FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

余命1ヶ月の花嫁

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1241777381/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2009/05/08(金) 19:09:41 ID:aoVwUJOH
監督 廣木隆一

キャスト榮倉奈々、瑛太

スタッフ 脚本:斉藤ひろし
プロデューサー:平野 隆

製作情報
クレジット
製作: TBS 他JNN28局

劇場 全国東宝系(2009年5月公開)
http://www.toho.co.jp/lineup/hanayome/

原作となったドキュメンタリー番組
http://www.tbs.co.jp/hanayomecaravan/


49 :名無シネマ@上映中:2009/05/09(土) 21:45:24 ID:9SteArT5
観に行った。奈々より本人の方がタイプだ。

公開されたことだし、
そろそろ映画そのものについて話したい。

58 :名無シネマ@上映中:2009/05/09(土) 21:59:50 ID:BgFxgJRp
>>49
率直な感想を聞かせて下さい。

64 :名無シネマ@上映中:2009/05/09(土) 23:27:11 ID:9SteArT5
>>58
実話で記録映像が公開されているので脚本や演出のいじりようがない。
外すと多分スポンサーから怒られる。出会いや同棲生活、自転車、屋久島、
など記録のない部分で映画的に仕上げようとして、どうしても窮屈に
なっている。結果、廣木監督の名人芸でも内容の割に長尺になる。

日々生きていることのすばらしさをもっと実感して欲しいという、
千恵さんのメッセージを表現することが何より大切だ。
しかし、鑑賞者には重要なメッセージが伝わらず、逆にこういう
美しい死に方をしたいものだと思わせてしまう。

数千年もの命をもつ屋久島の縄文杉を象徴的につかったのはよかった。
首折れサバも食いたい。

67 :名無シネマ@上映中:2009/05/09(土) 23:54:23 ID:Be5UH1Hw
今日観てきたけど、感動したぞ!

81 :名無シネマ@上映中:2009/05/10(日) 01:30:41 ID:W1307XoX
ひとつの作品として鑑賞しようと思います。
いろいろいわくつきの作品になってるけどwww

それにしても、A倉さんはもう少しやせてから
撮影に臨むべきだったのでは。宣伝見る限り、
あのドキュメンタリーにはそぐわない健康的っぷり。

2ちゃんねる映画ブログ

A太が嫌われ松子に出た時のダイエットを見習えってば。

83 :名無シネマ@上映中:2009/05/10(日) 01:39:12 ID:ps55/lwA
>>81
やせていた方が本物のガン患者らしいという意見もしばしばあるが、
多くの人が見ている千恵さん本人の映像があって、それがそんなに
やせていないので仕方ないんだよ。あれ以上痩せたら、逆に本人の
映像と違うと言われてしまうわけだ。

106 :名無シネマ@上映中:2009/05/10(日) 11:14:47 ID:l3tAi/0U
前売り券を買った友人から「何か行く気が失せたから」という理由で券を二枚譲ってもらい見に行って来ました。
内容が薄いというかありがちな展開というか・・・
泣く気満々で見に行ってきましたが
う~ん、ちょと涙が出そうになってウルっと来たのと
癌という病気を改めて怖いと思い直したぐらいで
特に感動とかそういうのはありませんでした。

でも好きなジャンルだったのでそれなりに楽しませてもらいましたので
友人にお礼と何で行く気が失せたのかと聞いたら
「実際の花嫁が実はAVに出てた女優さんだったり
 その旦那になった人は・・・・とか
 純粋な愛とかそういうの以外に
 黒くて汚い話や裏が見え隠れ・・・
 噂だとしてもそういう話が出るのって
 何か・・・素直に映画見れそうになくって。」

それを聞いて少し感動した気持ちが見事に消え去り
虚しさとがっかり感でいっぱいになりました。

せめてもの救いは
超感動したわけじゃないので
反動のショックが少なかったぐらいです;;

今まで見た映画の中で
ここまで見るんじゃなかったと思わせた映画は
初めてです。。。

109 :名無シネマ@上映中:2009/05/10(日) 11:32:52 ID:fZMN6Eor
映画を見て泣く必要も感動する必要もないんだよ。


ただこの映画を見て若い女性達が乳癌の検診を受けてくれれば、それだけで意味があるんだ。

219 :名無シネマ@上映中:2009/05/11(月) 02:03:29 ID:61i9VlFI
やっぱ榮倉健康に見える。役作りで減量する役者もいるのにね。JUJUの奇跡を望むならのPVの役者やセカチューの長澤まさみ見習ってほしかった。逆に健康の時の長い髪があきらかにカツラに見えたし。あと本当だとしても子供時代のデブスの設定もちょっと…

237 :名無シネマ@上映中:2009/05/11(月) 07:26:48 ID:KIzsM9t2
きのう映画館で見てきた
泣いた、素直に感動した、病室で千恵さんをビデオカメラで映してるような演出
リアルすぎてボロボロ泣いちゃった
なのにここきたらAVがどうのこうのとか、あんたら心が貧しいね
たとえそれが本当だったとしてもこの人は最後にすばらしい本気の恋愛をして死んだんだよ
私はそうおもったけどね

248 :名無シネマ@上映中:2009/05/11(月) 09:53:39 ID:SOfVeu8X
昨日彼女と観に行ったけど中高生が多かった。
映画の後半になると周りの人すすり泣きw
自分も彼女も全く感動しなかった。スイーツじゃなくて安心した。

263 :名無シネマ@上映中:2009/05/11(月) 12:53:39 ID:6dSyxvkz
本人には余命わずかとは知らされていなかったのに
ある日突然形だけの結婚式を上げさせられたら、
間違いなく自分はもう長くないと悟っちゃっただろうな。

ドキュメントでの結婚式で本人はもう諦めたような気力のなさそうな目をしてたもの。

人の死をイベント扱いするなよ。
鬼畜どもが

265 :名無シネマ@上映中:2009/05/11(月) 13:15:58 ID:qjyoxgR5
これAV出演とか太郎の胡散臭さとかを盛り込んで
感動の純愛ドラマではなく、ドロドロの愛憎劇にしたらスゲー面白そうなんだけど。
昔の東映や大映、日活あたりだったらやってくれたのい。

260 :名無シネマ@上映中:2009/05/11(月) 13:24:06 ID:LeJxerfa
公開当日に観に行った俺がマジレス
ちなみにAVは噂にすぎないと思ってたし、それ以外は知らん

とにかく演出くそすぎ
全体的にだらだらしてたから、四時間くらい座ってた気分
ラストのビデオレターで期待したが、音楽の使い方がダルくて泣けない
というか泣いてる顔映しゃいいと思ってるだろ
後半泣き顔アップがくると飽々した
結構鼻すする音が周りからしたけど俺は無理だったな

352 :名無シネマ@上映中:2009/05/12(火) 02:41:08 ID:HUa102hQ
この手の映画にまだまだ商業的価値があることがわかり、今後も不治の病で若くしてこの世を去る内容の映画が垂れ流されていくのがたまらなく嫌だ。
大人の男が感動できる作品をもっと見たい。

371 :名無シネマ@上映中:2009/05/12(火) 09:17:50 ID:+8wA+2kZ
『余命1ヶ月の花嫁』30億確実の猛ダッシュ
女子中高生中心に抜群の知名度生かす
http://www.varietyjapan.com/news/movie_dom/2k1u7d00000ngl52.html

 榮倉奈々、瑛太主演の『余命1ヶ月の花嫁』が9日、大ヒットのスタートを切った。

9、10の公開2日間で観客動員30万2000人、興行収入4億1000万円を記録。
妻夫木聡、長澤まさみ主演の『涙そうそう』(2006年9月公開、31億円)との興収対比で106%という、素晴らしい出足となった。

 客層は女子中高生から20代の女性が多く、若者中心の興行になっているのが特徴。カップル以外では、女性同士という観客が目立ち、小学生の女の子も散見される。
若年性乳がんと闘った長島千恵さんの物語は、若い女性の間では知名度が抜群だったようだ。
感動ドラマに対する女性層の広範囲な関心が、スタート時の勢いに反映されている。

376 :名無シネマ@上映中:2009/05/12(火) 09:50:31 ID:/94lgDoq
廣木監督にヒット作ができて良かったとちょっと思ってる…

377 :名無シネマ@上映中:2009/05/12(火) 09:55:48 ID:j6CE8Vf1
>>376
それは思った

378 :名無シネマ@上映中:2009/05/12(火) 09:58:39 ID:mfjxBA13
>>376
自分もだ…
でもそれ以上の逆風を受けてるからなあorz
誠実なつくりの映画なのに

418 :名無シネマ@上映中:2009/05/12(火) 20:55:33 ID:pnpQ6bfh
う~む。場面展開が不自然で肝心な場面も抜けてるし、映画の主人公に思い入れを入れにくい作りだね。
脚本家の問題か監督の問題か、元ネタの背景は別にしても題材は良いだけにもうちょっとうまいまとめ方
出来なかったかな?
本人が癌の告知を受けた時、父が娘の癌を知った時、この二つの場面が何故映像化されてないのか?
手術後入院してたはずがいつの間にか屋久島へ。結婚式の夜目を閉じるといきなり死の場面。時間経過
がいきなりでスムーズさが無い。実話の映画化だが、二人が屋久島で会うエピソードなんてあったのかな?

2ちゃんねる映画ブログ

父が教えない限り会えるはず無い(父は映画の中では頑として居場所を教えてなかった)。映画の始まりと
同じ場面が展開する最期のカットも不要。あんなお決まりの演出はいらい無い。
友人たちの関わりもあまり映されてない。本来はもっと深いかかわりがあったはず。彼女の病気を知った時
手術して退院した時、再発した時、余命を知った時。それぞれの友人たちの感情の動揺はこういう映画には
必須なのにひとつも映像化されてない。
それでも、後半は泣かされる。それだけにもっと旨く作れば感動作になったはず。この話を商業的に利用する
ことに抵抗はあるが、どうせ映画化するなら最高の映画にして欲しかった。

346 :名無シネマ@上映中:2009/05/12(火) 22:43:07 ID:pnpQ6bfh
千恵が太郎を実家に初めて連れて行ったとき「母が死んでから千恵は太って俺は痩せた」と柄本が話してるのだが
終盤ホームビデオが流れる場面見ると、母が生きてる時点で丸々太った千恵が登場!!そりゃあ無いだろうwww

540 :名無シネマ@上映中:2009/05/13(水) 21:18:29 ID:bRjeO7HF
エンドロールで瑛太が最初、監督の後に奈々ってのはどういう意味かなあ?誰か解説してよ!

542 :名無シネマ@上映中:2009/05/13(水) 21:22:55 ID:kGQDvip2
>>540
おくりびとのモックン的な扱いとかじゃないの?

568 :名無シネマ@上映中:2009/05/14(木) 00:07:45 ID:sWZrLym8
レイトショー1200円で見てきた。序盤普通のカップルとして描きたっかた
んだろうけど、エイタの乗ってる車がアウディ。舞台が三軒茶屋付近っぽい
けど、広すぎる部屋に、お洒落な家具類。モデルの人は外資系サラリー
マンとかだったんでしょうか?20代のカップルにしてはちょっと金銭的に
バブリーすぎる。後、衣装と会わないエイクラの履くド派手なナイキのスニー
カ。スポンサーの意向もあるんだろうが、映画の雰囲気を小物が壊して
る。カット割が綺麗なだけに凄く残念。比較的長めの上映時間を感じさ
せないし、構成もありきたりだけど良い。でもこれと心に残るものもなく。
感動もしなかった。

618 :名無シネマ@上映中:2009/05/14(木) 19:13:54 ID:29jsAZUT
今日観てきたがテレビドラマで十分だったな
やたらアップのシーンばっかりで観づらいし映画撮ったことない監督なのかな?
もう少し上手くやればいい映画になったと思うんだがもったいないなあ

684 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 09:00:06 ID:CLDQcOpU
ネタに困ったら「余命もの」

ええい面倒くさい、今夜はカレーよ、みたいなもんか。

687 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 10:23:51 ID:e1rbWkWX
>>684
カレーなめてんのか。

688 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 10:32:32 ID:JfLpYoh0
カレーは、えらいんだぞ

690 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 11:31:45 ID:itsE1NkE
「Life 天国で君に逢えたら」
この作品もTBS絡みだよね。
TBSは死人ビジネスに味しめてるんじゃないの?

431 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 22:34:34 ID:f8WOX56o
たった今見てきた。意外に良く出来ててビックリした。
エンドロールの最後に長島千恵さんの写真(本の表紙に使われてるヤツ)
が映るんだけど、なんか神がかり的に美しく見えて思わず泣けてしまった。
太郎ちゃん側の親子関係の描写が足らなかったり、榮倉の花嫁姿がブサイク
だったりと不満もあるが、良い映画だった。

460 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 18:52:58 ID:f/zTO9ng
彼女と見てきたけど結構よかったよ
前半30分はつまんなくて寝てしまったが発病してからは結構見れた
柄本の演技が一番よかった

2ちゃんねる映画ブログ

これ実話と聞いてると色眼鏡で逆に泣けない気がするよ
創作だったらもっと面白かったかな

482 :名無シネマ@上映中:2009/05/17(日) 20:06:04 ID:i5l/Lalm
色々話題の映画なので、貯まったポイント分使って観てきた。w
女2人組が結構多いし。女性率高し。7割近いくらい?

いろんな背景は考えないで、映画の出来そのものだけ見ても、
良くはないかな。
ドキュメンタリーを意識したのか、長回しも結構多いけど、映画として
そこでそうする必然性はよく分からんかったし。
これが伏線なのかと思うと、全然関係なく、どんどん話が進む割には、
カット割りのせいか、不思議とテンポは間延びした印象なんだよな。
結婚式のクライマックスも、もう少し長く引っ張るかと思っていたら、
時間的にはちょっとあっさりめ。
台詞も、一部もう少し精緻に考えて欲しかった気もしたけど・・・。
上映時間は長めで疲れた。

瑛太とエンディングの曲だけは良い気がした。
あと、乳がんの早期発見啓蒙に役立つ部分って、変だと思ったら早く病院に行け
以外ほとんど無いんじゃないか?
他に何かあった?
映画好きの方には、やっぱり向かないだろうなと思った。
屋久島の風景以外は、DVDか地上波放送を待っても十分楽しめる気がする。w

691 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 13:23:54 ID:dzmIJXnA
ドキュメンタリーはすごく感動したし、考えさせられるものがあった
映画は本人の映像を見ているので、どうしても演技しているという感覚があって白けてしまった
その後本を買ったけどこっちの方がよっぽどよかったな
批判も分かるけど映画化でドキュメンタリーとかを見ない人の心を動かすことができたなら、意味あったんじゃないかな

756 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 05:51:59 ID:P5Ta6gsB
映画で言えばおっぱいバレーのほうが全然いい映画なんだが・・・
まあ興行収入は見込めんわなw
それだけに作る人の誠意とかがんばりを感じる。

映画ってそうあってほしい。

これは映画じゃない。

804 :名無シネマ@上映中:2009/05/17(日) 01:13:26 ID:V62A28mw
このスレでの評判悪いね。
今日観てきたけど可も無く不可もなくって感じかな。

もっとベタに泣かせる演出でもいいと思うんだけど、
作り手に照れがあるのか、わりと淡白な話だった。

819 :sage:2009/05/17(日) 08:11:00 ID:vc20f9E/
昨日、観て来たよ。
色々な疑惑等、だいたいの事は頭に入ってるけど、
一つの映画として観てみました…

前にも誰かが書いたけどさ、榮倉奈々が健康に見えすぎる…
役作りで髪をバッサリ切ったんだろうけど、体重を減らすとかさ、
もうちっと、深く入り込んで欲しかったかな…と。

2ちゃんねる映画ブログ

あとね、オレが娘を持つ父親だからか(小学5年だがな)瑛太&
榮倉の演技が台コンだからか、主役の二人には全く感情移入できず、
父親役の柄本さんに感情移入しまくりだった…。

823 :名無シネマ@上映中:2009/05/17(日) 09:25:37 ID:Fchgpd3X
式は挙げたけど、籍は最後まで入れなかったんだよね。
事実に即してるからなんだろうけど、そこがなんか不自然。

医者からの告知の場に同席できるのは親族だけなのに
なぜかエイタも座ってるし。

屋久島でプロポーズでよかったんじゃないだろうか?

830 :名無シネマ@上映中:2009/05/17(日) 12:30:44 ID:Fchgpd3X
余命1ヶ月以内と宣告されてから、かなり生きてたように見えた。
何日生きられたのか、映画の中では良く分からなかったな。

「予後は週単位でお考えください」なんて、実際に医者は言うんだろうか?
日常では使わない言葉で誤魔化そうとしてるように聞こえた。

857 :名無シネマ@上映中:2009/05/17(日) 22:23:18 ID:ifqId5ZR
泣く演技での鼻水が気になってしょうがない。
瑛太が最後に泣くところ、
かなり長く垂れた鼻水を一気に吸い上げてて笑った。

861 :名無シネマ@上映中:2009/05/17(日) 23:18:13 ID:qRLvP0d0
今日、見て来たけどつまらなかったよ。何か、榮倉のイメージビデオを見てる感じだったよ。TBSのドキュメンタリーを見ると駄目だね。リアルに勝る物なしだよ。死の恐怖や悲しみ、太郎さんへの愛情や感謝の思いなんて全然伝わらないし何もかも中途半端だったよ。

887 :名無シネマ@上映中:2009/05/18(月) 13:14:50 ID:W2sXc0U0
ドキュメント観て本も読んで、噂も全部わかった上で映画見に行ったよ。
俺は涙もろいせいかやっぱり泣けたな。

ただ、本読んだ人にはわかるが、この映画は8割方創作になってる。
俺は最初それに戸惑ったが難病モノの映画だと頭を切り替えたらそこそこいいモノだと思った。

AVでてようが事実は変わらんし、TVが言ってる事が全てでもないが、ネットが全部正しいみたいに思いこんで個人攻撃するのはどうなんだろう?
少なくとも彼らが千恵さんを支えてきた事ややってきた活動は並大抵の苦労ではできないよ。
俺は尊敬したいと思う。

892 :名無シネマ@上映中:2009/05/18(月) 15:21:38 ID:AtAbdYyr
>>887
ところが本の内容も今、疑われている

915 :名無シネマ@上映中:2009/05/18(月) 23:49:01 ID:61lFUKik
映画にするなら

どうすれば癌が治るか、
なぜ癌が発生するのか、
発生したらどうすればいいのか、
身内や周りはどうすればいいのか、

等をテーマにした方がいいのでは?
感動だの涙だの言わずにね、TBSさん。

947 :名無シネマ@上映中:2009/05/19(火) 19:11:00 ID:icMO9f36
彼女の父親の目の前で千絵とか呼び捨てにしてるのが気になった



http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1242900299/
2ちゃんねる映画ブログ

46 :名無シネマ@上映中:2009/05/25(月) 00:43:41 ID:d1PKg/j8
キネ旬の星取り表では高評価だったね。
ここでアンチが必死でネガキャンしても効果なかったね。
大ヒットだし、批評家の評価も高いし。

48 :名無シネマ@上映中:2009/05/25(月) 01:21:53 ID:3mIkBEk/
>>46
映画自体は良い映画なんじゃないの
背景知らなければ感動出来るのかも

177 :名無シネマ@上映中:2009/06/03(水) 23:49:52 ID:ywt9xTDR
冒頭の場面で、瑛太が奈々をベットに引き入れてセックス始めようとする場面があるが、あんな場面必要か?
なんか生々しくてやだったな・・・

179 :名無シネマ@上映中:2009/06/04(木) 01:24:26 ID:WDiWM7gw
>>177
結婚式するようなカップルならセックスなんて普通じゃない?

252 :KIYOSHI:2009/06/11(木) 19:43:37 ID:UbaKZ3gD
あんまり
この作品の悪口を言わないでくれ
1人で映画館に行ってマジで号泣した僕はどうすればいいんだよ

313 :名無シネマ@上映中:2009/06/25(木) 00:47:05 ID:oaSGOoQW
今日新宿ピカで4回目の鑑賞。上映回数だいぶ減ったけど、まだずいぶん客入ってるね。
そこそこヒットはするかと思ったけど、ここまで大ヒットとなるとは思わなかった。アンチと
の激突が物議を呼んだが、結果的にそのことでよりこの映画が認知され多くの人に見て
もらえたのかもしれないね。それと、こういう不幸な境遇の物語って日本人好きだしね。

314 :名無シネマ@上映中:2009/06/25(木) 01:02:25 ID:QDPzd/Jn
>>313
主題歌、脚本、配役がヒットの要因

現実はこんな綺麗な物語じゃない

338 :名無シネマ@上映中:2009/06/30(火) 08:43:12 ID:bKT0RKRv
静かな映画だった
ファーストシーンで無心に歌を口ずさむ榮倉の横顔
ラストシーンで様々な感情をにじませた表情見せる瑛太
どちらも心に残った


関連記事

  1. 2009/08/18(火) 00:59:44|
  2. や行映画
  3. | トラックバック:5
  4. | コメント:0
<<余命1ヶ月の花嫁にまつわる噂…まとめ | ホーム | トランスポーター2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/862-8b7522e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「余命1ヶ月の花嫁」@ニッショーホール

 映画の話 千恵は23歳の秋に左胸にしこりがあることに気付き、若年性乳がんの診断を受ける。恋人、太郎や家族、友人に支えられ、つらい闘病生活が開始。一時は職場復帰もするが、がんは他の場所にも転移していた……。 映画の感想 これは「映画化する必要があったのだ...
  1. 2009/08/18(火) 23:42:19 |
  2. masalaの辛口映画館

試写会「余命1ヶ月の花嫁」

これから日比谷の東商ホールで、J-WAVE主催の試写会「余命1ヶ月の花嫁」を観ます。基本的に、こういう切ない系病気死別的恋愛映画は大好物なんで、結構楽しみです。実話がベースになってるようなんで、きっとリアリティもあるんだと思います!あとは役者次第だけど...
  1. 2009/08/19(水) 01:14:30 |
  2. 流れ流れて八丈島

【余命1ヶ月の花嫁】

監督:廣木隆一 出演:榮倉奈々、瑛太、柄本明、手塚里美、安田美沙子、大杉漣、津田寛治    あしたがくるって、奇跡なんだよ。 「会社員の太郎とコンパニオンの千恵はちょっとしたトラブルが出会いで知り合った。二人は付き合うようになるが、千恵には隠し
  1. 2009/08/19(水) 13:00:20 |
  2. 日々のつぶやき

映画『余命1ヶ月の花嫁』

『余命1ヶ月の花嫁』 2009年5月公開作品 本作は、2007年5月にTBS報道番組『イブニング・ファイブ』で 「24歳の末期がん」ドキュメンタリー特集として放送され、 放送終了後も反響を呼び、同年7月に 特番『余命1ヶ月の花嫁/乳がんと闘った24歳 最後のメッセージ』が 高視聴.
  1. 2009/11/27(金) 18:00:53 |
  2. ?yatsufusa?

『余命1ヶ月の花嫁』’09・日

あらすじ2005年秋、イベントコンパニオンの長島千恵は乳がんの宣告を受ける。同時期に、仕事先の展示場で赤須太郎と知り合い、交際を申し込まれ・・・。感想夕方のニュース番組...
  1. 2010/10/06(水) 21:54:54 |
  2. 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR