FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦―

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1237204499/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中 :2009/03/16(月) 20:54:59 ID:iV+Z24t+
巨匠ジョン・ウー監督を迎え、トニー・レオン、金城武を始め、
香港・中国・台湾・日本からの豪華キャストを組み、
三国志の「赤壁の戦い」を、2部作に分け壮大に描く長編大作。

「まさかの大ヒット!」となった『レッドクリフ Part I』に続き
お待ちかね『レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―』が
いよいよ4月10日より日本公開!

公式サイト
http://redcliff.jp/

Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%95
映画レッドクリフ研究室
http://www.chugen.net/redcliff/index.html


4 :名無シネマ@上映中 :2009/03/16(月) 21:00:08 ID:iV+Z24t+
主要キャスト
周瑜: 梁朝偉(トニー・レオン)
諸葛亮(孔明): 金城武
曹操: 張豊毅(チャン・フォンイー)
孫権: 張震(チャン・チェン)
孫尚香: 趙薇(ヴィッキー・チャオ)
趙雲: 胡軍(フー・ジュン)
甘興: 中村獅童
小喬: 林志玲(リン・チーリン)
関羽: 巴森扎布(バーサンジャブ、又は巴森=バー・セン)
張飛: 臧金生 (ザン・ジンシェン)
劉備: 尤勇(ヨウ・ヨン)
魯粛: 侯勇(ホウ・ヨン)
孫叔財: [イ冬]大為(トン・ダーウェイ)
驪姫: 宋佳(ソン・ジア)

吹替版声優キャスト
周瑜: 山寺宏一
諸葛亮: 東地宏樹
曹操: 磯部勉
孫権: 平田広明
孫尚香: 朴ろ美
趙雲: 佐久田修
甘興: 中村獅童(本人)
小喬: 岡寛恵
関羽: 楠大典
劉備: 玄田哲章
魯粛: 大川透
漢献帝: 石田彰

5 :名無シネマ@上映中 :2009/03/16(月) 21:01:01 ID:iV+Z24t+
その他キャスト

黄蓋:張山、華佗:謝鋼
曹洪:王輝、蒋幹:師小紅
張遼:徐豐年、樂進:郭超
夏侯雋:胡曉光、許[ネ者](許諸):崔玉貴
李通:姜[丹彡]、魏賁:馬京
蔡瑁:一真、張允:賈宏偉
荀攸:趙成順、程:王早来
漢献帝:王寧、孔融:王慶祥
糜夫人:何音、甘夫人:李鴻
程普:王玉璋、關平:孟和烏力吉
牧童:孫xin、老漁夫:馬精武
張昭:張毅、顧雍:呉旗
秦松:陳長海、田田:叶華
阿斗:傅祥瑞、 満[dun、国構えの中に屯]:何豊
病兵:李洪臣

806 :RRD ◆3MranranlY :2009/04/09(木) 22:00:04 ID:muFwyQ8N
つーことで見てきた。
趙雲好きの俺にとっては前作に引き続き大満足のいく内容だった。
今作は一人一人の行動つーか人間が具体的に描かれていて、
ともすれば「戦いで大勢が死にました」で終わってしまう出来事が
一人一人の痛みと勇気と希望の積み重ねなんだ、ってことを
嫌でも意識させられる。ひいては同じ歴史の時間軸の上に立つ
俺たちの喉元にもどう生きるべきか、という刃を突きつけてくる
極めてメッセージ性の高い内容になってる。
舞台挨拶でもウー監督が史実よりも現在を投影する内容に、
といってた通り、史実や物語とは大いに違う部分はあるんだけど、
今までいろいろ見てきた三国志の中で、人物が一番人間らしかった。

851 :名無シネマ@上映中 :2009/04/10(金) 13:28:40 ID:idTyle+M
ラストあっさりしすぎじゃね?
終盤は戦争映画になってたのはワロタw
ほとんど爆破シーンばかりで肝心の合戦シーンが少なかったのが残念。
ラストの対峙シーンはジョンウー作品ではお約束のあれが再現されてるのは感心した。

854 :名無シネマ@上映中 :2009/04/10(金) 13:53:08 ID:LR9tBdyl
鳩と二丁拳銃?

857 :名無シネマ@上映中 :2009/04/10(金) 13:59:36 ID:idTyle+M
>>854
さすがに二丁拳銃はないわw
三者による銃の突きつけ合いを剣で再現してました。

844 :名無シネマ@上映中 :2009/04/10(金) 11:58:47 ID:GV2GwxE8
今見た。
part1の冒頭で説明いれたんだから2のラストもいれろよ。そうしないと次が気になる三国初心者もいるだろ。
「ボロボロにされ身一つで逃げ帰った曹操でしたが侵略戦なので自らの領地は傷つかず
なおかつ屯田を初めとした優秀な治世もあったため三年後にはずっかり元の実力を取り戻し馬超以下涼州軍団とバトルするという元気を見せつけ、
結局、暗殺されることもなく戦場で死ぬこともなく65歳で病死、当時の平均寿命と時世を考えると大往生を遂げることができました、ちゃんちゃん♪」

855 :名無シネマ@上映中 :2009/04/10(金) 13:55:36 ID:pjaZq3VF
さっそく観たなんだかんだ楽しめたわ
客の観たい物と監督の撮りたい物の隔たりは相変わらずだけど
ギリギリ三国志の枠にとどまった感じか。

丞相とか魯粛の横光っぽいキャラ設定が相当いい味出してるから
このまま続編つくってほしいところ
レッドクリフ―未来の合肥決戦―とかでいいから。

862 :名無シネマ@上映中 :2009/04/10(金) 14:33:45 ID:zRih4ryg
ところで、今日見てきた、面白かったよー。はじめは、孫叔材なんて新キャラいらないだろ・・・とか思ってたけど、
最後まで見たら素晴らしい配置のされた登場人物だったわ。最後に孫叔才と尚香を見つめながら言う
大都督の台詞がすごく良かったし、叔材自体のキャラが心のキレイな気のいいお馬鹿さんだっていうのが
戦争とか時代の流れに翻弄される善良な小市民に投影されて、心打たれた。イルポスティーノの主人公に
投影した気持ちによく似た感じだった。

864 :名無シネマ@上映中 :2009/04/10(金) 14:39:50 ID:Eq7CP1jF
サッカーくんのキャラは、中の人の外見に合わせて創造したような感じだったなw
(彼はあれでも2枚目の役とかよくやってるんだけどw)

2ちゃんねる映画ブログ

867 :名無シネマ@上映中 :2009/04/10(金) 14:57:39 ID:zRih4ryg
>>864
えええ、そうなんだ>2枚目の役
ひょうきん演技がすごく上手だからコメディアン上がりの俳優なのか、コメディ得意な人かと思ったw
しかも他言語でも伝わる演技できるなんてすごいなあ。ノーマークだっただけにビックリしたわ

972 :名無シネマ@上映中:2009/04/11(土) 00:05:11 ID:0NrpvgaJ
日ハムの中田似の兵士って最後まで尚香が女だってこと
気づかなかったぽいけど、ありえなくないか?
声も容姿も女じゃんwww

869 :名無シネマ@上映中 :2009/04/10(金) 15:21:32 ID:+EodbwFV
見てきた。なかなか楽しかったわ。

獅童、爆死乙。

趙雲、顔以外はカッコよかったなぁ。
あの役者、あのどことなく哀しそうなツラで項羽役とかもやってるから意外。

蹴鞠おバカ兵長の一連のくだりは必要だったのかね?
好意的に見ればあのほのぼのさが物語に緩急をつけるきっかけになっていたとも取れるが、
無かったら無かったで、もっと全体的にキビキビとした作品に仕上がったような気がしないでもない。
上映時刻の関係で吹き替え版を見たんだけど、字幕版でも孫尚香のあだ名はデブ助だったのだろうかw
自ら考えたとはいえ酷い名だ。

ラスト。
まさか孫劉オールスターで曹操を見逃すとはw
せめて張飛だけでも食ってかかってやれよと。
あるいは、燃え盛る瓦礫が落ちてきて、劉備らと曹操を分断。
揺れる炎の先へと消える曹操を、劉備らはただ見送るしかなかったという展開にした方が
流れ的に自然だったのではないかと思う。

そういえば、エンドロール見てたらスタッフの中に「趙子龍」って名前の奴がいて吹いた。
絶対名前負けするんだから、親はそこんとこ良く考えて命名してやれよw

881 :名無シネマ@上映中 :2009/04/10(金) 16:30:44 ID:LZxUXcYJ
デブ助は字幕もデブ助。
中国語は胖猪だったと思う、たぶん・・。

871 :名無シネマ@上映中:2009/04/10(金) 15:29:44 ID:cQLpbN+Q
見逃しの理由がわからんのですが
勅命を受けた曹操を殺すと逆賊扱いだからとかですか?

873 :名無シネマ@上映中:2009/04/10(金) 15:33:43 ID:h+Xmc0el
>>871
正解。
つーか実際赤壁で死んでねえんだから、いずれにしても逃がすしかねーだろ。

874 :名無シネマ@上映中 :2009/04/10(金) 15:39:29 ID:+EodbwFV
>>871
それが正解だろうし、その後の戦略上、曹操があそこで死ぬのは上策ではないという見方もある。
それ以前に歴史を尊重すれば当然の成り行きだろうけど、
三国志を知らない人にはいささか不透明な部分だよな、やっぱり。
「敵の親玉が目の前にいるのに見逃すとかwありえねー」ってなっても不自然じゃない。

872 :名無シネマ@上映中 :2009/04/10(金) 15:32:14 ID:+EodbwFV
戦闘シーン凄かった。
水上戦が始まるところでテンション上がりまくったわ。
結果的に見れば曹操の大敗なんだけど、完全なワンサイドバトルの描写じゃなかったのも良かった。
今まで色んな三国志の映像作品を見たけど、あんなに弓矢を脅威に感じたのは初めてだったかも。

883 :名無シネマ@上映中 :2009/04/10(金) 17:01:46 ID:llX76Z1w
潜入のくだりはいらないと思った
小鏡が単独で陣営にはいっていけるものねぇ
炎もえ過ぎちょっと袖に付いただけで前身火だるま
どれだけ油吸った服きてるんだよと
風があるとはいえ燃え広がり過ぎですべて大味すぎる
ファミコン版三国志の火刑みたいだった
陣形も意味ないし、大将が最前線まで乗り込む何て…
ホントにつまらない映画だった

まぁ、個人的感想なのであしからず

889 :名無シネマ@上映中:2009/04/10(金) 17:12:40 ID:PZ5jvn8u
これ無駄な女どもの場面なければ1時間で済む内容だったよね
なぜそこまでして女を活躍させたのか?
女に1時間半使うよりリュウビ軍に時間使うべきだろ

890 :名無シネマ@上映中 :2009/04/10(金) 17:13:40 ID:BGQ2Z0TX
女を密偵役とか勝手に乗り込んできたとかで出すなよ最悪
最後の戦場の中でもお花畑再開シーンとか救出シーンとかなんだよクソ過ぎる
「家に招く」とかアホかどこのクソアニメだよまったく
火をバンバン出して見栄え派手にしてたかと思えば
弓矢と槍衾が飛び交う合戦シーンはそこそこよかったのに

891 :名無シネマ@上映中 :2009/04/10(金) 17:15:27 ID:C0zx/7u2
よっぽど女性がトラウマなんだな。可哀想に。

916 :名無シネマ@上映中 :2009/04/10(金) 19:21:47 ID:hbYuiupm
デブ助の濡れ場に期待したのに無かったお('A`)

918 :名無シネマ@上映中:2009/04/10(金) 19:38:14 ID:PZ5jvn8u
女が活躍するとき滑稽なくらい男が馬鹿なんだけど
デブ助とかバレバレだしやっぱこの話で女を活躍させるのは無理矢理感が否めない
パート1パート2の女の話カットしたら丁度三時間くらいだろ?
再編集して一話に纏めたやつDVDで出すべき

919 :名無シネマ@上映中 :2009/04/10(金) 19:41:46 ID:nhCgVp4i
>>918
心配するな。
欧米公開バージョン(全3時間)があるから、DVD発売を待て。
日本で発売しなかったら取り寄せろW

920 :名無シネマ@上映中 :2009/04/10(金) 19:48:18 ID:H4naWM5Z
みて来た。


尚香の話はあってもよかった。吹き替えでみたがサッカーくんの声がいかにも
間抜けな3枚目の声だったが、あの外見なんでいいのか・・。反対に小喬は邪魔。
曹操にお茶入れるあたりまではなんとか許せたが、その後人質になったりうっとおしい。
前半はおもしろかったが後半はダレたな。65点から70点というところか。

945 :名無シネマ@上映中 :2009/04/10(金) 21:47:25 ID:D+8Zu2QE
見てきた。
結局、ホウトウ登場せずだったな…。
魏と連合軍の頭脳戦も手紙であっさり騙されて終わりだったし。
孔明の一番の見せ所、東南の風を起こす祈祷もなかった。

でも、ほんの少しだけ曹操のカリスマ性も見れたし面白かった。
また観に行ってくる。

949 :名無シネマ@上映中 :2009/04/10(金) 22:37:44 ID:4l2yUiz1
孫権が尚香に後ろから衣をかけてあげるシーンに萌えた。
何だかんだ言っても妹が可愛いのね。

954 :名無シネマ@上映中 :2009/04/10(金) 23:04:05 ID:m6yyURSy
>>948
ヴィッキーかわいいよね
ショウコウの役は合ってたと思う

2ちゃんねる映画ブログ

950 :名無シネマ@上映中 :2009/04/10(金) 22:42:01 ID:jYj32Fch
>>949
中国にもあ~れ~文化があるんだと思ったね。

959 :名無シネマ@上映中 :2009/04/10(金) 23:21:20 ID:2VCxsUr3
「未来への最終決戦」っていう副題
やっぱりダサいと思う。

今日見てさらに思った。

962 :名無シネマ@上映中 :2009/04/10(金) 23:48:38 ID:y0GLmXku
「未来への最終決戦」は良いと思うよ。
観客からしたら、?って感じだけど、
映画の中の人らからしたら、まさに「未来への最終決戦」だったんだから。

963 :名無シネマ@上映中 :2009/04/10(金) 23:51:24 ID:1k7fEmPI
>>962
史実においても演義においても最終決戦ではない
蜀にとっての最終決戦は赤壁の55年後で、呉にとっては72年後だ
魏の最終決戦は無い

971 :名無シネマ@上映中 :2009/04/11(土) 00:04:26 ID:2tKVQ+Mf
小喬を救う救わないっていうのエピソードにも、しっかりとジョン・ウーの言いたいことが詰まってたから良かったと思う。
あれ、アメリカ人が同じことやろうとしたら絶対に『みんなで小喬を助けよう!そうだ仲間じゃないか!』『お、おまえら
・・・ありがとう!俺の妻のために、よしっ小喬を救う、そして曹操も斬る!』みたいな、クソ安いお涙頂戴団結ストーリー
になってたと思う。どこぞのライアン二等兵を助けるために、5人だか10人だか犬死してああ犠牲って美しいwwww
なんて筋の演出じゃなくて、周りの人間が『小喬を助けよう?』って聞くと決して答えられない周ユの葛藤の方が
美しかった。小喬はどうすんの?→・・・・・・ みたいなシーンが2,3度あったはずだと思う。
最後まで周ユは曹操を斬るためだけに天蓋付きの部屋に入って行くし、偶然的に小喬と再会できるけど
剣の突きつけあいでどうにも動けんムキーッ!!!っていう状況なのを、何も言わずとも分かってる趙雲が
黙って救いに行くっていうのが好きだったわ、やっぱアメリカ文化よりアジア文化だよなあ。

しかも、あのシーンは虎狩とリンクしてて孫権の成長が試される部分で複線のはりかたもすげーなと思った。
長くてごめん・・・

975 :名無シネマ@上映中 :2009/04/11(土) 00:11:18 ID:20s/QGNN
戦闘シーン以外は期待してなかったが、あまりに酷いなこれ
孔明は名探偵コナン程度の知恵にしか見えん、それに引きずられて周遊も間抜けに見える
曹操がスケベだし、劉備は頼りない。ましなのは趙雲だけ、女二人は当然のように必要なし

戦闘シーンも火が派手すぎだろw。指導はもうけものかもだ



http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1239368816/
2ちゃんねる映画ブログ

35 :名無シネマ@上映中 :2009/04/11(土) 01:36:17 ID:fwBkq2MF
細かな部分で嘘が多いけど、かっこよく仕上がってたね。映画として盛り上げるためには悪くない演出だったと思う。
個人的にはパート1見たときは孫権の妹と孔明が恋仲になるかなって思ってたけど見事裏切られた。

38 :名無シネマ@上映中 :2009/04/11(土) 01:47:22 ID:ziCbsnUC
>>35
孫権妹は劉備夫人になるんだから、老け専だね。
当時20代だった青二才は眼中に無かったろうなW

41 :名無シネマ@上映中 :2009/04/11(土) 01:52:42 ID:aEEIY/Z2
>>35
いや、歴史の知識から、最初は劉備のことなんて歯牙にもかけなかった孫尚香が
パートⅡで劉備の魅力に気づいて、将来の結婚を暗示するようなエピソードが描かれるかなって
パートⅠではどう見てもくっつきそうにない二人だっただけに、ちょっと期待していたんだが、
まさか潜入先の魏軍のサッカー選手といい関係になるなんて斜め上を行ってくれて吹いたわw

43 :名無シネマ@上映中 :2009/04/11(土) 01:56:41 ID:i9/72R3M
最もおもしろかったのはやはりリンチーリンが曹操を何とかして引き留めようと
茶の湯の蘊蓄を語り出すところだな。苦肉の策はつかわないことになってるので
風が変わる最も大事な時に魏軍の攻撃開始をなんとかして遅らせようとするスリルの
演出が光った。

46 :名無シネマ@上映中 :2009/04/11(土) 02:06:21 ID:krbVxYVS
>>43
お茶のうんちくのくだりは面白かったなあ。
小喬の誘いにあっさり乗るところに曹操の女好き度合いと、危うさが上手く出てた。
まったくなんという鄒氏イベントの二の舞。


小「あなたはお茶の事をなにもわかっていない」
曹「頭が痛い!華佗だ!華佗を呼べ!」
某「華佗はいません!帰りました!」

風向きが変わって
「ありえんだろ!」

ここらへんのセリフはもう笑わせようとしてるとしか思えん。
多分自宅で見てたら普通に声出して笑ってただろうな。

47 :名無シネマ@上映中 :2009/04/11(土) 02:08:24 ID:20s/QGNN
俺は心の中でちゃぶ台ひっくり返したよ

56 :名無シネマ@上映中 :2009/04/11(土) 02:49:00 ID:GAW7LKxh
1と比べると退屈だったかな
1は最初から長坂の戦いがあってそらさない
そらされるのは商況とシュウユのシーンくらいだったが
2は途中まで潜入尚香の活躍が中心で退屈だ
個人的には商況尚香の主役級の大活躍は
クロゼロの一番重要な対戦シーンに黒木メイサのプロモが流れた時のガッカリ感と似てた
アクションも2は火がメインのせいか派手ではあるが大味だった
武将それぞれの身体能力が楽しめた1からすると物足りない感じだった
1はもう一回見たいと思わせられたもんなあ
ヲタ向けにそれぞれの武将の見せ場は入れて欲しかった

58 :名無シネマ@上映中:2009/04/11(土) 02:52:56 ID:TKchWLD9
矢が刺さっても平気な張飛
矢が刺さって死にそうになって爆死しちゃった甘興

2ちゃんねる映画ブログ

なぜなんだー
甘興死なないでほしかったのに
劉備と尚香すぐ死にそうなのに生き延びるとか強運だ
しかし良い作品だった

60 :名無シネマ@上映中:2009/04/11(土) 03:16:57 ID:tjwkAvhv
1も見てない者だけど、要は監督の俺様三国志ってことで良いのかな?
北方ケンゾーの三国志も、結局気に入ったキャラゴリ押しの同人誌としか
思えんかったし…ホントの史実に近いのが見たい マジで

63 :名無シネマ@上映中 :2009/04/11(土) 03:26:57 ID:krbVxYVS
>>60
史実を追っかける映画が好きな人にはオススメできないよ。
ジョン・ウーのオリジナルと演義のエピソードと史実がチャンポンな内容だから、
たとえif的な要素が出てきたとしても楽しく見られる人じゃないとキツイと思う。

基本演義準拠で、正史ベースの三国志映像作品は無いもんな。
それを再現したら2時間まるまるダイジェストみたいな感じになって、
万人受けするようなドラマ性が見出しにくくなるだろうし、
商業的に採算が合わないという理由で、どこも手をつけない気がする。

65 :名無シネマ@上映中 :2009/04/11(土) 03:34:20 ID:2tKVQ+Mf
ぶっちゃけ史実通りに時代考証も完璧で、言葉遣いも完璧で・・・なんて映画ドキュメントにもならず面白くなさそうだよね
たぶん、見ないw

117 :名無シネマ@上映中:2009/04/11(土) 13:15:50 ID:v9fZK07u
黄蓋が北大路欣也に見えたのって俺だけ?

118 :名無シネマ@上映中:2009/04/11(土) 13:17:19 ID:YcpJEiRV
>>117
仲代達矢と高橋秀樹説もアリ

120 :名無シネマ@上映中:2009/04/11(土) 13:43:42 ID:l4hyI5EI
小喬(リン・チーリン)がきれいすぎる。
なんで日本の女優にはあんなきれいな人がいないんだ。

129 :名無シネマ@上映中 :2009/04/11(土) 14:32:39 ID:xIg+luO7
周瑜の皿に、皆が団子いれまくるシーンで笑いが止まらなかったのは俺だけか。

131 :名無シネマ@上映中 :2009/04/11(土) 14:38:44 ID:Lp00UrYd
>>129
私も   いつの間にか減ってたし

134 :名無シネマ@上映中 :2009/04/11(土) 14:47:54 ID:kVKpuDQG
>>129
あれは何かの儀式なの? 

スプーンに微妙にくっついてるから振って入れてる所がツボw

135 :名無シネマ@上映中 :2009/04/11(土) 14:52:33 ID:9BhqmJzG
>>134
パンフレットに載ってたけど向こうでは冬至になると家族で団子を食べる風習がある。
奥さんいなくなった周瑜はそれができない。
だけど、仲間たちが団子を渡すことで、俺たちはお前の家族だぞ云々みたいな意味が
あるらしい。

136 :名無シネマ@上映中 :2009/04/11(土) 14:54:08 ID:xIg+luO7
>>135
解説感謝。
その辺り知らなかったから、あの調子で兵士全員が入れに来たらどうしよう、と思ったら笑ってしまった。

172 :名無シネマ@上映中 :2009/04/11(土) 18:16:36 ID:4uDok7Ar
団子のシーンがおかしくてたまらなかった。
aa_20111102181115.gif

165 :名無シネマ@上映中:2009/04/11(土) 17:24:06 ID:k8BdQUA6
ラストのほうで孫権が曹操に射た矢だったかな?
矢が曹操の頭かすめて髪がほどけたとき映画館で笑いが発生してた。
「ありえへんやろ」みたいな感じで。

2ちゃんねる映画ブログ

173 :名無シネマ@上映中:2009/04/11(土) 18:32:05 ID:SMNDwJCi
矢集めしている船なんだが、あの程度の藁葺きじゃ流れ矢が刺さる可能性もあるだろうに。

220 :名無シネマ@上映中 :2009/04/11(土) 21:40:56 ID:NgwRIzSl
今日観てきたけど、相変わらずアクションバカ映画に徹していて痛快。
孫尚香のバレバレスパイ大作戦とそのオチとか、
蔡瑁張允斬る時に部下につっこまれて真っ青の曹操とか、
愛の人質脱出大作戦になるラストとか、
随所に突っ込みどころがあって爆笑できた。
アクション映画としては文句なし。この監督は、火薬の使い方が気持ちいい。
ゴリゴリのリアリティー求めてる三国志(演義)ファン以外は楽しめると思う。
そういう層はパート1で見切りつけてると思うけど。


関連記事

  1. 2009/06/16(火) 08:16:29|
  2. ら行映画
  3. | トラックバック:17
  4. | コメント:0
<<エターナル・サンシャイン | ホーム | モーテル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/777-de8792d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画 【レッドクリフ Part ? ―未来への最終決戦― 】

映画館にて「レッドクリフ Part? ―未来への最終決戦―」 昨年大ヒットした『レッドクリフPart I 』の続編。 いよいよ待ちに待ったパート2! 冒頭にご丁寧な解説があるので、万が一パート1を忘れかけていたとしても大丈夫な親切設計になってます。 パート2に入っても、
  1. 2009/06/16(火) 09:28:42 |
  2. ミチの雑記帳

レッドクリフ part2

なが???い前フリに耐えた先に,見応えが待つ!  
  1. 2009/06/16(火) 10:09:39 |
  2. Akira&#39;s VOICE

レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-/Red Cliff Part2

公開初日の金曜日に観ていたんですが、書くのがちょっと遅くなってしまいました^^&#59; 「Part I」では、肝心の戦いになる前に終わってしまい、ちょっと肩透かし気味でしたが。 今回は、たっぷりと見せていただきましょう。 「UCとしまえん」は、平日の夕方にしては、ちょ
  1. 2009/06/16(火) 10:10:56 |
  2. いい加減社長の映画日記

【レッドクリフ Part? 未来への最終決戦】

監督:ジョン・ウー 出演:金城武、トニー・レオン、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、リン・チーリン、中村獅童      風は未来へ。 いよいよです♪ Part?の感想はこちら → ☆ いよいよタイトルにもな
  1. 2009/06/16(火) 11:16:54 |
  2. 日々のつぶやき

レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦―

 『戦いは赤壁<レッドクリフ>へ。 連合軍は、絶対絶命・・・激戦は続く。』  コチラの「レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦―」は、昨年11月に公開されて日本でも大ヒットした「レッドクリフ Part I」の続編、前後編の後編なので残念ながらこれで完結となる4/10..
  1. 2009/06/16(火) 11:26:07 |
  2. ☆彡映画鑑賞日記☆彡

レッドクリフ/赤壁 Part II ?未来への最終決戦?

というわけで、どうもしっくり来なかったPart Iに続いて『レッドクリフ/赤壁 Part II ?未来への最終決戦?』を観てきました。 ★★★★★ 前半のドラマパートは前回と同じく変わりまくるカメラアングルに目がチカチカして時々イラっとしますが、前回は総集編のような早足の
  1. 2009/06/16(火) 11:56:43 |
  2. そーれりぽーと

『レッドクリフ Part? 未来への最終決戦』 

□作品オフィシャルサイト 「レッドクリフ Part? 未来への最終決戦」 □監督・脚本 ジョン・ウー □脚本 カン・チャン、コー・ジェン、シン・ハーユ□キャスト トニー・レオン、金城武、リン・チーリン、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅
  1. 2009/06/16(火) 12:03:37 |
  2. 京の昼寝?♪

レッドクリフ PartII ?未来への最終決戦?

//ストーリー//西暦208年、魏呉蜀が争う中国・三国時代。孔明(金城武)の奇策で曹操軍を撤退させた孫権・劉備連合軍だったが、食料不足と疫病のために戦意も尽きようとしていた。そこに曹操軍の2000隻の戦艦と80万の兵士が逆襲。司令官の周瑜(トニー・レオン)と孔明が作戦
  1. 2009/06/16(火) 13:14:22 |
  2. 映画君の毎日

レッドクリフPartII -未来への最終決戦- [映画]

原題:RED CLIFF: PART II/赤壁公開:2009/04/10製作国:アメリカ/中国/日本/台湾/韓国上映時間:144分鑑賞日:2009/04/11監督:ジョン・ウー出演: トニー・レオン/周瑜 金城武/孔明 チャン・フォンイー/曹操 チャン・チェン/孫権 ヴィッキー・チャオ/尚香 
  1. 2009/06/16(火) 13:24:23 |
  2. 映画鑑賞★日記・・・

[映画『レッドクリフ PartII』を観た]

☆ ♪チャン・チャン・チャン チャラリルン!   ♪チャ・チャ・チャ   ♪チャン・チャン・チャンラリルン!  「レッド・クリフ」のテーマ曲を文字にして見ました^^;  この後の雄大なメロディがいいですよね^^  つい最近、『―未来への最終決戦―』と言うハ
  1. 2009/06/16(火) 17:06:26 |
  2. 『甘噛み^^ 天才バカ板!』

レッドクリフPart? -未来への最終決戦-

三国志の中でも最も有名な合戦である「赤壁の戦い」を映画化した作品。「レッド・クリフPart? 」の続編で、本作が完結編となります。 大軍を率いて赤壁に進攻してきた曹操軍。曹操は、疫病で死んだ自軍兵士の遺体を対岸の孫権・劉備連合軍の元へ船で流し、連合軍にも疫
  1. 2009/06/16(火) 20:11:23 |
  2. 日っ歩?美味しいもの、映画、子育て...の日々?

レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―

製作年度 2009年 原題 RED CLIFF: PART II/赤壁 上映時間 144分 製作国・地域 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国 監督 ジョン・ウー 音楽 岩代太郎 出演 トニー・レオン/金城武/チャン・フォンイー/チャン・チェン/ヴィッキー・チャオ/フー・ジュン/中村獅童/リン・チーリン/ユ
  1. 2009/06/16(火) 21:42:29 |
  2. to Heart

★「レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―」

今週の平日休みは、14日という事で1本1000円で見られる「TOHOシネマズ」で3本まとめ観っ。 中国もの・イギリスもの・フランスものの3本立てでしたよーーー。
  1. 2009/06/17(水) 01:09:17 |
  2. ★☆ひらりん的映画ブログ☆★

『レッドクリフPartII―未来への最終決戦―』を観たぞ?!

『レッドクリフPartII―未来への最終決戦―』を観ました三国志の有名なエピソードを基に、日本をはじめアジア各国で大ヒットを記録したジョン・ウー監督によるスペクタクル巨編「レッドクリフ」の後編です&gt;&gt;『レッドクリフPartII―未来への最終決戦―』関連原題: RED
  1. 2009/06/17(水) 07:48:14 |
  2. おきらく楽天 映画生活

レッドクリフ Part II 未来への最終決戦

曹操の荊州侵攻から赤壁の戦い前までを描いたジョン・ウー監督の 『レッドクリフ Part?』の続編。今作ではクライマックスの赤壁の戦いを 描く。西暦208年、曹操は同盟を組んだ劉備・孫権連合軍5万を討つために連合軍が 駐屯する赤壁の対岸に80万の軍勢と2000隻の戦艦を配..
  1. 2009/08/06(木) 01:03:50 |
  2. だらだら無気力ブログ

レッドクリフPart2?未来への最終決戦? <ネタバレあり>

昨日Part1を観て しっかり復習してから観に行ったよPart1も迫力はあったけど やっぱしPart2の方が断然、迫力があって映画館の大きなスクリーンで観るのが絶対、お勧めついに 赤壁の戦いですわ 水上戦ですわ 2000隻の戦艦と80万の兵士だとって ...
  1. 2009/08/17(月) 04:11:55 |
  2. HAPPYMANIA

『レッドクリフ PART2 未来への最終決戦』&#39;09・米・中・...

あらすじ曹操の非情な作戦の前に、男たちの結束は崩壊。連合軍は絶体絶命の窮地に追い込まれる・・・。感想ジョン・ウー監督流赤壁の戦い完結編PART2の感想としては、アクションはPART1の方が良かったかな爆破好きなら気に入りそうやけど少し単調な感じがしたな...
  1. 2010/01/06(水) 22:14:27 |
  2. 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR