fc2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハリー・ポッターと謎のプリンス

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1247414317/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :謎プリは7/15公開です :2009/07/13(月) 00:58:37 ID:T3dYFMeV
ハリー・ポッターシリーズの映画について総合的に語るスレです 。

■公式
ttp://www.harrypotter.com(英語)
ttp://www.harrypotter.jp(日本語)


810 :名無シネマ@上映中 :2009/07/09(木) 00:16:38 ID:FjteeEen
映画を観てきました。
期待している人たちが一杯の中でネガティブな事は言いたくないけれど、
今作はどうしても最終章へ向けての繋ぎとしての性格が強いので
今までの映画化の中で最も盛り上がりに欠け平板な映画になってしまっていることを
認めざるを得ないことが、自分でも非常に残念。

と、言いつつ、公開後に必ず再見するけどね

816 :名無シネマ@上映中 :2009/07/09(木) 00:53:56 ID:TMa74V1A
6作は原作でも繋ぎの印象だったから仕方ないとは思うけど、映画なんだしラストの戦いを激しく(長く)
描けば盛り上がると思うんだけどなぁ。最終作と被るからやっぱりカットなのかな?
前作も魔法省でのシーンが思ってたより短くて、あれ?ってなった。最終作こそは今までで一番の盛り上がり
を期待したい。

822 :名無シネマ@上映中 :2009/07/09(木) 07:39:36 ID:0xZziFfa
運良く試写会当たって観てきたが、上映時間長いわりに闘うシーンは大物不在で物足りないしハリー弱くてあっけないし、ロンの妹で良いのか?だったし、こんなんで終わり?って感じで・・面白くなかった・・・
誰もが知ってるゲイリーみたいなスターが欲しかった

827 :名無シネマ@上映中 :2009/07/09(木) 10:27:32 ID:FjteeEen
と、いうか このシリーズはイギリスの演技派の名優達が総出演の趣があるわけで
ファンタジー映画とは思えないような豪華なキャスティングがなされているわけだが、
にも拘わらず『スターが欲しかった 』とホザくあたり、厨くさくてかなわん

それに、初登場のジム・ブロードベントは熱心な映画ファンなら
誰でも知ってるけどね

4 :名無シネマ@上映中 :2009/07/13(月) 16:00:58 ID:PVM7UtnE
どーでもいいけど映画のルーナかわいすぎるだろぉおお
原作読んだ時はトレローニー幼くした感じでイメージした外見だっただけに

2ちゃんねる映画ブログ

6 :名無シネマ@上映中:2009/07/13(月) 18:10:40 ID:J0KyX7i+
ルーナが予想より可愛いという意見は日本語ではよく見るけど、
英語ではほとんどがイメージどおり!の一言感想なんだよな。

あーあと、トンクスが可愛すぎるとか。

8 :名無シネマ@上映中 :2009/07/13(月) 19:21:44 ID:y/gGP1PM
>>6
要するに日本語版の小説に問題があるってことだな。

9 :名無シネマ@上映中 :2009/07/13(月) 19:54:20 ID:J0KyX7i+
もしくは、美形に対する感覚が違うか。
ルーナは確かに美人という記述はないしね。

10 :名無シネマ@上映中 :2009/07/13(月) 20:01:16 ID:y/gGP1PM
>>9
トンクスの場合はそれだと思う。

11 :名無シネマ@上映中 :2009/07/13(月) 20:24:26 ID:J0KyX7i+
トンクス、なんか濃いんだよね。
不死鳥はまだよかったけど、今回濃すぎ。

35 :名無シネマ@上映中 :2009/07/14(火) 07:59:43 ID:BMSY94zD
ハリー、ジニーでいいのか?って言いたくなるw
ロンはかっこよくなった気がする。

80 :名無シネマ@上映中 :2009/07/15(水) 12:44:19 ID:MlQAHMTi
プリンスの謎はほとんどからんでなかったな・・・おもしろかったが

90 :名無シネマ@上映中:2009/07/15(水) 14:23:39 ID:JsLjC4vm
見終わった。想像したよりは、恋愛パートばかりではなかった。
浮かれてる皆とドラコの対称が良かった。しかしプリンス本当に軽い扱いだった。
スネイプは意味深に要所を押さえて登場してたけど。でもラストのシーッと信用してたのに、はどうよ?と思った

100 :名無シネマ@上映中 :2009/07/15(水) 15:12:36 ID:YjZgR5/N
恋愛パートって全体の何割位占めてた?

101 :名無シネマ@上映中:2009/07/15(水) 15:14:28 ID:10fZ/c7e
>>100
6割くらい
学校のいろんなところで濡れ場

112 :名無シネマ@上映中 :2009/07/15(水) 16:22:31 ID:T7cV+xl9
今日の朝9時の見てきた。
謎のプリンスは話的には俺的にはゴブレットと同等くらい・・・
前作の不死鳥が今のところ最高だね。
時間というかまあ時間抑えないといけないのもあるけども、
あまりにも展開が飛び過ぎてる。
恋愛に関してもこいつと付き合ってたのにもう?みたいなw
まあヴォルがでないので仕方ないが、戦闘がほぼないので、
オラワクワクすっぞ!もないし、
何よりニンファーラの劇的な髪型の変化といきなし「あなた」とルーピンに。
原作読んでない奴訳分からんと思う。
まあ、最後のシーンのスネイプがハリーにシーっ!のシーンは少し笑えたが、
不死鳥の方が明らかに面白かったかな。俺は

113 :名無シネマ@上映中 :2009/07/15(水) 16:28:19 ID:/6BWNg0Z

2ちゃんねる映画ブログ

ジニーの華の無さが半端じゃない
ハーマイオニーが真面目ツンデレでルーナが天然なら
ここは溌剌とした元気系美少女を用意すべき
パンジー変えられるのになぜジニーを変えない…

2ちゃんねる映画ブログ

ラベンダーは良かった
大人になったらキューティブロンドに出て来た
ネイルのおばさんみたいになりそう

話はこれまでで一番わかりやすかった
死の秘宝もこんな感じでいってほしい

123 :名無シネマ@上映中 :2009/07/15(水) 17:03:59 ID:lXytVJSa
見てきた。
空気読まないロンがハリーとジニーのあいだに割り込んで座るとこでクソワロタ。
小ネタあれこれと苦悩するドラコは良かったけど、ものすごく盛り上がる山場がなかったせいで尻切れトンボな印象。
「これからが俺達の本当の戦いだ!」って終わり方なのな…。
スネイプ、いつハリーが混血の王子のこと気にしてたって知ったんだよ。
ハリーも、校長がスネイプに頼み事してたのは聞いてるんだから、いきなりキレるなよ……
ルーナはいい感じだった

125 :名無シネマ@上映中 :2009/07/15(水) 17:06:13 ID:T705vFLA
>>123
>スネイプ、いつハリーが混血の王子のこと気にしてたって知ったんだよ。

ハリーが自分の考案した魔法でドラコに重傷負わしたの見てからじゃないの?

126 :名無シネマ@上映中 :2009/07/15(水) 17:11:07 ID:F5WsFart
>>123
ロンがハリーとジニーのあいだに割り込んで座るとこ
あれ空気読んでないんじゃなくって、わざとなんじゃね?
最後に2人のこと認めてもいいって言ってたし
その時はまだ早い!ってカンジだったんじゃ

135 :名無シネマ@上映中 :2009/07/15(水) 18:24:52 ID:Clgim77/
面白かった!でも展開知っていても見終わった後は相当へこんだ。
めちゃくちゃ泣いてしまった。「殺してくれ」のあたりがあんまり
切迫感がなかったけど結末が辛いからあれで良かったかも。

スッキリまとまっていたし、個人的に原作の世界とキャラの性格が
1番再現出来てると思った。

ハーマイオニーが魔法薬の調合に奮闘して髪の毛ボッサボサになっていたのが嬉しかった。
恋愛のくだりは恥ずかしくて直視出来なかったよw
ジニーは心配だったけど凛とした色気があって魅力的で良かった。でもハリーよりでかいw

残念だったのはプリンスの正体が明かされただけで、
何故プリンスなのかの説明が一切なかったことと
ラストのトリオのシーン。すごく不自然だったからロンはスケジュール合わなくて
別撮りして後で合成したのかな?と思った。
最後三人が揃ってロンが「僕らは何が起きても君と一緒だよ」と言うのが好きだったから残念。

141 :名無シネマ@上映中 :2009/07/15(水) 18:52:29 ID:jxaOrbYc
意外とドラコがカッコよかった、汽車のシーンとか
いつものバカと生意気な態度が無かったからかね
でも悪に染まりきれなくて泣くシーンは可哀想だ…

2ちゃんねる映画ブログ

161 :名無シネマ@上映中 :2009/07/15(水) 20:17:10 ID:VsjdoPR3
一番楽しかったのは自己暗示にかかったロンの試合でのドヤ顔かなw

エフェクトや画面作りは1から比べると考えられないぐらい進化してる。
最初に橋が壊れるところも英国ならではのブラックジョーク。

ただ、どうしようもないことだけど終わった後、周りの客は?になってた。
原作読んでないと、何この急展開?
何も解決してないやないかという疑問をもって終わるのではなかろうか。

197 :名無シネマ@上映中 :2009/07/15(水) 22:13:45 ID:IgQVcNAn
原作未読。
不死鳥観た時も思ったけど、ルーナいいなぁ。ルーナ選べよハリー。
ドラコは、苦悩と恐怖がうまく表現できててよかった。
化粧室での、顔を洗って涙目で鏡を見るシーンがいい。
ロンがいつのまのかゴリラっぽくなっててびびった。胸板厚すぎ。
ストーリーは、未読の自分にとっては、尻切れトンボというか、
クライマックスへの導入部でしかなかったかなと。
デスイーター侵入後のアクションが物足りなく、あっという間に終わったのがな。
(自分にとって)6作目単体としてみたとき、クライマックスのない映画だった。
基本は面白かった。補完の意味で、原作読もうかと思う。

204 :名無シネマ@上映中 :2009/07/15(水) 22:33:35 ID:Sty+P58F
原作でもジニーが嫌いだった。
ルーナの方がいいのに。
でも列車の中でルーナがハリーを助けるシーン、あれジニーにしたほうが良かったんじゃない?
ただでさえジニーの影が薄いんだから。

205 :名無シネマ@上映中 :2009/07/15(水) 22:36:18 ID:mp+u92DL
ジニーは特別美人でもないけど
なんか変な色気があるね
ハリーより年下なのに
誘惑してくるお姉さんみたいだった
すごく自然に、隣にやってきてドキっとさせるみたいな
カカア天下とは違うけど、ハリーが尻にしかれるというかひっぱってってもらえそうで
いい関係だなと思ったよ
だからもっと好きになる過程も見たかった(しつこいけど)

211 :名無シネマ@上映中 :2009/07/15(水) 22:53:42 ID:lzdC0riB
ドラコを血まみれにした後もっとハリーが悩んでる描写入れてほしかった
原作だとさすがのハリーも反省してるのに
時間ないから次の場面にいっちゃうのはしょうがないんだけどさ

216 :名無シネマ@上映中:2009/07/15(水) 23:12:13 ID:UJ97cgWW
>>211
だよね、あれじゃあ全然反省してない
スネイプ先生も全然怒らなかったよねwいいのか?

結構原作無視した印象だったなぁ
色々たくさんのところが設定違ってて残念
まぁしょうがないのかな

しーっは原作にはないよ

282 :名無シネマ@上映中 :2009/07/16(木) 01:16:58 ID:Wsg/EjxP
レイトで観てきた
大西ライオン可愛いかった

506 :名無シネマ@上映中 :2009/07/16(木) 23:46:43 ID:mQaKEb2b
シリアスな間にルーナの大西ライオンとかくるからな。

2ちゃんねる映画ブログ

508 :名無シネマ@上映中 :2009/07/16(木) 23:48:58 ID:gIaLX01N
>>506
ちなみにあれは原作どおりね。

290 :名無シネマ@上映中:2009/07/16(木) 01:49:28 ID:EjD8corK
原作読んでないんだけど、ルーナのライオン?の被り物はなんなの?
あと、列車の中でルーナがハリーを助けるシーンなんてあったっけ?

294 :名無シネマ@上映中 :2009/07/16(木) 01:54:46 ID:gIaLX01N
>>290
原作ではトンクスが助けます。

295 :名無シネマ@上映中 :2009/07/16(木) 01:55:07 ID:mKAA/a9g
冒頭の橋がぶっ壊れるところのあの橋って
ロンドンの中でも現代を象徴する場所(他の橋は皆古めかしい)で、
かつ観光名所でもあるので、あの場面で
…ああ、今のロンドン(=今ある現実の場所)なんだよねぇ…
と妙に思ってしまった
これまでは自分の中ではマグルシーンも御伽噺感があったのかもしれん

325 :名無シネマ@上映中 :2009/07/16(木) 09:54:31 ID:P2I0g8eH
ダンブルドアが殺されるところだけど
原作どおり、呪文よってハリーが動けない状態にしてほしかった。
映画のあれじゃあ、自由に動けるのに殺されるのをただ見てるだけってのが
へんだよ。

327 :名無シネマ@上映中 :2009/07/16(木) 10:00:23 ID:agjulnfs
>>325
校長が全幅の信頼を寄せてたし、助けに来てくれた・不意打ちのつもりかも、という藁にも縋るような期待と
あと、ぶっちゃけ敵が怖くて腰が引けてたのでは。それに展開についてけていないとか
直前に殺人未遂(自殺幇助)させられて、挙句殺されかけれたしね

353 :名無シネマ@上映中 :2009/07/16(木) 11:23:29 ID:1QDr8TBI
謎プリ見てきた。映像は雰囲気があったけど、はしょり気味のストーリーで欲求不満気味。

・混血のプリンスが何と何の混血なのか不明・・

354 :名無シネマ@上映中 :2009/07/16(木) 11:26:51 ID:AtF5LWnx
>>353
マグルと純血
詳しい事情説明は原作に書いてあるから気になるなら読むことをオススメします

363 :名無シネマ@上映中 :2009/07/16(木) 12:03:54 ID:6ay1GPqA
ハーフブラッドの説明カットはイタイw
詳しいエピソードは次回作に持ち込むにしても副題の意味が分からないままはまずいよ

390 :名無シネマ@上映中 :2009/07/16(木) 13:58:43 ID:P2TCotZN
プリンス原作拾い読み、最終巻読破済みの私は、映画面白かった。プリンスの謎について以外は。
混血の話は次の映画で補完されるのを期待してる。
ていうか純血、混血っていう話自体が微妙だったりするんかな?映画だと。
ハリー自体混血だっていうのも、忘れられた設定みたいになってない?ここ何作か。

391 :名無シネマ@上映中:2009/07/16(木) 14:15:21 ID:6nvjo/DZ
ハリーは純血じゃないの?
ハリー母は混血だけど
1/4マグルの血入ってるのって混血なの?

392 :名無シネマ@上映中 :2009/07/16(木) 14:19:42 ID:Fn0ii+Ov
純血、混血の判断は親がマグル系統だからとかじゃなくて

親が魔法使い(マグル出身だとしても)か、それともまったく魔法の使えないマグルか
で判断するとか聞いたような。
でも、そうするといろいろおかしくなるような。

俺はどこでこの話を聞いたんだろ・・

393 :名無シネマ@上映中 :2009/07/16(木) 14:27:32 ID:8no6zCfl
ハリーの母はマグル生まれの魔法使い
スネイプもリリーを穢れた血って呼んでしまってた

394 :名無シネマ@上映中 :2009/07/16(木) 14:31:48 ID:d7efZeUS
純血・混血・マグル出身(穢れた血)

ハリー母はマグル出身なのでハリーは1/2の混血(スネやヴォルも同じ)
ちょっとでもマグルの血が入るとnot純血

だと思ってた

399 :名無シネマ@上映中 :2009/07/16(木) 16:18:39 ID:Mn6Ph9Dn
今作を楽しむコツは
・原作を最終巻まで読む
・今作の原作巻の内容はうろ覚え
かな?自分も他の人みたいにこの二点に該当したからか楽しめたよ

428 :名無シネマ@上映中 :2009/07/16(木) 18:38:05 ID:ELUmhQZ1
みんなハッキリ言わないみたいだけど、
今回の映画は面白くない。
駄作とは言わないが、核が無いから、誰が死のうと「あっそー」という感想でしかない。
原作は読んでないが(原作嫁という批判は却下)どうせ魔法の世界だから、
死者はラストで蘇ったりとか、霊魂が主人公を助けたりするんだろうくらいのオチが見え見え気分。
だからこそ、今回の話の中での中核が欲しいところ。

ボルデモートが復活したのが知れて、ハリーが関係してるのが世間に知れたのだから、
選ばれし者として、どう周囲との関係を構築しなおし、振舞うかが本来の話であるべきじゃないのか?
もし、原作がそういう話でないとしたら、原作が酷い。
映画は、酷い原作をフォローして良くがんばったと評価したい。

431 :名無シネマ@上映中 :2009/07/16(木) 18:52:12 ID:sJVKyvx2
>>428
自分は4、5、6の中なら今回が一番良かったと思う。
話の核がないのは映画が悪いけどね。トムリドルの過去が
もっと明らかになるのに、それを7作目に持ち越したからね。
それが7作目でも重要になってくるんだけど・・・。

あと、死者がよみがえるとか、霊魂が助けてくれるような事はないよ。
6作目は原作でもそうだけど、あくまで7作目への架け橋の作品。
7作目を見た後では感想が変わると思うよ。

442 :名無シネマ@上映中:2009/07/16(木) 20:06:27 ID:Te3bz6vq
観てきた、腑に落ちなかったのは、ハリーが新任教師の記憶を命令通りさぐって
ヴォルデモートの魂を7つくらいに分けて分霊箱といわれるものに入れて隠した
ということだったけど、すでに校長はすでに二つ探し出して処分してた。
ハリーが探らなくても良いじゃん。ほかに新しい話でも出ると思ったのか?

443 :名無シネマ@上映中 :2009/07/16(木) 20:11:29 ID:sJVKyvx2
>>442
スラグホーンが何を語ったかを正確に知る必要があったから。
それに、7つの分霊箱があるってのは記憶によって分かった事だし。

444 :名無シネマ@上映中 :2009/07/16(木) 20:16:25 ID:3vJ4Kepn
最終作との3部作と考えるしかない。
ひとつの作品としては微妙だったよ。
ダンブルドアってまだ戦えそうだったのに、最後全く抵抗しないのは伏線?

445 :名無シネマ@上映中 :2009/07/16(木) 20:18:48 ID:UrHQdxf/
万能じゃないからなダンブルドアは
強力なパワーを察知してなんとなく予感はしてたけど確証が欲しかったということなんじゃないかな
実際にダンブルドアが壊したのって指輪だけだし
残りの分霊箱探しは第7作で本格的になる
まだあと5つも残ってるしね

450 :名無シネマ@上映中 :2009/07/16(木) 20:28:46 ID:ba+YXKIp
>>444
全部伏線の回

ダンブルドアとスネイプも会話とか、最終の見たうえでないとあれはわからないし意味をなさない感じ
次の巻で混血王子やダンブルドアの秘密も全部わかるから
で、それわかったうえじゃないとぐだぐだでわからないっつか京極堂のミステリ小説に似てるな

少しだけ言うと今回のみんなの恋愛含めて最初の巻から壮大なラブストーリーってとこかな

452 :名無シネマ@上映中 :2009/07/16(木) 20:35:58 ID:Vk4cSQpd
校長の葬式シーン無かったのが残念
賢人ダンブルドアの人となりを象徴する貴重なシーンなのに
原作ではいかに様々な人種、種族に尊敬され慕われていたかがよくわかる
共通の敵を倒すために、しがらみを捨てて一致団結しなければいけないって言う
メッセージ性も強い場面だった
CG乱用してでも豪勢にやって欲しかったね

それと杖!
禁忌を冒してまで!とかはスルーになる訳か…

455 :名無シネマ@上映中 :2009/07/16(木) 20:42:55 ID:UrHQdxf/
>>452
時間の関係で入れられなかったのかもしれないけど確かに残念だったね
だからせめてもの意味でエンドロールの最後の曲をレクイエムにしたんだと思う
第7作の冒頭で少しでもいいからいかにダンブルドアが慕われてたか流して欲しいな

457 :名無シネマ@上映中 :2009/07/16(木) 20:57:53 ID:WUkZcJLS
なんとなく葬式シーン等今回描ききれなかった分は
次回に持ち越されそうな気がする。
同じ監督だし、3つで1つみたいな。

477 :名無シネマ@上映中 :2009/07/16(木) 22:32:32 ID:ghqWVe9l
秘密の部屋のリドルなら将来俺様になっても納得の雰囲気だったのに
今回のリドルは顔がぽっちゃりしすぎで全然邪悪な雰囲気がなかったな
孤児院時代はいいとしても…
なんか出来のいいネビルって感じだった

2ちゃんねる映画ブログ

478 :名無シネマ@上映中 :2009/07/16(木) 22:33:42 ID:VlixJ3he
え、リドルの俳優違うんだ…

482 :名無シネマ@上映中 :2009/07/16(木) 22:36:04 ID:gIaLX01N
>>478
演じる年齢は同じ16歳ぐらいなのに、秘密の部屋はもう7年前。
秘密の部屋で若俺様を演じた俳優は、もうすぐ30歳だよ。

483 :名無シネマ@上映中 :2009/07/16(木) 22:37:53 ID:VlixJ3he
ああ、そうかもう七年も前になるのか、そりゃ仕方ないや。

485 :名無シネマ@上映中 :2009/07/16(木) 22:44:04 ID:gIaLX01N
>>477
でも、レイフ・ファインズの若い頃と考えれば今回の子の方がいい。
秘密の部屋の時はまだレイフが演じるなんて決まっていなかったからな。

2 :名無シネマ@上映中 :2009/08/04(火) 20:09:29 ID:rU45IteV
●謎プリよくある質問(順不同)

Q. 冒頭でハリーがナンパしてた女の子は誰?
A. 映画オリジナルのエピソードで、
  単なる通りすがりの女の子説が有力。

Q. ハリーはジニーをいつの間に好きになったの?
A. 原作でも、それらしいエピソードは全くなく
  「気づけば好きになっていた」展開。

Q. ドラコはキャビネットにリンゴや小鳥を入れて何してたの?
A. キャビネット=壊れたどこでもドア。
  ドラコが一人で修理することになって、
  キャビネットが修理できたかどうかをリンゴや小鳥で試してた。
  何故修理してたかと言うと、デスイーターを学校に引き入れて
  ダンブルドアを殺すため。

Q. ダンブルドア、水盤の薬は飲まずに捨てればよかったんじゃ?
A. あの薬は「飲むと減る、その他の方法では減らない」魔法薬。
  さらに、あの薬による喉の渇きは、湖の水でないと癒せない。

Q. 最後にロンの家が燃やされたのは何故?
A. 映画オリジナルのエピソードなので謎。
  クライマックスを盛り上げるため説が有力。

Q. チョウ・チャンは何処に登場した?
A. 諸説あるが、まだ確定情報はなし。
  (エンドロールの末尾に名前があることから、登場はかなり後の方だと推測される)

Q. 自称プリンスのスネイプって痛い人?
A. スネイプ母の旧姓がプリンス。


関連記事

  1. 2009/10/05(月) 00:48:15|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:14
  4. | コメント:1
<<リロ&スティッチ | ホーム | ジャージの二人>>

コメント

1 ■無題

dvd見た。密度薄いのに説明が足りなくてだるい・・敵が強大なのが伝わってこないしハリーたちも弱すぎで、戦うっていっても無謀なだけな気がする 分霊箱とかも実際にボスが死なないシーンを映像で見せないとなんだか危機感がない 何回も殺したらよくね?って思っちゃう
  1. URL |
  2. 2010/03/24(水) 17:56:39 |
  3. ななし #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/936-6dd882e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★「ハリー・ポッターと謎のプリンス」

今週の平日休みは、 ハリポタ・シリーズの第6作目。 このシリーズは4作目から劇場鑑賞してるひらりん。 だんだん大きくなっちゃって・・・と、 誰もが出演者の成長を見守ってるシリーズだよね。
  1. 2009/10/05(月) 01:16:04 |
  2. ★☆ひらりん的映画ブログ☆★

ハリー・ポッターと謎のプリンス/Harry Potter 6

15日という中途半端な平日に公開。 公開初日に観ると、2ポイントもらえる、ということで、なんとかレイトショーで鑑賞。
  1. 2009/10/05(月) 05:33:56 |
  2. いい加減社長の日記

ハリー・ポッターと謎のプリンス

 『クライマックスは、ここから始まる!』  コチラの「ハリー・ポッターと謎のプリンス」は、ご存じ「ハリポタ」シリーズの第6弾となる最新作で、7/15に日米同時公開となったアドベンチャー・ファンタジーなのですが、IMAX・3D版で観て来ちゃいましたぁ?♪「トランスフ..
  1. 2009/10/05(月) 06:32:00 |
  2. ☆彡映画鑑賞日記☆彡

[映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』を観た]

☆なかなかの出来でした^^  私は、『ヱヴァ:破』(クリック!)を観てから、ほかに何を観てもノリきれない自分がいたのですが、この作品を観て、「やっぱ、映画は悪くないな^^」と思わせられました。  今日は遅番仕事だったので、午前中の公開一発目を観てきて、仕
  1. 2009/10/05(月) 07:45:21 |
  2. 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ハリー・ポッターと謎のプリンス

やや長いけど,見応えは大きくて満足!  
  1. 2009/10/05(月) 10:08:54 |
  2. Akira&#39;s VOICE

ハリー・ポッターと謎のプリンス [映画]

原題:HARRY POTTER AND THE HALF-BLOOD PRINCE公開:2009/07/15製作国:イギリス/アメリカ上映時間:154分鑑賞日:2009/07/15監督:デヴィッド・イェーツ出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ジム・ブロードベント、ヘレナ・ボナム=カーター
  1. 2009/10/05(月) 11:21:04 |
  2. 映画鑑賞★日記・・・

映画「ハリー・ポッターと謎のプリンス」@109シネマズ川崎

 109シネマズでは毎月19日はシネマポイントカード会員のみ¥1000で映画が見られる日だ。この日は日曜日と重なり公開5日目の「ハリー・ポッター」を上映するシアター1はほぼ満席である。  映画の話 ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)の支配力が強大に...
  1. 2009/10/05(月) 13:45:12 |
  2. masalaの辛口映画館

【ハリー・ポッターと謎のプリンス】

監督:デヴィッド・イェーツ 出演:ダニエル・ラドクリフ、ルバート・グリント、エマ・ワトソン、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン ハリポタシリーズは1作目しか見たことありません。 2を見逃してしまったらもうこのシリーズからすっかり離れてしまっ
  1. 2009/10/05(月) 14:53:29 |
  2. 日々のつぶやき

映画 【ハリー・ポッターと謎のプリンス】

映画館にて「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 「ハリー・ポッター」シリーズの映画版第6弾。デヴィッド・イェーツ監督が続投。 おはなし: ハリー(ダニエル・ラドクリフ)とダンブルドア校長(マイケル・ガンボン)は、ヴォルデモートの防御を解く手がかりを探るため、
  1. 2009/10/05(月) 18:33:10 |
  2. ミチの雑記帳

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』’09・米

あらすじついに復活を果たした邪悪な魔法使いヴォルデモートはその支配力を魔法界のみならず、マグル(人間)の世界にまで広げようとしていた。そんな史上最大のピンチが迫る中、ハリー・ポッターはホグワーツ魔法魔術学校の校長、ダンブルドアとともに来るべき最終決戦の...
  1. 2009/10/05(月) 19:18:46 |
  2. 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 (&#39;09初鑑賞92・劇場)

☆☆☆?? (5段階評価で 3) 7月18日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:40の回を鑑賞。
  1. 2009/10/05(月) 20:31:32 |
  2. みはいる・BのB

ハリー・ポッターと謎のプリンス

J・K・ローリング原作のベストセラー小説「ハリー・ポッター」シリーズの 映画版第6作。ハリーはダンブルドア校長とともに復活したヴォルデモート卿 との決戦に向けて、彼の知られざる過去を探る。ヴォルデモート卿の支配力が強力になっていくなか、その脅威がホグワーツ ..
  1. 2009/10/05(月) 22:26:26 |
  2. だらだら無気力ブログ

ハリー・ポッターと謎のプリンス

『ハリー・ポッター』シリーズ第六章の映画化は、原作が第七章で終了していてオチまで解ってる状態での映画化なので、作る側の苦労は相当なものだろうと想像しながら、IMAXデジタル3D版の『ハリー・ポッターと謎のプリンス』を初日レイトショーで観てきました。 ★★★★★
  1. 2009/10/07(水) 22:14:04 |
  2. そーれりぽーと

ハリー・ポッターと謎のプリンス

ハリーポッターシリーズは全部観ています。(^^)v 本は一足早く読み終わりました。 でも間が空いちゃうので忘れちゃうんです。(爆) 新鮮な気持ちで観られるのはいいんですけどね。 DVDで鑑賞。 イギリスでは不可解な事故や事件が起きていた。 ヴォルデモートの力と支
  1. 2010/03/13(土) 20:00:34 |
  2. 映画、言いたい放題!

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (286)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 香港映画 韓国映画 ニコラス・ケイジ 高良健吾 竹中直人 谷村美月 ジョニー・デップ 麻生久美子 妻夫木聡 西田敏行 ミュージカル サミュエル・L・ジャクソン 加瀬亮 ブルース・ウィリス リーアム・ニーソン 阿部寛 松山ケンイチ ジャッキー・チェン 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ハリソン・フォード スペイン映画 マット・デイモン ドキュメンタリー 浅野忠信 ARATA 山田孝之 三浦友和 役所広司 岡田将生 中村獅童 小出恵介 ブラッド・ピット 戸田恵梨香 ユアン・マクレガー レイフ・ファインズ 宮藤官九郎 小池栄子 瑛太 藤原竜也 小栗旬 蒼井優 満島ひかり 玉山鉄二 宮崎あおい スティーヴン・セガール スカーレット・ヨハンソン 長澤まさみ 吉高由里子 アーノルド・シュワルツェネッガー 堤真一 ジョン・トラヴォルタ 成宮寛貴 谷原章介 大沢たかお 樹木希林 犬映画 ジェイソン・ステイサム ゲイリー・オールドマン ロバート・ダウニーJr. ユースケ・サンタマリア 特撮 ジョージ・ルーカス キャメロン・ディアス 鈴木京香 田中麗奈 西島秀俊 中国映画 カナダ映画 佐々木蔵之介 伊勢谷友介 モーガン・フリーマン 渡辺謙 薬師丸ひろ子 トム・クルーズ トム・ハンクス エマ・ワトソン 窪塚洋介 椎名桔平 広末涼子 ガイ・ピアース アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 綾瀬はるか 宮崎駿 田辺誠一 香里奈 堺雅人 柳葉敏郎 園子温 アンソニー・ホプキンス ジョージ・クルーニー 北乃きい 深田恭子 ヒュー・ジャックマン 市原隼人 香取慎吾 井上真央 仲里依紗 オーストラリア映画 シガーニー・ウィーバー 玉木宏 中井貴一 サンドラ・ブロック ラッセル・クロウ 石原さとみ 伊藤英明 阿部サダヲ ダコタ・ファニング ハル・ベリー ジョディ・フォスター 草なぎ剛 竹内結子 クリント・イーストウッド アン・ハサウェイ 仲間由紀恵 ミラ・ジョヴォヴィッチ ユマ・サーマン 成海璃子 佐藤隆太 ミッキー・ローク 上野樹里 仲村トオル ウィル・スミス 松田龍平 水川あさみ イライジャ・ウッド クリスチャン・ベール シルヴェスター・スタローン 大泉洋 豊川悦司 トミー・リー・ジョーンズ 木村佳乃 木村多江 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ 林遣都 ベン・アフレック ケイト・ベッキンセイル 深津絵里 ケヴィン・スペイシー 堀北真希 大竹しのぶ 柴咲コウ リチャード・ギア キアヌ・リーブス ジュード・ロウ 吉瀬美智子 白石美帆 ナタリー・ポートマン 永山絢斗 スティーヴ・ブシェーミ 岡田准一 黒木メイサ 栗山千明 コリン・ファレル ヴィン・ディーゼル ブラッドリー・クーパー メリル・ストリープ ティム・バートン 松田翔太 オーランド・ブルーム 江口洋介 哀川翔 ジュリア・ロバーツ 小雪 ダスティン・ホフマン 小西真奈美 松本人志 マイケル・J・フォックス 森山未來 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン 松雪泰子 唐沢寿明 及川光博 佐藤健 ロバート・ゼメキス マイケル・ベイ 中村蒼 北野武 リュック・べッソン ペネロペ・クルス 西部劇 佐藤江梨子 北川景子 竹野内豊 クエンティン・タランティーノ アレック・ボールドウィン ザ・ロック マイコ 香椎由宇 寺島しのぶ ベルギー映画 宮迫博之 ケヴィン・ベーコン ベニチオ・デル・トロ イタリア映画 グウィネス・パルトロウ ショーン・ペン 中谷美紀 デニス・クエイド 菊地凛子 ヒース・レジャー 松たか子 ジャン・クロード・ヴァン・ダム 織田裕二 生田斗真 多部未華子 アビゲイル・ブレスリン キャシー・ベイツ ジェームズ・キャメロン 小林聡美 オーストリア映画 桐谷健太 ビル・マーレイ 向井理 ウィノナ・ライダー 篠原涼子 ロバート・パティンソン ジャック・ブラック サラ・ジェシカ・パーカー チャーリー・シーン ポール・バーホーベン 市川由衣 マイケル・ダグラス 三浦春馬 ジェフ・ブリッジズ 猫映画 イーサン・ホーク シャーリーズ・セロン 溝端淳平 ケヴィン・コスナー ジム・キャリー 永作博美 ダニエル・クレイグ ジェット・リー 芦田愛菜 ダニエル・ラドクリフ クライヴ・オーウェン 真田広之 オーウェン・ウィルソン ベン・スティラー ピアース・ブロスナン ジェラード・バトラー イ・ビョンホン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジョン・マルコヴィッチ 小泉今日子 スーザン・サランドン 新垣結衣 エディ・マーフィ 吉川晃司 ケイト・ウィンスレット 岡村隆史 上戸彩 原田知世 二宮和也 ガイ・リッチー リブ・タイラー 中居正広 ヒュー・グラント 山田洋次 榮倉奈々 シャイア・ラブーフ 木村拓哉 小池徹平 アンドリュー・ガーフィールド エドワード・ノートン 福田沙紀 星野真里 中村雅俊 ダニエル・デイ・ルイス 稲垣吾郎 クリステン・スチュワート クリス・パイン ジェシカ・アルバ 水谷豊 ナオミ・ワッツ 笑福亭鶴瓶 ジャック・ニコルソン マーク・ウォールバーグ チェコ映画 桜庭ななみ キーファー・サザーランド リバー・フェニックス ティム・ロビンス オダギリジョー ロビン・ウィリアムズ 三谷幸喜 M・ナイト・シャマラン アントニオ・バンデラス メキシコ映画 平野綾 内田有紀 夏帆  ジェームズ・マカヴォイ エミリオ・エステベス 松田優作 マシュー・マコノヒー 水嶋ヒロ ソン・ガンホ オリヴァー・ストーン エイドリアン・ブロディ 井ノ原快彦 高倉健 シャロン・ストーン ミシェル・ファイファー ポーランド映画 ジェラルド・バトラー 庵野秀明 三浦翔平 キーラ・ナイトレイ ジェイミー・フォックス メグ・ライアン 速水もこみち ペ・ドゥナ キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート ウィリアム・ハート デミ・ムーア 寺尾聰 長谷川京子 福山雅治 東山紀之 アンディ・ガルシア ジョシュ・ハートネット 相武紗季 アル・パチーノ 前田敦子 ドリュー・バリモア スティーブン・キング ブレンダン・フレイザー オードリー・ヘプバーン ジャン・レノ ジョン・キューザック 押井守 ショーン・コネリー 反町隆史 ホアキン・フェニックス メル・ギブソン 武井咲 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ マーティン・スコセッシ ウーピー・ゴールドバーグ ハーレイ・ジョエル・オスメント 吉永小百合 マコーレー・カルキン アダム・サンドラー 渥美清 井筒和幸 大島優子 つるの剛士 ジェニファー・アニストン 武田鉄矢 藤木直人 米倉涼子 中島哲也 リンジー・ローハン ノルウェー映画 松嶋菜々子 奥菜恵 ピーター・ウェラー スウェーデン映画 タイ映画 マイク・マイヤーズ 松下奈緒 大倉忠義 ウェズリー・スナイプス チョン・ウソン 加藤あい リーズ・ウィザースプーン アシュトン・カッチャー オランダ映画 吉岡秀隆 ポール・ニューマン 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア マドンナ 沢尻エリカ チャック・ノリス 安藤政信 金城武 チャン・ツィイー 櫻井翔 ルクセンブルク映画 陣内孝則 中山美穂 チョン・ジヒョン 市川海老蔵 マット・ディロン 菅野美穂 クリス・タッカー スティーヴ・マーティン ウォンビン 佐々木希 カート・ラッセル コロンビア映画 アルゼンチン映画 アシュレイ・ジャッド ハンガリー映画 台湾映画 イスラエル映画 山下智久 シェール 照英 赤西仁 ブルース・リー 亀梨和也 ソン・スンホン 新海誠 長瀬智也 山下敦弘 スイス映画 マイケル・ムーア 伊東美咲 錦戸亮 松平健 本木雅弘 フィンランド映画 シガニー・ウィーバー イラン映画 丸山隆平 スイス映画 キーラ・ナイトレイ ドルフ・ラングレン インド映画 松坂桃李 高橋克典 松岡昌宏 大野智 村上信五 スロベニア映画 ポール・ウォーカー デンマーク映画 ロバート・レッドフォード ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン スロバキア映画 キルスティン・ダンスト 森且行 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR