fc2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

20世紀少年<最終章> ぼくらの旗

20世紀少年-20th Century Boys- Vol.37
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1251521385/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 13:49:45 ID:NRKD6K2r
公式サイト http://www.20thboys.com/

◆スタッフ◆

監督: 堤幸彦
原作: 浦沢直樹
脚本: 福田靖、浦沢直樹、長崎尚志
音楽: 白井良明
撮影: 唐沢悟
アクション監督: 諸鍛冶裕太
製作幹事: 日本テレビ
製作: 「20世紀少年」製作委員会
エグゼクティブ・プロデューサー: 奥田誠治
主題歌: 「20th Century Boy」 T.REX

全国東宝系
(第1章2008年8月30日公開、第2章2009年1月31日より公開、第3章2009年8月29日公開予定)


16 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 13:57:50 ID:aJZcS610
最終章見てきた
謎がとけたのは良かったあ~
謎がとけると逆につまらん。

64 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 14:25:28 ID:7RUTzNYL
原作者の浦沢がインタビューで

「ラストシーンはやられた!と思いました」
「原作者として悔しい部分もあります」
「原作者を悔しいと思わせるのは一番良い形」

ここまで言わせるくらいだから原作とは違う凄いラストなんだろうな

83 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 14:31:49 ID:vT7aYLZX
>>64
全然違うの想像してたから面食らった。ようは原作ラストに軽く肉付けしただけだったな
ただ原作があの終わり方をしてたらここまで叩かれてなかったと思う

70 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 14:27:13 ID:QdAmDeP3
結局フクベエとカツマタの役割を入れ替えただけか
つかマジで死んでたのに誰にも気付かれなかったとか原作のカツマタよりはるかに悲惨過ぎるだろ・・・・・・・・・

158 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 15:02:26 ID:sa+g3S2k
原作と違うっていうから期待してたのに
たいして違わねーじゃねーかw
映画前もダイジェストがあったりで無駄に長かったし

191 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 15:15:02 ID:PDz7TdKZ
なんか密室殺人物のミステリーでずっと密室だと思ってたのが
実は思い違いで玄関は開いてましたと謎解きで言われたような感じだな

47 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 14:17:03 ID:mh5s2B1g
見てきたぞ。
見所は昭和の町並みを疾走するロボットと高島政伸の泣き演技

31 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 14:08:17 ID:9X30uX+G
エンドロール見たら、神木龍之介の名前が出ていて
神木がいたかなーと思ったら
エピローグに出てた(笑

しかしカメオが多かったなあ

86 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 14:32:01 ID:NRKD6K2r
ラスト神木がうつった時、横にいたJCがキャッとか小さい歓声をあげてたw

45 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 14:16:18 ID:+HdbrCQ8
ロンドンブーツの人が一番余計だった。

気持ちいいくらいブチ壊してくれたわ

161 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 15:04:06 ID:oExohX6V
メインキャラのキャストはよかったけど
原口とかロンブー敦とか目障りだったな。
せっかく感情移入出来たのが冷めた。

でも、漫画よりスッキリしたし
よくここまで作ったと思う。合格点。

88 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 14:32:30 ID:xDmCcTU0
フクベエを脇役にしてヨシツネを半端な雑魚にしてマンジョウメをギャグキャラにしたこの監督 ムカつくなあ
絶交したい

90 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 14:32:53 ID:MECrx63H
物語の根幹である小学生時代の出来事を変えたら
作品そのものが変わっちゃうって思わなかったのかねw

67 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 14:25:42 ID:lJ+s+GcO
ケンヂとともだちになって遊びたかっただけで二十億人殺しました

89 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 14:32:51 ID:oQKn9mtO
どうせ復讐するなら「お前コンビニ経営してんのかよww負け組乙wwプギャーww」位で留めとけよな

157 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 15:01:54 ID:e67Q6xsU
正直穴だらけだな…
同窓会でケンヂ一派に潜りこむならフクベエのふりするより
コンチを殺しておいてコンチのふりしたほうがいい

フクベエの名をかたるのは危険すぎる

165 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 15:05:28 ID:WDoe6VFJ
>>157
誰か1人が気付いたらそこで終わるわけだからな

168 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 15:07:18 ID:MUVnrSk+
>>157
もしかしたらカツマタくんだって気づいてほしかったのかもしれないな

177 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 15:09:05 ID:3ZtIjeKk
>>157
原作通りなら少なくとも関口先生はカツマタのことは覚えてるだろうから
近づかれたらアウトだったな

159 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 15:02:41 ID:8MYOAKO8
結局
子供のころの万引きがトラウマになってました
 
ってだけかい

169 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 15:07:51 ID:OjJWJE9o
>>159
逆に考えろって
勝俣が異常だったのは事実だが、
人の感受性は人それぞれ
いじめられても抵抗せず黙ってるような奴が
ケンヂのせいで
あそこまで多くの人間を殺せる奴になったんだろ

あの冤罪と、ケンヂの嘘は、カツマタ君にとって
全人類の命より重かったって事
そしてケンヂはそれだけのことをした

173 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 15:08:19 ID:juGUxIRj
三章で急遽予定してた脚本変えただろこれw
カツマタのキャラが崩壊してんじゃん

210 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 15:22:46 ID:sa+g3S2k
というかやっぱり穴だらけだよな。
同窓会で気付かなかったのはまだいいとして
そのあとともだちが暴走してあれが同級生だって
なったとき手がかり得る為に昔のアルバムとか
日記とか絶対みるよな。そうするとフクベエが
子供のとき死んでたってのは誰かしら必ず気付くし
そうするとあいつ誰だよって絶対なるだろw

212 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 15:24:58 ID:yaD1ap5D
そもそも元々登場人物がそれなりの記憶力があったらこの漫画終わってしまうんだよw

179 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 15:09:30 ID:YW/EtiU7
この映画が言いたかったこと

・いじめはやめよう
・万引きはやめよう
・同窓会では名前を間違えないようにしよう

174 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 15:08:22 ID:MyHqapJ7
中学校の時の記憶

屋上でケンヂが「友達なるからお面取れよ」といったのに取らないカツマタ
あの時、お面取らなかったお前が悪いんだろと突っ込みたかった

181 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 15:11:18 ID:3ZtIjeKk
>>174
中学生であのお面はないよか
イジメられてもしかたないないだろ
あんなかわいい顔してるのに

192 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 15:16:19 ID:j81dwLI5
教会のシーンはユキジのおっぱいしか見てませんでした

2ちゃんねる映画ブログ

237 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 15:41:51 ID:AkPJ23Td
実はともだちはケンヂで二重人格でしたー!

とかの方がインパクトあっただろ。
まぁ、色々矛盾するし、後味悪いけどさ~

240 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 15:43:01 ID:j81dwLI5
なんで高須はスプーン曲げれたの?
ゆうりきの設定はあやふやじゃん

242 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 15:44:28 ID:go+hM93R
万条目も曲げられるからおそらくインチキ

247 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 15:46:32 ID:WnrJ9wzR
カンナは人類の最後の希望だってどういう意味だったの?
あまり必要性を感じなかったわ。

480 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 18:12:46 ID:6lgpPTLN
カンナも含め2章のキャラがことごとく空気化してたな

487 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 18:14:42 ID:HjrdYl3M
カンナの超能力設定ってなんだったんだろうな?w

2ちゃんねる映画ブログ

283 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 16:16:10 ID:yC8K7aB1
女子高生役のときはおいおいって思ったけど
氷の女王だっけ?になってからはカンナ役の人も可愛く見えたな。
コイズミがコンビーフ食ってばっかでマスコットキャラみたいな扱いになってたけど
原作の後半ってそんなに出番なかったかな。

922 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 22:18:29 ID:ygDcpImp
なんで小泉響子がボウリングしないんだよ。
俺は小泉響子がボウリングする姿を見に映画館に行ったのに。

262 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 16:01:09 ID:BMfJwYsp
浦沢が唯一伝えたかった「万博って凄かったんだぞ~」という熱い思いが
薄まった気がした。

275 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 16:12:18 ID:6jXPTLTS
ヨシツネを利用するくらいなら、サダキヨを活躍させてほしかったな。フクベエもサダキヨも簡単に死なせすぎだと思う。

310 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 16:35:15 ID:o5Pje9Ys
キリコのシーンがまるごといらないんだけど。
ワクチン体張って作ったけど、
ワクチン打ってた人はウイルス浴びてないでしょ。

318 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 16:41:26 ID:u7RRnzXE
で結局最後の10分ってバーチャルの世界なんだよね?
ケンヂの気は晴れるかもしれないけど、カツマタくんとか誰も救われてないよね。

320 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 16:43:07 ID:BMfJwYsp
>>318
そうだね。ケンヂ゙のオナヌー。

370 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 17:12:02 ID:scPsS1hR
しかしまぁ  完全に観客しらけてたんだけど、1、2作のワクワク感が全然なかったな。
ほんとに同じ監督がとったとは思えないというか、友情出演みたいな
ごり押し出演タレントと安っぽいエキストラ使った映像ばっかりで リアリティがあまりにもなかった

381 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 17:17:29 ID:P3mecA/J
見てきた。観客の反応、俺を含めて「微妙~!」って感じ。
俺の唯一の希望・小泉響子があんま活躍しなかったのでつまらん。
コンサートの場面は作り手側がただやりたかっただけとちゃうんか と思う。
唐沢歌うめー(原作者よりはw)

421 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 17:50:54 ID:bI35mq1B
浦沢が漫画ではうまく伝え切れなかったのを
映画に託したのか
後付で堤が考えたのかは分からないが
漫画より映画の方がカツマタがその後
クラスみんなに無視されていじめられ
死んだ事にされたという残酷さがわかりやすく伝わったよ
リアリティーで捕らえると誰も覚えていないのは少しオーバーなんだが
いじめている側の記憶は忘れていても
いじめられる側の方の記憶は一生忘れられないという事は実際にあるだろうし
エンターテイメントとしては許容範囲だとおもう

こどもたちはこの映画みたきっかけに
いじめられる側にも非はあるとおもうけど
何とか考え直してほしい

437 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 17:58:42 ID:e7yQB/Ct
カツマタが同窓会で手下を使ってまで、自分をフクベエだと思い込ませる理由がねえな
この原作と映画の致命的なところが、ともだちが誰だろうと世界を破滅に追いやった事実は変わらないし
そんなことを気にする必要があったらとっとと暗殺計画を遂行しろってことだ
話の焦点が全類絶滅の危機にないんだよ、ただの幼なじみの探しっこ
だから薄っぺらいし現実感が伴わない

450 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 18:03:09 ID:J5sTYNEx
原作者も言っていた「ともだちが誰かよりともだちとは何かが重要」というテーマが、原作以上に伝わった。
日を浴びるものがいれば影に属する子供もいるわけで。
ヨシツネも運よくケンヂグループだったがあの性格では影キャラになることだって有りえただろうし。
そういう意味では商業的な「もう一人のともだち」としてのヨシツネを上手くテーマに絡めたのは凄いと思う。


そして原作でさらっと済まされたラストの屋上シーンが上手い具合に肉付けされてて(2人で曲を作る流れ)、原作知ってる人こそ感動できたと思う。

506 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 18:21:31 ID:6JWzC46S
何がこの映画みて気にくわないか考察してみた
・長い
・ともだち撃てなかったカンナにユキジがいいのよそれでみたいな。いやいやいやいや
原作読んでないからなぞっただけかもしれんけど、何その優しさ
・神木が必要不必要とかいう場面。中途半端におセンチなの入れて来てたガキどもは何を思ったんだろう
って
まぁともだちが誰かはっきりさせたかったから観ただけ明日には忘れてるな

543 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 18:32:21 ID:lPdQmo/h
カツマタ君ってジジババにつかまったからカツマタなんだよな?

2ちゃんねる映画ブログ

つかまた→カツマタ

552 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 18:35:37 ID:jK/fD68y
>>543
言われてみれば!!w
フクベエも服部君のお面だからって理由だし案外そうかもw

566 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 18:42:19 ID:q2zKr36A
原作通りでよかったのに堤のオナニーに使われた

749 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 20:26:54 ID:qfhIa64Y
結局、原作のフクベエがヤマネに暗殺されて
オッチョやマルオ、ヨシツネが色々思いだし
フクベエに全てが収束していくシーンを越えられなかったな

原作も終盤はグダグダだけどこの辺は神がかってた

752 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 20:30:09 ID:RQBRdl1V
マンガも読んでるんだけど原作とどこが違うかわからなかった・・・
誰か教えてくだされ

753 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 20:31:29 ID:8WblFElw
>>752
漫画 ともだち=フクベエ→カツマタ
映画 ともだち=カツマタ

761 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 20:35:54 ID:RQBRdl1V
>>753
あ、そうか漫画のほうではともだちが2人だったか
あと小学生のときフクベエが死んでて・・・とかもなかったか

810 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 21:22:05 ID:95T/kA4C
原作のカツマタくんとは全く別人だね
映画のカツマタくんはまんま原作のフクベエのキャラクター
名前がカツマタくんなだけ

758 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 20:34:22 ID:nJQEYjbh
宮迫と石塚が手を組み合うシーン見て思った
石塚は手まで太ってるんだな

807 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 21:19:28 ID:0koOBOPx
ともだちって小学生の頃から何も成長してないやつで、 
頭悪かったらニートになっているタイプだな。

801 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 21:16:17 ID:B0aOKQoa
でも世界の頂点に立っちゃう才能は凄まじいよなww

809 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 21:21:55 ID:xj9m1dQI
トモダチをあそこまでやる気にさせてしまう
ケンヂってすごい

2ちゃんねる映画ブログ

828 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 21:31:44 ID:qW8GoiCY
カツマタが「グータララスーダララ」思いついたってのは何を言いたかったのか…

970 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 22:39:45 ID:nJQEYjbh
小池栄子の扱いが生ぬるい

972 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 22:41:24 ID:8sknxPlM
>>970
小池栄子の演技力は相変わらずパネェよな

835 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 21:34:23 ID:qW8GoiCY
てか二章円卓会議のともだちの声はどう聴いてもヨシツネなんだけど
ミスリードにしては苦しいな

840 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 21:36:27 ID:VarXk6Jn
>>835
え?くぐもった声じゃなかった?

845 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 21:38:54 ID:qW8GoiCY
>>840
ボイスチェンジャーってこと?
生声でしょ

あれは明らかに香川さんの声
また最終章でボイスチェンジャー使ったのが苦し紛れすぎ
なんか詰めが甘い

848 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 21:40:31 ID:B0aOKQoa
>>845
いやあれ香川の声でもなんでもないでしょ
制作側はミスリード狙ってたみたいだけど

862 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 21:47:36 ID:mTxa+I/2
2章ラストの声は香川にしか聞こえないよなあ。

ミスリードの演出としてチェンジャーで声を変えたってことなんだろうが。

863 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 21:47:44 ID:E9pVEQTS
そうそうあれは生声じゃない
違う設定のボイスチェンジャーだ

925 :名無シネマ@上映中 :2009/08/29(土) 22:19:05 ID:Ra45cfxD
二章の円卓の声は普通に批判されるレベルの詐欺演出だよ



http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1253490335/
2ちゃんねる映画ブログ

3 :名無シネマ@上映中 :2009/09/21(月) 08:49:48 ID:wjPtUDpk
よくある質問
Q.同級生の死を忘れてるなんてありえないだろww
A.十人十色。あんたは忘れないかもしれんが、ケンヂたちは忘れてた。それだけのこと。

Q.一章でケンヂが仕掛けたのはただのダイナマイトなのに核爆発並みだったのは何故?
A.血の大晦日で爆発したのはケンヂが仕掛けたダイナマイトではない。
  ケンヂが仕掛けたダイナマイトは、トモダチが予め導火線を切断していたから爆発しなかった。
  実際に大晦日で爆発したのはトモダチがロボットに仕掛けていた、ダイナマイトよりも凄い爆弾。

Q.ケンヂはあの凄い爆発の中どうして助かったの?
A.ケンヂが助かったのは、操縦席が強靭なシェルターで作られていたから。

Q.リモコンで遠隔操作するタイプのロボットなのに何故操縦席がシェルターだったのか?
A.それはケンヂがロボットを止めようと乗り込んでくると見越したトモダチの配慮。

Q.UFOがウィルスまき散らしてる時、次々と人が血を吐いたりして
  死んでいってたけど、あのウィルスは潜伏期間が長いんじゃないの?

A.ワクチン打って瞬殺しなかった →取りあえず第一次成功

  しかしウィルスはその後も12時間体内に潜伏するので
  実際に12時間経たないと本当にウィルスが死滅するかわからない →12時間経過でワクチンが完璧なのを立証!

7 :名無シネマ@上映中 :2009/09/21(月) 10:29:35 ID:he7E9/n9
自分は、原作と映画両方合わせてやっとこの作品のテーマ性が見えたって感じ。
二つそろってようやく一つになった。

8 :名無シネマ@上映中:2009/09/21(月) 10:34:41 ID:fPvmRfo2
>>7 同意。

9 :名無シネマ@上映中:2009/09/21(月) 10:51:50 ID:nucMn5Hi
原作読んでわかったけど ピンクの電話のミヤちゃんの役はともだち被害者の会の弁護士なんだね だからあんなにともだちのことに関して詳しいんだ

てっきり単なる おせっかい焼きのおばさんだと思っていた

30 :名無シネマ@上映中 :2009/09/21(月) 16:36:40 ID:QQT9fULi
武蔵って、アナゴさんに似てるよね

134 :名無シネマ@上映中 :2009/09/23(水) 11:47:51 ID:smUztofC

2ちゃんねる映画ブログ

あの2足歩行ロボットが可愛いと感じた奴は自分以外にいないのだろうか
オットットて感じによろけて、がんばって踏んばり切ったところは思わず笑ったし、
倒れる時もすごいがんばって踏んばってて
双子がすごいがんばって踏んばってるシーンとシンクロさせてたり
結構シリアスな場面なのに、妙に和んでしまったシーンだった。

139 :名無シネマ@上映中 :2009/09/23(水) 14:58:54 ID:f788YPR2
>>134
人々が円盤から噴射されるウィルスを浴びて吐血死する場面にかかる
曲がハロハロ音頭だったりするところは、堤幸彦監督の個性が
でてると感じた
人死にまくってるのにハロハロ音頭で不謹慎にも笑えてしまう

130 :名無シネマ@上映中:2009/09/23(水) 08:35:03 ID:c8zj6ag3
ハローハロー エヴリバディー

144 :名無シネマ@上映中 :2009/09/23(水) 16:57:19 ID:QUWxS/1C
>>130
その歌、三波春夫の息子の、三波豊和に歌って欲しかったな。


関連記事

  1. 2009/11/29(日) 00:04:32|
  2. な行映画
  3. | トラックバック:12
  4. | コメント:0
<<メン・イン・ブラック2 | ホーム | シークレット・ウインドウ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/932-93fcb0df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

20世紀少年 最終章 ぼくらの旗

 『もうひとつの 結末。 もうひとりの ともだち。』  コチラの「20世紀少年 最終章 ぼくらの旗」は、浦沢直樹によるベストセラーコミックを3部作構成で実写映画化し、昨年夏に公開された「20世紀少年 第1章 終わりの始まり」、今年初めに公開された「「20世紀少年 第..
  1. 2009/11/29(日) 00:44:00 |
  2. ☆彡映画鑑賞日記☆彡

★「20世紀少年<最終章> ぼくらの旗」

今週の平日休みの2本目。 いよいよ最終章のシリーズ。 原作とは別のラストシーンを用意してるらしいが・・・ 原作未読のひらりんとしては、どうでもいいけど、 一応「ウィキペディア」で「ともだち」の正体は知っちゃってるので、 それがホントかどうかが楽しみ。。。
  1. 2009/11/29(日) 01:32:56 |
  2. ★☆ひらりん的映画ブログ☆★

20世紀少年<最終章> ぼくらの旗

浦沢直樹のベストセラーコミック「20世紀少年」を映画化した3部作の 最終章。世界大統領として君臨する&quot;ともだち&quot;の独裁に対し、反政府組織を 立ち上げたカンナと秘密基地のメンバーたちが、立ち向かう様を描く。 &quot;ともだち&quot;の正体と..
  1. 2009/11/29(日) 01:51:44 |
  2. だらだら無気力ブログ

20世紀少年&lt;最終章&gt;ぼくらの旗

浦沢直樹の同名コミックを映画化した作品の最終章。原作は読んでいますし、映画も、第1作 、第2作 の2作品とも観ています。 &quot;ともだち&quot;は、&quot;血のおおみそか&quot;事件の後、&quot;救世主&quot;とされ、「世界大統領」となります。&quot;ともだち&quot;
  1. 2009/11/29(日) 08:21:05 |
  2. 日っ歩?美味しいもの、映画、子育て...の日々?

20世紀少年<最終章>ぼくらの旗

とうとう三部作の最後を飾る最終章。 正直言って、前2作は、なんかもやもやして、期待の大きさに比べると・・・では、あったのだが。 でも、最後まで見届けないと、と
  1. 2009/11/29(日) 08:45:58 |
  2. いい加減社長の日記

[映画『20世紀少年 ぼくらの旗』を観た]

☆・・・(注意・このエントリー、まだ書き途中です^^;         でも、続きを書くことがすぐには出来ないので、中途半端で投稿しておく!)    ◇  昨日曜は休日出勤だったのだが、それでも日曜を楽しもうと、退勤後に、レイトショーで『20世紀少年』を観た
  1. 2009/11/29(日) 08:50:57 |
  2. 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

20世紀少年 -最終章-

友達と笑いあおう!!  
  1. 2009/11/29(日) 10:26:27 |
  2. Akira&#39;s VOICE

ぼくらの旗(136作目)&クイーン2&不毛地帯

20世
  1. 2009/11/29(日) 10:30:43 |
  2. 別館ヒガシ日記

『20世紀少年 -最終章- ぼくらの旗』 (&#39;09初鑑賞115・劇場)

☆☆☆★? (5段階評価で 3.5) 8月29日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 14:15の回を鑑賞。
  1. 2009/11/29(日) 12:01:12 |
  2. みはいる・BのB

20世紀少年 ぼくらの旗 [映画]

公開:2009/08/29製作国:日本上映時間:155分鑑賞日:2009/08/29監督:堤幸彦出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、平愛梨、藤木直人、石塚英彦、宮迫博之、佐々木蔵之介、佐野史郎、森山未來、古田新太、小池栄子、石橋蓮司、中村嘉葎雄、黒木瞳+あらすじ+&amp;l
  1. 2009/11/29(日) 22:20:46 |
  2. 映画鑑賞★日記・・・

20世紀少年 -最終章- ぼくらの旗

時間的制約をものともせず、ストーリーだけでなくキャストもカットも何もかも極限まで原作漫画にそっくりに作った結果、完成度の高さで大喝さいで迎えられた第1章。 カンナが似てないせいかしっくり来ない印象を抱えたまま、途中から原作からズレていく展開が裏目に出たよう
  1. 2009/11/30(月) 19:45:57 |
  2. そーれりぽーと

20世紀少年 &lt;最終章&gt; ぼくらの旗

原作漫画は未見です。 でもこの映画のシリーズは全部観ました。 “ともだち歴3年”の2019年、 世界大統領として世界は“ともだち”に支配されていた。 殺人ウイルスがまん延する東京は壁で分断され、 都民の行動は完全に制限されていた。 そんな中、ヨシツネ率いる反
  1. 2010/04/16(金) 00:20:15 |
  2. 映画、言いたい放題!

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (286)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 香港映画 韓国映画 ニコラス・ケイジ 高良健吾 竹中直人 谷村美月 ジョニー・デップ 麻生久美子 妻夫木聡 西田敏行 ミュージカル サミュエル・L・ジャクソン 加瀬亮 ブルース・ウィリス リーアム・ニーソン 阿部寛 松山ケンイチ ジャッキー・チェン 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ハリソン・フォード スペイン映画 マット・デイモン ドキュメンタリー 浅野忠信 ARATA 山田孝之 三浦友和 役所広司 岡田将生 中村獅童 小出恵介 ブラッド・ピット 戸田恵梨香 ユアン・マクレガー レイフ・ファインズ 宮藤官九郎 小池栄子 瑛太 藤原竜也 小栗旬 蒼井優 満島ひかり 玉山鉄二 宮崎あおい スティーヴン・セガール スカーレット・ヨハンソン 長澤まさみ 吉高由里子 アーノルド・シュワルツェネッガー 堤真一 ジョン・トラヴォルタ 成宮寛貴 谷原章介 大沢たかお 樹木希林 犬映画 ジェイソン・ステイサム ゲイリー・オールドマン ロバート・ダウニーJr. ユースケ・サンタマリア 特撮 ジョージ・ルーカス キャメロン・ディアス 鈴木京香 田中麗奈 西島秀俊 中国映画 カナダ映画 佐々木蔵之介 伊勢谷友介 モーガン・フリーマン 渡辺謙 薬師丸ひろ子 トム・クルーズ トム・ハンクス エマ・ワトソン 窪塚洋介 椎名桔平 広末涼子 ガイ・ピアース アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 綾瀬はるか 宮崎駿 田辺誠一 香里奈 堺雅人 柳葉敏郎 園子温 アンソニー・ホプキンス ジョージ・クルーニー 北乃きい 深田恭子 ヒュー・ジャックマン 市原隼人 香取慎吾 井上真央 仲里依紗 オーストラリア映画 シガーニー・ウィーバー 玉木宏 中井貴一 サンドラ・ブロック ラッセル・クロウ 石原さとみ 伊藤英明 阿部サダヲ ダコタ・ファニング ハル・ベリー ジョディ・フォスター 草なぎ剛 竹内結子 クリント・イーストウッド アン・ハサウェイ 仲間由紀恵 ミラ・ジョヴォヴィッチ ユマ・サーマン 成海璃子 佐藤隆太 ミッキー・ローク 上野樹里 仲村トオル ウィル・スミス 松田龍平 水川あさみ イライジャ・ウッド クリスチャン・ベール シルヴェスター・スタローン 大泉洋 豊川悦司 トミー・リー・ジョーンズ 木村佳乃 木村多江 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ 林遣都 ベン・アフレック ケイト・ベッキンセイル 深津絵里 ケヴィン・スペイシー 堀北真希 大竹しのぶ 柴咲コウ リチャード・ギア キアヌ・リーブス ジュード・ロウ 吉瀬美智子 白石美帆 ナタリー・ポートマン 永山絢斗 スティーヴ・ブシェーミ 岡田准一 黒木メイサ 栗山千明 コリン・ファレル ヴィン・ディーゼル ブラッドリー・クーパー メリル・ストリープ ティム・バートン 松田翔太 オーランド・ブルーム 江口洋介 哀川翔 ジュリア・ロバーツ 小雪 ダスティン・ホフマン 小西真奈美 松本人志 マイケル・J・フォックス 森山未來 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン 松雪泰子 唐沢寿明 及川光博 佐藤健 ロバート・ゼメキス マイケル・ベイ 中村蒼 北野武 リュック・べッソン ペネロペ・クルス 西部劇 佐藤江梨子 北川景子 竹野内豊 クエンティン・タランティーノ アレック・ボールドウィン ザ・ロック マイコ 香椎由宇 寺島しのぶ ベルギー映画 宮迫博之 ケヴィン・ベーコン ベニチオ・デル・トロ イタリア映画 グウィネス・パルトロウ ショーン・ペン 中谷美紀 デニス・クエイド 菊地凛子 ヒース・レジャー 松たか子 ジャン・クロード・ヴァン・ダム 織田裕二 生田斗真 多部未華子 アビゲイル・ブレスリン キャシー・ベイツ ジェームズ・キャメロン 小林聡美 オーストリア映画 桐谷健太 ビル・マーレイ 向井理 ウィノナ・ライダー 篠原涼子 ロバート・パティンソン ジャック・ブラック サラ・ジェシカ・パーカー チャーリー・シーン ポール・バーホーベン 市川由衣 マイケル・ダグラス 三浦春馬 ジェフ・ブリッジズ 猫映画 イーサン・ホーク シャーリーズ・セロン 溝端淳平 ケヴィン・コスナー ジム・キャリー 永作博美 ダニエル・クレイグ ジェット・リー 芦田愛菜 ダニエル・ラドクリフ クライヴ・オーウェン 真田広之 オーウェン・ウィルソン ベン・スティラー ピアース・ブロスナン ジェラード・バトラー イ・ビョンホン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジョン・マルコヴィッチ 小泉今日子 スーザン・サランドン 新垣結衣 エディ・マーフィ 吉川晃司 ケイト・ウィンスレット 岡村隆史 上戸彩 原田知世 二宮和也 ガイ・リッチー リブ・タイラー 中居正広 ヒュー・グラント 山田洋次 榮倉奈々 シャイア・ラブーフ 木村拓哉 小池徹平 アンドリュー・ガーフィールド エドワード・ノートン 福田沙紀 星野真里 中村雅俊 ダニエル・デイ・ルイス 稲垣吾郎 クリステン・スチュワート クリス・パイン ジェシカ・アルバ 水谷豊 ナオミ・ワッツ 笑福亭鶴瓶 ジャック・ニコルソン マーク・ウォールバーグ チェコ映画 桜庭ななみ キーファー・サザーランド リバー・フェニックス ティム・ロビンス オダギリジョー ロビン・ウィリアムズ 三谷幸喜 M・ナイト・シャマラン アントニオ・バンデラス メキシコ映画 平野綾 内田有紀 夏帆  ジェームズ・マカヴォイ エミリオ・エステベス 松田優作 マシュー・マコノヒー 水嶋ヒロ ソン・ガンホ オリヴァー・ストーン エイドリアン・ブロディ 井ノ原快彦 高倉健 シャロン・ストーン ミシェル・ファイファー ポーランド映画 ジェラルド・バトラー 庵野秀明 三浦翔平 キーラ・ナイトレイ ジェイミー・フォックス メグ・ライアン 速水もこみち ペ・ドゥナ キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート ウィリアム・ハート デミ・ムーア 寺尾聰 長谷川京子 福山雅治 東山紀之 アンディ・ガルシア ジョシュ・ハートネット 相武紗季 アル・パチーノ 前田敦子 ドリュー・バリモア スティーブン・キング ブレンダン・フレイザー オードリー・ヘプバーン ジャン・レノ ジョン・キューザック 押井守 ショーン・コネリー 反町隆史 ホアキン・フェニックス メル・ギブソン 武井咲 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ マーティン・スコセッシ ウーピー・ゴールドバーグ ハーレイ・ジョエル・オスメント 吉永小百合 マコーレー・カルキン アダム・サンドラー 渥美清 井筒和幸 大島優子 つるの剛士 ジェニファー・アニストン 武田鉄矢 藤木直人 米倉涼子 中島哲也 リンジー・ローハン ノルウェー映画 松嶋菜々子 奥菜恵 ピーター・ウェラー スウェーデン映画 タイ映画 マイク・マイヤーズ 松下奈緒 大倉忠義 ウェズリー・スナイプス チョン・ウソン 加藤あい リーズ・ウィザースプーン アシュトン・カッチャー オランダ映画 吉岡秀隆 ポール・ニューマン 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア マドンナ 沢尻エリカ チャック・ノリス 安藤政信 金城武 チャン・ツィイー 櫻井翔 ルクセンブルク映画 陣内孝則 中山美穂 チョン・ジヒョン 市川海老蔵 マット・ディロン 菅野美穂 クリス・タッカー スティーヴ・マーティン ウォンビン 佐々木希 カート・ラッセル コロンビア映画 アルゼンチン映画 アシュレイ・ジャッド ハンガリー映画 台湾映画 イスラエル映画 山下智久 シェール 照英 赤西仁 ブルース・リー 亀梨和也 ソン・スンホン 新海誠 長瀬智也 山下敦弘 スイス映画 マイケル・ムーア 伊東美咲 錦戸亮 松平健 本木雅弘 フィンランド映画 シガニー・ウィーバー イラン映画 丸山隆平 スイス映画 キーラ・ナイトレイ ドルフ・ラングレン インド映画 松坂桃李 高橋克典 松岡昌宏 大野智 村上信五 スロベニア映画 ポール・ウォーカー デンマーク映画 ロバート・レッドフォード ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン スロバキア映画 キルスティン・ダンスト 森且行 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR