終わりさ。


あと、ドラマと一緒が良いか否かは意見が分かれるんじゃないか?
ドラマで奇跡の軌跡はある程度見てるから、
1、映画も同じように軌跡を重視した方が良い
2、映画はそこで動いた人間とその物語を重視して作った方が良い

かに分かれるんだよ。
津川は2の方を重視して作りたかったんだから、そう受け止められてるなら
見せたかったものは撮れてるって事かな。

138 :名無シネマ@上映中:2009/02/09(月) 17:34:35 ID:vGpMF0nM
>>128 違う、違う。事実を、メリハリをつけながら丁寧に見せることでドラマを生むべきだったという話。

物事が始まるまでにさまざまな予感や悪寒や葛藤があって、意表をつくアクシデントがあって、
それらを偶然が助けてくれて、みたいな日常レベルのもの。見せ方しだいでドラマは作れる。

「電車男」なんて女の子にお礼の電話をかけるという、あまりにも些細な出来事を使って
「感動のドラマ」に仕立て上げたんだぜ。

作りこみ方次第だよ。重要なのは事件の大きさじゃない。制作者の観察眼の鋭さと深さだ。

139 :名無シネマ@上映中:2009/02/09(月) 18:31:08 ID:AyqOkmDX
>>138
津川だからな~

周防だったら
せめて矢口だったら

129 :名無シネマ@上映中:2009/02/09(月) 11:32:50 ID:KcoPvT95
「市長が変わったら劇的に変わりました」は充分ドラマチックだと思うんだけど
旭山動物園の歴史全然知らずに見たんだけど実際もそうだったの?

132 :名無シネマ@上映中:2009/02/09(月) 15:26:32 ID:AyqOkmDX
新市長が、旭川に万博だかテーマパークを誘致したいって言ってた人で
小菅園長が、だったら今ある動物園を使って動物テーマパークを作れば
これくらいの予算でこれだけのことができます
と必死に説得しまくった

133 :名無シネマ@上映中:2009/02/09(月) 15:34:59 ID:iuT/Oc5x
だったらそう描写すれば観客も納得するのにな

142 :名無シネマ@上映中:2009/02/09(月) 19:28:22 ID:qSXpckr5
>132
なるほどそういう背景があったわけね
映画だと何を根拠にプレゼンを試みたのか分からなかったわ。
夜中にテレビを運びこむシーン入れるぐらいならそっちを描いて欲しかったなあ。

156 :名無シネマ@上映中:2009/02/10(火) 15:26:39 ID:K7GLdx3U
オカルトチックなイメージシーンはいらんだろ、子供泣いてたぞ。

157 :名無シネマ@上映中:2009/02/10(火) 15:46:27 ID:7P/Cn+AG
正直これ子供はあんま楽しめないかもね。
見た後にここ見て陽はまた昇ると同じ監督と知って納得。

161 :名無シネマ@上映中:2009/02/10(火) 18:43:32 ID:kbNkoGhT
 >>157
動物園が舞台だから動物は出てくるけど、それがメインの話じゃないからな。
子供にはむずかしいだろうな。

179 :名無シネマ@上映中:2009/02/11(水) 19:25:59 ID:udL7qZnY
監督しては芋くさいだけだね。マキノ雅彦で3本目?もっとどうにか…。
すぐズームで寄りたがるのはやめて欲しい。テレビみたいで興ざめ。
動物も別撮りをお約束でちょいちょい入れてる感じで本編から浮いてるし。
中盤、CG丸出しのペンギンが地球を飛び立って宇宙を飛ぶのには飽きれた。総じてダサい演出ばっか。
それでも感動して涙が流れたのは、良い役者が揃ってるのと題材が素晴らしいからだろう。
旭山動物園はすごい!ドラマチック!

180 :名無シネマ@上映中:2009/02/11(水) 20:35:16 ID:g8qCNxgK
>動物も別撮りをお約束でちょいちょい入れてる感じで本編から浮いてるし
確かに話が進むほど人間と動物が別々になってるよね
序盤は1つの画面に収まってるシーンがまだあったけど。
特に一徳とゴリラがオリの中で並んで座ってるシーンは合成なんだろうけどワロタ

191 :名無シネマ@上映中:2009/02/11(水) 23:06:29 ID:3VathzYs
津川ってさ・・・
監督としてレベル低いだろ

2ちゃんねる映画ブログ

原作になるいい実話エピソードあるんだから
これを周防あたりが映画化してれば、名作映画になってたのにな。

308 :名無シネマ@上映中:2009/02/18(水) 17:40:02 ID:i4eyBpbN
津川のスタンスは、映画もおもちゃ屋も同じだな。
自分たちが楽しければ、それが観客、顧客に伝わる。
だから、楽しく仲間で撮る、自分が遊ばせたいおもちゃを売る。

ある意味、一貫したスタンスでブレてない。

ただ、津川のオナニー見せられても
観客、顧客は、楽しくもなんともない。
だから、映画もおもちゃ屋も、ビジネス的には大失敗。

186 :名無シネマ@上映中:2009/02/11(水) 22:23:31 ID:SYToLrlT
動物がどアップばっかりで、なんでこんなにカメラが寄ってるだと思ったけど
いろんな動物園で撮った映像使ってるから、背景が映るとバレちゃうんだな

194 :名無シネマ@上映中:2009/02/12(木) 01:02:16 ID:auv8fSJD
>186
エサをロープからぶらさげて食べさせるシーンは
最後に思いっきり引いた絵になったので千葉の動物園だというのがバレたw

187 :名無シネマ@上映中:2009/02/11(水) 22:30:04 ID:SYToLrlT
あと、長門の演じた飼育員はモデルいるの?
はしゃいで騒いだせいでアフリカ象に殺されるってあんまりだと思った。

2ちゃんねる映画ブログ

189 :名無シネマ@上映中:2009/02/11(水) 22:49:12 ID:solHRo2i
タロウの事故は放飼場でフンを除去している時に起きたらしい。
別にはしゃいでとかじゃないよ。 本では発情状態に入ったオスは
危険な状態になることがあるって書いてた。

190 :名無シネマ@上映中:2009/02/11(水) 22:52:37 ID:SYToLrlT
>>189
サンキュー
だよなあ
あんなので死んだらアホだよなあ
長門の飼育員は、いちいち大声で騒いでうざかった

196 :名無シネマ@上映中:2009/02/12(木) 01:24:02 ID:EgWgy3/K
麻酔吹き矢が園長の考案というのは実話なのか
あれ動物のお医者さんに出てきたなーと思って気づいたけど
中村靖日の髪形は、ひょっとしてハムテルを意識しているのか

2ちゃんねる映画ブログ

197 :名無シネマ@上映中:2009/02/12(木) 07:50:51 ID:SO2Kqddw
あの髪型どーなんだろうね
もの凄く浮いててずっと気になってしょーがなかった

199 :名無シネマ@上映中:2009/02/12(木) 10:37:54 ID:/GCboUjD
髪型はやっぱりモデルとなった坂東さん風にしたんじゃないの?
坂東さんもちょっと特徴ある髪型してるから。

212 :名無シネマ@上映中:2009/02/12(木) 21:26:49 ID:ktYteVJM
2時間の映画で、1時間半経過した時点でどん底。
ここからどうやってオチまで行くのかと思いきやその10分後には日本一。
なんですかこのジェットコースター映画。

213 :名無シネマ@上映中:2009/02/12(木) 21:32:40 ID:brORbmiX
まさにファイナル・デッドコースターw

214 :名無シネマ@上映中:2009/02/12(木) 21:52:09 ID:auv8fSJD
>212
どん底から日本一になるまでの話を見たかったよ、俺は。
というか、そういう観客の方が多かったと思うんだよなあ たぶん

230 :名無シネマ@上映中:2009/02/13(金) 21:16:14 ID:YqgepD0m
開始3分でクワガタ・カブト虫がウゾウゾ出てきてドン引き。
あれ完全に脚色だろ。あの量は無いわ。
しかも冒頭は確実に虫の青年が主役だったのに、
最後には西田が主役になってるし。

子供向けにも大人向けにもなってない映画。

231 :名無シネマ@上映中:2009/02/13(金) 21:47:16 ID:Gas3TXf5
>>230
いや、あれに近いだろうね
少年時代の坂東の家はインコだらけ
数十羽はいたから
しかも部屋で放し飼い
虫も多かったみたいだし

236 :名無シネマ@上映中:2009/02/14(土) 10:59:23 ID:uCSPINil
確かに誰が主人公で誰視点で語られるのかイマイチ不明確だった

239 :名無シネマ@上映中:2009/02/14(土) 14:49:00 ID:Qqe7IOoV
>>230
あのオープニングは、サイコホラーだよなあ

240 :名無シネマ@上映中:2009/02/14(土) 17:19:12 ID:SgoWw5Gg
明らかに死んだのも転がってるもんな
かわいい動物目当てで見た人はいきなりドン引きするわ
ああいうの見ても、一体だれ向けに作ったのかとっても気になる

251 :名無シネマ@上映中:2009/02/15(日) 02:22:52 ID:4RPHqgpZ
>>240
虫好きの自分もドン引きしたぜ…

畳に散らかるカブト虫の死骸(生きたの混じってる)を箒でチリトリにザッザッ

生きたのが居るのに気付いて隣の部屋に放る

そこには踏み場も無いほど部屋中に虫を放してニコニコしている少年が

虫の数がまた無駄に多すぎるのと親が死骸を片づけてる場面があるせいで
異常性ばかり感じてしまう…

267 :名無シネマ@上映中:2009/02/15(日) 22:04:26 ID:5T3Ih1tZ
>>251
オレはまた猟奇殺人者の部屋かと

271 :名無シネマ@上映中:2009/02/16(月) 03:24:10 ID:pm2rjaYr
>>267
きちんと飼い育ててるって感じでなく、端から死んでようが構わずに
気の向くままむやみに集めて眺めてニヤニヤ…て雰囲気なんだよな。

いくらなんでも演出下手すぎだー

243 :名無シネマ@上映中:2009/02/14(土) 22:12:27 ID:YIVEBS88
俺は評論家じゃないんで、素直に感動したとしか言えないなあ。
去年旭山行ったときは動物が動いてなくてこんなものかと思ったのが率直な感想。
でもチンパンジーは面白かった。

256 :名無シネマ@上映中:2009/02/15(日) 14:15:19 ID:dvtqNS7t
雌ゴリラの部分どうにかならなかったかな?
あの、いかにも作り物って感じがね。

あとラスト、一番上のゲートから降り始めて
ペンギンのエリアあたりまで来て、わざとらしく動物が騒ぎ始める。
そこまではいいよ。我慢するよ。
なぜ帰るために坂を下ったのにまた上のゲートに戻っているのかと。

258 :名無シネマ@上映中:2009/02/15(日) 14:52:01 ID:gPlyHSJE
>>256
ゲートとか道とか実際の位置関係を多少でも知っている者は只々苦笑だったなw
一人寂しく去るって演出も芸が無さ過ぎると思った。

311 :名無シネマ@上映中:2009/02/18(水) 21:09:15 ID:NzKMppFb
ブタの貯金箱があまりに懐かしいベタだった。

323 :名無シネマ@上映中:2009/02/19(木) 17:38:02 ID:DCxQhtCI
ダメだしですけど、色んな動物のアップポンポン入れるより、エピソードに沿った動物だけ
丁寧に映したほうがちゃんとした動物映画的要素もプラスされたと思う。
なんかバランバランな映画。主役のテクノカット、あれもない。あれでいくならいくで、
話の中で多少いじらなきゃ。みんな変だと思うんだから、何でいじらないのか。

324 :名無シネマ@上映中:2009/02/19(木) 17:59:25 ID:AdBuQ27p
全然経緯を丁寧に追ってないよな

329 :名無シネマ@上映中:2009/02/19(木) 19:09:52 ID:DCxQhtCI
動物愛護団体のくだりもひどすぎた。部屋の中で拡声器とか、どういうセンスしてんだっていう。
ミドリガメを飼い切れなくなった主婦が登場して、在来種がどうのと今更の展開。

330 :名無シネマ@上映中:2009/02/19(木) 20:41:33 ID:h4o5fSbC
>>329
しかもいよいよ動物園潰れるってときには愛護団体一切出てこないのな。
もしかして監督の中では在来種が・・の演説と前田愛が改心したことで
愛護団体のエピソードは解決したってことにされてるんじゃないのか。

場当たり的に自分の都合の良いエピソードだけ見せてるだけなんだよな。

333 :名無シネマ@上映中:2009/02/20(金) 00:43:48 ID:QMzBJtK3
まともな監督でフラガールレベルの映画が見たかった

334 :名無シネマ@上映中:2009/02/20(金) 12:17:13 ID:bGM3wJKw
>>333
ホント、フラガールと題材的には変わらんのにな
旭山と比べるとフラガールは素晴らしい出来だったんだと今更認識。

331 :名無シネマ@上映中:2009/02/19(木) 22:46:23 ID:l47g66TG
赤字で存続が危ぶまれる部署。
西田敏行演じるそこの責任者が情熱とアイディアで部下達を引っ張る。
すべてを握るトップの人物に直談判して認められ大成功。
最後は多くの別れの声に見送られて職場を去る。

2ちゃんねる映画ブログ

なんだ、骨子は完全に「陽はまた昇る」じゃん・・・

結局、"動物園"は物語の舞台なだけで全然主役じゃないんだよね。

335 :名無シネマ@上映中:2009/02/20(金) 15:02:51 ID:GWhB5Doa
西田が動物に見送られて退職していくラストに「そういう話だったの!?」と戸惑ったんだが
働く中高年への讃歌や諦めなければ報われるという「陽はまた昇る」的なテーマだったのなら納得。

津川が描きたかったのと、客が「旭山動物園」という名前で期待した内容とが完全に錯誤してるわ。

まだプロジェクトXが放送続いてたなら錯誤も生じなかったのかもしれんが
これに関しては「奇跡の動物園」のイメージが先行してるし、そもそも舞台が動物園。
まさか中高年年向けの映画だとは誰も思わんだろ・・・
やっぱり津川が時代を読めなかったんだと思うよ。

366 :名無シネマ@上映中:2009/02/27(金) 13:18:31 ID:mNv2a8Fy
役者の息というか組み合わせが合ってない。

長門のスタンドプレーと中村の大根棒読み、前田愛のいまいち感。
一徳、柄本、六平、笹野、塩見など脇役が多彩すぎて逆に死んでいる。
こんな定年間際のおっさんたちだけでやっている動物園って・・・とまず突っ込んでしまう。
新入りとベテランの間をつなぐ役者が一枚欲しかった。
主役の西田は動物園長というよりも先に西田キャラが全面に出てしまうので割引き。

新人君の人間としての成長を描きたいのか。
動物園の蘇る過程を描きたいのか。
純粋に動物の素晴らしさを映したいのか。
いろいろ欲張ってグズグズになった気がする。

最初のシーンが強烈だっただけに、新人君の成長にもっとこだわってもよかったような。
映画の中村は人嫌いの変わった人というマイナスな印象を持たせるが、
でも実はいいやつよっていうプラスな印象付けが欠けているので最後までハテナキャラで終わっている。

単純にドキュメントタッチの映画、動物の記録映画でもよかったかもね。
それだとドラマで済んじゃうなあ。

376 :名無シネマ@上映中:2009/02/28(土) 19:18:29 ID:U4Nvd7rn
 本物の園長さんって これから退職だったんすね。

でも名誉園長になることが、公開中にきまりましたね。

 疑問に思ったのが、ラストシーンであんなに大きな動物園だったんだ
って驚きました。それとも人気が出てから、職員が増えたり、
建物面積が増えたりしたんですかね。

ただ、あんなに混むのなら、逆に本物のところに行きたくなくなりました。

377 :名無シネマ@上映中:2009/03/01(日) 01:12:40 ID:8Q3djKEg
実際の動物園は広くないよ。
最後の退職シーンは一番てっぺんから正門まで
園を縦断してるのが地元民としては笑える所。

名誉園長決定でますます津川の空想退職シーンが陳腐に見えるようになったなw


関連記事

  1. 2009/11/04(水) 00:04:32|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<最後の初恋 | ホーム | スター・トレック>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/974-989ee2c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ』

□作品オフィシャルサイト 「旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ」□監督 マキノ雅彦 □原案 小菅正夫 □脚本 輿水泰弘 □キャスト 西田敏行、中村靖日、前田 愛、堀内敬子、吹越 満、笹野高史、梶原 善、萬田久子、塩見三省、六平直政、長門裕之、岸部一徳、柄本 明■
  1. 2009/11/24(火) 12:06:05 |
  2. 京の昼寝?♪

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR