FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦

http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1018905469/
2ちゃんねる映画ブログ

1名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/16 06:17 ID:MO8rg29o
4/20~全国東宝邦画系で公開。
新作以外のシリーズ作品の話題もどうぞ。

公式
http://www.shinchan-movie.com/


23名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/16 14:27 ID:2GFYgltS
こないだ「戦国大合戦」試写で見たけど良かったよ。
あそこまで凝りまくる必要が、果たして「クレしん」であるのかどうかわからんが必見。
今度でシリーズ10作目(10周年)なんだね。

138名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/20 19:14 ID:ee0npvD0
見ました。面白かった。ぴあの調査ではもちろん満点だ。
クレしんとしてはどうかという意見もあるが
それを気にして映画を見ないのは損ですよ。
映画作品として本当に楽しめる。
何でこんなにクレしんシリーズは傑作揃いなんだ。

139名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/20 19:21 ID:lWN9xW4D
戦場のシーン、最高すぎだ…
戦国時代を舞台にしたアニメのなかでは間違いなく最高傑作。
ラストは本気で反則。反則だ。
泣いたよ…ちくしょう…!

「しんのすけのいない世界に未練はないだろ!」

141名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/20 19:36 ID:mx6qHNFc
見てきた。ラストは『オトナ帝国の逆襲』より涙。大傑作。
よって、今年のベスト1決定!!!

145名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/20 20:12 ID:SDIJJdLS
見てきました。
「戦国映画にクレしんが乱入」って印象でした。
クレしん作品として見た気がしなかったかな。
内容にはホロリと泣いてしまいましたよ。
ラストではなくイジリのおじさんのセリフで、グッとくるところが
結構あってね・・・・・。戦は悲しいなぁ。
笑いどころもキチンと押さえていましたし。今回もヒロシが良い♪
「大人帝国」とは比べたくはないな。「あっぱれ戦国」は
もう一度劇場へ見に行きたい。

26名無しんちゃん:02/04/16 14:37 ID:0jDz9qly
試写会行った組
事前の情報で雨上がりがゲスト声優だっていうの
知ってたけど、全然気が付かなかった。
出てくる意味がまったく無いんじゃないかな。

43名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/16 18:54 ID:ka121JFc
>>26
ゲスト声優にコメディアン使ってる意味はまったくないよね。
それからダンスマンのEDもあまり効果的ではない。
いいと言えばいい作品かもしれないが,クレしん映画の中では「だめぽ」の方。

153名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/20 20:41 ID:XARR1ko7
試写に続き本日で2度目。
ストーリーが全部分かっていても、やはりラストは涙がにじんでしまった。
「おい、あおぞら侍...」.....(涙)

ダンス☆マンは野原家の車のガラスに穴を開ける鉄砲足軽でしたね。
「ミャオ~ン」と叫んでフレームアウトしていました。

それと廉の佇む泉が、後の「金の魂の湯」になるんですね。
野原家のまったく同じ場所を掘っておりますが....(笑)

165名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/20 21:13 ID:KBiRJxEo
スタッフロール見るまで野武士2人が宮迫と蛍原だって気付かなかったよ。

167カンタム:02/04/20 21:30 ID:l1IFr7CF
ちょっと、エヴァのラストを思い出した。
観客を突き放してる所があるね。
でもやっぱハッピーエンドで終わらせてはいけなかったんだろうな。
お股のおじさんも沢山の人を殺してる訳だし。
戦争にハッピーエンドは似合わないし。

個人的には、今年もクレしんはやってくれたぜって感じかな。
しかし、野原一家、来年はどこへ冒険に行かせる?

170 :02/04/20 21:51 ID:KBiRJxEo
>>167
>でもやっぱハッピーエンドで終わらせてはいけなかったんだろうな。
>お股のおじさんも沢山の人を殺してる訳だし。

自由に恋愛の出来なかった遠い昔、お姫様の祈りが起こした奇跡。
でも人の運命までは変えることは出来なかったって事でしょう。

でも海底鬼岩城のバギーちゃんとかと違って子供に受け入れられるかどうかは不安。

176雨上がり&踊☆男、印象薄過ぎ:02/04/21 00:15 ID:F8Iyu92e
いやー>>170のレスに最後の一行まで禿同
消防の頃にバギーの最期を劇場で観て号泣したけど
当時「戦国大合戦」観てたら、恐らく青空侍の結末を受け入れるような
ココロの余裕は無かったかも

しかしクレしん映画は相変わらず観終わって暫くすると無性に涙が溢れ出すよよよ(泣

168MM88:02/04/20 21:42 ID:A4qQTMd/
面白い!!
たかがアニメごときにここまでできるとは!!
前作は大人だから楽しめた面も多々あったが、
今回のは子供のころに観たかった!!
「クレしん」だから人は死なないだろと
たかくくってたら合戦だから人が死ぬのにはチト、ショックだった。
他のアニメでは別に思わないのにね。
生と死、そして命の尊さを心底考えさせられた。
ホント、子供のころに観たかった!

171名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/20 23:04 ID:DQSXKbsH
これって、直球ド真ん中時代劇じゃん。
大河ドラマが「昔の服装をした現代劇」になってしまってから、
これだけまっとうな時代劇は久しぶりに見た気がする。
ただし、その分しんのすけが単なるトリックスターになって
しまってたのは、ちょっと残念かな。

最後に死者が出たのは賛否両論あるかもしれないけれど、しんのすけ
にとっては、ぶりぶりざえもんの消滅も、人が死ぬのと同じ重さを
持ってたと思うんで、これもありだと思う。

全体的にアクションが多かったせいか、子供の笑い声は「オトナ帝国」
よりも大きかった気がする。
そして、ラストが近づくとシーンとしていたのも印象的だった。
やっぱりクレしんは、子供がたくさんいる劇場で見るのがいいな。

179名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/21 00:43 ID:Xppb1uYa
賛否あるだろうけど、それでも人は懸命に日々を生きて行かねばならないと
思わせてくれるラストだった。
廉姫の凛とした姿と、青空に涙。

181名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/21 01:10 ID:xmqW16BL
>179
ウム、青空の美しい映画だった。

180名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/21 00:52 ID:uf0wvRJ9
久々に品性と風格と趣のある「姫」を見た。

2ちゃんねる映画ブログ

183名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/21 03:46 ID:uf0wvRJ9
冒頭の夢に出てきた廉姫は、あんなに真っ直ぐに空を見詰めて、
物語が終った後の姿だったんだろうね。
何が起きたか全てを知った彼女の思いが、時を越えてしんのすけたち
を呼んだ・・・
鑑賞後数時間経ってそのことに気が付いたら、猛烈に切なくなった。

203名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/21 16:12 ID:16xqYVjY
しかし原監督も時間がナイナイ、製作押せ押せだといいながら、なんでそこまで
キッチリ作ることが出来るんだ?マジに職人だよなぁ・・・

そろそろ実写界からお呼びでもかかるかな?シンエイは手放さないだろうけど・・・

204名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/21 17:03 ID:eTA8REhj
>>203

俺はメジャーにならないでほしいよ・・・
質が落ちるよりこのまませっせこやっててほしい。

192名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/21 11:25 ID:+iBC36N7

2ちゃんねる映画ブログ

ラストにしんちゃんがやった刀の儀式、あれは又兵衛との約束を
貫き通したんだね。手紙の入った箱を埋めるシーンでの「オラ言ってないゾ」に
対応するものだと気づいたのは映画館を出て、家に帰りついてからだった。
(って自分がマヌケなだけか?)
覚悟とか使命を全うするサムライのカッコ良さと切なさに感服。

207名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/21 18:08 ID:uHy/rU/9
基本的に傑作だと思う。
おまたのおじさんが撃たれるシーンの演出のうまさは震えがくる。
瞬間、何が起きたかわからない・・・・・・・・・・・・それからそれを認めるまでの静かな間。
それから・・・。
涙ぐむ半狂乱のじい達が味方兵の銃を確かめさせるシーンの辺りでいよいよ涙が止まらなくなりました。

ただ今作のしんのすけにはらしくなさを感じたかな。
敵総大将やおまたのおじさんに対する直接的な説教が多かった。
ありのままのおバカなしんのすけが何気ない一言が大人に衝撃を与える・・・
という見せ方の方が好み。オトナ帝国の「ずるいぞ」のような。

223名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/21 20:13 ID:BZoZUGPk
鬼のおまたがああいうことになって、
一時は敵を退けたけど、戦で味方も減り、町も焼かれ・・・
あのあと、春日の国や人たちはどうなったんだろうと思うと切ないっす。

それにしても、合戦の描写といい、話の奥深さといい、あのラストの演出といい、
去年のオトナ帝国とはまた全く違った傑作を出してきた原監督、恐るべし。
・・・ただ、確かにしんちゃんである必要は薄かったようにも思えたけど、それでも、
素晴らしい映画だったと思う。

217名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/21 19:38 ID:uHy/rU/9
ところでおまたのおじさんはどう見ても真後ろから撃たれてるよね?
やっぱり味方から撃たれたってことでいいの?

224名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/21 20:34 ID:DQOTc7gK
ラスト、誰が撃ったんでもないような気がした。
しんのすけがタイムトリップしてきたせいで少しだけ変わった歴史が、
結局運命通りになるべく起こった、それも一種の奇跡みたいなものかな、と。

とりあえずおいらは前作の方が好きだな。
今作も良いとは思うけど、人死にとか時代劇とかそんなに好きじゃないし。
ついでに廉たんよりもチャコたんの方がハァハァ。
でももいちど見に行きそう。

252名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/22 01:40 ID:pvQ6uuAr
>>224
ラスト、誰が撃ったんでもないような気がした。

本来撃たれるはずの銃弾が、廉姫やしんのすけとの思い出が加わるまで待ってくれていたが「歴史の復元力」で撃たれた、とSF者としては解釈しています。(誰も撃っていないの描写がわざわざあるのも、そのあたりを意識していると思われ)

249名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/22 01:02 ID:Jo5B0eu/
廉姫が走るシーンもちゃんと着物らしく小股で走っていたね。
ちゃんと作画の方に指示出さないと、ああいう描き方はしないだろうなぁ。
つい、現代風に大股で走らせたりしちゃうだろう。

あとは、手を振る廉姫のところの描写ね。
侍女が「はしたない」とか言っていて、手を振るのがはしたないのか?と
思ったら、廉姫の袖を持ち上げていた。
二の腕を人目に晒すのがはしたないわけね。細かいとこまで描いている
なと思ったよ。

って、廉姫に関するところばっかりかい…(w

253名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/22 01:53 ID:pPsNwaIq
ディティール小僧としては
最後前の廉姫のの足裏がちゃんと汚れてるのがグッド。
みんなみてるよね。

373名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/24 02:46 ID:BvZcTgVK
火縄銃の描写の正確さと、使用される局面別の書き分けがこれまでの日本の映像作品で最上級のレベルだと言い切れる。 竹束に隠れて撃つ、弾込め中は弓矢で援護するといった描写は勿論、薄暮の突撃シーンで、一斉に「腰放し」するといった射撃法までこだわっているのは通。 
また、音(法螺貝、太鼓など)の合図による長槍戦法の展開もきちんと生きていて感動してしまった。  
・・・・正直「クレヨンしんちゃん」には勿体無いとまで思える(w
  考証を誰がやったのか非常に気になります やっぱり監督?

295名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/22 19:59 ID:1gL7n9JB
ところで、決戦の時、ひろしが振り回してたものは一体何?
釣りざおかと思ったけど。

2ちゃんねる映画ブログ

296名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/22 20:03 ID:xECGa9vN
>>295
ボディブレード。

298名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/22 20:07 ID:0guSeCOL
>>295
夜中の通販番組によく出る健康器具です。
あれをぶるんぶるんさせてマッチョなボディになるのだ。

345スレを返る名無し参上:02/04/23 15:54 ID:taldb078
漏れが一番好きなのは「ひろし」がいつものヘタレ劇画調の絵で敵の大将をボディブレードで殴り飛ばすシーン。
あそこは爽快感と爆笑が入り混じった本当に良いシーンだ。
漏れは「ひろしよくやった!!」とか思いながら大爆笑しちまったよ(もち場内の子供たちも爆笑)

357名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/23 21:26 ID:bg4x7/iL
今作も、ひろしがおいしい役回りだったな。
ラストも良かったが、俺はひろしの「しんのすけのいない世界に未練なんかあるか」
って、決意する場面にグッときた。
「オトナ帝国~」もそうだったけど、みさえってあまり見せ場が無いんだよなあ。
やっぱ、クレしんって男の子の作品だからなのかなあ。
ただ、映画は傑作だったよ。前の方のスレにも書いてあったが前作とどっちがすぐれ
てる、劣ってるは、方向性が違い過ぎて意味を成さないと思う。俺はどっちも好き。

358名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/23 21:38 ID:9HctGFKU
みさえはテレビの方でいっぱい
見せ場があるからね~

362名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/23 23:22 ID:QaPoPW/t
みさえの見せ場かぁ。

私の中では、最後のしんのすけが切られそうになった刀をはっしと
受け止めるシーン。

前作ではタワー落ちそうになったしんのすけを足で受け止めるとこ。

やっぱり母はつよいな。と。

363名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/23 23:27 ID:EAUYBdDR
当初、監督はタイトルを「青空侍」と考えていたそうな。
そっちのが良かったなあ・・・。

424名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/25 08:43 ID:w9o8Z4Gw
しんのすけの名前の由来は実は
「戦国時代に春日部を救った偉いお侍さん」←春日部では割と有名
てなぐあいに強引に設定しておけばよかったと思うのですが、
それは無理だったのかな?

428名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/25 12:44 ID:I0u9KYOC
兵衛の死で井尻家は絶えるし、家来の仁右衛門の子息も既に戦死。 そして簾姫は出家しそう・・・・
主要キャラで現在に子孫が残るのは、天正かすかべ防衛隊のみという悲しい罠 (哀

429名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/25 12:51 ID:o31jOCLI
>>428
廉姫は、そういうこと、なんとなくもうわかっているんだよね。
それでも、自分が愛した思い出の場所に、遠い未来に野原一家のような愛すべき人たちが
住んで、泣いたり笑ったりして生きてると思うと、人の世も捨てたものじゃないというか
そういう心境なんじゃないかな。

434名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/25 13:24 ID:Ts7Pqzmx
殿様もすごいんだよなあ。
ひろしの話を聞いて、どうせ未来にはなくなってしまうのなら
今、廉ちゃんに嫌な思いをさせることないって決断するあたり。
この父親だから廉ちゃんがああいう姫に育ったんだなあと。

2ちゃんねる映画ブログ

490名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/27 05:38 ID:5natm/0S
縁組を受け入れなかった結果、大勢の家来や領民が命を落としたんだから
廉姫が高虎の所に嫁いどけば少なくともあれほどの戦にはならなかったんじゃ・・・。
殿様の決断を促したのがひろしの話なら、野原一家は当時の春日部に住む人たちに
とって疫病神みたいなものではないか?

と思ってしまったんだが、高虎がどの程度春日に攻め込む意思があったのか?がよく
わからないのと、図書館での歴史書の記述がどんな内容だったかよく聞き取れなかった
&見れなかったので何か(上に書いたことが)間違ってるような気もする。

491名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/27 06:52 ID:6L4udRsR
>>490
結局、未来では侍は滅びているわけで、春日が他のどの国と組もうとも遅かれ
早かれ滅ぶ。ならば政略結婚やら何やらのしがらみにとらわれるより、
自由に生きた方が良いと春日の殿や家来達は考えたんじゃね?
廉姫が望まない結婚をするより、又兵衛が廉姫への気持ちを押し殺すより。
政略結婚したのに春日の世が来ないなんてムナシイだけじゃん。

又兵衛が死ぬ時にしんのすけに言ってたけど、何故又兵衛がしんのすけに命を
救われて、数日間生き延びたかってこと。
そこが大事。

606名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/29 15:35 ID:t8Fh7hC1
現代の平和の大切さを感じさせるね
現代に又兵衛と廉が出会ってたら、2人はきっと幸せだっただろうに。

2ちゃんねる映画ブログ

662名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/30 20:25 ID:Mw9mh6rl
どこか平和な時代に2人がまた巡り合って、寄り添いながら青空見てるといいな~。

664名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/30 21:17 ID:edSzEagw
>>662
心の底から激しく同意

528名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/27 23:52 ID:G9Povz4l
みんなの書き込み読んでるとなぜだか泣けてくるよ

552名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/28 13:24 ID:6euXsxeL
おおー、いたいけなシロ。壊れた犬小屋の屋根は直してもらったか?
2ちゃんねる映画ブログ

563名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/28 22:19 ID:vSQTVBAR
クレしんでこれをやるより
「青空侍」というオリジナル作品でこれをやって欲しかったという感じ

564名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/28 22:31 ID:R9R7VzqP
確かにクレしん「らしくない」はないけど、今回は傑作だと思う。
そう言えば、シリーズの途中で監督変わってるの?
なんか、初期と後期の作品では雰囲気が違う気がしたから…

565名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/28 22:39 ID:dnz0vZhR
ヘンダーランドまで本郷みつる、それ以降(暗黒タマタマ)から
今作までがご存知原恵一だよ。
でも「青空侍」ピンでやったとしてもどうだろう?
クレしん映画独特の「おバカなまま流れるように感動!」って
構成が大好きなので、原監督にはクレしんで頑張って欲しい。

665名無しシネマさん:02/04/30 21:49 ID:r4OsT6jk
「なぁ、青空侍」
昨日、映画見終わって劇場出てきて空みたら青空だったよ。
公開中にもう一回行こう。

670鼻水が出たシーン:02/04/30 23:08 ID:0Xr8hRiE
早朝、奇襲を仕掛ける直前のシーンにボクは鼻水が出てきました。

城が完全に包囲されたときは
兵士らは不安と恐怖の表情でみんな暗かったのですが
死を覚悟した突撃直前の兵士の凛々しい表情ときたら、もう・・・(涙)

まさか、クレヨンしんちゃんで戦争の悲壮感で涙するとは・・・・(号泣)

688名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/01 05:27 ID:0jUhe1+y
戦が始まる前に逃げろと言われ、春日の人々の運命を察し、
ただただ滂沱の涙を流すひろしさんとみさえさん。
「お助けしなくていいの?」というしんちゃんの言葉に、
車を取って返すひろしさん。
逃げようとする敵将を止めようとして切られそうになった我が子を、
体を張って救うみさえさん。(「そっちに行くな!」、とか叱らないで。)
あなたがた、しんちゃんにとって最高の親であり、夫婦です。
もちろん私にとっても理想の一家です。
小さな子供の心からの信頼に応えられる大人でありたい…

710馬鹿な親バカ野郎:02/05/01 20:38 ID:VBWdXYUT
親バカな話でちょびっと長いし、
馬鹿な親なもんでアチコチに書いているんだが、許してくれ。
うちのガキは小2の女。
初めて映画館に連れていったのが「暗黒タマタマ」。
以来、毎年GWは家族で「クレしん」を観に行いっている。
毎年4月の前年度作品テレビ放映も録画して、
「アクション仮面VSハイグレ魔王」から全作鑑賞済み。
「オトナ帝国」もガキとしても大感動だったんだが、
どっちかというと「クレしん」行きは俺の趣味が強く出ていたし、
ガキは「名探偵コナン」や「ポケモン」も好きだったんで、
GWは家族で「クレしん」、「コナン」は後日に俺が連れて行く、
っつーことになっていた。
で今年はカミサンが風邪をひいてしまったんで、
俺とガキで「アッパレ!戦国大合戦」に行って、
俺は泣かされ、ガキも大笑いしてシンミリしてたわけなんだが、
ついさっきの夕食の時に「次はコナンだなー」と振ってみると
「もう一回皆でしんちゃんがいい。今度のお話はお母さん向き。絶対泣くよ」
と言いやがんのよ、ガキが。
いや、まいったね。
青空侍、ガキのハートまで掴むたー、あんたー大したもんだよ。
親バカ失礼。

711名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/01 20:51 ID:XJLZq8vV
確かに親バカだけど、いい話だね。

712705:02/05/01 20:55 ID:fIPpqkix
>710
いい話じゃねえかよう。ううう。

717馬鹿な親バカ野郎:02/05/01 22:44 ID:ji/lOshJ
>711さん、712さん。
恐縮です。
俺は、PTAの馬鹿どもに言いたいね。
見せたくないアニメワースト3を10年維持した「クレしん」見せてて、
うちのガキは、かあちゃんを思い遣れるようになりやがったぜ、と。

719名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/01 23:02 ID:8+b5ouBm
しんちゃんの正義感って今の子供達の教育に必要なことだなあ。
本当は大人たちが、こういう気持ちを持っていて欲しいのだけど。


関連記事

  1. 2009/09/25(金) 00:17:33|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 | ホーム | コントロール>>

コメント

1 ■無題

こいつらに実写版を見せたらどんな反応するやら
  1. URL |
  2. 2009/09/26(土) 07:25:41 |
  3. ディオ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/919-1435b426
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR