FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

http://tv6.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1088071813/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:04/06/24 19:10 ID:Wy01HROD
【アズカバンの囚人】
日本公開日 2004年6月26日
公式(日本語) http://harrypotter.warnerbros.co.jp/home.html
監督 アルフォンソ・キュアロン


6 :名無シネマ@上映中:04/06/24 22:31 ID:rNDOtWLL
ハリー・ポッター 怒りのアズカバン

162 :本家プゲラー ◆nAv.Wp4hbo :04/06/27 18:17 ID:HrEIbykN
>>6
warota

62 :名無シネマ@上映中:04/06/26 02:39 ID:2mgdbfUX
監督変わってすごくノリが良くなった
「原作にハマった人が楽しめるだけの映画」から「一つの映画として楽しめる映画」になったと思う。
私的には1・2よりカナリ良い。ウアーイ!

76 :名無シネマ@上映中:04/06/26 14:01 ID:BZVZC1Nv
「秘密の部屋」が一番、テンポも良くて原作も壊していないと思った。
今回は、急展開に説明が付いていけてなくて、「ハァ?」な部分が多かった。
監督変わらない方が「ハリー・ポッター」としては良かったな。
久しぶりに賢者と秘密のDVDを見直したら、「ああ、こっちの方が雰囲気有るなぁ」と思ったよ。

今回が一番上映時間短かったのがまずおかしいよね。
あと30分長くしてでも、親世代の説明をするべきだったよ。
ハリーのパトローナスが鹿の姿であった説明が一切無いじゃん

81 :名無シネマ@上映中:04/06/26 19:57 ID:pFcAvbVl
上映時間は、前作の秘密の部屋が2時間40分なんだけど
「子供向け映画にしては長すぎる」という理由から
今作は短くしたらしい

83 :名無シネマ@上映中:04/06/26 20:09 ID:kdDyUAfE
今さっき見て来た・・・

原作が長くなっているのに
放映時間自体は変わらない(>>81短いんですか?)から
無理矢理ポイントだけをつぎ込んだ感じ・・・
各イベントの背景となる出来事の説明も薄いし

カットだらけのテレビ放送見てるかと思った

87 :名無シネマ@上映中:04/06/26 20:23 ID:pFcAvbVl
>>83
2時間15分です

88 :名無シネマ@上映中:04/06/26 20:29 ID:kdDyUAfE
>>87
おー..サンクス。.激しく短いな・・・

せめて3時間やれよ

96 :映画大好き:04/06/26 21:40 ID:cYVjDwn6
ゲイリーオールドマンはどうだった?

98 :名無シネマ@上映中:04/06/26 22:19 ID:ITz2tWsO
>>96
期待通りだった、ラストのやり取りもいい。

2ちゃんねる映画ブログ

90 :名無シネマ@上映中:04/06/26 20:32 ID:PVHx+O5Z
学校の風景がすさんでる・・・。
1・2はオックスブリッジぽくて好きだったのに、いきなり荒涼とした雰囲気になってしまって。
カナシイでございます。

しかしボガード・スネイプがちゃんとあったのは笑えた^^

91 :名無シネマ@上映中:04/06/26 20:42 ID:l4TwZBww
>>90
1作目は学校自体を見せる必要があったし、2作目は学校内でのミステリーだったから、中を観る機会が多かったんだろうね。
今回は野外活動がメインだし。

なんだかんだ言っても、楽しいシーン・笑えたシーンもあったね。
ボガードのシーンは特にいい。BGMも効いてすごくノリがよかったし。
マージおばさんのとこも、状況に似合わず何故か壮大で、あまりにも滑稽だったよ。
予想してたよりも、シリウス役もルーピン役も期待以上のキャラクターを演じてくれていたし、
総合評価では悪くはないな…

109 :ぬるぽFC ◆gouRkH05GQ :04/06/27 01:33 ID:J07HxLhJ
自分は原作見てない人だが映画は説明不足で
後半の展開が分かり辛かった。

115 :名無シネマ@上映中:04/06/27 02:27 ID:jOKk2meo
>>109
ルーピンが狼少年で少年当時一緒に遊ぶ為にハリーの親父とシリウスとあとロンのネズミの3人は
動物に化けれる禁断の魔法を取得した
ロンのネズミの奴はハリーの親父を裏切り居場所をヴォルデモートに言い
それに怒ったシリウスが問い詰めたら市民をまきぞい爆破 ネズミになり逃げる
それの犯人がシリウスにされる そのままネズミはロンのところへ転がりこむ
ハリーの近くにいけたのは全くの偶然
それに気づいたシリウスはハリーに近づくというストーリーさ

107 :名無シネマ@上映中:04/06/27 01:04 ID:onidM/oe
ハーマイオニーのおっぱいが膨らみ始めた

2ちゃんねる映画ブログ

121 :名無シネマ@上映中:04/06/27 07:19 ID:qUYxBO7o
映画のテンポはそれなりに良かったと思うが、やっぱりチラとでも両親の説明が欲しかった。
監督が変わると雰囲気変わるね、やっぱ。
なんだかカジュアルな感じになった。一、二はもっとハイソっぽかったような気がする。
子供達がみんな普通の格好してるのは好きじゃなかったな。私服でも前作の微妙にやぼったい感じが好きだったんだけど。

でも映画としては良い部類なんじゃあないかな。
吸魂鬼の描写にうっとりしっぱなしでした。

125 :名無シネマ@上映中:04/06/27 10:46 ID:4ITzjZfo
ドラッグや二輪に乗るようなスピード体験、思春期の青年らしいイタズラ描写が細かくちりばめられているのが面白い。
ハリーのオナニーから始まるオープニングに感動。今度のハリーはちょっとだけワル。
あと、エンドロールも凝ってるよね。

126 :名無シネマ@上映中:04/06/27 10:51 ID:wieuGjXy
真面目にオナ彷彿オープニングに惚れ惚れ。
他人には、特に心開いてない大人には絶対に踏み込ませたくない領域を表現しているという意味で
布団かぶって一人で暗闇の中ゴソゴソしている描写は上手いと思った。
ああいうの得意っぽいよね今回の監督。

136 :名無シネマ@上映中:04/06/27 13:10 ID:3nW+/Gog
>>126その描写はもともと原作にあるんだけど…

137 :名無シネマ@上映中:04/06/27 13:15 ID:nJvUUtSb
エレクト・スペルマナパーム!

138 :名無シネマ@上映中:04/06/27 13:36 ID:bJDLSNUu
ハリーはおちんちんをシコシコこすった

141 :名無シネマ@上映中:04/06/27 15:35 ID:LawrAPT5
凄い映画だった。
ハリーのオナニーシーンから映画が始まった。

187 :名無シネマ@上映中:04/06/27 22:44 ID:qaas7uR1
>>141
ちょ、ちょっと、待ってよ、小学生の娘二人連れて見に行くつもりなんだけど、
そのオープニング、どうしたらいいの?!

190 :名無シネマ@上映中:04/06/27 22:52 ID:nG32Cz5y
>>187
いや大丈夫。映画観てても、このスレみるまでそんな風に思わんかったし。
どっちかというと倒れたシリウスの足の投げ出し方が面白くて気になった。

145 :名無シネマ@上映中:04/06/27 16:08 ID:LawrAPT5
ねずみ男はどうなったけ。

146 :名無シネマ@上映中:04/06/27 16:13 ID:dOQxf/+1
バイバイして服だけ置いて逃げた

177 :名無シネマ@上映中:04/06/27 21:27 ID:mcey91mH
>>146
はっきりと覚えてないけど、服置いてったんだっけ?
それじゃ、すっぽんぽんってことだよね?(;´Д`)ハアハア
でもそれなら、ネズミから人間になったときに服着てたのはおかしい。

178 :名無シネマ@上映中:04/06/27 21:31 ID:Hrt7e2Wg
ネズミになる時も服を置いてったし
狼に変身する時も服はバリバリ破れていたのに
犬だけが変身しても都合よく服はそのまんまだった
どういう法則があるんだろう謎だ

179 :名無シネマ@上映中:04/06/27 21:41 ID:mVB8Ps41
よく観てたら分かるが、あの服は ボ デ ィ ー ペ イ ン ト です。

180 :名無シネマ@上映中:04/06/27 21:48 ID:9RNHWuMz
>>178
魔法界では、すでに「空中元素固定装置」が実用化されていますが、何か?

181 :名無シネマ@上映中:04/06/27 21:49 ID:LsAsqos1
最後は生徒達がルーピンを見送るシーンでしめてほしかった・・・。
去り際が寂しすぎる。
でも今作は結構気に入ってる。あと二回は観るぞ。

183 :名無シネマ@上映中:04/06/27 22:08 ID:jmz8sgXg
でもあれだけの設定をつくって
いろいろ細工してるのはすごいよ ローリングさん

今回の作品は面白かったと思うよ。
たしかに子供には3時間は長いから、今回のような短さはちょうどいいよ

185 :名無シネマ@上映中:04/06/27 22:15 ID:87i1oxke
いくらなんでもカットしすぎ。クィディッチ優勝杯がないってどういうことよ?ウッドがでてこないってどういことよ?

191 :名無シネマ@上映中:04/06/27 22:53 ID:LBGaAyM7
>>185
ウッド役の子が降りたからでは?
そう思ってたんだが、誰か詳しいしといます?

193 :名無シネマ@上映中:04/06/27 22:59 ID:CeGaGwle
>191
彼は自分から降りたわけじゃないはず。
キュアロンが早い段階で「クィディッチシーンはあぼーんです」って
宣言してたような。

201 :名無シネマ@上映中:04/06/27 23:13 ID:vzY6QSD0
どうでもいいけどスネイプ先生はストーカーですか?

2ちゃんねる映画ブログ

202 :名無シネマ@上映中:04/06/27 23:14 ID:9xc4xz1H
あの先生はうろちょろし過ぎだよな。

257 :名無シネマ@上映中:04/06/28 13:07 ID:3v8o2cfX
自分は原作読んでる派で、今回の映画は正直、「もうちょっとあのシーン
とかこのシーンとか入れてくれ~」と少々物足りないところもあった。
大人キャラの面々が増えてきてストーリーは面白みが増したと思う。
原作の3作目を初めて読んだ時の、こう色々と張られてた伏線がこう
だったのか! という感動は映画では薄かったけど、不満じゃなくて
物足りないかなレベルかな。
映画では説明不足なところがあるかなぁと思ったけど、一緒に行った
原作読まない派の友人は「いや知らなくても分かるし、楽しめたけど」
と言ってマシタ。でも彼女は例の地図がハリーのお父さん達が作ったとか、
それぞれ動物もどきの時に違う名前があったとかは分かってなかったので
知ってた方がより楽しめるんだゾ~!と思ったけどね。

261 :名無シネマ@上映中:04/06/28 13:44 ID:aVY6Kz01
原作が100だとするなら、映画で説明できているのはせいぜい70くらいだと思う。

で、映画だけ見て「話もちゃんとわかったよ」と言う人が居るとしても、
それは「70を理解した」だけであって、原作の3巻でおそらく一番重要な
親世代の説明や出来事を知らないままで「分かった気になった」だけだと思う。

ハリーの親たちが何故アニメーガスなのかとか、
ハリーのパトローナスが鹿だったとか、
地図に浮かんだ名前の意味がなんだったのかとか。
ソレが一切省かれてるのに、今回の映画で「アズカバンの囚人」を評価されるのは物凄く残念。

なんかもう、DVDで発売する時でいいからさ…あと30分くらい足して、
もっとマシな物を「完全版」として発売して欲しいと思う



http://tv6.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1086262538/
2ちゃんねる映画ブログ

104 :名無シネマ@上映中:04/06/19 19:22 ID:i1N7dANp
・狼人間とわかってルーピンを教師として雇ったのはなぜ?
・寮の入り口のおばさんの絵を切り裂いたのは誰?
・シリウスブラックはルーピンでさえ気づかなかったのに、
どうしてホグワーツにピーター(?ネズミの人)がいるとわかったの?
・スネイプのキャラがわからない

今日見てきたけど、分からないことだらけ、やっぱ原作読まないとだめなのか…_| ̄|○
既読の方、いくつか教えてくださるとうれしいです。
前2作はもう忘れたから比較できないけど、今回もまぁおもしろかった。
個人的にはクディッチの試合が少ししかなくて残念かな。

106 :名無シネマ@上映中:04/06/19 19:30 ID:ATps3XHk
>104
映画だとどうかわからないけど、原作だと
・ダンブルドアは学生の時からルーピンが差別されるのを不憫に思ってきたから。
 人狼ゆえに職がなく貧乏な彼を雇ってあげた。
・シリウス
・日刊預言者新聞に載ったウィーズリー一家の写真で、ロンと一緒にネズミが写っているのをみたから。
・いちおう、それは次巻・次〃巻へ持ち越してください。

196 :名無シネマ@上映中:04/06/20 01:15 ID:05E5LPWN
良かった点
・音楽。前作までのファンタジー音楽から一転してヨーロッパの古典調な音楽が良かった。
あとルーピンの授業でレコードかけるとこね。ああいうのは好きだ。
あと何と言ってもコーラス。合唱のシーン、予告と少しアレンジが違ったね。
・監獄にいたシリウスのために広い空が見える家がいいという台詞。
・景色。湖の上をヒポグリフが飛ぶシーンは素直に感動した。

不満な点
・シリウスを見送る時もルーピンを見送る時もハリーが無表情なこと。
くさい芝居を求めるわけじゃないが、何の感慨もないのかハリーと思ってしまったよ。
・さんざん書かれてますが肝であるドラマ面が薄い。


ディメンターはナズグルを想像してたけど、どっちかっつーと
マトリックスのイカだな。

210 :名無シネマ@上映中:04/06/20 02:51 ID:PYYsneUZ
ルーピンの人狼としての苦悩が感じられなかったのが残念でならない。
ジェームスがスネイプを助けたエピソードがないから
賢者でせっかくスネイプがハリーを助けるって伏線があったのに無駄になってしまった。
ピーターを逃がした事が後々~っていうダンブルドアの台詞も。

211 :名無シネマ@上映中:04/06/20 02:56 ID:Rq6f1H33
>>210
無駄に長尺とったアクションシーンを少しけずるだけで、
そういった苦悩や葛藤を表現するための「タメ」を作れるのになぁ・・・と
思って残念なこと。

232 :名無シネマ@上映中:04/06/20 06:19 ID:nxx5q01i
私も削られたシーンを残念に思ったクチだけど、素直に楽しかったよ。
前2作がただのダイジェスト版だったことに比べたら、今回は断然単品の映画として成立していたと思う。
それでも原作読んでることを前提にしてるように感じるところは多々あったけどなー。
別に、すべてが原作に忠実でないから不満をたれているわけではなく、
映画は映画だけで楽しめるべきだと思っているからこそ、そういう説明不足が気になったんだよ。
あと、既読者は物語の根幹になるトリック(シリウスが殺人鬼じゃないとか、鼠がピーターだとか)を
端から知ってるわけだから、その辺未読の人と反応の差が出るのは仕方ないね。
シリウスとルーピンの再会シーンなんかは受け取り方が180度違ってきちゃう気がする。

234 :名無シネマ@上映中:04/06/20 07:19 ID:y9rUTS/d
今観て帰ってきた~。。子供達が大人になってきたなぁ。。シミジミ。
やっぱ原作は原書がおもろい。映画は映画でおもろい。
今回はハー子の男前なグーパンチに惚れますた。

243 :名無シネマ@上映中:04/06/20 10:04 ID:7VFO7mNb
>>234
ロンの変わりようもすごいが、ドラコの変わりようはもっとすごいだな。

2ちゃんねる映画ブログ

248 :名無シネマ@上映中:04/06/20 11:17 ID:FXSj7a9z
ドラコは今作で一気にヘタレ化した印象

262 :名無シネマ@上映中:04/06/20 12:46 ID:05E5LPWN
今すごい疑問点にぶち当たったので誰か教えて下さい。
ルーピンも叫びの屋敷でシリウスから真相を聞くまでは、シリウスが
真犯人でピーターは殺されたと思ってたんだよね。
そこらへんの誤解が解ける描写なり台詞ってあった?
なんか「ハリーには知る権利がある」とかって、既に真相を知ってるふうじゃなかった?
混乱してきた。

263 :名無シネマ@上映中:04/06/20 13:03 ID:NJcDdFSP
>>262
ピーターが生きていたというのはルーピンが地図で確認できたと思う。
ハリーからも地図にピーターの名前があったんですっていう情報入手してたし
「オイ生きてんじゃねーかyo!」って。

だからっていきなりシリウスの冤罪をすんなり納得していたのは
同じくすごい疑問点なわけだが。

265 :名無シネマ@上映中:04/06/20 13:50 ID:05E5LPWN
>>263
ピーターが生きてたことでおおよその事を理解できたんだろうか。
裏切りも大量殺人も。
ルーピンは事の真相を知るまでかなり責任感を感じてたと思うんだよね。
シリウスがアズカバンを脱走して今ホグワーツを徘徊できるのは
自分のだめに彼がアニメーガスになったからだから。

164 :名無シネマ@上映中:04/06/20 00:21 ID:TpaLTLdg
結論:

 今までで最高傑作。

 脚 本 以 外 は 。

「ルーピン、ピーター、ハリ父、シリウスの4人はグリフィンドール寮で親友だった。
彼らはそれぞれムーニー、ワームテール、パッドフット、プロングズというあだ名で
『忍びの地図』を作成するほどのイタズラ好き規則破り常習犯だった。
スネイプはスリザリン寮で同級、彼らと仲が悪かった」

これを説明するだけで、どれだけ印象が変わったか。
どうしてこの程度の情報をうまくセリフの中に織り込むことができないかな(´∀`)

167 :名無シネマ@上映中:04/06/20 00:25 ID:EiBeDjlI
オオオー>>164さんみたいな人に脚本添削してホスィかったよ…

275 :名無シネマ@上映中:04/06/20 15:27 ID:tJWSkvvf
親世代の部分、削るなら削るで上手に削って整理すればいいものを
「復讐は蜜より甘い」とか牡鹿などと中途半端に盛り込むからいけないような…。
本当>164の説明が入るだけでも十分なんだが。

369 :名無シネマ@上映中:04/06/21 13:00 ID:aKa15s/8
先行見て、昨日まではここに書かれてたような「原作はしょりすぎ」っていう感想ばかり持ってた。
でも一日たった今、ジワジワ余波がきてる。
やっぱりあれは凄い映画だよ。
考えてみれば、「アズカバン」という物語やその根本的なテーマがまずあって、
それは例えJKRでも一冊では書ききれないものなんだと思う。
(あれこれ切り捨てたから3巻はバランスのとれた名作になった。4と5は長すぎ)
そしてキュアロンは映画的な切り口からこの作品を作り上げた。
3のみならず、ハリポタという世界観全て(魔法界はマグルのすぐ隣にあるとか、過去を断ち切って前に進まなきゃとか)を包含してる。
原作と映画は、同じテーマを日本語と英語で言ったようなもので、違って当たり前。
でもテーマから逃げた訳じゃない。
映像と台詞全てに深い意味があると思う。
親世代のことが説明されなかったと言われてるが、シリウスとルーピンのあのやりとりは原作以上のものを伝えてたと思う。
とにかくもう一度早く見たい。観るたび違う発見があるはず。

385 :名無シネマ@上映中:04/06/21 17:01 ID:i7rfTbUO
>>369
少し同意。
自分も観た当初は「あそこが・・」「ここが・・」って思ってたけど
何か、落ち着いてくるとじわじわ来ている。
ただ叫び屋敷のあのシーンはもうチョット突っ込んで欲しかったけどね。
もう一度観たいシーンはシリウスとハリーのやり取り(誤解が解けた後の)。
じんわり心に残っている。

382 :名無シネマ@上映中:04/06/21 15:38 ID:uU+kIH1Q
>369
>シリウスとルーピンのあのやりとりは原作以上のもの
これはいくらなんでも原作に失礼なような
映画に描かれていた二人の関係は「親友」という位置づけだけ
あの2人を含む4人組に内包されてるのは友情だけじゃない
その部分が描かれていないのに原作以上とはこれいかに?

390 :369:04/06/21 17:31 ID:aKa15s/8
>>382
原作以上は語弊があった、すまそ。
「原作とは別の切り口」っていうべきだった。
でも、一回観ただけで「原作以下」と本当に言える?
叫びの屋敷シーンの二人のやりとりを全部覚えてる?台詞や仕草や目線まで。
あと、狼化していくルーピンを必死に止めようとするシリウスとか悲壮ですごかったじゃない。
その後の哀れな狼の姿とか。
あれを観て、12年間辛かったのはシリウスだけじゃなかったんだなと思って涙出たよ。
原作の台詞を中途半端なタイミングで入れたのは脚本家のせい。
(あれほどJKRがliteralじゃなくていいと言ったのに)
でも原作になかった場面にこそ今回の映画の真髄があるのかも知れない。
そこに6巻7巻の伏線も隠されてるわけだし。

370 :名無シネマ@上映中:04/06/21 13:04 ID:RrTyZb/+
「田舎に住みたい、広い空が見えるところに。牢獄にいたシリウスの為に」


。゚(゚´Д`゚)゜。ハリー....

385 :名無シネマ@上映中:04/06/21 17:01 ID:i7rfTbUO
>>370
このセリフいいねよぇ・・・ハリーいい子や・・・

386 :名無シネマ@上映中:04/06/21 17:16 ID:v1JiPFDP
最後ハリ-にホウキをあげた人は誰なの?逃亡した人?

387 :名無シネマ@上映中:04/06/21 17:18 ID:tW6+fZqk
>>386
ほうきと一緒に羽が入ってたでしょうに・・・

388 :名無シネマ@上映中:04/06/21 17:18 ID:eD/5GWJ5
>>386
原作じゃそう。映画でも「一緒に入ってた羽
=バックビークの→乗ってるシリウスが送り手」
って暗示じゃないかな?

447 :名無シネマ@上映中:04/06/22 03:19 ID:mOz5CVMG
原作が長く、ハリーも成長し話が複雑になってくるほど映画化が難しいのもわかるけど・・・
アニメーガスについて、もっと描かなくてよいのだろうか。
次のゴブレットの伏線としても重要だよね??
パトローナムの雄鹿の形の意味とかさあ、どうしてシリウスが脱獄できたかとかさあ、
地図の4人の名前とか、屋敷の意味とか、暴れる木を植えた理由とか・・・
全部つながって、それが面白いのに。
スキャバーズの1本欠けた指だって、最初に、「一本指は欠けてるけどかわいい奴だ」
とかなんとかさあ、セリフ一個足すだけでも違うんじゃないのかなあ、素人考えだけどさあ。
ハーマイオニーの時間戻しだって、なんで先生かせそれをくれたのかの説明ないままやん、
「どうしても全部の授業を受けたくて」とかなんとかさあ、セリフ足すだけで違うんじゃない
のかなあ、素人考えだけどさあ。
せめてせめて、雄鹿についてだけは、説明が欲しかった、
大切なパパとの繋がりなのに・゚・(つД`)・゚・
前2作も原作読んでない人にはわかるのかな?と思ったけど、これほどじゃあなかった。
良かったのはバスの描写くらいだよ・・・

456 :名無シネマ@上映中:04/06/22 11:58 ID:lNtV7LZL
>>447さんには禿同。鹿見てパパだと突然思い込むハリーに違和感ありまくり。
でもハリー中心に話を進めるなら親世代設定はまっ先に削られる部分なんだよね…
・゚・(つД`)・゚・

458 :名無シネマ@上映中:04/06/22 12:20 ID:BB9GImn2
原作通り、鹿の後ろにいた自分(タイムターナー使用中)を見て
ジェームズだと錯覚させたんじゃいけなかったのかな。
鹿の向こうの人影を撮して、ハリーに「鹿の向こうに父さんを見た」とか言わせて
パトローナスを出したあとに「父さんだと思ってた人影は僕だったんだ」とか言わせれば
かなり筋が通ると思うんだけど。

460 :名無シネマ@上映中:04/06/22 13:33 ID:lNtV7LZL
>>458
そうですね!ここでハリーとジェームズがソックリって設定を活かせば
ハリーが勘違いするのも自然だし、映像化にもそんなに時間かけず説明
できると思うよ。
とにかくこんな凄いパトローナスをだせたのが父でなく自分だった、って
時の感慨がもっと表現できればと思う。

2ちゃんねる映画ブログ

463 :名無シネマ@上映中:04/06/22 14:01 ID:noH1kNbZ
原作では牡鹿のシーンって親子の絆を深く表した大事なシーンだったんだよな…
父親と勘違い→力ある魔法使いだと父親を尊敬している、また会いたいと願っている
牡鹿→父親は心の中にいまも生きていて、ハリーを守っている
ダンブルドアの解説が時間上かいれられず後者は削られたわけだけど
それなら牡鹿も出さなければ映画として問題なく観れたような気がする

ないと寂しいけどさ…orz


関連記事

  1. 2009/07/13(月) 23:32:37|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<クローズ ZERO II | ホーム | 踊る大捜査線 THE MOVIE>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/793-956d8149
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR