FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

グラン・トリノ

【イーストウッド】 グラントリノ 1台目
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1239611982/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2009/04/13(月) 17:39:42 ID:7mUWJX3H
グラトリなんて短縮しないで
名車と名監督に敬意を表して
グラントリノってちゃんと言ってね~

4月25日公開

公式
http://wwws.warnerbros.co.jp/grantorino/


22 :名無シネマ@上映中 :2009/04/15(水) 01:01:18 ID:99lr/1ZG
試写で観た
凄い映画だ
クリントが真の映画作家であることを再認識した
マカロニウエスタン
ダーティハリーシリーズ、ヒーロー像への送別の意志に涙

33 :名無シネマ@上映中:2009/04/15(水) 18:00:14 ID:rWhOLQj0
家族間、人種間、アメリカそのものの国家の問題やブッシュの政策まで何層かのテーマを折り重ねてしっかり描いてるあたり感動したわw
おまけに成長した主人公がアメリカそのものと言えるダーティーハリーネタでしめてくれて
これでイーストウッド俳優引退するんでしょ
凄いわこれw

115 :RRD ◆3MranranlY :2009/04/23(木) 22:50:10 ID:E0nyUtCA
つーことで試写会で見てきた。

異民族はワケ分からんけど、接してみると案外悪くない。
言葉は通じなくても心は通じる。
女はうざいけど、それも含めて男に必要。
若いもんはロクでもないけど、そうじゃない奴もいる。
挙げていくとキリがないけど、そんな経験を重ねて生きてきた
今のアメリカ白人の保守的老人から見た現代のアメリカって
こんな感じなの?その心象スケッチのような作品。
消えゆく命の結論、異民族アメリカ人への古きアメリカの承継。
いや、人間への承継なのかもしれない。

この作品のようなテイストをどっかで見覚えがあると
気になってたけど
>>22
そうだ、マカロニウエスタンだ。

36 :名無シネマ@上映中 :2009/04/15(水) 23:12:07 ID:c3VFvo9D
試写みてきた。良かったよ~最後までこれはマジで本年度一番の傑作!だと思ってた。
さんざん笑わせておいてからのオチがあれだから、私も連れもがっくり肩落として帰ってきた。
ってべつに話が破綻したわけじゃないけどさ・・・あれはあんまりだ。

37 :名無シネマ@上映中 :2009/04/15(水) 23:34:41 ID:NhDe/7Qi
>>36
前半はラストへつながる伏線が要所要所にあるけど、
保守的なアメリカ老人の今の若者に対する憤りを散りばめながら、
でも、深刻にはならず、笑いが起こるシーンがけっこうある。

それが、後半一転して、緊張感のある展開になるんだよな。
そして、ラストへと突っ走るわけだ。

っていう作りはミリオンダラーベイビーと同じだな。

39 :名無シネマ@上映中 :2009/04/15(水) 23:47:26 ID:kgoDE8VR
無名のアジア系俳優がアメ車に乗って走り抜けるシーンが、
こんなにサマになって、ラストを締めくくるにふさわしい感慨を
抱かせるところがすばらしいと思った。

2ちゃんねる映画ブログ

61 :名無シネマ@上映中 :2009/04/19(日) 10:06:07 ID:hwE74B4k
衝撃的なエンディングとは別のがっかり。
グラントリノこそが唯一の相棒だとか、頑固老人を癒す大事なツールだとか、勝手に期待してたが
車を愛でるシーンがほとんどなかった。レア物だから大事にしてるだけ?って思えたぐらい。
良き相棒らしい愛犬がいたからしょうがないけど、
もうちょっと愛車に対する情念とかドライブするシーンとか入れて欲しかったな。
タイトルが車名なんだからさ。

62 :名無シネマ@上映中 :2009/04/19(日) 11:02:02 ID:mNUrpoVB
眺めながらビール飲むのが日課なんだよ

65 :名無シネマ@上映中 :2009/04/19(日) 14:52:21 ID:Qt/e+80S
>>61
 工場に勤めててホイールをとめたのは俺だ、みたいなこと言ってなかったっけ?

 車好きというより、自分が今までアメリカで成し遂げてきた成果の象徴みたいなものじゃないのか?

77 :名無シネマ@上映中:2009/04/21(火) 07:14:06 ID:2XTAu/y1
グラントリノはフォードの70年代人気車で、テレビドラマ
スタスキー&ハッチのコンビが乗り回していた。
あとビースティボーイズのPVサボタージュでも使われてたり
するけど、あの車のどこがカッコイイのかピンとこない。

53 :名無シネマ@上映中:2009/04/18(土) 06:12:42 ID:0ev+T0hi
しかしアメリカは銃をみんな携帯してるから怖いねぇ
もし日本が銃所持合法の国だったら、おれも若い時にいじめっ子殺すか
自殺するかしてただろうな 間違いなく

101 :名無シネマ@上映中:2009/04/23(木) 04:12:37 ID:TrhIBBXO
床屋のイタリア野郎との会話をタオに仕込むとこ、笑えたなww

2ちゃんねる映画ブログ

102 :名無シネマ@上映中 :2009/04/23(木) 07:18:50 ID:s5/Q7AaY
床屋のおやじとのやりとりよかったよねw

113 :名無シネマ@上映中 :2009/04/23(木) 19:46:25 ID:9B619rBk
床屋のおっさんはイーストウッドとは遠からずかかわりがあるようだ コピペだけど
「イーストウッドのかかりつけの床屋のおっさんを演じたJohn Carroll Lynchはデビッドフィンチャーの"Zodiac"で
ゾディアックキラーの容疑者アーサーアレン役だった。ゾディアック事件はダーティハリーのモデルになった事件。
映画ゾデッアックでも劇中の刑事がダーティハリーの映画のプレミア上映会に出席。
映画のようには実際はいかないとこぼすシーンがある。
実際のゾディアック事件の犯人は結局逮捕されることがなかったが、
ダーティハリーの劇中ではイーストウッド扮するハリーが殺人鬼サソリを射殺している。
またイーストウッドが監督をしたミスティックリバーの原作者デニスルヘインの
ミステリーホラー シャッターアイランドがマーティスコセッシ監督&でデカプリオ主演で映画化されるが、そこにも出演。」

496 :名無シネマ@上映中 :2009/04/28(火) 01:57:54 ID:AOyR/A+d
最初の場面では理容師のおっちゃんと本気で憎みあってるようなやり取りしてたのに
タオにアドバイスする時の一転してのツーカーぶりに笑えた。
葬儀の場でウォルトの残した言葉に屈託なく笑う様は、親友の行動を心から信じてる
からこそのものと考えると、今になってこみ上げて来るものがあるな。
ほんと、後から来るよ、この映画。

136 :名無シネマ@上映中 :2009/04/25(土) 15:01:52 ID:uX784UTp
エンディングの歌がいいね

137 :名無シネマ@上映中:2009/04/25(土) 15:17:23 ID:JE8qUIdS
あれ本人が唄ってるんだね、シビレた

363 :名無シネマ@上映中 :2009/04/27(月) 00:30:01 ID:6DDID9Wh
クリントじゃなくてウォルトの歌声かもね

365 :名無シネマ@上映中:2009/04/27(月) 00:31:31 ID:nb4KmLxP
363憎いこといいますね~

138 :名無シネマ@上映中 :2009/04/25(土) 15:22:47 ID:W4vT4HVZ
イーストウッドかっけえなもう生涯現役でいってほしい

141 :名無シネマ@上映中 :2009/04/25(土) 16:39:03 ID:uz/eSoQi
個人的には傑作だったけど、結末はちと分かりやすかったかな。
あと家族にとっちゃ結局クソジジイのままだったよね。

最後に神父がウォルトっぽく語って、イタ公がにやついてるシーンがなぜかジーンときた

142 :名無シネマ@上映中:2009/04/25(土) 17:17:54 ID:f7A47LNm
これは許されざる者を進化させた作品です。

これだけ見ても感動しないと思うよ。

143 :名無シネマ@上映中 :2009/04/25(土) 17:40:35 ID:la9F6aTZ
昔レオンにハマった自分としては、途中からダブりまくりで、
爺さんの奮闘ぶりインパクトが薄くなってしまった。
田尾はもっとヘタレでもよかったような。
目はキョドってたものの声が大人っぽいせいか、言うほど弱々しく感じなかった。

151 :名無シネマ@上映中 :2009/04/25(土) 20:36:01 ID:OoB3A96o
割とユーモアのある台詞のやり取りがあって、劇場からもたびたび笑いが漏れてた。
イーストウッドのうなり声(ガルルル・・・)は最高だったわ。

俳優としての彼の姿をスクリーンで見るのがこれが最後だと思うと寂しいね。
死ぬまで俳優業も続けて欲しいものだ・・・彼が演じる役柄はどれも
本当に愛すべきキャラクターだね。

189 :名無シネマ@上映中 :2009/04/26(日) 00:20:27 ID:/KTGgrDB
クリント・イーストウッドが苛立って
「グルルルル」というところで
山田康夫の声が脳裏に聞こえてきたw

588 :名無シネマ@上映中 :2009/04/28(火) 14:03:32 ID:EWqLycmv
この作品は是非とも山田さんに吹き替えしてもらいたかった

589 :名無シネマ@上映中:2009/04/28(火) 14:14:24 ID:UTUyMRLU
山田さんもこれが遺作なら
声優人生に納得して逝けたんではないだろうか。

185 :名無シネマ@上映中 :2009/04/26(日) 00:09:37 ID:oQyMoBOC
面白かった。が、やはりウッドの作品は気分が鬱になる。
ミリオンダラーベイビー、チェンジリング、グラントリノしか見たことないけど。


遠い親戚より近くの友。というのが正にこれだな。
よく見えなかったが診察の結果は先は長くないという内容だってことか。
黒人じゃないが、隣人にスーみたいな子がいたら普通に俺も欲情する。
アメリカには結構いるのかあいう野蛮な亡命者が。

187 :名無シネマ@上映中 :2009/04/26(日) 00:17:20 ID:2GUXv5xG
前評判からもっと大作映画かと思ってたら、小品だった。
個としての人の生き様を描く映画なんだから、当然だわな。でも良い映画だ。
もっと糞真面目な映画かと思ってたら、非常にユーモア溢れた脚本で、そこもまた良い。
ラストシーンは、助手席に乗っけてるのがデイジーというところがいいね。
田舎のシネコンなんで、字幕始まったら席を立つやつ続出するのが常なんだが、
誰も終わるまで、本当に1人として席立たなかった。

192 :名無シネマ@上映中 :2009/04/26(日) 00:39:03 ID:lR7HF7/c
笑えるシーンが案外多かったことを除けば、
ありがちなストレートな展開で少々物足りなかった。
ネタバレせずに行っても見てるうちに想像ついてしまうというか。

個人的にはチェンジリングのが好き。

205 :名無シネマ@上映中 :2009/04/26(日) 01:24:57 ID:h7A4lo6I
先に謝っとく、長文&若干ネタバレスマン。


因果応報って感じがした。
序盤や中盤で従兄達に違う対処をしていたら結末は違ったかもしれない。
けどウォルトも従兄達も目には目をのやり方しか無く、そんな因果応報のツケが姉弟に回ってくる。
言ってしまえばウォルトの存在そのものが引き起こした、
分かっているのに避けられない悲劇な訳で、そして最終的なケツを誰かが取る事になる。
でも目には目をのウォルトを作った因果の最初は生きるか死ぬかの戦場なんだよね。
実際、戦争で性格を変えられた人は数多くいるだろうし。
最後のあのシーンはウォルトや物語のケリをつけただけじゃなく
ウォルトの様な戦争経験者に対して、ウォルトになる必要は無い、
ウォルトが少しでも罪を持っていくよ、っていうイエスの磔刑の様にも見えた。
空と木立が清々しいエンドクレジットはウォルトの心象に思えて歌と相まって気持ち良かった。
グラント~リ~ノ~♪

211 :名無シネマ@上映中 :2009/04/26(日) 01:48:57 ID:2GUXv5xG
>>205
因果応報とか言い出したら、朝鮮戦争で心に傷を負ったウォルトが
家庭でどのように息子に接したかということは、かなり容易に想像つくわけで。
その結果、息子は糞男になってしまったし、その糞息子が育てた孫娘は
輪をかけたような糞女になってしまった。
でもそれを、因果応報で片づけちゃいかんと思うのよ。
老人1人でチンピラ従兄弟を全滅させることは普通に無理だが、
殺ろうと思えば1人ぐらいは殺ることはできたんじゃないかと思うわけで、
しかしそれをしなかったのは、チンピラ従兄弟どもに改心のチャンスを与えたのでは?
と思った。
そもそもモン族一家が隣に越してきてんのも、チンピラ従兄弟が街で暴れてんのも
ベトナム戦争の因果が回ってきてるわけだが、そこにある事態は、
因果応報とか言ってないで、解決方法を探らなければならないわけで。

238 :名無シネマ@上映中 :2009/04/26(日) 05:02:11 ID:h7A4lo6I
>>211
ウォルトのラストシーンを因果応報の一言で片付けるのは違うか。
アレが単なる因果応報ならイエスの磔刑の様に見える訳ないよな。
でもこの映画のなかで因果応報は回ってる。
タオが不良にやられたからウォルトやり返して、結果がスーのアレ…
そしてウォルトその責任の所在を不良じゃなく、自分に向けてる。
あいつらもう許せん!じゃなくて俺と出会ったから…って言ってたし。
誰のせいでこうなったのか、誰がケツを取らなきゃいけないのか、ウォルトはそれは自分だと思った訳で、
それってウォルト的には一種の因果応報だと思う。
見る側的にはやっぱり姉弟の救済だね。それと朝鮮戦争の自己断罪かな。

240 :名無シネマ@上映中 :2009/04/26(日) 05:55:30 ID:ECvY9XQY
>>238
救済や断罪よりも、今のアメリカに対する肯定と応援 という印象が残ったなあ。
住む人も社会も色々変わったけど、変わらないものもあるぞ!負けるな!
という様なメッセージ。

241 :名無シネマ@上映中 :2009/04/26(日) 06:02:05 ID:oxGgKTp4
>>240
同意。

イーストウッドは老兵そのものだった。
銃を持たない最後のガンマンが泣かせる。

新世代に託したのが、古き良き時代の遺産であるグラン・トリノというのがまた・・・

217 :名無シネマ@上映中 :2009/04/26(日) 02:15:01 ID:I1MxMRBV
チンピラの一人が首の下に入れていた刺青
「家庭」ってなんだよwwwwwwwwwww

2ちゃんねる映画ブログ

218 :名無シネマ@上映中 :2009/04/26(日) 02:19:07 ID:t8oAyXag
>>217
あれ俺も気になったw

219 :名無シネマ@上映中 :2009/04/26(日) 02:23:38 ID:I1MxMRBV
イタリアンマフィアのFamilyみたいなニュアンスなのかなぁ。
まぁ「家族」でも爆笑してしまうが…

270 :名無シネマ@上映中 :2009/04/26(日) 15:11:47 ID:VSzSiQVp
ウォルトがヤムヤムと言うシーンで、笑ってる人が結構いたんだけどなんで?

271 :名無シネマ@上映中 :2009/04/26(日) 15:32:16 ID:r1hFQEH5
ウォルトはあの娘に好感持ちまくりなのに
わざと変な名前で呼ぶというやりかたでしか表現できない
ってところ かな

273 :名無シネマ@上映中 :2009/04/26(日) 15:46:05 ID:VSzSiQVp
>>271
なるほど。照れ隠しみたいなものか

306 :名無シネマ@上映中 :2009/04/26(日) 20:26:23 ID:U/e69wTr
スーにウォーリーと呼ばれて「ウォーリーはやめろ」と言うデカイじじい可愛かった。

307 :名無シネマ@上映中:2009/04/26(日) 20:27:56 ID:hTK1I8kZ
愛称だからね。

308 :名無シネマ@上映中 :2009/04/26(日) 20:29:10 ID:R2tAGfmA
スーがレイプされた怒りのあまり家で暴れるところ動きがぎこちなくて笑っちまった

317 :名無シネマ@上映中 :2009/04/26(日) 21:08:32 ID:I236939v
>>308
ロボコップみたいだったな

340 :名無シネマ@上映中 :2009/04/26(日) 23:19:39 ID:/KTGgrDB
>>308
あの年齢のじいさんなら
あのぎこちなさが自然だろ。
いきなりしゃきーんでガラスパーンチじゃおかしいよw

311 :名無シネマ@上映中:2009/04/26(日) 20:39:53 ID:xWtxulVc
持った茶碗をハタァと落としの
演出はインド映画並み、臭すぎ

321 :名無シネマ@上映中 :2009/04/26(日) 21:42:56 ID:xovFq3mk
自分の余命が残り少ないとわかってたら
大事な人のために命を捧げることもできるのかな

2ちゃんねる映画ブログ

ジジイは何の病気だったんだろう

322 :名無シネマ@上映中 :2009/04/26(日) 21:48:54 ID:VSzSiQVp
吐血、ヘビースモーカーという事から肺がんじゃね?

402 :名無シネマ@上映中:2009/04/27(月) 16:02:23 ID:PN8a0jyK
末期ガン?でなかったら
最後の策がどうなったか微妙だよね
往年のイーストウッド的解決方にはしった可能性もアリ

403 :名無シネマ@上映中 :2009/04/27(月) 16:27:31 ID:JwhJ18nM
最後銃で蜂の巣にされ路上に倒れた姿が、まるで磔にされたキリストに
見えたんだが、自分の役者人生の終わりを象徴してたんだろうな。

425 :名無シネマ@上映中:2009/04/27(月) 21:07:11 ID:CB+Jc44p
>>403
キリストは犠牲の象徴でもあるからね

あとウォルトがオールドスネークと被って泣けた
指ピストルはリキッドのガンズオブパトリオットを彷彿とさせるし

329 :名無シネマ@上映中 :2009/04/26(日) 22:28:03 ID:Pg6N/RZJ
スーツを直してたのって、葬式用だったのが悲しいな
パリっと決めて、グラントリノに乗って突撃、大暴れして欲しかった。

330 :名無シネマ@上映中 :2009/04/26(日) 22:31:11 ID:BsWCV3pB
>>329
悪気はないが、それじゃ台無しだと思うw 懺悔もしたのに。
それやるのは若い特権だから

331 :名無シネマ@上映中 :2009/04/26(日) 22:35:50 ID:/hrVG/zE
教会の懺悔のシーンと
地下室の扉を挟んで、タオとの贖罪のシーン
対比が素晴らしかったなぁ

332 :シルバー割引  ◆6rgGIYz09M :2009/04/26(日) 22:42:43 ID:h64s5FiD
>>329 :名無シネマ@上映中:
>パリっと決めて、グラントリノに乗って突撃、大暴れして欲しかった。

それは 今までの彼の作品で散々やって来た事なので、もうその様な設定には飽き飽きして居るんだと思います。

>>331 :名無シネマ@上映中:
>地下室の扉を挟んで、タオとの贖罪のシーン

なるほど あれが金網(?)越しの懺悔だったのですね、今判りました。
ご指摘有難うです。

333 :名無シネマ@上映中:2009/04/26(日) 22:43:21 ID:hTK1I8kZ
331そういう所までは考えが及ばなかった

347 :名無シネマ@上映中 :2009/04/26(日) 23:38:39 ID:f/VxMh+3
チキン団子にあっさりと陥落するじいさん萌え

348 :名無シネマ@上映中:2009/04/26(日) 23:45:34 ID:hTK1I8kZ
347そのシーン吹いた

353 :名無シネマ@上映中:2009/04/27(月) 00:09:20 ID:3lGko264
全部ではないがイーストウッドの映画には根底にアメリカ批判が
横たわっていることが多いように感じてきた。この作品については
ウォルトがアメリカ自身であり、罪深くて時折隣国に善意で行動するが結局
ひどい目にあわせてしまう。
彼の映画には強いレスペクトを感じてきたが、この作品には不満がある。
不良たちが薄っぺらだし、タオと家族をなぜ目の敵にしているのかがほとんど
描かれていないからだ。だからウォルトの死が自殺に見えてしまう。
その死の理由に彼の戦争体験があるとしてもそこもあまり語られていない。
まあ、いつも彼の映画は説明的なシーケンスを避ける傾向があるのだけれども。

354 :名無シネマ@上映中 :2009/04/27(月) 00:12:50 ID:v3m7iASY
不良なんか薄っぺらいくらいで調度いい
目の敵にし始めたのはウォルトが仲間をフルボッコにしたからだろ

355 :名無シネマ@上映中:2009/04/27(月) 00:18:11 ID:3lGko264
>目の敵にし始めたのはウォルトが仲間をフルボッコにしたからだろ
そこが鍵かもね。それなら復讐するあいてはウォルトのはずだね。

357 :名無シネマ@上映中 :2009/04/27(月) 00:23:52 ID:v3m7iASY
>>355
ウォルトに仕返ししたらそれこそ数倍にして報復されそうだし、
精神的に追い詰めるならタオ一家を脅して、且つスーを暴行した方が
良いと考えたんだろ。危険を冒すより安全な卑怯な道を選んでこそ外道

364 :名無シネマ@上映中 :2009/04/27(月) 00:31:10 ID:xFTgDltJ
>>357
前々からスーとヤリたかったってのもあるだろうな。
生意気な女だから成敗してやらんといかんしな。

379 :名無シネマ@上映中:2009/04/27(月) 01:57:12 ID:j+G0XOCk
それではここで素朴な疑問を一つ。

ウォルトが自分自身を一番許せず、彼の人生の苦しみの核となっていたのは、
朝鮮戦争で上官の命令ではないのに敵の少年兵を沢山殺したことだと思っていたのに、
人生最後の懺悔では、妻以外の女とキスしたとか、納税をちょっとズルしたとか、
実に他愛のない “ 罪 ” ばかりだったんだけれど、あれはどういう意味だったんだろう?

自分なりに考えてみたのは、

1. 人生を総括する懺悔でその程度の罪しか出てこないことで、
 ウォルトがいかに糞真面目に生きてきたかを表現した。

2. ウォルト流のユーモアで、死の直前まで27歳童貞の若造神父を余裕でおちょくってみた。

3. 朝鮮戦争で敵少年兵を自己判断で殺しまくったことは実は全く罪だと認めていなかった。

くらいなんだけれど、みんなはどう解釈したのかな?

382 :名無シネマ@上映中 :2009/04/27(月) 02:22:59 ID:fCFeAhDN
>>379
他愛のない罪に対しては懺悔
殺しの罪に対しては自分の死

399 :名無シネマ@上映中 :2009/04/27(月) 15:02:15 ID:6DDID9Wh
>>379
懺悔の習慣が無い俺ら日本人にはあのシーンを本当に理解するのは難しいのかもね。

懺悔で罪が赦されるかどうかは個人の罪の意識の程度によるって事、かな。
神父ももう赦されてもいいと思ってた戦争体験をウォルト自身許せなかった。
反対にチェンジリングのノースコットは懺悔したから天国に行けると本気で思ってた。

あと息子にあんなイカツイ態度とってる癖に疎遠になった原因は自分にあるって理解してたんだね。

386 :名無シネマ@上映中 :2009/04/27(月) 05:39:48 ID:7Wt5HZwK
長期刑ってだいたいどのくらい喰らうんだろ。
ウォルトが挑発したって判断される可能性あるんじゃないか?

387 :名無シネマ@上映中:2009/04/27(月) 06:34:16 ID:xFTgDltJ
>>386
実際に挑発は挑発で自分をワザと撃たせたということは裁判で分かっちゃうかもね。
でも殺したのは事実だし、最初に銃を突きつけていたのはギャング達の方だという
目撃証言があるわけだから、例えウォルトが本当に銃を抜いたとしても
それはウォルトの方の正当防衛であってギャング団の連中の方は正当防衛は成立しないだろう。
だからライターを取り出したのをワザと銃を抜いたように誤認させたことが明らかになっても
ギャングたちは十分に重罪になるだろう。
それにタオたちの家への銃撃とスーへの傷害・レイプ行為を被害者が証言しなかったのは
身内・同族だから庇ってやったというわけじゃなくて仕返しを恐れてのことだろうから
コトがここに至ればそれらの件も証言するだろうし判事or陪審員の心証は滅茶苦茶に
被告に不利になるだろう。神父さんもウォルトをヒロイックに表現する証言をしそうだし、
終身刑になってもおかしくないような。。

388 :名無シネマ@上映中 :2009/04/27(月) 06:45:12 ID:mut0xSkb
なんせアメリカのすばらしいところは
未成年だろうが懲役100年とかあるからね。
スーのレイプ、銃の不法所持、とか細かい犯罪足して
未成年だとしても終わりだろね。

389 :名無シネマ@上映中:2009/04/27(月) 06:50:57 ID:xFTgDltJ
ところでワキ役だけど神父のキャラは良かったね。
まだ未熟な若造ではあっても誠意のある立派な神父さんだった。
その神父の教会に通っていたウォルトの奥さんの人柄も
なんとなくわかるような気がする。

392 :名無シネマ@上映中 :2009/04/27(月) 07:50:00 ID:mvMcfPos
最初きれい事ばかり並べ立ててた童貞小僧が、
復讐の段になってウォルトと酒酌み交わして盛り上がるところは燃えた。

396 :名無シネマ@上映中:2009/04/27(月) 09:46:08 ID:q6JPRvqG
>>392 思った!そこであの神父がアルコールを所望し、
あの神父が汚い言葉を使うところにグッときた

416 :名無し名人 :2009/04/27(月) 19:31:59 ID:DpxOWe2u
長男家族の住む家との対比で際立って見えたんだけど、
ギャングたちも含めて、あの町に住む人々の家のつくりは同じなんですね。
そこがなんだか悲しかった。

420 :名無シネマ@上映中 :2009/04/27(月) 20:06:45 ID:6DDID9Wh
タオ達との時間は奥さんと結婚した時と比べられない位幸せだったのかな?
そしてあの事件は戦争体験と同じ位キツいモノだったのかな…

423 :名無シネマ@上映中:2009/04/27(月) 20:32:30 ID:fAHi8WcO
>>420

俺も嫁さんとの生活がひっかかっていた
独りになっても何ら変わってないわけだし

神父にお願いした内容と
生活内容があまりにも矛盾して見える

嫁さんかわいそいな人生送ったのかな

424 :名無シネマ@上映中 :2009/04/27(月) 20:41:30 ID:9q0Wn7Rc
>>423
最高の奥さんと結婚した。とか、
母さんがいなくなって寂しいな。と、犬に話しかけたりとか、
ちょっとキスしてしまったのをすまなく思って神父へ懺悔してたりとか、
最後の対決の前に夫婦の古い写真を眺めていたりとか、
とてもいい結婚だった描写はすごくあったと思うけどね
奥さんも神父さんにくれぐれもよろしくと頼んでいったのは、
ウォルトを愛して心底心配していたからだろうし

427 :名無シネマ@上映中 :2009/04/27(月) 21:19:13 ID:IxYoDc2O
見てきた。もうダメだ。何か色んな感情が入り混じってさ。

ダーティハリーもいるし、フランキーもいるし、もちろんマニーもいる。
俳優イーストウッドの総決算があのラストかよ…。
それを古き良きアメリカの終焉に重ねるんだもんな。

この胸締め付けられ感は何なんだと思ってパンフ読んでたら、何となくわかった気がした。
うまく言えないがこの映画全部が様々なものや人への鎮魂歌だからだと思う。
アメリカ人はどう受け取ったんだろう。気になる。

488 :名無シネマ@上映中 :2009/04/28(火) 01:03:00 ID:QNnJu9o2
タオの家が銃撃された時、真っ先に婆さんの心配をしていたイーストウッドを見て恋の予感を
感じ取ったのは俺だけか

490 :名無シネマ@上映中 :2009/04/28(火) 01:04:08 ID:A9RyHwdD
>>488
恋愛体質だなw

537 :名無シネマ@上映中 :2009/04/28(火) 10:15:53 ID:9O3Hx+bE
あの遺言状の発表のとき
弁護士が
「グラントリノは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・隣人のタオへ!」
って、すげー溜めに溜めていたのがちょっと面白かった。

お前はミリオネアの、みのかと。

538 :名無シネマ@上映中 :2009/04/28(火) 10:27:21 ID:Stak3MAF
>>536
客へのサービスだろ。
お前みたいなのが貰えるわけないぢゃん。ザマーみたいなw

536 :名無シネマ@上映中:2009/04/28(火) 10:11:47 ID:b3z3eD+s
つかあの孫娘なんでワクテカしてたんだろな。
お前のはずないだろw

649 :名無シネマ@上映中:2009/04/29(水) 00:10:29 ID:SluO4/7o
イーストウッド長生きしてくれって思った。
ウォルトの病気とかを超えて、実際の映画の外の人間として。
まだまだイーストウッドの作品が観たい。

巨匠だよ。スクリーンでイーストウッドを観れてる事が幸せだった。

もう最初の数分で胸にくるんだよ、最近のイーストウッドの映画は。

ブレずにどっしりと人の心の琴線に触れてくる。
ストーリーの深みと同時に、イーストウッドの映画人生の歴史が、
何とも言えない味になって迫ってくる。

人間の哀しく、脆く、罪深い心の機微を描かせたら右に出る者はいない。
イーストウッドの眼差しは厳しく美しい。
若造には撮れない。
老いた人間の重厚な洞察力は大きく鋭い。


関連記事

  1. 2009/07/18(土) 00:07:13|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:13
  4. | コメント:0
<<踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ | ホーム | 劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール ギラティナと氷空(そら)の花束 シェイミ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/814-a547d365
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

グラン・トリノ

ウォルト・コワルスキーは、朝鮮戦争の帰還兵で、フォード社に工員として長く勤めて退職し、妻と二人で生活していましたが、その妻も亡くなります。彼の妻は、ウォルトが懺悔することで心に抱えた重荷をおろすことを願っており、その妻の願いを託されていた神父が、彼の元を
  1. 2009/07/18(土) 05:38:27 |
  2. 日っ歩?美味しいもの、映画、子育て...の日々?

グラン・トリノ/Gran Torino

クリント・イーストウッド最後の映画出演とも言われている「グラン・トリノ」。 ちょっと重そうな気もしたけど、やっぱり見ておくべきだろうなと思って。 「UCとしまえん」は、普通かなぁ。 「グラン・トリノ」は、中くらいのスクリーンで、8?9割。 【ストーリー】 妻
  1. 2009/07/18(土) 06:31:29 |
  2. いい加減社長の映画日記

『グラン・トリノ』

□作品オフィシャルサイト 「グラン・トリノ」 □監督 クリント・イーストウッド □原案 デヴィッド・ジョハンソン □原案・脚本 ニック・シェンク □キャスト クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カリー、コリー・ハードリクト
  1. 2009/07/18(土) 09:29:26 |
  2. 京の昼寝?♪

グラン・トリノ

 『今、 大人が迷う時代。 でも、この男がいる。』  コチラの「グラン・トリノ」は、もうすぐ79歳を迎えるクリント・イーストウッドが主演&監督を務め、アメリカでは彼のキャリア史上最高となる興行収入をあげた4/25公開のヒューマン・サスペンスなのですが、試写会...
  1. 2009/07/18(土) 10:06:17 |
  2. ☆彡映画鑑賞日記☆彡

グラン・トリノ

道に迷う全ての人に向けた人生講座。  
  1. 2009/07/18(土) 10:47:36 |
  2. Akira&#39;s VOICE

【グラン・トリノ】

監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘイリー、ブライアン・ホウ 「妻を亡くしてから一人暮しのウォルト・コワルスキーは子供達とも疎遠で静かにひっそりと暮らしていた。妻に頼まれたとやって来る
  1. 2009/07/18(土) 14:33:06 |
  2. 日々のつぶやき

[映画『グラン・トリノ』を観た]

☆小粒の作品ではあるが、完成度は高く、故に、私が語ることは少ないぞ。  初っ端のタイトルクレジットから、ブルージーっちゅうか、ジャズった曲が流れ、一気に世界に引き込まれる。  かつて朝鮮戦争を経験した元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、退役後
  1. 2009/07/18(土) 19:20:21 |
  2. 『甘噛み^^ 天才バカ板!』

グラン・トリノ

あれ?ついこないだもクリント・イーストウッド監督作が公開されてなかったっけ? アメリカでも日本でも『チェンジリング』の公開から2か月後のハイペースで公開された『グラン・トリノ』を観てきました。 ★★★★★ 実の息子家族からも嫌われる保守的で頑固な口の汚いクソ
  1. 2009/07/18(土) 19:25:07 |
  2. そーれりぽーと

『グラン・トリノ』

映画『グラン・トリノ』オフィシャルサイト 監督・製作:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド 、ビー・バン 、アーニー・ハー    クリストファー・カーリー 、コリー・ハードリクト 、ブライアン・ヘーリー 2008年/アメリカ/117分 お
  1. 2009/07/18(土) 21:40:17 |
  2. Rabiovsky計画

グラン・トリノ [映画]

原題:GRAN TORINO公開:2009/04/25製作国:アメリカ上映時間:117分鑑賞日:2009/04/25監督:クリント・イーストウッド出演:クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、コリー・ハードリクト俺は迷っていた、人生の締めくくり方.
  1. 2009/07/18(土) 23:15:15 |
  2. 映画鑑賞★日記・・・

映画 【グラン・トリノ】

映画館にて「グラン・トリノ」 『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年ぶりにクリント・イーストウッドが監督・主演を務める。 おはなし:妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は単調な生活を送っていた。そんなある日、愛車グ
  1. 2009/07/19(日) 00:16:10 |
  2. ミチの雑記帳

mini review 09400「グラン・トリノ」★★★★★★★★☆☆

『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年ぶりにクリント・イーストウッドが監督・主演を務めた人間ドラマ。朝鮮戦争従軍経験を持つ気難しい主人公が、近所に引っ越してきたアジア系移民一家との交流を通して、自身の偏見に直面し葛藤(かっとう)する姿を描く。イーストウッド
  1. 2009/10/04(日) 17:02:05 |
  2. サーカスな日々

「グラン・トリノ」(GRAN TORINO)

米映画界の大御所、クリント・イーストウッドが製作、監督、主演の三役をこなした感動のヒューマン・ドラマ「グラン・トリノ」(2008年、米、117分、ニック・シェンク脚本、ワーナー映画配給)。この映画は、妻に先立たれ息子家族とも折り合いがつかず、孤独な暮らし
  1. 2009/10/17(土) 06:39:30 |
  2. シネマ・ワンダーランド

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR