FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1207058897/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2008/04/01(火) 23:08:17 ID:7lqhnq8Q
There Will Be Blood
2008/04/26公開 http://www.movies.co.jp/therewillbeblood/

原作:アプトン・シンクレア『石油!』
監督、脚本:ポール・トーマス・アンダーソン
主演:出演:ダニエル・デイ=ルイス アカデミー賞主演男優賞
音楽:ジョニー・グリーンウッド(レディオヘッド)
撮影:ロバート・エルスウィット アカデミー賞撮影賞


10 :名無シネマ@上映中:2008/04/08(火) 16:03:51 ID:w1BGNux/
参ったよ。重くて硬いあの球が命中した気分だ。
キリスト教の入門書を読んでからもう一度観る。

29 :名無シネマ@上映中:2008/04/26(土) 19:21:00 ID:DAIM+0IP
見てきた。劇場年寄りばっか・・・。
音楽のせいもあるけどすごい緊迫感だ。

序盤のポールとイーライをラストの説教まで同一人物だと思ってた・・・
俺今ちょっと涙目。

30 :名無シネマ@上映中:2008/04/26(土) 23:17:11 ID:ghshauzD
>>29
俺も最後の最後で「俺たちは同一人物なのでした~、ダニエル涙目プギャーm9(^д^)」ってなるのかと思ってた

31 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 00:00:45 ID:9xn6jnjP
私は二重人格だと思ってた・・・orz

40 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 11:24:31 ID:66paRgcI
>>29-31
えっ、別人だったの・・・

42 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 13:56:17 ID:5SSJECyU
>>29
お前は俺か

2ちゃんねる映画ブログ

最初の男、ポールって名乗ってたっけ?
「名前は言えない」的なこと言ってなかったけ?
だから最後、「ポールって誰やねん!」って心の中で突っ込んでた…

43 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 14:20:07 ID:XFKbBXK6
>>42
ポールは名乗ってたよ。
んで、弟のイーライってのがいるとも言ってた。
ただ、双子ってのは言っといて欲しかったよなあ。

46 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 15:10:42 ID:5SSJECyU
>>43
さいですか、名乗ってますたか…
弟がいるとは言ってたね

ダニエルはどうして兄貴の方に10000㌦払ったって事を、
ずっとイーライに言わなかったんだろう

47 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 15:15:37 ID:5SSJECyU
ああ、ダニエルは双子だって事を半信半疑に思ってたのかな
1万払ったのに更に5千も要求しやがって、みたいな?

48 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 15:23:20 ID:5SSJECyU
でも、んなこと誰か村人達とかに聞けばイーライんとこの家族構成がどうかなんてすぐバレるしな
村ぐるみで騙されてるかもとか思ってたのかな

なんだこの連続自問自答レス
わけがわからなくなってきたので落ちる

49 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 17:02:36 ID:XFKbBXK6
>>46-48

そりゃ極力安く済ませたかったからでしょ。
アイツには10000払ってんならこっちにも同額寄こせ
なんてことになったら藪蛇じゃん。
彼一流の交渉術なんだと思うよ。

51 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 18:46:26 ID:JtfrvsiV
ラスト、神を信じたが裏切られた男と
神を信じなかった男の結末に笑ってしまった・・。
所詮人間の人生なんて、愚かな茶番劇にしか過ぎないのだろう。

55 :名無シネマ@上映中:2008/04/28(月) 01:34:29 ID:PoRnA8oX
HWが事故った時の音楽がよくもまあというくらい狂ってたね。
打楽器が全く合わない重なり方で延々鳴るやつ。

56 :名無シネマ@上映中:2008/04/28(月) 01:36:34 ID:Qxlyhhdv
かっこよかったなアレ

59 :名無シネマ@上映中:2008/04/28(月) 02:48:20 ID:DMPzYvIZ
映像だけで十分なのになんでうるさい音楽がいるのかね。集中力をそがれるだけ。
音消して見たら意外と傑作かもね。なんかその辺がいかにもキューブリックっぽい。

82 :名無シネマ@上映中:2008/04/29(火) 17:49:42 ID:6BseWbdv
ノーカントリーもこれも邦題が最悪。
後、フィクサーも。

84 :名無シネマ@上映中:2008/04/29(火) 18:25:56 ID:vjlzNvN3
ゼア・ウィル・ビー・ブラッドを旨く翻訳出来ない、 何か上手い訳が無いモノでしょうか?

85 :名無シネマ@上映中:2008/04/29(火) 19:12:13 ID:BB4VJhI7
そこには血が流れるだろう

87 :名無シネマ@上映中:2008/04/29(火) 19:49:56 ID:vjlzNvN3
>>85 ありがとう

…でも直訳だね、こう神経に障るような訳にならないかな?

89 :名無シネマ@上映中:2008/04/29(火) 19:56:56 ID:fKmD7XRU
>>84
石油と血のバラード

90 :名無シネマ@上映中:2008/04/29(火) 20:45:59 ID:XXfqKbhf
「ひげと石油」とか。

100 :名無シネマ@上映中:2008/04/30(水) 00:59:51 ID:AInaKZ3P
>>84
捻らない訳なら「血を見る事になる」だよ

96 :名無シネマ@上映中:2008/04/29(火) 23:58:03 ID:80suljnK
ダニエルがダニエル役をやるのか。
こんなのって珍しくない?

98 :名無シネマ@上映中:2008/04/30(水) 00:28:41 ID:Ozv4SA8T
そういえばダニエルがダニエル役で、ポールがポール役をやってるんだね。

99 :名無シネマ@上映中:2008/04/30(水) 00:42:03 ID:vy6S/Kf9
神への冒涜発言を繰り返させるシーンがダニエルの演技指導に見えた

106 :名無シネマ@上映中:2008/04/30(水) 08:25:48 ID:Jtu/ci5y
最後のダイアローグを聞いてたら
キリストの血=洗礼の聖水=石油=ミルクシェイクっていう連想の飛躍なんだな。
ミルクシェイクを吸うようにダニエルはイーライの石油と血を吸うというw

108 :名無シネマ@上映中:2008/04/30(水) 10:41:44 ID:MIATazLS

2ちゃんねる映画ブログ

イーライだけが歳を取っていなかったからやっぱり彼は神の使いだったんだね。
それである種の寓話性がはっきりしたと。
社会派リアリズムの原作とはまるっきり違うな。そもそも主人公が息子の方だしw

126 :名無シネマ@上映中:2008/04/30(水) 22:04:15 ID:W8WwseyF
あんまり面白くなかった
どうもダニエルの演技がくどすぎてダメだった
あれって演技上手いに入るのかぁ?
アルパチーノと同じタイプのオーバーアクターにしか見えん

2ちゃんねる映画ブログ

127 :名無シネマ@上映中:2008/04/30(水) 22:26:41 ID:U0Ei8iHr
マグノリアのトム・クルーズみたいだね。
テンション高すぎ。
奇人変人のダニエルのオーバーアクトのリアル・ドキュメントというわけのわからない発想が
PTAクオリティ。嫌いな人にはまず受け付けられないだろう。

159 :名無シネマ@上映中:2008/05/02(金) 17:02:27 ID:b/YKEeBz
ボウリングで終わりってのはボーリングとかかってんのか。
つーかどこかアルトマンの『ギャンブラー』っぽいなと思ってみてたらエンドロール泣けたわ。
いい人だなPTA。

162 :名無シネマ@上映中:2008/05/02(金) 19:41:38 ID:8J7wpFQh
>159
おまえセンスあるなw

ポールの来訪で物語が始まりイーライの来訪で終わる。
あの双子にはキリスト教か哲学や心理学の象徴的な意味があるのか?

あとドストエフスキーとかロシア文学の影響もありそう。
ラストはピョートル大帝の息子殺しを思い出した。

175 :名無シネマ@上映中:2008/05/03(土) 08:34:27 ID:N7fqWIno
ラスト、投げたボーリング足に命中してたなw 痛そう。
ダニエルもバケツに命中させてたし、何気に凄い腕だ。

171 :名無シネマ@上映中:2008/05/03(土) 03:27:46 ID:RejMkyI1
There Will Be Blood のBloodって、
石油の黒い血であり、宗教のイエスの血であり、
家族の血縁であり、実際に流れる血(ラスト然り)を暗示してるんですね。

狂気と喜劇の中に、どんなにミルクセーキを飲んでも
満たされない人間の本質を見た気がした。

172 :名無シネマ@上映中:2008/05/03(土) 04:28:30 ID:ilFUSqc4
ダニエルは文盲って解釈でいいのかな?
HWがあんな状態になってもお互い文盲だから文字でのやり取りもしてなかったし、
妹の手紙や弟の手帖も文字を眺めるだけで読めてなかったのか?
写真が落ちてやっと反応してたけど。

176 :名無シネマ@上映中:2008/05/03(土) 08:38:15 ID:Mho5CKTT
>172
初めてその可能性に思い至ったよ!

180 :名無シネマ@上映中:2008/05/03(土) 14:37:25 ID:KYYAVa/W
>>172
文盲って説もどうかな・・・。
妹の手紙や弟の手帳は本物なんだから、
内容読んだところで正体疑う理由にはならないでしょ。

息子とやり取りしないのも、むしろ相手を気遣って
コミュニケーションを取ろうとしない、
ダニエルの歪んだ性格によるところが大きい気がする。
文字が書けないとしても、多少の手話とか覚えるのが
普通の親が取る態度だと思うし。

181 :名無シネマ@上映中:2008/05/03(土) 15:39:52 ID:AmII2K/t
ダニエル、弟の手帳を逆さまにして眺めてなかったっけ?
あれ、それをしてたのはHWの方だっけか

182 :名無シネマ@上映中:2008/05/03(土) 16:26:26 ID:ilFUSqc4
手帖を読んだ後に親と弟を殺そうとするわけだから息子は文字読めたのかもね。
そうなると英語読めない俺が手帖関係のシーンで置いてかれるわけだが。

192 :名無シネマ@上映中:2008/05/04(日) 16:10:58 ID:k41jaaak
>>182
私もw
でも確か、181さんが書いてるように、HWは手帳逆さまにしてたよ。
だから字は読めないんじゃないのかな?
あのあとなんで放火したのか、観てたときもわからないし
今もわからない。

あと、ここのスレ読むまでイーライとポールが別人だとは
全く思っていませんでした...
最後ダニエルが言ってた「ポールは今頃大儲けしてる云々」は
仮定というか、想像の話をしてるんだと思ってた。

だめだ、この映画に関してはすっかり負け組

196 :名無シネマ@上映中:2008/05/04(日) 18:34:26 ID:aF3UbRcH
HWは山師の英才教育受けてるから、弟の登場で自分の存在に危機感を覚えたのと
パートナーとしての自分がこれからはまともにダニエルのサポートを出来ない絶望感で
発作的に火をつけたんじゃないかな。子供なりに考えてしまって。
あの時点でダニエルが憎いとは考えられないしダニエルが死ぬ事は自分にとっては自殺だし。

俺が気になったのはラストあたりに登場する執事と犬。
犬はHWや弟みたいなもんで擬似家族が居ないと生きていけない象徴っぽいけど
まさかあの老執事ってダニエルの父親じゃないだろうな。
復讐のために親父を執事にするとかダニエルならやりそうな気が・・・

197 :名無シネマ@上映中:2008/05/04(日) 19:37:46 ID:3RNJDb9W
ダニエルは「世の中は敵か家族か使用人」っていうタイプなんじゃね?

敵(スタンダード・オイル=ロックフェラー)は今はなく、家族は去った。
残ったのは老執事(使用人)+犬というオチ。

イーライもポールもダニエルの敵にはなりえなかった、それゆえああいう最後に到ったと。
闘い続けていないと死んじゃうサイヤ人なんだよ。

199 :名無シネマ@上映中:2008/05/04(日) 22:13:53 ID:1L2ONkNC
すげー面白かった。全然長さを感じさせない。もう文句なしに最高です。
ラストで暗転してあのヴァイオリンのテーマが流れてきたところでもういてもたってもいられなくなったよ。
すげー久しぶりだ映画でこんなに興奮したのは。
序盤は心配してた通り音楽うぜーってのばっか気になったけど
後半で一気に引き込まれちゃったよ。「パイプライン!」って叫ぶところで鳥肌たっちまった。

205 :名無シネマ@上映中:2008/05/05(月) 01:59:33 ID:agIm0WRX
ダニエルはそれほど悪人だとは思えなかった。
生きるうえでの精神的バックボーンを他人とかコミュニティとかに求められないから
心に余裕がなくてああいう荒っぽいやり方をする人間になっちゃっただけで。

むしろ他人やコミュニティへの信頼を利用しまくるイーライの方がずっと悪人。

206 :名無シネマ@上映中:2008/05/05(月) 02:15:17 ID:AXxAxLwz
>>205
ダニエルが悪党じゃないとは思わないが、
少なくとも自分の性分に開き直ってる分、偽善で稼いでる輩よりは
よっぽどマシ。
オレもそんな気分で観てたから、ラストは妙に痛快な気分だったよ。
やっぱりかなり黒いコメディだよね、この映画。

207 :名無シネマ@上映中:2008/05/05(月) 02:44:10 ID:1R3S3Xg9
>>206
石油だけにってかー

219 :名無シネマ@上映中:2008/05/05(月) 18:32:25 ID:V7hQAgqG
石油フリークのダニエルと宗教フリークのイーライ。
その両方の要素を持つ男が現役米大統領という現実には、もう笑うしか無い。

2ちゃんねる映画ブログ

277 :名無シネマ@上映中:2008/05/07(水) 20:38:42 ID:DUS0qxbt
「お前のチャイを飲み干してやる!!」
石油王の息子ブッシュJr大統領のストローは大西洋を超えて アラブのチャイを飲み続けています。

239 :名無シネマ@上映中:2008/05/06(火) 12:10:15 ID:XDN+vsWg
パイプラインのくだりで疑問に思ったんだけど、
最後まで残ってたお爺さんの土地は、結局パイプラインを通したの?

1、ダニエルは洗礼までさせられて、パイプラインの工事に着手したけど、
  イーライが結局あの土地は使わせなかった。
   ⇒レストランで石油会社の人間に
   「奴は(爺さんの土地を)100万ドルで買おうとしたけど断られたらしいぜ」
    みたいなヒソヒソ話をされてブチ切れ(ここはうろ覚えですが)
    ダニエル怒り心頭で結局5000ドルは教会に寄付せず。
   ⇒何十年かあと、金に困ったイーライが爺さんの土地を売りにくる。
   ⇒「お前のミルクセーキは(爺さんの土地を迂回して)とっくに飲んだんだよバカヤロウ!!」

2、ダニエルに洗礼をさせて納得したイーライは、
  爺さんの土地にパイプラインを通させる。パイプライン完成。
  ダニエルは口約束の5000ドルを結局教会に寄付せず。
   ⇒レストランで石油会社の人間に対して切れたのは、
    相手が以前油井の買収を持ちかけたことへ怒りが残っていたから。
   ⇒何十年かあと、金に困ったイーライが爺さんの土地を売りにくる。
    (パイプは通したけどまだ掘れば出てくると思ってた?)
   ⇒「お前のミルクセーキはとっくに飲み終わって空っぽなんだよバカヤロウ!!」

1と2どちらの方なんでしょう。

1だと迂回したパイプのことをイーライが知らないのは変だし、
2だと掘り尽くした土地をわざわざイーライが売りに来たのが疑問で…。

一帯の石油が地下でつながっているとわからないほど
イーライは間抜けには見えなかったのですが、やっぱり2なんでしょうか。

241 :名無シネマ@上映中:2008/05/06(火) 12:20:51 ID:Ym5Z+9Xx
パイプラインが通ってなきゃダニエルの地位も無いはずだからパイプラインは通ってるはず。
もはや爺の土地で掘っても意味無いと思ってたダニエルの下に現物で稼いでこなかったイーライ来る。
かと思う。イーライは最初から"元手で稼ぐ”金銭感覚のないタダのカリスマ。。
ダニエルが嫌な奴なのに、なんか嫌な奴に思えないのは自力での保身の術に長けているせいだからだと思う。

243 :名無シネマ@上映中:2008/05/06(火) 12:54:11 ID:EeJmK7UO
>>239
ダニエルはいんちき預言者のイーライに寄付するつもりは端から無いので、
信徒になってパイプラインを通したものの、やっぱり寄付はしなかった。

サンデー家の地下の石油は周りの油田を通じて今もず~っと吸い続けてるから、土地なんかいらねえよw!
って言われてるから、イーライは石油が地下で繋がってるのは知らなかったようです。

石油会社のおっさんに切れたのは、HWの育て方に口出しされたと思い込んでいたのと、
大手のやり口(競争相手になる前に買収、鉄道を所有してるので零細業者は首根っこ掴まれてるも同然)
が気に入らなかったから。
「100万ドルで買収に失敗」はダニエルが言ってたんじゃなかったかな?

251 :名無シネマ@上映中:2008/05/06(火) 19:16:51 ID:/cFagOKq
日本も 天然ガスというミルクシェークをチュウチュウ吸われてます

244 :名無シネマ@上映中:2008/05/06(火) 13:01:18 ID:fbUfutzH
ダニエルがレストランでブチ切れたのは相手がスタンダード・オイルだったから。
全米の石油業者を買収しようという勢いのロックフェラー
           VS
独立独歩の中小石油業者連合(ユニオン・オイル)
という対立構造が背景にある。
このへんアメリカ人なら説明不要なんだろうが日本人にはピンとこないよな。

一国一城の主になるというアメリカン・ドリームを体現したようなダニエルにとっては
許すべからざる天敵というわけだ。
独立独歩ってのはダニエルにとっちゃ信仰に近い信念なんだろう。

258 :名無シネマ@上映中:2008/05/06(火) 21:58:00 ID:eLwmkVpH
PTA作品のうちで見たのがどちら(前監督作の2作)も「鬱屈した感情からの救済」が
テーマの一つになってたもので、ダニエルもどうにかして救済されるのかと思ったら
最後までまったく救済を求めてない人間でワラタ。
HWが自分の手から離れたのもイーライをぶちのめしたのもある意味救済なのかな?

259 :名無シネマ@上映中:2008/05/06(火) 23:14:14 ID:kW4VC0+0
救済よりも、完全に自を通したように思った。

261 :名無シネマ@上映中:2008/05/06(火) 23:34:10 ID:NG8NLUL3
仇敵を侮辱した上にぬっ殺したんだからあるいみ救済なのかもこの映画の作風的には

2ちゃんねる映画ブログ

263 :名無シネマ@上映中:2008/05/07(水) 00:24:17 ID:poXfg0Sv
唯一泣いたのが偽弟ぶち殺して埋めた後、
本当の弟の日記読んだシーンだったね

264 :名無シネマ@上映中:2008/05/07(水) 01:28:51 ID:tMDjhS/v
あのシーンは切なかった

本心ではやっぱり寂しいんだな

307 :名無シネマ@上映中:2008/05/08(木) 16:41:40 ID:ENCn+iEa
パンチドランクの最後は「これが始まりだね」で終わってるのに
今回ま逆なんだね。

308 :名無シネマ@上映中:2008/05/08(木) 16:53:08 ID:z6Ye+857
>>307
これから政界進出を果たすダニエルの活躍が始まるんじゃないか。

309 :名無シネマ@上映中:2008/05/08(木) 16:55:13 ID:rTxDmuCH
>>307
「終わった」ってのは過去の清算がついたって事だから、
結局ダニエルにとってはこれから「始まる」って言ってるのと同義じゃね?

343 :名無シネマ@上映中:2008/05/10(土) 20:33:35 ID:xS5Zhik6
観た後にマックシェイク飲んだ。
全然狙ってやったわけで無かったので、
飲みながら思い出して吹きそうになった。

377 :名無シネマ@上映中:2008/05/11(日) 20:41:38 ID:baVkMY1L
あの弟が偽者と感づくような描写って何処かにあったっけ?
そこが凄く引っかかってる。。

383 :名無シネマ@上映中:2008/05/11(日) 22:21:58 ID:AlPkWwHC
>>377
存在が薄かったんで、すっかり忘れてたw <弟
自分が生家の話をした時に、あの家はこうだったよねーああだったよねーと
ちっとも盛り上がらず、軽く受け流されたのが違和感あったんじゃないかなあ

384 :名無シネマ@上映中:2008/05/11(日) 22:25:31 ID:L89UjmTg
>377
弟がへべれけになって酒場か娼館かで金を無心したあたりから
何か兄貴の顔つき変わってきて
その後で、いろいろ隣近所のこととか問いただしてて
ちゃんと答えられなかったからじゃないかな

390 :名無シネマ@上映中:2008/05/11(日) 23:04:20 ID:uAZQaq4f
>>377
海水浴してるシーンで、「酒飲んでなんとかハウスにどうとかで」って
話ふっても「。。。yeah」とかしか返事しないところで気が付いてたね。
なんでそこで気が付くのかは未だ分からない。英語でしかみてなくて
英語の理解力が今ひとつなので。

2ちゃんねる映画ブログ

392 :名無シネマ@上映中:2008/05/11(日) 23:14:29 ID:uAZQaq4f
"get liqoared up and take them to the Peachtree dance"
に反応しなかったのが原因だな。きっとPeachtree danceが
分からないなんておかしい!ってことなんだろうが。何のことだろう。

393 :名無シネマ@上映中:2008/05/12(月) 00:27:21 ID:gCqgeNN/
地元独特な変な踊り

394 :名無シネマ@上映中:2008/05/12(月) 00:28:12 ID:PU5hVz/p
「毎年、山田さんちの田んぼの隣の空き地の盆踊りの後、貯水池に女の子
連れてっていいことしたよな」って2度も言ってるのに「ああ」って返事だけ
じゃあ「こいつ地元のこと知らないじゃん、偽者だ」みたいなことだろ。

386 :名無シネマ@上映中:2008/05/11(日) 22:46:28 ID:AlPkWwHC
ブロディ家のジジィもニセ弟を殺して埋めたのを知ってて通報するどころか、
ダニエルを教団に入信させる脅しに使うんだもんなあ

信仰心って良心とは別モンだね

389 :名無シネマ@上映中:2008/05/11(日) 23:02:19 ID:elaErFIU
>>386
信仰が薄くて虐待を受けていた娘が
劇中で最も心優しい人物だってところに
意図的なものがありそう。

396 :名無シネマ@上映中:2008/05/12(月) 00:30:23 ID:pQhC32KB
訣別のシーンで
息子が「ほんとは耳は聞こえてたんだよ」って
言い出すかと思ってちょっと期待した

550 :名無シネマ@上映中:2008/06/02(月) 23:06:06 ID:W/smNx91
最後HWがダニエルとちょっと話してたけど
耳は聴こえないけど話せたの?

552 :名無シネマ@上映中:2008/06/03(火) 01:00:19 ID:/bVjpseq
>>550
 中途で聴力失って、それまでは普通にしゃべれていたので言語機能や発声は正常なはず。

805 :名無シネマ@上映中:2008/08/28(木) 06:14:36 ID:IRqDOD+E
ポール(兄)とイーライ(弟)の入れ替わりは、教会を建てた時には入れ替わってたんですね。
ポールがいたのは、冒頭の話を持ってくる時だけでok?
夜に食卓で父親につかみかかり、ダメなオヤジとダメな息子だ! とブチ切れてるのは弟の方でok

806 :名無シネマ@上映中:2008/08/28(木) 11:07:35 ID:icQplfgh
>>805
>ポールがいたのは、冒頭の話を持ってくる時だけでok?
そのとおり。それ以降のシーンは一切出てない、出てくるのは全てイーライ。


関連記事

  1. 2009/08/09(日) 00:15:56|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<トランスポーター | ホーム | ビバリーヒルズ・チワワ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/846-ab80da1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド・・・今年ナンバーワンだと思う映画・・・私の800字レビュー

飲み干したかったミルクシェークとは、本当は何であったのか? 今年一番だと思うこの映画は、西部劇でありホラー映画でもあるのです。 もし、私が最初にそう説明したとしたら、文句なしのトップ作品である本作にも関わらず、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」を思い浮
  1. 2009/08/09(日) 01:02:57 |
  2. FG大百科

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR