FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カンフーハッスル

【功夫】カンフーハッスル【Kung Fu Hustle】
http://tv6.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1093769633/


1 :名無シネマ@上映中:04/08/29 17:53 ID:c1aMHfU7

2005年1月15日渋谷東急他
全国松竹・東急系にてロードショー!!

主演・監督・脚本・製作チャウ・シンチー

オフィシャルサイト
http://www.sonypictures.jp/movies/kungfuhustle/title-navigation-1.html


10 :名無シネマ@上映中:04/08/30 12:53 ID:waxiJF6l
「ハッスル」ってもしや小川(ry

90 :名無シネマ@上映中:04/10/17 17:08:54 ID:1XZQRVg0
あー、宣伝に小川直也なんか引っ張り出したらいやだなあ。

119 :名無シネマ@上映中:04/10/24 23:53:44 ID:rZHiXnxr
http://ent.echai.net/news/20041112_nw.html



あああぁぁぁぁ…やっぱりどこかで絡むとは思ってたけど…_| ̄|○
衰退する日本のプロレスに無理やり引き込まないでくれ。
ハッスルなんてポーズが流行ってるだけやん。

134 :名無シネマ@上映中:04/10/30 23:23:28 ID:aI9B/upJ
 小川が絡んできた時点(ポスター破り)で「ああ、小川が宣伝に一役買うわけね」
と思ったら、予想通りそういう展開でした。

131 :名無シネマ@上映中:04/10/30 22:59:25 ID:zKT2k8C8
映画祭で観てきたよ
最後の方の展開は無理矢理すぎる気もするが大満足の出来だった

133 :名無シネマ@上映中:04/10/30 23:16:05 ID:oc5on4Pn
映画祭で見た。

やはりチャウ・シンチーが主役で最後に一番美味しいところを持っていくための
展開でしょう、あの無理矢理さは。
因みにオーチャードホールでいっちゃんデカイ笑い声は漏れが確保したな。
サモハンとユエンのところでも最初に拍手できたし。

135 :名無シネマ@上映中:04/10/30 23:26:55 ID:6JrWwiXJ
映画祭感想

バトルシーンの演出がワンパターン。
CGの多用も何か邪魔臭い。
バトルシーンの所がとにかく退屈でした。
シンチーならワクワクするようなカンフーシーンを撮ってくれると
期待してたので、そこはがっかり

137 :名無シネマ@上映中:04/10/30 23:49:07 ID:4D9Jb0sz
結構残酷シーンあったね。冒頭から。そういうのダメな人は見ない方がいい。
血はあんまり出なかったけど。血と言えばあのシーンはあんまり笑ってる人が
いなかったなぁ。爆笑したけど。ラストのシンチー、もうちょっと伏線張って
観客に「イケーッ!」と思わせて欲しかった。編集とかSFXとかテクニック
は「少林サッカー」より上手くなったけど、展開がいまいち。

138 :名無シネマ@上映中:04/10/30 23:59:17 ID:9QV5/aTa
確かに展開は無理くりだったが・・
面白かった。ラストは涙が出た。
ユン・ワーいいっ!
ブルース・リャンはあんな風にいぢられるとは・・

142 :名無シネマ@上映中:04/10/31 01:42:06 ID:dfGFnKhv
映画祭行ってきました。
少林サッカーのツボをうまく踏襲して、笑いどころはたくさんありました。
ベタなギャグ、繰り返しギャグ等、分かっていても笑ってしまいました。
ストーリー的にはほかの方も書いている通り、ちょっと無理がある感じ。
前作は「サッカーでカンフーを広める」という目的感がはっきりしていたけど、
今回は主人公自身が何をすべきかという強い意志がなかったような。
随所に発生する「何で?」という疑問を笑いと勢いで吹き飛ばしてるな、
という印象です。

143 :名無シネマ@上映中:04/10/31 01:52:08 ID:95syMQDP
シンチー出番すくねー。
主役はあの夫婦ってことでよろしいんでしょうか?

144 :名無シネマ@上映中:04/10/31 03:52:46 ID:1SwXJ6Ph
出番少ない上に覚醒も後ろすぎてたな。
ラストバトルはよかったが、他のはダレタ。

310 :名無シネマ@上映中:04/11/27 11:59:41 ID:qoxoFYnO
多分、向こうの人達の感覚からすれば、オールスター映画みたいなもんだろう。
だから役者ごとに各々見せ場がしっかり用意されてる。
で、その分だけシンチーの出番が減るわけだ。
例えば、日本じゃ香港映画好きしか知らないだろうけど、
ユン・ワーは悪役上がりの人気俳優らしいからな。
日本で言うと地井武男みたいなポジションだと思われる。

245 :影 龍:04/11/23 23:18:22 ID:18kmFDG+
梁小龍の禿げっぷりにびっくり!(゚Д゚) 倉田師兄の初老と思えぬかっこいい
歳の取り方に対し、かってのライバルの変貌にはびっくりしたなあモオ!

2ちゃんねる映画ブログ

246 :名無シネマ@上映中:04/11/24 08:37:31 ID:JjQIoRVG
>>245
全くだ、ずいぶん禿げたなあ。

456 :名無シネマ@上映中:04/12/14 00:52:04 ID:QhXl6jHw
ブルース・リャンは子供の頃のヒーローだったので、
やっぱりちょっとショックだったよ。

293 :名無シネマ@上映中:04/11/26 17:28:18 ID:BH5eEftY
先行上映観てきた
うーん、撮り直した火山高という感じだった
ラストまで温存が過ぎた

殺陣はスケールアップしたけど、
自分的には少林サッカー>>カンフーハッスルだな

306 :名無シネマ@上映中:04/11/27 00:51:04 ID:hkVKayjA
“カーラー巻いたままの寝間着のオババというのは、
アジア全域で 『最強の生物』 とみなされているのだな”
私的にはそんなことを認定した映画ですた。

2ちゃんねる映画ブログ

625 :名無シネマ@上映中:04/12/24 16:28:16 ID:JMx3BwBW
弟から聞いたんですが煙草くわえていたオバちゃんって元ボンドガールだったって
本当ですか?誰か詳しい人教えてくださいおながいします。

626 :名無シネマ@上映中 :04/12/24 18:41:45 ID:N6kzyiy9
>>625
「黄金銃を持つ男」の香港の場面で、道場から逃げてきたボンドを追っ手たち
から守る女子高生姉妹が出てくるんだが、このうちの一人だよ。出番はここと
、この前にちょっとだけだから"ボンドガール"ってほどじゃないわな。

384 :名無シネマ@上映中:04/12/05 13:41:50 ID:2EdqgKzT
管理人の奥さんもすごかったが個人的には出っ歯の女のほうがツボった。

307 :名無シネマ@上映中:04/11/27 00:54:25 ID:US3WMRqc
今回気になったのは、小ネタギャグの少なさだな。
お馴染の鼻糞ホジってるオカマ、激ブスヒロインとか
画太郎風繰り返しギャグとか
もっとイタイタしいのを期待してたんだけどな。
そういう期待に合致してたのは、最初のナイフのアレと
どうしようもない頭髪のブルース・リャンくらいだ。
アクション8割小ネタギャグ2割って感じ。
少林サッカーはそういうスポットが結構あったんだけどな。
やっぱり90年代にその路線はやり尽したから、
ちょっとシフトチェンジでも図ったか。
アレが周星馳作品独自の魅力だから、正直ちょっと物足りなさを感じたよ。

359 :名無シネマ@上映中:04/12/03 09:21:53 ID:IKSMcybS
5回みました。

カンフーハッスルは、香港功夫映画の歴史を描いた作品。
各戦闘シーンと各映像を個別にみると、それぞれ納得がゆくのではないかと思います。
最初の戦闘は香港功夫映画の伝統的なアクション、それから順に新しい年代のものになり、
最後は現代の功夫アクションを描いた、という感じで。

いきなり最後のシーンを引き合いにだすと、星爺が『伝統的な功夫映画を本気で撮りたかった』
という言葉に違和感を感じたのですが、1つ1つ追ってみると、これは出演者も含めて
功夫映画の歴史をまとめた「本気の功夫映画なんだな」と理解ができるわけです。

少林サッカーは「笑い」が前提の映画だとしたら、功夫はあくまで「功夫」がメインです。
だから「笑い」前提にしてみたら???と思うでしょう。
でも、星爺の作品は本質的にはシリアスドラマですから、今回の映画に於いてもギャグは、
「美味しいブラックコーヒーでもみんなが飲めるようにミルクいれました」みたいなもん
かと思います。

あとは、少林サッカーでは、兄弟弟子=観客で、シンの言葉は兄弟弟子を通して観客に
投げかけられるものでしたが、功夫はシン=観客になっていますね。
だからこそ、ストーリーは明解だけど、底抜けな爽快感は得られなかったのかも
知れないと思いました。

とはいえ、最高の娯楽映画には間違いありません。
だからこそ、配給会社などが変な宣伝や過剰な演出をしたり、余計なことをしないで
ほしいと思います。

長くて失礼しました。

463 :名無シネマ@上映中:04/12/14 02:10:54 ID:JDLmO+KQ
あの恋愛部分はイラン。
唐突すぎてあの部分だけ浮いててケツがかゆくなった。
かわいかったけど。

471 :名無シネマ@上映中:04/12/14 10:22:13 ID:T1QuhJ1C
>>463
恋愛未満じゃないか?
自分は特に浮いてると思わなかったけどな~。

467 :名無シネマ@上映中:04/12/14 05:56:08 ID:wv9O2pgc
残酷シーンが多いってみんな言ってるけど、
どれぐらい残酷なのかな?
ネタバレにならない程度にちょっとだけ
教えてクレヨン。
血とかダメなんだよー・・・。

469 :名無シネマ@上映中:04/12/14 07:45:16 ID:U61Hk5am
毒蛇に噛まれて唇が「いかりや」みたくなった
うわ!∑( ̄口 ̄;)残酷・・・

470 :名無シネマ@上映中:04/12/14 10:04:09 ID:5/KRiv2A
少年時代に小便を浴びせかけられた
そして悪になることを誓った

506 :名無シネマ@上映中:04/12/15 13:55:49 ID:tphKYiIN
ここでも結構出てるけど、案外グロなんだよな。

直接的描写は上手くごまかしてるからないけど、
猫がスライスされて血が壁に飛び散るとか、猫好きにはキツイんでない?
個人的には斧がきつかった。
あれでガスガスやったのか…と思うとガクブル。

507 :名無シネマ@上映中:04/12/15 14:17:09 ID:7xMAPAHa
でもスライスされてる画は出てこないから大丈夫だろ

人肉シリーズはもっとグロいよ

805名無シネマ@上映中:05/01/01 12:29:52 ID:yu07rB3c
次はネコか?ネコなのか!?とはらはらしながら見てたら無事飛び降りたんで
ホッとしたのも束の間・・・ああっ、ネコちゃーん

512 :名無シネマ@上映中:04/12/15 16:52:38 ID:4Xyrczwt
あの耳の聞こえないアイスクリーム屋の子可愛かったね
斧頭会組長はなすびを100倍かっこよくした感じ?でも
チャイニーズに見えないし結構タイプ
主人公はチビそうだけど顔はカコイイ これもタイプ
とりまきの中にもカコイイのが2人くらいいた

カンコックよりも色男は中国人のほうが多いね

518 :名無シネマ@上映中:04/12/16 01:12:28 ID:LkZThsih
試写会行って来た。
後半の方が楽しめた。
あの強いオバハン、綾戸智恵に似てた。
組長は竹野内豊と元チェッカーズの髭みたい。

519 :名無シネマ@上映中:04/12/16 01:13:38 ID:rEw3qmB2
いや なすびに見えた
あのオバンは綾戸千絵にテルとオモタ

520 :名無シネマ@上映中:04/12/16 01:26:49 ID:rEw3qmB2
いつもハンケツ出してた男家の中でしゃがんでクソしてなかった?
キモイねあいつ

522 :名無シネマ@上映中:04/12/16 01:42:26 ID:do05+IyH
>>520
糞してたね。
キモイっていうか作りが細かいっていうか。

523 :名無シネマ@上映中:04/12/16 07:50:12 ID:O3aA7Vrs
誰しもが予想する通り
伝統的な香港カンフーアクション映画に
マトリックスと日本漫画の要素を付加しただけだが面白かった。
主人公はラストギリギリまで端役だし(笑
主人公が女の子を思い出すシーンとかすげー泣けたよ
いやもう予定調和なフツーの展開ですけどね。

むこうははああいう撮影場所に困らないからいいよなあ。
つーかどうやって撮ってるんだよアレ。

533 :名無シネマ@上映中:04/12/16 22:06:12 ID:dxe41gyr
シンチー覚醒はおまけだな
シンチーに期待してたのでちょっとがっかり
おまもしろかったけど、少林サッカーにあった「熱さ」は薄いかなぁ

535 :名無シネマ@上映中:04/12/16 23:39:01 ID:XOZ0jgXH
かつてのカンフースターたちが、みっともない
ほどの中年になっているのに、腕はさび付く
どころかますます冴え渡っている・・

中年のおじさんおばさんがこんなに格好良く
見えたのははじめて!最高にしびれました。。

553 :名無シネマ@上映中:04/12/17 23:49:30 ID:Dq9kIzyf
国際フォーラム行ってきた。

アイスクリーム売りの女の子の清楚な美しさが頭から離れません。

2ちゃんねる映画ブログ

555 :名無シネマ@上映中:04/12/18 00:35:33 ID:Y7B/e3uZ
聾唖の娘が手の仕草で過去を呼びさます、
とても美しい瞬間でした。

582 :名無シネマ@上映中:04/12/21 01:55:33 ID:6xd0vfxf
足がレレレのおじさんみたいになるのがしつこかった
バカみたい

583 :名無シネマ@上映中:04/12/21 04:30:41 ID:2k4YzoIk
あの映画に対して『バカみたい』は誉め言葉だろ。

603 :名無シネマ@上映中:04/12/22 13:49:52 ID:raGNvCHi
最初のかませ三人組の最後に、
「プリペアーはどーのこーの」って言ってたけどあれは何?
そのあと太極拳が「遺言は中国語で話せ」ってあの一連のジョークがわからない、
誰か教えて下さい。

614 :名無シネマ@上映中:04/12/23 02:09:54 ID:zq4Ykvo6
>>603
「”プリペアー”は英語だからわからない。
中国語で言え」ってことでそ。
緊迫した場面にそのつっこみかよ!とワラタ。
遺言でプリペアーだけ英単語なのもワラタ。

604 :名無シネマ@上映中:04/12/22 13:57:10 ID:2h5E0pFu
>>「アンタッチャブル」でショーン・コネリーが死ぬところのパロディ
だろ。

606 :名無シネマ@上映中:04/12/22 14:13:00 ID:raGNvCHi
>>604
ありがと!
病院の血はシャイニングだよね。

787 :名無シネマ@上映中:05/01/01 04:54:50 ID:iuOlzJrE
周りの客がシャイニングのパロディに無反応で悲しかった。

659 :名無シネマ@上映中:04/12/26 07:48:20 ID:xrbaEimT
既出だと思うが、この映画の『ありえねー。』ってキャッチ・コピーを考えた奴、
ソニーの人間か代理店のコピーライターか判らんが、CMで連発してるところを
みるといい仕事をしたと思ってるんだろうな・・「やった! これでヒットは
間違いなし」とか思って会心の笑みなんか浮かべてんじゃねぇの?

690 :名無シネマ@上映中:04/12/27 18:30:15 ID:SOCGKzjq
予告CMがムカつく。
ありえねー!ってのが。
ダサい。恥ずかしい。

691 :名無シネマ@上映中:04/12/27 18:47:27 ID:xmgdxNLm
だって、本当にありえねーんだもん。
他に言葉がみつからねーよ。

693 :名無シネマ@上映中:04/12/27 22:58:16 ID:nXNt0RwD
もっとぶっ飛んだ映画にすればいいのに。
ありえねー戦いをテーマにしてるわりには、結構中途半端なんだよな。
小林サッカーも面白かったけど、思ったほどふっきれてなかったし。

695 :名無シネマ@上映中:04/12/28 00:10:02 ID:YFS2YaAT
>>693
ありえねー戦いってのは分かるんだけど、完全にマトリックスのパクリって感じなんだよな。
斧頭会の雑魚なんて明らかにエージェント・スミスだし。

696 :名無シネマ@上映中:04/12/28 00:16:48 ID:4mzs1MIE
そもそも色々パクってる映画。
普通にそこを楽しめよ。

719 :食えんティー足らんティーの:04/12/29 08:54:25 ID:empydtjW
大家夫婦の活躍がスゴい。というか2人とも七小福出身だからスゲーってのもあるけど。
劇中印象的なのは、大家の奥さんが、マフィアのドンに「ドラゴンへの道」でのブルースの役「タン
・ロン」が行った仕草をトレースしてたのにワロタ。

ブルースに見える動きとリアル・ヒッティングに見える格闘シーンはサモ・ハンが指導したっぽい
ですね。勿論ワイヤー絡みとクライマックスの「マトリロ」はウーピン師父でしょうが。

過去の色んな香港映画(カンフー物)を観ていれば観ている程楽しめまする。

771 :名無シネマ@上映中:04/12/31 23:49:21 ID:x9AytYcE
サモがアクション指導か。仕立て屋の重い打撃に納得

777 :名無シネマ@上映中:05/01/01 00:19:36 ID:+HduaM4d
最後の決戦で、シンチーが着てた白服は大家夫妻の息子の遺品なのかな

779 :名無シネマ@上映中:05/01/01 00:43:26 ID:rqSkWedb
>>777はロマンティスト。

778 :名無シネマ@上映中:05/01/01 00:26:24 ID:8+xQ/bhH
飴屋の開業資金は大家夫婦が出したのかな?

800 :名無シネマ@上映中:05/01/01 10:51:43 ID:IbEvR0Dl
見てきた。

なんつーか、過激だよな。ギャグとかも。
受け付けねー人は受け付けなそうだ・・・

アクションっつーか、やられ方は途中で慣れちゃってアレだな。
それでも、強いイカしたキャラが出てきちゃやられ、また強いのが出てくる。
少年漫画の世界だよ。心躍るよな。

俺は大家が一番好き。服屋も捨てがたいが・・・

801 :名無シネマ@上映中:05/01/01 10:58:18 ID:8+xQ/bhH
オープニングの蝶はそれなりに意味はあったんだな。
シンが包帯でグルグル巻きにされていたのは、サナギを表しているのか。

813名無シネマ@上映中:05/01/01 15:12:35 ID:neJOReBx
今日観てきた。
お笑いも良かったし、達人達や殺し屋もカッコ良かった。
でもシンチーの活躍が最後のほうだけってのが物足りない感じ。
あと、シンチーがいきなり強くなって、ちょっと違和感を感じたが、トータル的には良かった。
少林サッカーの出来が良過ぎたから、そう思うかもしれんけど。

2ちゃんねる映画ブログ

一番最後に如来神掌の本をコジキが勧めていた少年は誰?
独狐九剣とかの本を見て喜んでたけど。
なんか意味ありげで気になる

826名無シネマ@上映中:05/01/01 17:17:36 ID:A/uLuM0J
>>813
また新たな達人が誕生するがそれはまた別のお話 的な引きじゃあないの

838名無シネマ@上映中:05/01/01 20:02:38 ID:iZ5toa2Y
「英雄(ヒーロー)」+「マトリックス」÷「ブルース・リー」
って感じですか。マフィアのボスがゴールキーパーだったとは、
観てる時は気付きませんでした。でも他にも出てましたね。
「ド~シドシドシラ~ドシ~♪」のお兄さん、今回は出番が多かったですね。
シンチー、一応主役なのに大家のオバチャン&オッチャンの方が印象に
残ってるのはどういう訳ですか?

840名無シネマ@上映中:05/01/01 20:31:59 ID:QB7EWEhy
>>838

感動エンディング風のバックで、半ケツ出してナンパしてる
ある意味ぶち壊し的存在感に笑いました。

841名無シネマ@上映中:05/01/01 20:38:44 ID:iZ5toa2Y
>>840
シンチーってきっと照れ屋さんなんですね。

864名無シネマ@上映中:05/01/01 22:45:58 ID:BmDzfRAU
 この映画の面白さは、徹底した「やつし」の繰り返しにある。「やつし」というのは、
高貴な身にある者や大きな実力を持つ者が、あえて低い地位に身を落としている状態。
それが最後に正体を現して、敵をバタバタとなぎ倒すところにカタルシスがある。
時代劇の「水戸黄門」や「遠山の金さん」はその代表例。『カンフーハッスル』には
そんな「やつし」の例が、これでもかこれでもかと何度も出てくる。
いきなりシンに血反吐を吐かせる人のよさそうなおばちゃんから始まって、
クライマックスで主人公と戦うカンフーの達人に至るまで、見た目と実力に
ひどいギャップがあり、その落差が面白味や笑いを生み出している。

 「あの人がこんなことを!」という意外性も含めて、映画の見せ場は
何度か繰り返されるアクションシーンだろう。京劇風の賑やかで
きらびやかな音楽に合わせて、荒唐無稽な戦いが何度も繰り返されるのは
観ていて本当に楽しい。このアクションシーンはかなり大真面目な戦いとして
演出されているのだが、その内容が桁外れに現実離れしているので、
内容が大真面目になればなるほど笑いが生まれる。

 真っ平らなグラウンドが舞台だった『少林サッカー』に対し、今度の映画は
室内やアパートが戦いの舞台になるためアクションが立体的で複雑になり、
その分だけ見せ場も多いものになっている。奥行きのある美術や撮影も
すごく立派に作ってあり、街並みの巨大なオープンセット(これは撮影所に常設のものだろう)も
効果的に使われて、大スターが作った大作映画らしいリッチな香りも漂ってくる。
100点満点で100点の映画。いや~、面白かった!


関連記事

  1. 2009/09/20(日) 02:46:38|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<あらしのよるに | ホーム | アイ,ロボット>>

コメント

1 ■無題

「やつし」ってあれだろ?
ロンブーの赤いほうだろ?
  1. URL |
  2. 2009/09/27(日) 15:11:10 |
  3. ちんこ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/873-fe63ddc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR