FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アイ,ロボット

http://tv6.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1089578082/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:04/07/12 05:34 ID:rAMUr8SI

米国:2004年7月16日 日本:2004年9月18日 公開予定

監督: アレックス・プロヤス(『クロウ/飛翔伝説』、『ダークシティ』)
製作総指揮: ウィック・ゴッドフレイ、ジェームズ・ラシター、トニー・ロマーノ、ミシェル・シェーン、ウィル・スミス
原作: アイザック・アシモフの『われはロボット』にインスパイア
脚本: アキヴァ・ゴールズマン、ジェフ・ヴィンター
音楽: トレヴァー・ジョーンズ
出演: ウィル・スミス、ブリジット・モイナハン、ブルース・グリーンウッド、チー・マクブライド、アラン・テュディック

公式サイト(日):http://www.foxjapan.com/movies/irobot/
IMDB(米):http://www.imdb.com/title/tt0343818/


638 :名無シネマ@上映中:04/09/09 22:18 ID:RFUkG703
試写会で仕方なく見てきた。
始めてだな糞映画覚悟で見たの。

そしたらハマッた!(・∀・)
お決まりのロボットの反乱物なのでダレがちだが、
そこはアクションとスピード感で十分過ぎるほどおつりが来る。
残念なのはラストでWスミスが死んでくれれば神映画に成れたかもしれないこと。
ロボットの表情は最初は「なんだかな~」って感じだったけど、見てるうちに違和感がなくなった。
まぁ予想外の収穫っていう映画だな。

639 :名無シネマ@上映中:04/09/09 22:40 ID:OctFL+rp
タダ券当たったから試写会見てきた。
>>638じゃないが、意外に良かったとは思う。
なんで革命になるのかとか、最後の一コマとかピンとこないトコもあったけど。
それでも、そんな事どうでも良くなるぐらいのアクション。
スミスのニクい台詞で燃えさせられたり。

ま、これはSFを期待せずアクション映画と見ればいいんでないかな。

697 :名無シネマ@上映中:04/09/11 23:27:32 ID:yImUy57x
先行で見てきたけどまぁまぁかな。
皆が言っているようにアシモフではまったくないね。(原作ってクレジットはずせよ…)
ロボット嫌いだった主人公が最後、サニーを友人扱いする場面は王道的だけど
いいと思った。
個人的には旧型ロボットが人間を守るために戦ってくれる場面がもっと見たかった。

700 :名無シネマ@上映中:04/09/11 23:31:07 ID:C8u8nOGp
>>697
そそ、NS4型はひどい扱いされてるのにけなげだよねえ

702 :名無シネマ@上映中:04/09/11 23:47:03 ID:2w6mLbBf
NS4のつぶらな瞳に萌え

2ちゃんねる映画ブログ

698 :名無シネマ@上映中:04/09/11 23:28:03 ID:C8u8nOGp
観てきた、まず第一にアクションものとして出来がいいよ、この映画。
ウィル・スミスや容疑者のロボットのキャラクター描写がしっかりやってあるから、どきどきしたりほろりとしたり、感情移入しまくりだったし。
SFものとしては謎解きがありがちだけど、非SFオタの一般人をおいてきぼりにしたりしないから誰にでも楽しめます。
SFオタだって、コンピュータ制御された召使が生活の場に入ってくる時代を映像で見せてくれるんで、結構楽しめると思う。

705 :名無シネマ@上映中:04/09/12 00:18:01 ID:jiFVTL2m
猫がかわいかったなぁ(´-`).。oO

108 :名無シネマ@上映中:04/09/18 22:08:54 ID:kUr5n2Q4
ロボットを憎悪してはいるが、本当はやさしい奴なんだ、と
観客を安心させるためだけにあそこに置いたような感じだな>猫
なんつーか、ツッパリ野郎が動物に優しくするのを見て胸をときめかす
女の子が出てくる大昔の漫画みたいだ。

110 :名無シネマ@上映中:04/09/18 22:17:14 ID:lWZjNNUx
>>108
確かにあの猫はやや記号的だったかも
本筋と関係無かったし

707 :名無シネマ@上映中:04/09/12 00:18:42 ID:oSxFFBaE
見てきた
攻殻好きだと結構燃えると思う
コンテとかもツボ押さえてて(・∀・)イイ!!
高速道路のシーンとかなんかグラディウスを彷彿とさせるし
ラストはまんまイノセンス(いい意味で)
ただストーリーのオチにもう一ひねりほしいのと
ロボットにフェティシズムを感じさせない描写がいまいち
要は実写版攻殻がみたければみとけって感じ

704 :名無シネマ@上映中:04/09/12 00:02:03 ID:OtBhj1Dw
よく言われる「攻殻」よりも「アップルシード」にクリソツだと思った。
クライマックスのNS5=多脚砲台に置き換えるとまんまだし。

745 :名無シネマ@上映中:04/09/12 09:21:43 ID:OtBhj1Dw
あの屋敷ぶちこわす土方ロボがいい動きしてたな・・・

742 :sage:04/09/12 08:53:15 ID:pK82RNr1
最初の昔の音楽とかコンバースのところとかの演出が好きかも
サニー可愛かった
もっかい見たい感じ

760 :名無シネマ@上映中:04/09/12 12:10:00 ID:o5hQ7Hul
サニーたん、最初はきれい過ぎる目がコワーと思ってたけれど
ナノマシン持ってサニーたん走る→敵ロボ遭遇で乱闘→あっナノマシンが空中に!!ヤバい
→敵ロボをぶちのめしたサニーたん、ナノマシンを空中でパシッとキャッチ
のシーンが、非常に自分のツボでした。
んもー計算してやってるなコイツぅ( ´∀`)σ)д`)プニッてな感じ。

774 :名無シネマ@上映中:04/09/12 12:49:19 ID:lRz0Nz/8
結局、夢だと思っていたのはただの再生プログラムだったって事だよね。
だとしたら夢の無い話だ。

775 :名無シネマ@上映中:04/09/12 13:21:38 ID:bIavrbG1
いまいち、はっきりと分からなかったんだけど、
結局、プログラムの暴走とか、何かの危害が加えられた事によって
ああなったってわけじゃなくて、
ヴィキが、三原則を固持しようと突き詰めていった結果、ああいう考えになった
って事でいいのかな?

で、博士は最初からそれを予測していて、
サニーを作ったって事?

教えてロボイ人!

776 :名無シネマ@上映中:04/09/12 13:34:09 ID:HmU1nuNI
>>775を勝手に引用して質問なんですが…
>ヴィキが、三原則を固持しようと突き詰めていった結果、ああいう考えになった

これいまいち理解できない。

1.ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。
2.ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。
3.ロボットは前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。

これ突き詰めていってなんで、人間危険→ロボットが人間を管理しなければならない→人間攻撃してもいい
になるの?

780 :名無シネマ@上映中:04/09/12 13:49:34 ID:yRsKzFOV
ヴィキ自身言ってたじゃん。
「人間の犠牲もやむを得ない」って。
人間同士の殺し合いをヴィキはロボットの力で制圧しようと思ってたんでしょ。

て言うことはこの時期にこういう映画作ったのには何がありそうですな。ふむ。

781 :776:04/09/12 13:54:10 ID:HmU1nuNI
>>780
>人間の犠牲もやむを得ない
ここが、第一条に反するんじゃないかなぁと納得できなくて…

782 :名無シネマ@上映中:04/09/12 14:04:21 ID:fBU+mmNx
>>781
>人間の犠牲もやむを得ない
それは最低限の犠牲はやむを得ないって事なんじゃないかな。
犠牲は出るけど人間を守るためにはしかたない、みたいな。

784 :名無シネマ@上映中:04/09/12 14:14:24 ID:bIavrbG1
>>782
街に出てた市民に対しても「お前は危険だ」って判断してたみたいだから、

人間に危害を加えそうな人間→やってよし
家に居る大人しい市民→まて
みたいな感じで、ヴィキが命令出したんかな?

でもさ、三原則って”ロボット”が人間に危害を加えないってだけで
人間が人間に対して危害を加えるのは、関係ないような気がするんだけどね。
なんで、ヴィキはそんな原則外の事まで考えるようになっちゃったんだろうなあ?

797 :名無シネマ@上映中:04/09/12 15:41:26 ID:yBovU8Dv
>>784
アシモフのシリーズでは三原則に先んじる「第零原則」ってのが出てくる。
これは
『ロボットは「人類」に危害を加えてはならない
 また、その危険を看過する事によって「人類」に危害を及ぼしてはならない』
となっている。
「第1条と同じじゃん?」って気もするけど、要するに「人類を救う」ためなら
「個人を犠牲にする」ことも可能だって言う、ある意味恐ろしい原則なんだよな。

今回のヴィキの暴走は、この第零原則に基づいたんじゃないかと思われる。
・人類を放置>公害や資源枯渇で滅びる危険>看過できないので第零原則発動>個別の人間殺害
って流れですね。

798 :797:04/09/12 15:42:31 ID:yBovU8Dv
じゃあ、なんで「第零原則」なんてものをヴィキが勝手に作ったのか?
て事になるけど、これは「優先順位のジレンマ」が関わってくる。

ロボットにとって全ての人間は「等価」なので、重犯罪者と大統領が同時に
命の危険に晒されていて、かつ、同時に助ける事が出来ない場合は、
より助けやすい方を助けることになる。

だけど、こんな助け方は一般市民には受け入れられない。
このケースだと大統領を助けるのが無難だし、一般の事故でも女子供を優先させるのが
当たり前だ。
ロボットは「自分を犠牲にしても人間を守れ」という命令が与えられているのに、
一方では「価値の低い人間は見殺しにする事もやむを得ない」というプレッシャーを
与えられ続けてる。これが優先順位のジレンマだ。

799 :797:04/09/12 15:43:16 ID:yBovU8Dv
このジレンマを解決するには「より助ける価値のある人間」って何だ? という問題を
解かなきゃいけない。
ヴィキは「ロボットが守るべきは個別の人間じゃなく、人類と言う種だ」という答えに
辿り着き、これを実行するために第零原則が誕生したんだな。

スプーナーがロボットに助けられるエピソードは、まさに第零原則誕生のきっかけ、
物語のテーマそのものなんだ。
スプーナーは「なぜ少女を助けなかった」と主張し続ける事で、知らず知らずのうちに
ヴィキの暴走を後押ししていた事になる。
この映画には「個人の生命」と「集団の利益」はどちらが優先されるべきか
という、実に興味深いテーマが隠されている。
隠されたテーマが隠れたままで終わっちゃったのは、ハリウッド的興行方針の犠牲に
なったのか、監督の力量不足なのかは知らないが。

800 :名無シネマ@上映中:04/09/12 15:44:17 ID:zL+YF6hX
ついでに、原作で人類の歴史の陰で暗躍するロボットは、自身がロボットである事を隠し、
人間のプライドを傷つけないようにしつつ、人間社会が壊滅的な崩壊へ向かわないように
才能ある人間に働きかけるという形で歴史に干渉してる。

806 :776:04/09/12 15:59:22 ID:HmU1nuNI
皆さん、マジ参考になりました。
ヴィキの行動もこれで理解できました。ありがとうございます。

810 :名無シネマ@上映中:04/09/12 16:27:05 ID:myRYoUWD
で、アイザックアシモフ本人はこの映画何ていってるんだ

812 :名無シネマ@上映中:04/09/12 16:35:40 ID:OtBhj1Dw
>810
死んでます。

933 :名無シネマ@上映中:04/09/14 23:55:35 ID:iGJvwhVo
この複雑怪奇な世界をたった3条の原則でまとめるからおかしくなるんだよ。
日本国憲法を全部詰め込めば問題なし。
CPUの処理がだいぶ遅くなるけどな。

934 :名無シネマ@上映中:04/09/15 00:05:12 ID:jNQAdekz
遅くなりはしないだろうけど、すぐにジレンマにはまってしまいそうだ。

833 :名無シネマ@上映中:04/09/12 20:06:11 ID:IWUV6co/
なんのために
博士は死んだんだ????????????

2ちゃんねる映画ブログ

無駄死に???

おまら誰もわかんねえよな

835 :名無シネマ@上映中:04/09/12 20:11:07 ID:+gy2r/8B
>>833
パン屑の代わりにウィルスミスの見えるところに自分を落としたんだよ。

836 :名無シネマ@上映中:04/09/12 20:25:27 ID:3d+H8OP9
>>833
かなりのネタバレになってしまうけど

新型ロボットが三原則にしばられない事を誰かに伝えるには
ロボットに人間を殺させるしかない。でも監視されてる上に
倫理的にも、他の人間をどうこうできない状況だったので、
上のレスにもあるように、自分自身がその犠牲になる事を選び、
サニーに窓からぶんなげてもらったんじゃないの?

838 :名無シネマ@上映中:04/09/12 20:56:40 ID:8ca7KkYB
私見だが

博士は監視下だろうがサニーを造れた訳だし、ホログラフも用意できた。
そんなヌルイ監視なんだったら、サニーに爆弾持たせて特攻させて、
「いや~、事故ですなあ^^;」
とかやってしまえば円満解決する話だったと思う・・・

847 :名無シネマ@上映中:04/09/12 22:23:05 ID:B1WXaP8B
>>838
博士はヴィキに対して明らかな敵対行動をとっていたわけではないので
博士本来の業務であるNS5型の性能向上型を造ってもヴィキには制止しなきゃならない理由はないと思う。
研究室の監視カメラは記録が壊れていたよね、壊したのは博士でホログラフの用意はそのときにやったんでわ?

ヴィキを破壊しても、博士が狂人として病院に送られ、第2のヴィキが造られるんじゃないかな
そして第2のヴィキも同じ結論に達する・・・博士はそう考えたのかも

なにも警告するために自殺までせんでもいいんじゃないかと思っちゃうけど
自分の人生をかけて世のため人のために創り上げたロボットが人類支配なんか企んでるんだもの、死にたいという気持ちも強かったんだろうなあ。

848 :名無シネマ@上映中:04/09/12 22:41:06 ID:5BJlzbJ4
天才っつーのは得てしてどっか狂った部分を持つ人間だからな

841 :名無シネマ@上映中:04/09/12 21:29:01 ID:yJ60nPc2
ロボットが料理するシーンで
野菜の千切りが早いこと・・・
負けた・・・orz

844 :名無シネマ@上映中:04/09/12 22:02:29 ID:wPs0I1iO
>>841
あれはワロタw
じろ~っとこっち見ながらタタタタタンッ

872 :名無シネマ@上映中:04/09/13 10:48:33 ID:C1hcJD2b
おばあさん一人の食事に
あんなにたくさん野菜切って、どんな料理に使うんですか?

ああ、残ったのをジップロックに入れて冷凍しておくんですか。
な~るほど。

852 :名無シネマ@上映中:04/09/12 23:07:32 ID:9FjV9rSR
音声操作が普通の時代に出てくるCDラジカセがリモコン操作の年代物。
で、かけてる曲が輪をかけて古い!
なんか聞いた事ある曲だな~、と思ったら、superstitiousか!
ヒネリが聞いてるなーと思った。(漏れはロックファンでもあるので)

853 :名無シネマ@上映中:04/09/12 23:13:23 ID:lRz0Nz/8
正直音声操作よりリモコンの方が便利だよな。
いちいちスイッチオンなんて大声で言ってられん。

860 :名無シネマ@上映中:04/09/13 00:38:50 ID:pqM9U4Mm
ウィル・スミスが実は格好いい俳優だったのが分かる映画ですな。

2ちゃんねる映画ブログ

193 :名無シネマ@上映中:04/09/19 09:06:01 ID:RBKdF9Im
あそこまで超人的な身体になれるなら、わざと義手・義足にする奴が続出しそうだな
パラリンピックの記録の方がオリンピックのよりはるかに良くなったりしてw

892 :名無シネマ@上映中:04/09/13 15:31:33 ID:JPFzqjHB
殺人可モードになると胸に赤ランプがつくという、あまりといえばあまりに分かりやすい
目印は、ヴィキ先生、なんの為に付けたのでしょうか?

893 :名無シネマ@上映中:04/09/13 16:16:26 ID:x66hGeAL
>>892
それ見てナウシカの王蟲かよ!と突っ込んだのは
自分だけですか、そうですか。

904 :名無シネマ@上映中:04/09/13 23:12:30 ID:viedJl8O
高速道路で襲われるシーンが良かった。
トラックをあんな風に動かしたのはこの作品が初めてだろう。

975 :名無シネマ@上映中:04/09/16 21:16:32 ID:lR636DRl
さっき見てきた
そこそこ面白かったけど
何で最近のハリウッド映画の未来世界って似たようなのばっかなのかね
これじゃアシモフもディックも変わらんやん
あとカメラ廻すのいりません



http://tv6.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1095326560/
2ちゃんねる映画ブログ

138 :名無シネマ@上映中:04/09/19 00:04:58 ID:wZIKT0ET
見てきて面白かったんだけど一点だけ良くわからなかった。

何故あのロボット会社の社長はVIKIに殺されたんだ?

140 :名無シネマ@上映中:04/09/19 00:08:37 ID:BpZbWM9A
>>138
用済みやからかな。後は、すべて、自分で統治できると判断したのでは?

141 :名無シネマ@上映中:04/09/19 00:11:19 ID:wZIKT0ET
>140
それだと他のロボットが無闇に人を殺そうとはせずに
強制的に押さえて管理の方向に持って行こうとしたのと
どうにも矛盾があって・・・

この辺は確たる理由は無く演出的なモノかねぇ。

145 :名無シネマ@上映中:04/09/19 00:23:00 ID:TWgFfFR3
>>140
VIKIの行動を(会社の利益を優先させるために)阻んでくる可能性があったからだろう。
人類全体にとって、結果的に有害と判断された結果ではなかろうか。

146 :名無シネマ@上映中:04/09/19 00:26:11 ID:vfLhU5tF
未来都市の映像だけでも価値はある。
ロボとの共存の風景。すごいよくできてる

148 :名無シネマ@上映中:04/09/19 00:28:02 ID:BpZbWM9A
>>146
それだけに、警察機構内にロボットがいないのが気になる。

151 :名無シネマ@上映中:04/09/19 00:34:43 ID:h8SOTcBi
>>148
「人間に危害を加えられない」って制約が
捜査の妨げになるからじゃないの?

152 :名無シネマ@上映中:04/09/19 00:41:02 ID:wZIKT0ET
>151
なるほど!
確かにやむをえず犯人射殺しなきゃならん時にロボットが邪魔する事になるな。

175 :名無シネマ@上映中:04/09/19 02:30:04 ID:EtN3S9fY
ブリジット・モイナハンって科学者とかめちゃ似合うな。

2ちゃんねる映画ブログ

176 :名無シネマ@上映中:04/09/19 02:35:15 ID:hPItoBZ6
>>175
あの今にも泣き出しそうな顔はよかった

210 :名無シネマ@上映中:04/09/19 12:24:28 ID:QSud/DMb
SF的にどうこうではなく、脚本がいい映画だと思いました。
コーヒーに砂糖を何杯もいれる刑事を「うへぇ~」という顔で見てる会長とか、
ケガした刑事を見て博士が言う言葉が、普通なら“どうしたのそのケガ?”なのに
「平穏な日ってあるの?」だったり、
その後の「猫好きか?」「いえ、アレルギーだから。…猫にやられたの?」とか。
(そのずーっと後の“嘘アレルギー”への伏線にもなってるし。)
その猫が、後でおばあちゃん家の猫になってる(しかも可愛がられてる)ところとか、
その場面でおばあちゃんが「またいじめっ子に叩かれたの?」っていう所とか、
キャラを掘り下げる小ワザが効いててよかったです。
甲殻機動隊っぽさも感じたけど、
ロボットが暴走する場面では「劇場版パトレイバー」みたくも感じました。
サニーの「それではあまりにも、心がない。」はいいセリフでした。

228 :名無シネマ@上映中:04/09/19 14:59:02 ID:R66nd+2b
T2以来久しぶりだけど漏れこの手のロボットと人間に友情芽生えるお話に
弱かったのを思い出したよ。

サニーなら過去にスプーナー刑事が川に沈んでた時女の子の方から
助けてくれたのかもなぁ…なんて思ったり、
これでスプーナー刑事は悪夢を見ることが無くなったのかなぁと思ったり、
映画終わった後の余韻も私的にはすごく良い映画だった。

250 :名無シネマ@上映中:04/09/19 18:51:54 ID:AOmLh4I9
一昨日観て来たおばさんですが、チョット分からないので教えて下さい。
最後のシーンで丘の上に立っていたのは、サニーでしたよね。

2ちゃんねる映画ブログ

サニーの夢では丘に立っていたのは、スプーナだったのですが・・・。

251 :名無シネマ@上映中:04/09/19 18:57:43 ID:njWiTEOq
>>250
あれは、サニーが、スプーナーの協力する気持ちを煽るために、
「導くのはあなただ」って嘘付いたんだと思ってたけど。
嘘も方便っていうか。

人間らしくなったら、ロボットも嘘つくんだってのが
面白いなあと思ってた。

254 :名無シネマ@上映中:04/09/19 19:15:24 ID:Y05TaKgu
>>251
ありがとうございます。
あーそうかって思いました。
19歳の娘と観に行ったのですが二人ともおバカなので
気になって??でした。

257 :251:04/09/19 19:23:24 ID:njWiTEOq
>>254
別に、251が正解ってわけじゃなくて、
あくまでも、自分はこうだったら面白いなって思っただけだから。

もしかしたら、博士がスプーナーの協力を煽ろうとして、
本当にサニーには「スプーナーだ」ってプログラムを
夢の中で見せていたのかもしれない。

その辺の解釈は、娘さんと一緒に
「自分はこう思った」とかって、話題にして楽しむのも
いいんじゃないかなー。


関連記事

  1. 2009/09/19(土) 02:16:06|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<カンフーハッスル | ホーム | フライング☆ラビッツ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/874-fb83737f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アイ ロボット

ルールは破られた、未来は守れるか。
  1. 2009/09/19(土) 08:15:01 |
  2. Addict allcinema おすすめ映画レビュー

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR