FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ディファイアンス

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1233981418/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2009/02/07(土) 13:36:58 ID:Xm65qRHe
2月14日公開

公式
http://www.defiance-movie.jp/


4 :名無シネマ@上映中 :2009/02/07(土) 14:27:10 ID:MXM2/03M

「ディファイアンス ヒトラーと闘った3兄弟」(ネハマ・テック著)ランダムハウス講談社
「 ビエルスキ・ブラザーズ―無名の三兄弟が演じた奇跡のユダヤ人救出劇」(ピーター・ダフィ著)ソニー・マガジンズ

11 :名無シネマ@上映中 :2009/02/08(日) 15:10:27 ID:9O2+TrR9
アカデミー作曲賞ノミネートってことで音楽を楽しみにしてる
ヴァイオリニストのジョシュア・ベルって「ラベンダーの咲く庭で」で弾いてた人か

7 :名無シネマ@上映中 :2009/02/08(日) 11:50:02 ID:xmps9nDf
「ディファイアンス」はものすごい捏造映画として徹底的に批判されているそうだ。
同じユダヤ系のポーランドの一流新聞ガゼタ・ヴィボルチャ紙(アダム・ミフニク主筆)や、
ジェチュポスポリタ紙からもね。

The movie has been criticized for a number of historical inaccuracies. Gazeta Wyborcza noted
the film "departed from the truth on several occasions", including depicting pre-war Nowogrodek as
a Belarusian town where "no one speaks Polish", and Polish partisans are missing from the
film altogether." Prof. Krzysztof Jasiewicz in an article published in leading Polish daily Rzeczpospolita criticized
the film for vastly simplifying the historical reality in which it is set and failing to adequately place the
events it describes within the complex historical situation during World War II in Eastern Poland.

8 :名無シネマ@上映中 :2009/02/08(日) 11:53:55 ID:xmps9nDf
なんといってもこの映画の原作本の著者でこのエピソードの体験者Nechama Tec教授でさえ
事実と違うことに「ショックを受けている」。
映画では戦闘シーンが描かれているが、戦闘なんて実際は一回もなかったってよ!

Prof. Nechama Tec, on whose book the movie is based, stated in an interview with
Rzeczpospolita that she was initially shocked by the film, especially by the intense
battle scenes including combat with German tanks, which according to her
never happened as the partisans tried to avoid combat and focus on survival. She
explained this inaccuracy by stating that the producer Edward Zwick had to make
the film more thrilling and include such battle scenes in order to obtain funding needed
to make it, such being the realities of Hollywood. Nevertheless, her view of the film as
a whole was positive.

捏造、ひどすぎる・・・

9 :名無シネマ@上映中 :2009/02/08(日) 11:56:13 ID:xmps9nDf
Even before its release the film generated controversy in Poland. The Times reported
some Poles fear "Hollywood has airbrushed out some unpleasant episodes from
the story", especially those related to the fact that Bielski partisans were affiliated with
Soviet partisans directed by the NKVD, which towards the end of the war terrorized
ethnic Poles in Eastern Poland, including the region where Bielski’s unit operated. In a
program devoted to the film American NPR also noted that the Bielskis' relationship with
their gentile neighbors and their cooperation with Soviet partisans remain sore points in
Poland, and that Polish audiences will respond to the film differently from their American counterparts.

こういう捏造映画でアメリカ人を騙せたからって日本人を騙せるとおもったら大間違いだ。

ポーランド人からもユダヤ人からも「捏造だ!」と非難されている最低の映画。

>>4
ネハマ・テック教授本人はこの捏造映画に「ショック」を受けている!
>>8 参照

12 :名無シネマ@上映中 :2009/02/08(日) 15:19:27 ID:zJ0qpGVZ
いくら何でもポーランド語話さないってのは映画なんだから仕方ないと思いますよ。
まぁ戦車の戦闘シーンは事実と違うよってのはそうかもね。ドキュメンタリー映画じゃないんだし。
NKVDに付いては知らんから何も言えんな。
そんな熱心なビエルスキ支持者がいるならもっと早くドキュメンタリーにでもなってたはずなのに何してたんだろうか?

16 :名無シネマ@上映中:2009/02/10(火) 10:52:14 ID:kCkJ4DfD
>>12
あらゆる点であまりに事実と違う映画を作るはいかがなものか
だったらはじめから創作モノを作ればいい
ノンフィクションであるのだから、「映画を楽しめればそれでよい」というわけにはいかない

事実では主人公であるユダヤ人のビエルスキ兄弟はソ連のエージェントで、
かつ自由ポーランドのパルチザンやポーランド人の村々を襲って殺しまくった悪党だったのに

But in Poland, the Bielskis’ crew is accused of cooperating with the Soviets, taking
part in attacks on the Polish underground Home Army, which had units in the same
region, stealing food and raiding local peasants, many of whom were Polish.

A Polish book also accused the brothers of participating in the 1943 attack on the
village of Naliboki, where Soviet partisans killed about 120 people. The attack is being
investigated by Poland’s Institute of National Remembrance, which catalogues crimes
committed against Poles by Communists and Nazis.

“The fact of the participation of partisans from Bielski’s unit in the attack on Naliboki is
only one of the avenues being explored in the investigation,” Andrzej Arseniuk,
spokesman for the institute, told the Polish news agency.

32 :名無シネマ@上映中 :2009/02/14(土) 21:10:01 ID:hLSXDU73
>>16
ソ連のスパイ
それならダニエルクレイグ似合いすぎw

17 :名無シネマ@上映中 :2009/02/10(火) 11:09:43 ID:hmIu+vEl
農家を襲って食料を確保しなければ1200人も食わせられんし
当時はソ連領土だったんだからソ連の上の人に従わないと反逆集団と見なされて殺される
ナチスから逃げてるのにソ連とも喧嘩し食料も無く死ねというのかね?
一方では命を救い一方では殺めるそんな所がこの話のミソなのに・・・

19 :名無シネマ@上映中:2009/02/13(金) 06:19:46 ID:5PwUTpY7
>>17
AK(ポーランド国内軍-民族宗教に関係なく「自由ポーランド」を愛した人々の全国的レジスタンス)と
なぜ組まなかったのかね?ん?
実際に多くのユダヤ教徒ポーランド人がAKでキリスト教徒ポーランド人と共に戦っていたのに、
ビエルスキ兄弟は共産主義の名の下にキリスト教徒ポーランド人を虐殺しまくったんだよ!

この唾棄すべき悪党どもが!

20 :名無シネマ@上映中 :2009/02/13(金) 10:48:27 ID:hzAOgP07
戦いを主にやってるユダヤ人パルチザンもいただろう
でもビエルスキ隊は老人・女性・子供・病人まで受け入れた
「10人なナチ兵士を殺すより、一人のユダヤ人老女を助ける」
そういう話だから

21 :名無シネマ@上映中 :2009/02/13(金) 22:08:54 ID:mpN1YV7J
つか、まんまロビンフッドやねん。
どこまで真実なんだか・・・。

22 :名無シネマ@上映中 :2009/02/14(土) 11:30:03 ID:NAOh3sFp
ドキュメンタリーじゃないんだから映画として面白くするため脚色するのは当然じゃないか。
ラストサムライだってトンデモ忍者とか出てきたけど対象に敬意を払ってるのは分かるしさ。
ラストの桜とか外国人なのにすごいなと思ったよ。

13 :名無シネマ@上映中:2009/02/08(日) 16:31:52 ID:oXGMsmfN
この映画は結構面白いと思うよ。
確かに戦車のシーンは出来すぎかもね。

27 :名無シネマ@上映中 :2009/02/14(土) 17:37:51 ID:jSOGIGxM
俳優がみんな良かった。
先日007見たばかりだけどこの映画見てる間は一度もボンドを思い出さなかった。
ダニエル・クレイグってやっぱ上手いんだな。

戦車のシーンはフィクションだと思うが燃えたのでよし。
メガネ無茶しやがって…(´・ω・`)

2ちゃんねる映画ブログ

31 :名無シネマ@上映中 :2009/02/14(土) 20:19:14 ID:qGKW1Zkm
メガネはインテリだしダニエルにちゃんと意見言うし良いキャラだったな~
先生も良かった

33 :名無シネマ@上映中 :2009/02/14(土) 21:30:08 ID:6osgrv98
メガネはインハーシューズでもいいメガネだった。
メガネと先生のやりとりでほっとしてたな。
あとハイア役がかわいかった。

34 :名無シネマ@上映中 :2009/02/14(土) 21:51:13 ID:sEZqRzev
あのメガネはインハーシューズのメガネだったのか!
いいメガネ役専かw

先生とかメガネとかおトボケな見張り役(ラザールだっけ?)とか
映画オリジナルキャラがいい味出してた。

っつか、あそこでメガネに爆弾持たせて連れてくかね~、長男。
何をさせたかったんだ?
一応、行くな!って止めてたけど。

28 :名無シネマ@上映中:2009/02/14(土) 19:08:15 ID:tuHtbVSY
真実の話となってるが、2年半も森の中で1200人も暮らせるのかな?
映画で描かれた半年分だけでもかなり激動だったのに。非常に疑問。

29 :名無シネマ@上映中 :2009/02/14(土) 19:32:40 ID:sEZqRzev
観てきた。
以前、原作(アメ人ジャーナリストが書いた方ね)を読んでたから
まぁ、メジャー映画になったらこんなもんだな、と。
ズウィックにしちゃ地味目だし。
ダニエル・クレイグとリーヴ・シュライバーはロシア語上手いね。
赤軍パルチザンのパンチェンコフ司令官は若くてイケ面と本には書いてあったのに
普通のおっさんが演じてたのが残念だった。

38 :名無シネマ@上映中 :2009/02/14(土) 23:05:19 ID:osdPmHcY
これって感動系?

39 :名無シネマ@上映中 :2009/02/15(日) 00:04:37 ID:4L1p3+tA
ズウィックらしく、適度にアメリカン、適度にエキゾティックだったな。
地味目だけど。

>>38
役者の演技で見せる系かな。
話は基本、集団逃亡生活のグダグダのことなんで。

40 :名無シネマ@上映中:2009/02/15(日) 00:42:13 ID:/VkV7zpf
予備知識なしで見てきた。とてもいい映画だったよ。
ただここを読むと、少し事実と違うみたいで、それが残念だな。

結構気に入ったんでパンフも買った。読むのが楽しみ

41 :名無シネマ@上映中 :2009/02/15(日) 01:24:49 ID:PNEEBCJ5
つまりソ連軍に見つかった時にソ連のスパイになったってこと?

42 :名無シネマ@上映中 :2009/02/15(日) 02:16:56 ID:CaAPnZzQ
元々17世紀からロシア領だったベラルーシにドイツが侵略してきた
しかし森にはソ連兵+地元のパルチザンがいてドイツと戦ってたんじゃないの?
なんでスパイなんて言葉がでて来るかわからん

44 :名無シネマ@上映中:2009/02/15(日) 02:51:05 ID:PNEEBCJ5
>>42
なるほど
元々ソ連側だったのね

81 :名無シネマ@上映中 :2009/02/21(土) 00:07:27 ID:7Smfvgkk
>>42
ベラルーシとされているし、なし崩し的にそういうことになっているが、
1918年からのポーランド共和国領
当時は断じてベラルーシじゃないんだなこれが
土地の人間がロシア語しか話さないのは、その一帯がポーランドのうちの
非ポーランド語地域(ロシア語地域)だったという設定だということにしても、ね

45 :名無シネマ@上映中 :2009/02/15(日) 07:49:45 ID:Kci1G2sQ
ポーランド人と共闘すべきとか
ソ連のスパイとか書いてるやつらは
ロシア革命~第二次世界大戦の歴史と地理をお勉強しましょう。

三兄弟だって別に主義思想で戦ってたわけじゃないし。

その何倍か殺してるわけだから「1200人救った」と賛美するのはシラけるけど、
映画的演出だから仕方ないわ。
アメリカ映画だし。
知られていない話だけど、こういうことがありましたってんでいいんじゃね?

48 :名無シネマ@上映中:2009/02/15(日) 21:57:39 ID:RoVtEgLP
パルチザンって言ってもそう簡単に自然発生するわけじゃない。
ソ連はドイツ占領地域に指揮官や武器弾薬を飛行機で送り込んで
懸命にゲリラ戦を組織化してる。

おまえらが社会人なら分かると思うけど、
仕事場でも誰かが音頭をとらなきゃ物事って進まないもんだ。

46 :名無シネマ@上映中 :2009/02/15(日) 09:51:54 ID:ZMHCKVr9
あの姉ちゃんが犬背負ってるシーンにはつい笑った

47 :名無シネマ@上映中 :2009/02/15(日) 17:55:46 ID:EqlXszlg
エンドクレジットが終わった、前のカップルの女性の第一声が
「あの犬、食べたのかな?」だった

74 :名無シネマ@上映中 :2009/02/20(金) 19:06:32 ID:RbtR9Vku
>>47
ウチの連れは「白馬ってうまいの?」だった。

53 :名無シネマ@上映中 :2009/02/16(月) 17:57:29 ID:uFGf6UAp
シャンテで1000円の日だったから観た。
正直、それ以上の料金払ってまた観ようとは思わない。

しかし、末っ子はどこで寝起きしてたんだろうか?
長男は病気でゲホゲホ、治ったと思ったら犬のねーちゃん連れ込んでるし、
三男は新婚だし。
いろいろ謎の多い設定だった。

54 :名無シネマ@上映中:2009/02/16(月) 18:57:33 ID:MhW+3vgH
>>53
変なところ引っ掛かってるんだなw

55 :名無シネマ@上映中 :2009/02/16(月) 20:05:28 ID:oxYzz0R1
家族単位で暮らすと言うより1小屋25人とか人数決まってたと思う
ある程度のグループ分けで暮らさないと住まいがいくつあっても足らない
まぁ長男は司令官だから特別かもね

56 :名無シネマ@上映中 :2009/02/16(月) 20:31:04 ID:lcsrMwgZ
末っ子ってハリポタのロンにそっくりじゃね?

2ちゃんねる映画ブログ

57 :名無シネマ@上映中 :2009/02/17(火) 01:08:07 ID:bslcXnfj
あぁ、喉まで出て思い出せなかった名前だ
そうだロンに似てたんだ
すっきりしたよ~有り難う

58 :名無シネマ@上映中 :2009/02/18(水) 20:39:36 ID:bcAdaY4C
ダニエルファンで見に行ったけど、一番かっこよかったのはズシュだな
最後のシーンの登場の仕方はしびれた
きゃあ~ズシュー!って感じだった

2ちゃんねる映画ブログ

60 :名無シネマ@上映中 :2009/02/18(水) 21:10:19 ID:OkQAflC8
>>58
クマヒゲキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!! って感じだったなw
あの人ナオミ・ワッツの旦那なんだよね。

61 :名無シネマ@上映中 :2009/02/18(水) 22:02:13 ID:HTuZEpnC
トゥヴィア、話が進む程疲れてたもんね。
クライマックス当たりも_| ̄|○になってたし。
あんだけのコミュニティまとめるの大変だ。

62 :名無シネマ@上映中 :2009/02/18(水) 23:56:30 ID:DkGBxj9s
ロシア語、旅行するのにちょっとだけ覚えたから
ときどき聴き取れる言葉があったのが嬉しかった。

グラモフのいかにも嫌々な「イズヴィニーーーッチェッ」(すまなかった)にはワロタ

映画中、英語=イディッシュ語なのかしらん?
アメ映画はなんでも英語にしちゃうから混乱する。

64 :名無シネマ@上映中 :2009/02/19(木) 14:00:20 ID:94Hn5Nuw
川にぶつかって崩れ落ちそうになった長男の元に
帰ってきた三男が「今までもそうしてきたはずだ!」って鼓舞するシーンが好きだ

イザックと先生も良かった
結婚式のシーンは雪が空中に浮かんでてすごく綺麗だったなぁ

65 :名無シネマ@上映中 :2009/02/19(木) 16:38:16 ID:ZvNEq2K2
イザックて誰だ?と思ったら、メガネか!
いいメガネ、無茶なメガネ、が定着して役名忘れてたw

結婚式と次男の戦闘場面が交錯するのも、ありがちな手法だけど良かった。
結婚式の雪は夢のように綺麗、戦闘場面の雪は冷たくて非情…

67 :名無シネマ@上映中:2009/02/20(金) 04:47:00 ID:orKfnP9J
結婚式と戦闘シーンが交錯するのってありきたりだったんだ
ズィックの映画って面白いの多いな

68 :名無シネマ@上映中 :2009/02/20(金) 06:04:16 ID:unJGh6tH
結婚式と戦闘に限らず対照的な場面を交互に見せるのが、ってことでしょ。

69 :名無シネマ@上映中:2009/02/20(金) 09:46:27 ID:/AnE5FZV
幸せの象徴ともいえる結婚式と対極なダークなものを組み合わせて極端な対比を見せるわけだね、
黒澤とかコッポラも使った手法なわけで。

70 :名無シネマ@上映中 :2009/02/20(金) 12:23:19 ID:VghMs84A
結婚式の雪は初雪だよね。
わー、きれーい�と喜んでる場合じゃないだろ、ユダヤ人ども。と
長い冬の始まりよ?踊ってないで食糧集めに走れよ。と
あんな脳天気集団抱えてちゃ長男も病気になるわ、そりゃ。
白馬哀れ。

71 :名無シネマ@上映中:2009/02/20(金) 18:40:48 ID:sVROiO+C
映画的に綺麗なシーンも入れなあかんやろ。

確かに馬は可哀相だった。
長男が最期に優しく撫でるのがいい。
そしていいメガネだけがそれに気付くと。

72 :名無シネマ@上映中:2009/02/20(金) 18:48:18 ID:NgKZ1R7Y
今日観ました。良くも悪くもズウィック監督って感じでした。

確かに今回の雪の結婚式と殺しの場面は、洗礼式と殺しやらオペラと
殺しやらにダブりました.

個人的にはインハーシューズで良かったマークさんが眼鏡役で
出ててやっぱり同じようなインテリキャラで良かったです。

73 :名無シネマ@上映中:2009/02/20(金) 18:53:07 ID:7EB3Lwag
名古屋の中心街ではやってなかったから、わざわざ辺境映画館まで足を運んだ。
映画そのものは重厚でよかったけど、そうなのか、事実と異なる脚色があるから批判され
ているのか。それはちっとも知らなかった。

たしかに引っかかる箇所はあった。森の中の自給自足生活で、1200人もの人間を食わせて
いくのは、物理的に無理だろう。まあ映画でも、農民から略奪する話が出ていたけど、
きれい事だけでは無理だな。ソヴィエト赤軍との関係も少し出ていたから、ソ連から
の援助で食いつないでいたのかと想像した。

でもフィクションもあるにしても、酷寒の森の中でユダヤ人集団が何年か過ごしたのは事実
なのだろう。それだけでもすごいと思った。人間は何をしてでも生きていける。派遣を解雇
されたくらいで、東尋坊に行く青年に見せてやりたい。

77 :名無シネマ@上映中 :2009/02/20(金) 23:52:51 ID:unJGh6tH
>>73
>ソ連からの援助で食いつないでいたのかと想像した。

鋭いね。
映画は次男だけキャンプを飛び出してパルチザンに参加してた設定だったけど、
実際は三兄弟まとめてっていうかキャンプ全体、赤軍パルチザンの一部隊。
赤軍の命令に従ってゲリラ活動していたし、物資援助も受けてた。
長男がキャンプの非戦闘員を守ることを最優先にしてたのも事実だけど。
そんなこともあって赤軍の上層部からは煙たがられてたし、ユダヤ人差別もあったから
戦後はすぐに兄弟3人(長男、次男、末っ子)とその配偶者でイスラエルへ移住した。
でも、イスラエルも紛争続きで嫌になってアメリカへ。
後半生も苦労続きの人生だったらしいよ。特に長男。
死後、アメリカで埋葬されてたのをイスラエルが軍隊派遣して掘り返して
民族の英雄としてイスラエルに埋葬し直したんだって。

84 :名無シネマ@上映中 :2009/02/21(土) 00:15:08 ID:7Smfvgkk
>>77
原作本読んでるね
そこまで知識のある人なら問題ないが、
まったく知識のない人があの映画を見ると、あれが事実として定着してしまう

最後のほうのあの戦車が出てきて、いいところで向こうから弟が仲間連れて出てくるのは演出にしても
事実とのあまりの違いに原作者がショックを受けた

85 :名無シネマ@上映中 :2009/02/21(土) 00:20:11 ID:7Smfvgkk
要するに冗長な映画でした
2時間半も平板にダラダラダラダラやりやがって

90 :名無シネマ@上映中:2009/02/21(土) 19:52:18 ID:tfozzTCu
今日歌舞伎町で見てきたが、正直うーんって感じだ。
扱った時代と地域が同じ「炎628」とは比べものにもならん。

長男のクレイグが主人公だと思うんだが、
三兄弟の中で最も考えの浅いキャラに見えたぞ。
烏合の衆だったユダヤ人が戦いの中で目覚めていくんだろうと思ってたが、
連中は最後まで羊のままだった。

100 :名無シネマ@上映中 :2009/02/25(水) 22:49:18 ID:rTHVYu2c
>>90
「炎628」
あれは凄い映画だったねえ。
久々にみてみるかな。

92 :名無シネマ@上映中 :2009/02/22(日) 04:13:47 ID:XBeJ56Fi
おもしろかったよ。
『べんじゃみん』の方が途中でダレたよ。
リルって『ミスト』の店員だったんだね
綺麗な人だな~

この映画を叩いている人はイスラム教の人ですか?

93 :名無シネマ@上映中:2009/02/22(日) 06:41:36 ID:ziPYBZdL
妊娠禁止と言いながら盛りまくりヤリまくりなんだけど、どうやって避妊してるんだろうか?
外出しでOKってどこの中学生だよ、俺は絶対堕胎費用カンパしねーぞ。

94 :名無シネマ@上映中 :2009/02/22(日) 07:43:26 ID:Qg1YwKkl
女性側もストレスと栄養不良でまともに生理なかっただろうし
的中確率は低かったんでね?

98 :名無シネマ@上映中 :2009/02/25(水) 01:19:32 ID:+LIgVBlj
パンフには、森の中の病院では、堕胎手術が多く行われたとある。

99 :名無シネマ@上映中 :2009/02/25(水) 21:26:48 ID:rTHVYu2c
みてきた。
俺は傑作だと思う。
この監督の作品はほとんど好きだから、甘いかもしれんがwww
見る前はただひたすら逃げまくり、戦闘シーンなんか
皆無だと思っていたが、随所に戦闘シーンが配置されていた。
ラストの戦車のシーンも「どうせ、弟が援軍に来て挟み撃ち
して殲滅すんだろ?」と思いながらみていたが、
実際その通りの展開でも熱かったよwww
ユダヤ人の肩を持つ描写満載でもないし、ユダヤ人側の胸糞悪い
シーンもけっこうあったし、そのへんは良かったと思う。
かなり気に入ったのでパンフレット買った。
読んでからまたみにいくつもり。

102 :名無シネマ@上映中 :2009/03/02(月) 20:23:09 ID:NLeMOLaq
地元の映画館がメンズデーってことで見てきた
シンドラーのリストとか好きな人は見て損は無いと思うけど特別面白いもんじゃなかったな
ただ、ダニエル・クレイグの心が折れるシーンは良かった

105 :名無シネマ@上映中:2009/03/05(木) 23:50:50 ID:fuTOGUjr
シャンテで観てきた。夕方で100人ぐらいは客が居た。クレイグが3発で3人を
殺したのはさすが007だと感心した。ズウィックは3兄弟にそれぞれ見せ場を
用意したのね。めがねは特攻をあと1分我慢すれば助かったのに。

106 :名無シネマ@上映中 :2009/03/05(木) 23:55:30 ID:NhL6Sfe9
そんな間の悪さこそメガネ

108 :名無シネマ@上映中:2009/03/06(金) 01:40:50 ID:uDPMQP79
おねいさんが狼に喰い殺されるかとハラハラしました。でも、一撃でやっつけ、
戦利品としてかついだシーンには、心の中で快哉を叫びました。

109 :名無シネマ@上映中 :2009/03/06(金) 02:20:56 ID:M77gkovC
あれ狼だったのか
シェパードだと思ってた

110 :名無シネマ@上映中 :2009/03/06(金) 14:22:07 ID:grWlMxHD
犬だよ

111 :名無シネマ@上映中 :2009/03/06(金) 21:18:47 ID:Wq2ty2IL
東欧の野犬は凶暴だからな。
狂犬病うつされちまうぜ。

112 :名無シネマ@上映中 :2009/03/09(月) 10:33:14 ID:hMc6LAVF
野犬じゃないよ、ドイツ軍の犬だよ

113 :名無シネマ@上映中:2009/03/09(月) 19:38:46 ID:lAehcYMb
観ていて「クレイグかっけー」「男同士の熱い友情!」と思ってたら
エンドロールで監督の名前見て、ああそういやこの人だったかと納得。
ラストサムライの時も似たような感想だった。
この監督は歴史考証とか細かい部分より
ドラマ部分を全面的に押し出す作風なんだな。

115 :名無シネマ@上映中 :2009/03/09(月) 19:48:38 ID:ia3+JCc0
あとズウィックといえば無理矢理ラブ要素
今回も次男の相手はいらんやろと思ったけど実在した人だから仕方ないのかな

119 :名無シネマ@上映中 :2009/03/18(水) 21:19:56 ID:LrvdL7dT
三男がリトルダンサーだとわかってジワッと濡れた。

2ちゃんねる映画ブログ

120 :名無シネマ@上映中 :2009/03/20(金) 09:00:09 ID:1UJ7Y46o
三男の最後みんなを励ますとこよかったね~

121 :名無シネマ@上映中 :2009/03/26(木) 14:36:39 ID:Qoy7RIx7
もしズウィックが「ワルキューレ」を監督してたら、'史実脚色しまくり、だけどもっと燃える映画'になってそうだな。
結局どっちも一長一短か。
なかには史実通りでスゲェ淡々としてるけど無茶無茶面白い映画ってのもたまに有るけど。


関連記事

  1. 2009/06/24(水) 22:16:42|
  2. た行映画
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
<<イキガミ | ホーム | レオン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/785-2a43f33e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ディファイアンス』

□作品オフィシャルサイト 「ディファイアンス」□監督・脚本 エドワード・ズウィック □脚本 クレイトン・フローマン&amp;nbsp&#59;□原作 ネカマ・テク&amp;nbsp&#59;□ キャスト ダニエル・クレイグ、リーヴ・シュレイバー、ジェイミー・ベル、アレクサ・ダヴァロス
  1. 2009/06/24(水) 22:51:32 |
  2. 京の昼寝?♪

映画 【ディファイアンス】

映画館にて「ディファイアンス」 第二次世界大戦中、約1,200人のユダヤ人の生命を救ったユダヤ人のビエルスキ兄弟の実話を『ラスト・サムライ』のエドワード・ズウィック監督が映画化。 おはなし:1941年、ベラルーシ。両親を殺害されたユダヤ人の兄弟、トゥヴィア(ダニエ
  1. 2009/06/24(水) 23:02:11 |
  2. ミチの雑記帳

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR