FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミルク

【ショーン・ペン】MILK-ミルク【ガス・ヴァン・サント】
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1240023547/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2009/04/18(土) 11:59:07 ID:5U0Kr859
http://milk-movie.jp/

同性愛者を公言して初めて公職についた政治家ハーヴェイ・ミルクの最後の8年を描いた伝記映画。

アカデミー賞2部門受賞
主演男優賞-ショーン・ペン(2度目)
脚本賞-ダスティン・ランス・ブラック
他6部門候補
作品賞
監督賞-ガス・ヴァン・サント
助演男優賞-ジョシュ・ブローリン
編集賞-エリオット・グレアム
衣装デザイン賞-ダニー・グリッカー
作曲賞-ダニー・エルフマン


5 :名無シネマ@上映中:2009/04/18(土) 17:07:55 ID:bK+w3/At
観てきた。
面白かったです。
ショーン・ペンが男と何度もキスするシーンには、
えーって思うけど、ゲイの役だからしょうがないけど。
それにしてもショーンの演技には脱帽です。
主演男優賞も当然って感じでした。

6 :名無シネマ@上映中 :2009/04/18(土) 17:17:15 ID:4SxUBpxn
事前に何も勉強せずに観てきたけどとても面白かった。
ショーン・ペンはやっぱり良かった。

10 :名無シネマ@上映中:2009/04/18(土) 19:37:59 ID:ZcjPUuYl
これ、週刊文春でおすぎが大絶賛してましたw


それとは関係なく、すばらしい映画なのだろうとは思います。

26 :名無シネマ@上映中 :2009/04/19(日) 01:10:39 ID:BEFHssM/
見てきた。これは良い映画。でも初日なのにガラガラで大丈夫か?
ダン・ホワイトとメガネが良い味出してるなぁ、と思ったら、
ダン・ホワイトはノーカントリーの泥棒で、メガネはイントゥ・ザ・ワイルドのクリスなのか。
全然気づかなかったw

27 :名無シネマ@上映中 :2009/04/19(日) 01:17:51 ID:Izatnd4M
>>26
ミルクの周りは、若手の注目株で固めていて流石という感じだったな

33 :名無シネマ@上映中 :2009/04/19(日) 02:02:03 ID:5qZERxtw
若手注目株そろい踏みだったね。皆流石の演技、雰囲気だし。
ハイスクールミュージカルのライアンの子もよかったし
俳優の魅力を出させるのが上手いね。
あと電話掛けてくる子もちらっとしか映らなかったけど印象に残った。

40 :名無シネマ@上映中 :2009/04/19(日) 14:48:08 ID:o3Dg2tm5
なかなかの力作。主人公がだんだん政治家から政治屋のようになっていく。
自分の利益のためにいろんな駆引きをしていく。
仕方ないんだろうけど、がっくり

41 :名無シネマ@上映中 :2009/04/19(日) 17:37:04 ID:6J92/VOj
やりたいこともないのに知事や議員になる日本のタレントよりいいだろ

44 :名無シネマ@上映中 :2009/04/19(日) 20:40:08 ID:+hNTF/1z
ガス・ヴァン・サントだから当たり前かもしれないが、結構ガッツリ男同士の絡みシーンがあって驚いた。
>40で書かれているようなことを、ヘンに美化せず描いたのは個人的に良かったと思う。

43 :名無シネマ@上映中 :2009/04/19(日) 20:13:44 ID:0bhdcimL
さっき観て来た、久々に心揺さぶられる映画らしい映画だった。
ラストの演説は泣きそうになった、メガネの側近がかっこええな。
封切2日目なのに4,5人しかお客いなかった、
クローズと赤壁の2強のせいか。

49 :名無シネマ@上映中:2009/04/20(月) 00:40:14 ID:AVjdf2tQ
2人目の恋人と初めて会ったシーンが凄いと思った。
それまで政治家の顔してたのに、あの人を見たとたんに獲物を見つけたハンターのような豹変ぶりw

かわいい飼いネコが鳥を見た瞬間に豹変する姿を目撃した時のような軽いショックだった。

66 :名無シネマ@上映中 :2009/04/21(火) 00:39:17 ID:JKVjUTmn
同性愛者はまったく抵抗がないんだけど、
性衝動が発情した動物みたいで若干ひいてしまった

72 :名無シネマ@上映中:2009/04/21(火) 12:51:51 ID:hZbxI4mh
>>66
あれは非常にリアル。
インモラルに見えるかもしれないけど、ああいう面をきちんと描くことで、作品に深みが出たと思うよ。

性的に活動的だし、権力を手にしてからは「まるで独裁者だ」と言われてしまう。
決して高潔な人間ではない。
でも、彼の志と行動力が、沈黙してきた多数のゲイやストレートの心を動かしたのは事実。

セクシュアリティ関係なく、四十歳前後の人たちに観て欲しいな。あらふぉーとか言ってないでさ。

69 :名無シネマ@上映中 :2009/04/21(火) 11:41:55 ID:cTmSlyW7
やっぱりショーン・ペンは上手いな。
普段は政治家っぽくビシっとした態度なのに、
演説とかで熱が入ると、仕草にゲイっぽさがにじみ出ちゃうあたりが。
拳の振り上げ方とか、細かいところまで演技してるもなんなぁ。

2ちゃんねる映画ブログ

70 :名無シネマ@上映中:2009/04/21(火) 12:25:36 ID:hZbxI4mh
ガスバンサントらしい、抑制の効いた知的な演出。
…なんだが、ラストのアレ(冒頭のソレ)は、ベタというか、陳腐に流れたというか…。
だがあそこで泣いてしまったのも事実。

聖人君子として描かないところが良いね。
最初のナンパシーンとかリアルすぎてムズムズしたw
しばらく流行りそう(「今日誕生日なんだ」って声のかけかた)。

79 :名無シネマ@上映中 :2009/04/21(火) 17:03:45 ID:J5+CMn2n
これ一人で観に行ったらゲイだと思われる?

81 :名無シネマ@上映中 :2009/04/21(火) 17:49:40 ID:cTmSlyW7
むしろ男友達と行く方が

83 :名無シネマ@上映中:2009/04/22(水) 00:02:18 ID:BCk6vcPy
ノンケの男だけど、作中にあふれるキスシーン、嫌じゃなかったなあ。
むしろ、すごく愛にあふれててほほえましかった。

84 :名無シネマ@上映中 :2009/04/22(水) 00:20:25 ID:EdXTE3QV
普通にうわあ・・・役柄に入ってんなスゲエ・・・この後気まずくないのかな
としか思えなかった。

85 :名無シネマ@上映中 :2009/04/22(水) 00:40:36 ID:R5t63Nd5
もともとショーンもエミールもゲイなんじゃないかと思ったらショックだった

86 :名無シネマ@上映中 :2009/04/22(水) 00:47:28 ID:EdXTE3QV
何気にハーレム状態だったよね。みんな顔可愛いし。

90 :名無シネマ@上映中 :2009/04/22(水) 01:27:49 ID:U0gNKONc
良かったとは思うけど、映画としては見る前に想像していた範囲を超えなかった。
意外性がないというか・・・
実話を元にしてるからしょうがないんだろうけど。

103 :名無シネマ@上映中:2009/04/22(水) 13:52:24 ID:WGjLue/b
男と男の絡みがリアル過ぎて、少し気持ち悪く感じた
自分にも差別意識があるのかなぁ~と思った。
横のオバチャンが号泣してたし、女性の方が自然に見れるんじゃないかと思った。
それでも凄い良い映画だと思ったし
日本人はオトナシ過ぎると思った。

107 :名無シネマ@上映中 :2009/04/22(水) 21:36:35 ID:LWkQFRbz
自分のせいで恋人(ディエゴ・ルナ)が自殺しちゃったのに全然引きずらず冷血な上
元彼(ジェームズ・フランコ)に未練タラタラでうざい上に
マイノリティであることを武器に政治的駆け引きをはじめ。
ミルクが殺されてもあまり同情出来ず。
むしろドツボにはまってくダン・ホワイト(ジョシュ・ブローリン)に同情。
面白かったけど、見終わった後にじんわり心に残るものとかは特にない。
ショーン・ペンとジェームズ・フランコのカップルも合わないなあとしか思えず。

109 :名無シネマ@上映中:2009/04/22(水) 22:29:46 ID:3cyyR0tD
ジェームズ・フランコが元カレで今カレがディエゴ・ルナだったら死ぬほど嬉しい。

143 :名無シネマ@上映中 :2009/04/24(金) 19:28:31 ID:lIJB1iUn
当選した選挙で、同じ地区の対立候補について仲間が
ゲイ同士の対立かまずいなって言ってたけど
あれはゲイ雑誌買収したオッサンが相手のバックについたからそういったんですかね?
後、犬の糞拾いから急にゲイの公民権獲得のシーンの流れがようわからんかったです
やっぱ仕事で疲れて行くレイトショーはダメかもしらん

145 :名無シネマ@上映中 :2009/04/25(土) 00:34:08 ID:btQyWDRB
>>143
ゲイ候補二人だと
票が割れるからだろ。
あと犬の糞は市民に対する人気取り
ポピュリズム的な施策を一発やっといて本命は
同性愛者の公民権法を通すこと
だったんじゃね?
全体の流れがわかれば、細部にあまり拘泥しなくてもよいように思う。

146 :名無シネマ@上映中 :2009/04/25(土) 01:54:10 ID:PvyobqoG
予備知識なしで観たら自分以外の観客がゲイじゃないかという妄想にとりつかれた
映画は面白かったです

148 :名無シネマ@上映中 :2009/04/25(土) 10:04:03 ID:obpwodwc
カミングアウトしろカミングアウトしろって
まず監督自身がカミングアウトすればいいのに

2ちゃんねる映画ブログ

149 :名無シネマ@上映中 :2009/04/25(土) 13:17:20 ID:qnCt2/Tn
>>149
ガス・ヴァン・サントはカミングアウト済みです。

150 :名無シネマ@上映中 :2009/04/25(土) 18:28:25 ID:obpwodwc
ソースは?

151 :名無シネマ@上映中 :2009/04/25(土) 18:50:37 ID:xLUVbZX8
>>149 じゃないけど、今更過ぎてソースとか言われても困ると思うよw映画好きなら誰でも知ってるし

gaylife.about.comというサイトのInterview with an Openly Gay Filmmakerと銘打ったガスインタビューがあったw
http://gaylife.about.com/cs/gaythemedmovies/a/gusvansant.htm

155 :名無シネマ@上映中 :2009/04/25(土) 21:36:33 ID:AvwlzuyN
ガスってゲイなのか、知らなかった

181 :名無シネマ@上映中 :2009/04/27(月) 23:48:42 ID:f5uOcsnk
エンディングでの本人と演者がそっくりで驚いたよ!ハリウッドは同じ役者でたも役によって全くの別人にみえるのがやっぱり凄いよ

217 :名無シネマ@上映中 :2009/05/02(土) 01:16:28 ID:9YmZwdA8
ジェームズ・フランコは文句のつけようがないほどの美しさだったが
エミール・ハーシュの演技力も凄かった
スピード・レーサー、イントゥ・ザ・ワイルド、ミルクとそれぞれ別人だ

2ちゃんねる映画ブログ

220 :名無シネマ@上映中 :2009/05/02(土) 02:13:42 ID:sljRwVW1
ジェームズフランコ「文句のつけようがないほど」美しい?ありえね。
三大ケツ出し俳優の初ゲイ役程の衝撃はなかった。

※一般に云う三大ケツ出し俳優とは
ガエル・ガルシア・ベルナル、ジュード・ロウ、ジョナサン・リース・マイヤーズのことである。
これに各自好きな俳優を加えて五大としても良い。

221 :名無シネマ@上映中 :2009/05/02(土) 04:39:20 ID:+44v4K72
じゃあユアン・マクレガーを

223 :名無シネマ@上映中:2009/05/02(土) 10:07:38 ID:2JFeJk4w
エミール・ハーシュ良かったね!
若き良きブレーンて感じで。
それだけにキャンドルマーチの
シーンの静かな表情がよけい悲しくて‥

エミール演じるクリーヴ・ジョーンズ本人が
撮影に入って最初の頃は毎日泣いていたと
パンフレットで目にして、ミルクは
愛されていたんだなと感動しました。

246 :名無シネマ@上映中:2009/05/05(火) 22:01:30 ID:dO3zW0dz
撃った人の本当の動機はなんだろう?
その辺が映画だけだと、伝わらんかった。
ゲイの可能性もあるような演出してたけど。

映画の出来としては、どうもいまいち。
スラムドッグやグラントリノの方が心には残った。

250 :名無シネマ@上映中 :2009/05/06(水) 06:19:41 ID:J/5EUo1+
>>246
保守的な勢力を代表するために市政執行委員に送り込まれていたのに
自信がなくなって辞任表明、
しかし気が変わって復職しようとしたら、市長とミルクが阻んだからだろう

ある意味逆恨みもあるし、ミルクが圧力かけたことが裏目に出たともいえる
単純なヘイトクライムではなかったことを示唆している

252 :名無シネマ@上映中 :2009/05/06(水) 08:24:08 ID:GjIyNJGk
>>250
政治的な要人暗殺ってよりかはただの怨恨殺人、ある意味自業自得にも見えたな。

少しぐっときたのは最後の希望のくだり云々だけで
ミルクのやり方も男の捕らえ方も不快に感じた。

261 :名無シネマ@上映中:2009/05/06(水) 15:01:09 ID:PTD1EZHt
>>246

TV用映画「ダンホワイト 破滅の銃弾」はダンホワイト側から切り取っていて、ミルクと2本見ると、2面から捕らえられて面白いよ。


で、それを見た俺の考えね。

2ちゃんねる映画ブログ

ダンホワイトはゲイ嫌いどころか警官時代に、ゲイの被疑者を理不尽に暴行する同僚を止めるだけじゃなく訴訟しようとまでしてハブられている。
彼は典型的な「善良なアメリカ人」。
アメリカ社会の道徳や価値感を信じ、善き市民たれと生きてきたが、政治家の器ではなかった。

消防署に勤務しながら当選したが、彼は消防署に席をおきながら、つまり給料をもらいながら議員活動ができると思っていたが、それは許されず、すげぇ安い議員収入で家族を養わざる得なくなった。

経済的にも政治家的にも追い詰められる。

辞職後警察にいったのは再就職の打診。
しかし断られる。
収入なくなる、困った、やっぱり辞めるの辞める、えっ再任されない!


俺は善きアメリカ市民たれと努力して生きてきたのにどいつもこいつも!

バーン


ってことだと思う。

ミルクは、自分が信じてきた価値観とは異なる立場にいるのにウマくやってる存在。

263 :名無シネマ@上映中 :2009/05/06(水) 15:14:40 ID:J/5EUo1+
>>261
日本と違って、アメリカの議員さんの給料はとても安いんだよね

264 :名無シネマ@上映中 :2009/05/06(水) 20:14:11 ID:LWh/1Aed
>>261
さっきみてきたけどやっと疑問部分がうまった
精神病院案件をはじめいろいろ裏切られて、でもミルクはヒーローみたいになってて。
しかも委員に復帰できない
そのショックと妬みの犯行にしかみえなかった

ダンホワイトについてはアメリカではそのあたりはあえて説明なしでも
認識されているんだろうか

265 :名無シネマ@上映中 :2009/05/06(水) 20:14:14 ID:L2KkeMfw
>>261
>辞職後警察にいったのは再就職の打診。

あれって再就職打診だったんだ。
あのシーン、意味がわからなかったんだよね。
警察と裏取引して後ろ盾になってもらうかわりに
警察の手先になることになったのかと思った。

286 :名無シネマ@上映中 :2009/05/09(土) 04:09:21 ID:nXip5qsj
>>261
いいな、見てみたい
実際ダンホワイトの正義感だけでやってる不器用な感じもかなり同情しちゃいそうになる面があるよなぁ

273 :名無シネマ@上映中 :2009/05/07(木) 22:25:26 ID:pZ2LL6Rj
あんな四六時中麻薬でラリってるような連中差別されて当然だろう
もし隣の家に夜な夜なゲイが集まって道端で売春とかしはじめたら
普通に警察に訴えるよ、気持ちが悪い
男だ女だ以前に人間として蔑まれて当然だろう

274 :名無シネマ@上映中 :2009/05/07(木) 23:18:42 ID:QqcRshqm
>>273
当時のヒッピーはみんな麻薬やっていたらしいから。
ゲイたちが麻薬に冒されているというのは否定できないだろうけど。

283 :名無シネマ@上映中 :2009/05/09(土) 00:40:13 ID:Tt8tDc0u
劇中のミルクの演説に、政治家としてのカリスマ性はまったくなかったな。
本物もああいう話し方だったんだろうか。
演技としては、オスカー取るほどかと疑問。
むしろ脇のジェームス・フランコの方がいい味だしてた。
スパイダーマンでは顔だけの俳優かと思ってたから。

284 :名無シネマ@上映中 :2009/05/09(土) 02:35:13 ID:nK6HKVOO
本物のハーヴィー・ミルクを知る人は皆ショーン・ペンの
喋り方とか振る舞いとかそっくりだって言ってるよ。
ミルクの演説良かったけどなあ。

291 :名無シネマ@上映中:2009/05/09(土) 19:17:02 ID:KVsfhADW
ミルクはカリスマ性とかの人ではなかったと思う。頭は良かったし、口も達者で勇気もあったけど、カリスマではなかった。    普通の人。でも、そこが好き。

362 :名無シネマ@上映中 :2009/05/25(月) 22:21:52 ID:BEzBk1bF
映画ではミルクがスコットに出会ったころは
40才の保険屋だけど、実際は41才で
舞台のプロデューサー(主に資金集め)
をしてたんだとか。

スコットに出会ってガラっと変わったみたいになってるけど
ミルクは他人に影響されて生き方を変えるタイプでは
ない気がする。
(アグノスのアドバイスは素直に取り入れたけど)

ものすごく頑固だったとか。

373 :名無シネマ@上映中 :2009/06/01(月) 17:14:25 ID:PZiv0Gv0
映画だと、ミルクとスコットが別れたのは、
スコットが原因みたいに見えるけど、
ミルクのわがままに耐えかねて、というのが
大きいんだろうなと思う。

映画では二人の関係は対等に描かれているけど、
実際は、ささいな事で怒鳴りまくるミルクに、
おとなしく我慢するスコット、といった感じだった
らしい。

374 :名無シネマ@上映中:2009/06/01(月) 22:40:35 ID:zmKTD8QQ
ブリッグス議員役の俳優はブロードウェイで有名な舞台俳優でカミングアウトしてるゲイ
どこをどう見てもストレートのショーン・ペンがバリバチのゲイ役やってるのと対照的なキャスティングだ

390 :名無シネマ@上映中 :2009/06/08(月) 02:38:09 ID:nyxGxod2
ところでドキュメンタリーを観た人に聞きたいのだけど、
最後、スコットとレズの子があれを知らなかったのはどういう理由で?

391 :名無シネマ@上映中 :2009/06/09(火) 00:27:57 ID:fNCgp/Xw
あれって何なんだよ?
行進のこと??
それだったら本当に知らなかったらしいぞ
自分たちしかいないってめげそうになったとか

392 :名無シネマ@上映中 :2009/06/09(火) 05:15:07 ID:5562pkjM
>>391
390じゃないけど。
行進知らなかった件って実話だったんだ。
てっきり映画的な演出なのかと思ってたよ。
だって中心人物の二人なのに、なんで誰も知らせてくれなかったんだろう?

403 :名無シネマ@上映中 :2009/06/18(木) 09:22:13 ID:fDhtG/wI
エンディングの「その後」で、あのレズの選挙マネージャーは、
なんで子供3人作ってるんだ?

バイだったのか、それとも人工授精か何か?

404 :名無シネマ@上映中:2009/06/18(木) 10:14:32 ID:OhqAQSaB
誰かから種だけもらったんじゃない?
精子バンクとか、何とか。w

405 :名無シネマ@上映中 :2009/06/18(木) 10:39:29 ID:fDhtG/wI
気になったので自分で調べてみた

http://en.wikipedia.org/wiki/Anne_Kronenberg

未だにゲイ・レズビアン運動活動家だけれども、私生活では
なんか今の旦那と会ってヘテロセクシャルになったみたい。

この映画にカメオ出演しているって。どこだ?

406 :名無シネマ@上映中 :2009/06/18(木) 15:43:40 ID:GuqKkgfi
へえ性の嗜好?が変わることってあるんだ
そういや某マラソンランナーの旦那もI was a gey.って言ってたよな

410 :名無シネマ@上映中 :2009/06/22(月) 11:07:43 ID:EyIvPKMh

アン・クローネンバーグ、ご本人と役者2ショット
 
2ちゃんねる映画ブログ
 
2ちゃんねる映画ブログ

アン役の人、かなり普段とこの映画の中が違うな。本人にみっちりインタビューして
そっくりになるべく頑張ったらしい。

当時の写真
 
2ちゃんねる映画ブログ
 
2ちゃんねる映画ブログ

418 :名無シネマ@上映中:2009/06/26(金) 15:41:40 ID:IY2g1x0X
アン役の女優が渡辺直美に見えて仕方なかった


関連記事

  1. 2009/09/17(木) 08:06:37|
  2. ま行映画
  3. | トラックバック:8
  4. | コメント:0
<<フライング☆ラビッツ | ホーム | 私は貝になりたい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/900-7e03b641
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画 【ミルク】

映画館にて「ミルク」 実在の人物ハーヴィー・ミルクの後半生をガス・ヴァン・サントが映画化。 おはなし:1972年NY、保険業界で働いていたミルク(ショーン・ペン)は、20歳年下のスコット(ジェームズ・フランコ)と出会い、恋に落ちる。二人は新天地を求めてサンフラン
  1. 2009/09/17(木) 22:34:41 |
  2. ミチの雑記帳

ミルク

 『1970年代のアメリカ。マイノリティのために戦った政治家 ハーヴィー・ミルク…人生最後の8年間 「ミルク」は、 希望のはじまりだった。』  コチラの「ミルク」は、アメリカ史上初のゲイと公表した公職者ハーヴィー・ミルクの48年間の生涯の最後の8年間をガス・ヴ...
  1. 2009/09/17(木) 22:39:26 |
  2. ☆彡映画鑑賞日記☆彡

『ミルク』を観たぞ?!

『ミルク』を観ました1970年代のアメリカで、同性愛者であることを公表して公職に就いたアメリカ初の政治家ハーヴィー・ミルクの生き様を描く伝記ドラマです&gt;&gt;『ミルク』関連原題: MILKジャンル: ドラマ/伝記製作年・製作国: 2008年・アメリカ/ドイツ上映時間
  1. 2009/09/17(木) 22:48:35 |
  2. おきらく楽天 映画生活

ミルク

1972年のニューヨーク。保険業界で働いていたミルクは、20歳年下のスコットと出会い、恋に落ちます。2人は新天地を求めてサンフランシスコに移り住み、小さなカメラ店を開店します。次第に、そこは同性愛者やヒッピーたちのよりどころとなり、ミルクは彼らを快く思わない保守
  1. 2009/09/17(木) 23:01:28 |
  2. 日っ歩?美味しいもの、映画、子育て...の日々?

ミルク

アメリカで、というか恐らく世界で始めて自分がゲイだと公表しながら選挙を戦い、公職に着く事に成功したハーヴィー・ミルクを、ショーン・ペンが演じてアカデミー賞に輝いた『ミルク』を観てきました。 ★★★★★ ハーヴェイ・ミルクっていう人自体を知らなくて、つい最近
  1. 2009/09/17(木) 23:52:33 |
  2. そーれりぽーと

【MILK ミルク】

監督:ガス・ヴァン・サイト 出演:ショーン・ペン、エミール・ハーシュ、ジョシュ・ブローリン、ジェームズ・フランコ 「1972年NY、ミルクは20歳も年下の男性と恋に落ちた。 二人は新しい生活を始めるためサンフランシスコに移りカメラ屋を開いた。次第にそこは同
  1. 2009/09/18(金) 14:20:46 |
  2. 日々のつぶやき

mini review 09414「ミルク」★★★★★★★☆☆☆

1970年代のアメリカで、同性愛者であることを公表して公職に就いたアメリカ初の政治家ハーヴェイ・ミルクの生き様を描く伝記ドラマ。監督は『エレファント』のガス・ヴァン・サント。個人の権利を守るために戦い、凶弾に倒れたミルクをオスカー俳優ショーン・ペンが演じてい
  1. 2009/10/28(水) 02:11:38 |
  2. サーカスな日々

ミルク

作品情報 タイトル:ミルク 制作:2008年・アメリカ 監督:ガス・ヴァン・サント 出演:ショーン・ペン、ジェームズ・フランコ、ジョシュ・ブローリン、エミール・ハーシュ、ディエゴ・ルナ、アリソン・ピル、ルーカス・グラビール、ヴィクター・ガーバー あらすじ:1972
  1. 2010/08/01(日) 01:51:07 |
  2. ★★むらの映画鑑賞メモ★★

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR