FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

プリティ・ウーマン

http://tv3.2ch.net/cinema/kako/1035/10356/1035688177.html
2ちゃんねる映画ブログ

1 名前: 微微アン 投稿日: 02/10/27 12:09 ID:dipKFzpq
プリティウーマンは何度見てもいい!
異論・反論もおまちしてます。


2 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/01(日) 19:12
この映画のどこがいいの?
わかんねぇよ~!
おせ~て

3 名前: sage 投稿日: 2001/04/01(日) 19:22
>2
入浴シーンかな。

8 名前: ホテルの支配人 投稿日: 2001/04/01(日) 23:32
実はこの映画の裏主役は、ななんとホテルの支配人です
この支配人の憎らしいほどのこジャレタ演出、協力、実に良かったですね
最後のシーン見ましたか!タクシーの運転手にビビアンを送れと言うシーンかっこいいですね
プリティーウーマンこのアメリカ映画を語るにかかせませんね

2ちゃんねる映画ブログ

9 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/01(日) 23:49
>>8
それには、激しく同意だ。支配人マンセー!

2 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/28(火) 14:16
俺、この映画嫌い。つまんないんだもん

4 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/28(火) 14:24
金持ってない男はゴミ!

2 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/05/29(火) 23:22
あんな娼婦がいるなら、家に呼びたい

7 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/05/30(水) 08:17
もっときれいな女優だったらよかったのに・・

9 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/05/30(水) 11:31
おれ好きだけどね。
いいじゃん、シンデレラみたいで。
でも、ジュリアがまだ一回も客取ったことなくって、
はじめての相手がリチャード・ギアってのがご都合主義かなと思ったけど。

13 名前: 俺もかなり好き 投稿日: 2001/05/30(水) 21:24
>>9
>ジュリアがまだ一回も客取ったことなくって

それはちゃうよ
ギアと出会う前にかなり仕事してたはず
常連も居たというセリフ有り。

17 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/02(土) 17:29
>>9
>でも、ジュリアがまだ一回も客取ったことなくって、

13氏も書いているが、シゴトを最初やりだしたときは泣いたとかそーゆー
台詞があったはずだが。

11 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/05/30(水) 18:15
ジュリアのあのデカい口がウッとーしー。
頭が良いんなら自分の身の程を弁えろ。

2ちゃんねる映画ブログ

12 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/05/30(水) 21:13
ジュリア、バストがいいね

16 名前: ボディダブル 投稿日: 2001/06/02(土) 17:15
ベッドシーンのジュリアの身体は別の人のらしい

18 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/02(土) 20:02
プロの娼婦なら金だけ貰って去るべきだと思う。
まあ、それだと映画にならないけどね。

20 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/02(土) 22:08
ロバーツよりも同居してる女の子萌え~。

21 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/02(土) 22:39
糸ようじを使っているところを見られて恥ずかしがるところは
とても良かった(実際あれは見られると恥ずかしい)
でもよく考えてみると主人公の2人、すげーやなヤツらだよね。

4 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/27 15:32 ID:/e6Grazv
お!
俺もプリティー・ウーマンは大好きだ!

しかーーーし、他人にはあまり言えない……w

5 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/27 15:35 ID:a+PuuUYM
売春婦が主人公の映画ですよね?

8 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/27 19:15 ID:vPJnzsbG
>>5
平たく言えばそう。

プリティウーマンはリチャード・ギアじゃなければ誰がよかったんだろう?
ジュリア・ロバーツははずせない。

9 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/27 19:29 ID:4EYbCvXh
細川俊之ではどうでしょうか。

10 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/27 19:38 ID:jJF6/WF6
>>9
いいかも(w

11 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/27 20:08 ID:vPJnzsbG
え~~!日本人は嫌~。
外国のものを日本でやってうまくいったためしがない。。。
アルジャーノン然り。レッド然り。

51 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/09 13:01 ID:73tNU+Hy
アルパチーノが断ったからリチャードギアになったんじゃなかった?

12 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/27 21:18 ID:pWHzcAWR
ごめん。
あたし、この映画、面白いと思わなかった。
なんかさー、ストーリーに説得力がないと思う。

13 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/28 01:54 ID:etwlmiJc
>>12
だって、これはお伽話なんだから・・・
でも、基になったであろうオードリー・ヘプバーンの「マイ・フェア・レディ」
と比べると、
設定といい演出といい、良くも悪くも現代的な感じがする作品ですね。

16 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/28 12:43 ID:SbEKaxrV
「マイ・フェア・レディ」には「マイ・フェア・レディ」の良さがあり。
「プリティウーマン」はまた別物だと思う。
プリティウーマンを観た女ドモは夢を抱くが、
マイ・フェア・レディでは夢は抱かない。

14 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/28 04:04 ID:koD9Rr47
プリティウーマン大好きで何度も見ますた。リチャード・ギアもジュリア・ロバーつも好き!

15 名前: 元リチャード 投稿日: 02/10/28 06:26 ID:gswtCfwr
映画見てロータスエスプリ買ったんだけど、車と顔のバランスがとれなかったのでブッ壊しました。

2ちゃんねる映画ブログ

55 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/11 21:20 ID:/UlWSUO0
>>15
エスプリのオーナーは、エドワードの相棒だか手下の、
弁護士だかコンサルタントだか(名前とか役柄忘れた)だろ。
エスプリのオーナーになるのに容姿など関係ないってことよ。
壊すくらいなら私めにめぐんで欲しかったゾヨ。

43 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/07 13:47 ID:kKUeRhmu
ロータス・エスプリがカッコイイ。
ほんと、信じられないくらい。
世界で一番カッコイイ車ですTT

17 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/28 13:08 ID:GjvOC2BE
どんどんキレイになるビビアンが好きです!

でも、ホテルの支配人はもっと好きです!

18 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/28 13:26 ID:cgEItJMo
ノッティングヒルの恋人とか見た後に改めて見ると、
やっぱり面白いなと思う。

19 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/28 14:08 ID:fz5igOMn
「ローマの休日」のオードリー・ヘプバーン。
「風と共に去りぬ」のヴィヴィアン・リー。
「プリティウーマン」のジュリアロバーツ。

どれもハマリすぎてていてこわいくらい。
何度みてもあきないとこも共通。

20 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/28 14:12 ID:YL2kLa7T
でもリアルに考えると・・・
ハリウッドAveのStガールって絶対病気持ちだと思うんだが・・・
アレ程のExecutiveがあそこまで入れ込むのはヤパーリ不思議。
世の女性軍にウケたのは、社会的地位が彼女よりマシという優越感故か?

21 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/28 14:25 ID:fz5igOMn
>>20
私は女性だけど…。
そこまで深く考えずに見てる人が大多数だと思われ。。。
というか、冷徹に仕事の鬼だったエクゼクティブが、下層だと思われていた
娼婦によって優しさなどを取り戻す、というかんじかなぁ。
人それぞれの見方があるだろうけど、私はこんなかんじでみてました。

>社会的地位が彼女よりマシという優越感故か?
申し訳ないけど この部分がどうしてもよくわからない・・・
映画に対してこういう見方する人っているの・・・?

22 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/28 15:18 ID:YL2kLa7T
まあ考え過ぎと言われればそれまでだが(藁
>娼婦によって優しさなどを取り戻す
これは確かにある。自分もおミズ達に教わったことは多い。

ただアレは、俗にシンデレラストーリーと言われてるし、
誰もがヴィヴィアンのようになりたいと思ってるなら、
娼婦は最下等の職業サンプルとしてピターリだと思われ。
それに主人公に自分を当て嵌めるのは極普通だと思うけど。

23 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/28 15:36 ID:DR4j0ZKa
「プリティ・ガイ」ってこの主人公を男にすると単なるヒモの話になるな(w
絶対女性じゃなきゃ成立しない話。やっぱ(美人の)女は得だという話にしかとれない。

24 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/28 15:57 ID:YL2kLa7T
つーか、エグゼクティブの生活を庶民に知らしめたことがウケたんだと思う。
特にブランドヲタの日本女にはヨダレ物なんだろう。
でもよく考えてみれば、ホテル内をウロ付いて迷惑なだけだった娼婦が、
エグゼクティブの同伴と判ってブランド物を着ただけで認めてしまうのは、
ビバリーなんたらホテルのMGRとしては問題じゃないの?

25 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/29 09:38 ID:OcgaOYdF
>>24
「見かけに惑わされるな」というほどに「見かけ」は重要だよ。
ブランド着てても身のこなしで本当のレディかどうかは
わかると思うけど、まぁ映画だし…
だからヴィヴィアンもマナーを支配人に教えてもらったってことかしら?


よく見てると娼婦のときの歩き方は見るからにダラシナイかんじだけど
だんだん背筋も伸びて堂々としてくるでしょう?
ブランドパワーだったとしても、自分に自信があると自然と
そうなってくるのではないかと思ったよ。

ブランドを着てるだけで認めたというより、支配人も
ヴィヴィアンの素直さや憎めなさに負けて、かつ素質を見抜いた、
という見方はできないかな?

まぁネタ的に娼婦から上流階級へってのは反則技的シンデレラストーリーだけど、
中途半端にウェイトレスとかいう設定よりは面白かったよね。

26 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/29 12:33 ID:6lwhBoBh
みんな娼婦をかなり蔑んでる見方しかできないみたいだけど、
娼婦の何が悪いんだ?
彼女達は彼女達で専門職だろ。

27 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/29 13:46 ID:5pdjKVq5
>>26
この映画ではその専門職が「愛してるの」とプロにあるまじき発言をするから
思うのは勝手だがあんなキレかたしちゃいかん

28 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/29 13:57 ID:vOBi6Tuz
ヴィヴィアン自体が、最初は蔑んでいなかった売春に、
徐々に見切りを付けて、売春どころか愛人ですや拒絶するようになり、
ルームメイトまでその影響を与えるんだから、
「売春=体を売る職業・地位=決して誉められる職業・地位でない」という
コンセンサスがなければ、この映画が成り立たないよ。

29 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/29 13:57 ID:Uk1oBLZ+
この映画見る前から「きっとどーでもーいー映画だろ」と思ってたら
意外にもモノスゴイむかついた。
最後に「金持ちよりやっぱり娼婦の方が自由でいーわ」と
別れてたらちょっとは面白かったのに。

31 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/29 15:38 ID:xTbUuc49
ジュリア・ロバーツが高級ブランドの服着ているより、
娼婦の格好してたほうが面白くてかわいかったな。
黒いブーツもピンで留めたりして長い足に似合ってた。
でもあの茶色に水玉のワンピースとか皇室御用達みたいな帽子とか、
金かけてもちっともセンスよくないと思うのはわたしだけでしょうか?
なので、決してブランドヲタな女がヨダレたらしてヒットした作品ではないと思うよ。

32 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/29 17:05 ID:WFeY736a
まあ昔の作品だからファッションも古く見えるのかも。
しかし・・ヒロインに美人でちょっと素直、以外の個性がないのが
つまらなかった。男も金持ちなだけだし(悪事を改心する並の心はあったが)。
お互い同じ条件の違う相手でもよかったんだろーな、と。
結局、男は金と地位・女は見た目と素直(おバカ)さ、がある相手と恋愛
したら万々歳!
と言われているようだ。バブル時代の理想の恋愛、て感じもする。

81 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 21:34 ID:7/0FDLkm
嫌いなら書き込むな!と言われるかもしれんが
ロックバンドのヴァンヘイレンがプリティウーマンをカヴァーしてたので
映画も興味を持ってしまい見てしまった
なんだこれ?お金持ちと娼婦が真実の愛にたどりつく?勝手にやっとれ!って感じ
男のおれから見てもヒロインの扱いがひどいと思った
ソープ嬢→金づるハケーン→享楽消費マンセー→愛人昇格ハピーエンド
こんなん見て楽しめるかぁ? シンデレラストーリって乞食根性のことなのか?
おれは男だからシンデレラボーイストーリを人生に望んでいる 内容は内緒だけどさ
これがいい話だと思ってる女ってだいじょうぶ?

33 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/30 12:38 ID:hOXzMLHT
誰か純粋に感動したやつはいねえのかよ。

34 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/30 12:58 ID:m6LgV7kc
面白かったのはジュリア・ロバーツがデンタルフロスで歯の掃除をしているのを
見られるのを嫌がるシーン。あれ、本当に恥ずかしいんだわ。
まあ、よく考えてみれば主人公が嫌味だし見て楽しい気分になる映画ではないよね。
(急に改心してそれまで自分がしてきた事が無かったみたいに仕事のパートナーを
ぶん殴るところなんて、酷いなと思ったよ)

37 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/31 16:48 ID:DBpGk2YX
ウェイトレスだったらもう少しリアルな映画になったとは思う。

38 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/01 01:10 ID:toS6wm1J
この映画で一番印象に残ってるのって二人が部屋でエッチした後に
ジュリアロバーツが不遇の過去を語るシーンで流れてたBGMのピアノ曲。
あのシーンのあの曲が光ってたことで印象に残ってる部分強いくらい
なのですが未だ曲名分からず。何か知ってる人いたら教えてくださいマジで。

ジェームズ・ニュートン・ハワードで検索しても辿りつけずに終わってしまい
ました。

40 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/02 00:01 ID:pyy7Cm4c
取ったはずのネクタイが!!

41 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/06 12:23 ID:EqIROkPC
>>40
そのシーン、ビデオではあるのにDVDではないらしいよ。

44 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/07 22:52 ID:BfXXfip+
この映画大好き。
我ながらアホくさいと思いながらも最後にリチャードギアが
車で花束もって迎えにきて、ぷりてぃうーまんうぉーきん
だうんざすとりーとの曲がかかるところでなんだか涙でてくる。

2ちゃんねる映画ブログ

45 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/07 23:00 ID:JA2a3/Qi
44タン、かわイイ!

これって、たいして映画観ないブスでアホなヤシが
大好きっ♥な映画に上げるイメ~ジあったけど、
44タン読んだら、そんな風に考えてた自分がahoだと気づいた。

48 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/08 11:41 ID:vAZdM0R2
>>44
禿同!
最後「ヴィヴィアーン」っていくとこね。
塔の上のお姫様(ラプンツェル?)を迎えにいく白馬ならぬリムジンに乗った
騎士っていうオチがいいね。高所恐怖症なのにさ。

あと一緒に見るオペラが「椿姫」ってとこがベタといえばベタだけど
演出としてはいいと思ったよ。あれは娼婦と貴族の悲恋物語だもんね。

単純だからこそ何度見ても飽きないのかなて思う。
でも、ストーリーは単純だけど小道具はきいてるよね。
「現代版マイフェアレディ」だけあって、競馬場のシーンががポロの
シーンになってたり、おぼっちゃんに好意を寄せられるっていうのは
同じだけど、現代風にアレンジされてて面白かったよ。

49 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/08 12:29 ID:EthsNjoH
私も何十回も観てるのに最後のシーンでホロっとしてしまう。
よかった。私だけじゃなくて。

プリティ・ブライドは観たけど、ちょっと期待外れだったな。
プリティプリンセスはまだ観てない。

50 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/09 12:47 ID:6lVH9YLz
昨日、プリティウーマンのサントラとDVDを買いました!
ビデオは買って持ってたんだけど、DVDはやっぱりいい!!
すっかり満喫しました。
吹き替えと字幕の差が面白い。

52 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/10 21:34 ID:9ALeVbtG
今まで映画は絶対に字幕って思ってたけど、
プリティウーマンは吹き替えのほうがいい!
字幕は直訳って感じで、言ってるセリフの意味が伝わってないし、
そこをちゃんと訳さないとってところが抜けてる。

58 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/12 00:05 ID:Olcm3Mqs
ジュリアなら買う?>男性
ギアなら売る?>女性

59 名前: otoko 投稿日: 02/11/12 12:07 ID:rJwXLkbj
>>58
映画には感動したが、それは微妙。
あまり日本人好みでない気もするがどんなもんだろ
>Msジュリア

61 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/12 22:37 ID:nB8N3Jr1
"Do you remember me?"
"You work on commition, right? Big mistake. huge."

わざわざコレを言いくとは... いい性格じゃ。

62 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/13 12:25 ID:3+OsZoxz
>>61
私の周りではあのシーン大人気です。
私もあのシーン大好き!

63 名前: Nyman 投稿日: 02/11/13 14:01 ID:U/uNXNlq
ギアのしている仕事,これ米国ではエリートなの?私には総会屋や、企業乗っ取りの
ヤー様の仕事,はたまた地上げ屋の企業版にしか見えないんだけど。

65 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/13 14:18 ID:s6FAB/Zw
>>63
ギアのしている仕事は、80年代後半から90年代にアメリカで流行ったM&A。
映画で表現されていたように「良い仕事」とは思われていなかったかもしれないが、
弱肉強食意識の強いアメリカでは、「強者の職業」として、かなり認知されてたはず。
エリートとかどうかは別で、エリートもいれば叩き上げもいる。
本当のエリートなら、もう少しスマートなやり方をするというイメージってところかな。
日本の企業買収よりも、もう少しドライに捉えられていた。
例えとして良いか分からないが、日本の証券会社に対する「株屋」的イメージに近いと思う。
証券業をエリートと思うか思わないかは微妙でしょ。

68 名前: Nyman 投稿日: 02/11/14 01:26 ID:gKkAgdF2
>>65
エリートという表現がいけませんでしたね。それなりのホテルにおけるVIP待遇処遇に値する
人物かというほうがいいですね。米国は存じませんが,あちらは所得はおろか,職業にも
貴賎が明確にあるとか。でないとマフィアもVIPになっちゃう。ホテルはこの辺で差別はしてるんでしょ?
また映画で見ていると、ギアの遠まわしの駆け引きは手法を変えたゆすりか恐喝に見えます。
紳士面してますが。でも米人にしては遠まわしかな。日本的な刷毛で顔をなでたような風にも.

69 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/14 12:35 ID:40PsskHm
あの程度なら何の問題もないと思うけどな。
日本でもアメリカでも
商売なんて捕まりさえしなきゃなんでも有りみたいなとこあるから。
どうやったらあれがゆすりや恐喝に見えるのかわからん。

53 :名無シネマ@上映中:03/07/16 20:51 ID:23X6rp8Z
私はギアのカードでプリテイ・ウーマンに変身するビビアンよりも、たくましく
娼婦として生きてるビビアンの方がすき。ジュリアも生き生きと演じてたし。
ガムをぺっと吐き出すとこなんて最高。

56 :名無シネマ@上映中:03/07/17 11:39 ID:YWyM3t8j
花束でお迎えの後、一緒に住んだかもしれないけど
ヴィヴィアンは学校へ行って勉強するだろう。
彼もいろいろな勉強をさせると思う。
すぐには結婚をしないだろうね。
成長した彼女は、仕事や別の恋に生きるかもしれないし
偏見の多い階級社会でドロップアウトして娼婦に戻るかもしれない。

結構、彼はすぐにリタイアして二人で南のビーチリゾートで
いつまでもいちゃいちゃして終わるのかもね。

57 :名無シネマ@上映中:03/07/17 11:46 ID:Iu/Lu0jH
それ、現実的で、ホッとするな。

111 :名無シネマ@上映中:03/11/29 14:03 ID:w3I0Gl8d
最初プリティウーマンのラストはバッドエンドだった。
しかしギアが治させて今のラストになったらしい。
まあ、ファンタジーに仕上げたわけだ。

112 :名無シネマ@上映中:03/12/02 14:02 ID:/37M8Wgj
>しかしギアが治させて今のラストになったらしい
監督かよギア(w

この映画好きだし、見た後で優しい気持ちになれるけど・・・
感動して観てる所を誰かに見られたらちょっと恥かしい鴨。


関連記事

  1. 2009/09/07(月) 01:51:21|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ぐるりのこと。 | ホーム | ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!>>

コメント

1 ■影響力 ほか

この音楽が いいですよね。
どういう見方 作用が起きるか 見る年齢にもよる
  1. URL |
  2. 2010/07/20(火) 12:27:24 |
  3. 村石太マン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/875-6b72ef33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR