FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

踊る大捜査線 THE MOVIE

http://tv.2ch.net/movie/kako/1010/10102/1010239555.html
2ちゃんねる映画ブログ

5 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 03/11/04 01:16 ID:JjxMvukQ
【レギュラーキャスト】
青島俊作(織田裕二):湾岸署刑事課強行犯係巡査部長
  退院後に湾岸署復帰。人事交流で警視庁犯罪被害者支援室に勤務後、湾岸署勤務。
室井慎次(柳葉敏郎):警視庁刑事部捜査一課管理官警視正
  降格処分を受け、北海道警美幌警察署署長を経て警視庁に復帰。
  警視正でありながら管理官という不遇のキャリア。5年間の間に青島と潜水艦事件を解決。
恩田すみれ(深津絵里):湾岸署刑事課盗犯係巡査部長
  六都道府県にまたがる大規模広域スリグループを検挙し警視総監賞を受賞。未だに独身。
  室井の依頼で今回の特捜本部の仕事に組み込まれていく。
柏木雪乃(水野美紀):湾岸署刑事課強行犯係巡査部長
  巡査部長に昇格し、香港警察に長期出張、警視庁通訳センター勤務を経て湾岸署に戻ってくる。
真下正義(ユースケ・サンタマリア):警視庁刑事部捜査一課警視・第1号ネゴシエーター
  刑務部人事一課付きでロス市警へ。FBI訓練プログラムを受け、警視庁第1号のネゴシエーターとなる。
  5年間湾岸署メンバーとの接触はなかった模様。
和久平八郎(いかりや長介):湾岸署指導員
  指導員として捜査を続ける一方、後輩の育成にも力を入れる。ワイルド系の娘は嫁に行き一安心。
新城賢太郎(筧 利夫):警視庁長官官房、刑事局担当審議補佐官警視正。
  警視庁総務部参事官を経て、警察官僚エリートのレールを着実に進んでいる。現在婚約中。


6 名前: スレは立てる。それが私の仕事だ。 投稿日: 03/11/04 01:16 ID:JjxMvukQ
神田署長(北村総一郎):湾岸署署長警視正。陶芸大会5年連続金賞受賞。
秋山副署長(斉藤暁):湾岸署副署長警視。 陶芸部部長。
袴田健吾(小野武彦):湾岸署刑事課課長警部。 バドミントン部監督。
魚住二郎(佐戸井けん太):湾岸署刑事課強行犯係係長警部補。
中西修(小林すすむ):湾岸署刑事課盗犯係係長警部補。
緒方薫(甲本雅裕):湾岸署刑事課盗犯係巡査部長。
森下孝治(遠山俊也):湾岸署刑事課強行犯係巡査部長。
山下圭子(星野有香):湾岸署観光者相談係巡査長。
渡辺葉子(星川なぎね):湾岸署観光者相談係巡査長。
吉川妙子(児玉妙子):湾岸署観光者相談係巡査長。
一倉正和(小木茂光):警視庁刑事部捜査一課課長警視正。部下の不正により降格された。
吉田敏明(神山繁):警視庁副総監。左遷された室井を管理官に戻す。

25 名前: この映画って 投稿日: 02/01/05 23:31 ID:hMtyewCt
日本映画の興収1位(実写作品で)なんだよね………(;´Д`)

26 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/05 23:31 ID:WxqogUhP
御都合主義満載だけど、まあまあ楽しかったからいいや。

34 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/05 23:34 ID:q/C/YJqQ
ライティング、スローモーションの多用、語りのクドさ、笑えないオチ…
「出来の悪い香港映画」という感じがよぎって仕方がない。

でもこの映画のいかりや長介が好きなので、
私の中では「好きな俳優の出ている嫌いな映画」という
困ったポジションにある。

54 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/05 23:44 ID:JUo4B6QW
とりあえず、刺された人間はまず止血して、複数人で運べ。間違っても
歩かせるな。緊急車両はサイレンを鳴らさなきゃ駄目だろ。とか思った。
感動させるだけのために血を流しながら歩かせてる時点で駄目だろ。

あと、警察署内部の描写はともかく、警察上層部や犯人の描写が駄目すぎ
「天国と地獄」からのパクにしても芸が無さ過ぎ。そもそも「天国と地獄」
とか、微妙にマイナーなネタを出している時点でやばいだろ。演出は平均点
だけど、脚本家は逝ってよし。

これ、映画館で見た人には面白かったのか?テレビ版を知っていると凄く
面白いとか、そういう類いの映画?

62 名前: 35 投稿日: 02/01/05 23:48 ID:O+DGt6iF
>54
テレビ版知ってるけど、はっきり言って、テレビ番のが面白いと思うよ。
絶対、映画館で1600円(当時それくらいだっけ)払ってみる映画では
ないと思う。
てか、青島が死なないのって、続編作らせたいテレビ局側の圧力なんじゃ
ないのとか、そう言うこと思っちゃって、その時点で、ちょーっと、ね。

61 名前: 本広 投稿日: 02/01/05 23:47 ID:hMtyewCt
お前らがいくら文句垂れようが邦画歴代興収3位の地位は揺るがないのさ(・∀・)

64 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/05 23:49 ID:O+DGt6iF
え、あれで歴代3位だったの?!

97 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/06 00:24 ID:yXUPqqap
こんなの踊る大捜査線じゃなーいと思ったのは私だけ?
同じ人が出てて同じ曲使ってるだけじゃん。
ドラマはもっとテンポいいし笑えるし泣けるんだよー。

105 名前: アメスピ吸い 投稿日: 02/01/06 00:29 ID:NeLLLiUl
アメリカンスピリット吸ってると必ず「あ~青島が吸ってたタバコね」と
言われるのが腹立たしかった。
初めて見たけど、ホントに吸ってんのね。青いやつ。

108 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/06 00:33 ID:hrPwoRuP
こんなんのせいで軍物パーカー着にくくなったよ。

113 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/06 00:39 ID:UuAk3hHN
>108
おれ、あのドラマの前からM-61パーカー着て
緑のアメスピ吸ってるんだけど
大迷惑さ。

120 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/06 00:47 ID:RBI9NylJ
>113
青島の着てたヤツってそういう型番だっけ?51とかだったような

125 名前: 113 投稿日: 02/01/06 00:51 ID:UuAk3hHN
>120
微妙に違うんだけど似てるのよ。
けどあのドラマのせいで俺はすっかり「青島」。
M-51はMODSと呼ばれるムーブメントで流行ってた代物。

130 名前:  投稿日: 02/01/06 01:00 ID:vJjbWab6
事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!!

このセリフだけは好きなんだが・・・。

166 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/06 02:43 ID:7jfXplzw
小泉今日子は気持ち悪かった
おばさん顔なのに髪型はおかっぱだったから

2ちゃんねる映画ブログ

167 名前: 113 投稿日: 02/01/06 02:48 ID:UuAk3hHN
>166
それを狙ったんでしょう。
そういう役だし。

206 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/06 03:45 ID:bdNcWO7v
まあこういう映画は楽しんだ者勝ちだね

207 名前:  投稿日: 02/01/06 03:47 ID:LP7Zz+tl
俺は最初の川のシーンでだめだった。
警察が死体の取り合いなんかするわけないし、別に笑えないしで・・
冒頭に非現実的なもの見せられると萎える。

213 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/06 03:52 ID:b/q8Ec9a
>冒頭に非現実的なもの見せられると萎える。

こっちに批判がいくってのが理解出来ないんだよな。
ギャグとして面白くないって方じゃなくて。

215 名前:  投稿日: 02/01/06 03:54 ID:LP7Zz+tl
ラストの織田クンの歌はまじでありなのか?
「ネバネバネバ~」って歌詞ムチャクチャやん

217 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/06 03:55 ID:UuAk3hHN
>>215
歌は「無し」の方向で。

272 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/06 04:43 ID:ham/HREo
韓国では受けなかったみたいだね。
ワイルド系の織田裕二が韓国女性の好みに合わなかったらしい。
豊川悦史は受けたのにねー。
ああいう繊細っぽい男がいいのかね。

274 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/06 04:47 ID:UuAk3hHN
>272
日本の警察に痛い目に合わされた人が大勢いるからです。

296 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/06 13:08 ID:27YyAHWJ
これって天国と地獄、羊達の沈黙以外は
どこからぱくってるの?

300 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/06 15:57 ID:3typszU8
>296
セブンとか。

311 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/09 05:50 ID:k4fLHY+e
>>296
署長、副署長、課長=スリーアミーゴス

「サボテン・ブラザース」のアメリカでの原題が
「スリーアミーゴス」だそうな・・・

2ちゃんねる映画ブログ

314 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/09 08:49 ID:rdb1p1vG
>>311
あの3人がテレビドラマでもウザくて(寒いよあのキャラ)
見るに耐えられなかった。実際ドラマは、このせいで見ていない。
でも映画は評判良いと言うので見たけど・・・・ドラマのファン向けだったのね。
あえて感想は言わない。
312 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/09 06:43 ID:3P0kXOQ/
駄作と斬り捨てるのは厳しいけども、傑作といっちゃうのは
アレだろ? って映画。

映画なのに、なぜかスクリーンよりブラウン管がしっくりくる
のは、いささか問題かと思われ。

313 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/09 07:41 ID:bxjR0KeJ
まあ所詮TVドラマとの連動で展開した映画だからね。
単体で評価しちゃうのも何かなー。



http://cocoa.2ch.net/movie/kako/970/970927985.html
2ちゃんねる映画ブログ

136 名前: ぴの足速すぎ 投稿日: 2000/10/08(日) 23:00
途中「羊たちの沈黙」には笑った。
しかも、キョンキョンの言ってることをすぐに理解できた深津エリに2度笑った。

133 名前: U-名無しさん 投稿日: 2000/10/08(日) 21:02
映画全体が「レクターのものまね」と「スケールの小さすぎる誘拐事件」
とに引き裂かれてるうえに、関連性を何一つもたせなかったのは
笑いどころですか? 不細工なんですよ構成が。
60分のTV話を2話挿入しただけ。
大画面スクリーンの映画である以上は「映像の壮大さ」は
見せて当然なのでしょうが、「渡る世間は鬼ばかり」みたいなホームドラマ並
のショボくて貧乏くさい画の連続で、萎えさせるのは嫌がらせとしか思えません。

結局この映画の売りは「コント」なんですよね。
大好きでしょうがないキャラ達が「いつも通り」のコントを見せてくれるのが
堪らないほど嬉しいと言う脳みその無いバカがたくさん居たと。
同時に「面白い、面白くない」を自分の力で判断できないバカもたくさん居た。
ビューティフルライフの異常視聴率のように「人が見てるから見る」という
情けない国民性ですね。

134 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/08(日) 22:04
なんでそんなに怒ってんの?(笑

142 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/09(月) 00:38
いや、133さんの指摘は鋭いと思うよ。
でも、そのテレビでおなじみのコントを劇場で観たい奴が
沢山いたのは事実。
これが日本の観客の実態だよ。いいか悪いか分からないけど。

143 名前: 大河好き 投稿日: 2000/10/09(月) 00:55
この映画でもっとも心に残るのは やはりギバちゃん演じる室井でしょう

上司と部下の板挟みで思うように捜査ができずに 空回りばかりしてしまう中間管理職

まさに「捜査は踊るよ」ってなかんじです

ここがこの映画のヒット要因でしょう

144 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/09(月) 01:02
ヒットの要因は‘スピード感’かな。
後半はダレたけど。

146 名前: 秋田県民 投稿日: 2000/10/09(月) 01:17
最後、青島が死んだのではなく
寝てるということに気付いたとき
室井が「ほンずなすぃ!」と呟きますが、
これは「根性無し」という意味です。

225 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/10(火) 03:19
くだらないスレではあるが、>>146だけは読む価値がある。
何度聞いても分からんかったんだ。ありがとう。

179 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/09(月) 12:30
事件は会議室で起きてるんじゃない!
現場で寝ているんだ!

157 名前: 土曜8時戦争 投稿日: 2000/10/09(月) 02:13
脚本家は萩本欽一の弟子なのに、かつてのライバルいかりや長介の
代表作となるような仕事するな(笑

158 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/09(月) 02:22
ナニ!
キンちゃんの弟子スか!!それは・・知らなかった。。

169 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/09(月) 05:13
キョンキョンのは、パクリじゃなくてパロディ扱いだと思うが。
この映画、実はすごく中身が濃いと思うよ。
語れることが一杯ある。そういうのって大切だと思うが。

170 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/09(月) 05:23
キョンキョンのは流れからしてパロディであるはずない。

171 名前: 163 投稿日: 2000/10/09(月) 05:24
パクリはだいたい、
野良犬、天国と地獄、羊達の沈黙、ER、エヴァ、
金田一、夜の大捜査線、あとなにがあったかな。

173 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/09(月) 05:52
キョンキョン、誰が見ても「羊達の沈黙だー!」って分かるから
いっそ潔くて好きなんだけど。
パクリといえば、一番肝心な「パトレイバー」。
あとはなんだっけ、「NYPDブルー」「ザ・ロック」「クリムゾン
タイド」「コンバット」「ブラックレイン」
…うーんもっとあったよなぁ。

177 名前: >171,173様 投稿日: 2000/10/09(月) 11:00
すいません。お手数でしょうが類似シーンを教えてください。
「ザ・ロック」なんて昨日みたのに少しもわかりませんでした。
パトレイバー?ER?クリムゾンタイド?ブラックレイン?金田一?
非常に知りたいです。

215 名前: 163 投稿日: 2000/10/10(火) 02:01
野良犬→老刑事と青年刑事のとりあわせ。
エヴァ→音楽
金田一→黒字に白抜き明朝体
ER→ワンカットで長尺、複数話の同時進行。
天国と地獄→煙
夜の大捜査線→題名

217 名前: >215=163 投稿日: 2000/10/10(火) 02:14
「ER」は寝不足の登場人物、もだね。

>金田一→黒字に白抜き明朝体

これを挙げるのは酷だろう。コンスタントに使われてる手法だ。

221 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2000/10/10(火) 02:37
脚本家がパトレイバーを参考にしたっていうのは
ガセなんだろうか。

224 名前: 踊るヲタ 投稿日: 2000/10/10(火) 03:16
>>221
脚本じゃなくて演出の本広がパトレイバーのノリを参考にしている。
ついでにERも。
音楽はエヴァのパクリって、そのままTV版じゃ使ってる。
本広が気にいって、結果的に許可もらって。
で、そのまま使うのはなんだかなぁてんで、作曲に似たの作ってもらった。
「音楽がパクリだ」って言ってるけど、ほとんどパロディーで作ってんだぜ。
最初は映画化になるとは露とも思ってなかったんだろ制作スタッフは。
結果的にこうなっちゃったんで、スタッフは「ドラマ的な面白さ」を重視して
映画を作った。配収5億ぐらいいけばいいな、って当初思ってたって言うし。
パクリパクリって言うけど、パクっても観に行った奴が楽しかったらいいんでは?
金使って大作作って、資金回収できないんじゃしょうがないし。興行主泣くぜ。

226 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2000/10/10(火) 03:22
>>224
なるほど。演出でしたか。ありがとう。

180 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/09(月) 12:37
映画の最後の方で、署長が領収書を捨てていたのがバレるシーンは
まさにコントそのもの。
俺は映画館で寒くなったが、回りの客は爆笑してた。あぁ、世間の人は
こういうのが面白いのかあ…なんか俺だけ映画館で取り残された気分が
したよ。(藁

181 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/09(月) 12:40
なんで邦画ってギャグとシリアスな部分が
はっきりとわかれてるんだろう。サブイよ。

205 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2000/10/09(月) 17:07
この映画からだよ、警察の不祥事の内部告発が増えたの。

246 名前: ユキヒコ(おひさなような、違うような‥‥) 投稿日: 2000/10/10(火) 07:27
キャッチ・コピーの「青島よ 安らかに眠れ」があったから
ラストだけは面白かったんすけど。
救急車に乗せなかったのも、ま、仕方ないですね、あのオチのためじゃ。

結局、TV版のときの楽しさの余韻だけで引っ張られた感じがします。
2本のスペシャルもそうでした。ま、番外編は面白かったけど。
ただ、もしまた映画が作られたら、見ちゃうんだろうな。
(ビデオ待ちだとは思いますがね)

250 名前: 名無シネマン 投稿日: 2000/10/10(火) 08:34
とにかくいつもワンパターンに顔中の筋肉をこわばらせて
「表情で演技してます」って言いたげなヤナギバ見てるだけで虫唾が走る。

2ちゃんねる映画ブログ

昔の秘宝でいつも困ったような顔してるだけのハリソン・フォードを
“省エネ演技”と評してたけど、それに通ずるものがある。

255 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/10(火) 10:43
脚本もだけど、やっぱり演出に問題ありだと思った。

例えば、最初の方でヘリやパトカーが何台も登場するシーンがあったと思うけど、
せっかくヘリまで飛ばしているのに、スケール感が出る様な映画的な引きの画が
撮れていなかった。どこか中途半端なアップだった。更に言えば、立体的な
空間の使い方をして欲しかった。
更に、遊園地とカフェテラスの二箇所で事件が同時進行するシーンも
あまりサスペンスが盛り上らないのが残念。もちろんハリウッドと違って、
遊園地を貸し切りにする余裕がないなどの物理的な制約があったであろう事は
想像できるけど、それでも、もっとサスペンスを盛り上げる様な演出が
出来なかったのだろうか。
実はいわゆるアートフィルムよりも、こういった娯楽映画ほど演出的な
テクニックが大事なのだと思う。やっぱり、もう少し上手くやって欲しかった
なあ。

257 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/10(火) 13:05
やっぱり、テレビの続編として見れば楽しめるけど、
映画として見ると映画的な魅力に欠けるって事に
尽きるのでは?

258 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/10(火) 13:41
>257
まさに「ずばりその通り!!」ですね。
「映画じゃない」とかつっこんでも意味がないんです。
あくまでもスタッフとファンの一つの終着点。
一応初見の人にもわかるようにはしているけれど、
でもあくまでもファンを意識して作られたものだから。
映画ファンの人たちは見ないほうがいいって。
時間の無駄でしょ?話題になった映画を全部見なきゃ
気が済まないのなら仕方ないけど、映画ファンなら
好きか嫌いか、経験でわかるっしょ?

ちなみに私はファンです。さんざん躍らされました。

267 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/10(火) 21:46
やっぱり映画をよく見てる人には演出の下手さが目につくのは
仕方ないと思う。でもテレビのファンはそもそもそういう事を
期待してないから問題ない。テレビのままでいい訳だから。
やっぱり映画館じゃなくてテレビの特番でやれば良かったのかもね。
でもそれじゃフジテレビは儲からないか(笑)

406 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/19(木) 00:24

2ちゃんねる映画ブログ

映画のいかりや長介の役どころは残念だった。
映画撮影の時期、いかりやさん舞台をやってたんだよね。
昼間のスケジュールが空いてなくて、ほぼ刑事部屋での撮影は出来ないと
いうところから立ち上げたストーリーが、副総監とのエピソード。
やっぱり、青島とのコンビが見たかったよ…。

407 名前: 係長 投稿日: 2000/10/19(木) 01:27
いっそのこと、長介が誘拐されて副総監が影で手を回す、って設定だと
まだ救いがあったかもしれません。
長介が誘拐される、なぜ?、から、副総監との関連性が出て来る<実は過去の事件が絡む
そこで織田と柳葉との会話で互いに「俺が誘拐されたらお前はどうする?」
とかって会話が出てきたりすれば、
立場の差違より人間性の繋がりというテーマも浮き上がるかと思います。

424 名前: 踊るの味方 投稿日: 2000/10/19(木) 18:05
弁護しましょう
他のスレッドにあった疑問に答える!

「織田の無線は官僚らの会議室まで交信できる「ドラえもんの道具」かよ。」
その通り!湾岸署を普通の警察と同レベルで考えてはいけない。
小泉今日子が拘留されている場所をみれば判るように
並み大抵の拘置所にも決して負けない、多分警察署としては日本最高の設備が整っている。
巻頭近くの何機ものヘリが来るシーンを観る限り、警視庁以上のヘリポートもあるとみた。
この桁違いな近未来形警察にとってあんな無線など驚くにはあたらない。
但し、それによって過剰な設備投資が方々に皺寄せを招いている事も無視できない。
それが明確なのは署長の経費削減の掛声だけでなく、刑事の業務に支障がでている事でも判る。
刑事課は全ての捜査係が個別の部屋もなくワンフロアで仕事をしている。
どうやら昭和50年代の刑事ドラマの様に殺人も窃盗も同じ刑事が兼任しているようにみえる。
ましてや全部であの程度の人数である、連続徹夜も常識であろう。
犯人の顔を観た可能性がある織田が公安部らと徹夜のチェックを続けているのに
織田と一緒にいた何人もの刑事は参加しない、やはり人件費を削ったために他の業務で手一杯なのだろう。
こういった状態がよい方向に向かう訳もなく、湾岸署は署長の窃盗や刑事の有価証券複写などの犯罪者の巣窟となっている。
また、犯罪に手を染める事はなくても過剰な労働が刑事の志気を落とし、また判断力も低下させる結果になっている。
捜査の指揮をとっていた柳葉が次の命令を出さない為、事件解決後も
数多くの刑事が道路に出たまま、ただ立ち尽くしているだけなのは大変嘆かわしい事である。

425 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/19(木) 18:57
>>424
なんか「磯野家の秘密」の世界だね。
ま、映画の楽しみ方の一つではあるんだろうけどさ。

426 名前: 大河好き 投稿日: 2000/10/19(木) 21:25
>>424 君はなかなか面白いことを書いてくれましたな こういった疑問はおそらく「踊る~」のファンが一番楽しみにしているものではないかと思います


関連記事

  1. 2009/07/12(日) 22:55:45|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 | ホーム | ハリー・ポッターと賢者の石>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/792-fdb8d86a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR