FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スパイダーウィックの謎

http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1207926224/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2008/04/12(土) 00:03:44 ID:6CVUnph6
4月26日公開

監督 マーク・ウォーターズ
原作 トニー・ディテルリッジ  ホリー・ブラック
出演 フレディ・ハイモア サラ・ボルガー メアリー・ルイーズ・パーカー ニック・ノルティ



6 :名無シネマ@上映中:2008/04/12(土) 23:01:44 ID:uKFnfLwv
なんかホラーっぽいな

7 :名無シネマ@上映中:2008/04/12(土) 23:32:04 ID:HCcoA6B5
怖くないよ、妖精さんが一番怖いw

8 :名無シネマ@上映中:2008/04/13(日) 23:31:17 ID:NFXrpG44
アメリカでは最初コケた! と思ったけど微妙に粘ったな

3 :名無シネマ@上映中:2008/04/12(土) 00:50:28 ID:MXTRXZY9
おねーちゃんの膨らみかけた胸がたまらん

2ちゃんねる映画ブログ

12 :名無シネマ@上映中:2008/04/14(月) 23:15:12 ID:JwKqlM3A
大叔母さんの子役がよく似ていた

15 :名無シネマ@上映中:2008/04/15(火) 00:11:18 ID:yqXGfjvC
観たけど普通におもろかった。
最後ホロリとくるし、良い映画だったよ。お子様向けかとおもったが
大人でも楽しめる作品だと思う。もちろん子供連れてっても安心できる?かな?ちょっとグロあり。
最後はあんな形で決着がつくとは思わなかったww
ラスト泣けるし、大叔母さんチャーミングだし、何よりおねいちゃんが可愛い。

16 :名無シネマ@上映中:2008/04/15(火) 02:35:19 ID:Jae6bfir
イン・アメリカの子なのか

えらく成長したなぁ

21 :名無シネマ@上映中:2008/04/17(木) 20:43:35 ID:EFE2SVa9
今試写会で観てきた
ハリーポッターの二番煎じかと思ったら意外にいける
あの手のラストは反則気味、泣いちまったぜ
あとから口コミでじわじわ人気でそう
ILMの特撮があえて安っぽくしてるところも好感

22 :名無シネマ@上映中:2008/04/17(木) 23:07:43 ID:9KTxiuVa
ハチミツの賞味期限が気になった

89 :名無シネマ@上映中:2008/04/30(水) 21:16:51 ID:P2/Y3hdO
ハチミツなんて、何十年でも持つもんだし。

28 :名無シネマ@上映中:2008/04/21(月) 16:24:00 ID:8MtH8hFC
主演の男の子って、一人二役だよね?
で、チャーリーやってた子ですよね?見たときに気付いた・・

2ちゃんねる映画ブログ

30 :名無シネマ@上映中:2008/04/24(木) 00:48:45 ID:Mziy89+V
>>28 二役じゃないだろ?

31 :名無シネマ@上映中:2008/04/24(木) 02:15:40 ID:Rqi6U9h3
>>30
いや、一人二役。気になってエンドロール確認したら、主演の男の子の役名がスラッシュを挟んで二つあった。

32 :名無シネマ@上映中:2008/04/24(木) 02:16:04 ID:43GGp6Iw
一人二役で双子の兄弟やってましたね。

33 :30:2008/04/24(木) 02:38:16 ID:Mziy89+V
そうか、スマンのう・・・

207 :名無シネマ@上映中:2008/05/21(水) 00:42:18 ID:l0z6SeQI
双子の設定は別に要らんかったよな
撮るのめんどくさいだろうに

35 :名無シネマ@上映中:2008/04/26(土) 16:55:01 ID:60pJUAxt
かなり面白かった。ファンタジーには飽きてたけど楽しめた。魔法使いでも、選ばれし者でもない普通の子供たちの活躍がいい。
映画館も混んでた。

37 :名無シネマ@上映中:2008/04/26(土) 17:00:29 ID:8qr4xIHq
あれを消しちゃう魔法を、どうして本に書いちゃうのさ。
敵以外の誰の役に立つ訳でもないのに。
単なる学者バカ?

43 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 01:35:51 ID:xCpSiWZU
そこまでして敵があの本を奪おうとする理由が見えにくいんだよね。
味方側の妖精が抑止力になるほどの力を持っているという描写があまり無いし。

44 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 03:10:33 ID:wTIGLRv2
確かにそれはあるよね。
所詮はあのおっさんが地道に調べたもんなのに、
なんでそこまで知られちゃヤバイ情報満載なんだか…

45 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 09:08:26 ID:hcewcVbe
少しネタバレスマン

少年がウソを見破るところが切なくて良かった。
「愛してる」と言われたかったのにそれこそが偽物であることを証明しちゃったわけだよね。
あとばあちゃんの最後もホロリときた。
少し短くて物足りなかったのが残念。

99 :名無シネマ@上映中:2008/05/01(木) 21:18:59 ID:1MLXXZ7e
お父さんとの再会と
お父さんとの決別との話しなのね

46 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 09:37:32 ID:mJ5zUst3
すごくテンポが良くて、トントン進んで行くから見逃したのか、
ちょっと分からない所があったんだけど。

ジャレッドが叔父さんの所に本を持って行った時、シンブルタックが
本を摩り替えてたけど、あの時点で、もう結界の破り方がばれたのは知ってたんだよね?
前に本摩り替えられた仕返しにしても、自分まで殺されるって時に
そんな事しないと思うし、「本を守る」って約束も守ろうとしたにしても、
敵に渡るよりは、叔父さんの所に持って行ったほうがいいと思うんだけど。
それでも摩り替えなきゃいけないっていうような、説明あったっけ?

48 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 12:13:26 ID:dvh1ApPv
>>46
そのへんは自由に解釈していいと思うけど、
人間への不信感が強くて「自分で隠したほうがマシだ」と
考えたのかも?

56 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 23:21:35 ID:jGEGOg5l
>>46については>>48の通りだと思う
本をみすみす外に出すよりは、自分でなんかしらの措置を取って守った方が良いと思ったんじゃない?
それに本を守るように命令(?)されてたし、自分で守らなきゃいけないって責任もあったと思う

49 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 15:33:20 ID:raTKPmYB
今日見てきた。
最後の叔母さんで泣いてしまいました。
あれは反則だわ。
あんまり人気ないのかな?スレの過疎っぷりにびっくり。
いい映画だと思うんだけどなあ。
お姉さんが綺麗だね。
ナルニアのお姉さんと全然違う…

51 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 17:02:49 ID:ELwqeveb
あの後、サナトリウムから、行方不明になった大叔母さんの捜索願いを、警察に出されたらどうするのだろう?って心配してしまうな。

52 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 17:49:06 ID:YlFd8ddf
>>51
最後は退院したと思ってたけど、一時外出なのかな。
どちらにしても行方不明で殺人を疑われそうだけど。

53 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 17:59:02 ID:SRR6JMQ5
お姉ちゃん、巨乳なのね
10代のくせにやけにオバサン顔なのもちょっと
どうも顔のパーツがうそ臭いんだよな 化粧っぽいっていうか

2ちゃんねる映画ブログ

54 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 20:54:20 ID:MTSpfhpn
この映画結構気に入って、姉ちゃん役女優をIMdbでチェックしたら、掲示板がフレディ・ハイモア
のファンからの攻撃で凄いことになってる。ハイモアと恋愛が騒ぎになってるらしいな。

58 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 23:24:21 ID:Tyvc96SY
昨日観た。

予告はよかった映画の一つだったね。
クロニクルということは、この映画がウケればシリーズ化もアリとか?
敵の最期があっけなかったとかはまあいいけど、いまいちキャラに魅力がなかたのが残念(´・ω・`)
てか、主人公ジャレッド(だっけ?)はトランクに篭って約二時間くらいしか読んでないようだったけど、
それで大おじさんから「君の中には本の知識がつまってる」とか言われてどんだけ天才やねん。
まあもういいや。ファンタジーブームもそろそろ下火かねぇ

61 :名無シネマ@上映中:2008/04/28(月) 04:59:11 ID:LPSim9k5
大冒険が始まりそうで家の中で収束したのがあたらしかった

67 :名無シネマ@上映中:2008/04/28(月) 20:20:33 ID:lTm4vESq
茶トラのぬこがかわいい
しかし
壁で何かがカサカサ
外では小動物が大騒ぎしてるのに
全く関心がないぬこはいかがなものか
ストーリーに全く絡んでないし

76 :名無シネマ@上映中:2008/04/29(火) 17:01:15 ID:XYw2mKSU
ストーリーとか伏線回収とか意外としっかりした作りだから、
観客は子供が多かったけど大人も素直に楽しめると思う。
スリリングで、笑いあり、涙あり、詰め込んでそうでいて
それを感じさせない作りが上手いし
スケールは小規模だけど、それなりの満足感が得られるのではないかな。

あーだこーだ言ってるけど、ただ単におもしろかったって言いたかった。

83 :名無シネマ@上映中:2008/04/29(火) 23:32:39 ID:uI+erepM
妖精図鑑とか出てきているのに、
出てくる妖精が少ないのう
まあシャイな生き物なんだろ。

85 :名無シネマ@上映中:2008/04/29(火) 23:47:21 ID:II4X5xCo
妖精はともかく、人間は図鑑なくても征服出来る気が・・・
人間は見えないわけだし

90 :名無シネマ@上映中:2008/04/30(水) 22:46:43 ID:h8ntERRh
予備知識なしで観たけどテンポいいし
妖精はダークだし(このほうが好み)で楽しめた。
続編があるなら観たいなあ、と思いつつ
原作を見てみたらものすごいアレンジされてたけど
話は最後までいってるね。
続きが書かれるならともかく続編はなさそう…
ラスト、映画とは全く違ってた。映画でも泣けたけど原作もほろりとくる。

101 :名無シネマ@上映中:2008/05/01(木) 23:00:28 ID:duZwvbN5
原作読んだ息子の話だと両親の離婚話はなかったらしい。映画版オリジナルだな。

最後、ジャレッドと母が心を通わせるのに必要なことは分かるが、そこまでシリアスな
設定にせんでも、って思った。人間世界での話はあんまり重過ぎないほうがいい。
ナルニアの導入部ぐらいがちょうどいいと思うんだが。
そういう意味で、ファンタジーと言うより、事件があってそれで最後は主人公が和解
するという、お決まりのアメリカ映画になってしまってたな。

86 :名無シネマ@上映中:2008/04/30(水) 01:51:09 ID:+mcnF2hc
ネタばれ注意

ラスボス戦の結末前までは、結構おもしろかったのになぁ。
あんな、あっけなく決着ついちゃうと、
え?何いまの、俺見落とした?
とあっけなくて。。。。


ところで、父親に化ける伏線として、
敵の妖精側が父親の写真、携帯画面など見るシーンってあった?

94 :名無シネマ@上映中:2008/05/01(木) 03:21:06 ID:6kz4eudd
>>86
一人が森に攫われたときに、家族の写真を奪われていなかったっけ?

97 :名無シネマ@上映中:2008/05/01(木) 20:58:00 ID:Qif2Ay8t
今日見てきた。

ホブゴブリンが子供たちに顔射してた。

102 :名無シネマ@上映中:2008/05/01(木) 23:06:00 ID:fuNG2CVz
特に引っかかる所もなくすんなり観れてたんだけど、落ちで一気に残念な気持ちに
↓ネタバレ




ラストがまんま長靴を履いたネコってどうなの?
作品を印象付ける最後がこんなんだから特に印象に残らない特徴のない映画とか言われちゃうんだよな
あと、おばさんをサナトリウムから退院したその日に行方不明になったら保険金殺人を疑われて大問題だろ
すぐに疑われなくても、何年かしたら死亡届がだされず捜索願が出てるわけでもなく問題になるだろ?
ファンタジーとは言え、最後の最後でリアリティが著しく損なわれてゲンナリ
この2点で一気に萎えた

104 :名無シネマ@上映中:2008/05/02(金) 00:42:08 ID:iaTSBfr4
>>102
同意。
おばさん消えてどうするんだろうとオモタ。
あとトマトソース爆弾やトロールが暴れてぶち壊した家が綺麗に片付いててびっくり。

106 :名無シネマ@上映中:2008/05/02(金) 05:50:15 ID:qbmlJEKU
86歳で精神病院に入っているおばあちゃんがいなくなったとしても
そんなに騒がないよ。
保険金がかかっているならまだしも。
あの家族がみんなで
「妖精が連れていった」って言うんじゃないかな?

109 :名無シネマ@上映中:2008/05/02(金) 21:57:49 ID:rDZKq2Cp
お姉ちゃんのおっぱいはなかなかよかった
突っ込みどころは結構あって、名作ってほどじゃないけど
シーンごとで言えば面白かったと思う
主人公の最初のDQNぶりはひどいw

110 :名無シネマ@上映中:2008/05/02(金) 23:06:54 ID:XN1AiJkM
確かに主人公はひどかったな
本を読んで取り返しのつかないことになっているのに
まるっきり反省のかけらも見せないのはさすがに見ててむかついた

111 :名無シネマ@上映中:2008/05/03(土) 00:04:59 ID:CknVHUpa
出すなと言われてても本を持ち歩くあたり、バカとしかいいようがない。
それにしても弟と一人二役してたのに気付かなかった自分orz。

115 :名無シネマ@上映中:2008/05/03(土) 15:04:48 ID:WbRcahf3
ラスボスが大きく飛んで手の届かないとこまで行ったら
妖精側全滅だったのか
一か八かの作戦だな

122 :名無シネマ@上映中:2008/05/04(日) 01:19:21 ID:q5ruLMXP
本とられたらやばいってゆーわりに妖精ほとんど援軍しないのな
妖精世界も薄情ですな

116 :名無シネマ@上映中:2008/05/03(土) 19:09:21 ID:DHBqx9cE
大叔母さんって祖父母の姉妹のことじゃないの?
主人公の家族とどういう家系なのかわからん。

117 :名無シネマ@上映中:2008/05/03(土) 20:01:51 ID:vMDzxP4r
母親の叔母さん

118 :名無シネマ@上映中:2008/05/03(土) 21:48:39 ID:wFZ910hl
叔母さん(大叔母さん?)は一人娘みたいだから変な気がしてたんだけど。
博士が大叔父さんなのかな?
それでもいとこ同士の母親(40前後)と叔母さん(86)の年齢が離れすぎな気がする。
母親があの屋敷を相続してるのも納得いかん。

>>117
それだと博士は祖父・曽祖父になる

119 :名無シネマ@上映中:2008/05/03(土) 21:53:49 ID:oRVg1X6H
この作品をご覧になった方にお尋ねします
この作品にはかわいいロリが登場しますか?

120 :名無シネマ@上映中:2008/05/03(土) 22:07:07 ID:u7ggLt5J
実年齢86歳のロリ少女が登場します

2ちゃんねる映画ブログ

124 :名無シネマ@上映中:2008/05/04(日) 10:37:16 ID:WmN+ImDY
父ちゃんが「お前を愛しているよ」
と言ったので偽物と見破った
というくだりがよくわからなかった。
本物でも言いそうな台詞だけど

125 :名無シネマ@上映中:2008/05/04(日) 11:45:31 ID:BLuk/Uuq
>>124
その前に父親が女作ってもう戻ってこないと聞いたからだろ
あれで、父親が話そうとしていたことはそれだと思っていたから、
それに関してなにも言わないのを見てああこりゃ偽物だなと

194 :名無シネマ@上映中:2008/05/12(月) 16:59:38 ID:CM0dCaRy
>>125
あそこな、実は母親と姉ちゃんの勘違いで
実はいい父親だったんじゃないかという一抹の希望を粉砕してくれたわ。

196 :名無シネマ@上映中:2008/05/13(火) 09:33:22 ID:ugN1S4LL
>>194
あの場面、その前の主人公の電話を聞いて
父親が帰ってきてくれたんだと思ったんだよね…
ものすごく打ちのめされたorz

146 :名無シネマ@上映中:2008/05/06(火) 06:00:38 ID:dT6PIp/E
風呂敷を広げっ放しで意味が分からなかったライラ。
一見さんお断りでひたすら冗長で退屈だったLOR。
その点、この映画は堅実でしっかりとまとめてくれてて面白かった。
世界が危機に瀕してます!とか語られてもなんのこっちゃ、
自分の家に妖魔の群集が押し寄せた方が怖いしね。

まったく期待してない上にライラ見た後だったんで、
余計面白さが際立った感じ。

生意気なクソガキが超アイテムでスーパーヒーローになったり、何故か急変して良い子になるよりも、
一つの事件の結果を経て、着実に一歩前進する程度の話の方が自分はジンと来た。
そういう物語の手堅さも良かったと思うんだよね。

最後の結末も自分は納得できてグッと来たんだけど、原作とは全然違うみたいだね。
ヤフーのレビューで原作の改悪だとこきおろされまくってた。
現実を受け入れて滅ぶ事を選び、家族と穏やかな余生を過ごすと言う考え方の方が、
倫理的には本当は良いのかもしれないけど、
個人的には父親を信じ、精神病院に入れられて80年過ごす道を選んだわけだし、
時の止まった妖精界で父娘の邂逅を果たしたっていいじゃんと思うのよ。
身も蓋もない言い方だけど、どうせすぐポックリ逝くわけだし、
家族にとっても負担が増すだけだし、お互いハッピーウレピッピーだYO

148 :名無シネマ@上映中:2008/05/06(火) 08:14:41 ID:qabu3IDi BE:215143924-2BP(4947)
これは秀作だね。一時間半でこれだけあっさりとまとめたのは凄い。
最後も変に引っ張らないで、全体としてバランスがとれてる感じ。
アホが作ったら三時間×三部作とかにもできる映画。

ただいかんせん時間が短いので、人によっては伏線未回収のまま終わったと感じるかも。

156 :名無シネマ@上映中:2008/05/06(火) 21:47:55 ID:5FXQjSOF
あのトマト攻撃であれだけいたゴブリンが全滅?屋根やら軒下からたくさん進入したはずなのになぁ

162 :名無シネマ@上映中:2008/05/07(水) 00:01:13 ID:N7DCm/cI
塩やトマトみたいに身近にあるものが有効なのとか
ドタバタっぽいとことかキョンシー映画思い出して楽しかった
ケータイやiPodなんかももっと使ってくれたらさらに良かった
字幕で観たが、こういうのは吹替えの方が正解かも

176 :名無シネマ@上映中:2008/05/08(木) 09:44:30 ID:n9ugtU0u
ここ最近のファンタジー映画の中では
一番良かったんじゃないかなあ。
堅実で外しがないし、丁寧に作ってある感じがした。
「よき人々」を直球で扱った映画は案外少ないと思う。
メリングの小説同様、妖精の解釈がスタンダードな点が好き。

177 :名無シネマ@上映中:2008/05/08(木) 11:36:38 ID:BcEaQ3mJ
もうちょっとこう、ああん僕が封印解いたせいで世界が滅びちゃう~的なドキドキ感が欲しかったなあ
前半は十分引き付けられたのに、ラスボスもゴブリンも今一迫力不足

2ちゃんねる映画ブログ

トロールが一番怖そうだったのがなんとも
いっそのこと剣や物理攻撃はひるませる事しか出来ないって感じならもっと怖かったかも

193 :名無シネマ@上映中:2008/05/11(日) 20:01:01 ID:wNF5OGKq
3人兄弟の中のひとりがまず異世界の住人と出会い、やがて他の兄弟とも秘密を
分け合い、最後には母親も真実を知るという設定(加えて父親は浮気をしている)
はE.T.に似ているなあと思ったら、製作がキャスリーン・ケネディだ。

203 :名無シネマ@上映中:2008/05/18(日) 18:35:32 ID:tVW/9B46
らいらの冒険
この監督が撮れば良かったのに と思った

218 :名無シネマ@上映中:2008/05/23(金) 14:35:34 ID:PoHmgcVt
母の日に母ちゃんを招待して見たが、
最後のシーンで泣いてた。
こんな良い映画が注目されないのは残念だと嘆いてたな。

233 :名無シネマ@上映中:2008/10/04(土) 18:48:29 ID:2PwBWcvU
私も不覚にもハラハラドキドキ
最後はちょっとホロリとさせられました。
スケールの小さな話なのに引き込まれるのは
細かい仕事が丁寧だから・・・・かな?


関連記事

  1. 2009/08/25(火) 00:43:31|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ウォーロード/男たちの誓い | ホーム | フレフレ少女>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/869-85586470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR