FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

エターナル・サンシャイン

【記憶消去】エターナル・サンシャイン【記憶維持】
http://tv6.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1095226106/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:04/09/15 14:28:26 ID:O0b3mE6J
ジム・キャリー
ケイト・ウィンスレット
キルスティン・ダンスト
イライジャ・ウッド
トム・ウィルキンソン

監督ミシェル・ゴンドリー
脚本チャーリー・カウフマン

http://www.eternalsunshine.com/


65 :名無シネマ@上映中:04/10/12 19:41:56 ID:eM0+dXIP
最初の20分がもう良すぎる。2人が出会って恋に落ちて・・って部分で
何でか知らんが胸がキュンキュンしたw
恋人と見に行くにもいいけど、一人で行っても良いよね。失恋中の人も
ある意味楽しめると思う。
男と女は、こうやって出会って恋に落ちて別れて・・でも、それで終わり
じゃなくて、それからも、ずっとこういう輪を繰り返していくんだなぁ~
と今更ながらしみじみ感じて1人でウンウンうなずいちゃう。

素晴らしい作品です。

243 :名無シネマ@上映中:05/01/23 22:27:36 ID:eZTLozgv
切なくて、可愛い話だった。普通に誰もが楽しめる作品。
ただ私が十代の時ならピンと来なかっただろうな。

ジムとケイトの雰囲気が素晴らしい。二人が出て直ぐに話しに引き込まれる。

一つだけ非現実的な設定があるので、映像もトリッキーなものが見られる
けど、それ以外は素直なお話。何度も見たいと思わせる映画。じんわり来る。

520 :名無シネマ@上映中:05/03/15 01:04:10 ID:T7b0jOc5
今日観て来た。「マルコヴィッチ」以来カウフマン信者で
過去の全ての作品を堪能してきたオレですが・・・

今回はごめん、初めてカウフマンが負けたと思った、ゴンドリーの演出に。
まるで70年代のニューシネマにモンティ・パイソンとクローネンバーグが
入り込んで、しかも紛う事なきピュアなラブ・ストーリーになっている驚き!!
思うにこれほど「夢」って物を、本来の夢と同じリアリティで映像化した
映画ってこれが初めてなんじゃないだろうか?
とてもあの凡作「ヒューマン・ネイチャー」を監督した同じ人とは思えない。
感服致しました、傑作だと思います。

それにしても今年はこれにしろ、ついこないだ観た「サイドウェイ」にしろ
個人的には「ボーン・スプレマシー」もそうなんだが、70年代映画の
スタイルを上手く取り込んだ傑作が多いなぁ。

523 :名無シネマ@上映中:05/03/15 22:15:19 ID:pjkRjbI4
この映画の作り方のポイントは時系列が
普通じゃないということ。
つまり、映画の最初のシーンは時間の流れ
でいうと真中より後ろに位置していて、映画の
中ごろからが一番時間的に古いシーンになる。
これに気がついたときに俺は愕然としたよ。
わかってみるのと、そうでないのとでは、全然
受け止め方がかわってくるので、これから見る
人は良く注意して見てみて欲しい。

563 :名無シネマ@上映中:05/03/19 23:57:33 ID:8Tni7LMf
ジョエルとクレメンタインって元々、遠からず近からずお互いに共通の
知り合いがいた、って事だよね? んで共通の友人が開催した
モントーク浜辺のバーベキューで知り合ったっていう?
あと、あのラストは一応ハッピーエンドって意味で良いの? 
またもう一度やり直しましょうって意味なのかな? 
どっちにしてもジョエルとクレメンタインじゃ絶対に続かないと思ったw

2ちゃんねる映画ブログ

577 :名無シネマ@上映中:05/03/20 04:23:16 ID:rK/zh/Ot
見る前は、ややこしいって話を聞いてたから、気合入れて見てたんだけど
フツーに見てても、全然問題なかった。
つなぎ目のシーンだけ覚えてれば、すぐ分かるような気がする。
もっと、21グラムみたいに、時系列バラバラになってるのかと思ってたよ。

579 :名無シネマ@上映中:05/03/20 04:37:18 ID:3b7K3uyP
>>577
あれはやりすぎ>21g

587 :名無シネマ@上映中:05/03/20 12:54:02 ID:lUWk+jML
これで流れはあってるか確認させてくれ、ネタばれあり



出会いは浜辺(友人のパーティー)

2人で知らない人の家で酒を飲む

凍った湖でのデート(オープニングクレジット前)

そして付き合うが、意思の相違で別れてクレメンタインが記憶消す

ジョエルも記憶を消す(で作業中にメアリーの過去とかも暴かれる、イライジャウッドがクレメンタインをジョエルの過去のモノを使って理想の彼になろうとする)

記憶を消した明け方がオープニングシーン、クレメンタインと駅で出会う、クレメンタインの家で酒を飲む、翌朝ウッドが車の窓を叩いて聞くシーン、
で、メアリーが患者全員に記憶を思い出させるために忘れようとしたときのカセットを送る、で二人ともそれを聞いて再び付き合いだそうとするとこでEND

教えて欲しいんだけど
博士の病院(?)で記憶を消しているシーンあるよね、
ジョエルの部屋でも記憶消してるシーンもあるよね、
ジョエルって2回記憶を消したの?教えてー

588 :名無シネマ@上映中:05/03/20 13:07:14 ID:cVmqs7Gl
>>587
違う。


出会いは浜辺(友人のパーティー)

2人で知らない人の家に侵入、クレメンタインが酒を飲もうとするが、ジョエルは帰宅

ジョエルがクレメンタインの勤める本屋に会いに行って、付き合い始める。

2年間付き合ってきたが、バレンタインの少し前に喧嘩して、クレメンタインが記憶を消す

ジョエルも記憶を消す(作業中にメアリーの過去とかも暴かれる、
パトリックがクレメンタインをジョエルの過去のモノを使って理想の彼になろうとする)

記憶を消した明け方がオープニングシーン、クレメンタインと駅で出会う

クレメンタインの家にあがるけど、ジョエルは帰宅することにしたので電話番号を教えてもらう。

ジョエルが家に帰ってクレメンタインに電話して、次の日の夜にチャールズ川に行くことを約束する。

凍った湖(じゃなくてチャールズ川ね)でのデート

翌朝パトリックが車の窓を叩いて聞くシーン → オープニングクレジット

メアリーが患者全員に記憶を思い出させるために忘れようとしたときのカセットを送り、
二人ともそれを聞いて再び付き合いだそうとするとこでEND

589 :名無シネマ@上映中:05/03/20 13:12:00 ID:cVmqs7Gl
>教えて欲しいんだけど
>博士の病院(?)で記憶を消しているシーンあるよね、
>ジョエルの部屋でも記憶消してるシーンもあるよね、
>ジョエルって2回記憶を消したの?教えてー

ラクーナ社でやってたのは記憶図を作ってただけ。
記憶消去の作業はジョエルの部屋でやった。

ちなみに2年間付き合ってきたなかでもチャールズ川でデートしてる。
その時言った言葉をジョエルは手紙にして送った。
(そのシーンでジョエルは記憶を消すのを止めたいと思った。)

591 :名無シネマ@上映中:05/03/20 13:29:45 ID:J3Bz6nMJ
>>589 記憶図か~なるほど。記憶図を作っている時のジョエルはされている事を承知してたけど、家での作業前はなんでパトリック達はジョエルが寝た後こっそり(?)と部屋に入ったわけ?
>>588 付き合い始めたのは本屋でか、それで記憶削除ラストあたりで本屋がよくでてきたのか
チャールズ川でデートは記憶削除後なのか。記憶を消した明け方~パトリックの窓たたくとこまでは時間枠的には全部ラストか。
チャールズ川デートが1回目に二人が付き合うシーンと思ってた・・・
パトリックとクレメンタインがチャールズ川デートした記憶があと(記憶削除後のジョエルと)に繋がるって事?
大体よくわかったよ!THANKS!も一回DVDで見よっと。

592 :名無シネマ@上映中:05/03/20 14:13:08 ID:aPB5eGiC
記憶削除から逃げようとするところ
「奇妙の話」と「二人の絆の深さを示すような話」
のバランスが悪いというかどっちつかずだったのはやや残念
でももう一回行きたい

594 :名無シネマ@上映中:05/03/20 15:19:25 ID:3b7K3uyP
>>591
時系列はだいたいウィンスレットの髪の色見たらわかるようになってる
消去前・タンジェリン
消去後・ブルー
川のデートは
消去前につき合ってる時→消去後イライジャと(ジム消去中)→消去したもの同士で(映画の冒頭)
の三回
>>592
はげど
机の下に隠れる所とかシンクの風呂とかちょっと浮きすぎ

2ちゃんねる映画ブログ

596 :名無シネマ@上映中:05/03/20 15:28:39 ID:+DuT4i/l
>>594
机の下に隠れる場面は好きだなあ
あそこはロードオブリングでガンダルフとフロドがお茶するところみたいな
撮影方法かな。

621 :名無シネマ@上映中:05/03/20 20:01:19 ID:A1s0TNhF
観てきたー。

>>588の解説読むまで全然状況理解できてなかった……orz
自分の理解力の無さに泣ける……orz
ちなみに、マルコヴィッチの穴でも混乱した……orz

恋愛描写が、くどくないけど上手で楽しめたよ。笑えたし。
ダンストは美人ではないけど、可愛い演技するね。

604 :感想:05/03/20 17:13:45 ID:uYseeNO4
今日、丸の内ピカデリーで、観てきました。

アビエイダーとかB・Jの日記にはお客さんが並んでいたけど
このエターナル・サンシャインには余り人がいなくて落ち着いて観賞出来ました。


音楽が良かった。
綺麗で映像に華を添えてました。
あと、蒼い髪と紅い髪(正確には違うけど髪の色)のケイトが綺麗(美人)だった。

物語の内容は映画が終わったあと、
周りの人達は良く分からなかったとか言っていて
まず、物語の内容よりも映画を見る姿勢が普通の恋愛映画だと思って見にきてたんだなぁ。って


普通の脚本じゃないし、泣ける訳でも、恋人と一緒に見に行く映画でもないですね。
二人ともそれが分かっているなら別だけど。


家で借りて観ても、十分楽しめますし。
映画観で1800円払う価値もありますし、
一回、観といて損はないはずです。
多分…。

651 :名無シネマ@上映中:2005/03/21(月) 16:16:02 ID:x4yib2a6
みなさん本当にこの映画に満足されたんですね。
僕は期待が大きかったせいか、正直肩すかしというのが本音です。
脚本がいいというけど、それほどいいとは、、、、、
ありきたりの題材なのはわかってるのだけれど、全部が予想の範囲内で収まっていて。
主人公の二人も好演してるのはわかるのだけれど、二人のエピソードがどうも単純で
最後まで映画に入り込めなかったです。
悪口言うつもりはないんですが、期待が大きかっただけに、、、、、、
いいかた悪いかもしれないけど、よく深夜にやってるB級アイドルが出てる30分ドラマみたいな感じですね。

667 :名無シネマ@上映中:2005/03/21(月) 22:10:17 ID:onjr9BuJ
確かにこんな会社があったら悩むかな~
どんなにつらい別れでも、楽しかった日々を忘れないために記憶を残すか
なにも起伏のない安定した記憶で生きるか、、
まっ別れ方にも寄るかもしれないけど→ケイトみたいに
出会いから否定されるような(尻軽みたいな)言われ方に怒って
消去する気持ちも解る。。
忘れることは許すことっていろいろ考えさせられます。

661 :名無シネマ@上映中:2005/03/21(月) 19:34:57 ID:eKWWHgjM

2ちゃんねる映画ブログ

キルスティンのオババ臭い、泣き顔やばかった。

パンツ踊りは良かったけど。

668 :名無シネマ@上映中:2005/03/21(月) 22:35:32 ID:qtBuH9Ji
キルスティン・ダンストがらみのエピソードはは最初、余分というか
物語の飾りだと思っていたけど、最終的には重要なポジションを
占めていたね

738 :名無シネマ@上映中:2005/03/22(火) 20:51:41 ID:DU5JErdL
>>668
キルスティンの役が一番良かったと思います。
彼女が私物を持って立ち去る場面で不覚にもマジ泣きでした。
ラストでは「どうせまた別れるよね、この二人」完全に冷めてた

739 :名無シネマ@上映中:2005/03/22(火) 20:56:54 ID:oFUhrPWo
738は上司と不倫中

669 :名無シネマ@上映中:2005/03/21(月) 22:42:57 ID:6yr/Msmw
イライジャっていつまで経っても童顔だな なぜイケメン西洋人に派生しないのだ

2ちゃんねる映画ブログ

670 :名無シネマ@上映中:2005/03/21(月) 22:44:54 ID:zNMz1vRd
十年後も同じ顔してそう

671 :名無シネマ@上映中:2005/03/21(月) 22:48:03 ID:ZUQsUSoY
オレはよくできた映画だと感心したが感動はしなかった。
メメントを観てなくてこれをみたらもっと感心したかも。
以下チラシの裏。


時系列がバラバラ。記憶物。ストーリー。全てがメメントとだぶる。
ラストのちょい前からスタートするところなんかも。

メメントは記憶がない=学習能力がなくて同じことを繰り返して
進歩しない(進歩したくてもできない)男の話。

エターナルは記憶をなくすことにより学習し進歩することを放棄した男女の話。
ダンストが記憶を消す=同じことを繰り返す=進歩しないのは人間ではない。
ということに気づいて人間としてつらい過去のことも受け入れて進歩しようと努力する。

ウィンスレットとキャリーはダンストの助けがなければ、また同じことを繰り返すだけ。
過去を受け入れることによって進歩する(=次はうまくいく)可能性が出てきた。

ホントの主役はダンスト。

672 :名無シネマ@上映中:2005/03/21(月) 22:54:18 ID:APLRITEU
時系列バラバラとは言わないと思うが

702 :名無シネマ@上映中:2005/03/22(火) 11:32:12 ID:+czntCLR
良かった!
これはミシェル・ゴンドリー色が炸裂してる映画ですよね
ネタバレ



冒頭のシーンで「私の名前でからかわないでね」と言う場面
へーこんな有名な曲知らないアメリカ人もいるんだー
って観てたらそういう関連知識も消去されてるって事だったのね
深いなーと思いました
あの消去治療はあの医者に自分が行った事すら消去する為に寝込みを襲うような治療するんだよね?

ゴンドリーの作品集DVDにあるジム・キャリーが映画と同じパジャマ姿でバカやってるのに大笑い
撮影では得意のギャグできなくて発散してる感じなんだろうな

704 :名無シネマ@上映中:2005/03/22(火) 12:15:08 ID:+W26R4Ji
>702
あの短編はこの映画の合間にこの映画で作った車(ベッド付)使って
撮ってたんだそうだ。

しかし、医者にかかったこと自体忘れちゃうんだから、部屋の合鍵の管理とか
ちと不安になるな、この治療法。
(ぱんつ泥棒とか食料拝借程度で済んでるみたいだが)

705 :名無シネマ@上映中:2005/03/22(火) 12:51:34 ID:oFUhrPWo
しかしオペレーターのモラル低すぎだよな。
治療中にラリるは元患者に速攻で手を出すわ

707 :名無シネマ@上映中:2005/03/22(火) 15:09:34 ID:+6VDxkm0
脚本はもう「斬新!」の一言。「マルコビッチ」などと同様な
「不思議な映像」はとてもよかったです。

最初の二人の出会うシーンから、記憶を消す場面へのつながりは
「あれ、これだけの付き合いで記憶を消すほどのものか?」と
疑いながら見ていましたが、最初のシーンが「記憶を消した後の
出会い」につながるところで「なるほど」と思いました。記憶を
消す過程で、二人がどれだけの付き合いをしてきたかを同時進行
でみせるやり方はとてもよかったです。

ただ、記憶を消す手術(?)中に、おちゃらけていた3人はどうなん
でしょうか?あれは記憶を消すというシリアスな場面をあえてあの
表現で濁していたのでしょうか?あと、記憶を消した二人に記憶を
消す直前のテープを送りつけたのは誰?キルシュティン?イライジャ?
テープを送った意図がちょっとわかりません。みなさんのお考えを
お聞かせください。

708 :名無シネマ@上映中:2005/03/22(火) 15:18:34 ID:ZgGbmCYt
>あと、記憶を消した二人に記憶を
>消す直前のテープを送りつけたのは誰?キルシュティン?イライジャ?
>テープを送った意図がちょっとわかりません。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

709 :名無シネマ@上映中:2005/03/22(火) 15:20:04 ID:ZgGbmCYt
答え言っちゃうが、送ったのはメアリー。
意図はメアリーが手紙に書いて送った。

ちゃんと映画見てた?

714 :707:2005/03/22(火) 16:59:34 ID:+6VDxkm0
キルスティンがテープを送ったことは分かっていたのですが、
「どうして二人の仲を壊すようなことを・・・」と早合点してしまいました。
二人の仲を壊したい人物はイライジャだと思ったので、「もしかしてイライジャが?」
とまたまた勝手な解釈をしておりました。もちろん、手紙にはキルスティンの
書いた内容でしたが、それを偽造してイライジャがあえて二人の仲を裂くために
送ったのかも・・・と。落ち着いて考えてみれば、キルスティンが、自分と
同じ間違いを繰り返さないために、二人(その他、記憶を消したすべての人たち)が
乗り越えなければいけない「記憶を消した事実」を教えてあげたということで
納得いたしました。お騒がせしてすいませんでした。

716 :名無シネマ@上映中:2005/03/22(火) 17:49:39 ID:qqnzLg9i
確かにあのテープのせいで
2人の中を壊したよね。

でも、テープを聴かなくても2人の中は壊れるけどね。

717 :名無シネマ@上映中:2005/03/22(火) 17:52:28 ID:giuDFUV8
つうか、あれが肝だろ

719 :名無シネマ@上映中:2005/03/22(火) 18:08:15 ID:+W26R4Ji
テープ以降が無かったら、映像が変わってるだけの
かなり普通の話だったと思う。

721 :名無シネマ@上映中:2005/03/22(火) 18:46:29 ID:x9IkdmBL
テープ以降ってのはカウフマン作品共通に存在するオチだからな

個人的にOPの2度目の出会いの部分を、ジムが実際に記憶を消した後に、
もっかい差し込んで欲しかったなぁ。

723 :名無シネマ@上映中:2005/03/22(火) 19:11:34 ID:+W26R4Ji
>>721
今でも混乱してる人いるのに、余計ややこしくならないかな?

でも、ファンサイトに載ってるカウフマン脚本の初稿みてたら
時系列も人物関係も、今よりもっとごちゃごちゃしてた。
(年寄りになったクレムとかメアリー、ミュージワックも出てくる)
個人的にはナオミがどんな女性だったのか見てみたかった。

734 :名無シネマ@上映中:2005/03/22(火) 19:55:17 ID:e/EXsGHi
メアリーが眼鏡と付き合ってる設定は強いていらなかったような気がする。
眼鏡が部屋から出たあとに即効博士を口説き始めたからただのヤリマンかとおもた。

706 :名無シネマ@上映中:2005/03/22(火) 13:00:43 ID:GSRyX7tb
誰か助けてください。
昨夜劇場で見てきたのですが、最後廊下で言い合うシーンの時、
お互いに何と言った事に対して「OK」と言ったのでしょうか?
時系列の事とか、ふと考えこんでしまった瞬間その部分だけ見逃してしまいました。
大失態だ…。

748 :名無シネマ@上映中:2005/03/22(火) 23:17:31 ID:pdVzOB7c
自分の疑問点とカブってるので書きますよ。
確かあの最後の言葉って「モントーク駅で会いましょう・・・」
じゃなかったっけ。いや、別のシーンだったかもしれんけど
結局あの言葉は2人とも覚えていたって事なんですかね?
覚えていたと言うよりは、無意識の下に刷り込まれてるような状態で
出勤途中のジョエルが急に行き先を変えたように
クレメンタインも衝動的にモントークへ行ったのかしらん?

結論:記憶消去技術は不完全。

だからって、「人と人が愛し合うのは科学でも止められない」
とかクサい事言うつもりはさらさらありません。

だって、恋愛関係のイザコザシーン見てても全然共感できない
恋人居ない暦=年齢の毒男だもん漏れ・・・。
人がシュパシュパ消えるシーンとか、顔がグニャーとなってるシーン
イライジャの眉毛と目が逆になった顔、そんなのを見ながら
「うはははは!実写にしちゃったよ!」とバカ笑いしながら大人しくしてます。

750 :名無シネマ@上映中:2005/03/22(火) 23:20:23 ID:pdVzOB7c
って書いたところで気付いた。
モントーク駅の約束は、ジョエルの脳内クレムと交わしたんじゃん・・・。
うわー。もうわけワカンネー。

751 :名無シネマ@上映中:2005/03/22(火) 23:54:56 ID:e/EXsGHi
>>748
>>706の廊下のシーンって罵り合って別れたことがわかったけど
それでももう一度付き合う?OK?って言ってたシーンでは?
モントーク駅で・・・ってのはクレムが働いてた本屋でのシーンで
クレムが消える直前に言った台詞だったとオモ。

753 :名無シネマ@上映中:2005/03/23(水) 00:17:58 ID:DiDZQn86
>751
「モントーク会いましょう」とか「朝まで覚えてたらやり直そう」とか、
「さよならくらい言ったことにしましょう」とか、その手の
台詞は全部ジョエルの脳内クレムの発言なんだよね。
これって結局はジョエルの願望なんだろうなー、と思ったよ。
でも、再会してその後の展開見てると、クレムの方でも同じ事を
考えてたのかな。

この2人、結局別れるのかもしれないけど「それでもいい」って
思えた所がデカいんじゃないだろか。

749 :名無シネマ@上映中:2005/03/22(火) 23:19:49 ID:nyK7jX6r
ニーチェの「忘却は前進を生む」だっけか??
これを引用したメアリー自身が記憶をなくしても前進せず、
むしろ同じ失敗をしでかした。
んで、記憶を取り戻して初めて前進したって感じだったから、
二人も同じようになるんかな、と気楽に考えました。

740 :名無シネマ@上映中:2005/03/22(火) 21:38:35 ID:yPJVTHiA
混乱しまくってたせいか、素で最後の最後が思い出せない……orz
テープお互い暴露して──

741 :Dr. ハワード:2005/03/22(火) 21:44:38 ID:KgrUEGof
>>740
君の記憶は消去しておいたから、また映画館へ行きなさい


関連記事

  1. 2009/06/17(水) 09:05:26|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 | ホーム | レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/768-e5d05488
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR