FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sweet Rain 死神の精度

http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1199011876/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2007/12/30(日) 19:51:16 ID:uqcV1PnK
◆2008-3-22公開予定

◆出演者:金城武、小西真奈美、富司純子、光石研、石田卓也、村上淳、奥田恵梨華、吹石満

◆c日本テレビ、ROBOT、ワーナー・ブラザース映画、バップ、読売テレビ、三井物産、ソニー・ミュージックエンタテインメント


103 :名無シネマ@上映中:2008/01/31(木) 19:27:08 ID:vyemLgmv
試写会で観た。
今までの伊坂原作映画で一番納得いく映画だった。
金城がどこか掴み所なくていい感じだった。
コニタンにも大満足だが、歌だけは本業の人間に
吹き替えしてほしかった。

83 :名無シネマ@上映中:2008/01/28(月) 16:26:41 ID:yEue3lW2
小西さんがイヤというわけではないんだけど、藤木さんの声ってクレーマープロデューサー?が惚れ込むほどの滅多にない声っていう設定なのだから、声に特徴のあるミュージシャン系の人にやってほしかったかなあ?
YUIとか中島美嘉とか柴崎コウとか。
フェイ・ウオンとかでも見たかったなあ。

106 :名無シネマ@上映中:2008/02/03(日) 00:57:00 ID:zM9MXVaK
>>83
それ分かるw
私のイメージでは毎日クレーム聞かされて自殺願望まである人だから
小西さんのイメージじゃないからどうなのかなって心配
まぁ本当にブサイクで声だけ良い人だとお客さん呼べないんだろうけどw

109 :名無シネマ@上映中:2008/02/03(日) 22:23:09 ID:Zd6C0PUm
俺にとっての藤木一恵は中島美嘉かな?
幸薄そうで自殺願望もあるけど声がすばらしい女性
彼女は確かデビューが歌手志望の役だったよね
劇中で使われた曲もヒットして今現在がある
藤木一恵役でそういう人を発掘してほしいとちょっとだけ思った

112 :名無シネマ@上映中:2008/02/05(火) 19:25:52 ID:C/bCF6Sm
本来素晴らしい新人がいれば藤木役で起用してたんじゃないのかな?
ただ製作サイドからすると無名の新人起用してこけるリスクもあるから
無難に声のいい有名女優を起用したのかもね

168 :名無シネマ@上映中:2008/02/23(土) 17:42:43 ID:zZFuFYu/
試写会で観た。
死神と言うとなんかこわいような
不気味なイメージがあったが、意外とユーモラスで
最後はなぜか爽やかな気持ちになれる映画だった。

死神が関わる人の人生を通して観客もいろんなことを感じるんだよな。
誰でもいつかは死ぬ。その時が来たら死ぬ。
だったらあのヤクザのように自分の信念を貫くもよし、
あの美容師のばあさんのように、
思い残す事はない!と最後に言えたらいいなあ、とかね。

259 :名無シネマ@上映中:2008/03/08(土) 23:59:03 ID:VDWERa4t
富士純子扮する美容師の言葉にぐっときた。
死を扱っているのに前向きになれる映画だったと思う。

479 :名無シネマ@上映中:2008/03/22(土) 20:55:03 ID:aW3O/aIa
見てきました。
ガラガラだったんで心配したけど、まぁ面白いレベルでよかったです。
いろいろと展開が読めすぎてしまったのですが、ショートストーリーの
ように飽きないつくりで、グッド。
CGが特に秀逸。作りこみは力いれてると思う。制作費は人件費が安かった
だろうなと思うけど、それぞれが良い役者でよかった。金城の日本語能力は
ところどころぎこちないけど、それがかえって良かったです。

498 :名無シネマ@上映中:2008/03/23(日) 01:17:46 ID:0xc2eq9S
>>479
CGはかなり酷い出来だと思うぞwww
現在の邦画のCGレベルと比べてね。
ちょっとアレはなあ。

539 :名無シネマ@上映中:2008/03/23(日) 21:26:31 ID:hBjAFeci
>>498
秀逸は言いすぎかな?でも、こういう映画の中ならCGは良い部類に入るよ。
バラが枯れるCGを見て「安っ!」って思ったけど、それ以降は結構難しい
CGも上手く表現できてたし、良かったと思うよ。・・・んー、でも言いすぎたな。

金城の「まぁな・・・」とか細かい台詞回しに、もう少し感情が読み取れたら
良い映画だったと思うよ。あと、犬しゃべれ。

553 :名無シネマ@上映中:2008/03/24(月) 01:15:25 ID:BrHcEQHx
>>539
犬しゃべったら、今、ソフトバンクのパロディかとおもうぞ。

559 :名無シネマ@上映中:2008/03/24(月) 10:03:40 ID:F2KTTHR8
>>553
ワラタw確かになw
あとボーリングのシーンで噴いた。
金城フォーム綺麗過ぎw
黒木瞳とやった映画思い出したわ。

481 :名無シネマ@上映中:2008/03/22(土) 21:37:53 ID:AibPTpmk
原作読んでる人だと物足りないって思うかも。

短編をまとめる訳だから、これをどう盛り上げるのかと思ったけど、
盛り上がりに欠けたまま淡々と終わってしまった。
上手くまとめてるとは思うんだけど。

497 :原作既読者です:2008/03/23(日) 01:14:10 ID:0xc2eq9S
原作を読んでいた身としてはヤクザエピソードを採用して、
ストーカー殺人エピソードを採用せずに、美容師エピソードに
いったから、どういう風に落とすんだ・・・???
と不安になったのだが、ああいうオチにしたのね。
たしかにアレのほうが観客にはわかりやすいですよねえ。
原作をかなり甘くしたような感じはするがwwwww
不満があるところもあるが・・・。
原作既読者は原作との違いを楽しみながら楽しめる映画だと思う。

506 :名無シネマ@上映中:2008/03/23(日) 06:01:34 ID:EFqvuFU5
「原作既読者は原作との違いを楽しみながら楽しめる映画」に同意。

原作好きだけれどあのままじゃ淡々としすぎ。
特に2話なんか何のオチもなく、どうなるか?のままだし。
映画のほうが多くの人が楽しめるようにエンターメント性を
高めていると思う。

500 :名無シネマ@上映中:2008/03/23(日) 01:44:18 ID:taC1OfVl
時代が移り変わっていくことを現すために小道具に頼りすぎ。
ウォークマンからiPodはいいとしても、竹子は無理がありすぎ。
ていうかアンドロイドって設定いらなくね?

2ちゃんねる映画ブログ

501 :名無シネマ@上映中:2008/03/23(日) 01:55:18 ID:0xc2eq9S
>>500
俺もアンドロイドは酷いと思った。
アレだけ浮きまくっているんだよなあ。
もしやるんだったら、もっと他の部分も近未来的な描写を
するべきではないだろうか。
アレだけが未来的なのに、他のところは現代的なんだよなあ。
死神カード、車、バス停、小学校・・・・・挙げたらキリないwww

507 :名無シネマ@上映中:2008/03/23(日) 08:52:01 ID:9aaRz4ou
未来になっても、田舎のバス停はボロくて
小学校とかもそれほど大きくかわらないと思う。

最後の車はひそかにガソリン車じゃなかったけどね。
電気自動車かなんかの音してた。

512 :名無シネマ@上映中:2008/03/23(日) 10:57:02 ID:WyLUYgJ3
アンドロイドの導入
それまで自分と深くかかわった人がみんな不幸になってしまったという経緯から
人里はなれた場所で一人ロボットと生活する道を選んだ
一恵のココロの象徴ともとれる

513 :名無シネマ@上映中:2008/03/23(日) 11:18:00 ID:HWGuSTUg
↑同意
あそこがわからない人多いよね。

514 :名無シネマ@上映中:2008/03/23(日) 11:33:11 ID:+40AKJdY
その割には美容師なんて客商売を選んでるのは矛盾してないか?

516 :名無シネマ@上映中:2008/03/23(日) 11:44:55 ID:Qx1jBHsE
>>512
上手く表現に消化されてなくて、なんとなくで終わっちゃってるのがまずいんだよ。

555 :名無シネマ@上映中:2008/03/24(月) 02:14:28 ID:Rk8Y/yDd
2070年には綾瀬はるか型のアンドロイドができるらしいけど、
2028年だと奥田恵梨華ってことなのかな?

502 :名無シネマ@上映中:2008/03/23(日) 03:11:53 ID:nk5lJH6C
なんで犬が吠えないの?

なんで金城の髪が急に伸びるの?

504 :名無シネマ@上映中:2008/03/23(日) 05:39:54 ID:EFqvuFU5
>>502
死神はターゲットに近ずく為にそのつど違う扮装で現れる。
3話では美容師に近ずくには髪をきってもらうのが早道ってことで。

505 :名無シネマ@上映中:2008/03/23(日) 05:57:50 ID:EFqvuFU5
2度目鑑賞の方がずっと楽しめた。
たぶん一度目は3つの話についていくだけで
終わってしまったからかと。
3つの話が最後に繋がる→命が繋がる
一恵が生かされたことで充分に人生を全うして
最後に思い残す事はないと言えたってことは、
あのときの死神の判定があったから。
そう思って観ているとけっこうジーンとくる。

これ、面白いよ。ちなみに横浜だけどほぼ満席。

522 :名無シネマ@上映中:2008/03/23(日) 15:16:54 ID:S2AM13/V
原作既読の俺と、未読の父とで昨日観た
既読の俺はまぁまぁ。
未読の父は説明不足じゃね?という感想

既読の俺の感想としては、
元が小説にも関わらずモノローグゼロで話を進めるのは無理がある。
冒頭の幽霊少女は原作の世界観ぶち壊しじゃね?

「犬」の存在がかなり曖昧で、死神たちの所属感というか、会社っぽさが出ていない。
原作どおり電話で上司と話せばもっと分かりやすかったのでは。
スレでも出てるけどアンドロイド竹子はやりすぎ。なんかセットもチープだったし。

死神と藤田編は原作にはない最後の描写があったけど、なかなか良く出来てた。
死神対老女はアンドロイドがひでーけど、最後の青空は感動した

総合評価としてはまぁまぁ?DVD買わずとも、レンタルで焼こうかなとは思ってる

526 :名無シネマ@上映中:2008/03/23(日) 15:47:44 ID:Qx1jBHsE
説明不足ってことはないと思うけどな。
大オチのために曖昧にしてた部分があれこれあるんで、それだろうか。
ただそれでも、わりとすぐに仕掛けは判っちゃう人も多いだろうから、
(早い人は2話のカーラジオのシーンで想像つくだろう)
隠し具合が半端という気もしたが、まあ難しいなここらは。

アンドロイドの位置づけの他、ストーカーがあまりにストーカー過ぎて、
1話のオチがかなり無理があるとは思ったな。

527 :名無シネマ@上映中:2008/03/23(日) 18:07:55 ID:MPC7DHgL
学校の「不審人物注意」のポスターにワラタwww
「髪を切りに行かないか」のセリフと、
片頬を吊り上げたような笑みで劇画調に描かれたイラスト最高w

528 :名無シネマ@上映中:2008/03/23(日) 18:11:25 ID:SXW8sUSG
しかし何だって「sweet rain」なんて(笑)がつきそうなタイトルを加えるんだよ

530 :名無シネマ@上映中:2008/03/23(日) 18:30:56 ID:ZJXCwmsw
>>528
スイーツ(笑)層を取り込むためだろ
死神の精度ってだけのタイトルよりは食いつきよさそう

531 :名無シネマ@上映中:2008/03/23(日) 18:35:18 ID:Qx1jBHsE
「死空」とかした方がよかったのに

563 :名無シネマ@上映中:2008/03/24(月) 12:11:41 ID:JyTxz78h
金城、かっこいいし天然キャラが似合っててめちゃかわいかった。
変質者注意のポスターは笑えたw

565 :名無シネマ@上映中:2008/03/24(月) 15:06:27 ID:c3KE1+LN
金城カッコよ過ぎ。
世界相手にしてるだけあって、風格がある。

2ちゃんねる映画ブログ

644 :名無シネマ@上映中:2008/03/26(水) 11:55:47 ID:+ZNnfGGU
金城じゃなかったらもっと悲惨だった

645 :名無シネマ@上映中:2008/03/26(水) 12:01:03 ID:T2ww6Wkn
>>644
確かに。原作者が了承しただけのことはある。
金城だけじゃなくて、この映画は役者に助けられているな。
光石研もさすがに上手いなって思ったし。

646 :名無シネマ@上映中:2008/03/26(水) 12:54:08 ID:RlJ/12b/
そうそう、あんな格好いい光石研みたの初めて。

2ちゃんねる映画ブログ

647 :名無シネマ@上映中:2008/03/26(水) 13:14:03 ID:wXZoVpXa
俺の光石は渡さない

566 :名無シネマ@上映中:2008/03/24(月) 15:33:32 ID:PZdsRKQd
感動や泣きの押しつけがないところが個人的にはすごく気に入った。
金城死神が役にピッタリはまってていい味出してた。
若干カッコよすぎ(美形すぎ)かな、とも感じたけど
あのすっとぼけた飄々とした雰囲気や、間のハズシ方が絶妙で上手い。

富士純子さんは、さすがの貫禄の演技で存在感あって素晴らしいんだけど
あの口調はちょっとどうなんだろう?(脚本・演出のせいだけど)
ヤクザの姐さんのようなしゃべり方はちょっと違和感あった。

お手伝いロボットに関しては、ロボットであること自体は良かったと思う。
愛しても死なない、自分が死んでも思いを残さなくてもいいという同居者は
かずえの生い立ちを思うと納得がいく。
ただ、演技的にはもう少しロボットらしい動きにすべきだったんじゃないかな?

567 :名無シネマ@上映中:2008/03/24(月) 16:20:04 ID:GilYuKTC
>>566
プログラムに載ってるコメントによると
奥田恵梨華自身も、最初はロボットっぽい動きや表情などを研究していたらしいけど
監督から「普通のままでいい」と言われたとの事

655 :名無シネマ@上映中:2008/03/26(水) 15:46:40 ID:H3mJM8/p
2028年に、金さえ出せば、
奥田恵梨華(のようなドール)を自由に出来るのか?
あと、20年か、なんか生きる希望が沸いてきたよ。

574 :名無シネマ@上映中:2008/03/24(月) 21:34:10 ID:0suM+Kjn
今日観てきた。演出は抑制が効いていながら意図が伝わるもので、良かった。
プロットは良くなかった。
(演出の良かった点)
・冒頭の葬式で、少女が死神に対し、
「えみちゃんは、まだ10才だったのに死ななければならかったの?」
遺影を見ると・・・
・藤木一恵の同僚が、さりげなく80年代ファッション(時代が80年代の示唆)。
・藤木一恵が死神に手を触られて気を失ったとき落とすのが、
カセットテープ式ウォークマン(時代が80年代の示唆)。
・阿久津伸二(ヤクザの子分)が持っているのがiPod(時代が現代の示唆)。
・阿久津伸二が栗木(だっけ?)を襲撃しようと乗り込むとき、
自動車から降りようとドアを開けようとすると、
開かない、ロック解除しても開かない。直後に・・・。
・藤田敏之(ヤクザの親分)が囚われの阿久津伸二を救出するとき、
顔にキスマークがついてる(女のところへ行ったことの示唆)
・竹子の微妙に不自然な会話(
理容室常連少年「竹子だ。何年ぶり?」竹子「久しぶり」
竹子「763日前にもカメラマンがそう言っていた」)
・ラジオニュース「四半世紀ぶりの日本でのワールドカップの開催」
(演出上良くなかった点)
・80年代に、レコード店に視聴システムは存在したのだろうか。
・竹子は出てくる必要があったのか。

579 :名無シネマ@上映中:2008/03/24(月) 22:51:47 ID:wGqLjufs
>>574
最後の一行で台無しだな。
なにも分かってないじゃん

627 :名無シネマ@上映中:2008/03/26(水) 00:34:59 ID:CRbJC3P0
川岡大次郎があまりにもちょい役で寂しかった

677 :名無シネマ@上映中:2008/03/26(水) 22:45:20 ID:YT6yPPvT
ネタバレになってしまうけど、全てが繋がっている→富士さんが過去に捨てた息子=2話に出てきたヤクザの弟分という事なのかな?
どうか教えてエロイ人。

678 :今日:2008/03/26(水) 22:50:05 ID:2ZZRQtdK
>>677
そうだよ。

686 :名無シネマ@上映中:2008/03/27(木) 00:34:37 ID:iw0OK0TU
>>677
ネタバレ。
孫だとわかると、情がうつって死ぬ?ってか、不幸にならないように、同い年の子供を集めた。映像では、お金を払おうとする子供のシーンがあったが。

688 :名無シネマ@上映中:2008/03/27(木) 01:03:20 ID:0y0TI7Ft
傘の色合いがとてもきれいだった。
一話での、雨の街中を上から撮っていた場面。
三話での、子供達の傘、傘、傘。
この演出、ほんとに良かった。

ちょっと残念だったのは、ふじさんんの言葉使い。
一話の小西さんキャラクターの流れからだと、違和感あるかなあと思いました。

691 :今日:2008/03/27(木) 01:28:55 ID:x3kbvqVY
 三話の富司さんは自分もちょっと違和感あった。

でもあの性格っていうかサバサバ感がなければ最後の『ざまあみろ』はなかったんじゃないかな。
だとしたらあんな顔で笑うコニタンは見れなかった。

過去の一恵を軸にすると違和感だらけだけど―――あんたとは過去の一恵は決して言わないと思う。
名前を言わないですんで、なおかつ今までの見えてない人生をも想像させることが出来たからやっぱりあんたは必要。

696 :名無シネマ@上映中:2008/03/27(木) 08:55:22 ID:ThNV5wk8
歌手デビューで、地味な生活から華やかな世界に。
でも、大切な人を亡くしてほとほと堪忍した。
これだけのジェットコースター人生歩んだから、
最後はあの貫禄も出るんだと思う。

699 :名無シネマ@上映中:2008/03/27(木) 10:37:05 ID:vBZKEpiq
>696の言う通り。
第1話と第3話の人物のギャップの大きさは、逆にリアルだったけどな。
それこそが人生、時の流れっていう感じがした。
時間が経って大きく変わるもの(人が歳をとったり、ロボットがいたり)と
時間が経ってもあまり変わらないもの(野球少年とか、街の風景とか)と
その対比に切なさを感じました。

713 :名無シネマ@上映中:2008/03/27(木) 20:26:11 ID:0y0TI7Ft
経験を経て、貫禄がついたりというのは、普通にあると思います。
ただ、一話から三話のように、言葉使いがあんなに変わるのはどうかと。
言葉使いに多少の変化はあっても、小西さんの言葉が上品に大人のものに変わって、
それでなお経てきた人生の凄みを感じさせる、というのは全くおかしくないと思うんですが。

たとえ過酷な経験をしてきても、それが言葉を変えるほど人間を変えるのかは、
少なくともこの映画に関しては必要ないと思う。

718 :名無シネマ@上映中:2008/03/27(木) 21:36:31 ID:H9mvXOeD
原作も映画もどっちも好き。
どっちかというと映画の方が好きかも。(頭が単純だからかなw)
金城死神がなんか可愛くて。原作の方がクールで大人な感じだね
3話の「不審者看板」が最高に笑えた。

以下ネタバレ

2ちゃんねる映画ブログ

ラストの老女は、二人で青空見てる時点でもしかしてもう死んでた?
家を出た時は靴履いてのがそのシーンでは裸足になってたように見えたんだけど。
それと、千葉がオープニングの葬式シーンと同じ本来の死神の服装だったし。
オープニングのお子様サービス同様に
深い縁のあった一恵に対しての特別サービスであの世まで付き添ったのかな~
なんて深読みしてしまったw

719 :名無シネマ@上映中:2008/03/27(木) 21:45:21 ID:iju6HTrx
>>718
なるほど~。それは一つの解釈として正しいね。
それなら、千葉の服装の変化や晴れた理由がわかる。  

770 :名無シネマ@上映中:2008/03/29(土) 16:25:58 ID:qMPc0WYl
今日2回目見てきたけど、初見の時よりずっと良かった。
地味だけどあったかくて優しくて味わいのある映画だな、としみじみ思った。
死神には感情がないことになってたけど、金城さんの持ち味のせいなのか
取り憑かれた人達をみんな優しく包んで癒してあげてたように感じた。
自分ももしかしら突然に死が訪れる運命かもしれないけど
最近の様々な痛ましい事件などで不慮の死を遂げた人達にも
あんなおっとりほのぼのした死神さんと過ごした時間があったことを祈りたくなった。

774 :名無シネマ@上映中:2008/03/29(土) 18:01:22 ID:9e1wXFbW
今日で、5回目になりました。
竹子のその後が心配になりました。

781 :名無シネマ@上映中:2008/03/29(土) 22:11:10 ID:Qkn7VaUR
>>774
竹子はあくつ弁当屋に相続されるんじゃないかな。
20年後の日本でも、あれほど人間的なロボットは高価そうだ。
高級車1台ぶんかマンション1部屋購入代金ほどか。
きっと、弁当屋の看板娘ロボットになるよ。

782 :名無シネマ@上映中:2008/03/29(土) 22:48:41 ID:9e1wXFbW
>>781
そういうことに
しといたら
なんか
安心しました。

906 :名無シネマ@上映中:2008/04/02(水) 23:10:28 ID:vIXbz4iu
とてもいい感じの映画ですごく気に入ったんだけど
欲を言わせてもらうと
1話目が、原作の「恋愛と死神」だったらもっとよかったなぁ。
この話は盛り上がりもあるし、3話目とぴったり繋がるし。
原作通りだとヒロインと千葉との関係が薄いからやっぱりダメかなw


で、この「死神の精度」っていう言葉の意味、イマイチ
わかったようなわからないような・・・・好きなんだけどね。

911 :名無シネマ@上映中:2008/04/03(木) 00:47:10 ID:DV1dVeh0
>>906
「死神の精度」は原作の藤木一恵の話のタイトルだからね

死神が死を可とするか、見送りとするかの、判定の精密さの度合はこんなものだ。

と、いうことを
言いたいのかなと思った。

943 :名無シネマ@上映中:2008/04/05(土) 01:49:51 ID:EYU5DqRx
小西の「わたしみにくいから」
に99%の女は殺意を抱いた
に違いない。

2ちゃんねる映画ブログ

944 :名無シネマ@上映中:2008/04/05(土) 01:52:49 ID:fuWZCpg+
少女漫画でブス扱いの主人公がほぼ例外なくかわいく書かれてるようなもんです

945 :名無シネマ@上映中:2008/04/05(土) 07:35:58 ID:mItN9tYx
たしかにあれは殺意を抱いた

947 :名無シネマ@上映中:2008/04/05(土) 12:51:38 ID:71Q8xg7M
面白かったけど、小西真奈美→富士純子はいくらなんでも違和感ありすぎ...
もうちょっと雰囲気の似た女優さんにできなかったのかな?

951 :名無シネマ@上映中:2008/04/05(土) 14:39:09 ID:xYyYNuGp
学生時代、根暗で目立たなかった奴が10年ぶりに再会したら
全然変わってたなんてよくあること。
40年も経ってるんだし同じなわけないだろ。

953 :名無シネマ@上映中:2008/04/05(土) 14:49:17 ID:xYyYNuGp
千葉が老女の仕草や言動で徐々に思い出して、最後に藤木だと気づくんだから
別人に見える演出で正解。
コニタンが老けメイクでやってたりしたら、それこそぶち壊し。

954 :名無シネマ@上映中:2008/04/05(土) 14:52:40 ID:fuWZCpg+
> コニタンが老けメイクでやってたりしたら、それこそぶち壊し。

それじゃコントw

971 :名無シネマ@上映中:2008/04/05(土) 23:03:05 ID:fuWZCpg+
逆に考えるんだ。
冨司が若作りして、OLも演じればよかったんだよ!

973 :名無シネマ@上映中:2008/04/05(土) 23:15:38 ID:mItN9tYx
>>971
鬼才あらわる

って言うか氏ね


関連記事

  1. 2009/07/24(金) 07:54:17|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<X-メン | ホーム | ザ・グリード>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/816-c586fade
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR