FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アキレスと亀

【ビート君】☆アキレスと亀☆【第十四作目】
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1214047514/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2008/06/21(土) 20:25:14 ID:estDcEIh
9/20ロードショー

監督・脚本・編集・挿入画/北野武

出演/ビートたけし 樋口可南子 柳憂怜 麻生久美子
中尾 彬 伊武雅刀 大杉 漣 筒井真理子 吉岡澪皇(新人)
円城寺あや 徳永えり 大森南朋

音楽/梶浦由記

http://www.office-kitano.co.jp/akiresu/


944 :名無シネマ@上映中:2008/09/20(土) 21:20:51 ID:yrsL2Ryl
ストーリーはいまいち。
細かいところを見ると面白いところもある。いっぱい出てくる絵とか。
絵の元ねたを良く知ってるともっと楽しめるかも。
学校の仲間とわいわいやっているシーンは結構好きだな。
TAKESHIS'見る感覚でもう一度見るともっと面白いかも。

949 :名無シネマ@上映中:2008/09/20(土) 21:35:40 ID:bsesm023
両親自殺はこれ以上無いくらい子供に罪だなと感じた。
普通ドラマであまり両親自殺なんて見ないから余計に。
母親の弟にあずけられた以降、あの弟の台詞が「どうすんだよ!」連呼で
この役はたけし本人がやっても違和感ないんじゃないかと思った。
たけしに男の子供がいたらあんなふうにぼかすか怒鳴り散らしながら育てるんだろうか
と思うと、なんか現実味があった。

951 :名無シネマ@上映中:2008/09/20(土) 22:09:43 ID:oAUSVvMh
淡々と綴られる芸術家の狂気はただただ恐ろしく、ただただ切なかった。
またしても素晴らしい作品をお撮りになりましたね。
欧州だけで評価が高い現状が歯がゆいばかりです。

953 :名無シネマ@上映中:2008/09/20(土) 22:21:18 ID:dhcPUikk
想像してたより、ずっとよかった。ここ数年の北野映画では一番じゃないか。
hana-biやキッズリターン、あるいはあの夏かdollsのようでいて
どれにも似てない、ここからまた新たな一歩を踏み出すことだろう。

少年時代のエピソードからして神がかっていて、泣けたよ

954 :名無シネマ@上映中:2008/09/20(土) 22:24:42 ID:yT1hRAS5
自分も銀座テアトルで観てきた。
まあまあ面白かった。
ちょっとアクションペインティングにこだわり過ぎかなと思った。
例えば、代わりにヘンなオブジェを2、3個作ったらもっと幅広い可笑しさを出せたかも。

955 :名無シネマ@上映中:2008/09/20(土) 22:32:44 ID:zQcaPHXK
何で壮年期たけしなのかなぁ。
大杉漣だろ。大杉の役はたけしだろ。

2ちゃんねる映画ブログ

ならバランスも取れるし、少年期→青年期はまぁまぁ違和感無いのに
壮年期にいきなりたけしじゃなぁ。寡黙でゆっくりした青年期から
いきなり早口に変わっちゃうと、時の流れを割り引いても
同じ人格とは思えないよ。
少年期の同学年の子供たちも、昭和の子供じゃないんだよな。
血色いいし、髪質もツヤツヤ。なんで男の子はバリカン坊主。
女の子は普通のはさみでおかっぱに統一しないのかねぇ。
少年期マチスは坊ちゃんの設定だからいいけどさ。
今の子役はみんな栄養が行き届いているからなぁ。
こういった細部のリアリティにこだわるのハリウッドッぽい下品さ
と言ってたけしは嫌うんだろうけど、大事だと思うぞ。
心を揺さぶられるすばらしいシーンがたくさんあるのに残念だよ。

957 :名無シネマ@上映中:2008/09/20(土) 22:43:58 ID:xRDSrA3G
>>995
確かに大杉漣だったらぴったりだったのにね
たけし出てきてすごく違和感感じた

958 :名無シネマ@上映中:2008/09/20(土) 22:49:53 ID:dTxYNMwS
樋口可南子のキャスティングは良かったね。
いつもの加世子じゃ辛気くささ満点だったと思う。

作品自体は金獅子のアレより二枚は上。
沁みる言葉が沢山あった。
少なくとももう一回は見たい。

962 :名無シネマ@上映中:2008/09/20(土) 23:03:39 ID:7Pa5qWK0
今作は、武映画に共通する悲壮感や孤独感がない感じがした。
実際に起こっていることとは結構悲惨であるはずなのに。
おそらく、主人公の直向な性格や夫婦の話であること、人が死にすぎて
緊張感がない、とかが理由だと思うけど。

963 :名無シネマ@上映中:2008/09/20(土) 23:11:32 ID:oAUSVvMh
芸術の前には娘も奥さんも道具と定めていたにも関わらず、いつも傍らにいるハズの奥さんの不在により絶望的な孤独を感じるわけだよね。
至上であるハズの芸術に愛が追い付く後半。
もがきながら失いながらアキレスが亀に並んだラストシーンに涙。
押し付けがましくない淡々さがこの監督の素晴らしさなのです。

971 :名無シネマ@上映中:2008/09/20(土) 23:21:40 ID:ZfvIL70M
いまTVでスマップの香取が1位にして誉めてたな。

973 :名無シネマ@上映中:2008/09/20(土) 23:25:04 ID:zFedUXKQ
>>971
香取は、座頭市よりタケシズの方が面白いと言った男
たけしファンとしては「偉い」と言いたいw

975 :名無シネマ@上映中:2008/09/20(土) 23:27:38 ID:5Lghgyow
内容はあえて伏せるが、「映画を壊す」発言の後の作品としては
あまりにもお粗末極まりない。
映画館まで足を運ぶ価値はない。DVDレンタルで充分の作品でした。

977 :名無シネマ@上映中:2008/09/20(土) 23:31:45 ID:Zthm+eCD
>>975
そんなこと言ってたのかw
宣伝の類い一切見ない主義だから

982 :名無シネマ@上映中:2008/09/20(土) 23:49:47 ID:dTxYNMwS
映画壊したと思うけどなあ。
今作では絵画という芸術を通し、それをやり続ける意味と理由を映画という芸術をして切実に問うわけでしょ。
売春する娘を承知しながら、その金を当て込んで芸術に突っ走らせてるんだよw
一方ではラーメン屋扮するに大竹に
「アフリカの飢えた子供にメシとピカソを並べたら、ピカソなんかにゃ目もくれねえ」旨語らせて、
ある状況に際しては、(映画含む)芸術なんてクソだと喝破してるんだよ。
映画監督として世界に名を馳せた人間が、自らの業をしてクソだと言い切る態度表明を「壊す」と言わなくて何と言うんだよ。
ただただドンパチ決めてキチガイを気取れば「壊れてる」じゃ鑑賞者として稚拙に過ぎる。
何でもカンでもヨーロッパが至上じゃないが、北野が分からず客入りも不振な理由はこのスレ見てるとよく分かる気はするね。

984 :名無シネマ@上映中:2008/09/20(土) 23:55:58 ID:9KtOZaOe
>>982
そういう見方もありだな。
個人的には前作で監督としても、映画としても既に壊した気がしないではないかと思う。

986 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 00:01:49 ID:ZLiQKXF4
>>984
アキレスと亀は、映画を壊す内容の映画で、
監督ばんざいは、この映画そのものが壊れてた気がする。

990 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 00:16:33 ID:+5ifvScM
>>986
そうかなあ…?
ばんざい!も意図して壊してたと思うんだがなあ…?



http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1221925841/
2ちゃんねる映画ブログ

6 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 01:39:53 ID:oPnq2yVt
今までの映画と比べると「キッズリターン」にテーマがいちばん近いかな。
キッズではいろんな人生が併置されて、成功も失敗も大して違いがないという考えが示される。
「アキレス」でも淡々と描かれるいろんな死が出て来る。
好きなことをやっている人生をあくまでアイロニカルに、諦念をベースにおいてだが一応肯定するのも「キッズ」と同じ。
ただ若者が主人公の「キッズ」に比べて諦念が強まった感じはある。

28 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 11:35:42 ID:Z1txKBIG
なんで医者と看護婦は笑ってたんだろ

29 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 11:40:17 ID:oPnq2yVt
俺もそれ不思議に思った。

あと、農民画家はどうしてバスに轢かれたのか。
継母は別れた時にもうでてこないなと思ったら飛び降り。
どうしても殺したかったらしい。

30 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 11:42:36 ID:oPnq2yVt
その笑う看護婦とか、美術学校の女の生徒が妙にチャーミングに見えるのはなぜか
と思ったら重要な役の俳優に笑えむシーンがほとんどないんだね。

31 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 11:45:29 ID:ZLiQKXF4
>>29
農民画家は、マチスのアドバイスどおり、バスを描こうとして、前に飛び出したら
ああなったんだと思う。

まあ、あまりにも人が死にすぎている。
殺したら悲哀感等が生まれるわけでもないと思うのに。

32 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 11:52:45 ID:gw0bHtjN
言われてみれば、たくさん死んでるな
俺はあまり気にならなかったw

閉店セールのチラシが一番笑ったとこかな

34 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 12:45:54 ID:YOlCYXGC
死ぬことで悲壮感を演出しようとすることを嫌ってるふしはあると思う。
昔は貧しい家ばっかでガキが病気で死んでも親は普通に受け止めてたとか.友達が死んだ後もあっけらかんとして当たり前に暮らしてたとか
それぐらい死が日常にあったということを本でよく語ってた。

40 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 14:04:23 ID:A9MTHP44
画商の言うことにおもねる絵ばかり描いてるのが解せない。
世俗の評価など気にしない孤高の画家を目指すならともかく。


それ以外はOK。

41 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 14:12:46 ID:K1ZgVp72
>>40
娘と会った喫茶店(?)だかに、真知須が描いた絵がかけられていたのに
本人はそれに気づかず。

ってあたりが、そのあたりの鍵なんじゃないか?

51 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 15:17:30 ID:+5ifvScM
>>40
あくまで表現だから。
読みは幾らでも可能では?
現映画業界を指しているともとれるし、北野自身もいくばくかはそんな思いもあったのを自虐的に表現しているともとれる。
もっと言えば、世間は、人間はいかに他人の言動に振り回される存在なのかを揶揄しているとか?
それがいかに馬鹿馬鹿しいかを

52 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 15:19:25 ID:bjAFIjk1
三又はよい役もらったよね。
彼のこれからの芸能人生がどんな風になるかは
知らんが、この思い出だけで一生生きていけるんじゃないか?

2ちゃんねる映画ブログ

54 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 15:27:35 ID:3duBWiZw
いっぺん全部素人使った映画が見たい。
演技嫌いなんでしょたけしって。
次、時代劇だっけ?その映画で全部素人つかってくんねぇかなー
序盤の素人学芸会みたいな演技が、映画の中の時間経るごとに段々マシになっていくっていうのw
たけしの役者飽きたんだよなー

55 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 15:54:55 ID:YOlCYXGC
それじゃあきらかにコケるのは見えてる。
なんやかんやで初期から有名な役者ちょこちょこ使ってるからな。
それはないと思う。

56 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 16:14:40 ID:hQXRbCIj
今回伊武雅刀と中尾彬が初だっけ?
二人ともただものではない雰囲気出していて
さすがだなあと思ったよ。

最近は初期のような大胆なキャスティングってなかったから
もっと実践してほしい。
あ、ばんざいの江守さんには笑わしてもらいました

60 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 16:44:16 ID:D9sfnAtF
シャッターに書いてた絵は好きだったなぁ。バスキア風なのあれ?
ウォーホル風ノックさん、リキテンスタイン風009とか良いよな。

映画的には、少年時代が一番良かったけど。
画商役は2人とも良かったなぁ。特に大森さんのセリフのトーンが
良い。なんか笑える。

62 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 17:01:37 ID:HHmLlQWX
たけしはダメ人間演じて「金貸してくれ」ってセリフ言わせたら右に出る者はいないな。
あんなにリアルな金貸してくれ!はない。

65 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 17:39:43 ID:YOlCYXGC
武がチンピラにぶっ飛ばされるシーンは目新しかった。
初期から殴るほうの人間しか演じなかったら年齢的なもんか情けない人間のほうがハマるなぁ。

66 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 17:41:25 ID:tXLt6UVP
娘の死すらその程度の扱いだからなぁ
あの淡々と積み重なる死
やっぱバイク事故の影響なのかね?Dollsとか
車で壁にペイントして、運転者が死んだ所なんて献花シーンで
「死んだのかよw」って館内に笑いが起こった位だった

69 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 18:01:00 ID:YOlCYXGC
有名な芸術家のパロディシーンは客ポカーンだった。
やはり多少の芸術の知識はないと笑えないのかな。
個人的にウォーホール風横山ノックは良かったけど

70 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 18:54:53 ID:aU6MbGp4
ラストで真知須が缶投げて樋口が川へ蹴飛ばすシーンてCG?
素でやってたら何回リテイクしても無理だよアレ。

ウォーホールのノックとリキテンスタインの009は金払っても欲しい。
バスキアもどきは格が違い過ぎて論外w
でもいい映画だった。

71 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 19:01:22 ID:3Ly/2oND
おれは美空ひばりが欲しいと思ったし、
連れのコはキャンベルのくじら缶が欲しいと言ってた。
好みは色々だね。

76 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 19:39:34 ID:sYqVg+OK
>>70
あー、あの缶の動きは確かになんか不自然だったね

78 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 19:42:48 ID:3ci419Bq
たけしがコーラの缶を右側に投げて
左に戻って来て樋口が足で蹴った

79 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 19:48:03 ID:SY6nA/bc
前田忠明のインタビューで
ラストシーンの撮影では映画の神が降りて来たらしいから
実写だよ。

137 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 23:30:57 ID:gmwCGtNb
>>70
監督が、舞台挨拶でCGじゃないって言ってたよ
しかも一発撮りで、樋口さんが蹴るのも台本には無かったらしい

102 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 21:58:53 ID:oPnq2yVt
見終わったときは、なんか微妙な映画だなぁ、と思ったけど
いろいろ何か気になってくるね。
俳優たちが表情を殺した演技をしている場合が多いこともいろいろな解釈を許すことになるし、
それが狙いか。

105 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 22:22:18 ID:YOlCYXGC
お宮の松とかガンビーノ小林とかの見た目が浮きすぎてた
あんな美術学生いないって!モヒカンはともかくロカビリー風リーゼントにアロハってWW

2ちゃんねる映画ブログ

106 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 22:23:04 ID:nW6l5yiW
主人公の画風が行き当たりばったりで計画性がないのは北野映画の作風を揶揄してんのか。
その自嘲ぶりを晒すことを自己愛と解釈している人がいるのか。今回の作品は行き当たりばったり
で、悪く出たほうを意図的に選んで作ったんじゃないの?それによって主人公の脱線ぶりを
映画の出来とかけていると解釈できるかな、ある意味好意的だけど。
無計画に製作を進めて良く出たほうを積み重ねていく作風で作れなくなったとしたら絶望する。

あんまり指摘されないけど誰でもピカソの経験がかなり影響を与えてるよね。座頭市では
タップダンス世間に価値を認めさせるように使ったわけだけど、今回は冷や水あびせてる
のに近いね。才能ない奴は早く辞めろという警告とも解釈できるか。まあ愛でもあるけど。

後半はギャグだらけというのは間違いだと思う。話の中では彼らは本気なんだよ。家庭を
犠牲にするほど深刻な問題行動。その悲劇性もふまえるのが当然だろう。美人さんの
樋口可奈子が献身的に付き合うさまはミスマッチですごくかわいかったが、何でこんな
美人の奥さんがこんな奴にここまで献身する必要があるのかという疑問が浮かぶのは
悲劇性を表しているだろう。

しかし内面を感じる登場人物は皆無だった。薄っぺらい怒りの表現してる人のほうが
より感情を感じさせるほど空虚な内面だったな。内面を育てるのはラスト以降なのかも
知れない。つまんなかった。残念。

107 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 22:36:03 ID:HYOpIR5f
俺は武が出てきてからのほうがストーリーに引き込まれたな
まぁ武が大好きだからだが
どうしても少年期青年期が前フリに見えちゃってね
後半はギャグ多いけどギャクで終わらなくてストーリーに繋がってたからいいんじゃないかな
樋口がマチスを殺しかけて警察に連れて行かれて、それが別れのキッカケになったり

108 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 22:39:39 ID:D9sfnAtF
>>107
俺が見た映画館では、バスタブから救急車、パトカー
までの一連のシーンでは爆笑が起こってた。

109 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 22:42:50 ID:+5ifvScM
>>108
しかもタンカでは
水中メガネつけたままw
あり得ねえww

110 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 22:44:51 ID:HYOpIR5f
何回もある大森とマチスのやりとりもコントにしか見えなかったんだがw

2ちゃんねる映画ブログ

111 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 22:47:09 ID:+5ifvScM
>>110
クスッと笑えるコントだな

112 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 22:48:27 ID:YOlCYXGC
大森の淡々としてんだけど間も絶妙なツッコミてか指摘は笑ったな

115 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 22:55:37 ID:+5ifvScM
>>112
オフビートの間がいいな
 
118 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 23:05:49 ID:D9sfnAtF
髭の濃い変なキャラの家族・親戚シリーズの絵の所とか完璧コントだよなw

ちょっと褒めるとコレだから、みたいなセリフとか絶妙だった。

119 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 23:07:05 ID:Bxc0gykQ
北野映画の演技指導なんてどれほどの意味があんのか。大森はうまかったと思うけど
別にそんなの北野映画で見るモンでもねえと思う。俺がわくわくしたのは木刀浪人と
船八用心棒が出てきたところだ。メロンパン食ってたのは明らかにエルフェンリートへの
オマージュだな。キッズにあった才能が開花して上っていくが挫折するドラマ。座頭の
迫力じゅうぶんの殺陣という見せ場。10月やソナチネの謎と数奇な運命。今回のは
起起起結だな。

125 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 23:13:53 ID:D9sfnAtF
>>119
木刀浪人は俺もおっ!と思った。あの浪人役良かったもんなぁ。
武また使ってくれて良かったと思った。

船八用心棒は気が付かなかったな。今度注意して見てみよう。

126 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 23:14:01 ID:3ci419Bq
新聞屋の社長は優しかったよな
柳が新聞くばらずに絵を描いてた時
一緒に手伝ったり普通はクビだよな
柳が絵の学校に行きたいといったときも新聞配達を続けながら通えばよいとか

130 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 23:22:54 ID:YOlCYXGC
》126あのひと通常のドラマや作品では悪役多いし以前たけし映画でもガラの悪い役だったよね。顔怖いし悪役専門みたいな。
だから柳を怒鳴ると思ったけどやさしかったな。
監督はギャプを狙ったかのかな。

134 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 23:26:36 ID:Bxc0gykQ
そういやあみんな結局はやさしかったよな。農家のおじさんも辛く当たるけど結局は絵を描かせてくれるし。
娘も金かしてくれる。画商もタダで絵を奪ってるが、ちゃんと売ってる。画商以外はとても善意の人が多い。
やはりそのやさしい周囲の善意を無にする身勝手さの表現かな。成功ってなんだろうなのかもしれんし。
成功よりも大切なものがある、かもしれんが、話がつまんなすぎる。

129 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 23:22:50 ID:3ci419Bq
そういえば電撃ネットワークも出てたね

131 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 23:24:35 ID:HYOpIR5f
大物ベテラン芸人も出てたよ

147 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 23:55:41 ID:HYOpIR5f
ママにキツイこと言われた後に歩道橋から飛び降りた奴の気持ちがなんとなくわかるな
普通はふっ切って大人になるんだろうけど

148 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 23:59:57 ID:D9sfnAtF
>>147
その後おでん屋の親父(大竹まこと)にも「芸術はまやかしだ」みたいな
話された直後だったよね。

飢えてる人の前では芸術なんか無力だみたいな話。

149 :名無シネマ@上映中:2008/09/22(月) 00:02:56 ID:C1QpBpbo
>>147
歩道橋から飛び降りた奴のシーンは印象的だった。
でも真知須(?)が「飛び降りたこと気付いて立ち止まるけど、そのまま立ち去る」みたいな方が真知須らしかったと思うんだよな

151 :名無シネマ@上映中:2008/09/22(月) 00:04:13 ID:R4rcFJch
>>148
芸術家になれないなら死んだほうがマシって思っちゃったんだろうね
うっすら自分に才能が無いことにも気付いたのかな

156 :名無シネマ@上映中:2008/09/22(月) 00:11:42 ID:gcMI1GYD
そもそもアキレスって何の名前?
アキレス腱?

158 :名無シネマ@上映中:2008/09/22(月) 00:22:55 ID:g9ryFLty
>156まだ映画を見てない?
冒頭のアニメで亀と競争するのに出てきた男がアキレス

160 :名無シネマ@上映中:2008/09/22(月) 00:24:51 ID:XP84YiPt
>>156
アキレスと亀でググればいくらでも…

有名な哲学・論理学・数学的なパラドックス、命題

161 :名無シネマ@上映中:2008/09/22(月) 00:25:30 ID:sktiDAJm
>>156
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AD%E3%83%AC%E3%82%A6%E3%82%B9

163 :名無シネマ@上映中:2008/09/22(月) 00:34:23 ID:XP84YiPt
時間と空間を無限に区切れるって前提を疑えば解けるって事だっけ?

173 :名無シネマ@上映中:2008/09/22(月) 01:51:55 ID:o0+3dNUA
俊足のアキレスである筈の芸術家の自分が、のろまな亀の筈の芸術を理解しない世間に追い付けないという、
主人公の脳内に於けるパラドックス。
てか、あれ自分のことじゃないの?

175 :名無シネマ@上映中:2008/09/22(月) 02:15:51 ID:bvbHoXdH
昔バンドやってて上京してきた俺はこの映画一人で見に行って最後うっすら泣いた

久しぶりに泣いた気がするよ

176 :名無シネマ@上映中:2008/09/22(月) 02:30:48 ID:9QBYjmWY
見てよかったです。
映画館の大スクリーン+音響設備で見るほどの大作ではないのですが、
前2作がハチャメチャだったので、3部作という事で見るべきか迷っていたのですが、
北野映画らしくなく説明が饒舌で、登場人物に状況などを喋らせていたので、
北野映画ファンではない人にもわかりやすい作りとなっていました。

自分は最後の説明文がかなりグッと来て泣きそうになりました。
あの後どうやって生きていくんでしょうね? 真知寿は死のうとしても死ねなかったのに。
芸術残酷物語で、北野映画はいつも最後にカタルシスがなく救いがないのですが、今作でもそうでしたね。
武の中では浅草の頃の売れない芸人時代がそうとうトラウマになっているのでしょうか。

しかし真知寿の青年時代って何歳ぐらいの設定なんでしょうか?
柳憂怜は実年齢45歳だけど、美術専門学校に通いだしたのは26~27歳くらいの設定?
それから結婚して娘が生まれてたけど、中年期になって娘が高校生の18歳?としても
武の風貌だともう50代後半くらいに見えてしまうので、無理があるように思えた。
今回は時系列で主人公の役者を替えているんだから、武が演じる必要はないと思った。

178 :名無シネマ@上映中:2008/09/22(月) 02:34:58 ID:N8HCqDPC
>>176
自分は北野映画のファンだけど、
実に正直な感想だと思う。
頷けない点も勿論あるけどね。

191 :名無シネマ@上映中:2008/09/22(月) 12:15:16 ID:LFP4hIYH
最後の樋口可南子の笑顔に、本当の怪物とは何かを見出だせるかどうかにかかってるな。

真っ白なキャンバスと化したかのような白をまとうことになるマチス。
その前に置かれた朽ち果てた空き缶。その色彩。

やっぱり武はやるな。


関連記事

  1. 2009/09/11(金) 00:56:19|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ワールド・トレード・センター | ホーム | ドランク・モンキー/酔拳>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/853-ee70ba02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR