FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ぐるりのこと。

http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1209955492/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :ぐるりのこと。:2008/05/05(月) 11:44:52 ID:QTf07xUb
◆原作・脚本・監督 橋口亮輔

◆出演 木村多江 リリー・フランキー
    倍賞美津子 寺島進 安藤玉恵
    八嶋智人 寺田農 柄本明 他


◆公式サイト ttp://www.gururinokoto.jp

6月、シネマライズ、シネスイッチ銀座ほかロードショー


20 :名無シネマ@上映中:2008/05/14(水) 11:27:26 ID:rWCFqQhj
カナオ(リリー・フランキー)が良かった
多江さんももちろん
作品としては、うーんと思う部分もあったけど、カナオの優しさが良かった
リリー・フランキーの演技も別に悪くないし、アドリブみたいな台詞も楽しい

24 :名無シネマ@上映中:2008/05/20(火) 17:09:40 ID:PM4INX60
キム兄は犯罪者で使うべきだったな

25 :名無シネマ@上映中:2008/05/20(火) 18:36:56 ID:Q/t2WdKW
なんかキム兄はあの役、あのシーンじゃ浮いてたよね

4 :名無シネマ@上映中:2008/05/05(月) 19:24:26 ID:RhHVYcnJ
加瀬が宮崎勤そっくりで驚いた

2ちゃんねる映画ブログ

33 :名無シネマ@上映中:2008/05/23(金) 03:21:44 ID:Tv0Crfw0
加瀬亮    宮崎勤
新井浩文   宅間守
片岡礼子   お受験殺人の加害者
横山めぐみ  お受験殺人の被害者

オウムの人は誰だかわからなかった

54 :名無シネマ@上映中:2008/06/07(土) 22:52:51 ID:264kQjQx
今日観てきた
長いなぁ~と思ったけど
10年の流れを描きたかったのなら仕方ないかな
リリーも多江もよかったよ

59 :名無シネマ@上映中:2008/06/08(日) 20:53:21 ID:BCrZYdfM
この監督がゲイもの以外を作るのは初めてかな
長かったけど、相変わらず繊細な雰囲気
どん底に落ちるわけでもないけど、全て解決して晴れ渡ることもない
微妙な曇りの日が延々続いて行く感じにリアリティがあるよね

62 :名無シネマ@上映中:2008/06/08(日) 22:26:56 ID:VAtWIDJg
法廷でごめんなさいを連呼してた女の人ってハッシュの主人公の女の人だったんだね。
最初のバナナ食ってる女とのくだりの会話が演技じゃなくて、素っぽくてよかった。
あとは、最後の方のワンワン泣いてカナオが鼻をぺろっと舐めるあのくだりもよかった。
もう一度みてみたい。丁寧に描かれてるし、みれば新しい発見もありそうだ。

70 :名無シネマ@上映中:2008/06/09(月) 12:08:04 ID:tjzGhSpD
>>62
その女優は監督お気に入り
二十歳の微熱にも出てる  

72 :名無シネマ@上映中:2008/06/09(月) 20:18:53 ID:ffIkkViB
加瀬がすごかったな。
一瞬誰かわからなかった。
ハッシュの女の人もそうだけど。

法廷シーンの数々って結構忠実にやってんのかな。

74 :名無シネマ@上映中:2008/06/09(月) 23:20:28 ID:AXaIae3o
>>72
加瀬のシーンだけ面白かった。
あの喋り方が面白い。

77 :名無シネマ@上映中:2008/06/10(火) 00:26:53 ID:Jsy3kGwW
痴漢の次は幼女殺害犯か、加瀬

85 :名無シネマ@上映中:2008/06/10(火) 23:18:34 ID:LD0zSMIn
宮崎は加瀬じゃなくてもよかっただろ
寺島の奥さんが良い味出してた

86 :名無シネマ@上映中:2008/06/10(火) 23:26:19 ID:sbK4eMpM
加瀬はいいじゃん。
あれはあれでいい。

寺島はさすがにいいよなー。
で、奥さんもよかった。あれって誰?

2ちゃんねる映画ブログ

87 :名無シネマ@上映中:2008/06/10(火) 23:30:03 ID:8xtqiKZ1
あの奥さん、顔も言動も服装の変遷も
とにかく「いかにも」な感じでリアリティありまくりだった
ああいう人いるよなあ

88 :名無シネマ@上映中:2008/06/10(火) 23:39:15 ID:DO1WvFFQ
奥さん=安藤玉恵
松ヶ根乱射事件ではリアルでヤバイ演技してます。

90 :名無シネマ@上映中:2008/06/10(火) 23:43:22 ID:LD0zSMIn
あの人松ヶ根で売春やってた奴か
新井と言いキャスト被ってんな

91 :名無シネマ@上映中:2008/06/10(火) 23:50:04 ID:criVZYXY
キム兄も出てる

167 :名無シネマ@上映中:2008/06/17(火) 12:32:41 ID:+7dd5lgy
宮崎あんな口調で喋らへんよ
加瀬色気出してもうたな

78 :名無シネマ@上映中:2008/06/10(火) 10:27:45 ID:oheyeXVY
多江さんのおふろシーンは見えそうで見えなかった。

92 :名無シネマ@上映中:2008/06/10(火) 23:54:56 ID:8a5EMilF
ところで何でこの映画のタイトル
「ぐるりのこと。」なの?

93 :名無シネマ@上映中:2008/06/11(水) 02:14:40 ID:zp68BE5Y
そうだよ。なんで「ぐるりのこと。」なんだよ。

94 :名無シネマ@上映中:2008/06/11(水) 04:23:54 ID:KZ4AQIo2
>>92,93
元々歌謡曲の曲名から映画名借用するケースが多かったけど、今回は書籍から取ったんだって。
以前「ぐるりのこと」の書評かなんか書いてて、それが縁らしい。
梨木香歩に了解は貰ったって試写会で監督が言ってた。

98 :名無シネマ@上映中:2008/06/11(水) 14:08:43 ID:XN+V4TKB
>>94
サンクス。そうなのか。知らなかった。
俺は単に周辺のこと、って意味でぐるりのこと、ってタイトルなんだろうなあくらいに思ってた。
監督の映画の性格を表してるなあと。

101 :名無シネマ@上映中:2008/06/11(水) 18:40:51 ID:XO5xI8M+
いい映画だとは思うが、近くに思いを共有できる人がいない人は
より絶望するかも、とも思った。
母親の壷の件は、いずれ彼女にも試練が起きる予兆?
2001年9月以降、あの人たちはどうなるんだろう・・・

102 :名無シネマ@上映中:2008/06/11(水) 20:42:57 ID:WWRpgL4Z
嵐のシーンの最後にリリーが多江を笑わすシーンはリリーのアドリブだよね?
手が小さいってやつ

103 :名無シネマ@上映中:2008/06/11(水) 22:46:07 ID:rMdmbafi
アドリブは他にもあると思うなー
リリーが法廷画家の仕事受けて来た日に、口紅ぬってとかのかんじ

104 :名無シネマ@上映中:2008/06/11(水) 22:58:09 ID:/4ojaO3M
>>103
あの長回しはアドリブだらけだと思う。

113 :名無シネマ@上映中:2008/06/12(木) 13:30:01 ID:YlviPEW0
裁判の禿頭三人組のは何の事件でしょうか?

114 :名無シネマ@上映中:2008/06/12(木) 13:58:34 ID:BHikVh61
馬主になりたかったていうと厚生省事務次官を思い浮かべる。
まったく同じになぞってるんじゃないんじゃない?
大間の事件も事件場所は江東区の幼稚園になってるし。

135 :名無シネマ@上映中:2008/06/15(日) 04:03:36 ID:Wgp5NfVe
父さんの寝たきりのスケッチともう一枚の似顔絵。
「あべこべじゃん」という笑いに
義兄嫁と一緒に取り残された。

136 :名無シネマ@上映中:2008/06/15(日) 12:16:36 ID:25nwYyUi
>>135
あのくだりがよくわからなかったんだけど・・・

俺も取り残された?

137 :名無シネマ@上映中:2008/06/15(日) 13:01:36 ID:9vL2Hdrz
単にいろんな人の絵が混じってたから、あべこべっていってたのかと思った。

185 :名無シネマ@上映中:2008/06/21(土) 20:17:47 ID:wBNDmutw
>>135
最初の電話で「お父さんが癌なんだって」ってことから勘違いが始まっている
スケッチは、病床の女性と今のお父さんの顔の2枚
癌で死にそうなのは、失踪したお父さんじゃなくて今一緒に暮らしている女性
お父さんは、いたって元気で女性の看病をしている

つことで、「お父さんが今一緒に住んでいる女性が癌で死にそう」なので、
話が「あべこべ」だってこと

186 :名無シネマ@上映中:2008/06/21(土) 20:41:44 ID:GnjDctaf
>>185
横レスだが、なるほどー。そういうことか。

187 :名無シネマ@上映中:2008/06/21(土) 21:06:45 ID:WLtZYQPf
>>185
だから倍賞グランマが「あの人にもこんなやさしい面があるんだ」みたいな感じでしんみりしてたんだ。
解説ありがとう!

163 :名無シネマ@上映中:2008/06/17(火) 00:33:06 ID:WJq+cUeN
俺は好きだよこの映画。
説教くささとか、啓蒙しようっていう雰囲気はないけど、強く印象に残るし、幸せな気持ちになる。

途中の、本屋でのサイン会のシーンは本当に気持ち悪さを感じるけど、見終わった後はそれと真逆なものを感じる

195 :名無シネマ@上映中:2008/06/22(日) 14:39:38 ID:dAeoHlTU
ひとつ分からなかったんだが
ヒロインが本屋で泣き崩れたのはなんで?
サインしてる人たちの幸せそうな様子を見たのが引き金?

196 :名無シネマ@上映中:2008/06/22(日) 14:46:47 ID:dAeoHlTU
すまん、後もうひとつ。
児童殺害事件の裁判で女性の証人が証言してるとき、
ハイヒールの女性とサンダルの女性の足を交互に写してるのは何の意味が?

199 :名無シネマ@上映中:2008/06/22(日) 22:01:46 ID:/jelojL+
>>195
子供を亡くし中絶もした翔子にとって
自らが売らなければならない本の
「愛」「子供」「本当の幸せ」という言葉は辛いだけ。

>>196
被害者の母親は自らのショックを明瞭に語り、
裁判という席でもアンクレットをしている。
語る、装う「能力」を持っている。

犯人は語る力も装う力も持っていない。
それこそがこの犯罪の動機だった。

201 :名無シネマ@上映中:2008/06/22(日) 22:25:29 ID:dAeoHlTU
>>199
すごいな・・・
これくらい読み取れるような感性が欲しい

丁寧にありがとうございます

205 :名無シネマ@上映中:2008/06/23(月) 00:09:57 ID:V8DpxzJ7
>>199
ああ、そういう読み方もあるかも・・・
自分は画家の目線を感じたなあ。宮崎(加瀬)の手のきれいさ
とか横顔の美しさとか髪の乱れ具合とか・・・原告被告に
関係なく、画家はそういうところに目を向けるから・・・

203 :名無シネマ@上映中:2008/06/22(日) 22:34:28 ID:rqb2GcCD
>>199
えっ、あれってやっぱり中絶したんですか?
だとしたら何故、翔子は中絶したんでしょうか。

204 :名無シネマ@上映中:2008/06/22(日) 23:57:11 ID:0IiSjYoy
>>203
中絶を決めた時点で鬱になっていたかもしれない。とすると
・産む自信が無かった(過去に亡くしてるし)
・自分や自分の人生の全てにおいて自信が持てなかった。
・自信がない状態で産んで「ちゃんと」できそうもないし
 カナオに迷惑をかけたくなかった。
・こんな自分(「ちゃんとできない自分」)が産んではいけない
 と思いつめた。
などの心情が考えられる。

205 :名無シネマ@上映中:2008/06/23(月) 00:09:57 ID:V8DpxzJ7

2ちゃんねる映画ブログ

リリー・フランキーは全く違和感なかったなあ。
ぼそぼそ喋ってもちゃんと聞き取れるし。
変に色気出さないってのは凄いなと思いました。
制作日記によると、随分「エチュード」(即興練習)を
積んだそうですね。観てて気恥ずかしくならずに済んで良かった。
木村多江も好きな女優さんだけど、それを上回る良さがあった。

206 :名無シネマ@上映中:2008/06/23(月) 00:15:36 ID:quFqj3E8
母親(倍賞美津子)が「家は売らない」と言い、
元夫を、娘の夫(リリー)を、そして娘自身を受け入れるシーンで号泣。
“人は自立した瞬間から、他の人を受け入れられるんだ”と感じた。

その直前、夫婦で立ち食いそばを食うシーンから泣いてたんだけど。
カッコつけない日常を分かち合うって、いい。

209 :名無シネマ@上映中:2008/06/23(月) 00:32:31 ID:V8DpxzJ7
この映画の夫婦は「いいな」と思えた。
カナオは祥子のウツを面倒臭く扱うでもなく
腫れ物にさわるように扱うでもなく、なるべく
ニュートラルに接しようとする。祥子の苦しみにも
一方的に同情したりお座なりな慰めを言うのではなく
自分の持つ死生観に裏打ちされた言葉を伝える。

ああいう状況は現実に起こると、非常にデリケートで
何をどう言っても悪意に取られたり全てが悪い方へ
行ってしまう危険性を孕んでいる。お互いが激情の中にも
数パーセントの冷静さを持って、相手の言葉を聞くので
なければ冷戦や離婚や別居とかに簡単に繋がってしまう。

もちろん映画のように気持ちをぶつけ合えて絆が深まる
場合もあって・・・本当に夫婦ってのは本人同士にしか
わからない濃密な関係だなあ、と思うね・・・

2ちゃんねる映画ブログ

216 :名無シネマ@上映中:2008/06/23(月) 17:59:31 ID:qFV4hQCy
日曜日に観て来た。
満員ではなかったものの、なかなかの埋まり具合@小倉

前半は夫婦の(っていうかリリーの)下ネタに、客席のところどころから笑い声。
そして翔子がだんだん鬱になっていく様子や、裁判の描写で嗚咽が漏れるほど号泣。
豪雨の日のあの翔子の錯乱っぷりが迫力あったな、
そのあとのほのぼのした会話や翔子の鼻をかんでやるカナオにに、ああ、いいなあと心が温かくなった。

これ倦怠期の夫婦やなんかで観にいくとすごくいいんだろうなあ
客も40代↑の夫婦っぽい人達がけっこういた

あと、カナオが言ってた「手が小さいほうがいい理由」は意表をついていて吹き出すw

221 :名無シネマ@上映中:2008/06/23(月) 21:51:55 ID:/0nnk6Mk
ハッシュのが面白かった、橋口さんに異性の愛は無理なのかな

222 :名無シネマ@上映中:2008/06/23(月) 22:01:13 ID:48cQWPR9
異性→子供がセットなんでしょう。
子供を失う、また出来ても中絶する。子供を求められない、求めない。
したがってあの夫婦はもうゲイやレズのカップルと同様の存在になった。

どこまでもゲイの監督やなあと俺は思ったけど。

231 :名無シネマ@上映中:2008/06/25(水) 03:37:39 ID:Zd1umE7d
病院の屋上で、リリーさんと榎本さんが話すシーン
フェンス越しに見える、屋上を散歩中らしき車椅子を押してる人が
こちらを見るのがリアルだった
テレビドラマなら絶対こーゆーのない

あと、裁判所の犯人たちが「テレビ俳優の演技」してるように見えた。
幼女殺人の犯人、小学生多殺傷の犯人、裕福な被害者の母親、といった
「テレビの演技見て育ってきました」という振る舞いをする人が多い中
(多分監督が、意図的にそう演じさせたのだろうと思う)
片岡礼子の演じる犯人だけは「舞台役者」のような存在感が見えた…

284 :名無シネマ@上映中:2008/06/30(月) 22:43:42 ID:P22eJqFg
私にとって、愛などをテーマに描かれた映画で こんなに違和感と気持ち悪さに終わったのは初めてです。
ましてや、バッドエンドでもないというのに。

監督が鬱を煩ってたからかそうじゃないのかはわかりませんが、脇を固める人々が
ほとんどストレスを与える人ばかり・・・それが主人公の目線ならばわかるのですが、
映画全体の目線がそんな撮られ方をしていて、いい役者さんが揃っているのに、夫婦
の美しさをたたえる為の悪者ばかりなのです 少なくとも私にはそう映ってしまいました。

それと、子供が亡くなったくだりも、観客に想像させる、というよりも 単に説明不足で、
状況がつかめなかった。中絶の書類を出すあたりのシーンは 結局どういうことだったの?
私の想像力が足りないのかもしれませんが、最低限のエピソードは、わかるようにすべき。

裁判を扱ったシーンも あんなにも重いテーマ(実際の事件を元にしたものだけに)を、
夫婦ドラマにまぜることは どうなのでしょう。あそこにカナオがいる というのが 全然
リアルじゃないです。裁判がメインテーマの映画なら、最大の見せ場にもなると思いますが、
この映画のメインは夫婦のあり方なのでしょう。中途半端に重い物を扱ってほしくない、と思いました。
犯罪者の発言等は、あくまでフィクションなはずです。実際に起こった事件をあんなふうに
デコレイトしていいものか、と反発心が湧きました。

リリーさんも木村さんも いい味だっただけに、それ以外の部分の不自然さが目立ち、
ても感情移入はできなかったです。後半は、カナオの終始気の抜けた感じに苛々もしてしまった。

酷評になってしまいましたが、とても期待してたので 残念だったです

この映画を絶賛する方々に、その辺の不自然さはどうみてたのか、きいてみたい。

285 :名無シネマ@上映中:2008/06/30(月) 23:04:06 ID:UZMnFn+l
宮崎勤の発言内容はデコレイトされてません
宅間守の発言内容もデコレイトされてません
オウム信者が傍聴席であのようなことをしたのも事実
~なはず、などと言う前に事実を調べてから書きましょう

310 :名無シネマ@上映中:2008/07/03(木) 21:26:37 ID:BgeDsfo0
>>285
タクマは本当に「ままはは~」って言ったの?

正直、あれで2~3日マジで寝込んだんだ。
ノンフィクションなら許すが、映画のためにつくったのなら、勘弁して欲しかった。

311 :名無シネマ@上映中:2008/07/03(木) 22:04:31 ID:jOkCwwup
>>310
あれ、最初口の動きで「ぶさいくぅ~」って言ってるように
見えて、相当引いた。

312 :名無シネマ@上映中:2008/07/03(木) 22:31:26 ID:k+fkzGDP
ここに裁判での宅間の暴言集があるけど、
判決時の「ちょっとマジで書けない暴言で強制退廷しました。(筆者記)」
てところが例の「継母」発言なのだろうか。
http://www004.upp.so-net.ne.jp/kuhiwo/takmar2.html

314 :名無シネマ@上映中:2008/07/04(金) 20:31:09 ID:W6suQUiY
>>312
確か被害者遺族に法廷で「何や、~は継母やないか!」って言ったとかを新聞で見た。
被告は原告の個人情報を裁判資料で見れるんだよね確か。
ところで裁判中に原告席か傍聴席に殴りこみかけたのって彼じゃなかったっけ?

315 :名無シネマ@上映中:2008/07/05(土) 20:53:56 ID:iniObqSQ
ひでーな。裁判のシーンは見てて辛かった。
リリーつかカナオが感情を露にしないのは敢えてそうしたんだろうなと

320 :名無シネマ@上映中:2008/07/06(日) 01:18:12 ID:aGIo4dvR
つうか、穴ネタ・竿ネタ・・
どんだけスキモノだよこの監督w

349 :名無シネマ@上映中:2008/07/07(月) 23:05:06 ID:LR7kQrpW
カナオが手が小さいほうがいい、チンポ握った時にチンポがでかく見えるからと言ったのは
リリーのアドリブだろ。
それで木村も笑ってたな。
見ている方としては白けたな。
あの瞬間は夫婦ではなく、リリーと木村に戻っていた。
見ている方としては醒めたな。
あそこはカットしてほしかった。

352 :名無シネマ@上映中:2008/07/08(火) 01:48:57 ID:QnsUxa7z
>>349
俺は、あそこはなし崩し的にセックスに持ち込まないで、カナオの冗談にショウ子が返せたところに
ホッとしたんだけどな。まさに、「夫婦」だと思ったけど。人それぞれ受け取り方が違うんだな。。

363 :名無シネマ@上映中:2008/07/08(火) 23:23:10 ID:18kOhapA
>>349
パンフでリリーのインタビュー読んだら
「脚本のセリフどおりにやってるんですけど、アドリブに見えるみたいで」
って言ってた。まあそれは349の言うシーンとは違うセリフのことだったけど
でも全体的にアドリブは殆ど加えてない、脚本に忠実にやったっていう印象

365 :名無シネマ@上映中:2008/07/09(水) 05:49:23 ID:lZvbMzuG
ショウ子と若い社員に注意した時に口答えする若い社員に腹が立った。
あのシーン見てるとこっちも辛くなる。

366 :名無シネマ@上映中:2008/07/09(水) 05:55:51 ID:+avRycmQ
松ヶ根乱射事件が好きな俺には、ニヤリと出来る場面だった…。

367 :名無シネマ@上映中:2008/07/09(水) 11:14:23 ID:/nz6kti7
>>365
つーか普通上司が間にはいるだろ。ああいう小さいところでああいう展開は
普通はあり得ない。

まあこの別にリアリズム映画じゃないからいいんだけどさ。
木村多江が子供を泣かしてしまった後、その子を拾い上げる母の反応とかありえねーし。

でもそういうとこが面白かったりするんだが。

400 :名無シネマ@上映中:2008/07/11(金) 01:41:12 ID:3VZuRsUJ
セックスを誘うのは多江のほうが積極的だったのに、怒って部屋から飛び出してくるなんて
フランキーはいったい多江にどんなプレーをしようとしたんだろうか?

401 :名無シネマ@上映中:2008/07/11(金) 01:43:01 ID:+s2AMGV4
トイレに駆け込みましたね?

402 :名無シネマ@上映中:2008/07/11(金) 07:02:11 ID:brjyMkW2
「そっちはやめて」って言ってましたよね?

403 :名無シネマ@上映中:2008/07/11(金) 07:39:50 ID:4giO+XWY
尻穴プレイだろ

421 :名無シネマ@上映中:2008/07/12(土) 00:33:35 ID:H4XZgRac
テレビ局員の八嶋が、リリーに怒鳴ってるのは緊迫感があった
ココリコミラクルタイプのコントでも、この二人に絡んでほしかった
リリーはコントもやるべきだった

423 :名無シネマ@上映中:2008/07/12(土) 01:56:19 ID:zR72QpjL
前半、リリー・フランキーの役を10歳以上若く
脳内補正しないといけないのがちょっとなー。
そこまでして起用したかったんだろうか?

424 :名無シネマ@上映中:2008/07/12(土) 03:10:05 ID:yKnpEkrD
カナオは理想の旦那さんだな~と思った。
あの器の大きさに感動した。
ちゃらんぽらんだから動じないだけなのかもしれないけど
感情むき出しでぶつかっていっても受け止めてくれる
優しさがすごい素敵だった。

「なんで私と一緒にいるの?」

の答えは、普通だけどベストアンサーです。女子的には。

458 :名無シネマ@上映中:2008/07/13(日) 10:00:15 ID:P3A4Gs4x
靴屋の修理工の時のリリーは最低だな。
女の客にナンパまがいのことしてるし。

460 :名無シネマ@上映中:2008/07/13(日) 10:48:07 ID:5cNdgl3s
しかし冒頭の「女好き」云々のくだりはあまりその後に生かされてなかったね。
途中からリリーは優しい男以外の何物でもなかった。
中絶のくだりもそうだけど、かなり膨大になってカットしてるシーンが多かったり
するんじゃないだろうか。

472 :名無シネマ@上映中:2008/07/13(日) 16:02:13 ID:yoTMhtxA
たんたんと、物語が進んでいく。生活を書いている。90年代の数々の事件を通して
10年近い時代を描いていくのだが、少しずつしか生活を映画の中で見せていないが、
だいたいこうやって過ごしてるんだろうなーっていうのがすごくよく見えるし、
反対にこんなに簡単に時が過ぎればいいのに…というくらい重さも感じる。
一つのカットが丁寧で、うまく切り取られていた。「逃げる」がキーワード。
人それぞれ、口には出さないが抱えていること、しょっていることがある。
それがよく感じられる映画でとってもおもしろかった!良かったー。
音楽もいい。

505 :名無シネマ@上映中:2008/07/14(月) 23:19:59 ID:jeq6QwKD
三組の夫婦の物語という視点で見ても面白い。

お互いを思いやり、新たな地点に到達する木村多恵・リリー夫婦。
自分の事を第一に考え、依存しあう寺島進・安藤玉恵夫婦。
別れることで真の幸せと思いやりを得る倍賞美津子の夫婦。

単純じゃないね、夫婦って。

507 :名無シネマ@上映中:2008/07/15(火) 08:20:25 ID:lJY83tEU
倍賞美津子の浮気相手ってあの不動産屋の叔父さんかな

2ちゃんねる映画ブログ

508 :名無シネマ@上映中:2008/07/15(火) 17:22:27 ID:RfnAPbRr
パンフレットによるとそうらしいですよ。

539 :名無シネマ@上映中:2008/07/17(木) 06:33:15 ID:gFE5GQ9d
いい映画なんだけどなー
リリーはイラストレーターだけあって絵は上手かった

541 :名無シネマ@上映中:2008/07/17(木) 16:32:51 ID:9FFY6Kci
>>539
でも、裁判での法廷画は描いてないんだよね
かわいいイラストは本人が描いたらしいけど

543 :名無シネマ@上映中:2008/07/17(木) 19:43:06 ID:gFE5GQ9d
>>541
そうなんですか
リリーが書いたと思っていた
映画としても、それもひとつの売りになったんだよ

544 :名無シネマ@上映中:2008/07/17(木) 19:57:57 ID:1iKT91a+
自分で描けないこともないんだけど、
自分が描くことでせっかくの監督の作品を壊してしまうといけないから・・・
みたいなこと言ってた。何かのインタビューで。


関連記事

  1. 2009/09/08(火) 00:48:15|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<ザ・スピリット | ホーム | プリティ・ウーマン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/882-e06b65af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぐるりのこと

1990年代のいろんな事件を織り込みながら困難に直面しながらも一つずつ 夫婦で乗り越えていく10年に渡る軌跡を描いたヒューマンドラマ。出版社に勤め、何事にも几帳面できちんとしなければ気がすまない妻と マイペースで女性にだらしない靴の修理工の夫は先輩からの紹介で法.
  1. 2009/09/09(水) 02:01:22 |
  2. だらだら無気力ブログ

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR