FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

明日の記憶

http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1143124377/
2ちゃんねる映画ブログ

4 :名無シネマ@上映中:2006/03/24(金) 23:58:32 ID:eDKcrtR4
監督:堤幸彦
原作:荻原浩 (「明日の記憶」光文社刊 )
出演:渡辺謙 樋口可南子
   坂口憲二 田辺誠一 袴田吉彦 吹石一恵 水川あさみ
   市川勇 松村邦洋 MCU 木梨憲武 及川光博 遠藤憲一
   木野花 渡辺えり子 香川照之 大滝秀治

2006年5月13日(土)公開


66 :梅田男 ◆umeda10.Vo :2006/05/11(木) 23:26:47 ID:3DO/CjJU
('A`)見てきた。2時間がアッという間に過ぎた。
この映画は怖い。ハリウッドホラーなんかより身近な分怖い。
映画館を出ても尾を引く。
渡辺謙が、テストを受けているときに、「あれ?漏れは大丈夫か?」と不安にもなる。

べたな展開ではない。渡辺謙を見て、始まりから衝撃を受けると思う。
でも、泣ける。ネタバレはしないけど、夫婦の本当の姿を見るような映画。
劇場のそこら彼処で、すすり泣いていたよ。
この映画お勧めです。

そして最後に…('A`)木梨氏ね。と、思ったよ。

2ちゃんねる映画ブログ

68 :名無シネマ@上映中:2006/05/12(金) 03:42:12 ID:lm5M0XnO
私もキナシのエピソードは悲しくなったよ。

69 :名無シネマ@上映中:2006/05/12(金) 03:45:41 ID:J7Dvsz4e
あの木梨は、うっかりなのかわざとなのかわからないですね。
いい人っぽいからうっかりであって欲しいけど、原作ではどうなんだろう。

70 :名無シネマ@上映中:2006/05/12(金) 03:48:27 ID:1qNVknhA
わざとですよ。
しかも原作では複数回にわたって繰り返されてるから、
映画は一回だけで、あれでもまだマシな感じ。

71 :名無シネマ@上映中:2006/05/12(金) 04:52:59 ID:J7Dvsz4e
ギャー!ショックだ。
あれ見て、ものすごく嫌な気分になったもんな…。

73 :名無シネマ@上映中:2006/05/12(金) 09:29:58 ID:MdOvz/YE
渡辺えり子の役(浜野喜美子)なんて、原作にあったっけ?

74 :名無シネマ@上映中:2006/05/12(金) 12:28:06 ID:gvZaG6aU
>木梨エピソード
映画では解釈を見る側に任せてるって。
直前まで入れるかはずすか悩んで最終的に
どっちでもとれるようにしたそうな。
渡辺えり子は映画オリジナル。

152 :名無シネマ@上映中:2006/05/16(火) 15:30:45 ID:sxrlAj7G
原作にはない「渡辺えり子」の存在が、香辛料のようにピリッと効いていた。
あの役があるとないとでは大違いだと思った。

93 :名無シネマ@上映中:2006/05/13(土) 22:21:01 ID:2pCNmyb5
たった今、見て帰ってきました。

自分の両親もアルツハイマー性認知症(当時は痴呆症)でした。
母は現在進行形の認知症。自宅にお袋だけおいておけないので
グループホームにいる。
親父の時には、その前に寝たきりになっていたからあまり感じなかったが、
お袋の時には、正にあの映画の1シーン1シーンを振り返っているようで
映画を見ながら逃げたくなってきた。
これではいかん、と思いながら、できるだけ直視してました。

浅田次郎氏の作品「天国までの百マイル」とこの作品をダブらせて見たのは
私だけだろうか。
ある年齢の親を持てば、そして自分がある年齢になれば「笑って見られる」
映画じゃないと思う。
見るほうもつらいが、現実の認知症患者の家族はもっと大変。
映画だから、あそこまでで済んだのだと思う。

いい映画です。

97 :名無シネマ@上映中:2006/05/13(土) 23:08:48 ID:egGAtBIq
>>93
認知症の恐さは実感としてわからないので、こう言うと怒られるかもしれないけど
ウチの両親は脳内出血で突然亡くなったので、時間的に猶予がもてる病気だったら
いろんな事がしてあげられたろうなあ…と思う。
家族がある日突然いなくなる喪失感か、時間をかけて苦しむ認知症か…
どっちも辛いに変わりは無いね。

106 :名無シネマ@上映中:2006/05/14(日) 04:44:24 ID:HI/BxyrY
漏れが気に食わないのは

オープニングがオチというか、成れの果てから始まってる点。

結果的にああなるのはわかってても、オチに期待したのに…

あと、キャバクラで
「デル・トロ~」って言ってた嬢が高樹マリアwwwwww

2ちゃんねる映画ブログ

107 :名無シネマ@上映中:2006/05/14(日) 05:59:05 ID:RHFC91zp
オープニングがオチって
メメントかよ

118 :名無シネマ@上映中:2006/05/14(日) 20:10:13 ID:6161mq+r
長年連れ添った人にどなたですかなんて言われたら悲し杉ます
自分がああなったらと思うと怖い
そんな謙さんを騙す木梨ひでーよ
漏れはわざとやったんだなと思った
それから、大滝秀治って生きてたの?
謙さんが幻を見てたのかな?とも思ってしまったんだけど、どうなんだろ・・・
とにかく良い映画ですた。

パーティグッズの鼻眼鏡の人と大滝秀治の「パダライス」ワロタ
あと高樹マリア

120 :名無シネマ@上映中:2006/05/14(日) 21:07:52 ID:dSWrU00H
>>118
>>長年連れ添った人にどなたですかなんて言われたら悲し杉ます
このシーンの樋口可南子にやられてしまいました。
渡辺謙がインタビューでラスト新緑に変えたと言ってましたが正解ですね。
紅葉なら寂しくて救いようのないエンディングだったと思います。

122 :名無シネマ@上映中:2006/05/14(日) 23:02:31 ID:0aNmxJMw
>>118
自分も大滝秀治が幻なのか本当なのかわかりませんでした。
ここだけファンタジーかよ!と納得できなかったのですが、
原作では本物のようです。

123 :名無シネマ@上映中:2006/05/14(日) 23:51:32 ID:6161mq+r
>>122
おお、本物でしたか
サンクス

346 :名無シネマ@上映中:2006/05/26(金) 16:39:09 ID:7SEhsjjf
小説では実在していたというが映画では秀治は幻想なんじゃないか?

「いきてりゃいいんだよ、いきてりゃー」

348 :名無シネマ@上映中:2006/05/26(金) 18:26:22 ID:F6SGgfWi
秀治が実在か幻覚かは、観客の想像にお任せってところだと思う。
実在だったら、その後の妻との再会シーンで妻を覚えていないふり。
幻覚だったら、妻を本当に覚えていない。
こんな具合にその後に繋がっていると思ったよ。

286 :名無シネマ@上映中:2006/05/23(火) 13:05:37 ID:OZ9u2/Cw
秀治のセクハラシーンがナマナマしかったな

145 :名無シネマ@上映中:2006/05/16(火) 00:38:38 ID:9l/em6/h
リストラ部屋送りはあんまりだ

146 :梅田男 ◆umeda10.Vo :2006/05/16(火) 00:48:35 ID:i6I/BU7l
>>145
('A`)仕方ないよ。自分の上司が、同じ病気だったら、営業に支障が出るよね。
一番社外に迷惑をかけない部署が、あそこなんだろ。会社としては当然かと。
でも、会社のために家族ほったらかして必死になって、病気になった途端捨てられるんだからな。
最後まで一緒に過ごしてくれるのが、ほったらかしてた嫁なんだからなぁ。
いろんな意味で泣ける。

147 :名無シネマ@上映中:2006/05/16(火) 03:00:00 ID:GJJ2MPxX

2ちゃんねる映画ブログ

佐伯選手~、ビシッといこうよビシッと!

151 :名無シネマ@上映中:2006/05/16(火) 14:00:20 ID:w786s37W
ちょうどこれ見る前に
黒沢清の「蛇の道」見てきたから

あんなに爽やかな香川照之が逆にコワス

佐伯選手~キャバクラ行こうよ( ^▽^)σ)~O~)

154 :名無シネマ@上映中:2006/05/16(火) 17:03:02 ID:SXZJ18xl
 いま観終わった。
 あのラストは唐突だったけど、それは原作も同じだったので納得できた。
 記憶がこそげ落ちていくこと、病気ゆえの人格崩壊、そして堪えがたい悲しみ……渡辺
謙の号泣演技は、筆舌に尽くしがたいものがあった。樋口可南子の演技もすばらしかった。
 でも、悲しいだけじゃなかった。部下の、上司の、相手先の……そして、家族の、妻の
愛があふれていた。どんなに思い出が消えていっても、変わらない愛が。
 どんどん消えていってしまう記憶に泣いた。自分が自分でなくなる光景に泣いた。でも、
深く暖かい愛に泣かされた。人って存在を強くする愛に泣かされた。そんな映画だった。

161 :名無シネマ@上映中:2006/05/16(火) 21:57:23 ID:DkAn/FBj
オレ30代だけど映画観ながら一緒にテストやったけど全然ダメだった・・・OTL。
・数字を逆から言えない。
・時計とかボールペンのとか覚えてられない。
・今日の日付なんて腕時計見ないと言えない。
・少し前の映画のタイトルや俳優をすぐ忘れる。
・レンジに入れた弁当忘れる。
・前日買ったのと同じ雑誌を買ってきてしまう。
・会議はスケジュール帳見ないと忘れてしまう。

会社で電話とったり話しかけられたりした後、元の仕事に戻ろうとするといつも、
「あれ、オレさっきまで何やってたっけ?」


もうだめだ・・・。

162 :名無シネマ@上映中:2006/05/16(火) 22:07:28 ID:qpGUVALj
>>161
それはヤバイ
俺も隠された5つの物は、全部記憶できなかったけど…

163 :名無シネマ@上映中:2006/05/16(火) 22:27:07 ID:Elq3a3RB
ハンカチ、コイン(500円)、腕時計、ペン、名刺
おととい見たんだけど思い出せた
よかった

164 :名無シネマ@上映中:2006/05/16(火) 22:44:42 ID:4sUZUzlm
映画の完成度としては決して高くはないんだと思うんだけど
そのへんの生々しさが妙な功を奏してたような気がする。
ちょっと説明不足な部分とかトーンが統一されてない感じが
自分の過去の記憶を思い出すときの途切れ途切れな感覚というか
映画の中の時間なのにリアルの体感に近くて不思議だった。
観た後にふっと場面を思い出したり、妙に残る映画だったな。

180 :名無シネマ@上映中:2006/05/18(木) 02:03:40 ID:+XrGIX1s
先日、友人に誘われて不意に観に行ってきたんだけどイマイチだった…。

アルツハイマーを題材にした作品ということしか知らなくて、
半ば挑戦的に鑑賞に臨んだんだけど、悪い意味でテレビドラマ的な
普通の映像作品にしか思えなかった。
病状の進行とか同僚の見送りとか自宅療養の葛藤とか、
印象的なシーンは多々あるんだけど、感動には至らなかった。

自分が学生で、実年齢も結婚も主人公にほど遠い立場なのがよくなかったのかも。
誘ってくれた友人達は「感動した」「3回も涙流した」とか話しててビックリ。
感性に合わない作品だったのかとちょっと後悔。

ただ、60歳間近の両親を持つ長男としては考えさせられるところはあった。
あと10数年もしたら、施設だ介護だと真剣に悩むのかな?

最近、ボーッとして記憶力が足りてない感があるので、
飲酒量とか生活習慣を見直しつつ、脳を衰えさせないようにしたいと若者ながら痛感。

183 :名無シネマ@上映中:2006/05/18(木) 15:19:38 ID:XCS2f0JU
>>180
自分も映画的なよさは見出せなかったよ。
よくある病気モノという作品としか捉えることができなかった。
当事者としての苦悩は伝わってきて感動したことはしたんだけど、
物語としては良くも悪くも普通だった。

185 :名無シネマ@上映中:2006/05/18(木) 16:13:16 ID:GQNorXm7
吹石一恵は好きなんだけど、ちょっとミス・キャストだったかも……
だって、とても高校生のときにグレていたようには見えない。
演技力不足というより「任にない」といった感じ。

ただ、結婚式のシーンではさすがに「うッ」ときた。
いかにも「花嫁」って趣きで。
あのシーンだけは役にハマってた。
場内でも、あちらこちらからすすり泣く声が聞こえてたし。

208 :名無シネマ@上映中:2006/05/19(金) 22:29:18 ID:8O0oeKVD
今日観てきた。
兼さんと樋口さんが病院の階段に座り込むシーンで涙が出た。
樋口さんみたいな奥さん、いる旦那さんは幸せだね。
香川さんや渡辺えりこの演技もよかった。
及川ミッチーはあんな演技微妙だっけ?と感じた。周りがうますぎる役者ばかりだったからかな?
吹石一恵キレイだった。
のりさんマイナスイメージな役よく引き受けたよね。
皆あんなノリタケ観たらショックだよね…
テーマが重くて切なかった。客層も中年以上ばかりで終了後階段で転ぶ杖ついたじーさん居てまいった。
カップルが支えて出口まで連れていってたよ。
私は映画の余韻で動けなかった。

210 :名無シネマ@上映中:2006/05/20(土) 01:47:04 ID:qm0mXq1Y
あれだけ感動的な病院のシーンとか結婚式のシーンとかの後で、
夫婦喧嘩、樋口出血っていうのが凄く怖かった。

222 :名無シネマ@上映中:2006/05/20(土) 19:56:48 ID:FDuCeo/4
演出よかった。
病気の初期の頃、パニックになって周囲の景色がぐるぐる回るシーンは
アルツの症状を見るものに体感させる効果があった。
あとは、妻を殴ったシーン。
言い合いの末、突然樋口の顔のアップ。
少し呆けた顔。
そして額から血が流れる。
「お前どうしたんだ」と聞く渡辺謙の手には陶器が。
思わずやってしまった、
人がキレた瞬間ってまさにこんなだと思う。

216 :名無シネマ@上映中:2006/05/20(土) 13:13:26 ID:XDE+T9ux
娘夫婦に病気伝える描写がないのはなぜだろ?

218 :名無シネマ@上映中:2006/05/20(土) 13:22:05 ID:uJJpZPME
小説じゃないんだから、説明的に娘夫婦に病気を伝えるシーンは要らないよ。
結婚が決まれば病気を知るのは確かなんだしね。
あの夫婦は映画の中では幸せの象徴として病気と触れさせたくないって意図があったように思う。

219 :名無シネマ@上映中:2006/05/20(土) 16:19:14 ID:VOzyliTf
>>218
自分もそう理解した。
それにあの娘夫婦&孫がいるから、ああいう幕でもまだ救われている。
命のバトンを受け継ぐみたいな感じで・・・

223 :名無シネマ@上映中:2006/05/20(土) 21:17:23 ID:FKoFZ2X8
さて、ここで問題です。
主人公が進めていたプロジェクトの名前は?

225 :名無シネマ@上映中:2006/05/20(土) 21:48:38 ID:tSncGmj+
>>223
えぇ~っと・・・ あのぉ~・・・ ほら・・・アレだよ!アレ!

226 :名無シネマ@上映中:2006/05/20(土) 21:56:44 ID:dMf4qG1k
>>223
GIGAフォースプロジェクト?

じゃあ、おれも。
キャンペーンで使われていたポスターの芸能人は誰?

227 :名無シネマ@上映中:2006/05/20(土) 21:58:43 ID:FKoFZ2X8
>>226
せっかくのレスだからメル欄に書いてみた。

228 :名無シネマ@上映中:2006/05/20(土) 21:59:36 ID:n1qxJw/n
>>227そうそう!今言おうと思ってたところ!!

229 :名無シネマ@上映中:2006/05/20(土) 22:17:21 ID:dMf4qG1k
正解はメ欄。
ところで、>>226の解答ってあってんの??

2ちゃんねる映画ブログ

240 :名無シネマ@上映中:2006/05/21(日) 02:40:59 ID:U+wftXNS
渡辺謙と樋口可南子の間に吹石一恵が生まれて
それが坂口憲二と結婚するような家には
あれぐらいの不幸が訪れて当然だと思った。

というのは冗談です。でも妻の役樋口じゃなくて
渡辺えり子だったら完全に撲殺されるよね。

241 :名無シネマ@上映中:2006/05/21(日) 02:54:46 ID:5d2xpsTE
>>240
ヒデエw

248 :名無シネマ@上映中:2006/05/21(日) 14:49:15 ID:RrSaM2Me
なにげに、水川あさみがよかった。

2ちゃんねる映画ブログ

250 :名無シネマ@上映中 :2006/05/21(日) 15:19:24 ID:kXgXoimS
水川あさみ演技は上手いのか下手なのかよくわからないが、
いい役だった。
ミッチー、香川照之もおいしい役。
損な役はダントツで木梨。

251 :名無シネマ@上映中:2006/05/21(日) 16:17:50 ID:FHgbN6bN
確かに損だけど、「何この最低野郎」と思ってもらえたら、
役柄としては成功なんじゃね?

277 :名無シネマ@上映中:2006/05/22(月) 19:49:41 ID:elkSYtGY
アルツの怖さが良くわかった
レーガンさんも大変だったんだろうな

344 :名無シネマ@上映中:2006/05/26(金) 15:03:31 ID:eei65fYW
アルツハイマーが、幻覚見えるのは本当?
ヤク中みたいだけど・・

345 :名無シネマ@上映中:2006/05/26(金) 15:47:49 ID:CVvUixNT
幻覚・幻聴ともあるようだよ。
とっくに死んだ人が隣に存在しててずっとしゃべり続けたり。
温厚だった人が被害妄想が強くなって、自分を馬鹿にしてる声がはっきり聞こえたり
自分を殺しに来る人が見えて暴力的になるとか、人が変わったようになったり。

288 :名無シネマ@上映中:2006/05/23(火) 15:40:07 ID:FwtQ0+Re
若き日の妻の幻の導きで、幸福なかたちで精神の死を迎えたんかなあ…。

ノリさん、大滝秀治、香川照之にはいい形で裏切られた。
ノリさんがあんなで、大滝秀治がセクハラジジイで…香川照之の電話は泣いた。
ノリさんのあのシーンは腹立つより悲しかった。
最後の大滝秀治のシーン好きだ。

娘夫婦への告知シーンが無いの、自分的にはよかった。
娘からの携帯プレゼントとその携帯が扱いやすい物になってることで
さらっと表されてて、そして娘夫婦や孫との団欒シーンを観ていて、
変わらない態度から父親へのいたわりが感じ取れた。

290 :名無シネマ@上映中:2006/05/23(火) 16:26:37 ID:Z7z5zFCs
>>288
>ノリさんがあんなで、大滝秀治がセクハラジジイで…香川照之の電話は泣いた。

このシーン、原作読んでたときから、好きなシーンだった。
残念ながら、このシーンに限っては、原作 > 映画 だった。
いつもは、何かあれば、うんちくをたれたり、ポジティブシンキングな言葉を吐く香川を
主人公はちょっとうとましく思っていたが、あのシーンで、ふだんと変わりないが主人公を
励まそうとする香川に、主人公もうるっときていた様子だった。

289 :名無シネマ@上映中:2006/05/23(火) 15:52:39 ID:OZ9u2/Cw
俺は香川照之の電話のシーンが一番よかった。
あれが最後の方だったらよかったかも。
真ん中にするにはもったいない。

308 :名無シネマ@上映中:2006/05/24(水) 13:31:52 ID:xibMdRvl
登場人物が類型的じゃなくて、キャラクターがよく練られてると思った。
だからセリフとかちょっとしたしぐさにリアリティを感じる。
広告業界の内情とかクライアントとの妙な馴れ合い関係なんかもおもしろかった

309 :名無シネマ@上映中:2006/05/24(水) 14:12:37 ID:vs+2iSyH
私も同業者だけど、「デンパク」ってセルフでプッと笑ったw
デンパク=電通・博報堂

310 :名無シネマ@上映中:2006/05/24(水) 16:28:40 ID:vN6yyg5s
>>309
なんか、電通に関係ありそうと思った言葉なんだが、
そういうことだったんだ。

作者のプロフみると広告業界出身みたいだね。

312 :【天地川海岸 ZC049211.ppp.dion.ne.jp航谷気岩】:2006/05/24(水) 17:18:52 ID:fyAvWxV5
ちょっとしか登場しなかったけど、エンケンさんはいい味出していたなぁ

315 :名無シネマ@上映中:2006/05/24(水) 19:40:06 ID:mmYNEMJr
渋谷で急に場所がわからなくなっちゃって
水川に電話で誘導してもらうシーンがすごく緊迫感あった。
ちゃんとメモを用意しておいて万全の状態を整えてたはずなのにっていうアセリと
(もちろん約束の時間に間に合わなくなるって意味もあるだろうけど)
ランチバイキングのシーンで
「あれ?何か様子がおかしい?」ってちょっと異変を感じてた社員たちの不安が確信に変わったのが
病気の深刻度を物語ってる気がした。
最初「渋谷で迷うはずない」なんて笑ってた人が一緒になって真剣に
電話のやりとりを聞いてたりして、
なんか妙にこのシーンが胸に残った。

316 :名無シネマ@上映中:2006/05/24(水) 20:01:00 ID:W5RWzno+
でも電話の指示、タイミングが的確過ぎるのがチョト違和感
(そこ右とか、牛丼屋がとか

317 :名無シネマ@上映中:2006/05/24(水) 20:39:49 ID:YUK+9W6w
>>316
でも毎日いく所だったらそれぐらい俺でも指示できるよ。

335 :名無シネマ@上映中:2006/05/25(木) 19:23:33 ID:R86MNz9J
取り引き先の場所がわからなくなった時の、あの過剰な演出はちょっと引いたな。

384 :名無シネマ@上映中:2006/05/28(日) 20:46:49 ID:qwauctun
今日見てきた。うちの母ちゃん感涙でした。
佐伯部長みたいな人って今時の若い社員には嫌われるよな。
でも慕われているという設定が??でした。
ああいうタイプは妻が逆にアルツになったらさっさと施設に入れるタイプだろうとか余計なこと考えてしまった。

で、(以下ネタバレ)
映画館出てから気づいたんだが、オープニングの夫婦の何年後かの風景って
あすなろホームだよな。
自宅介護にこだわってたのに結局は施設に入れたのかと悲しくなった。

385 :名無シネマ@上映中:2006/05/28(日) 20:54:42 ID:z3XWvMR2
入れたっていうか、佐伯が自ら望んで入ったんじゃないのかな?
もちろん、妻もそれを受け入れたってことだけど

386 :名無シネマ@上映中:2006/05/28(日) 20:54:50 ID:vfefiTND
>>384
そうなのか?

387 :名無シネマ@上映中:2006/05/28(日) 21:17:45 ID:qwauctun
>>386
夫婦の部屋からカメラがドンドン広がって外の風景になるんだけど
三角屋根の沢山立ってる場所なんだよ。
佐伯の自宅のある高級住宅街(?)ではなかったので多分あすなろかと。

391 :名無シネマ@上映中:2006/05/28(日) 22:33:46 ID:hddoJRjL
>>387
ビルが建ってくんじゃなくて、建ってたビルの建築過程が逆回しになってるだろ。
要するに時間が戻ってるのをあれで表現してるんじゃないのか

392 :名無シネマ@上映中:2006/05/28(日) 22:37:12 ID:y8AVgbfv
>>391
そうそう。俺もそう理解した。

394 :名無シネマ@上映中:2006/05/28(日) 22:53:58 ID:zXVHOZ7x
>>391
>>時間が戻ってるのをあれで表現してるんじゃないのか
あっそういうこと。
何であんな意味のないCG使ってんだろうと今まで理解不能だったよ。


関連記事

  1. 2009/10/25(日) 11:21:02|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ナイト ミュージアム2 | ホーム | ペネロピ>>

コメント

1 ■無題

音楽がひどいシーンがあった気がする
  1. URL |
  2. 2009/10/27(火) 18:25:30 |
  3. う #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/956-0ecbf7fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR