FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あらしのよるに

【ガブ&メイ】あらしのよるに【きむらゆういち】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1124693615/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2006/01/23(月) 21:08:12 ID:VLJlbQ+9
12月10日(土)全国東宝系ロードショー。


5 :名無シネマ@上映中:2005/08/22(月) 19:52:58 ID:EplWpddu
キム兄原作

32 :名無シネマ@上映中:2005/10/02(日) 19:20:08 ID:HOds+PRD
やっぱり原作ってキムキム兄やん?
同姓同名じゃなくって?

33 :名無シネマ@上映中:2005/10/05(水) 09:14:09 ID:pLapIN4W
向こうは祐一。こっちは裕一。

133 :名無シネマ@上映中:2005/12/14(水) 01:10:22 ID:o96q/qvD
●(原作者)きむらゆういち

2ちゃんねる映画ブログ

【プロフィール】
多摩美術大学卒業。造形教育の指導、白鴎短大講師、テレビ幼児番組のブレーンなどを経て、
現在、絵本、童話の創作、戯曲、コミックの原作など広く活躍している。著書は300冊以上にの
ぼり、数々のロングセラーは国内外の子供たちに読み継がれている。
<TV番組のおもな活動>
「とびだせパンポロリン」(テレビ朝日)アイディア・製作「なんじゃもんじゃドン」(日本テレビ)監修
・構成「おかあさんといっしょ」(NHK)アイディアブレーン「ひらけポンキッキ」(フジテレビ)アイデ
ィア・出演などを担当「いないいないばあ」(NHK教育)構成(現在)など

243 :名無シネマ@上映中:2005/11/21(月) 12:43:37 ID:KlGLHzGT
竹内力がかなりマッチしてた

244 :名無シネマ@上映中:2005/11/21(月) 12:55:32 ID:GYartNhJ
昨日試写で観たけどあの声は渋くてよかったねぇ。凄い合ってた。
声は坂東英二とKABAちゃんが微妙だったけど他はそんなに違和感なかったかな。

28 :名無シネマ@上映中:2005/09/29(木) 15:40:53 ID:sXAxTnoR
成宮が下手でとてもキモいです

56 :名無シネマ@上映中:2005/10/23(日) 00:46:31 ID:HfTvLU92
成宮を使うとは、よほどゲイの話にしたかったんだろうな
キャッチコピーもケツ振りCMも狙いすぎで萎える

57 :名無シネマ@上映中:2005/10/23(日) 01:26:29 ID:tz/gTrPY
KABAちゃんを使ってるのも確信犯だよな。

245 :名無シネマ@上映中:2005/11/21(月) 13:02:59 ID:bZd19ovi
「成宮」「2丁目」で具具ってビックリした

253 :名無シネマ@上映中:2005/11/22(火) 00:52:39 ID:Tx3A4L9G
尻見て「うまそ~」とか言って興奮するガブモエス

257 :名無シネマ@上映中:2005/11/22(火) 01:35:00 ID:fQ1o3Y1d
仲良く手を繋いで逃げるガブとメイを目撃した山羊のおばさん(カバちゃん)が
「思い出しただけでもいやらしい!」って言うセリフがあるんだが、これも意味深な
セリフに感じるのは心が汚れてるからなんだろうか

258 :名無シネマ@上映中:2005/11/22(火) 01:52:43 ID:aq0a/JfY
ああ、穢れてるな。

「ともだちなのにおいしそう」だけでウホッな事を連想した俺はもっと穢れてるが。

250 :名無シネマ@上映中:2005/11/21(月) 22:53:17 ID:Neoss1uH
ここ怖いよ(つД`)
でもおしりフリフリシーンでは違和感。

2ちゃんねる映画ブログ

254 :名無シネマ@上映中:2005/11/22(火) 00:58:58 ID:UECG+Nxf
「大人が見れば誰でもそういう映画に見える」
「このスレに特別穢れた奴が集まってる」

どっちだろう

255 :名無シネマ@上映中:2005/11/22(火) 01:07:25 ID:3qBjRBMC
「もともと作品に悪意がある」だと思う

656 :名無シネマ@上映中:2005/12/10(土) 11:38:03 ID:l4XSzzmt
読売夕刊でも「大人が楽しめるホモ映画」みたいなこと書かれててワロスw

400 :名無シネマ@上映中:2005/11/29(火) 23:25:33 ID:9GnZISIM
今日見てきました。
メイの気持ちというか、考えてることがぜんぜんわからない。
全面的に信用しすぎで。
あの人は世間知らずなの?それとも達観してるの?

401 :名無シネマ@上映中:2005/11/29(火) 23:48:56 ID:BA3Ggw1E
>>400
原作だと、メイのあの態度には「自分が少しでも脅えたら途端に
ガブの目には餌として映ってしまう」っちゅう自覚と
「友達に対して脅えたら失礼」という思いがあるんだけど、
映画だとその辺り全然描かれてないよな

405 :名無シネマ@上映中:2005/11/30(水) 09:07:16 ID:9PFjPqoZ
>>400-401そこら辺は、初めての散歩の時にメイが見上げた牙がある口元とか、
普通の話をしている途中にちらっと目を向けるガブの指先(狼の鋭い爪が描かれている)に匂わせてるんだろうけど
原作見てない人にはなるほどとは思わないかもね~。私はそこのシーンが好きだった。

413 :名無シネマ@上映中:2005/11/30(水) 20:00:26 ID:HPcp8QK8
>>405
おお~その辺のメイの仕草と雰囲気は気にはなってたんだけど
そういう意味(かも)とは気付かなかった

二匹が一緒に歩く時に、ガブの歩調に合わせて急ぎ足で時々駆け足になって
ガブに追い付くメイとか、ちょこちょこ後を振り返ってメイの速度に合わせるガブとか
雪山で雪がちらつき始めた時の2匹のやりとりとか、説明的なセリフを使わない
さりげない演出がいいよな
スタッフGJ!!

659 :名無シネマ@上映中:2005/12/10(土) 12:27:59 ID:BXhp99HX
主役二人と狼陣営は上手いと思う。
ヤギ達にはもっと頑張って欲しかったけどね。
とても面白かったけど、最後の取って付けた感は…

662 :名無シネマ@上映中:2005/12/10(土) 12:56:15 ID:LMgvpaaL
最後思い出すところでもう少し演出が欲しかった。
「あいことばはあらしのよるにですね」って台詞を入れるなり。

691 :名無シネマ@上映中:2005/12/10(土) 21:08:53 ID:SnANc1if
不覚にも泣いた。
最近めったに映画で泣かないんだけどね。

692 :名無シネマ@上映中:2005/12/10(土) 21:16:35 ID:tlNmzcRG
観てきた。
最初から最後まででかなり泣いた。
凄いいい映画だった。

697 :名無シネマ@上映中:2005/12/10(土) 23:20:54 ID:5r1QfXC0
雷が鳴るとビョンビョン飛び回るメイ(;´Д`)ハァハァ

2ちゃんねる映画ブログ

683名無シネマ@上映中:2005/12/10(土) 18:36:06 ID:HnTNrk8T
川に飛び込むシーンの後二人が再会するところ
メイは声だけで姿を見せるカットはないのがデフォ?
凄い不自然だったんだけど…

700名無シネマ@上映中:2005/12/10(土) 23:39:03 ID:RUDjGRL4
>>683
確かに、あのシーンは???だったね。
時間軸がない作品なので、カット割が激しい。
編集の都合上なのかな。

ガブが記憶喪失になって、
あの草原に移動する時間とかの描写がないのが勿体無い。

でも、邦画では結構な良作だわー。純粋な心の方に見て欲しい。

706名無シネマ@上映中:2005/12/11(日) 00:00:32 ID:OQIpRnmx
泣いたシーン

・雪山でメイがガブに食べてのシーン
・メイが緑の森ハケーンしたときのガブ呼ぶシーン
・満月の下ずっと一緒っすシーン(このあと二人は死ぬんだなと)
・aikoのスター

740名無シネマ@上映中:2005/12/11(日) 01:17:03 ID:7ryx8H21
・ガブ「生きて会えなくなるのは嫌だ!」
・ガブ「なんで腹がなるんだよーー!!」
・合言葉に反応するとこ(フラッシュバックの直前)

やっぱり泣きポイントって人によって全然ちがうね

807名無シネマ@上映中:2005/12/11(日) 18:18:36 ID:hToEfEV2
子供と見てきた。子供はすごく感動したようだった。
全体的に子供向けっていう感じの映画かな。
大人の私も結構、楽しめました。

ラストは感動しましたが、オス同士の友情とも愛情とも
とれそうな感じが少しひっかかりました。
メイは女の子の声でやってほしかったな。

まあ、子供からみれば、そんなの気にならない訳だけど。

811名無シネマ@上映中:2005/12/11(日) 18:31:47 ID:d3dZpQLe
>>807
ホモを理解してくれない社会から逃れて
ホモカップルが安心して暮らせる道を模索、
という映画にしか見えませんでした。

私はホモだから、この映画はあまりにも
生々しいテーマに感じられて、ちょっと複雑でした。
ガブやメイの気持ちが、社会の中の自分の気持ちに似すぎ。

815名無シネマ@上映中:2005/12/11(日) 18:43:50 ID:iZ1SPvIB
まあ何でもホモて決め付けるんじゃなく純粋に友達なんだなと思うよ。
たががオオカミやヤギでホモだて決め付けるのはちょっとね。
可愛いヤギやオオカミのほのぼの映画だなて見れば。

816名無シネマ@上映中:2005/12/11(日) 18:47:20 ID:d3dZpQLe
いやいや、もう、この映画、
ホモの香りが。

818名無シネマ@上映中:2005/12/11(日) 18:55:25 ID:EMv2FCbD
限りなくホモ臭いけどホモではない。
恋愛みたいなのにあくまで友情。
というところが自分にとってはたまらないエロスです。

823名無シネマ@上映中:2005/12/11(日) 19:10:46 ID:d3dZpQLe
メイが、どんどんガブを追い込んでいる感じも
気になった。
好物のヤギを食べずにガマンしてるガブに
あまりに配慮のないセリフが多く、
そのたびにガブにプレッシャーがかかって
ガブが本当にかわいそうだ。

826名無シネマ@上映中:2005/12/11(日) 19:15:55 ID:iZ1SPvIB
>823
寝ているメイがガブたんに「何匹殺したんでした?」ていうガブのあの顔が
娘を襲うとしている義理の父親の顔みたいだね。

839名無シネマ@上映中:2005/12/11(日) 20:57:12 ID:o+Cx3Vy2
しかしメイの母ちゃんて油断してたとはいえ、あのギロの
片耳千切って片目にもあれだけの傷を付けるって凄いような
オオカミ10匹くらいに囲まれてたから食われたけど
サシだったらビッチくらいには勝てたりして

843名無シネマ@上映中:2005/12/11(日) 21:09:46 ID:iZ1SPvIB
>839
同意。
けっこう強い

844名無シネマ@上映中:2005/12/11(日) 21:12:55 ID:hlnfvc9K
友情物語なのにホモだのゲイだの、世知辛い世の中だのう

846名無シネマ@上映中:2005/12/11(日) 21:18:27 ID:KbPvi2/A
>>844
だって、頬が赤くなったりするじゃん。

876名無シネマ@上映中:2005/12/12(月) 01:18:04 ID:HM+Lcqo9
動物って人間みたくオスとメスの個体差がないからあんま深く考えなくて
いいんじゃないか
道にいる犬や猫をぱっと見ただけでオス雌わかんないでしょ

855名無シネマ@上映中:2005/12/11(日) 23:09:48 ID:lRbssZ+Q
映画ではじめて見たんだけど、
これって時代設定はいつなの?
一応日本に見えるけど、
だとするとニホンオオカミがまだ群れでいる頃ってことでいいのかな。

856名無シネマ@上映中:2005/12/11(日) 23:16:43 ID:fq1VyNpM
>>855
ギサブローたんは、ガブやメイが住んでる場所は細かく地図を決めて設定してるけど、
描くときは意図的にぼかしてるとか、季節の移り変わりも曖昧にしてるって言ってるから、
時代設定もぼかしてるか或いは無いかだと思う。

862名無シネマ@上映中:2005/12/11(日) 23:53:19 ID:o+Cx3Vy2
>>855
公式ガイドブックに物語の舞台が載ってるけど
バクバク谷やポロポロヶ丘とか雪山とかみると
絶対日本では無いと思うよ
出てくる動物も象や虎とかの
(ハンターが苦労してでも来るような)金になりそうな動物はいないし
あの世界に人間は合わないかと
 
864名無シネマ@上映中:2005/12/11(日) 23:58:04 ID:fq1VyNpM
>>862
でもあの小屋は人間が建てたものだろうし、構造的にも比較的近代っぽい。
まあ色々な解釈でそれぞれの世界観を持っても良いんじゃないの?
「自分の思い描いてるイメージを崩されるのが嫌だ」ってのも解らなくもないけど。

866名無シネマ@上映中:2005/12/12(月) 00:07:24 ID:pjUb6OkO
>>864
そういや小説では小屋について「人間が使わなくなって何年もたつ」って
あったね

880名無シネマ@上映中:2005/12/12(月) 03:55:42 ID:RCutay0L
成宮ボイス最初は気持ち悪くて仕方なかったけど
雪山の私を食べてのシーンで考え方が一気に変わったよ。
普通に女性声優使ってたんじゃ半分も泣けなかったと思ったね。
「あらしのよるに出会わなければ良かった!」はもう少し言い方変えたほうがいいと思ったけど。

882名無シネマ@上映中:2005/12/12(月) 10:20:25 ID:GLt85vaM
女性声じゃどうしても媚びた感じになっちゃうからね。
成宮がどうのは置いて置いて、いい起用だったと思ってる。ギサブロGJ!

886名無シネマ@上映中:2005/12/12(月) 11:24:09 ID:0A8As+9W
メイはあの成宮のボソボソ声だけが…。
プロを起用するべきだったと思う。素人声丸出し。感情篭ってなさすぎ。

ガブはまー、あのキャラ・声だから許容範囲か。
ブラック魔王な人にやってもらいたい。

山寺氏はサスガ。こぶ平はタッチで鍛えたくらい上手いな。

捻りもない作品だけど、童話なんだもんな。
ストレートに幼少に帰って観られる作品だと思う。
子供連れでも十分楽しめる。友情を今の子に学んで欲しいね。

942名無シネマ@上映中:2005/12/12(月) 21:13:27 ID:4JmEJ4bC
ギロが怖かった。

2ちゃんねる映画ブログ

943名無シネマ@上映中:2005/12/12(月) 21:29:40 ID:WE99zb+8
ギロの声の人、台詞に肉食獣の唸り声も混じって聞こえる気がするよ。凄みがある。



http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1124693615/
2ちゃんねる映画ブログ

36 :名無シネマ@上映中:2005/12/13(火) 18:15:08 ID:y4hAtk0D
 見てきたが良い作品だった。

幼いころの純真さと危うさで突っ走ろうとした焦燥みたいなものを
感じるね。二人でとにかく走れるところまで走ろうっていう。
恋愛感情なんて大それたものではなく1つの絆だけで繋がっているような。

子供の友愛は一緒にいたいという純粋な気持ちで大人が考えるところの
友情にある打算や合理性では全く説明がつかないところが良い。

大人になって自分と周りの関係を認識するようになってからは
こういう体験はなかなかできんだろうね・・。

37 :名無シネマ@上映中:2005/12/13(火) 18:19:08 ID:PerFVnEB
いま>>36がいいこと言った

39 :名無シネマ@上映中:2005/12/13(火) 18:33:34 ID:0bCZbOYO
二人の行動は周りの大人達から見ればトラブルの種になるかもしれず
ワガママに見られるかもしれないけど当人たちはそんな立場に捉われず
自然な感情のままなんだもんね

周りのヤギとオオカミという立場を考えるようになった大人達では
仲良くなれないでしょうな

55 :名無シネマ@上映中:2005/12/13(火) 19:59:52 ID:+stnAIKN
この映画は系統としては「乙女の祈り」に似てるね。
あれは二人の少女が、彼女らを引き離そうとする世界に
対して牙を剥いた話だったが。
若さ故の疾走感は確かに感じるが、もう少し
印象的なシーンが欲しかった・・。

国と国との人と人との関係に置き換えられる話だ罠。

58 :名無シネマ@上映中:2005/12/13(火) 20:06:51 ID:II4YTXhr
乙女の祈りググッてみた。おもしろそうだね!見てみたい。
しかしこれが恋愛物語に「しか」見えない人はちょっと損してると思うぞ。

62 :名無シネマ@上映中:2005/12/13(火) 20:24:30 ID:+CrlYIj/
この映画は素直に見るものだと思う
素直っていうのは考えるんじゃなくて
何も考えないってこと
おれはこういう系はそう見てる
そうしたら泣けた(ノД`)・゜・。

86 :名無シネマ@上映中:2005/12/13(火) 22:11:48 ID:ApOLnudF
会社帰りにヨメをさそい出して観てきた。とてもおもしろかった。
まさしく大人から子供まで楽しめる映画。

2人ともガブがお気に入り。
特にメイを守るために1人で追っ手に突撃するシーンはガブかっこ良すぎ。

90 :名無シネマ@上映中:2005/12/13(火) 22:31:39 ID:S7lMyqGn
小説は、初々しい恋愛モノって感じで良かったよ。
これを読むまでヤギは雄派だったのに雌派に変わりそうよ…
いっそのこと映画のヤギも雄にも雌にも見えるから、
DVDになったらヤギ、女性声も吹き込んでくれないかしら。
ついでに狼ももーちっとカッコいい声で…
いや、シドウのダミ声も好きなんだけどね…

98 :名無シネマ@上映中:2005/12/13(火) 22:51:59 ID:p1ABrsxC
>>90
小説にはメイの性別に関する記述がキチンとされてたって事?
個人的には異性の恋愛話じゃなく限りなく恋愛に近い同性の友情話として読みたいからそう言う記述があるなら前もって知っておきたいなぁ。

99 :名無シネマ@上映中:2005/12/13(火) 22:55:09 ID:JYtxJHaK
>>98
性別の記述は無いよ。
喋りとか語尾が映画とは違って牝っぽい感じなだけかな。
この喋りで成宮ボイスを当てると・・・w

101 :名無シネマ@上映中:2005/12/13(火) 22:56:48 ID:JvMlm/76
>>98
♀だとは書いてないけど、「~よ」とか「~ね」みたいな女口調になってる。
書くときに「男女の恋愛として書いてくれ。」みたいな事を言われたとか。

102 :名無シネマ@上映中:2005/12/13(火) 23:03:45 ID:BJc1vHmM
女言葉なんだ…ちょっとショックかも。

103 :名無シネマ@上映中:2005/12/13(火) 23:04:46 ID:II4YTXhr
>>101しかもすごく半端なんだよね。途中だけ突然不自然にベタベタ女しゃべり…(可愛らしくは感じない)
やるなら最初から女の子っぽくせりふを改変すればいいのに
突然おかまっぽくなったと思ったらまたいつもの状態に。しかもボーイッシュには見えないw
如何にも「書いてくれと言われた」から申し訳程度に…という感じを受けた。

恋愛論みたいに最初から最後まで割り切って別物で書けばいいのにね。
それか、徹底的に逆らえばよかったorz

125 :名無シネマ@上映中:2005/12/14(水) 00:43:43 ID:n4r69Bd1
ついこの間観て来たんだけどすごくよかったよ、
何かこの映画は子供の頃の友情を忘れた人や知らない人は分かんないと思うよガキの時の友情って「よく話すから友達」とか「こいつと居ると楽しいから」とかそんな理由無かったと思う
シンプルに「こいつと居るの好きだから」だったと思う、それをすごいシンプルに表現出来てると思う、だからメイもガブの嫌な所言ったり、ガブもメイに最初は食べたかったとか言ったんだと思う、この映画もっといろんな国の人にみて欲しいよ。
以上戯言でした、乱文&携帯から失礼しました。

126 :名無シネマ@上映中:2005/12/14(水) 00:46:34 ID:DjzcjSBw
こういう設定ってアイス・エイジでもやってたしね…

127 :名無シネマ@上映中:2005/12/14(水) 00:48:27 ID:QiOzlwZl
漏れはサ、あの後どうするんだろ?と思ったね。

ツーカ、山越えした後、猿たちが狼ヲ知ってるって事は、向こう岸にも狼は居るって事だろ?
見たこともない生き物を、狼とは言わないし、危険だとも思わないだろうから。

130 :名無シネマ@上映中:2005/12/14(水) 01:03:58 ID:MVlrsVLk
>127
狼はいるだろうけど、森にはいなかったんじゃないの。
(森に狼が住んでるなら、一匹出てきただけで大騒ぎしないだろうし)

メイを守るために自分の群のリーダー(しかもオヤジの親友)には単身で
向かっていったぐらいだから、メイが襲われそうになったらよその群にぐらい
平気で突っ込んでくと思われ。勝てるかどうかは知らんが……。

2ちゃんねる映画ブログ

童話やおとぎ話の「めでたしめでたし」の後はなくていいんだ。登場人物は幸せに暮らしてるんだから。

135 :名無シネマ@上映中:2005/12/14(水) 02:25:54 ID:j31e0RZi
今日見てきたけど、ラストの方は泣き所満載だったね。
ちょっとほろりと来ちゃったよ。
突っ込みどころは多少あったけど、面白かったし超満足。

でも、春の雪もそうだったけど、主題歌がエンディングにしか流れないから
スタッフロールでいきなり現実に引き戻された感じがしたな。
まあ、この辺は好みの問題だろうけど。

163 :名無シネマ@上映中:2005/12/14(水) 17:08:56 ID:yu91czx6
う~ん。 全体的にまぁまぁ。筋は普通かな。
バックの音楽も輪郭がはっきりしているし、声優も
予想したよりマッチしてた。
食物連鎖の話がちらほらでるが、ガブとメイはメタファー
程度に考えておくのが良いね。
そうすると、幅がでるし無用な論理は要らない。

この映画はどちらかというとそこそこ面白かったって
人が一番多そう。 ただ、それほど悪評は立たないタイプ。

180 :名無シネマ@上映中:2005/12/14(水) 20:23:09 ID:MwpZNKyw
声優だけど、私が一番違和感を感じたのは成宮ではなく林家正蔵でした。
なんか妙に浮いてる感じがして。
ぽんぽこや、ハッチポッチの彼は好きなんですけどね。

181 :名無シネマ@上映中:2005/12/14(水) 20:45:04 ID:mPyTX6b7
>>180
自分も思いました。
喋る度にあの顔が浮かんできて・・・orz

2ちゃんねる映画ブログ

逆に一番良かったのはギロの竹内力さん。
つか言われるまで気がつかなかった位。

188 :名無シネマ@上映中:2005/12/14(水) 22:42:00 ID:Ob6+NqEP
>>180
元こぶ平が喋るたびに癪に障ったけど、それ以外は良い映画だったです。

原作7巻のやっつけ感も見事に再現されてましたなぁ。
劇中のメイのおちりフリフリで悶えそうになったでやんす。

193 :名無シネマ@上映中:2005/12/15(木) 00:08:51 ID:SlYBZ30V
観た~…
いやあ、しみじみ泣けるかと思っていたけどさっぱりした後味の映画ダッタナ


ガブがメイと駆け落ちしたのは、狼仲間の中で上手くいかずに孤独だったから、自分を好きだと言ってくれる友達が初めて出来てころっと惚れたんだろうなぁ…

メイはせっかく冒頭に母と狼の過去シーンを持ってきたのに本編でうまくいかされてなかった…
メイに関してはもう少し映画オリジナルシーンがあってもよかったかなぁ、自分への葛藤や孤独があまり無くて、ガブよりは薄っぺらい印象があったな。声は二匹とも素晴らしかったと採点!


関連記事

  1. 2009/09/20(日) 09:58:49|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<X-MEN2 | ホーム | カンフーハッスル>>

コメント

1 ■見たー

小説でみました
泣ける
  1. URL |
  2. 2009/12/04(金) 17:42:27 |
  3. オイラ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/863-d51b904a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR