FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

イキガミ

【初日舞台挨拶発売】イキガミ2【逝紙】
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1221823326
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2008/09/19(金) 20:22:06 ID:sTxjGkWz
2008年9月公開予定(東宝系)

主演:松田翔太  http://www.ken-on.co.jp/matsuda/ 
原作:間瀬元朗  http://www.youngsunday.com/rensai/comics/ikigami.html
監督:瀧本智行  http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=469839


5 :名無シネマ@上映中:2008/09/19(金) 21:45:54 ID:ZrAj/5hV
原作 「イキガミ」間瀬元朗(小学館 「週刊ヤングサンデー」連載中)

監督 瀧本智行
脚本 八津弘幸、佐々木章光、瀧本智行

キャスト 松田翔太 塚本高史・成海璃子/山田孝之/風吹ジュン

公式サイト http://www.ikigami-movie.jp/

上映時間:2時間13分

製作:TBS 小学館 東宝 テレパック IMJエンタテイメント MBS CBC
    WOWOW RKB
制作プロダクション:テレパック IMJエンタテイメント
(C)2008間瀬元朗/映画「イキガミ」製作委員会

劇場 全国東宝系(2008年9月27日公開)

16 :名無シネマ@上映中:2008/09/20(土) 09:30:22 ID:xCJfhq4W
試写観たよ。
思った以上に暗い&恐さのある作品だったけど
若くても役者の達者な演技がありえない設定をリアルにしていた。
松田は冷静かつ理性のあるイキガミ配達人を淡々と演じてるんだけど
イキガミ届けた相手と関わりを持つうちに次第に変わっていく様を
よく演じていた。こんな役はあのクールな顔つきに似合うんだろう。
イキガミを届けられた若者は3人なんだけど
最後の最愛の嘘に山田をもってきたのは大正解。
役柄的にもただもんではないんだけど、この人リアルです、本ものです!
泣かせられると途中からわかってるけど、まんまと泣かされます。
盗作云々で話題になってるみたいだけど、生活維持省とは違う人間ドラマ。
24時間の執行猶予の先は死しかないわけだけど、その限られた時間の
使い道がそれぞれドラマであって、根底に流れる冷たい法に人間味がない
そのバランスが非常に面白かった。
星新一ものが好きならこの作品も好きだろうと思う、説明が多いけど。

長くなってゴメン。

50 :名無シネマ@上映中:2008/09/21(日) 13:54:22 ID:K8vQF0uc
スマステーション
評価高い

稲垣感想「面白かったです、本当に面白かった」
「テンポもいいし、先入観なくて見れて、俳優さんたちもみなさん素晴らしかった」
「山田孝之さん、松田翔太さん、成海璃子さん、皆さんほんと良かったな」
「泣けましたね。結構なけました。」

大下アナ「泣けました。見ている間に4回は泣きました。」

51 :名無しさんは見た!@放送中は実況板で:2008/09/21(日) 18:12:37 ID:8EnGmcxm
「泣けました」というのが褒め言葉になったのはいつからだろう。
泣けた泣けた言われると萎える。

115 :名無シネマ@上映中:2008/09/24(水) 22:53:32 ID:HokqD5WI
試写見た。予想してたよりザラついた感じでよかった。
個人的には好きじゃないけど山田の演技がやはり若手の中じゃ飛び出てた印象。
白夜行で渡部に影響うけた感じ。
話も自分は山田兄妹のが一番良かった。ちょっとした笑いもあって。

118 :名無シネマ@上映中:2008/09/25(木) 07:43:26 ID:A2YTPrRT
>>115
はぁ?あの悲劇のどこに笑いが?

120 :名無シネマ@上映中:2008/09/25(木) 09:06:36 ID:am6Lrem7
>>118
病院内でがんばってウソつくとこなんじゃ
購買のとことか、会場で笑いおきてたよ

124 :名無シネマ@上映中:2008/09/25(木) 16:25:50 ID:4NoZHeqe
>>120
そうそう。ネタバレになるとアレだけど、
おばあさんの小芝居とか張り紙とかあの辺全般
暖かくてよかった。

116 :名無シネマ@上映中:2008/09/25(木) 00:56:22 ID:am6Lrem7
議員母の過去、あれは映画のオリジナル?

2ちゃんねる映画ブログ

126 :名無シネマ@上映中:2008/09/25(木) 17:34:30 ID:yyXCIZVO
ネタバレ
>>116
議員母の過去というのは、息子の小学校入学式の時の事?
映画では子供に注射を受けさせるのを拒否して子供を連れて逃げようとして
退廃思想者として捕らえられるんだよね。
でもそれは映画のオリジナルで、コミックではそれは描かれていませんでした。

127 :名無シネマ@上映中:2008/09/25(木) 18:11:20 ID:am6Lrem7
>>116
ありがとうです、やっぱりそうなのか
原作の法律だとあのエピソードは無理だと思っていたので
映画、よくまとめたなぁ。

192 :名無シネマ@上映中:2008/09/27(土) 21:29:53 ID:wdgvGGb6
松田が勤める役所の雰囲気が未来世紀ブラジルっぽかった。
松田ら役者陳の演技で嘘っぽい話が、リアリティを感じられるドラマに仕立てられていた。

221 :名無シネマ@上映中:2008/09/28(日) 00:25:33 ID:MvTyUDC2
>>192
あの役所とか、ソラリスの首都高ぽいモノレールとかの
ディストピア描写がなかなかサマになってて感心した。

222 :名無シネマ@上映中:2008/09/28(日) 00:32:29 ID:AKOre0pB
低予算なりに(とおもう)一生懸命頑張ってたよな。
厚生保健省の職員のスーツ姿なんかは
「ブラジル」「ガタカ」と受け継がれたイメージのようでもあったし。

モノレールはね、ちょいとジャンルがちがうけど
ヴィム・ヴェンダースの「都会のアリス」だろうか?と思いながら
見たよ。工夫しだいで面白い画は撮れるな、と。

204 :名無シネマ@上映中:2008/09/27(土) 22:47:53 ID:i0RugWNF
傍目にも低予算が丸出しのセット、
ぎこちない編集、台詞の洗練がないこと・・
とまぁ、アレコレ文句をつけたいところもあるけど。
それでもなかなかの意欲作だと思った。

まずはこの映画の「泣き」とか「感動」とか「涙」について
作り手がけっこう真面目に考え抜いて撮っている点。
これに敬意を表したいね。

理由は観れば判る。

観客が「うっうっ」と涙目になった次の瞬間、
その「泣き」も「感動」も「涙」も、とどのつまりは国繁法
のおかげでしょ、と水をぶっかける構成になってるんだね。
そこは実に良かった。

この映画は「泣ける」映画ということでプロモーション展開
しているようだけど、多くの観客は気がつくんじゃないだろうか。
「感動に押し流されるだけで、いいのか?」ってね。

220 :名無シネマ@上映中:2008/09/28(日) 00:22:25 ID:QwvtCJI0
音楽番組がまるでMステで吹いた

223 :名無シネマ@上映中:2008/09/28(日) 00:36:05 ID:mzr5tAPO
>>220
それ、同じ事思った。
司会がコージー冨田だったら笑えたのに

229 :名無シネマ@上映中:2008/09/28(日) 00:59:42 ID:DRO21Euh
漫画の実写版としては、よく出来てたと思うよ。
松田翔太や塚本、成海、山田もよく演じてた。
しいていえば、議員の話は止めて、2つぐらいの話に減らした方がもっと良かったな。

233 :名無シネマ@上映中:2008/09/28(日) 02:55:43 ID:JZx0oiLB
設定そのものがかなりシビアなものだけに、一歩間違えるとそのテーマを描ききれないんじゃないか
と期待していなかったけど、大衆映画としては「あざとすぎもせず、ある程度泣かせどころも心得ている」
という感じで、監督が自分で出来る力量の範囲内で丁寧に撮り上げた作品だと思ったよ。
病院の壁に「さくら」のプリントを一面に貼るシーンが「やりすぎ」と思っただけだったなあ。
個人的には女性議員の章は「母親の愛が国家によって捻じ曲げられ、悲劇を招く」という
流れで、言葉で言い表しきれない感情を覚えたよ。

236 :名無シネマ@上映中:2008/09/28(日) 03:38:50 ID:FB8tuYhv
病院のチラシは違和感あったねぇ
あと拳銃を持った人物の前を交差して逃げる群衆とか
1発目でいきなり胸を撃たれるシーンはどうかと思った

280 :名無シネマ@上映中:2008/09/28(日) 18:52:41 ID:eXV9Nrik
流れ自体はいいし役者や脚本・映画のつくりも良かったけど
3話構成にした分全体的に薄味な印象
元々の原作もそうなのかな
政治の怖さと感動、どっちも描こうとして中途半端になってる感じが否めない
パンチがあるのは女性政治家と劇団ひとりのロボトミー?洗脳?だけって感じ
泣き所も大概予想がついてしまうし
でも3話目のラスト、さとしからの最後のメッセージはグッときた

役者はみんな本当に良かった
松田はいい傍観者・立会人だし、ベテラン陣はさすが
金井・塚本も安心して見れた
あとは好みの問題で山田良かった
コミカルとシリアスのめりはりが効いてる
佐野も良かったから今後に期待

281 :名無シネマ@上映中:2008/09/28(日) 19:02:19 ID:LdJCSxzc
子役も良かったなあ
血の涙は本気で怖かった

282 :名無シネマ@上映中:2008/09/28(日) 19:05:36 ID:FB8tuYhv
事故のシーンはあんなにグロくする必要があったのかな

283 :名無シネマ@上映中:2008/09/28(日) 19:06:44 ID:LdJCSxzc
>>282
あのリアルさが凄いと思うが

突拍子もない設定だけどリアルな死があるから真実味があって怖い

294 :名無シネマ@上映中:2008/09/28(日) 22:36:37 ID:mzr5tAPO
金井勇太と塚本高史の話が一番良かったな。
二人とも実際に歌が上手くてびっくりした。
「みちしるべ」を聞きながらポロポロ泣きますた

2ちゃんねる映画ブログ

293 :名無シネマ@上映中:2008/09/28(日) 22:05:15 ID:QMGSo+60
主題歌に使ってるぐらいだし
どう考えても1話目をラストに持ってくるべきだよな。
たしかに地味かも知れんが金井?と塚本は最高に良かった。

307 :名無シネマ@上映中:2008/09/29(月) 00:02:47 ID:6E0WDKRx
最後の話は初めて配達人も少し動くということもあって最後にもってきたのかな

308 :名無シネマ@上映中:2008/09/29(月) 00:39:53 ID:W3tuZMtr
確かにエピソードの順は、藤本の行動に重点が置かれてると思う。

「忘れられた唄」って、配達人が対象者に直接会っていないんだよ、
資料で顔や名前を知ってるしプロフィールも把握してるからTVで観た時にわかるけど、
遠くから、見届けただけなんだよね。。。
で、「暴走する命」 で釘を刺されていたのに対象者に関与してしまい
暴走を止められずに目の前で、時間より早く死んでしまった対象者を見ながら
「最愛の嘘」 での、行動につながって行き、藤本も当局に調べられると言う流れなんだから
普通のオムニバスと違って、エピの順番はとても重要なんだよ!

309 :名無シネマ@上映中:2008/09/29(月) 00:44:56 ID:w1jzkT3p
一番良かったのは3話だったけど、
一番救いが無かったのは2話だったな。
愛情が深かったばかりに洗脳され、
心を国家に支配された。
そのせいで息子は本来受ける筈だった愛情を受ける事なく生きる事になり、
人生を歪められ命まで奪われる。
母親は真の意味で息子の死を嘆き悲しむ事もできない。
そしてそんな事情で死んだにも関わらず、
世間に真実は語られない。
怖い話だ。

でも一番怖いのはそれは全くの架空の話じゃないって事実。
ああいう洗脳は流石にないだろうけどナー。

328 :名無シネマ@上映中:2008/09/29(月) 10:39:55 ID:TSTQBpax
コミック読んで知ってたから、期待するとことは 結末でしかなかった
3つのエピソード知ってる分、まったくなけなかったし・・・

結末は、課長が時期を待てだっけ?といっていた部分が新しかったけど
国防警察も出てこないし、映画ならではの終わらせ方が薄かった気がする
(ひとりがああなっていたのは意外でよかったけどね。コミックでは死んでる描写だし)

政府の横暴をねたにするとき、こういう形になるんだろうけど
バトルロワイヤルのような不条理さがあまり浮き彫りにならず
受け入れている怖さが逆に際立っていた気もする

続編・・・でなんとかなるのかなぁ

329 :名無シネマ@上映中:2008/09/29(月) 12:43:56 ID:rOEY12/u
もしヒットしなくても続編できるの?
ドラマ化は決まっているの?

330 :名無シネマ@上映中:2008/09/29(月) 12:54:14 ID:wzIWxhex
ドラマ化はあるかもしれない研音なら
映画→ドラマ→映画なら
映画→映画続編よりヒットするでしょ

332 :名無シネマ@上映中:2008/09/29(月) 13:47:46 ID:v7sHLmAo
>>328
自分はコミック読んで知ってたからかえって泣けたけどなあ。
映画では再現されなかったセリフを補完しちゃって、かえって泣けた。

「命の暴走」の「あなたはいったい誰ですか?」とか、
「最愛の嘘」の「あたしが死んだらおにいちゃんの瞳まで殺してしまう」とか…

(あったほうがいいセリフなんだけどなあ)
ところで、コミックスの2巻って、まるっきりスルーなんですね。
この2話も好きなんだけどなあ。

347 :名無シネマ@上映中:2008/09/30(火) 03:05:53 ID:FR4EWuLB
塚本んちのアパートは部屋の電気はつかないのにテレビはつく

350 :名無シネマ@上映中:2008/09/30(火) 04:38:44 ID:gcghf3os
>>347
蛍光灯の寿命だよ

388 :名無シネマ@上映中:2008/09/30(火) 21:25:59 ID:LjBkIhey
一番かわいそうな人....バットでなぐられたお巡りさん(涙)
助かったのかな。

389 :名無シネマ@上映中:2008/09/30(火) 21:35:33 ID:cuLJXTNB
>>388
どう見ても死んでたさくらの血まみれ兄ちゃんが生きてたんだから、大丈夫だと信じたい

395 :名無シネマ@上映中:2008/10/01(水) 00:03:20 ID:d8hP3ZQk
最愛の嘘は原作だと妹に嘘をつきとおした後に
兄は少しだけ満足気に死んでいくんだけど
映画だと妹の姿が見えなくなったときに改めて絶望を感じで
「死にたくない…」と崩れるところがリアルでよかった。

396 :名無シネマ@上映中:2008/10/01(水) 00:43:08 ID:TliwmvLn
>>395
自分がホントにその立場だったらどうなんだろうね。
生甲斐が妹の存在だけだったとしたら
自分の角膜で妹の目が見えるようになる事って
たとえ自分の命と引き換えだとしても
満足な気持ちになるんじゃないかな。
どっちだろ?
やっぱ死にたくないの方がリアルなのかな

397 :名無シネマ@上映中:2008/10/01(水) 00:50:08 ID:0hXOm6Zj
>>396
単純に死にたくないと感じたんじゃなくて
妹ともう会うことができない絶望感が加わっての「死にたくねえよ」だからね
リアルだと思うよ

399 :名無シネマ@上映中:2008/10/01(水) 01:21:23 ID:cb1LCoZP
この兄はもし死ななかったとしたら、この先どう生きたんだろう。
マンションの家賃を払うために架空請求詐欺を続けて将来は刑務所行きとか
ロクな人生を送らないような気がする。
それとも妹のためにも真面目になったんだろうか

400 :名無シネマ@上映中:2008/10/01(水) 01:34:47 ID:9XCZMZOr
マンションって賃貸なのかな。不動産屋に結構な額渡してたけど。

430 :名無シネマ@上映中:2008/10/01(水) 18:50:20 ID:OQo1Q0CW
観てきましたよ
一生分くらい泣いた気がする。金井勇太の演技よかった
山田も塚本もハマってたし。バンドマンと移植のエピソードは卑怯すぎないか?
始まって30分くらいから最後まで泣きっぱなしですた
ちなみに原作は読んでない

431 :名無シネマ@上映中:2008/10/01(水) 18:50:32 ID:QAvrTlgP
観てきた
設定が現実味ないからあまり期待してなかったんだけど気が付いたら入り込んでた
男一人で見てたけど何度も泣きそうになったよ
病院に死亡予告書を配達しに行った時のやり取りで「手違いでした」って言うシーンが個人的に気に入りました

440 :名無シネマ@上映中:2008/10/01(水) 20:30:53 ID:3uS0MQp2
ファーストデイを利用して見てきた。かとうかずこが出てると思ったら
1話が終わって少ししてからやっと風吹ジュンだと気付いた。似てた。

最初のエピ、知らない人が主役だったけど良かった。
歌も上手かった。でも出番少ない塚本のがクレ順上なんだな。
ラストのところで塚本が路上で歌う時に、人の集まり方が不自然で残念だった。
(2話での群集が逃げるシーンも不自然な散り方でものすごく残念だった)

2話目の青年も知らない人だったけど目が良かった。
でも目のクマのメイクがわざとらしかった。

3話は山田登場の時、一瞬TVドラマを見てるような錯覚に陥ったけど
山田が出てきてから作品が締まった気がした。
こういうのが上手いというのかなあと思った。
ただ、この作品で山田は上手いと聞いてたけど
確かに上手いけど、今まで知っていた程度に上手いとしか感じなかった。

最後に主演の松田、この人だけなんだかなぁ・・・
変に眉間に力入れてる感じで、もっと違う芝居が出来たんじゃないかと思う。
棒を上手く利用した役のつもりだったんだろうか。

今、頭の中で主題化がエンドレスで流れてる。結構気に入った。
作品全体として、思ったより良かった。
終了後の他の客の反応からしても概ね良かったようだ。

441 :名無シネマ@上映中:2008/10/01(水) 20:53:19 ID:gkLjeofQ
>>440
>一瞬TVドラマ見てるような錯覚に陥ったけど

あ~ここちょっと分かる。何か映画の雰囲気少し変わったように感じたな

489 :名無シネマ@上映中:2008/10/02(木) 00:57:43 ID:Vp7Cxwls
>>440
確かに群衆の散り方はおかしかった
銃を構えてる奴の前を横切って逃げる奴多数w
後ろも然り
普通真っ先に遠ざかるはずなのにw

443 :名無シネマ@上映中:2008/10/01(水) 20:57:57 ID:chJJpOfw
一つ分からなかったのは
ナノカプセルを注射されたのは
誰か分からないと出だしであったが
どこで分かってイキガミが送られるのか

444 :名無シネマ@上映中:2008/10/01(水) 21:00:54 ID:VXpoCByL
ナノカプセルにGPS的なものがついてるとか・・・?w

445 :名無シネマ@上映中:2008/10/01(水) 21:01:08 ID:jjVGcfaW
>>443
映画では説明なかったね。
原作ではクソ面倒くさいシステムが解説されてました。

481 :名無シネマ@上映中:2008/10/02(木) 00:11:39 ID:6MGOE1oy
これ見て国家繁栄法や国の洗脳部分が
バトロワを思い出させたんだけど
あれに比べたらよほどよくできた映画だと思ったよ
それぞれが死ぬまでのヒューマンドラマだけに終始せずに
ちゃんと隠れレジスタンスの部分もかいてて
これ続編を視野に入れてるんだろうけど10億行かなかったら
なくなるんだろうか・・・

あと、ひとりのクレジットが2番目だったのを見て
ひとりは単に洗脳で体制側に回ったのではなく
洗脳された振りして体制側に入り込んで
時期を待っている松田の上司みたいな
隠れレジスタンスになったのだと思った

488 :名無シネマ@上映中:2008/10/02(木) 00:46:33 ID:oSjoz8FW
号泣し過ぎて頭が痛い
ブラウン管越しに歌う二人で涙腺ゆるくされて、そのままほぼずっと泣いてた
感動で泣いたんじゃなく、ただ悲しかったな
こういう状況に陥った時(現代は近いものがあるかもだが)、自分は声をあげられるかとか色々考えた
思想犯とされる恐怖と、間違いを間違いだと言えない恐怖を天秤にかけたことがちと悔しい

2ちゃんねる映画ブログ

兄妹のふたりの演技がすごく良くて、山田と成海がなんとなく似てる気さえしてきたw

500 :名無シネマ@上映中:2008/10/02(木) 02:48:09 ID:BctGdOhA
映画の日ならと思って、観にいったけど、
予想以上にズシンとくる暗い話だった。あの理不尽な法律が
成り立ってる、そんな世の中じゃ、耐えられないね。
なんと不気味なことだろうか。息がつまりそうになった。
まあ感動とか、未来への希望みたいなものもあって、
ほんの少しは救われた気もしたけど。

ところで、上から垂れる形のモノレールが何度か出てきたけど、
どこにあるの? 物珍しかったので、思わず見入ってしまったが、
あれって何度か出てくるし、演出上のなにか意図があるの?
まあ遊び心だろうと思うけど。

2ちゃんねる映画ブログ

502 :名無シネマ@上映中:2008/10/02(木) 03:42:03 ID:nkL0rUYP
そのものズバリ、千葉モノレールじゃないかと
吊り型ってそんな珍しいかな?
でも言われてみれば千葉意外で見たことないな

505 :名無シネマ@上映中:2008/10/02(木) 07:00:42 ID:wF3w6TgE
>>500
あれはガタカみたいな近未来な雰囲気を出したかっただけだと思う。

506 :名無シネマ@上映中:2008/10/02(木) 07:51:48 ID:IGR42DVT
エンドロールにヒロシの名前が…あの一発屋ヒロシだよね?何処に出てたの?

2ちゃんねる映画ブログ

507 :名無シネマ@上映中:2008/10/02(木) 09:17:05 ID:btDPUDdK
>>506
田辺翼がヤケ食いしに行った高級レストランの店員

508 :名無シネマ@上映中:2008/10/02(木) 09:51:27 ID:IGR42DVT
え!あれヒロシだったのか。全然気付かんかった。
いつの間に俳優路線にw

530 :名無シネマ@上映中:2008/10/02(木) 22:06:11 ID:AMMyHY6E
昨日見た
これからを期待していた監督だったけど出来に満足
ほとんど予備知識なしで見たけど
導入部から荒唐無稽な話でどうなんだと思ったが、人間ドラマを描くことによって
設定のうそ臭さを消したな

この瀧本智行監督はちゃんとした原作本を渡したらきちんと丁寧に作ってくれるだろうという安心感を持てる
しかし、この監督三本目だが全部井川遥が出ている。
デキているのか?

533 :名無シネマ@上映中:2008/10/02(木) 23:27:31 ID:G5nQNai6
>>530
監督は井川遥のファンだよ
職権濫用ってやつだな

532 :名無シネマ@上映中:2008/10/02(木) 23:02:09 ID:h7CHCADm
2時間スペシャルの8時またぎって入浴シーンなみに重要なとこなのに新人がでれるの?
なんでディレクターは音楽を流さないの?
なんで屋台のおじちゃんが音楽番組みてんの?
なんで警察は胸に発砲するの?
なんで拳銃向けてる犯人の前を周りの人は横切って逃げるの?
なんで小学一年生のお母さんは普通に嬉しそうに入学式でてんの?
なんで予防接種の時期に政治家は国繁法をアピールしてんの?

543 :名無シネマ@上映中:2008/10/03(金) 03:10:28 ID:JXFq3Paq
>>532
同意。つっこみどころが多すぎる。
あと、手術前の妹がラジオ聴こうとしたのはどうごまかしたんだ?
兄も、妹の施設訪問のときはスーツ着て社会人ぶってたのはいいとして、
不動産屋ではモロDQNルックにガムクチャで、あんな良い部屋を紹介してもらえるか?
それから主題歌(挿入歌)の「生きるとは~」の「は~」の高音が全然出てなくてイライラした。
あんな歌じゃ話題になるわけない。全盛期の桜井やトータスなら合ってたかもね。
でもまあライブシーンはしかたないかと思ったら、エンドロールの歌でも全然出てなかったw
まあ出てても出てなくても薄っぺらな歌(歌詞)だけど。

547 :名無シネマ@上映中:2008/10/03(金) 07:53:21 ID:Yal91tOX
>>543
兄ちゃんラジオ落として壊してなかったか?
マンションなんて金出せば借りられる
歌は拙いのがいいんじゃないのか?まぁ感動的になったのは塚本のおかげだけど

553 :名無シネマ@上映中:2008/10/03(金) 10:14:10 ID:Wf1/Br4l
あの声がカスカスになっちゃう「生きると“は~”」がいいんじゃないか。

554 :名無シネマ@上映中:2008/10/03(金) 10:22:11 ID:0qmD7T0f
>>553
金井はあそこでファルセットになってたな

549 :名無シネマ@上映中:2008/10/03(金) 09:32:18 ID:kxdXH+X3
若手俳優のキャスティングが絶妙で良かったよ。

松田は兄貴もだけど、姿そのものが絵になるし独自の雰囲気がある。
立ってるだけでスクリーンに映えるのがさすが。
塚本と金井は二人とも、どの作品でも上手い具合に馴染むし自然。
「若者らしさ」みたいなのがスクリーンから伝わってきたし。
山田は若いけど安定感あるし人間臭くていい。
出てくると映画全体が加速するというか引き締まるから凄い。


そして自分的には劇団ひとりがかなり良い味出してたと思う。


関連記事

  1. 2009/06/25(木) 17:02:08|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジェシー・ジェームズの暗殺 | ホーム | ディファイアンス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/756-3822f8db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR