FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

天空の城ラピュタ

http://tv3.2ch.net/cinema/kako/1035/10356/1035660129.html
2ちゃんねる映画ブログ

1 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/27 04:22 ID:h/jm0MK8
冒険活劇の金字塔にして不朽の名作。
どれだけ新作が生まれても、人はラピュタから離れては生きられないのYO!


11 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/27 08:18 ID:ggj9qdCg
ムスカが落ちていくのがいまだに見つけられません。
どこだよー・・・

12 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/27 09:31 ID:1DgoRgfm
>>11
一時間五十六分五十秒あたりから、画面の右端から1/3あたりを落下してる。

33 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/28 00:05 ID:7TYX4SAh
ジブリのキャラでシータに次いで好きなのがムスカだな。
カッコいいし知的だし。野心があるところが立派だと思う。
野心は裏を返せば向上心だし、現代人は目に輝きを失っているが
ムスカは黒メガネを通してもその輝きは失わない鋭いものがある。
ムスカは結局悪の道に踏み込んでしまったが、ムスカの野望は
理解できなくもない。

img_98_20111209145015.gif

34 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/28 00:10 ID:kWWC0jjZ
黒メガネはムスカの手下なんだが・・・

46 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/28 10:33 ID:wYh2EaQz
これって、ジブリの主要作品のなかでも、
一番興行成績悪かったんだよね。

407 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/21 23:04 ID:eVynEkYn
こんな面白い映画が劇場公開時ヒットしなかったというのが未だに理解できん。
前作ナウシカがヒットしてるし当時も知名度も十分だったろうに・・・
なぜ?

当時のアニメファン、映画ファンはあほの集まりか。

410 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/22 01:35 ID:K02Ed/Lq
>>407
漏れは友達何人も誘って3回観に行ったよ。
そんな漏れでもあほですか?

マジレスすれば宮崎駿という名前は、アニメ、映画ファンにはすでに認知されていたが
一般人の認知度は今とは比べ物にならんかった。

53 名前:  投稿日: 02/10/28 23:13 ID:at4btvlM
私はこの映画を映画館で見て、あまりの面白さにそのまま
映画館にぶっ通しで3回見て、お腹一杯大満足で映画館を
でて、帰る足で本屋に寄って「さあ映画評も大絶賛だろうな」
と主要映画雑誌やアニメ雑誌を楽しみに開いたら、どれもこれも
クソ評価で心底白けますた。

とにかく公開当初はボロクソのコケミソでした。
あれじゃあこけるのも当たり前。

あの映画、子供がドキドキワクワク胸躍らせる要素が
殆ど全て入っていたと思うんだが、それが全く評論家には
伝わっていなかったと知って、彼らの老人のような感性に
絶望しますた。

74 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/29 17:59 ID:Z9gCC/jO
映画館で観ると、ロボットのレーザーが地平まで走るシーンの
迫力が、段違いだよ!
あとでビデオで観た時、「こんなもんだっか?」と愕然とした。

54 名前:  投稿日: 02/10/28 23:20 ID:at4btvlM
個人的には要塞でのシータ救出シーン、あの演出力に匹敵
するのは、私の乏しい映画体験では、「マトリックス」での
ヘリコプターがビルに衝突するシーン、あれしか思い浮かばないっす。
どちらも「お見事!」としか言いようが無い。始めてみたときは
どちらも鳥肌立ちますた。

でも冒頭から観客を引っ張る力の見事さ、つまりシータの落下と
その後フワリと浮かんで久石のオーケストラが被るシーン、
あれに比肩するオープニングは未だに見た事がありません。

56 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/28 23:59 ID:OYuM8LHz
>>54
絵作りとか編集のうまさでは確かに「マトリックス」も良かったけど、
「シータを救う!」という感情の収束力の爆発的な勢いという一点において
漏れ的には「ラピュタ」の前には遠く及ばない。

57 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/29 00:05 ID:7yJgYdLg
ラピュタと比較して遜色ないのって、バック・トゥ・ザ・フューチャーと
ターミネーター2とエイリアン2とカリオストロの城くらい。
それだけ完成度は高い。

58 名前: キングアナル ◆SP1RWrm9VI   投稿日: 02/10/29 00:45 ID:p2/rwkms
>>57
気持ちは解るが、おじさんはもっと昔の映画も見て欲しいと思うよ。

91 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/30 17:43 ID:0QUuGjnk

2ちゃんねる映画ブログ

パズーがラッパを吹くとき、口をペロッと舐めてるんだね。芸が細かい。
DVDで初めて気が付いたよ。映画館でも見てたんだが見過ごしてたなぁ。
不覚。

122 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/31 00:11 ID:FswYFjFd
何でムスカはラピュタの血を継いでるのにラピュタの言葉とか何にも分からないんだ?

126 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/31 00:25 ID:0a7MIM4P
>>122は生まれた時から日本語喋れたらしい

144 名前: 122 投稿日: 02/10/31 17:58 ID:F449Rkp5
俺が言ってるのはシータが滅びの言葉とか色々受け継いでるくせにムスカは自分がラピュタの血を引いてるのを知ってるのにそういう情報がほとんどないからだよ

145 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/31 18:48 ID:mC8Nnxep
>>144
真の後継者ではないから。
ムスカの本名には真を意味するトエルが付いていない。

146 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/31 18:49 ID:Rj63OHHV
ラピュタの歴史についてシータ以上に知っていたと思うが

147 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/31 19:02 ID:mC8Nnxep
ムスカの先祖が引き継いだであろう古文書のおかげ。
「読める。読めるぞ。」のあたりのシーンで自分で翻訳した形跡が。

150 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/31 23:21 ID:gypoB6xE
ムスカの祖先は、ラピュタの力を悪用しようとした先進派かもね。
んで、シータの祖先こと正当な王位継承者は比較的平和主義者。
だからこそ、王はトエルの名を持つもの以外には「呪文」を継承しなかった。
恐らく口伝だったのだろう。文書に残すと漏洩の危険があるからね。

そして、そうだったからこそ、パロの名を冠する一族は
文書の保存・継承・解読(つーか忘れないように伝え継ぐ事か、結局)に躍起になった。
いつか返り咲く日を夢見て…

151 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/31 23:43 ID:YwhujtJg
ムスカ派は現実主義
シータ派は原理主義

152 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/01 01:46 ID:0+q2R79a
パズーって変な名前だよな。
実際にパズーって名前の人を知ってる人いる?
シータやドーラ、シャルルやルイや親方は実際にいると思う。
ムスカは微妙。

153 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/01 03:08 ID:12+Tdi9d
「パズー!」って呼ぶ時のシータの声がかわいいから許す。

154 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/01 03:13 ID:lJHoKM5d
シータの叫び声のかすれ具合は妙にエロチルムを感じる・・・

156 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/01 05:01 ID:gPKtZ7wO
漏れは直接叫ぶ時よりも、縄がほどけずにパズーに抱え上げられた時や
木の根で足を滑らせてはまった時の「あうぇっ」と言うようなあえぎが好きだ。

158 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/01 05:41 ID:8coUFRdb
塔の上で兵士がお下げを引っ張って持ち上げるとき思わず声が出てしまうシータ萌え。

162 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/01 23:21 ID:Jfw8VyhD
>>158
beyonce2_20111209145016.gif

シータはお下げが性感帯。

164 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/02 00:06 ID:PcQAdg3L
あっ駄目っパズゥ。
お下げをそ・・・んなに触らない・・で。
あぁっハァ。あ、ハァあっあっ。

165 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/02 00:49 ID:S35tYuVz
>>164
おまえ、バルス。

157 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/01 05:33 ID:aBtEkGxa
声が好きならドラミちゃん見てりゃいーんでないかい?

188 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/04 02:46 ID:Fz5f8wyC
ラピュタが崩壊しても庭園のロボットが壊れていないのはなぜですか?
戦闘ロボットは壊れたのに。

189 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/04 03:11 ID:gFWJHZ1p
戦闘用のロボットには飛行石が埋め込まれているが、園丁ロボットには
飛行石が埋め込まれていないから。

203 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/05 09:09 ID:KfreEY6x
最初に城にいるロボットは片足壊れてるのに普通に階段上がれてるのはなぜですか?

204 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/05 09:34 ID:Z8XoGpMB
>>203
ティディスで復活した戦闘ロボも階段上がってんじゃん(鉄の扉ドロドロのあたり)。
自分の体の状況をキチンとフィードバックして、短時間で補正して対応できるって凄い技術だよ。
園丁ロボは、さらにもっと時間が経過しているのだから、片足で歩いていて何ら不思議は無い。

205 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/05 09:40 ID:FR89rfh1
>>204
で、奴等の原動力は何ですか?水素エンジン?

207 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/05 09:54 ID:Z8XoGpMB
>>205
それはムスカにも分かりません。多分、王への愛、忠誠心です。

209 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/05 14:44 ID:yjD3/2eY
最初観た時さ、ボムじぃはラピュタ人の末裔だと思ってたよ。
王族じゃなくて、フツーの平民。シータ王女は「王だけが生き残ってるなんて~」
とか言ってたけど、気づいてないだけで案外生き残り組っていたりして。

aQ_20111209145017.gif

216 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/05 22:50 ID:55otzW9W
>>209
いや、その解釈で合ってるよ。
ポムじいさんはラピュタ人の中でも飛行石の結晶をつくる職人の末裔。
ムスカがラピュタの伝承を知っているように、ポムじいさんも飛行石の
伝承を受け継いでいる。
でもその技術はすでに失われているけどね。

221 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/06 01:12 ID:+y5840h0
つか、ラピュタ人が地上に帰化して長い年月が経ってるってんなら、
平民まで含めたらそこいらじゅうに子孫が転がってるんじゃなかろうか?

222 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/06 17:41 ID:bVbwQPYJ
ゴロゴロ。

238 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/08 00:12 ID:wktHFISd
ちょっとお聞きしたいんですが、パズーとシータがラピュタに着いた後
ロボットの後を追って建物内に入りますよね、その時のパズーのセリフで
「シータ、あの空!」
ていうのがあったと思うんですけどそのセリフの意味がいまいち分かりません。
建物の内側の壁に空が映ってたからその技術に驚いたっていう解釈でいいんでしょうか?

240 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/08 01:26 ID:zTrBEVmj
>>238
そうです。
その後外からの絵に切り替わると壁があるでしょ。
片側から見ると透明になる壁を作る技術に驚いているんだよ。

確かにちょっと解りにくい場面だよね。

243 名前: 238 投稿日: 02/11/08 08:23 ID:drUVyL40
>240
回答ありがとうございます、確かにセリフの後ちゃんと外から見た壁のカットが
入れてありましたね。すっきりいたしました。

262 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/10 19:03 ID:4b0+A9ev
ラストでムスカを倒し海賊たちと抱き合うという展開は
人を殺すことは許されないが、財宝を盗むことは許されるという解釈でよろしいですか?

263 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/10 19:05 ID:K8cSkPKw
既にラピュタ人は住んでいないのだから財宝は誰のものでもないと思われ

264 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/10 19:10 ID:bIzXmuPd
ピラミッドの墓荒らしが使いそうな詭弁(w

265 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/10 19:19 ID:8JkIUA3a
>>262
海賊がお宝を盗んで何が悪い(w

266 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/10 19:24 ID:+BkIJdIM
本来ならパズーとシータはあそこでお宝を「ニイー」と見せびらかす海賊たちに
「だめじゃないかおばさん!返してきなよ!」と怒らなければならない。

268 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/10 22:47 ID:kNA0/DGS
>266
何処に返すんだよ(w

269 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/10 23:19 ID:naS7iD+4
パズー「だめじゃないかおばさん!返してきなよ!」
ドーラ 「なに言ってんだいパズー、お前だってたいへんなものを盗んできたじゃないか」
パズー「・・・?」
ドーラ 「シータの心(以下略)」

271 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/11 01:42 ID:NGowVUeB
>>269
藁タ

336 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/15 11:56 ID:zn2BJsgl

2ちゃんねる映画ブログ

シータって何歳?
ドーラの息子達はオヤジたちばかり、ロリコン一家なのか?
(中にはまだ若いのもいたが)

337 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/15 12:12 ID:KZPZRBpK
>>336
小説版には書いてあったなあ。
たしか14歳くらいだったと思うけど。
間違っていたらごめん。

338 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/15 12:16 ID:Yh6RyQ7f
12歳じゃなかった?

339 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/15 12:30 ID:zBXsOq7j
十二歳の無毛少女に襲い掛かろうとしてたのかドーラの息子は。
気持ちはわかるけどな!

360 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/18 01:58 ID:snI9VGHN
巨乳

361 名前: 投稿日: 02/11/18 02:16 ID:NJrpcIxy
婆のか?

img_9868_20111209145014.gif

362 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/18 07:49 ID:FC9/gJXJ
親方の嫁さんに決まってんだろ

363 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/18 19:31 ID:KY3dRucu
アレは凄いな小池栄子なんて目じゃないな
100cm以上あるな、きっと

374 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/19 10:52 ID:+8oioLrO
シータは宮崎キャラにしては胸が小さいよね。
ナウシカで必要以上に騒がれたから自重したのかな。
だから当時人気無かったのかも。

377 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/20 01:03 ID:z+AFIpw/
ガイシュツかもだけど
パズーが、ムスカから渡されたコインを、一度地面に叩き捨てようとしたのに
やめたのはなんでだろう?

378 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/20 01:14 ID:bjzt3tXx
>>377
パズーの生活状況や住んでる町の状況を考えてごらん

379 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/20 01:22 ID:H6lY8oj0
そこをグッとこらえさせる所がいいよね。自暴自棄のパズーの心境も表現してる。
あそこでコインを叩きつけたら当たり前の演出。

381 名前: 377 投稿日: 02/11/20 01:43 ID:sfsDqo1V
>>379
俺は、あのコインを捨てなかったパズーを見て結構ガッカリだったんだけど。
なんか人間のエゴの部分を見せられた気がして。

382 名前: 379 投稿日: 02/11/20 02:00 ID:H6lY8oj0
>>381
まぁ感じ方は人それぞれだろうけど。
俺はむしろパズーを生身の人間として描いている監督の気遣いに関心した。
シータといっしょにラピュタを探そうとしていたパズーなら
コインを捨てていたかもしれないが、あの時は打ちのめされていて
「こんなことしてカッコ付けたって、どうせオレなんて・・・ふんっ」
て心境だったんだとオレは受け止めた。うまく言えなくてスマソ。

384 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/20 09:10 ID:rbRPjMSV
>>381
自分の給料だけで一人暮らしをするようになれば、少し理解できると思う。

391 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/20 22:52 ID:6jJzOQgq
今見ると下品で粗暴なドーラ一家を愛すべき連中として描き
上品でクールなムスカを大悪人として描くという価値観に
どことなく共産主義的な匂いを感る。

392 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/20 23:55 ID:QeTjHwaE
>>391
うん、多分気のせいだよ。。

403 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/21 19:40 ID:WwMMy8IU
>>391
warata

406 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/11/21 21:13 ID:gZkn6c9T
シータを城から助け出す時の、ゴリアテに煙幕ぶちかますシーン
は、音楽とマッチしてて何度観ても爽快だ!

707 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/12/07 07:59 ID:PMg5q501
DVD見てておもったんだけど、

物語序盤のシータって命知らずだよな。
飛行石の効果も知らないで窓開けて
飛行船の外に飛び出すんだよ?
タラップがあるわけでなし。
捕らわれの身になるくらいなら死んだ方がまし、
と考えていたのだろうか?

まぁ全編命知らずではあるんだけどさ。

708 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/12/07 08:55 ID:QXe5aZ6Z
>>707
全編に渡ってシータとパズーには高所に対する恐怖感が著しく欠如しているとしか思えん
描写が続くからな。

漏れ的妄想としては・・・
ムスカ達に捕らえられて以降、そりゃもうあんなコトやこんなコトをされまくって
やっと落ち着いたと思ったらまた新しい連中に・・・と思って逃げた。こんな感じ。

676 名前: 顔の先生 投稿日: 02/12/06 11:20 ID:H0N7L2yG
今見終わった。
はあ・・・何度見ても感動するねえ。
パズーとシータがタイガーモス号に乗って、ハズーが船外に出て
尾翼の付け根を修理してる場面。
雲に船体の影が映ってるんだけど、その周りに円く赤い線が出てるよね?
あれはなんだろう・・・。

2ちゃんねる映画ブログ

あと、何度見ても納得いかないのは、エンディングの地球だよね・・・。
すごく不恰好だよ。
地球の円の大きさと、山や川や橋なんかとの比率がめちゃくちゃすぎ。
せっかく感動してるところにこんなの見せられたらひくよ・・・。
ってがいしゅつだったらスマソ。

692 名前: 名無しさん@地下迷宮 投稿日: 02/12/07 00:27 ID:QhPuinzy
>676
>雲に船体の影が映ってるんだけど、その周りに円く赤い線が出てる
そうだっけ?ブロッケン現象かな。

678 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/12/06 13:43 ID:3MPHmK+U
>>676
あえて地球を狭くして、かけがえのないものなんだって
いうことを強調したいんじゃないかな。

702 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/12/07 03:03 ID:cgcjMTR9
ラストはアニメならではの表現だと解釈しているが

726 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/12/07 23:41 ID:xGJn7q7V
ラストでこの映画はフィクションで御伽話ですって言ってるようなもんだよ。
映画の主人公も機械もすべて嘘の世界、虚構の世界なんだって。
やっぱラピュタなんてないんだなって。そう思わせて悲しくさせようとする。
感動も減っちゃうし。最後の最後でこけちゃいましたって感じ。

728 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/12/08 00:14 ID:C3z8YhCE
もしも、EDの地球が物凄くリアルに描かれていたとしたら、
それこそ、世界観ぶち壊し感動ぶっとび台無しだと思われ。

例え、そこにある大陸を、架空の大陸として別の形状にしても。

736 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/12/08 12:24 ID:EFHJNusT
今ハヤオさんがラピュタ作ったら、多分リアルなエンディングにしたんじゃないかな。
ラピュタ以後、どんどんリアル路線に走っていったからね。
もののけ姫とか、千と千尋とかを先に見た人は、ラピュタのアバウトさが気になるのかもしれない。
ラピュタでは、モブ(群集)シーンでは全員を動かしてないけど、
「魔女の宅急便」や「千と千尋」はほとんど全員動かしている。
どっかで他のアニメーターが「ラピュタのころとはスタンスが変わっちゃってる」と言ってたけど、
どんどん絵に緻密さとリアリズムを要求していったってのがあるんじゃないかな。
私なんかは、子どものときにラピュタ見たとき、エンディングには感動したけどね。
子ども視点の映画だから、本当はああいうのでいいんじゃないかと思う。
あんまり緻密にすると、アニメーターも死にますよ。

738 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/12/08 12:48 ID:YgNA6Qer
>736
同感ですな。
アニメにはアニメのリアリティがあるはずなのにね。もののけなんて
かなり実写を意識した絵作りに思えたけど、アニメーションとしては
未来少年コナンやナウシカの方が好きだったりする。

ただエンディングは、あれは心象風景でしょうに。たぶん歌詞の
主人公であるパズーの。あのエンディングの地球とラピュタ本編の
舞台とは、結びつかないと思うんだけどねえ。


関連記事

  1. 2009/11/21(土) 03:07:39|
  2. た行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ファニーゲーム U.S.A. | ホーム | 彼が二度愛したS>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/961-0b0c467b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR