FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

たそがれ清兵衛

http://tv3.2ch.net/cinema/kako/1031/10315/1031592903.html
2ちゃんねる映画ブログ

1 名前: 11月2日公開 投稿日: 02/09/10 02:35 ID:Hq27DFUP
ある日、「人を殺してこい。」というのが上司の命令でした。


323 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/24 01:45 ID:Fq1kppRE
すごく良かった。泣きました。
真田広之は嫌いな役者だったけどこの映画を観て好きになった。
殺陣は迫力があったし、真田はピッタリのはまり役だと思う。
映画で時代劇を観るのは初めてだったけど
なかなかいいもんですねー。試写会で観たけどもう一度映画館で観たいな。

363 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/25 23:22 ID:tY/ed8pT
いい映画だと思いました。
ただ主人公が温厚すぎるのが物足りなかったです。
主人公の喜怒哀楽をもっと強調したほうが、
武家社会の非情さが浮かびあがったと思います。
あと、主題歌はどうにかしてほしいです。
あのへんてこりんな声と歌い方は、この端正な作品にはふさわしくない。

364 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/26 00:47 ID:KI17In9+
自分の喜怒哀楽を必要以上に表現する侍なんてやだよ。

365 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/26 08:56 ID:Hh9GGmGH
そうだねえ。主題歌あんまり評判よくないねえ。

382 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/29 02:08 ID:a5vQG+rC
あれ?揚水の曲が合ってると思ったのは俺だけ?

374 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/27 15:23 ID:/e6Grazv
あのさ~、この映画の殺陣シーンの評価が高いけど、それほど大した殺陣シーンじゃないと思うけど。
いわゆるチャンバラではないところを評価しているのかな?
そんな映画はこれまでにもあったでしょ。

全体的にはすごく良い映画とは思うけど、殺陣シーンがすごく良かったとは思わなかった。

(ネタバレ)
↓↓↓↓↓↓



せっかく、向き合ったときは太刀と鴨居の距離を確認したりしていたのに、
結局、鴨居に太刀を刺してしまって死んじゃうでしょ。
そりゃ、リアルな斬り合いにはそういうこともあったかもしれないけど、
そんなリアルはエンターテーメントである映画には必要ないと思う。
最初から鴨居を気にしないか、あれ以外の方法で清兵衛が勝つか、
個人的にはそういう演出が欲しかった。たぶんその方が、しっくりくる。
ナレーションの下手糞さ加減と、この太刀シーンの結末が気に入らなかった。
後は大満足。

376 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/27 15:52 ID:Znzkx9E8
鴨居に刺したって、そーだったのか・・暗くて見えにくいし、二人の全身が入る画だったから、
鴨居の辺で何が起こってるかなんてわからなかったよー

379 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/28 14:16 ID:G/5/q/BP
たそがれは、エンターメントを強調した殺陣はそぐわない。
リアルな殺陣でなければ映画の主旨とも違ってくる。

380 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/28 15:19 ID:afNHTj8c
刀の重量感が伝わってきた。

403 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/30 09:13 ID:vQ4egh46
痴呆症の母親もしっかり家族の一員だったり、
子供たちと清兵衛の日常のやりとりに暖かさを感じたり、
朋江との抑制された恋に切なくなったり。。
貧しさの中に自然に輝く笑顔は値打ちを感じる。

404 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/30 13:06 ID:We0hrI96
痴呆症の母親もウザがられず…
貧しさの中に自然に輝く笑顔…

この山田と言う男はいつもこれで大金を稼いでる(苦笑

405 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/30 14:22 ID:N7erFLt+
そういうのって現代劇でやられるとうそ臭いのに、時代劇だと素直に入っていける気がするから不思議だなあ。
身分だとか忠義だとかの重圧を背負っている人たちが、あえて見せるすがすがしさ。
人間ってたいしたもんだよねって思えるからだろうか。

407 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/10/30 18:28 ID:2/JgGGJW
山田洋次だったから行くの迷ったけど、試写会行ってきました。
意外によかった。見直した。
映像がきれいで、細かいところがよくできてる。
派手じゃないけどいい雰囲気。
最後のあたりの殺陣なんかは鬼気迫るものがあった。
ストーリーは最初から最後まで月並みだったけどね……
それでも魅力ある映画でした。

449 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/02 20:13 ID:5B5KKclX
ぬくもりのある映画でした。
清兵衛のやさしさ、穏やかさは、自信に裏打ちされていてとても魅力的だった。
みんな自然で、いつもそうしているように生活していましたよ。
それに子供たちが可愛い。
死闘は二人の息づかい、打ち込もうとする、そうはさせまいとする一瞬の駆け引き
殺陣の範疇に入らないかも知れない剣の名手たちの壮絶な斬り合い。
自分がその場に居合わせいるようなド迫力でした。
部屋の暗さと外から入る光のコントラストが絶妙。
もっと言いたいが長くなるので‥

460 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/03 00:25 ID:UqciVVzs
今観てきた。丸の内ピカのレイト。途中でドリンクにむせちゃった。
気になった人スマソで(;´Д`)

感想。えがったでがんす!感涙の出来でがんした。

文句は1点。岸恵子、あれはいらない。はっきり言って無駄。邪魔。
あのラストはプライベートライアンのパロディか?藤沢周平に、女性
が一人称で語り部をしてる話ってあったっけ?ここだけすごい違和感。

が、それ以外は完璧。「おとはんもでえっきれえだ。」のシーンが一
番好き。殺陣もいい。最初に切り結んだときの「ギインッ!」って音!

山田洋次、あんまり好きじゃないですが、また藤沢原作を映画化して
くれるなら、必ず観ます。うーん、えがっだ。

461 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/03 00:38 ID:Fz1V8QUM
さっそく見てきました。
素晴らしい、のヒトコトにつきます。
つくづく「日本人でよかった」そう思いました。
妻でない女性に髪結いを頼むシーン、かなわない恋・・・、泣きました。

462 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/03 00:38 ID:ZuqOXLlt
前半が弱いというか、情緒的すぎて萎えた
あれだけ「リアル」にこだわっておきながら
ナレーションで延々語るって言うやり方も疑問
役者は皆良かっただけに残念
ラストの殺陣は痺れました
そんなに絶賛するほどいい作品とは思わんが
佳作だと思う

468 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/03 16:55 ID:yXxKkbtZ
観てきました 清兵衛が朋江を呼んでくるように頼むところと、朋江が最後
に待っているところで、泣かされました。真田と宮沢も良かったが、脇役も
すばらしいものでしたただ、最後の岸恵子のシーンは浮いていて不要、
井上陽水のテーマ曲も合わないと思いました
藤沢周平の目線と山田洋次の目線がぴたりと合っている映画と感じました
人に観るように進められる映画でした、もう一度見てきます

479 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/03 23:45 ID:JUd11zur
思うに、制作中にこの映画の凄さを聞きつけた岸惠子側が、一枚噛ま
せろ、と割り込んできたんじゃないかな。

以登の一人称で語るなら、以登が絡まないシーンは出来るだけ少なく
するのが普通だと思うのだけれど、そういう配慮は全然感じられない。
これだけ緻密に創ってある映画で、そこの不自然さが際だっている。

ま、漏れの邪推なんだけど、思い当たる人間がいたら、猛省して欲し
い。邦画の歴史に残るであろう映画だったのに、惜しいね。

480 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/03 23:58 ID:0SbtsZms
>479
今プログラムを見てたんだが、岸恵子さんは、誰にでもわかる人(と言っても
年配の観客向けだが)ということで山田監督がリクエストしたらしい。

2ちゃんねる映画ブログ

さっきいちゃもんをつけたラストも、あの時代と現代との橋渡しをさせたいという
監督の意図だそうです。
うーん、幕末に5歳の子供が60~70歳(岸さんの年)というと、
昭和初期? 人力車と岸さんの髪型は考証合ってるのかなぁ?

481 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/04 00:06 ID:rH30a32s
時代考証に1年かけたらしいですから。

808 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/14 21:02 ID:UZ0hovyk
岸恵子は悪くない
ナレーションを書いた人が悪い

809 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/14 21:06 ID:/jQpSkYH
>>808
岸惠子の声質がこの映画に合わなかった。
台詞のしゃべり方もこの映画に合わなかった。

ま、それでもそのまま仕上げてしまった
山田監督の責任と言えばそうなるかな。

でも、やっぱり岸惠子が批判されるのは当たり前。

469 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/03 17:38 ID:nmURtuKL
次女の女の子が可愛くて可愛くて・・・

2ちゃんねる映画ブログ

470 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/03 20:29 ID:YXp+ln3o
あれだけ子供が可愛くて素直なら
貧乏でも楽しいだろうな
ある意味理想の家族を描いた映画だな

471 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/03 21:13 ID:DCRyfrKx
討たなきゃならない相手が清兵衛のある言葉を聞いて豹変する所、怖かったな・・・

同じ職場の人間といい、敵対する人間といい、配役がかなり良いね。

525 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/04 17:52 ID:gFI/Bv/7
畳に滴り落ちる血の音にゾクゾクしたよ

534 名前: _ 投稿日: 02/11/04 19:03 ID:wWT2BmKU
地味なところにも面白さは十分詰まってるって感じの映画だった。
貧しい暮らしの中でも清兵衛みたいな生き方はカッコイイ。

それとチャンバラは瞬発力だな。
今のとこ元アクション俳優真田でしかあの凄さは出せない。

535 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/04 19:14 ID:9aQappJZ
真田と田中みんが相打ちで一緒に死んだほうが感動的だったと思う

553 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/05 00:06 ID:D4VmINQR
前評判の高かった殺陣シーンは、思ったより短かくて、
正直「これで終ってしまうのか?」と思った。
陰惨さ、残忍さでは、劇画のほうが勝っていると思う。
しかし、斬り合いがはじまる前の、田中泯の長台詞(声の質)や
表情にはゾクリとくる。
とくに田中泯の表情が急に豹変するところは、マジで恐かった。
私的には殺陣シーンよりこの田中泯の演技の評価が高い。
これは一見の価値があると思う。

(映画の中盤あたりで田中泯が初めて登場するシーンも、薄気味
悪い雰囲気が良く出ている。)

554 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/05 00:23 ID:QILYNvRj
長い「静」の後の一瞬の「動」に、カタルシスがあるんじゃないだ
ろうかと思いますた。ある意味、水戸黄門のちゃんばら→印籠とは
正反対のパターンだね。(w

2ちゃんねる映画ブログ

田中泯さん、いいよね。「たそがれ、俺は逃げるぞ」から始まる慨
嘆が哀れを誘うかと思えば、「○○で俺を斬る気で来たのか!(怒)」
あれ、目の前でやられたらちびります。

556 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/05 00:52 ID:CKvvKUFl
セイベエの着物のや顔、手、素足の汚さっぷりが良かった。
帰宅して靴下ぬぐときに、匂いまでただよってきそうで、痛快だった。

563 名前: 558 投稿日: 02/11/05 02:56 ID:zXK4tOjX
エピローグは、岸稽古でなくて、
セイベエたちの結婚式の絵をみたかった。
白むくで兄につきそわれ(他の親類はこの結婚には反対だが、兄だけが応援してくれてる)
セイベエ宅にやってくる絵。(冒頭の葬式のシーンとの対比も出来、いいと思うんだけどなあ)
盃を交わす二人。その盃をもってくるのがかわいいセイベエの姉妹なのね。
○あの義姉が、宮沢りえに「あんな貧乏侍と往来で立ち話してたら家の恥ですっ」
 て言うシーンは、リアルで、どろどろしてて良かった。

564 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/05 03:18 ID:YD0SV0Od
>ラスト
あれはあれで良かったと思うな。
剣に長けて勇敢な清兵衛があっけなく鉄砲の玉に当たって
死んでしまう。 それを想像するだけで涙。
でも、あの墓の下でふたりが寄り添ってると思うと
なんか救われる。

579 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/06 00:36 ID:motfsjMD
しかし、夜セイベエ宅に上司がやってきて、家老宅でのやりとり
緊迫感がありましたなあ。それまでに、娘たちのあいらしい姿を
見事山田節で描き切ってたからの、あのシーンの緊迫感なんだろうなあ。
何度も何度も丁寧にかわしながら断るセイベエの台詞、しかし最後の家老の
恫喝。よかったなあ。そして家老宅前での上司との短い会話。あの時、上司が
死んだら娘たちの面倒は心配するな」っていってたけど、あれは嘘だよね?
当時の風習に照らし合わしてもあんな事はないんでしょ?
家老の役者の顔が、安っぽかったミスキャスト毎週の水戸校門に出てくる役者そのもの。
あと、川で釣りしてるシーン。あの画面は全ての邦画の中でもだんとつのいい絵だと思いました。
邦画版リバランスルイットだよ。

580 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/06 00:44 ID:5NT7AU0p
>>579
家老のド悪役メイクには正直萎えますた。

もっと普通の顔でいいじゃないか。普通の顔した奴がいっちばん
悪くて怖いんじゃないのか。なんて。

川で釣りしてる場面って、私の家から車で20分のところでロケした
らしい。プカプカ浮いてる死体役の役者は、現地で調達した素人な
んですってよ。あと、村祭りの獅子舞は近場の温泉地、湯田川とい
う町の神社で撮影したのね。

583 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/06 01:02 ID:9dkWSGCJ
最初に藩命で田中を殺しに行った剣士は、あっけなく首のあたりを刺されて
死んでしまうのだが、そのショットが、へたくそで、明らかに刀が刺さって
いないずれが見えてしまうのが、この映画のもっとも撮影のへまな点。

588 名前: 名無しシネマ@上映中 投稿日: 02/11/06 01:21 ID:YaB1ZvP/
山田監督 70歳すぎて77作目でついに傑作をものにしたね。
777で大化け 高齢化社会もいいかも。

589 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/06 01:21 ID:motfsjMD
宮沢りえちゃんには悪いけど、どうも配役にちょっとと思う。
ううん。ちょっとね。ちょっといまでも、ぴんときていない。

593 名前: _ 投稿日: 02/11/06 03:37 ID:K38X9ye9
小林捻侍が一瞬たけしのバカ殿に見えたのは俺だけか?

あと殺された侍にたかっていたハエの数が半端じゃなかった。
あれが一番リアルだな。

615 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/06 23:08 ID:9G4+h3dj
おれは次女のいとたんがもう、かわいくて、かわいくて。
寺子屋にはいっていくときに、縁側が高すぎてなかなかようあがらないところに
胸がむきゅーんっとなった。
かわいいっとh!!!!  ってさ。 ロリじゃありません。

623 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/07 01:27 ID:MMQUC+G6
ロリにも萌えポイントがある映画のか。

676 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/08 10:27 ID:6tozZFX1
折れの他にもチケット買うとき「たそがれきよべえ」って言った人いる?

677 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/08 12:18 ID:YDxYH910
初め迷いますた。

689 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/09 05:45 ID:LiKoXhNZ

家老は、なぜ家に入っていって切り殺せと命じたのだろうか?
家を大勢で長槍でもって取り囲んで、家に火をかければ簡単だっただろうに。

決闘の極限の興奮状態から抜けられずに、宮沢りえと一戦交えるのではないか
と期待したが、そういうサービスシーンは無かった。あのような構造の家では、
子供にもばればれだなぁ。

691 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/09 08:57 ID:rorPY3gw
>>689
武家社会では、そのような多勢に無勢みたいなことは
できるだけしたくなかったと解釈した。

700 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/09 18:33 ID:bQoAx1VH
昨日見てきました。
もともとあんまり時代劇映画好きじゃないんで「近年の邦画のなかで最高の出来」とか、「これまでの山田作品よりいい」ってのには、完全には賛同しかねますが、
まあ、見て損はない映画でした。とにかく、じっくり手間暇かけて撮った映画だと分る映画です。
キャストも脇役陣が素晴らしかったです。特に小林さんと神戸さん。
ただ、リアリティーにこだわった割には田中さんの末期の演技は?でした。いかにも前衛舞踊って感じの動きで、日本刀でぶった切られて絶命寸前なのにありゃ無いんじゃないかと思ったんですが、どうでしょう

701 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/09 19:36 ID:zy/cASWj
>ただ、リアリティーにこだわった割には田中さんの末期の演技は?でした。いかにも前衛舞踊って感じの動きで、日本刀でぶった切られて絶命寸前なのにありゃ無いんじゃないかと思ったんですが、どうでしょう

 激しく同意。
 まったく最後の最後、しらけまくりっすわ。けきょくテレビの大袈裟で目立とうとする
時代劇のキラレ役の匂いぷんぷんでした。
 
おもろい映画だったけに悔やまれます。

721 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/10 21:51 ID:ZNw52BGT
いやー良かった
殺陣がやけに早く感じた
cg使わずとも出来る人は出来るんだな
すげーなー

724 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/10 23:07 ID:w1jDt0el
>>721
素早い動きと跳躍は見応えあるよねー。特に大杉漣と一騎打ち。

756 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/12 18:47 ID:BiagUp9k

2ちゃんねる映画ブログ

宮沢りえ演技うまくなった。
普段邦画を見るとき、演技とか演出とかセットとか、何かとひっかかること
が多いけど、この映画はすんなりと入り込めたし、素直に感動できた。
でも最後のシーンで、それまでの感動が一気に遠い昔のことにされて
しまってちょっと拍子抜け。あともっと明るい画面を希望。

761 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/13 01:14 ID:g3ktYRRx
初期寅さん(森川信がおいちゃんだったころ)以来の傑作ですね。
決闘にいたるまでの凛と張り詰めた緊張感。絶望感。
話していくうちに目がギラリと光る田中眠の怖さ。
様式美のちゃんばらとは違った決闘シーン。

そしてなによりイトちゃんの可愛さ!!

782 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/13 20:10 ID:Zl4+6Uva
ところで、まだ誰も書き込んでないみたいだけど、最後清兵衛が戊辰戦争で戦死ってのはどうだろう。
墓参りに帰郷した岸さんを出す意味が弱くなっちゃうんで無理矢理そういう設定にしたような感じがするんだけど。
個人的には維新後も生き抜いて帰農するか、農家兼業小役人として人生をまっとうした、って方が納得できる。
武士の時代の終わりを予感して、そうなったらさっさと百姓になる意志を表明してた清兵衛が結局古い時代に殉じてしまった、っていうのはなんか違和感を感じてしまう。

796 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/14 11:14 ID:VDPIACQu
>782私もそう思う。でも藩命には逆らえなかったのかな。それも又武家の哀しいさだめ。清兵衛は刀の時代は終わったて言ってたよね。それで鉄砲で打たれて死ぬなんて。   でも真田さんは、インタビューで、清兵衛は志願して戦いに行ったと思うと言ってた。

799 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/14 11:38 ID:69qhkJsB
>796

「刀の時代じゃない」って言って、銃で絶命するなんて
まさに清兵衛の言った通りだなと思ったけど。
何だか土方を思い起こしてしまったが。

それに「武士の時代は終わった。さて農業しますかねぇ」なんて
簡単には身を翻せなかったんじゃないかと思うよ。
農民になったからって、襲ってくる官軍から逃げられるとは思えない。
愛する家族を守る為、やはり清兵衛は闘ったんだと解釈しますた。

802 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/14 14:53 ID:SiifuFxA
ああ、このスレ見てたらまた観に行きたくなってきた。

個人的にこの映画の影のMVPはバックの音楽だと思ってる。
なんというか、ここしか無いというタイミングで音楽が入って来るように思う。
最後の殺陣のシーンもあの音楽が入って来た瞬間に、
壮絶なんだけどこの時代の侍の切なさを感じてしまった・・・

831 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/15 12:04 ID:FVPLl1Q2
海坂藩って弱小藩なのかあ。(モデルになった?)庄内藩は石高14万石の中堅どころだけど、庄内は
豊かな土地で豪商本間家の支援を受けた藩政建て直しの甲斐あって、天明の大飢饉でも餓死者は少なかった
し、悲劇性に欠けるせいでなのか地味だけど戊辰戦争では連戦連勝だったんだけどね。

832 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/15 12:27 ID:S9eN4bTd
>>831
海坂藩は架空の藩だからねえ。七万石の小藩て設定だし。

822 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/15 05:14 ID:xVgMjkRT
あの~う。遠景に電信柱写っていたんですけど、皆さんは気づきませんでした。
全盛期の黒澤なら、きっと「あの電柱ちょっとどかして訓内・・・。」とか言ったと思うんですけど?
山田監督って、やっぱ優しいのかな・・。それとも、ただの○×だったのか?
でも予想に反して、近年の時代劇としては大変宜しゅうございました。

823 名前: _ 投稿日: 02/11/15 05:44 ID:voxsVZ1l
今はCG技術で簡単にカットできると思うが。
ただ山田洋次はCG導入する気なさそう。

842 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/16 02:37 ID:4llwG0K9
電柱映ってったんですか。すばらしい。絶対に消さないで!
あの「シェーン」にはなんと、ロケバスが映ってるんですよ。
名作だからこそのミス。絶対に修正してはいけません。

843 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/16 03:10 ID:W5tbcNH+
電柱はあんだけハッキリ写ってるんだからミスじゃないだろ。
普通、撮影段階でかなり気にしてカメラを除くはずだからね。
肉眼でも確認するし。
当然、編集段階でも気がつくはずだし、消そうと思えばそれほど難しいことでもない。
あのくらいの電柱は、それほど気にすることないと判断したんでしょう。

846 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/16 07:55 ID:ImKRo2+E
電柱が映ったシーンってどこだったんでしょうか?
上映中はずっぽり映画の世界に入っていて
全然わからなかった。それだけ映画が良かったんだと思う。
名作「駅馬車」でも馬車が川を渡るシーンで
しっかりカメラマンの影が映っているけど名作。
そういうミスはその映画を語るときにネタになって
かえって良いかもね。

848 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/16 14:22 ID:N+0cnn3O
>>846
清兵衛と親友が川で釣りをするシーン。遠くの山並を描写するところ・・・。


関連記事

  1. 2009/06/28(日) 01:19:43|
  2. た行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<チャーリーズ・エンジェル フルスロットル | ホーム | マックス・ペイン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/753-fa3d9938
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR