FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1237143568/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2009/03/16(月) 03:59:28 ID:omUffo2z
マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと
MARLEY & ME
http://movies.foxjapan.com/marley/

2009/03/27公開
原作:ジョン・グローガン 『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』(早川書房刊)
監督:デヴィッド・フランケル『プラダを着た悪魔』
出演:オーウェン・ウィルソン、ジェニファー・アニストン


9 :名無シネマ@上映中:2009/03/16(月) 11:22:47 ID:iv/fUBAT
なんで日本人ってセンスの無い副題つけるの?

10 :名無シネマ@上映中:2009/03/16(月) 12:43:07 ID:p7rUgCsx
だって原作本の題名だから

28 :名無シネマ@上映中:2009/03/17(火) 00:31:37 ID:KulhwM5Y
試写で見た
原作読んでて次の展開知ってるのに泣けてしょうが無かった
犬だけじゃなくてあの家族の物語として描いてるのが良いね

76 :名無シネマ@上映中:2009/03/18(水) 22:24:30 ID:GQ4RxCFy
昨日、試写会観て来た。
動物映画だからか、タイトル的にも軽いからか、子連れが多かった。
だけど、小学生位の子供にはまだ早いかも。゙セッ〇ス"とか普通に会話に出てくるし、子供にこの映画の内容が理解出来るかは微妙かなぁ。
だけど映画の内容はすごく良かった。絆や自分の在り方を考えさせられました。
夫婦や犬好きの方、友達や恋人同士で観るのがオススメの映画だと思います。

103 :名無シネマ@上映中:2009/03/20(金) 15:23:10 ID:MJl8AuHk
試写会で見た
ファミリー向け…なんだろうけど意外と下ネタが多い
でも笑って泣ける、良い映画だった
わんこ可愛過ぎる
最初家に来た時、床に散らばったドッグフードを変な格好で食べてるとことか反則

2ちゃんねる映画ブログ

134 :名無シネマ@上映中:2009/03/26(木) 23:00:33 ID:DtxoBBDB
ウチの子(ラブ)が今4ヶ月
ウチの子の方が可愛いし馬鹿だ!

135 :名無シネマ@上映中:2009/03/27(金) 01:07:46 ID:AW0sZCj+
いやいや俺んちの子の方が馬鹿です。

140 :名無シネマ@上映中:2009/03/27(金) 18:17:11 ID:xH1GtXlR
>>134
>>135
で、きみらは親バカってことだね

153 :名無シネマ@上映中:2009/03/28(土) 21:42:53 ID:YBxMnCIw
ちょっと犬のお馬鹿ぶりを演出しすぎだな。お馬鹿演出については後半はちょっと食傷気味になった。
そのせいでエンディングのマーリーの死にホロっと来たが号泣というところまで気持ちが入り込めなかった。
犬が病気になった時、ジョンが獣医に「病気の赤ちゃんの前をずっと離れなかった」みたいなエピソードを話し
ていたので、そういういい話も映像化してくれるとよかったと思う。

あと、まあアメリカ映画だからこれが普通なんだろうけど、キスがやたら多いね。小学生の子供連れて行った
ので、ちょっと複雑な気分だった。

156 :名無シネマ@上映中:2009/03/28(土) 22:14:25 ID:0VAjapPO
>>153
日本の宣伝ではほとんど触れないけど
人気者のオーウェン・ウィルソンとジェニファー・アニストン主演映画だからね~

2ちゃんねる映画ブログ

アメリカだとアニストンが男性誌でヌード披露して宣伝してたぐらいだから。

174 :名無シネマ@上映中:2009/03/30(月) 02:42:35 ID:93FGTZAy
後半はよかったが、最初だれる。ただ、やはりアメリカ的だなと思った。

175 :名無シネマ@上映中:2009/03/30(月) 10:46:20 ID:ABr5j3jN
>>174
アメリカ的ってどういう意味で?自分的には死ぬところがアメリカ的かなと思ったが。

177 :名無シネマ@上映中:2009/03/30(月) 11:21:03 ID:RdbBw2PW
海岸で散歩する時の犬とプールに飛び込むマーリーが違い過ぎて笑った

178 :名無シネマ@上映中:2009/03/30(月) 15:01:26 ID:ABr5j3jN
ジョン役のオーウェン・ウィルソンの、シンクロナイズドスイミング用の
鼻クリップでつまんだような形の鼻が最初からずーーーーっと気になって
話に集中できなかった・・・。

179 :名無シネマ@上映中:2009/03/30(月) 15:19:51 ID:6G1z0Ms3
批判をするとしたら、飼い主金持ちになりすぎ
最初は一般リーマンのごく普通の家庭の話だったのに、後半からは貴族化
犬の話なんだから一般家庭で良いだろ
子供一人までは感動したけど、二人目生むくらいから年収2000万みたいな生活になり始めて引いた
それでも最近の映画の中ではまともなほうかと
ドラゴンボールなんてゲド戦記並の糞映画だった

181 :名無シネマ@上映中:2009/03/30(月) 16:42:22 ID:K9+TJh2A
出版関係なら一般庶民よりは生活水準は高いだろ
アメリカのど田舎に家買って暮らしてるのが、どの程度の金持ちなのか知らないけど
対して違和感なかったな

198 :名無シネマ@上映中:2009/03/31(火) 13:18:44 ID:5/BTADwv
>>179
つーかこれ、主人公=作者のノンフィクション本が原作だから。
作者が大金持ちになったんだから仕方ない。

183 :名無シネマ@上映中:2009/03/30(月) 20:27:03 ID:mPwEOJOi
テレビCMだけで、原作読まずに観賞。

子犬のお馬鹿ぶりを期待してたら、あっというまに成犬に成長w
子犬部分はCMで見たので全部出しやんけ。
仕事も出来ないのにコラム書いてるだけで、日本ではありえないビックな家に住み、ビックな犬とビックなプールで家族と遊ぶ。
まったく共感できんわボケ。
最後には病気だからと安楽死。
道徳感の違いに腹たった。
1800円返せ。

186 :名無シネマ@上映中:2009/03/30(月) 22:43:51 ID:o7EhgSaJ
>>184
>最後には病気だからと安楽死。
>道徳感の違いに腹たった。

同じく。犬メインの日本映画(「いぬのえいが」「犬と私の10の約束」
「マリと子犬の物語(←山古志村のやつね)」)なんかではどんな
駄作でも、こういう腹立ち感なかった。

日本で春休みにファミリー向け映画でやるんなら、せめてあの安楽死の
部分はカットして、歳とって死んだという見せ方にしたらよかったのに。

CMとか、映画館においてある巨大なぬいぐるみから受けるイメージと
全然違ったな。ホント詐欺的なCMだ。

190 :名無シネマ@上映中:2009/03/31(火) 01:30:32 ID:1xxnh1Mk
安楽死について否定的な意見が多いな。
この映画では、連れ帰ってもダメな事分かってるんだし
この選択は間違っていないと思うがな。

191 :名無シネマ@上映中:2009/03/31(火) 01:30:35 ID:PFHHTaMR
行ってきた。
思ったより淡々と進行した、というのが率直な感想だな。
↑レスにもあるようにマーリーより夫婦物語が思っていたより強い。
予告シーン以上の見せ場がないというか、いや普通に笑い泣きしたんだが。

でも、うちのワンコの生涯と、ほとんど一緒だったから、いろんな思い出がよみがえったよ。
ちなみに、俺は病院で見送った。
ここで道徳や倫理の話をつもりはないが一応。
悩みに悩んだ末の結論だったし、今もそれが正しかったのかはわからん。

まあ、ワンコ好きとか、今ワンコと共に生活してる人は触れておけ。
エンドロール終わって、最後の最後、あの一文で涙溢れたからな。

342 :名無シネマ@上映中:2009/04/08(水) 19:20:34 ID:bc1vKIQ8
エンドロールの最後の一文って
何だったんですか?

343 :名無シネマ@上映中:2009/04/08(水) 20:04:06 ID:RS3qyNqv
>>342
何かあったっけ?
見逃したか・・・

344 :名無シネマ@上映中:2009/04/08(水) 22:05:39 ID:Hf8HXpjy
あなたも、あなたのマーリーと幸せな毎日を、とかそんな言葉だった。

345 :名無シネマ@上映中:2009/04/09(木) 00:23:43 ID:MJAUy6ie
>>344
これが全てだよね、この映画。

207 :名無シネマ@上映中:2009/04/01(水) 01:25:14 ID:xqp6rr/g
アメリカでは、歩けなくなったら
犬のためにも安楽死は当然の選択。
そう思ってみるかどうかで、感想が変わりそう。
私は、うちの犬にそういう選択をしなかったけど
それもアリだと思うから、違和感無かった。
むしろ、さらっと描いていて好感持てた。
それより、人間同士チューチューしてるのばかりで
マーリーの可愛さを表現してるところが少なくて残念。

230 :名無シネマ@上映中:2009/04/02(木) 21:11:38 ID:wcIZ4gUe
犬映画なら見ようかと思ってたけど
やっぱ10の約束みたいに、犬で釣った恋愛映画なのか。

231 :名無シネマ@上映中:2009/04/02(木) 21:52:26 ID:nWLWOddC
犬映画でもなく恋愛映画でもなく、「犬と過ごす人生の一幕」の映画だと思った。
主人公の結婚とほぼ同時に犬、それから家庭も仕事も両方、つまり人として
一緒に成長していく。家族も増え、子供は大きくなり、ラストシーンでは三人兄弟
の現実認識が年齢によって違うのとか、リアリティがあってよかった。
人生なにがチャンスかわからない、寄り道しても最後はどこに行くかわからない、
その象徴がマーリー、って感じ。いい映画でした。

ただ、対象は30歳以上でしょうね。主題歌がR.E.M.から始まって映画中使われる曲も含めて。
犬だから子供向きとか、ファミリー向きとか決められてもこまる。夫婦向きではある。

232 :名無シネマ@上映中:2009/04/02(木) 22:41:18 ID:nyUt9wml
>>231
同意。自分もいい映画だと思った。

子ぎつねヘレンみたいな映画かな~と
こんな気持ちで言ったら目が++になる。後半は子ぎつねヘレンだったけどエロコメディが随所にあるから要注意

本編が始まると夫「つまり合体ってことだな、
       妻「大きな穴に入るってことはどういうことだかわかる?」
       夫「もちろんさ」
       夫妻「しよう、チュチュ チュチュ ギシギシ」


こういうシーンが随所にある。これから子供作ろうと思ってる人や「人間の子育て」をしてる夫婦向けだと思った。

220 :名無シネマ@上映中:2009/04/02(木) 01:49:58 ID:dgxV8th+
あの色々家庭の助言もしてくれたりした上司さんが
おもしろかったりでいい人ですごく好きだったから、
終盤で転職するときちょっと寂しかったな

2ちゃんねる映画ブログ

221 :名無シネマ@上映中:2009/04/02(木) 09:40:43 ID:tmFES38e
>>220
アラン・アーキンかな。
アメリカ公開時に批評家にすごくほめられてた。

238 :名無シネマ@上映中:2009/04/03(金) 00:58:49 ID:OG8Hd2Eu
この映画は犬を使って「人間(子供)の大食いや早食いには気をつけよう。体によくないし胃に負担がかかる。
ゆっくり食べる習慣をつけましょう」と警告もしている映画。

244 :名無シネマ@上映中:2009/04/03(金) 11:49:03 ID:p8NK090n
>>238
思った。
うちの犬も良く食う犬なので、気をつけなくちゃ。
 
253 :名無シネマ@上映中:2009/04/04(土) 09:33:09 ID:0wtves61
やっぱりラストがねえ・・
安楽死を選ぶにしても、愛犬ファミリーなら家族全員が病院までついていって
死を看取ってやるでしょう。
うちの犬が死んだ時、一番かわいがっていた中学生の弟がどうしても犬を葬儀会社に
渡すのを嫌がって自分の部屋に死んだ犬と引きこもって1昼夜部屋から出てこなかったのを思い出した。
国民性の違いもあるだろうけど、このファミリーはクール過ぎる。

254 :名無シネマ@上映中:2009/04/04(土) 11:29:44 ID:xe60pdV2
あの家族はクールでもドライでもないよ。
まだ小さい子供がマリーの耳元で「さようなら」と病院に連れ行く前に言ったのが印象的だったな。
あの子供はこれから安楽死されるとか分からないのにもうマリーの死を悟って「さようなら」と言ったのが意味深だし
この映画は仕事で不満があっても自分を理解してくれる妻がいて子供がいる、ナンバーワンよりオンリーワンでいいのさ、
それをおバカなマリーが教えてくれたのさ。マリーがいなかったら離婚してたさ、仕事に不満があっても家族がいればそれでいいのさ

ってことをコメディーで表している。

258 :名無シネマ@上映中:2009/04/04(土) 15:03:32 ID:0wtves61
>>254
今の不況のアメリカや日本では「犬の日常をコラムに書いて」プールのある家に住めるぐらいの
給料をもらって、さらに仕事に不満があるあの主人公に、さらに安楽死の現場に家族がつきそわないあのファミリーには
共感できない人が多いと思うけど。

261 :名無シネマ@上映中:2009/04/04(土) 16:49:52 ID:xe60pdV2
>>258
小さい子供に安楽死の現場を見せることのほうがトラウマになると思うが。
まだ小さい子にどんなに話しても理解できないし「パパが殺した」と誤解だってされかねない。
大人がどんなに説明しても子供には絶対に理解できない。大人でさえ躊躇や葛藤してるわけだから。
だから小さい子供を安楽死の現場にいかせるほうが親としては失格。自分と一緒にすごしていた犬の安楽死を小さい子供に見せるのは教育にもならないし逆効果。だからあの映画での選択は正しい。

263 :名無シネマ@上映中:2009/04/04(土) 17:59:40 ID:R3/M9XJ6
>>258
それじゃあこの映画がアメリカで大ヒットしたことの説明がつかないでしょ。

ブラピの「ベンジャミン・バトン」も、人気者アダム・サンドラーの「ベッドタイムストーリー」も
トムの「ワルキューレ」も抑えてこの映画が1位をとり、クリスマスシーズン最大のヒットになったってことは
アメリカ人の多くの人がこの映画の家族に共感できるってことだよ。

267 :名無シネマ@上映中:2009/04/05(日) 02:11:46 ID:eSdeRxTU
キャスリーン・ターナーを知らない人ばかりか・・・

2ちゃんねる映画ブログ

269 :名無シネマ@上映中:2009/04/05(日) 09:33:55 ID:F7VA+Wvr
>>267
知ってる人でも気づかない人の方が多そうだけど
いくらなんでも全盛期から落ちぶれすぎだ

273 :名無シネマ@上映中:2009/04/05(日) 13:55:43 ID:EQz4kf/x
>>267
誰?w
別に犬の感動するファミリー映画だっつうから
犬を見に行ったんだしww

303 :名無シネマ@上映中:2009/04/06(月) 01:00:43 ID:DPi4v++n
オーウェン復活記念に観に行こうかと思ってたけど
あの犬死ぬってマジ?
動物殺してお涙頂戴な映画は嫌いだからやめとこうかな。

304 :名無シネマ@上映中:2009/04/06(月) 01:11:52 ID:SIXyBTRv
殺すというか、子犬から老犬になって死ぬまでを描いてる映画。
元気な犬を殺してお涙頂戴的な死ではない。
オーウェンも自殺騒動でコメディアンとしては致命的なイメージ悪化となったから
底抜けに明るいコメディではなく、こういうドラマを選んだんじゃないの?
本人か代理人かは知らないが。

308 :名無シネマ@上映中:2009/04/06(月) 07:51:58 ID:GA1PBp8G
>>304
自殺未遂騒動の前から決まってた仕事だよ。
騒動で降板するかなあと思ってたら、すぐ復帰してクランクイン。

そういう経過を見てたからどうかなあと思ってたけど、まさかの大ヒット。
人生はわからないもんだなあと改めて感じた。

315 :名無シネマ@上映中:2009/04/07(火) 02:47:41 ID:fEZV2xBi
主人公夫婦にラブを飼う資格がないし、ラブを飼うという覚悟もない。
全くしつけを放棄して、食いたいだけ食わせて、愛犬家きどり。
暴飲暴食をさせていたのが原因で胃を壊させ、さっさと安楽死で殺す。
ガキの年齢からしても10年経たずに、ラブを老犬扱いで殺すとは許しがたい行為。
こんなの子供に見せて、これがラブを飼う方法だと思わせたらと思うとゾッとする。
犬好きには拷問の映画だよこれ、この映画見てから3日たってもハラワタ煮えくり返って眠れない。

316 :名無シネマ@上映中:2009/04/07(火) 08:21:08 ID:smarTM2l
アメリカ人なんてそんなもんだろ
原作ではもうちょいちゃんと飼ってるけどな

317 :名無シネマ@上映中:2009/04/07(火) 09:59:17 ID:TxzSv0nP
アメリカ人にとっては、苦しませずに死なせる、
というのが美徳になってるみたいだね。

331 :名無シネマ@上映中:2009/04/07(火) 21:31:16 ID:vBU5NfyL
うちの雑種のほうがバカだったよ
紐はなしたらソッコー逃げてった

332 :名無シネマ@上映中:2009/04/07(火) 21:33:28 ID:mmrD/ioL
飼い主に似るっていうしな

334 :331:2009/04/08(水) 01:20:12 ID:5u37Okfb
>>332
言い返せないくやしい

337 :名無シネマ@上映中:2009/04/08(水) 08:56:05 ID:0EFo5B2R
>>334
笑た。
この“返し”はおリコウな飼主。
世界一ではないかもしれないけれど。

391 :名無シネマ@上映中:2009/04/20(月) 02:33:17 ID:uHHU3ol7
きょう観て来ました。それなりに楽しめたけど、確かに飼い方については
疑問符が。あと、皆さんが言ってたように夫婦の話が中心なので子供連れ
には刺激が強すぎると思いました。広告宣伝がいかにもファミリー向け
のようでしたものね。日本語吹き替え版があると、なおさらそう思う。
ターナーさんにはビックリ。アメリカ映画によく出てくる太目の脇役女優と
思ってしまった。彼女の「白いドレスの女」を観ているだけに・・・。
「ローズ家の戦争」以来観ていなかったので、ショックでした。

425 :名無シネマ@上映中:2009/04/26(日) 00:51:58 ID:nQQUVIHx
スクリーンでみるより部屋で一人で、カップルで、夫婦で見たい映画ですね。
映画はエンタテイメント性の高い脚色が多く、内容は原作だけれど、風景は楽しめた。
二人が結婚した東部の街、フロリダの郊外の様子、ペンシルバニアの田舎家。
犬が主役じゃないから、って意見もあるけれど、人間の暮らしの中にいてこその犬だと思う。
ラブシーンも愛し合って結婚した夫婦が心から子供を望んで作るのだから、小学校高学年
以上ならむしろ見せるべきだと思う。変な雑誌で偏った情報を得るよりずっと教育的。
親が気まずいってだけで否定するのはどうかと思います。

426 :名無シネマ@上映中:2009/04/27(月) 13:22:20 ID:xLYoU8j3
おい、グラン・トリノの方が犬好き向きだったぞ

427 :名無シネマ@上映中:2009/04/27(月) 14:17:17 ID:hLZhKtl6
グラントリノは犬の出番少ないぞ
そんなこといったらミリオネアだって犬でてる犬映画になる

428 :名無シネマ@上映中:2009/04/29(水) 21:04:51 ID:R06H+V1G
原作読んで映画見に行ったけど
自分の中で映像化出来てない所が映像化されて分かりやすかった。テンポも良い。
だけど可愛いワンコばっかりで泣き所の段々老いていく様がばっさりカットは頂けない。
いきなり安楽死で家族で墓作り。泣く暇もなかった。
まあハリウッド映画風味だからと納得。

429 :名無シネマ@上映中:2009/04/30(木) 18:58:28 ID:9eY4lpav
途中で寝てただろ?だんだん老いていく様はあった筈

惚けてきて外を徘徊して森の中でみつかったり暖炉前
で動けなくなって主人公と共に毛布に包まり眠ったり…

430 :名無シネマ@上映中:2009/04/30(木) 21:26:04 ID:wJQd/fAb
原作と比べての話ね。
原作は老いて2階に上がれないとか排泄もろく出来ないとか一回目の入院の流れで
安楽死覚悟にする様とか細かい描写があるんだけどね。
まあそれじゃあお涙ちょうだい映画になるから今のバランスがなんだろうけどね。

あと近所で女の子が刺されるシーン意味不明。マーリーの活躍の場なのに。
つか引っ越しの理由程度にされてたな。
原作厨だから気にしないで。


関連記事

  1. 2009/07/22(水) 08:20:46|
  2. ま行映画
  3. | トラックバック:7
  4. | コメント:0
<<ザ・グリード | ホーム | 光州5・18>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/757-01881036
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

☆「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」

「オーストラリア」・「罪とか罰とか」に続いて、今年3本目の試写会鑑賞。 「フラットパック」の一員のオーウェン・ウィルソンと、ジェニファー・アニストンの共演作なんて、見逃せませんよーーー。
  1. 2009/07/23(木) 23:48:21 |
  2. ★☆ひらりん的映画ブログ☆★

「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」やられた!そういう映画やったんや(&gt;_&lt;)。

[マーリー] ブログ村キーワード   全米No.1ヒットの犬映画、「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」(20世紀FOX)。犬が好きな方は必見!そうでない方も必見!!とても心温まる1本です。  ジャーナリストのジョン(オーウェン・ウィルソン)とジェニー(ジェニ
  1. 2009/07/24(金) 00:54:34 |
  2. シネマ親父の“日々是妄言”

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと/Marley &amp; Me

予告編を観て、面白そうだな、と思って。 普通、感動ものはあまりその気にならないんだけど、結構コメディの匂いも感じたもので。 「UCとしまえん」は、普段よりは多めかも。 「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」は、中くらいのスクリーンで、3?4割。
  1. 2009/07/24(金) 05:57:59 |
  2. いい加減社長の映画日記

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと

原題:MARLEY &amp; ME公開:2009/03/27製作国:アメリカ上映時間:118分鑑賞日:2009/03/27監督:デヴィッド・フランケル出演:オーウェン・ウィルソン、ジェニファー・アニストン、エリック・デイン、アラン・アーキン、キャスリーン・ターナー++ジョン・グローガン原作の.
  1. 2009/07/24(金) 14:26:56 |
  2. 映画鑑賞★日記・・・

【マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと】

監督:デヴィッド・フランケル 出演:オーウェン・ウィルソン、ジェニファー・アニストン、エリック・デイン、アラン・アーキン 「ジョンとジェニーは新婚夫婦、まだ子供を持つには早いと考えたジョンは同僚の進めで子犬をプレゼントする。やってきたのはマーリー、
  1. 2009/07/24(金) 17:33:06 |
  2. 日々のつぶやき

[映画『マーリー/世界一おバカな犬が教えてくれたこと』を観た]

☆良作で、とても粋な話であった。  ペット感動物語と言うよりは、ちょいとオシャレな展開のラブコメディの手触りの作品だ。  故に、あまりあざとい泣かせの演出がなく、ややミディアムレアな作りで、私は「大人の抑制が利いているなあ」などと感心しつつも、私はガキな
  1. 2009/07/24(金) 17:59:58 |
  2. 『甘噛み^^ 天才バカ板!』

『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれ...

あらすじ新聞のコラムニストをしている新婚夫婦のジョンとジェニーは犬を飼うことを決意。ところがマーリーは、手に負えないほどにやんちゃな犬だった・・・。感想ベストセラー・エ...
  1. 2010/08/10(火) 23:20:11 |
  2. 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR