FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

レイダース 失われた聖櫃〈アーク〉

http://tv.2ch.net/test/read.cgi/movie/1011103804/
2ちゃんねる映画ブログ

2 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/15 23:14 ID:OAgLV8+0
映画史上最高に良く出来た映画だね


3 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/15 23:16 ID:DnBenHvv
っていうか古っ
おもしろいけどね

4 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/16 10:43 ID:RHxU21J/
漏れ10回以上映画館に通ったよ。

5 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/16 10:51 ID:7YDPYMTE
文珍に似たナチスのオッサンがいいキャラ!

2ちゃんねる映画ブログ

最後の方で敵の教授の口に虫が飛び込んで、
そのまま出てこなかったような・・・。
あ、今夜ビデオ見直そう。

7 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/16 11:11 ID:RHxU21J/
>>5
ナチのエージェント、アーノルド・トート。
あのロナルド・レイシーって役者は「ファイヤーフォックス」で
ファイヤーフォックス製作チームの科学者セメロフスキー博士をやってますね。

そういえば「ファイヤーフォックス」でまだKGB長官だった頃のアンドロポフが出てきますが
演じているのは「レイダース」のデートリッヒ大佐役のウォルフ・カーラーでした。

11 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/16 12:29 ID:oKTsBAmU
ひょうきん族かなんかで、桂文珍がパロディーやってたね。

407 :無名画座@リバイバル上映中:2006/10/27(金) 03:46:48 ID:w1S4QIlH
ナチス文珍役の俳優は1991年に亡くなっていたのか。
合掌

6 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/16 10:55 ID:sBTxb/Rq
個人的にはスピルバーグの最高傑作だと思う。
思えばこの頃が絶頂期だった……。

9 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/16 12:17 ID:om83xEs0
ハリソン・フォードが下痢してたから、青龍刀の男との格闘シーン
なくなっちゃったんだっけ?
銃でバン!

13 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/16 12:49 ID:3Tr6IdPY
>>9
あのシーン、
映画史に残る名シーンのひとつなんて言われてるけど
ヒーローとしてはあるまじき行為だよな
見る度にすっごく違和感ある

2ちゃんねる映画ブログ

19 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/16 13:32 ID:orqrdeGz
>>13
いや、漏れは消防時は大爆笑したけどな。笑えるいいシーンだろ。映画史に残る名シーンとは思わないけど。
君はお笑いシーンが嫌いなんだな。

21 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/16 22:52 ID:RHxU21J/
デザートチェイスのシーンで崖下へ転落する兵員輸送車を運転していたのは、
「ヤングシャーロック」で最後モリアティ教授になるアンソニー・ヒギンズ。

28 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/17 00:06 ID:VKBZyng0
>>21
>デザートチェイスのシーンで崖下へ転落する
リアル消防の時、スタントマンが本当に飛び降りてると思テタヨ。
その後、あれが絵と知って更に驚いた。ウマー!

24 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/16 23:43 ID:C22BmhxG
当時、「ロードショー」の公開予定表に載っていた邦題

『失われた箱舟の襲撃者たち』

このタイトルだけでドキドキしたなぁ・・・

29 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/17 00:09 ID:sgzGgWW5
正式タイトルが「Indiana Jones and the Raiders of the Lost Ark 」
に変更されたんだよな。
ヤング・インディ~から数えて、第24章のエピソードにあたるらしい。

長年の疑問だけどさ、大学の授業が終わったシーンで、一人の男子生徒が
インディの机の上に林檎を置いていくじゃん。あれどういう意味よ?

51 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/17 18:05 ID:egtM/Gc4
>29
リンゴは愛の告白の意味だよ。
ようは女だけじゃなく男にも持てますってギャグなんだよ。

130 名前: ショートラウンド 投稿日: 02/01/23 17:57 ID:numTUB8t
>>29オイラがオーストラリアに住んでた頃、大学初日の前日に同居人のオージー学生に
「明日は先生にリンゴ忘れンなよ。」って言われたっけ。
あれは先生への「媚び」の印。まぁマジもんじゃなくて軽いお約束ジョークみたいなもんらしいよ。

25 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/16 23:45 ID:3TpuT+HN
ヌンチャクみたいなハンガーワラタ
マリオンがインディの鞭を蛇と見間違えて火であぶったり、
笑いのセンスが(・∀・)イイ!!
2以降はギャグがベタすぎて好きじゃない。

27 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/16 23:56 ID:KSELsNGg
自慢気に剣を振り回した後撃たれて一瞬で氏ぬ黒フードのオッサンや
意気揚々とケンカを売りに来て飛行機のプロペラであぼーんされるナチのオッサン萌え

32 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/17 00:54 ID:iOpyiPvj
もし、インディをトム・セレックが本当に演じていたら
やっぱりヒゲのインディになったんだろうかとか思う。
今ではトム・セレックのインディなんて考えられないが。

49 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/17 18:02 ID:MTOk5N6M
船の中で鏡で顎を打つシーンが好きです。

54 名前: 名無し 投稿日: 02/01/17 18:37 ID:YlCV+woW
潜水艦はどっか撮影で使ったやつを借りて撮影したんだけど、波が強くて
船体が歪んちゃったんだよね、スピは知らん顔して返したけど(持ち主激怒)

55 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/17 18:52 ID:1bbhjjcy
>>潜水艦はどっか撮影で使ったやつを

あれ?「1941」で使ったヤツ(改造)じゃなかったのか?

57 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/17 18:55 ID:2zroxZ0W
>>54
「U・ボート」だよ(マジ)

72 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/18 00:14 ID:YPGDt8a9
死ぬほど観た!で色々発見した。
ラスト、バズーカをかまえたインディとべロックが対峙するシーンでべロックの口に何と蝿みたいな虫が入っちゃう!
でも眉ひとつ動かさず演技するべロック!見上げた役者根性。っていうかスピ気付けよ。
そしてマリオンの酒場の用心棒とプロペラでミンチにされるオッサンは同一人物。
この役者実はプロレスラーで「魔宮の伝説」ではローラーでペチャンコにされ「最後の聖戦」では飛行船から放り出される隠れレギュラー。

74 名前: 72 投稿日: 02/01/18 00:22 ID:9O2sm5RM
>>72
自己訂正
飛行船から放り出されるナチスの付き人でした。

76 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/18 00:29 ID:Ba1TvsQf
>>72
目ざといね。そうそう、ハエ食っちゃうんだよ。
よく聞くと「ブーン」とか羽音聞こえてるし、監督NG出せっての。
僅か73日で撮ってるから、他にも何かと粗が多いんだけどね。

95 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/18 08:47 ID:ndu5fvph
>>72
ホビト族の毒吹き矢で殺される男のヴィック・タブリアンはサル使いの男もやってるね。

2ちゃんねる映画ブログ

ベロックがハエを食べちゃうシーン以外に気になるのは、
インディの白馬に蹴られた?アラブ人の男がとうとう起き上がらないところ。
そして、デザートチェイスのあとナチスのオープンカーが町のロータリーに入るところで、
トートが人形のようにピクリとも動かないところ。

75 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/18 00:26 ID:BSw+zEQw
えっちなシーンになだれ込みそうになると眠っちゃうジョーンズ博士
えっちなシーンになだれ込みそうになると襲撃されちゃうジョーンズ博士
でも、死にそうなシーンでは必ず助かっちゃうジョーンズ博士

SW帝国と、コレ、そして刑事ジョン・ブックでハリスン・フォードに萌え いや、惚れました。
小学校中学年くらいの頃かなぁ・・・。

77 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/18 00:39 ID:FqDfAhiY
ラストの大倉庫は、映画史上もっとも長く映し出されるマット画。

2ちゃんねる映画ブログ

110 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/21 23:22 ID:S4y8kxjC
リアる消防の自分、最後のデッケェ~倉庫が本物だと思って度肝ぬいた。「異常に広~ぇえなおい!」
その後絵だと知って、更に度肝ぬいた。「絵なのかよ!」今見るとバレバレだけど・・・
その当時マットペインティングなどの映像技法はゼロ知識のガキだったので・・・

あのオチが好きなんだよなぁ。単なるヒーローアクションもののハピーエンドとは違い、
なんか余韻が胸に残る。アメリカ政府の暗部を描いてるようで・・・
インディがあれだけ苦労して手にいれた宝は、またしても砂漠の中に失われていくようで・・
見た当時の感想は「オイ!あんなにイパーイアーク級の秘密を隠してんのかYO!」(w
その後のシリーズは定番の単にハピーエンドだから、これだけは感動の種類が違う。

でも、インディーってシリーズとうして探して求めて、敵と争奪戦を繰り広げてた宝は結局手に入らないんだよね。

101 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/18 16:43 ID:4Ebnjyxf
カイロでの籠の中に入れられたマリオンとインディの追いかけっこは
フライシャー版「ポパイ」の“アリババと40人の盗賊”やね。

103 名前: チャチャポヤン戦士 投稿日: 02/01/18 20:34 ID:ndu5fvph
私は、この映画、大学の言語学の教授に薦められて見た。
「あの映画いいですよ。ネパール人がちゃんとネパール語でしゃべってる」って。
実際そうだったけど、ネパール語を使っていたマリオンの酒場の使用人は、
英国のオリエンタルアクターのアンソニー・チンだった。
「007美しき獲物たち」でグレース・ジョーンズに飛行船から落とされる
台湾人ブローカー役の人です。

俳優の話しをもうひとつひけらかすと、インディアナ・ジョーンズのところに
訪ねてくる陸軍情報部の太った方の男は、「スターウォーズ」のデススター攻撃で
いちばん最初に撃墜?されるXウィングファイターのパイロットの
ポーキンス役のアンソニー・フットキンスでした。
この人、「バットマン」のジョーカー編で汚職警官のエクハート警部もやってた。

「レイダース」も「スターウォーズ」も「バットマン」もみんな英国で撮った映画。

104 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/18 20:43 ID:jerfdWmJ
カイロでのインディと敵の殴り合いの格闘シーンは、もろに演技って分かって
しまいちょっと萎え。パンチが実際に当たっていないのが良く見なくてもわかる。

105 名前:  投稿日: 02/01/18 22:54 ID:ld15N/HJ
パンチが実際に当たっていたら次から撮影できねーだろ。(w

113 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/21 23:50 ID:l0FG52Yc
デザートチェイス、これ最強。

幌にしがみつく兵士を一掃した時のインディの楽しそうなこと。
サイドカーを転倒させてニヤリ、上官の車にトラックでカマ掘って、またニヤリ
インディの冒険好きがよく出たシーンだと思う。

ボンネットに落ちてきたカイロ市民の(゚Д゚)?てな顔は
何度観ても笑える。全体にどっかスポーツ感覚なのがいいね。

はげ頭晒してインディにアタックするオジサン兵は思わず応援したよ。

114 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/22 00:06 ID:ToZisKnA
>>113
いいよね、あのチェイスシーンは。笑いと燃えるアクションのバランスがイイ!
禿げオッサンイイ味だしてるよね。
インディがトラックで禿げオッサンに一回やられて、ピンチになって、
一周してまた復讐に戻ってくるシーンは異常に心躍らされ燃えた!
「しつけぇなインディ」(w

このチェイスシーンはワクワクドキドキな冒険活劇アクションの醍醐味だね。
Jウイリアムスの音楽も絶妙にマッチして、更に相乗効果で盛り上がる。
その前の飛行機格闘から休み無く連続してこのシーンだから、もおおう映画の
中にドップリ入ってちゃって、燃えまくり。

129 名前:  投稿日: 02/01/23 17:52 ID:TvgJtZKL
レイダースのクライマックス、
どうして目を閉じてれば大丈夫だったのですか?

132 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/23 19:26 ID:leoBTPCT
>>129
禁じられたものを見てはいけない。からじゃなかろうか。
最初の方に説明してたような・・・。

148 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/25 11:39 ID:uP5Oh72v
「レイダース」は高校時代に映画館に18回も通った。
大学教授という職に憧れた。
いま、大学教授。憧れるような業務内容ではなかったが、時間は自由だな。
考古学じゃないよ、もちろん。

206 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/27 05:45 ID:mjOlkVNT
冒頭の寺院のシーンは何度見てもドキドキするが、
「映画のダウトをさがせ」みたいな番組で、大玉転がしのシーンで
玉を支えるバーが映っているのを指摘されて以来、バーの部分ばかりに
目が行ってしまう。 DVD化するときはCGでバーを消去してくれ。
たのむスピちゃんよ。ついでに最後に出てくる幽霊の支えのバーも消してね。

213 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/28 03:32 ID:rFV+c/2P
やっぱ猿だね、ナチ式の敬礼するところがわらた

215 名前:  投稿日: 02/01/28 03:42 ID:CYhHnUor
>>213
あれは面白かったな。
けどなんであの猿の主人は食べ物に毒を仕込んだ後、猿を回収して帰らないのか。
あれは疑問だった。

217 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/28 03:49 ID:sw/IYGl8
トートが「ハイルヒトラー」って右手をあげたら、手のひらにメダリオンの火傷の痕が…。
単なる「笑いのシーン」だと思っていた「焼けたメダリオンをつかんでアチチのシーン」が
あんな複線になっていたとは、当時リアル消防だったオレの心に強烈に残ったよ。

218 名前:  投稿日: 02/01/28 03:51 ID:CYhHnUor
>>217
あの手のひらに残った写しでアークの場所が分かったってことでいいのか?
君はリアル消防の頃に理解していたようだが、俺は未だにそこらが不明だ。

220 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/28 04:00 ID:sw/IYGl8
>>218
その通りです。
でも火傷の痕が片面だけで裏面がなかったために、
ナチスは違った場所を掘ってるんだよね。

211 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/28 03:30 ID:rFV+c/2P
潜水艦のドイツ海軍の軍服・帽子がめちゃくちゃだった記憶ある

212 名前:  投稿日: 02/01/28 03:31 ID:CYhHnUor
俺はあのナチスのゲシュタポみたいなやつに憧れて革ジャン買ったよ。
もちろん黒の。
携帯式の折り畳みハンガーも欲しかった(w

231 名前: インディーヲタ 投稿日: 02/01/28 20:56 ID:Fhr2RUle
俺はLFファンクラブでインディーの皮ジャンと帽子を買ったよ。
それとトイズマッコイのインディーのリアルフィギュアと馬も買っちゃった~
Part4の先行オールナイトでコスプレして並ぶ予定なんだが、、いつになる事やら、、

237 名前: レイダースヲタ 投稿日: 02/01/29 09:48 ID:wH+HSxpa
>>231
漏れはこの映画観て、大学教授になった。
これもまあコスプレみたいなもんだ。

238 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/29 09:59 ID:jC1ZjM6z
この映画見て盗掘したってツワモノはいないのか?

304 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/02/09 15:31 ID:g5NQJUsT
いくら激しいアクションをして動き回っていても、
ここぞというピンチにしか帽子が脱げないインディ萌え。
そして、必ず拾いにいくw

305 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/02/09 16:17 ID:Kwe+mCeQ
>>304
確か小説版で、Uボートにしがみついて島に向かう途中
意識がもうろうとするなか帽子が流されてしまうくだりがあった。
帽子を失ったことでとてつもない不安に襲われる描写が
されていたと思う。

Uボート基地に乗り込むときは帽子かぶってなかったよね。

306 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/02/09 17:18 ID:Ol9lEPbo
>>305
( ;゚д゚) ハッ!

307 名前: 305 投稿日: 02/02/09 19:24 ID:Kwe+mCeQ
ありゃ、Uボートに移って船員たちから喝采を浴びるシーンで
既に帽子は無くなってたか?
きっとズボンのベルトに挟んでいたんだ、そーゆーことにしとこう。

309 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/02/09 23:25 ID:wXpWm+b4
船のシーン以降は帽子は被ってないよ。
乗り移る前に煙突に隠れてたときも被ってなかったじゃん。



http://bubble6.2ch.net/test/read.cgi/kinema/1104312370/
2ちゃんねる映画ブログ

23 :クァン:05/01/13 13:59:23 ID:9yug02P1
レイダースがシリーズ1作目ですか?

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/14 17:40:51 ID:gkHXToS8
>23
最初は「レイダース」シリーズにするつもりで1作目を作ったが
主役のヒーローが「略奪者」ではいかんだろーと
いうことで急遽インディアナジョーンズシリーズに変更。

レイダースで無尾翼機んとこで殴り合って、そのあとナチスの
トラックを奪うまでのアクションは何度見ても素晴らしいなー。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/14 22:57:36 ID:1bkigOHp
>>24
私は逆だと読んだことがあります
最初「インディアナ・ジョーンズの大冒険」みたいな感じにしようとしてたけど
いきなり「INDIANA~」とか馴染みのない名前が出て来てもガキ向けと勘違いされたりしないか?
ということで「RAIDERS」にし、大ヒットしてシリーズ決定になったところで
「INDI~」に戻したって「魔宮の伝説」公開当時のスターログに書いてあった

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/04 21:38:16 ID:JzYOWgSg
今WOWOWで「レイダース」をやってて久々に見たが
アクションと笑いのバランスが絶妙だな。
トートのヌンチャクとか鏡でガゴーン!とかなかなか地味でいい。

ベロックもひでーやつなんだけどどこか憎めない部分があって、
インディの宿敵ってことで続編にも出てきて欲しかった。
ちょっと期待してたんだけど。

173 :無名画座@リバイバル上映中:2005/08/25(木) 01:57:18 ID:Vgd2CSUD
自分はベロックが一番のお気に入りキャラかな。
最初観た時は単なる悪役の中でも脇の一人としか印象が
薄かったのだが(ナチスの方が印象が強すぎて)、観る度に実に
味のある憎めない悪役だと注目する様になってた。

2ちゃんねる映画ブログ

白装束のキザなフランス人考古学者でジョーンズ博士のライバルって
設定だけで十分格好いい。あそこで簡単に殺しちゃうのは勿体無いので
他のエピにも絡ませ、もっと活躍させればモリアーティ教授やベイダー
並に印象強いキャラになったのではないかと惜しく思う。
(敵対だけでなく不本意にも協力する流れになったりとか、脳内で話を
勝手に膨らませてるベロックマニアの自分でした)

176 :無名画座@リバイバル上映中:2005/08/26(金) 00:13:49 ID:0hd3gYTH
>>173
マリオンと酒を飲むシーンが良いね

416 :無名画座@リバイバル上映中:2006/12/06(水) 21:12:04 ID:smTIebpx
筋に関係ない小ネタが好きだ。
目蓋にI love youとか、鏡アッパーカットとか。

417 :無名画座@リバイバル上映中:2006/12/07(木) 09:13:58 ID:qaUzeKFT
>>416
Iは無かったと思った。

419 :無名画座@リバイバル上映中:2006/12/10(日) 20:34:03 ID:d1JL/GZ2
>>417
あれじゃ命令だね
「あなた(インディ)を愛せ」って

421 :417:2006/12/13(水) 08:56:32 ID:YlEK9hXe
>>419
いや、まぶたに書いているからEYEとIをかけているんでしょう。

448 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/22(木) 18:01:20 ID:HkVGQIKK
レイダースでちょっとネタバレ


レイダースの最後で、アークをあけるシーンがありますよね。
あそこで中身が砂だったのは、モーゼの石版が砂化していたということなんでしょうか
(一義的には)?

そう解釈するなら、そんなにがっかりする(アークそのものの価値がなくなる)ことは
ないんじゃないかと思うんですが。

石版に十戒が書いてなければならないものでもないですよね。

あと、ジョーンズだけは、どうして危険てことがわかったんでしょ?
首尾よくアメリカに持ち帰っていれば、同じように開けたのでは。
貨物船のネズミのシーンでは、アークはナチスマークに反応していたような描写に
見えなくもないけど、善悪を判断しているということなのかな?

449 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/22(木) 18:49:10 ID:wuW+BJww
>>448
>あそこで中身が砂だったのは、モーゼの石版が砂化していたということなんでしょうか

たぶん。

>石版に十戒が書いてなければならないものでもないですよね。

なくないと思うが。
というか、「砂しか入ってなくて力はなかった」
という風に見せているだけだよ、後の反応が違うだろ

>あと、ジョーンズだけは、どうして危険てことがわかったんでしょう

開けた時なら、始めに出てきた本からの推測だよ。
開けようとしてたとしても一人では開けなかったと思う
それで結局ラストと同じことになったと思うよ

451 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/23(金) 09:16:10 ID:q/7SCIvu
>あと、ジョーンズだけは、どうして危険てことがわかったんでしょ?
確かノベライズではエジプトの爺さんに杖の高さを教えてもらった時に警告された。

456 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/24(土) 12:15:59 ID:kgR+n2Jq
1は小説を読むといっそう面白くなると思った。
3の冒頭でムチを使うきっかけのシーンがあったが、原作では
子供のころにマリオンと一緒にレブンウッド博士にサーカスに
連れていってもらって猛獣使いのムチに魅了されて練習しまくった
ってあった。

あとアークとマリオンを追うには潜水艦に乗り移るしか
手段がなかったわけだが、「潜水したらどうすればいいんだ?
どうか潜水しないでくれ」と祈るシーンがあってこれも良かった。
途中で帽子を落としてしまいずっと大事にしてきた幸運の帽子を
失くしたことを悔やんだり、海水に漬かっているうちに意識を失ってしまって
気がついたら島の海岸に打ち上げられていたとか・・・。
映画じゃ描ききれない部分をうまく補ってくれてる。


関連記事

  1. 2009/10/03(土) 00:37:21|
  2. ら行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジャージの二人 | ホーム | 猟奇的な彼女>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/924-f8b8475b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR