FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

休暇

【死刑】休暇【執行】
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1212827299/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2008/06/07(土) 17:28:19 ID:ZKBW7hxN
今から見に行こうと思っています。

http://www.eigakyuka.com/


3 :名無シネマ@上映中:2008/06/07(土) 19:14:41 ID:11jTzOs4
舞台挨拶に行ってきましたが、なんだか申し訳なくなるような観客数。
撮影期間が実質2週間だったとか。「だから、低予算なんですけどね」と
監督が苦笑してました。
映画の方は登場人物が淡々としている分、「死刑」のシーンが生々しい感じ。
ああ、人を殺すんだなと。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/07(土) 21:33:16 ID:aNKWIxmh
>>3
自分も有楽町行ってましたが
今日はマジックアワーや築地魚河岸三代目も公開初日でしたからねー。
それらに比べれば地味な映画だしマスコミの露出も少ないし
それでも劇場の7~8割ぐらいは埋まってたんだから良い方ではないかと。
自分はこういう静かな映画は好きです。
その静寂を誰かの携帯の着信音に邪魔された時は殺意がわいたけどw
いろいろ考えさせられる映画でした。
小林さんや大杉さんもおっしゃってたけど
こういう淡々とした映画があっても良いと思います。

10 :名無シネマ@上映中:2008/06/07(土) 23:56:02 ID:8uOYhOxH
金田の罪状は何でしたか?
「強盗目的および」までしか読めませんでした。

2ちゃんねる映画ブログ

11 :名無シネマ@上映中:2008/06/08(日) 02:17:04 ID:J9yn3ENV
老夫婦殺害[殺人]

20 :名無シネマ@上映中:2008/06/08(日) 20:31:08 ID:xRw62hzB
昨日、地方で見ました。やっぱり7割くらいの入り。
年配の方が多かったですね。あと一人で来ている方。

台詞が少なくて、静かな印象の良作でした。
本当に言いたいことって言葉にはできないのかも、と思わせるような。

21 :名無シネマ@上映中:2008/06/08(日) 22:05:57 ID:JC7M1ygH
最後、濡れ場をがっつりと見せるべきでしょう。弱いよね。名画になりそこねた。
生と死との対比という意味で。生きる喜び、本質、生命力というか。
物足りないよ。なんのカタルシスも得られない。

24 :名無シネマ@上映中:2008/06/08(日) 22:37:15 ID:af2lLThj
>>21
あれはあれで良かった。前編、抑えた演出で「がっつり」はおかしい。

27 :名無シネマ@上映中:2008/06/09(月) 00:59:24 ID:9TZhhsGT
 >>21 セリフにインパクトがあったから濡れ場は考えもしなかった。

82 :名無シネマ@上映中:2008/06/15(日) 00:07:17 ID:s0EsPWji
>>21
同意です。『生きることにした、人の命とひきかえに』というテーマの為なら、
その場面が刑場の場面と対比できるほどがっつりいってよかったでしょうね。

23 :名無シネマ@上映中:2008/06/08(日) 22:34:23 ID:af2lLThj
神戸で夜、なんと6人!

執行の緊張感が良いね。

印象に残ったのは、支え役が抱きついて死刑囚の痙攣をとめるシーンを、
そのあとの、連れ子の男の子(めちゃカワイイ)を抱いてあげるシーンに
かぶせるところ。
かたや死体、かたや生命、静かに対比して、執行の虚脱感から幸福な
家庭生活に主人公の意識が移ってく。また、連れ子も心を開いてく。
設定に無理がない。

28 :名無シネマ@上映中:2008/06/09(月) 02:36:00 ID:0JSgUIIh
老刑務官と新人刑務官のやりとりが唯一の癒しポイントw

29 :名無シネマ@上映中:2008/06/09(月) 08:24:47 ID:eX1IxWOO
刑務官スレッドによると、高齢の現場一筋の
刑務官は、ほんとに少しおかしくなるらしい。

5 :名無シネマ@上映中:2008/06/07(土) 21:10:40 ID:pYcYsKMh
小林 薫 1951年9月4日生まれ(56歳) 
大塚寧々 1968年6月14日生まれ(39歳)

2ちゃんねる映画ブログ

うらやましいぞ(w

31 :名無シネマ@上映中:2008/06/09(月) 20:07:34 ID:V0Z/iIet
小林 薫 1951年9月4日生まれ(56歳) 
大塚寧々 1968年6月14日生まれ(39歳)

もう少し若く設定してそう。まあ、淡々とだね。刑務官って公務員とは
いってもそうなる気が起きないでしょう。何事にもさめた見方になりそうだね。
そうはいっても目の前にしたら気分は良くないことはもちろん分かる。
でも仕事だから割り切るのでしょう。主人公の傷心をきれいな妻が慰めてあげる。
死刑囚の分まで生きる喜びとして。小林に一転、獣のように豹変してもらいたかった
けど---。

32 :名無シネマ@上映中:2008/06/10(火) 01:12:33 ID:fYyYp3xW
面会や最後の手紙の所の長回し、ハラハラしました

33 :名無シネマ@上映中:2008/06/10(火) 13:32:00 ID:rJST9PUe
妹に道を尋ねる老婆が太陽の王子だった

37 :あまりのレスの少なさにびびった:2008/06/10(火) 21:38:52 ID:J8kTprn2
みてきた。
傑作!!!
演出・演技・音楽・脚本が素晴らしい!!!
この監督の他の作品もみてみようと思う。
久々に映画にどっぷりと浸かったなあと感じた。
小林、大塚、子供の三人の関係が泣ける・・・。
初め、子供は小林と全く話せなかったのに時間が経過するにつれて
打ち解け始めて小林に話しかけるようになる。
その過程がわざとらしくなく本当に自然にさらっと
描いていて良い演出だなと思う。
あの子役も非常にうまいね。
台詞は棒読みじゃないし、恥ずかしがる演技もとても自然。
天才子役かもwwwww

2ちゃんねる映画ブログ

妹が面会にきてお互い喋らずに面会が終わるシーン・・・
あそこはみていてつらくなって泣いてしまったよ。

43 :名無シネマ@上映中:2008/06/10(火) 22:08:37 ID:lsltB4ib
妹との無言場面、リアリティない。話すだろ。

45 :名無シネマ@上映中:2008/06/11(水) 16:11:05 ID:wn107ZRz
この映画、もっとたくさんの人が見るべきだろ・・
凶悪犯罪が間違いなく減るのでは?
死刑があんなに凄まじいものとは知らなかった。

47 :名無シネマ@上映中:2008/06/11(水) 23:36:09 ID:bskEO/LW
>>45
原作読んだら?
もっと克明に死刑執行を描いているらしいから。
失禁する死刑囚、泣きわめく死刑囚、吼えて暴れる死刑囚、
腰抜けて動けなくなる死刑囚もいるんだろうね。

48 :名無シネマ@上映中:2008/06/12(木) 01:16:52 ID:q5cT1TVk
>>45
映画は楽しむために見るもの、考えさせられるような作品は御免被る、
って人の方がむしろマジョリティだから

49 :名無シネマ@上映中:2008/06/12(木) 08:29:44 ID:IEcoTHlp
>47 だから立派な最後だったと言われたのか。

50 :名無シネマ@上映中:2008/06/12(木) 09:11:37 ID:U5oCzs7B
連れ子がお絵描きに熱中してるのと死刑囚の金田がデッサンに熱中してるのがリンクしてるの、
這い回る蟻の描写、
どちらも伏線引いてるんだと思ってた…。
温泉旅館で仲居が蟻を潰したとたん、連れ子が金田の声で叫び出し、
主人公が夢中で口塞いで、気が付いたら殺してしまってたとか……。

52 :名無シネマ@上映中:2008/06/12(木) 20:10:21 ID:oEYY3rrI
この作品で監督の門井さんと原作者の吉村さんに興味が湧いた。
監督さんの過去作品をみてみたいと思う。
吉村さんの小説を読んでみようと思う。
原作の吉村さんは今村監督の「うなぎ」の原作者でもあるんですね。

自分は死刑制度は肯定していますが、死刑に携わる人の気持ちなんぞ
一度も考えたことなんてなかった・・・。
なんも知らずに恥ずかしい・・・。

53 :名無シネマ@上映中:2008/06/12(木) 21:17:27 ID:Ld4iycuZ
だよね。死刑を廃止しろとか言う気はさらさら無いけど、
刑務官の人たちがどんな風に生きてるのか、死刑囚が刑
が執行されるまで何をしているのか、考えたことが無いくせに
死刑に安易に賛成していた自分を恥ずかしく思う。
何でキネ旬とかはこの映画をスルーしてんだろう。映芸も西島と脚本家
の対談を載せただけだし。もっと取り上げてほしい。

70 :名無シネマ@上映中:2008/06/14(土) 01:43:01 ID:3bg3xdx5
時系列は執行 披露宴 旅行だが
映像が狂っていた

71 :名無シネマ@上映中:2008/06/14(土) 04:02:04 ID:gzDB1icL
あれって執行の翌日が披露宴だよね?

72 :名無シネマ@上映中:2008/06/14(土) 07:30:04 ID:N9xufPs5
>>71
交互にやってる
「ささえ役」なんてあるとは思いもしなかったし・・・辛い

西島の静かな面と訳わからん事がかえって不気味だったが
執行の時、人間らしかった、素晴らしい演技だった
小林薫も淡々としながら、いい演技してた
この映画、若い奴に見せてやってほしい

93 :名無シネマ@上映中:2008/06/15(日) 22:33:38 ID:DjbdE+yf
死刑執行に向かう時間と、その後の旅の過程の時間がランダムに流れる展開は
最近の洋画サスペンスの真似だろう。
金田の犯した罪の重さ、恐らくは殺人だろうからその残虐さや被害者遺族の視点
が全くないので、後味の悪さみたいなのが残るだけ。
刑務官もグダグダしてる奴が多くて、リアルだが全く感情移入ができなかった。

95 :名無シネマ@上映中:2008/06/16(月) 00:57:20 ID:Rw0UFeVr
死刑って刑罰は確定してるんだから被害者視点ってのはいらないと思うが。
犯罪や裁きとかの正義を描いた話じゃないわけだし。

74 :名無シネマ@上映中:2008/06/14(土) 10:34:00 ID:EqVCwA2j
役者がみんな素晴らしかったです。台詞が少ないだけに、下手糞
な人がやったら物足りなかったと思う。
本当に見事な演技でしたね。

77 :名無シネマ@上映中:2008/06/14(土) 19:01:39 ID:dTpbExTB
執行直前、目隠しをされる西島の視線を受けた小林薫は、なぜあんなにも「穏やかな顔」をしていたのか?

78 :名無シネマ@上映中:2008/06/14(土) 19:38:28 ID:N9xufPs5
>>77
自分は「覚悟」と、とれましたが・・・

82 :名無シネマ@上映中:2008/06/15(日) 00:07:17 ID:s0EsPWji
繰り返す蟻のシークエンスは不要かな、と思いましたがいかがですか?
(妙に演技派の)仲居さんがこともなく処理するところで、効いてくるのでしょうか?

あと、教誨師の榊さんが熱演だったのが、少し違和感を感じました。
役者としての演技力は買うのですが、あの流れでは西島さんや小林さんくらい
抑えた演技にしてもらいたかった、気がします。

雑誌『映画芸術』によると、脚本では極限状態の金田が教誨師の後をついて出ようとする、
というアクシデントを立ち会った刑務官が思わず吹き出す(笑う)という流れだったそうです。
アドバイザーである元刑務官の坂本さんが断固反対して笑わない事にしたそうです。
 
84 :名無シネマ@上映中:2008/06/15(日) 08:09:18 ID:Si4Va0Cc
俳優も演出もよくて割と満足できたんだが、何かひっかかるんだよな。
主張が足りないというか、わからないというか、そういう映画なのかもしれないけど。
主役夫婦のすれ違いも必要だったのかわからないし。惜しいところで満点いかなかったね。

結局、西島の書いた結婚式の絵は小林に渡されたのかな。

85 :名無シネマ@上映中:2008/06/15(日) 08:54:35 ID:dBIAB9gU
すれ違いもなにもスタートしたばっかのふたりだからなあ。
死を間近に見るオッサンが生に向けて人生第2ステージを踏み出したってとこじゃない?
絵って直接渡してなかったっけ。

86 :名無シネマ@上映中:2008/06/15(日) 09:56:50 ID:k6/3RMvA
>>84
結婚式の絵、新婦の顔が金田の妹だったのが何だか不気味だった。
金田は性的不能者で、異性といえば妹しか眼中になかったんじゃないかとか、
妹に特殊な感情をずっと抱いていて、妹が見合い結婚すると決めて、欲求不満が爆発して強盗殺人に至ったんじゃないかとか、
妹の進学資金を作るために強盗しようとしたんじゃないかとか…。

小林が絵を受け取ってじいっと見入っていた時に、金田と妹との複雑な関係を何か悟った気がした…。
あんな絵、新居に置けないよなあ…どうするんだろ。

88 :名無シネマ@上映中:2008/06/15(日) 10:38:01 ID:EB60hU2b
>>86
ただ単に結婚相手の顔を知らなかっただけです。

103 :名無シネマ@上映中:2008/06/16(月) 19:54:44 ID:Ietm3Bu8
>>86
金田が性的不能者で・・、それも有りだよね。この映画の西島って、何かそういう想像させるよね。
妹と近親相姦的なものがあったとも想像できるよね。
いくら平井の嫁の顔知らないからって、妹そっくりな顔っていうのはやっぱり
変だよ。

105 :名無シネマ@上映中:2008/06/16(月) 21:13:42 ID:PhYLYvIP
面会のときは妹と一言も話さなかったけど、
やっぱり幸せになってほしいと願ってて、
それが平井の結婚祝=妹の幸福な未来と
二つを重ね合わせたんだなあ、と思った>絵

92 :名無シネマ@上映中:2008/06/15(日) 18:36:46 ID:V14kNsmA
見た後いろいろ考えたんだけど
考えた後、やっぱり毎日の暮らしを大事に
少し優しい気持ちで人と接していきたいと思った。

99 :名無シネマ@上映中:2008/06/16(月) 14:32:18 ID:GOZRQfgn
死刑囚の金田が実は美香の元旦那だったり、あるいは元旦那を殺した犯人だったりという
とんでもない展開を期待しただけに、物足りなさがあった

109 :名無シネマ@上映中:2008/06/17(火) 10:41:57 ID:PYb7HR8m
宮崎勤に死刑を執行。
『休暇』を見たばかりだと・・・・・。なんか落ちる。

110 :名無シネマ@上映中:2008/06/17(火) 11:14:34 ID:MCRBGkNb
>>109 自分も、休暇見る前だったら、ふーんで終わってただろうけど、
今は色々考える。死を前にしたら絶対に人は更正するみたいなことが
パンフレットにかいてあったけど、本当かなぁ・・・

111 :名無シネマ@上映中:2008/06/17(火) 11:51:15 ID:B4SjDvFJ
今日の午後から1週間休暇の人がいるんだね。

122 :名無シネマ@上映中:2008/06/17(火) 20:30:48 ID:3+EztQkW
この映画は上映館数少なすぎるし、上映期間が短すぎるな。
近所の映画館での上映が今週で終わるので、
本日、二回目をみてきた。
午後の回にもかかわらず、客が意外にいて少しビックリ。
死刑執行が三人行われた当日にこの映画を見
映画上映中も色々と考えてしまいました。
宮崎勤はどんな風に死んでいったのだろうか?
宮崎勤に手をかける刑務官はどんなことを考えたのだろうか?

宿で寝小便をしたタツヤを平井が
「ゴメンな」と言いながら抱きしめ
タツヤが「ウン」と頷くシーンは不覚にも泣いてしまった・・・。

静かで地味だが本当にいい映画だ。
海外に出しても恥ずかしくない映画。
帰りに本屋に寄り原作者吉村昭の短編小説を買った。
DVD出たら買おうと思う。

125 :名無シネマ@上映中:2008/06/17(火) 21:45:28 ID:r6AorMFw
観ていて楽しい映画じゃないけど深く考えされられる秀作作品だと思う
死刑執行の賛否の映画ではありません、それに携わる人々と死刑囚の織り成す葛藤や様子ですよね。

キャストが皆素晴らしく、小林と西島の迫真の演技が凄い、
最近観た映画で見応えのある作品の一つです。

126 :名無シネマ@上映中:2008/06/17(火) 21:48:16 ID:hcXQ8jTL
質問ですが、死刑のやり方は、実際もあのようなやり方なんでしょうか?
支えるのはなんのためにやるんだろう
別に必要ないような気がする。

2ちゃんねる映画ブログ

128 :名無シネマ@上映中:2008/06/17(火) 22:30:31 ID:3+EztQkW
>>126
痙攣して暴れるから。
支えるという意味もあるが、下に引くようにして
とどめをさすという意味もあるらしい。
たしかそんな感じだった。
間違っていたら誰か訂正してwwwww
刑務官は本当に大変だよ。
土下座したくなるぜ。

130 :名無シネマ@上映中:2008/06/17(火) 23:25:36 ID:XMJ+wIdD
いちおう貴重な「支え役存在」の記事をテキスト化したもの↓
http://www.masrescue9.jp/column/chikada/back_no/chiakada101.html

131 :名無シネマ@上映中:2008/06/18(水) 09:27:22 ID:NyXabnAt
>>126
2階から1階に落とすので、痙攣を起こして身体が別の所にぶつかるなど、
遺体に傷跡を残さないために。また、長い距離の落下なので、首が抜けないように。
支えてとどめを刺さないと、ぶら下がったまま1時間以上死ねないケースもあるそうです。

132 :名無シネマ@上映中:2008/06/18(水) 11:28:48 ID:WTJtI65D
蟻の描写がなんかピンと来なかったなぁ
あれは何なのかね、何をやりたかったのかね

133 :名無シネマ@上映中:2008/06/18(水) 12:01:24 ID:bc4i0Qm6
「命」の象徴じゃない?
死に直面している者は一匹の蟻の命を愛しみ
遠くにいる者は簡単に無造作にひねりつぶしてしまう。
旅館の仲居のように単なる邪魔者として。

161 :名無シネマ@上映中:2008/06/19(木) 20:36:37 ID:hEVH6cnl
>>133
旅館の仲居は職務に忠実なあまり、小さな命も(お客様が不快にならないように)と潰せるんだよ。
刑務官も職務に忠実なあまり、昨日まで毎日顔を合わせていたニンゲンの命を奪うことができるんだよ。
できるというか、しなきゃいけない不自由な身なんだ。

死刑囚だけが、職務や、老いて行く身としてこうあるべきという規範から解放された身……。

153 :名無シネマ@上映中:2008/06/19(木) 15:12:44 ID:b/8/GCNJ
なんかこの映画、今後口コミでじわじわと浸透してロングランしそうじゃない?
役者がよくやる過剰な演技とかわざとらしさが殆どなくて、その辺の普通の人がやってるって感じがして良かった。
監督も役者も嘘くさくならないギリギリのところでかわしてるというか寸止めしているというか。
とにかくなんと表現していいのか分からないけど。誰か秀逸な文章をシネマレビューに書いてください。

154 :名無シネマ@上映中:2008/06/19(木) 15:29:53 ID:ZRSl3vnf
>>153
西島や小林や寧々はすごく良かったんだけど
個人的には、大杉漣の演技がちょっと・・・・だった
この人、基本的にオファー受けたら断らないらしいけど
どうも安っぽい感じになるんだよなぁ
竹中直人に通じるものがある

2ちゃんねる映画ブログ

155 :名無シネマ@上映中:2008/06/19(木) 17:02:51 ID:AAXxM0B+
>>153
同意。
過剰な演出でここで泣いて下さい、笑って下さい的なのとか、
妙にきどった感じがする映画が苦手なんで、こういう作品に凄くひかれる。
押し付けがましくないのが実にいい。
リアルタイムで出逢えてよかった。
小林、西島の2人は見事だけど、柏原収史もよかった。この人上手い。
来週2週間ぶりに2回目観に行く予定。
買う気はなかったのに今日本屋で原作の文庫を偶然目にしてしまい
帯の写真見たらつい買ってしまった。

169 :名無シネマ@上映中:2008/06/20(金) 10:41:59 ID:6gGYeTVC
今日の朝日朝刊に監督のインタビュー載ってる。
映画作ってないときは実家で農業やってるんだって。

184 :名無シネマ@上映中:2008/06/21(土) 22:43:47 ID:xQIeFUaR
そうそう。米屋なんだってね、この監督。
それにしては、よくこれだけのキャスト揃えたよね。

180 :名無シネマ@上映中:2008/06/21(土) 20:02:59 ID:BjkVSSdI
死刑囚綺麗に描きすぎ

人間として最低のことした糞だから死刑になったんだろ

181 :名無シネマ@上映中:2008/06/21(土) 20:50:59 ID:+2yNXAWS
僕は観終わった後、すごくいい映画を観たと思いましたがそういう意見もありですね。
どういった視点から捉えるかで全然変わってくると言うか・・
確かに、犯行についてほとんど描かれていないのと、西島さんのキレッキレの演技のせいで
残酷な犯人というよりも、何が彼を犯行に駆り立てたのか?という方に興味が沸いて
逆に罪人としての側面が見えにくかったのはあったかもしれない

182 :名無シネマ@上映中:2008/06/21(土) 22:12:00 ID:2IdyYDKh
罪状を詳しく描くと観客に>>180のような感情が強まって
毎日近くにいるがゆえに刑務官たちに沸いてしまう情みたいなものに
共感しにくくなるから、わざと描かないんだろうと思った。

183 :名無シネマ@上映中:2008/06/21(土) 22:28:10 ID:Q5k2fhar
>>182
同意!
そうだと思う

193 :名無シネマ@上映中:2008/06/23(月) 13:38:00 ID:lgP1RbAb
監督が「死刑を描きたかったわけじゃない」とかいってるのをどっかで読んだ気が。
職務とはいえ人の命に手をかける立場の人間の生を描いたのかなと解釈してる。
フィクションとはいえ現実にそういう人たちがいて、それぞれの人生があるんだと思うとずしっときた。
拘置所内のドラマがおもしろいからそっちに気がいっちゃうよねw

210 :名無シネマ@上映中:2008/06/25(水) 14:00:53 ID:q43KlB/B
金田と妹の間にはただならぬ関係があったと思わせる演出が痛々しい。

独房内に立つ老夫婦は金田の両親?

211 :名無シネマ@上映中:2008/06/25(水) 21:48:41 ID:YC3E0EOF
金田がやらかした強盗殺人の被害者かもしれんよ

212 :名無シネマ@上映中:2008/06/25(水) 21:50:30 ID:11ErQ/vn
>>211
たぶんそうだと思う

213 :名無シネマ@上映中:2008/06/25(水) 23:09:09 ID:DD8hSi6o
再審を請求する上申書を書くシーンだろうから被害者なんだろうね
しかし、全体の中では奇異な印象だし、意図不明なシーンだと思った

215 :名無シネマ@上映中:2008/06/26(木) 09:15:43 ID:Flvwl2me
あのたった一つの場面で彼が犯した罪(死刑判決が出る程の罪)を観客に示した。
ドキリとした。

216 :名無シネマ@上映中:2008/06/26(木) 09:33:40 ID:ddkoa1kB
老夫婦を感じながら上申書らしきものを書き始める
金田の無言の中に底知れぬ闇を感じた。

217 :名無シネマ@上映中:2008/06/26(木) 10:17:18 ID:WWzUKCkt
まったく怖がってなかったね

346 :名無シネマ@上映中:2008/07/22(火) 12:31:42 ID:k0SvjZgP
吉村昭の原作読んだが、あんなに短い話をよくあんなに膨らましたと
思う。感心した。
映画と原作は別物とよく言われるが、この作品は正にそんな作品。
原作だと主人公はもっと若いし、女房と子供の性格ともにガラリと
違うな。
原作もかなり良い。
この映画がきっかけで吉村昭の短編集を片っ端から読み漁っているが、
この作家は非常に良い。
短編の名手だな。

349 :名無シネマ@上映中:2008/07/28(月) 00:29:42 ID:CBNG11MH
>>346
前半は同意だが、後半は正反対の感想を持った。
よくこんなつまらない短編をあんな傑作映画に仕立てたものだと。

350 :名無シネマ@上映中:2008/07/28(月) 00:40:37 ID:Z9jAQWYS
>>349
同意!
監督凄いよ

352 :名無シネマ@上映中:2008/07/28(月) 21:50:59 ID:LtGZaVB6
原作、つまんなくはないと思うけど。。。
時代も違うけど、描いてる角度が違うんだよね。
吉村昭は死と隣り合わの人生を歩んだ人で、この作品をはじめとして繰り返し
「死の身近さ(もしくは死の受け入れ方)、生の厭わしさ」を書いてように思う。
ご本人も自ら点滴の管抜いて死んだ人。
結婚相手の女性の描き方(映画と全く違う)など、映画ではなかなか成立しがたい、文学ならではの描写でしょう。


関連記事

  1. 2009/10/20(火) 01:49:58|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ハリウッド版サザエさん見てきた | ホーム | エアフォース・ワン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/951-7fe9fe32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR