FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハリー・ポッターと賢者の石

http://tv.2ch.net/movie/kako/1007/10071/1007108161.html
2ちゃんねる映画ブログ

1 :いいちこ:2010/10/29(金) 20:51:11.27 ID:g+JhSTKw
▽シリーズ第1弾。魔法学校を舞台に、ハリーとその仲間達の愛と勇気溢れる冒険を描く

意地悪な親戚の家で暮らす孤児のハリー(ダニエル・ラドクリフ)は、物置に押し込められ、彼を厄介
者扱いする一家に毎日こき使われていた。11歳の誕生日、ハリーに1通の手紙が届く。それはホグ
ワーツ魔法魔術学校への入学許可証だった。実はハリーの両親は魔法使いで、悪の魔法使いと戦
って死んだ魔法界の英雄だったのだ。真実を知ったハリーは、ホグワーツ行きの汽車へ乗り込む。

監督:クリス・コロンバス (2001年公開・アメリカ)
出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ロビー・コルトレーン ほか


72 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/01 08:49 ID:kDNz+zJv
池袋サンシャインに行ってきました。
19時くらいから並んだけど、100~200人くらいでしょうか?
でも、そんなに混んではいないように思えました。グッズ売り場以外は。

言いたい事は良くも悪くも多々あれど、自分的には良い作品だと思いました。
前半は、原作読んでたせいか少し詰め過ぎのような気がしましたが、
サクサク進むのでそれはそれでOK。ただ説明不足は否めないと思います。

全体的にCGは噂通りたいしたことなかったです。
ゴースト達は、なんだかゴーストバスターズの幽霊を見ているような感じでした。
でも、クディッチシーンは良かったです!自分も出来るもんならやりたいです。

人物もジェームズ以外は皆さんイメージ通りでした。
マクゴガナル&スネイプ先生が原作よりも厳しくなかったような気もしますが、
ジェームズの前では全てが許せます…何であんなに英国紳士なんだ!
あと、動いてるハーマイオニーは本当に激可愛かったです。

89 名前: 51 投稿日: 01/12/01 12:42 ID:gpkUwkqc
ただいま~。
ヲタ厨結構いたyo!騒がしかった。

感想は、原作から入ったもんだから荒削りな部分が気になった。
ノーバートの部分はかなり変わってたし。けど全体的には配役も合ってて、
自分が描いてた世界にぴったりの映像がでた時は鳥肌たった(w
ダンブルドアはサンタみたく優しさがにじみ出てるイメージだったんだけど
そうでもなかったのは残念だけど。

映画としては楽しかったから満足です。
クィディッチは凄かったー。見ててやりたくなる。
ハマちゃん萌えーが多い中、ロンに萌えーで帰ってきたyo!

97 名前: (´д`;) 投稿日: 01/12/01 14:34 ID:/KfNijpx
午前中に見てきたyo!駆け足のような展開だったけど、
その分テンポが速くてよかったyo!
ただ自分もノーバートの一件をなんとか入れて欲しかったな・・。

2ちゃんねる映画ブログ

ドリフの爆発オチのようなネビルに萌え。

100 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/01 15:43 ID:4MtrJ/fW
スクリーン1月号にハリー・ポッターには英国ヴァージョンと米国ヴァージョンが
あると書いてありましたが、日本公開版はどっちなんでしょうか?

104 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/01 16:05 ID:lpMawoxj
>100
原作のタイトルが、アメリカは"Sorcerer's Stone"、
イギリスは"Philosopher's Stone"だから、その関係じゃないかな。
役者のセリフとかさ。

日本は賢者の石(Philosopher's Stone)だから、イギリス版かな?

105 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/01 16:05 ID:GOGdzbPN
>100
英米で「賢者の石」の呼び方が違うので、劇中の台詞で「賢者の
石」とある部分を両バージョン撮ったそうだ。
台詞以外は同一らしいけど、アフレコでなく撮り直したそうなの
で微妙に長さとか違うかも。
因みに米版は「sorceres's stone」

109 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/01 17:01 ID:ZMrXLDZm
ハリポタめっちゃつまらんかった。
いくら原作に忠実かしらんけど、もちっとメリハリつけて映像化しろ!
ダラダラと盛り上がりに欠ける展開に萎え~~(;´Д`)

110 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/01 17:05 ID:mKmQl740
小説全部をあの時間に詰め込むには無理があるね
TVシリーズにしたら、もっと色々な場面が楽しめそう
でも、面白かったよ
ハーマイオニー可愛かった。

112 名前: 投稿日: 01/12/01 17:06 ID:FsKT42DJ
ハリー・ポッターを朝から見てきたよ。長蛇の列、やはり人気あるんだね。

「原作を読んでおく」事がより映画を楽しむために必要かも。
自分は3巻までしっかり頭に叩き込んでいたので、世界観を充分楽しめたけど
横から「?なんで急にあーなったの?」とか「退屈だよー」って子供の声とか
聞こえてきた。多分本を読んでいないのだろうなと。
各シーンのつなぎ方にぎこちなさを感じたな・・・。

読書でのイメージと重ねて見たけど、「そう!まさにこんな感じ!」と
ウレシイぐらいに見せ場を上手く作っていたよ。特にクディッチの試合が良い!
自分にとっての見せ場はロンのチェスの勝負だった。

キャライメージだけど、ハリーがの顔立ちが良すぎてちょっとね・・・。
それに目が緑のはずなのに青だし、髪も整ってるし、ふっくらしてるし。
パーシーとウッズも二枚目すぎる。(w
「パーシーはメガネだろう!」と、問い詰めたい。
カワイイ、カッコイイ子役すぎるのもなんだか違和感があったなぁ。
ロン、ネビル・ロングボトム、スリザリンチームのキャプテンは忠実に原作のキャラで良い。

全体評価としては10点中8点だったよ。
よくも見せ場の多い内容をここまで詰め込んでくれたと。
ハリー・ポッターの読者としてはウレシイ映画でした。

114 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/01 17:11 ID:mKmQl740
パーシー確かにカッコよすぎだったね。
7年製の学校なら、あんなけ大きい生徒いても当たり前か。。

128 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/01 18:46 ID:hjJXfafG
もっと寮の寮監の先生とかが誰とかも、やってほしかったな
全部を詰め込もうとしてるんで、細かい設定がちょっと映画にでてないね
スリザリンに負け越してるとか、
まあ、時間的に、全て出すのは無理なのはわかってるんだけどね~
小説読んでる人は分かるけど、読んでない人は分からない部分あるよね

130 名前: 投稿日: 01/12/01 18:49 ID:FsKT42DJ
>>128
そうだね。欲を言い出すとキリがないぐらいに
「ああ、あのシーンを見たかったのに」って希望が
いっぱい出てくるんだよ。
得点の競い合いは、もっとシッカリと見せてほしかったな。
ネビルはもう少し目立ってほしかったとか・・・。

132 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/01 19:04 ID:JyXaJtW4
そりゃ世界観は原作そのままだとは思うけどさ・・

ネビルが三人組を阻止しようとするのは、
ノーバートの一件で自分もしょっ引かれたからだろ?
そこ端折っといて、最後に「ネビルに10点」ってもさ、原作読んでないやつ人
にはなんのこっちゃって感じじゃないのかな?
とにかく三頭犬以降はチェス以外たるかった。

ま、普通に読んで4~5時間かかるのを二時間半に圧縮するのは大変なんだろうね。
カットシーンいっぱいありそう・・DVDで出るかな?

138 名前: 投稿日: 01/12/01 19:17 ID:FsKT42DJ
>>132
ネビルが三人組を阻止しようとするのは、>
ノーバートの一件で自分もしょっ引かれたからだろ?>

同じくあのシーンには違和感があったね。
原作読んでいないと見ている人は「はぁ?」だったかもしれない。
寮の得点を溜めて頑張るような描写も無くていまいち
理解に苦しむ(納得いかない人)人多いかもしれない。
原作を読んでいて良かった・・・けどね。(苦藁

142 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/01 19:52 ID:Wu0pdm3p
原作と映画の違いで一番気になったのは、ハリーとドラコがダイアゴン横丁で会ってない
ことかな。
あの場面と、それに続くハグリッドとの会話が無いと、ハリーが組み分けの時スリザリン
をあれほど嫌がった理由が弱くなると思うんだが(というか映画だけ見た人には、ヴォル
デモートがスリザリン出身という重要な事が伝わっていないのでは……)。

143 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/01 19:57 ID:Aipyog5D
原作読んでないんだけど・・・ホント???だわ。

前半は十分楽しんでたんだが、後半あたりから
何で森行くのか(しかも別行動?)、
何で狙う鍵鳥だけ逃げていくんだよ、
何でチェスの背中に乗らにゃならんのか、
オマエはどうやって鏡の前に来れたんだ、
等々と段々醒めていく自分が分かった。

トドメが最後のボーナスポイント。クイズ番組じゃねえんだからよ。
「寮の得点のこだわり」がありゃOKだけど、この展開では。

ひとまず原作読んでみるか。
あ、コレ言っておかないとな。ハーマイオニー、グッドですよ!(w

203 名前:  投稿日: 01/12/01 21:38 ID:rmWM3VIx
>>143
>何で森行くのか(しかも別行動?)、

夜遊びした罰としてハグリッドの仕事を手伝うことになったから。
ユニコーンを見つけるのが目的なので、二手に分かれた方が早い。

>何で狙う鍵鳥だけ逃げていくんだよ、

賢者の石を守る為の仕掛けだから。

>何でチェスの背中に乗らにゃならんのか、

ロンはナイトの駒だから。(ナイト=騎馬武者)

>オマエはどうやって鏡の前に来れたんだ、

クイルは教授になれるほどの魔法使いなので、これらの仕掛けを
正面から立ち向かわなくてもすむ魔法を知っていたと考えられる。
フィルフィだけが問題だった。

149 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/01 20:17 ID:W1OvyfX5
ハーマイオニーが、スネイプの質問に答えようと手を
上げて、ぴょんぴょん跳ねてるとこが一番グットでした(藁

2ちゃんねる映画ブログ

151 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/01 20:20 ID:MZTnPX4c
光り輝いてたねハーマイオニー役の子。
彼女のためにあったようなもんだこの映画。
初登場シーンだけですでに物凄い存在感あったもんな。

180 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/01 21:02 ID:FRVoUgMq
原作のスネイプは、結構複雑な興味深い人間なんだけどなぁ

184 名前: 投稿日: 01/12/01 21:07 ID:FsKT42DJ
自分は原作ではスネイプが結構気に入っているから
今回の映画のスネイプにはチョットだけガッカリかな。

やたら多く書かれていた原作の「土気色の肌」なスネイプは
どちらかといえば映画では「青白い肌」だった。
肌の色さえ何とかなればよかったのになぁ、とか。
雰囲気や表情は良い感じでした。

211 名前: iroha 投稿日: 01/12/01 21:51 ID:0cKIXmQ1
観てきて思ったこと

監督ってホームアローンの人なんだよね。

フラッフィー(番犬)に出くわして「ア゛ァァァァァァー!」って
叫んで驚くところなんか
いかにもって感じで、ホームアローンの泥棒思い出して爆笑してしまった。

338 名前:  投稿日: 01/12/01 23:31 ID:6c26MucX
あのほうきをくれた先生は
クイルと同じく悪の先生だったの?
それとも、単純にクイルがほうきを
操作してたのだろうか・・・
考え過ぎか。

それにしてもこの映画には引っかかってしまった。
児童書なので見たままに、スネイプ=悪の手下で見てた(w

340 名前: 投稿日: 01/12/01 23:33 ID:FsKT42DJ
>>338
箒が届いた時にマクゴナガル先生が目配せをハリーにしたでしょ?
あれはマクゴナガル先生からハリーへのプレゼントだったんです。

342 名前:  投稿日: 01/12/01 23:36 ID:rmWM3VIx
>>338
クイディッチの時はクイルが魔法で操作してた。

>児童書なので見たままに、スネイプ=悪の手下で見てた(w

だって絶対そう思うように書かれてるし。(ワラ
原作のスネイプはもっと意地悪です。

2ちゃんねる映画ブログ

345 名前:  投稿日: 01/12/01 23:43 ID:rmWM3VIx
ちなみにスネイプは、原作者ローリングさんの高校時代の化学の先生が
モトネタだそうです。すごく意地悪だったらしい。

414 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 01:25 ID:JE2HCTE1
結局、ハリーって魔法学校でほうきの乗り方を覚えただけ?
ちゃんと勉強したのか?

417 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 01:27 ID:8hvC0kK/
>>414
と、思われても仕方ないな。映画は。

418 名前:  投稿日: 01/12/02 01:30 ID:d9l5mGFI
>>414
そういえば期末試験の準備とかも無かったね。
授業風景もカットし過ぎだ。
うーん、やっぱり3時間は欲しい。

500 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 09:50 ID:ZuT35BQK
ダーズリー一家が普通に意地悪な家族になっててちょっと安心した。
原作のほう、極悪非道に感じるんで。

744 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 22:34 ID:Sv8i8vUV
ダーズリーの家があんなだとは思わなかったよ。
一応社長なんだから、下でも一軒家だと思ってたんだけど。

2ちゃんねる映画ブログ

746 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 22:35 ID:+tNR5Qe1
>>744
けっこう小さい家だったよね。
もっと一戸建てでもアメリカの集合住宅並に広いのを
イメージしてました。

549 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 14:37 ID:2LfktNVu
スリザリンのマフラー可愛かった。
寮ごとに色が決まってるんだねー。

554 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 14:45 ID:+tNR5Qe1
>>549
グリフィンドール    赤  グリフィフォン
スリザリン       緑  蛇
ハップルパフ      黄  狼
レイブンクロー     青  騎士(だったかな?)

こんな色分けをしてます。

560 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 15:04 ID:LVUYrXZF
>>554
ハップルパフ      黄  アナグマ
レイブンクロー     青  鷹

だと思われ…間違ってたらスマソ。

904 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/03 10:20 ID:dY5Cqw+9
しかしスリザリン、陰湿そうな生徒ばかり集めて
健全な青少年育成ができるんだろうか

575 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 15:46 ID:HQtddbdv
隣に座ってたハグリット似の女がラストですすり泣き始めやがった
どこで泣けるんだよ~
正直、映画は原作読んだイメージ通りの映像で鳥肌もんでした
あ~、こういう映画楽しめる人間でよかったな~(w

578 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 15:48 ID:mbZtRbYi
>>575
ラストは泣けたよ。
おれ海自のあの帽子投げるところ見ると無性に感動するんだよな。
それと同じ感覚で非常に泣けました。あの盛り上がり方は(・∀・)イイ!

いや、それは感覚が特殊すぎるのかも。自分の

614 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 18:09 ID:ZDPSdrSh
ハリーのポケットに賢者の石が入ってたのはナゼ?

615 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 18:11 ID:RXYeDqj6
>>614
そう、そこがわかりにくかった・・・

616 名前: 614 投稿日: 01/12/02 18:12 ID:ZDPSdrSh
原作読めばわかるの?

617 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 18:16 ID:+2PPXBFH
うん。ダンブルドアが説明するんだよ。
目を覚ましたハリーに。映画では端折られてたけど。

620 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 18:21 ID:mZYV/UlP
その人の深層の願望を映し出すみぞの鏡。

例のあの人の望みは、賢者の石を手に入れて「力を取り戻すこと」
ハリーの望みは、それを阻止する為に「賢者の石を手に入れること」

この違いでハリーは賢者の石を入手した、と。
映画版の説明不足はかなり深刻だった…。

626 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 18:36 ID:lB3i3Bur
>>620
いや、賢者の石は欲しいと思った人はもらえんのでは?

629 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 18:53 ID:k/7FK7RN
賢者の石はその力を使用しない人がもらえるんだろ。映画では。
原作は知らんが映画で十分わかったぞ。
いちいち説明されんと理解できんやつは封神演義の原作でも読んでなさいってこった。

634 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 19:36 ID:6g2TVACd
賢者の石は「見つけたい」人には見つかるけど、
「欲しい」人には見つからないんだよね?

662 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 20:37 ID:UF/dMsIl
なんかハリーの存在感が薄いんですが。
なんか美味しいところはロンとハーマイオニーに持ってかれてるし。

原作を知らない子供に見せるのは正直どうかと思う。(映像的な面白みはあるが)

663 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 20:39 ID:RkThS7rA
最初にダドリー一味にいじめられて、友達もなく、服はボロボロ・・
そいういうシーンがあったから「お前は魔法使いだ」という所の衝撃が大きかったんだと思うんだけど。
そりゃうまいとは思うけど、映画のハリーは綺麗過ぎる。

669 名前: d 投稿日: 01/12/02 21:07 ID:zjhX/KRM
ラストでみんな家に帰ってるけど、結局何のために
魔法学校に行って技術を習得してるの?

672 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 21:09 ID:LHBd12Cy
もちろん、ダドリーに仕返しする為ですよ。

675 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 21:11 ID:ggjSED1E
魔法省にキャリアで入る為

676 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 21:12 ID:nLJTrAKB
それはどうかな・・・

677 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 21:12 ID:+9qggl2g
>>671
魔法の国で生きるための義務教育。
魔法を使わない所だけで生きるなら別に行く必要はないと思う。

681 名前: 677 投稿日: 01/12/02 21:17 ID:+9qggl2g
前言撤回。だって義務教育だったら流石に退校させられることはなかろうしなぁ。

678 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 21:13 ID:+tNR5Qe1
>>671
推測だけど、ハリーは自覚しなくとも感情で魔法を
使ってしまう事があった。

そんなマグルにはない才能(特殊な力)を自覚して
理解して使う技術を学ぶためかも。
そして魔法を「例のあの人」のように無秩序に
力として使わないようにモラルも学ぶためかと。

682 名前: d 投稿日: 01/12/02 21:17 ID:zjhX/KRM
あーX-MENみたいなもんか。
原作でも説明はないんだ。

685 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 21:21 ID:+tNR5Qe1
>>682
XMEN、たしかにありましたね。あれも有る意味魔法のよう。(w
なるほど、あそこにいる人達と境遇は似ていますね。

701 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 21:53 ID:9LGdqF5k
クィディッチって小さいボールさえゲットすれば
でかい球を輪っかの中に入れて得点する必要性がないんちゃう?

2ちゃんねる映画ブログ

705 名前:  投稿日: 01/12/02 21:56 ID:/s+vViXB
>>701
バラエティ番組のクイズみたいだよね。
最後の問題は1万点!今までのは何やったんや!みたいな。

俺もあのルールだけは納得いかない…

708 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 21:59 ID:+tNR5Qe1
>>701
>>705
クディッチには時間制限が無く、スニッチ(金の羽玉)を
捕まえて試合終了となります。
ようするに、掴んだチームが決定的に勝利&終了。
原作にあったが最高3ヶ月スニッチが捕らえられず
仮眠をとりながら根性で終了って話をウッドがしていた。
(ウッドだったかは、うろ覚え)

734 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 22:24 ID:nKQhQbEw
>708
違うね。
スニッチ掴む前にクアッフルだけで150より稼ぐことだってできるよ。

739 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 22:28 ID:+tNR5Qe1
>>734
もちろん出来るね。
この勝負は早くスニッチを捕まえた方が勝ち点を決定的に
差をつけて稼げるスポーツ。

741 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 22:31 ID:5mLTIIVS
>>739
そういう事だね。
150より点差つけても、シーカーがショボいチームだとなかなか終わらない。
だから3ヶ月も続いたゲームがあるんだよ。

710 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 22:02 ID:QDmJIkJc
得点はその試合だけじゃなく総合的に加算されるから
負けたとしてもコツコツ溜めてれば有利になるからじゃないの?

712 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 22:05 ID:+tNR5Qe1
>>710
生活で点数を稼ぐよりも、100点以上の点数が稼げる
おいしいイベントクディッチ。
必死になるわけかも。

740 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 22:31 ID:/v89ZYcB
今日見てきました。
私は1巻から3巻まで一気に読んだくらいハリポタファンですが、
映画はやはりはしょりすぎが目に付きましたね。
でも小2の娘はとっても面白かったみたいです。
ホグワーツに行きたいらしい。

あとすごく気になる点ですが、
まずダンブルドアの魅力が充分出なかったところ。
歓迎会の時の妙なかけ声がなかったのは残念。それと耳くそ味の百味ビーンズ
を食べたとき、ちょっと平然すぎがおもしろくなかった。
ノーバートのエピソードがまったく変えられてしまったところ。
ハグリットのハグリットらしさの出るエピソードなのに。
そして一番いやだったのが、ハリーとロンとハーマイオニーが暖炉の前(?)で
話しをしてるとき、ハリーが「ヴォルデモート」の名前を何度も言ってるのに
二人はまったく平気だったのと、なんと、ハーマイオニーまでもが「ヴォルデモート」の名前を平気で言ったところ。
吹き替え版だったんだけど、字幕でも名前言ってました?
これじゃ「ヴォルデモート」の威厳が。だれもが名前を言えないくらい恐れられて
いるということろがこの物語の重要なところなのに。

こりゃ原作読んでないとあんまり面白くないかもって思ってしまいました。
でも、魔法界の雰囲気はグットでした。

793 名前: 原作読んだ人のほうが 投稿日: 01/12/02 23:33 ID:knPXo9Qj
つまらんと思う。
原作のおもしろさがまったく、伝わらない。
なんであんなにあっさりドラゴンがルーマニアにいってんだよ?
つーか展開あまりにも早すぎ。
原作のあらすじを、映像と一緒に伝えているだけって感じ。
荒らしてるんじゃなくて、真剣に書いてます。

795 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 23:34 ID:07nudMom
作者が大絶賛してるんだから、大目に見ようよ

801 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/02 23:46 ID:feEWsc1f
作者、最初の頃、「ハリーポッターのゲームや、お菓子や
カードやアニメは子供達の想像力を殺すから絶対
やらない」っていってたくせに、結局お金かああああ。


関連記事

  1. 2009/07/12(日) 20:02:07|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<踊る大捜査線 THE MOVIE | ホーム | パニッシャー:ウォー・ゾーン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/791-3ad8c8eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR