FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ペネロピ

【怪奇!豚鼻処女】ペネロピ
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1202288833/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2008/02/06(水) 18:07:13 ID:iHyt2+6H
監督:マーク・バランスキー
キャスト:クリスティーナ・リッチ、ジェームズ・マカヴォイ、リース・ウィザースプーン

裕福な家庭に生まれながら、先祖が魔女にかけられた呪いのせいで、
豚の鼻を持って生まれてきたペネロピ(クリスティーナ・リッチ)。
両親は呪いを解こうと何とか娘を結婚させようとするが、
訪れるのは財産を狙った男たちばかりで、彼らもペネロピの姿を見ると、逃げていくばかり。
そんな中、一人だけペネロピの姿を見ても逃げなかったマックス(ジェームズ・マカヴォイ)と出会うが、
またも裏切られてしまう。
傷心のペネロピは、それをきっかけとして自分らしく生きていくことを決意し、街へと飛び出した――。

2008年3月1日よりテアトルタイムズスクエアほか全国にて順次公開


48 :名無シネマ@上映中:2008/03/02(日) 00:58:35 ID:/O8qyFsr
新宿で見てきた、すっげぇ良かったよ
とにかく可愛い映画、どうしようかと思ってる人は絶対観た方がいい
それも好きな人と ってのがベスト

俺は1人で行ったけどな

56 :名無シネマ@上映中:2008/03/03(月) 09:52:09 ID:Uo28XV7E
すっごく前向きで、CUTEなヒロイン。
大好きな映画になりました
お洋服もインテリアもカワイイんだよ~

ものすごく混んでて、席があいてなくて・・・
映画館についたら ウリキレ ってなってたの。
ダメもとで受付のひとにきいたら「お一人様なら前から2列目ですがご用意できますよ」と

え?? 2列目か~ と思ってたら
「次回も前列しかご用意できません」だって

首が痛くなるかな?って思ったけど、スト~リ~に夢中で
全然気にならなかった。

ちょっとだけナミダでました

「呪いをかけるのは自分自身の心」だって。

どんな自分も、自分自身で認めて、大好きでいようって思わせてくれる映画です。
しあわせは自分でつかむものなんだよね。

あたしもペネロピちゃんみたいにがんばる~

57 :名無シネマ@上映中:2008/03/03(月) 09:55:38 ID:dla9Hcih
主人公のペネロピが
『私、今の自分が好きなの』と叫び
醜い自分を初めて肯定したシーンで泣いた。゚゚(つД≦。)°


正直、主人公の女の子は豚の鼻でも
十分可愛いと思うけど・・・

2ちゃんねる映画ブログ

最後のシーンで
『自分に呪いをかけていたのは、自分自身の心だった』という教訓でまた
泣く゚゚(つД≦。)


そこで
Sigur Ros / Hoppipollaが流れる!!
映画に合い過ぎ!!

映画を見る動機はSigur Ros / Hoppipollaが主題歌だったからねww
この選曲をするのは絶対いい映画だと思ったし、その通りだった!!
Hoppipollaは俺の好きな曲ベスト3にノミネートするくらいの名曲!!
(しつこいww)

59 :名無シネマ@上映中:2008/03/03(月) 15:05:14 ID:X/n1HcjJ
ペネロピ見た
やっばいよん!
まずジョニーやばい!笑

惚れたっ!笑


てかペネロピ見たらすごく恋したくなた(´∀`)

ダチにも言われたけど、ちょと考えてみる!


でも本当ペネロピよかったよ。
心が暖かくなるかんち(´ω`)

オススメだよんっ

60 :名無シネマ@上映中:2008/03/03(月) 19:15:15 ID:43s+IvcF
何このスイーツの流れ
面白かったんだが、男のキャラが薄かったな
基本的には悪人はいないのは良かった

61 :名無シネマ@上映中:2008/03/03(月) 20:13:20 ID:7Zi8x614
マカヴォイは最近注目してる俳優だからこの映画も気になる
男から見てもとんでもねー男前で演技がうめぇ

62 :名無シネマ@上映中:2008/03/03(月) 20:40:31 ID:GwUhcW8H
ペネロピを見た人が皆、窓ガラスを破って出てくる映像が面白かった。

66 :名無シネマ@上映中:2008/03/04(火) 02:48:21 ID:qeAg8lec
>>62 最初に飛び出したのお父さんだよね?あれで死んだと思ってたからすぐ出てきてびびった。

73 :名無シネマ@上映中:2008/03/04(火) 19:46:30 ID:ZJfQGOQR
>>66
あれはお父さんのお兄さんじゃないか
奥さんが浮気してて従姉妹は呪われてなかったってネタ

64 :名無シネマ@上映中:2008/03/04(火) 00:52:34 ID:+QJhrL8d
ストーリー自体は王道のお伽噺で、エロもなく安心して見られるね。
ただ、ちょっとギャグがくどいと思った。
窓ガラスから飛び出す婿候補や、電話機の数とか・・・。
あと、パパラッチがつきまとうのは今のイギリス王室の風刺かな?

70 :名無シネマ@上映中:2008/03/04(火) 16:58:08 ID:+Blv6dAQ
これクリスマスかバレンタインに公開すべき映画だよね

72 :名無シネマ@上映中:2008/03/04(火) 17:54:34 ID:+Blv6dAQ
ピーター・ディンクラージが結局一番いい人だよね
サイモン・ウッズも憎めないけどさ

74 :名無シネマ@上映中:2008/03/05(水) 16:24:53 ID:/TChoUV/
ペネロピは面白いが
最大の欠点は豚鼻でも
そこら辺の女どもよりもぜんぜん可愛いところだな
呪いが解けた後の顔に何か物足りなさを感じ、
芥川龍之介の鼻を思い出したのは自分だけではないはず

75 :名無シネマ@上映中:2008/03/05(水) 20:54:46 ID:8uj2HSAt
リースが整形したいって言ったのはどこだっけ、アゴじゃないのは覚えてるんだが

79 :名無シネマ@上映中:2008/03/05(水) 22:35:11 ID:RCtrrKIj
>>75
耳だった気がする
って、書いたら自信無くなって来た


ペネロピが鼻ばっかり注目されて、豚の耳はほぼスルーだったね

82 :名無シネマ@上映中:2008/03/05(水) 23:44:12 ID:8uj2HSAt
>>79
そうか、あそこは突っ込みどころだよな

78 :名無シネマ@上映中:2008/03/05(水) 21:46:55 ID:Dps67Spk
クリスティーナ・リッチとリース・ウィザースプーン って、チョイブサ白人女フェチのオレにはツボだな。

80 :名無シネマ@上映中:2008/03/05(水) 22:37:39 ID:MDkmsOnj
っていうか~
団子っ鼻の日本人からしたら別に窓から逃げる程の奇形じゃないし

83 :名無シネマ@上映中:2008/03/06(木) 02:47:11 ID:NEoZkjYp
いろんな豚っぱなを試したけど監督が選んだのはグロテスクで周囲が止めた。ってどこかで読んだ。

84 :名無シネマ@上映中:2008/03/06(木) 19:16:29 ID:jetpCWkV
本物の豚鼻と言うより
人間の鼻の奇形で豚のように見える って感じだったな

CMでは本物の豚鼻みたいのつけてたverもあった気がするんだが

86 :名無シネマ@上映中:2008/03/09(日) 01:10:14 ID:TqELYxNS
あのマフラー何気に可愛いね。
映画のためだけに作ったのかな?

2ちゃんねる映画ブログ

87 :名無シネマ@上映中:2008/03/13(木) 09:22:57 ID:Z1wVeuBl
昨日観てきた。
中々面白かった~映画全体のシーンごと色味がはっきり対比されてるのが良かった。
ブタ鼻については最後には可愛いと思うまでにw

92 :名無シネマ@上映中:2008/03/14(金) 23:11:42 ID:XPHBZIff
観てきたが真顔がブサいくだったのでいまいちだった
イギリス映画にはよくだまされる
男優はかっこよかっただけに残念

93 :名無シネマ@上映中:2008/03/15(土) 01:45:42 ID:Ki01buag
イギリス映画じゃなくね?と思ったらイギリス映画なのね。
リースも監督もプロデューサーもアメだから勘違いしてた。

94 :名無シネマ@上映中:2008/03/15(土) 08:39:55 ID:tHq3pIGn
でもイギリス俳優のマカヴォイの英語の発音がアメリカ風に直されてたね。

95 :名無シネマ@上映中:2008/03/15(土) 17:09:54 ID:Mf0fqoki
イギリス・アメリカ合作

102 :名無シネマ@上映中:2008/03/26(水) 21:17:39 ID:otPbBsX8
今日、見てきた。

クリスティーナ、もう28歳か・・・。
でも、数年前にアリーマイラブの最終シーズンに出てたときと変わってないなあ。
ペネロピは25歳設定だけど、
20歳と言われても納得したかも。

103 :名無シネマ@上映中:2008/03/26(水) 23:28:27 ID:4zMidTgr
25歳設定だったんだ。
俺も20歳くらいかと思った。

106 :名無シネマ@上映中:2008/03/28(金) 22:34:46 ID:Jy0dLxfN
「あんた、豚鼻でも私より美人やん」という女の声多数だと思う。
俺も、いきなり見たら窓ガラス割らないまでも、びっくりしたろうが
覚悟していたら、まったく問題ないし、むしろナイスバに惹かれることになる
だろうと思った。

122 :名無シネマ@上映中:2008/04/06(日) 05:26:56 ID:0U2gS36n
ガラス窓突き破って逃げる程の顔じゃないだろ?
見慣れれば結構カワイイ?

123 :名無シネマ@上映中:2008/04/06(日) 10:42:21 ID:TQ7Pg9wX
日本人には特にそう思える>逃げるほどの顔じゃない

クリスティーナ、可愛かったけど表情によりおでこにシワが寄るのが残念

109 :名無シネマ@上映中:2008/04/02(水) 16:55:24 ID:2xXX9KPO
豚鼻の俺は見に行けない

110 :名無シネマ@上映中:2008/04/02(水) 18:31:50 ID:sgnQ5jPM
(バレ注意)


最後出て行くジェイクの姿が変わったけどあれは魔女の姿?
イマイチ意味がわからんかった

111 :名無シネマ@上映中:2008/04/02(水) 22:23:17 ID:kwUXv47L
>>110
そうだよ。魔女が化けて使用人としてずっと働いてたんでしょ。
去り際に懲りてない母親に声が出なくなる呪いを掛けてた。

112 :名無シネマ@上映中:2008/04/03(木) 01:32:48 ID:SvkpjNRz
>>111
110ではないんだけど、ラストそんな事してたんだ!
でも母親はウィルハーン家の先祖のせいであんな目にあった どっちかというと被害者だよね。
まあ過保護すぎたり悪い面もあるけど
最後にそれはちと可哀想な気がする…

113 :名無シネマ@上映中:2008/04/03(木) 09:53:13 ID:iJ8vFEwP
>>112
でも母親って最初浮気してなかったけ?
ペネロピの前に生まれた女の子はブタの鼻してなくてそれは
愛人との子だったってくだりがあったような

114 :名無シネマ@上映中:2008/04/03(木) 11:50:05 ID:3AjYIcPE
>>113
それはペネロピの父親の兄か弟の家族の話だよ。
叔父さんに先に娘ができたけど、実は奥さんが浮気していて
出来た子だったから呪いの対象じゃなかった。
ペネロピが生まれて呪いがかかっていたから
奥さんが浮気しているのを知って窓から飛び降りた。

>>112
あのしゃべれない呪い(?)も母親が自分の性格を改めたら簡単に解けそうじゃない?

115 :名無シネマ@上映中:2008/04/03(木) 12:28:33 ID:iJ8vFEwP
>>114
そうだったのね。サンクス

119 :名無シネマ@上映中:2008/04/06(日) 00:34:02 ID:Dk63Ihq/
今日観て来た。
アイパッチの小人のおっさんが良かった。

2ちゃんねる映画ブログ

132 :名無シネマ@上映中:2008/04/17(木) 23:46:47 ID:yAerDTNC
実在する本物のフリークス(小人含め)のが悪くいうと奇怪で不気味だよなー。
面白かったけど。
あと前のほうで見てた外人カップルと一般客の笑いのポイントずれてたんだが
和訳が下手だったのか気になった。

124 :名無シネマ@上映中:2008/04/07(月) 14:24:33 ID:Jdv62MZh
エドワードのお馬鹿な妄想による頑張りがなかったら
ペネロピとマックスは出会う事も無かったんだね。



http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1223224205/
2ちゃんねる映画ブログ

3 :名無シネマ@上映中:2008/10/06(月) 21:21:05 ID:kNKGmS8R
バランスが良い映画だと思ったかな。

パブで初めてビールを注文してマスターが嫌な顔せずストローを出してくれる所なんて、結構好きかも。
何杯も飲んで酔ってたけどなw

9 :名無シネマ@上映中:2008/10/11(土) 22:56:01 ID:nMMz3dJp
>>3
ストローでビール飲んだらすごい廻るんだけどね
何でかは知らんけど

5 :名無シネマ@上映中:2008/10/07(火) 20:41:30 ID:JlRZ/ii3
マカヴォイ、かっこいいと思ったの俺だけか?

2ちゃんねる映画ブログ

6 :名無シネマ@上映中:2008/10/10(金) 01:23:38 ID:kVi01MzB
マカヴォイはこの映画が一番かっこいい。役も外見も。髪型かな。

25 :名無シネマ@上映中:2008/10/22(水) 22:15:18 ID:aUlvF5ru
ジェームズ・マカヴォイ、最初出て来た時は冴えないおにーちゃんだなと思ったけど
話が進むにつれてどんどんかっこ良く見えてくる

お外でブランコ→レモン、写真撮るのやめる→シガー・ロス、の流れは良かった

12 :名無シネマ@上映中:2008/10/12(日) 13:35:57 ID:6LsxnQNz
評判が良いので、期待して見た
かわいらしい寓話って感じかなぁ
マックスのスルーっぷりが、マカヴォイファンには悲しかった…
ペネロピの物語だから仕方ないけど、もう少しマックスのことも
描いてほしかったよ

22 :名無シネマ@上映中:2008/10/20(月) 10:25:39 ID:sLMJOlQD
ペネロピ役の女の子は豚鼻の方が愛嬌があって可愛いよな、
素顔はちょっとキツい感じがする。

23 :名無シネマ@上映中:2008/10/21(火) 01:03:44 ID:eoq3dMLC
豚鼻だと逆に瞳の奇麗さとかが引き立つね

24 :名無シネマ@上映中:2008/10/21(火) 21:52:22 ID:4j21xEFC
クリスティーナは話し方や声や仕草が可愛すぎる

32 :名無シネマ@上映中:2008/10/27(月) 00:16:40 ID:JLPqPQVj
レンタルして見たけど、凄く良かった。
個人的に、ペネロピのママがこれからどうなるか知りたい。
ずっとあのままなのかな?

33 :名無シネマ@上映中:2008/10/27(月) 07:46:16 ID:hq3ZPSbM
>32
ノベライズだと、あの魔法はママが大声でわめかなくなって
相手の話を聞く様になれば自然と解けるって感じだったよ
だからそれに気が付けばすぐ解ける

34 :名無シネマ@上映中:2008/10/27(月) 13:06:00 ID:JLPqPQVj
>>33
サンクス
ノベライズあったのは知らなかった。
買ってみるよ。

でもママさん、呪い解けるかなあ(笑)

36 :名無シネマ@上映中:2008/10/31(金) 08:10:55 ID:HMxGjSiF
ママが喋れなくなった後、パパがちょっとだけニヤッと笑うシーンが好きだw

52 :名無シネマ@上映中:2008/11/24(月) 17:07:10 ID:dhsZFiE2
俺この映画大好きだよ!2008年のベスト。まぁ作られたのは2006年だが。
なぜこんなに良い映画が二年もお蔵入りだったのか不思議だわ。
監督はマイケル・ベイの所で助監督とかしていた人なんだって。
本作で長編映画デビュー。デビュー作とは思えない中身だったね。

まず役者達。リース・ウェザスプーンは脚本読んだ時点で製作に回って、
ペネロピ役をクリスティーナ・リッチにオファーしたんだとか。
だから最初はリースがペネロピを演じる予定だったらしいよ。
映画見る限り、その判断は正解。リッチにぴったりのキャラだし、
リースのような面倒見の良い元気なキャラクターも
ペネロピとは対照的ではまっていた。
マカヴォイの良さは出世が証明しているので省略。
小人症探偵のキャラクターも寓話に出てくるような魅力的な奴だった。
ペネロピの部屋、服、探索する街などのプロダクションデザイン、
音楽の使い方、そしてもちろん現代によみがえらせたおとぎ話のような
脚本。その全てが愛らしい作品だよ!

見なければ損!ぜひ見てください!つーか俺blogにでも書いてろ!

93 :名無シネマ@上映中:2009/02/15(日) 05:40:42 ID:N4cA7YZy
期待しないで借りたけど、これいいね。
イギリスコメディにありがちな悪趣味シーンもないし。
でも最高なのが、変身解除できた理由が王子様とのキスじゃなかったこと。

96 :名無シネマ@上映中:2009/02/15(日) 23:56:20 ID:TigPu9Va
>>93
母親の「今のあなたは本当のあなたじゃない」という台詞が伏線になってるのが良いね
その時にペネロピがはいはいと複雑そうな顔をしているのもいい

128 :名無シネマ@上映中:2009/04/05(日) 03:39:05 ID:G0R8vL4+
>>93に同意。
誰かの力ではなく、自分から動いていくことで変化していく物事と、それを受け入れ消化していくタフさがすごくいい。

些細な部分もはずさずにしっかり満足できた作品でした。

101 :名無シネマ@上映中:2009/02/17(火) 07:40:41 ID:HgqCV8c5
バイクねーちゃんがいい人すぎる。
飲酒運転だけどw

107 :名無シネマ@上映中:2009/02/18(水) 18:10:01 ID:bBAEWluY
ペネロピみたいに自分を受け入れられるようになりたい

108 :名無シネマ@上映中:2009/02/18(水) 23:13:20 ID:ofmb7kxy
>>107
相当ヤケクソな状況での「自分を受け入れる」だけどな。

109 :名無シネマ@上映中:2009/02/18(水) 23:18:12 ID:IDz6dDhm
追い詰められたからこそ「今の自分が好き」だと解ったとも言える

116 :名無シネマ@上映中:2009/02/25(水) 02:14:47 ID:R96WLz0O
ヒロインの相手役のジェームズ・マカヴォイ目当てで観たけど思わぬストーリー展開に感動して晴れ晴れした気分で観終わりました。
ラストの『二人は幸せに暮らしました。…今のところはね』の台詞がスパイス効いてていい。

クリスティーナ・リッチも可愛いくてチャーミングだけどリースや執事役、記者の人と脇役も光ってていいね、この映画。

117 :名無シネマ@上映中:2009/02/27(金) 00:48:56 ID:r5QF6gKI
パブに誘うシーン
囁くマカヴォイがセクシーすぎて腰が砕けた。
鏡越しに見つめられて、思わず俯いちゃうペネロピの気持ちも分かる。
あの透き通る青い瞳で見つめられたら…!

二人とも可愛かった~

119 :名無シネマ@上映中:2009/03/09(月) 00:16:37 ID:/TAX1mGk
マカヴォイほんとかっこいいねやば

133 :名無シネマ@上映中:2009/04/22(水) 23:35:43 ID:FoldvmvO
ジェームズ・マカヴォイは役によってすごく印象変わるのが魅力だな。
クリスティーナ・リッチも色んな役やってきてるけどこの映画では二人ともチャーミングでいい味出してる。

159 :名無シネマ@上映中:2009/09/07(月) 00:02:08 ID:aZXKShfJ
インテリアのセンスや、衣装も可愛いし
ストーリーも前向きで良い映画なのに
マカヴォイがカッコイイってコメントばかりで少し残念。

160 :名無シネマ@上映中:2009/09/07(月) 00:31:16 ID:Fs6dpn+D
>>159マカヴォイ=タムナスさんて人にはこの役とのギャップの大きさから彼のインパクトが自然と大きくなっちゃうのかも。

2ちゃんねる映画ブログ

自分もマカヴォイ目当てで借りたクチだけどペネロピの成長を描くストーリーや衣裳・小物センスが予想を上回る良さでお気に入りの一本です。

138 :名無シネマ@上映中:2009/07/06(月) 02:50:16 ID:tXkH9J0h
号泣しました。コンプレックスだらけの私ですが強くならなくては


関連記事

  1. 2009/10/24(土) 11:53:23|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<明日の記憶 | ホーム | ザ・コア>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/948-a332de1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR