FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コントロール

http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1203001640/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2008/02/15(金) 00:07:20 ID:9cpqz6Ie
伝説のバンド、Joy Divisionのヴォーカルであった
イアン・カーティスの生涯を描いた映画

公式
http://control-movie.jp/


4 :名無シネマ@上映中:2008/02/15(金) 00:25:56 ID:pwIsBmFC
JDはもちろん、U2やDepeche Mode、David Bowie等のアルバム写真や
ビデオ監督でも有名な写真家Anton Corbijnの長編監督デビュー作。

JDはそこまでファンじゃないが、映画としてかなり良かった。
劇中の役者がちゃんと演奏したり歌ったりしてるんだよな。

50 :名無シネマ@上映中:2008/03/14(金) 01:18:36 ID:mih5nnMF
この映画の中で一番良かったのはサマンサ・モートンでした。
彼女が居たからクオリティが上がったと思う。

2ちゃんねる映画ブログ

51 :名無シネマ@上映中:2008/03/14(金) 01:30:33 ID:4CuI7g4U
同感。それとロブ役を演じた俳優もスゲエ。

103 :名無シネマ@上映中:2008/03/22(土) 02:34:21 ID:BIjvGg06
サマンサ・モートンがとにかくイイ!惚れ直した
彼女ばっかし見てたから、も一回全体を観なおさないと

61 :名無シネマ@上映中:2008/03/15(土) 18:54:43 ID:5ooK8kIq
初回で観てきた。客全然いなかったけど、二階だったからかな。

映画自体はなかなかよくできてたと思うよ。俺はJDヲタってほどでもないせいか、割とニュートラルに楽しめた。
もともとアントン・コービンが好きでこの映画に興味を持ったんだけど、やっぱり写真家なせいかひとつひとつのカットが美しかった。
あとライブのシーンは鳥肌立ったよ。あの江頭みたいなタコ踊りもよく再現してたと思う。
ただ、映画前半では割と普通に見えるイアンが後半にかけて苦悩していく様がいまいちしっかり描かれていないかなとは思ったけど、
個人的には「面白かった」映画かな。

65 :名無シネマ@上映中:2008/03/15(土) 21:31:40 ID:csKQZUBj
構図がすげー良いな
号泣して鳥肌立ったよ

66 :名無シネマ@上映中:2008/03/15(土) 22:16:31 ID:lDLY35kE
最初は急ぎ足だったが、重要な所は結構しっかり描かれていたな。

67 :名無シネマ@上映中:2008/03/15(土) 23:14:45 ID:raoILvjO
ベタだけどラブ・ウィル~が流れるシーンは鳥肌が立った

68 :名無シネマ@上映中:2008/03/16(日) 03:09:10 ID:QvRtCwmy
その時々のイアンの心情を歌が代弁してたような構成だったなぁ…。




ネタばれかもしれんが…。


終盤、イアンの死を聞くメンバー+ロブのシーンで
スティーブンの横に座ってるのってやっぱりジリアン?
(パンフでも写真載ってます)
No始まりますの意味?

78 :名無シネマ@上映中:2008/03/17(月) 21:42:22 ID:SgnpDmg2
>>68
あそこでジリアンっぽい人を出すんだったら
イアンがスティーブンと付き合ってた彼女を無理やり別れさせて
ジリアンとくっ付けさせたエピソードを入れて欲しかった


まぁ、こんな事言い出したらキリが無いのは分ってるけど・・・

69 :名無シネマ@上映中:2008/03/16(日) 03:22:18 ID:dDsSnHVI
イアンのライブシーン似てたなあ。
フッキーも似てた。
デッドソウルズ最高。

74 :名無シネマ@上映中:2008/03/16(日) 12:30:49 ID:MHUd2/VK
最後の煙が悲しかった
記念で買ったサントラもセリフ入りで良かった
クラフトワークなんてよく入れれたな

75 :名無シネマ@上映中:2008/03/16(日) 14:21:43 ID:oRKas+Ca
欲を言えば、イアンがメンバーにクラフトワーク等を紹介する描写が欲しかった

79 :名無シネマ@上映中:2008/03/17(月) 22:12:56 ID:l2l1Kw9z
ステージ出たくないってごねて、結局説得されて出るんだけどまた引っ込んじゃうシーンは見てて心が痛かったわ。

106 :名無シネマ@上映中:2008/03/22(土) 12:39:01 ID:7gmzA306
イアンは神格化されてきたがあの脆さや葛藤は我々となんら変わらない若輩者でありその葛藤こそがJDだったのだな。

105 :名無シネマ@上映中:2008/03/22(土) 10:15:54 ID:aEAwM0Ne
昨日見たけど、かなり良く出来てるな。
サマンサモートンはイギリスのアカデミー賞には
ノミネートされてたらしいけど、オスカー候補もいけたな

111 :名無シネマ@上映中:2008/03/23(日) 23:12:56 ID:AhUgF6iI
昨日 見たけど良かったよ。 イアンの子供って
いまミュージシャンなの?

112 :名無シネマ@上映中:2008/03/24(月) 17:57:45 ID:JQTjw4FD
売れてないけどね。

114 :名無シネマ@上映中:2008/03/24(月) 21:57:03 ID:GYWh/4np
>>111
確か写真家になったはず
Myspaceにいるよ

115 :名無シネマ@上映中:2008/03/24(月) 22:21:22 ID:G/S3Pco1
今日 見た。

イアン 子供シカトしすぎw

119 :名無シネマ@上映中:2008/03/24(月) 23:26:10 ID:u97fKR8j
>>115
立会いまでしたのにねぇ。
普段着で分娩室入るなよ! Σ(゚д゚lll)って突っ込みたくなったがw

でもデビーが赤ちゃんに付きっ切りで、自分が構って貰えないから
家庭内での孤立感が増してアニークの元へ行った、っていう描写なのかなとオモタよ。
最初の頃と出産後でスタイル変わり杉でサマンサ・モートンは女版デニーロかとw

116 :名無シネマ@上映中:2008/03/24(月) 22:32:01 ID:u97fKR8j
娘さんもう30歳くらいだよね?今回の映画化も携わってたのかな?

昨日観てきたよ。
イアンとデビー中心の話だし、もっとエピソードをってオモタけど
112分の長さなんだよね。結構あっと言う間だった。
確かに要所を押さえて撮ってた感じがするね。

ちょっとネタバレというか気になるシーンがいくつかあったんだけど
【気にする人は読まないでね】



劇中のイアンは最後に親のいる実家→自宅に戻って自殺、だったよね。
実家で結婚指輪を外してたってのが印象的だった。
デビーやアニークの前で外したくなかったって意図を表したかったのかな?
実際のイアンは外してる時の写真もあったけど、劇中は終始付けてて目立ってたから。

あとあの室内の物干しは、雨が多い英国には結構普通にあったみたい。
今はあまり見かけなくなったって英国人の友達が言ってた。
何回かそれが動くシーンを挿入してたけど、あれもネタフリだったのかなと。
つかあれ危ないよね。メンヘラ入ってる人や子供がいたずらしたりして事故にあったら
どーすんのってオモタ。

118 :名無シネマ@上映中:2008/03/24(月) 23:17:52 ID:jSeOUTn4
>>116

新婚生活の始まりシーンが、あの物干しで
終わりもあの物干しって言う演出が上手いね

120 :名無シネマ@上映中:2008/03/24(月) 23:56:01 ID:hTM6CCM1
>>116
http://en.wikipedia.org/wiki/Deborah_Curtis
ロールでちゃんとクレジットされてたよ。
インタビューもどっかでみた。イアンを美化しようと思ったわけではないとか

121 :名無シネマ@上映中:2008/03/25(火) 00:12:48 ID:Il5pIthj
>>120
あ、㌧。
でも気になったのは娘さんの話ね。
ちょっと調べたら記者会見には出てたみたいね。
この映画には直接的に関わってはいなさそうだね。

124 :名無シネマ@上映中:2008/03/25(火) 12:17:13 ID:F1gPPKKf
エンドクレジットに娘の名前も出てるよ

125 :名無シネマ@上映中:2008/03/25(火) 21:52:06 ID:Jgtc3fEk
娘さん、ライブのシーンで客としてちょこっと出てるんじゃなかったっけ?

126 :名無シネマ@上映中:2008/03/26(水) 02:26:17 ID:IBFzX8Ot
そうなんスカー!

137 :名無シネマ@上映中:2008/03/30(日) 14:07:34 ID:HafQbzUo
映画けっこうはしょってたな
でもわかってしまうのがUKロックファンだな

143 :名無シネマ@上映中:2008/04/03(木) 01:17:28 ID:KKPzMq9A
私は、洋楽についてはあまり詳しくないので「ジョイ・ディヴィジョン」、そしてイアン・カーティスについては
詳しくは知りませんでしたが、今回の映画が彼の精神的な苦悩、そして彼が「てんかん」という
病気をわずらっていたこと。そして、最後には「自殺」してしまったことなどが、
詳しく描かれていますので、今回は、彼の精神状態について、考察してみたいと思います。

まず、この「CONTROL」という映画。監督のアントン・コービンは、U2、デビッド・ボウイ、ビョークなど
音楽界のカリスマを撮り続けたフォトグラファーです。

今回の「CONTROL」は、彼の長編映画初監督作品となるわけですが、元カメラマンならではというか、イアン・カーティスの自伝的映画と
いうよりは、ドキュメンタリー映画を見ているかのように錯覚してしまう臨場感が素晴らしいと思いました。

作劇的な部分をあまり感じさせなく、イアンの周囲で起きる出来事がドキュメンタリータッチで淡々と描かれていきます。
説明とか解釈といった作家の押し付け的な部分は全くなく、イアンの心情の理解を、全て観客にゆだねてしまっている点が
映画のおもしろさであり、また分かりづらい点でもあるでしょう。
たとえば、「てんかん」という病気に関しては、イアンが医者から説明されるシーンでの説明しか、観客に提示されません。
したがって、彼の心理的苦悩や自殺が「てんかん」とどの程度関係があったのか全くわかりません。

全くわからないのが映画的に悪いのかというと、そうではなくて、実際にイアン自身や彼の妻、バンドの仲間なども、この病気について
どこまで理解していたかというと、それほどきちんと理解してたわけでもなさそうなので、そういう意味では「病気」をめぐる現実に関しても、
リアルに描かれていたのでしょう。

146 :名無シネマ@上映中:2008/04/03(木) 23:17:37 ID:joBl2Okd
メンバーの顔見ただけで誰かわかるのが嬉しかった。
最初の高校生からだんだん雰囲気が出てくるのを観ているのも楽しい。

147 :名無シネマ@上映中:2008/04/03(木) 23:29:12 ID:aZq5JMLG

2ちゃんねる映画ブログ

バーニーが子供っぽかったね
ニューオーダーに触れないしあくまでイアンの伝記映画だな、24アワーとベクトル違いの面白さ

148 :名無シネマ@上映中:2008/04/04(金) 00:46:47 ID:HB5rLfFB
なんか肯定的意見多いのね。。
俺は正直この映画ピンとこなかったな。
どこまで事実に基づいてるの知らないが、あくまで映画として見た場合、セリフがいちいち安っぽすぎる。
その安っぽい会話のせいで主人公の葛藤もイマイチ深刻さが浮かび上がらず、
また彼の書く陰鬱で観念的な歌詞の生み出された背景が描かれないから、
結局「表現者」としてはどのように苦悩していたのかが伝わってこないため、どうにも食い足りない。
「そこは誰にもわからないことだから描けないだろ」って反論されそうだが、伝記映画じゃなくて
事実を基にしたフィクションなんだから、その点を監督が想像膨らませてもいいと思うんだよな。

ジョイ・ディヴィジョンやイアン・カーティスに詳しくない一映画ファンの感想なので、気に触ったらスルーして。

155 :名無シネマ@上映中:2008/04/05(土) 05:36:05 ID:E+Bucw8E
上の方のレスでもあったけど、
イアンの苦悩はJDの歌詞にそのまま出てたような。
各シーン毎に絶妙の曲チョイスだとオモタけどなぁ。
特に"Love will~"なんかやられた!って感じ。

イアンのモノローグのシーンでNOの書き下ろしの曲が使われてたね。
サントラでは印象薄かったけど映像とモノローグ込みだとインパクトあった。

当時の英国の不景気や公害(バーニーの故郷は科学工場で汚染されてしまったとか)
とか、若年の労働者階級層の困窮とか
(だから当初イアンは早く身を固めて自立しようと思ったのでは)、
それと大仰なハードロック~パンク~ポストパンクなどの音楽シーンも
踏まえていれば、この映画の背景も解るかと思うけど。
楽器弾けなくても表現したい、ってのがパンクだったけど
それに加えJDの内省的な歌詞世界はただ「Fuck you!」って言うだけじゃないって
その後のバンドに影響を与えた訳だし。

158 :名無シネマ@上映中:2008/04/05(土) 13:22:55 ID:VFfcf6R/
イアン・カーチスの神格化されてる部分はデボラ目線でみると…な部分が多いのでは?
彼女の目線に忠実な映画だと思いますよ。

161 :名無シネマ@上映中:2008/04/06(日) 20:46:49 ID:FZkp6tkS
>>158
それは思う。
この映画だとさ、なんかイアンが二人の女性に挟まれて
それが辛くて死んじゃったみたいに思わされるんだよね。

そういう部分があることは否定しないけど、それだけじゃないだろうよ…。
うーん、見終わって複雑な気持ちだった。

159 :名無シネマ@上映中:2008/04/06(日) 10:21:24 ID:SqYzFvF0
イアンて職業案内所で働いてたんだね

164 :名無シネマ@上映中:2008/04/06(日) 23:56:21 ID:N1+V0dJc
イアンが子供生まれたときに女の子ってわかったとき
がっかりしたように感じたんだけど、男の子が欲しかった
のかな?? 生まれて喜ぶって反応が普通なのに
タバコ吸ってくるっておいおいwwwと。
不倫してから奥さんと何度か会って別れるとか別れたくない
ってやりとりしてたときも分裂気味だったけどイアンの性格
なのかな? ハロワにきてた職探しの人がてんかんになって
のちに亡くなったけどそういう抽象的な表現は多かった。
まあライブ映像や歌詞にそのときの心情をのせているのは
面白かった。

170 :名無シネマ@上映中:2008/04/07(月) 21:45:17 ID:xk+GhXjn
>>164
うん、なんで喜ばないんだろうって思った。
子供作ろうって自分の方から言ってたのにね。
実際に子供が産まれる前に発作に襲われるようになって、
将来に不安を持つようになってしまったから、子供が出来て自分の責任が重くなることが
憂鬱だったんだろうか。

177 :名無シネマ@上映中:2008/04/10(木) 07:59:24 ID:gfF9ehOD

2ちゃんねる映画ブログ

アニーク役、なんか印象的な顔の女優だなって思ってたら、「ヒトラー最後の~」の
ヒトラーの秘書の女の子か!!!

メイクで全然印象違うんだな。あの映画だといかにも田舎から出てきた純朴な
ドイツの真面目な田舎娘・事務員って感じだったのに。
この映画だとなんかファムファタールというかアンニュイでちょっと腐りかけの美女って
感じで全然イメージが違う。

あとバーニーとフッキーの俳優は出てきた瞬間にそれと判る顔だったので
笑ってしまった。

お約束だけどやっぱサマンサモートン凄いわ。化け物というか異様な演技力。

178 :名無シネマ@上映中:2008/04/11(金) 07:12:32 ID:iCR+yTtW
>>177
パンフの紹介だと
アニーク役のアレクサンドラは「50の最も美しいドイツ人第1位」だそうで。
ルーマニア生まれでエキゾティックな感じだよね。
「ヒトラー最後の12日間」に出てたのもJDの名前の由来を考えると凄い偶然だwwww

今更ながら24HPPを観なおしたんだけど、
こっちの役の中の人たちは全体的に歳いってるねw
その後のNO時代も演じなくちゃいけないからそうしたのかもしれないけどw
JD時代に関してはControlのバーニーとフッキーの方が好きかな。背格好も似てるし。

イアン役は描かれ方も含め意見が分かれそうだけど、どっちも雰囲気は掴んでるとおも。
24HPPは映画の冒頭1/3ぐらいしかないし駆け足だけど、
観客に突っかかったりとかぶっ飛んだイアン像も描写してたし。
Controlではそういうシーンは無かったしね。
その辺は原作本の奥さんの視点に忠実だったのかも。

つか24HPP観てファクトリーの経営のgdgdさにはワロタけど悲しくもなったよ。
あんなに売れて評価も高かったのにイアンは死ぬまで困窮してたなんて(´・ω・`)

179 :名無シネマ@上映中:2008/04/11(金) 07:33:06 ID:iCR+yTtW
あとちょっと違ってたシーンは自殺の描写かな。
原作本ではあの物干しで首を吊って、跪いた状態だったらすぃ。
映画の中では直接その描写は無かったけどサマンサの演技でカヴァーしてたな。

24HPPでは膝が伸びてぶら下ってた。
でもあれじゃ何で紐を引っ掛けてたのか判らないよね。
この場合は映画の流れとして詳細な描写よりも
解りやすく省略の意味も含めてたとおも。

その後のお葬式のシーンは24HPPの方がちょっと時間を割いてた。
ファンが駆けつけて「次のヴォーカルに汁」とかデリカシーないなwとか
イアンのお祖母さんがトニーに挨拶してたとか。
棺桶にキレイに横たわってるイアンにちょっと涙ぐんだよ。
その後に"Atomosphere"が掛かるのは同じだったりで(;´Д⊂)

186 :名無シネマ@上映中:2008/04/13(日) 11:14:44 ID:qB1GFTrD

昨日観てきたけど、良い映画だった。

ファンの目でみると、どうしてもフィルターがかかってしまうけど
イアンの抱えていた苦悩は描ききれていなかったように思う。
でも、それを俳優陣の奮闘がカバーしていた。

何度も目にしたライヴ映像やPVの映像が忠実に再現されて
いたのは鳥肌が立った。
最後の10分間は、JDの音楽を愛してきた人には涙なしでは
見れない辛いシーンだったな。

188 :名無シネマ@上映中:2008/04/15(火) 23:14:32 ID:SRlMrLTN
前半部分では明るい表情や力強い目線の多かったイアンが
話が進むに連れどんどん弱々しくなっていくのが切なかった。
デビーを追い出してから自殺に至るまでの数時間の描写は
胸が痛くなるほど悲しかったよ。

一人きりでの苦悩、発作、すすり泣き・・・
イアンの自殺に立ち会った人は居ないから分からないけど
現実のイアンもあんな孤独の中で死んでいったのかと思うと辛いな。

191 :189:2008/04/17(木) 15:52:25 ID:wxU8Pzor
昨日観てきた@大阪
サム・ライリーは確かにイアンそっくりでw唄ってる目付きなんかよく表現されてたと思った。
ただ、イアンの持っていた苦悩や狂気といった内面についてはもっと深く掘り下げて欲しかったというのは言い過ぎかな?イアンが最期を迎える直前のくだりはもっとドロドロした進行を予想してたから少し拍子抜け。個人的には自殺のシーンで「Decades」使って欲しかったな。
原作はまだ読んでいないんだけど、アニークとの関係がわりとさっぱり描かれてたのは、デボラに配慮してのことだったのか?アニークとのセックスシーンすら無かったし。
アントン・コービンの撮った世界は、彼の数々の写真そのままで、モノクロの風景がとにかく美しい。バンドの演奏シーンはゾクゾクしたねえ。実際に俳優達が演奏したってのは凄いと思った。

上の方で誰かが書いてたと思うけど少し急ぎ足と言うか要所だけ押さえてディテールの部分を、はしょってるような印象も受けた。

23年間という短さではあるけど、イアンの生涯を2時間足らずで全て表現するのは無理があった様な気もする。
随分非難めいた事を書きましたが結論としては観て良かったと思った。

194 :名無シネマ@上映中:2008/04/17(木) 17:41:01 ID:CS1CXYQJ
狂気が足りないという意見があるがデボラ目線では狂ってなかったんじゃないかな。
ようするに真面目な青年がバンドにプライベートに重すぎる苦悩を背負ってしまっただけだと。。。
もっと狂気の人なら自ら命を断つこともなかったかもしれない。

195 :名無シネマ@上映中:2008/04/17(木) 18:01:31 ID:z9o+6A9s
デボラは自分が関わったのに完成フィルム観ても「イアンはあんな変人じゃない!」とか言ってたらしいしね
詩や曲調から30年近くも世間で膨らまされてきた「内面の苦悩」に従うのは脚本や監督も避けてたんじゃない?
あれが実際のイアンやJD周りの雰囲気に忠実かは判らんけど、「神話」を追認する内容にはなり得なかったんじゃないかと

220 :名無シネマ@上映中:2008/04/21(月) 00:39:22 ID:xYXDjKgO
she's lost~のシュシュって音スプレーの音だったんだ…

一画面一画面ホントぜいたくで、眼に気持ちよかったです
ラストのアトマスフィアはきっとくるだろうと身構えてたにもかかわらず
よけきれませんでした 
鼻水すすって泣いてるのバレないように出しっぱなしにしときました

個人的にはバー二ーの実直さが出てる演技がよかったなー

221 :名無シネマ@上映中:2008/04/21(月) 11:04:39 ID:A4t6qgcB
24hour Party Peopleの原作本だとスプレーじゃなくて
バーニーとハネットが作ったシンセドラムだった記憶があるんだけどね。
Something Elseのライブでも使ってるし。

222 :名無シネマ@上映中:2008/04/21(月) 20:19:39 ID:uksfdos6
まぁ、24hour Party Peoplは半分フィクションの物語だからね
その点に関しては議論の余地はありそう

263 :名無シネマ@上映中:2008/05/14(水) 18:46:27 ID:WyuYKl1y

2ちゃんねる映画ブログ

あまりに演技の評判が良すぎてS.ライリーの今後が心配になって
来てるのは自分だけだろうか…

ところで彼がアニーク役の女優と付き合ってるの知らんかった。
二人でベルリンで暮らしてるそうな。

265 :名無シネマ@上映中:2008/05/15(木) 09:42:52 ID:QsFpHHHP
>>263
そうなんだ。彼女美人だしな。
映画の中であの雰囲気なら付き合っててもおかしくないかも。
でも実際のデビーや娘さんは複雑な気分だろうなぁ。

実際でもデビーとアニークは接点ないんだっけか。
劇中でベルギー大使館に電話掛けるだけのシーンだったし
原作本もアニークには殆ど触れてないしね。
そういう意味でこの映画はかなり客観的ともいえるんだけど、
デビーは映画の出来をあんま気に入ってないんだっけか。
相当に彼女を拒絶してるよね。まぁ奥さんの立場としては当然なんだけど。

287 :名無シネマ@上映中:2008/05/20(火) 19:22:27 ID:uStehcwE
イアン役のライリーの誕生日はイアンのアイドルだったボウイーと同じ1月8日で
生まれた年はイアンがなくなった1980年。
この映画の主役決定の知らせをもらったのも1月8日だったそうな。
何か妙な偶然と言うか不思議なめぐり合わせ。


関連記事

  1. 2009/09/24(木) 00:34:43|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 | ホーム | うた魂♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/911-3ace1afe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR