FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

亡国のイージス

http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1122429338/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2005/07/27(水) 10:55:38 ID:d3XaAbjo
■「亡国のイージス」(2005年7月30日公開。全国松竹・東急系にて超拡大ロードショー)
 「イージス」とはギリシャ神話に登場する「無敵の盾」の意味。
 
監督:阪本順治
原作:福井晴敏
脚本:長谷川康夫
配給:日本ヘラルド映画、松竹

■STAFF
プロデューサー:小滝祥平

制作:「亡国のイージス」associates
   日本ヘラルド映画、松竹、電通、デスティニー、バンダイビジュアル
   ジェネオン エンターテイメント、IMAGICA、TOKYO FM、産経新聞

協力:防衛庁、海上自衛隊、航空自衛隊

『亡国のイージス Offcial Website』
ttp://aegis.goo.ne.jp/index.html


3 :名無シネマ@上映中 :2005/07/27(水) 11:00:08 ID:d3XaAbjo
■キャスト
真田広之   [仙石恒史(いそかぜ)先任伍長]
寺尾 聰    [宮津弘隆(いそかぜ)副長]
吉田栄作   [竹中 勇(いそかぜ)3等海佐]
谷原章介   [風間雄大(いそかぜ)水雷士・3等海尉]
豊原功補   [杉浦丈司(いそかぜ)砲雷長・3等海佐]
光石 研    [若狭祥司(いそかぜ)掌帆長]
森岡 龍    [菊政克美(いそかぜ)2等海士]
中沢青六   [酒井宏之(いそかぜ)機関長・3等海佐]
中村育二   [横田利一(いそかぜ)航海長・1等海尉]
橋爪 淳    [衣笠秀明(いそかぜ)艦長・1等海佐]

佐藤浩市   [渥美大輔・DAIS内事本部長]
岸部一徳   [瀬戸和馬/内閣情報官]

中井貴一   [ヨンファ/溝口哲也/FTG・3等海佐]
安藤政信   [山崎謙二/ドン・チョル/FTG・2等海尉]
真木蔵人   [宗像良昭(第20飛行隊)1等空尉]
松岡俊介   [小林政彦/DAIS局員]
池内万作   [服部 駿/DAIS局員]

矢島健一   [阿久津徹男(うらかぜ)艦長・2等海佐]
佐々木勝   [佐伯秀一/防衛庁長官]
天田俊明   [木島祐他孝/統合幕僚会議議長]
鹿内 孝    [湊本仁志/海上幕僚長]
平泉 成    [明石智司/警察庁長官]

原田美枝   [宮津芳恵]
原田芳雄   [内閣総理大臣/梶本幸一郎]
勝地 涼    [如月行/砲雷科1等海士]
チェ・ミンソ   [ジョンヒ]

7 :名無シネマ@上映中 :2006/01/01(日) 11:45:50 ID:2zbBG8wG
■参考 【KEY WORD】

・GUSOH(グソー)
アメリカかが極秘裏に開発した強力な毒ガス兵器。空中から散布した場合、
半径15キロにわたってガスが広がり、それに触れたすべての生き物は死に絶える。
ガスの分解は不可能で、自然分解するまでには4日以上かかる。

・DAIS(ダイス)
防衛庁所属の非公開諜報機関。
防衛庁情報局(Defence Agency Information Service)の略。
本部がある場所にちなんで"市ヶ谷"とも呼ばれる。

・偵察局
某国の諜報機関の呼称。小説では北朝鮮の偵察局を示す。

・テルミット・プラス
核爆発に匹敵する6,000℃もの熱量を発生させることのできる爆薬。設定では、
毒ガス兵器「GOSOH」を焼き尽くすことのできる唯一の手段とされている。

・内事本部長
DAISの国内事案を担当する内事部の総責任者。

・亡国の盾
防衛大生がホームページ上に掲載した論文。日本の防衛体制を疑問視する内容で、
「いそかぜ」事件の発端となった。
ttp://aegis.goo.ne.jp/pnote2.html

※その他用語説明は
ttp://aegis.goo.ne.jp/detail3.html

39名無シネマ@上映中 :2005/07/27(水) 23:08:48 ID:sFSjBGfV
ジャパンプレミア行ってきました。
真田チビにびっくり。目の前を如月とジョンヒが通ったけど、
二人とも可愛かったよ。舞台挨拶は豪華で大満足だったけど、
映画はダメ。原作は神だけど、それを無理やりまとめた感じ。
でも貴一はがんばってたなあ。かっこよかった。
やっぱ阪本じゃなきゃ良かったんだよなあ。あいつが監督って
最初知った時愕然としたもん。演出にけれんみ無さ杉。

113名無シネマ@上映中 :2005/07/28(木) 18:51:20 ID:jxzSh0Y/
宮津と如月の描写が原作に比べあっさりなんだよなあ。
だから終盤の瀕死状態での二人の絡みもわけワカメ状態だし。
あと銃撃シーンでどうしてスローモーションにするんだろ。
邦画ってそういう手でアクションから逃げるよね。ホワイトアウトもそうだったし。
あと艦内での人間ドラマに固執しすぎて、危機に瀕しているのに気づかない
東京の風景や、緊急対策本部の描写も少なすぎ。
暴走するいそかぜなめのお台場とかをもっと丁寧に描いて欲しいのに、
ただ艦内の密室劇ばかりで、その危機感は会議室のモニターに表示されるのみ。
渥美と瀬戸ものんびり煙草ふかしたり便所でだべったり。
娯楽大作らしくもっとけれんみのある演出が見たかったなあ。阪本じゃ無理か。

115名無シネマ@上映中 :2005/07/28(木) 19:12:22 ID:61cu6cwf
>>113
そのあたりを満足いくまで描写したら上映時間全然足りない
からしょうがないな。スローの多用ヤメロには同意。

11971 :2005/07/28(木) 23:23:29 ID:ts0GN8GP
試写会に行ってきた。開場前に原作者が列のそばを通っても反応なし

予習したので人物関係での混乱はあまりなし
終盤の先任伍長の活躍はやや理不尽スレ向き、理由付けがほしかった
役者は寺尾と佐藤はハマリ役、それだけにやや持て余し気味かも
真田と中井は良かった。でもふつうに如月の人が(・∀・)カッコイイ!!

これに密閉感があれは最高

176名無シネマ@上映中 :2005/07/29(金) 18:32:53 ID:YGSAuO7u
寺尾聰は誰かを失ってポポカーンな役が多いな

2ちゃんねる映画ブログ

177名無シネマ@上映中:2005/07/29(金) 18:36:58 ID:FnxaoWfy
ポポカーン…演技が難しそうだな。

180名無シネマ@上映中 :2005/07/29(金) 18:43:07 ID:jNaUeGWh
>>176
ワロタww >ポポカーン

216名無シネマ@上映中 :2005/07/29(金) 23:58:26 ID:uygeqfyL
あの綺麗なのか有名なのか分からない韓国女優さんは、いったいどんなルートからなんですか?

218名無シネマ@上映中 :2005/07/30(土) 00:07:12 ID:i8dnsrk4
チェ・ミンソって美人ではないね
かわいく見えるときもあるけど、現実的な女性って感じではないの?

2ちゃんねる映画ブログ

219名無シネマ@上映中 :2005/07/30(土) 00:07:57 ID:XIqe0CSo
この映画ジョンヒの存在理由がない

288名無シネマ@上映中 :2005/07/30(土) 13:42:21 ID:I4A2zyhz
制服が映える役者が多くて良かった
A作が一番制服似合ってたな
クロードも存在感あった

292名無シネマ@上映中 :2005/07/30(土) 14:07:48 ID:dO04VyOw
吉田栄作渋い演技が似合う様になったなぁ。
この調子で行けば日本を代表する俳優になる気がする。

299名無シネマ@上映中:2005/07/30(土) 14:16:16 ID:E/MbCSCg
栄作が識別帽に顔をうずめて死ぬところと、足刺された安藤のタコ踊りに萌えた。

320名無シネマ@上映中 :2005/07/30(土) 14:47:58 ID:ELHE2QoQ
むしゃむしゃと缶詰を食う仙石と行がいい。

324名無シネマ@上映中:2005/07/30(土) 14:58:21 ID:go8WTdK5
元凶はバカ副長だろ。
てか期待ハズレ。

バレ↓
最後の絵は如月は生きてるってこと?
真田は日本を守ったのに、昇級してないのなぜ?www

326名無シネマ@上映中 :2005/07/30(土) 15:00:10 ID:luJEI5Lq
>>324 一番上にいるんだから仕方ない。

327名無シネマ@上映中 :2005/07/30(土) 15:01:44 ID:I4A2zyhz
本当に日本を守ったのは谷原だw

2ちゃんねる映画ブログ

329名無シネマ@上映中 :2005/07/30(土) 15:03:39 ID:luJEI5Lq
>>327 蒸留水を護るために殉職した風間モエッ!

345名無シネマ@上映中:2005/07/30(土) 15:16:45 ID:7qXy0ZEu
>>324
仙石は殺人罪+器物損壊罪を揉み消すことでチャラ

次の乗艦でも先任伍長というのが凄いな

それよりヨンファは何しにマストに登ったんだろ?

347名無シネマ@上映中 :2005/07/30(土) 15:18:55 ID:ELHE2QoQ
>>345

グソーを起爆(?)させるためじゃないか?
そういや映画でも偽物って設定なのかな。

348名無シネマ@上映中 :2005/07/30(土) 15:19:11 ID:50ONk/Ze
>それよりヨンファは何しにマストに登ったんだろ?

下足をまこうとしたんでないの? 最後、開けようとしてたし。

331名無シネマ@上映中 :2005/07/30(土) 15:04:38 ID:p2FYVgtr
観て来たよ。
自衛隊の協力とカネと手間がかかってて、
妨害や疎みが少なく済んだ『宣戦布告』て感じだな。

前半はえらくはしょってる割に重厚で見応えあった。
後半は狭い範囲に収束してくから思った程盛り上がらんかったな。
戦国自衛隊と違って(リアルかは軍ヲタでないから知らんが)
兵器が活きる描かれ方してるし、芝居も気合入ってるし、
今年の福井原作3連打のなかでは一番良かった。
阪本順治は好きじゃなかったけど、流石に経験あるだけのこたあるな。

336名無シネマ@上映中:2005/07/30(土) 15:07:15 ID:go8WTdK5
あの手旗信号には大笑いした!!!!!

339名無シネマ@上映中 :2005/07/30(土) 15:09:53 ID:50ONk/Ze
たしかに手旗信号で、一気に仙石がギャグキャラになってしまった。
オレ的には、ラスト、行から送ってきた仙石の絵も、
なんかいまどきの萌え系っぽくて苦笑いだったよ。もっと、油絵とはいわんが、
重厚な絵の方がよかった。

行は普段、萌え同人誌とか作ってるんじゃないだろうな。

401名無シネマ@上映中 :2005/07/30(土) 16:38:07 ID:FLgpaop5
朝一の回で観て来た。以下雑記、一部ネタバレ注意。


・年配率高くて驚き。20代後半の俺が一番若いグループだったような。
・ジョンヒの存在意義まるでなし。飛行機事故もなくヨンファとの関係が写真一枚のみの説明、
 如月に絡む理由も全く説明なし、ではそこらのやられ役と大差ない。あのキスシーンも原作知ってないと
 「相手の舌を噛み切るための超近接戦闘術」としか思えない。
 あの程度の役で母国で「売国奴め!」的な叩きに会うなんてカワイソ過ぎ。
・一応フラットフィッシュ的な作戦が描かれてて安心した。誰だ「なかった」なんて言ってたのは。
・F2カッコいい。宗像一尉も渋くて良かった。
・宮津夫人の「お母さん、また置いてきぼりなんですね…」は泣けた。
・ラストがあっさり過ぎ。「この国の形はこれから見つけて行けばいい」とか、多少クサくてもいいから
 話を締める何かが欲しかった。

でも、福井三部作の中では一番良い作品だと思う。ハリウッドとは別系統の
和製アクション映画としても悪くない出来だった。こういう(反戦とか何とかが絡まない)
娯楽的軍隊モノは今後も作り続けて欲しいもんだ。

あと、俺の隣に座ってたオタク系お姉さん泣き過ぎ。
杉浦射殺の辺りからハンカチが眼から離れてなかったような…。
そこまで感動してくれたら製作者冥利に尽きるだろうけど。

425名無シネマ@上映中 :2005/07/30(土) 17:20:43 ID:5PUaV+MR
真田のオヤジくさい肉弾アクションがよかった。
ストーリーに関しては原作未読だからなんとも言えんが、確かに人間関係は半分くらいしかわからなかった。後半のテンポが掴みにくくてどこで盛り上がればいいかも微妙だった。イロイロ書いたけど決してつまらなかったわけではナイので。俺的には上の下くらい。

432名無シネマ@上映中 :2005/07/30(土) 17:36:02 ID:6asuJ7xP
>>425
原作の先任伍長はもっとオヤジ臭いよw
福井氏の作品って話がなが~いからねぇ・・・映画化すると希薄になってしまうのは仕方ないかも。

433名無シネマ@上映中 :2005/07/30(土) 17:36:13 ID:luJEI5Lq
そういや会議室の状況説明シーンだったかで渥美がおかしなこと言ってたな。「弾道ミサイルを迎撃できる~」と。この映画っていつのお話よ?

435名無シネマ@上映中 :2005/07/30(土) 17:37:45 ID:50ONk/Ze
>>433
戦後60年っていってたから、現在の話だな。

457名無シネマ@上映中:2005/07/30(土) 18:08:00 ID:cKv9qXhf
女工作員が如月行にキスした意味は?

2ちゃんねる映画ブログ

459名無シネマ@上映中 :2005/07/30(土) 18:11:03 ID:luJEI5Lq
ジョンヒが行にキスした理由は行に歪んだ愛を持ったからです。
兄ヨンファよりも強くなりうる雄にひかれたのです。

463名無シネマ@上映中 :2005/07/30(土) 18:13:16 ID:XvDJNIow
>>457
年をとった兄に戦士としての魅力を感じなくなった。
で若く強い戦士としての如月に惚れた。
で呼吸困難になった如月をボンベかざして命乞いさせて自分のモノにしようとした…ってところか?

もう一度原作読まんとちょっとうろ覚えだなココ…どうせならジョンヒ存在ごと削っても良か(ry

468名無シネマ@上映中:2005/07/30(土) 18:17:44 ID:cKv9qXhf
女工作員可愛かったからもっと出してほしかった。
2人とも絵上手すぎ

472名無シネマ@上映中:2005/07/30(土) 18:21:56 ID:cKv9qXhf
ジョンヒ海で死んだの?

474名無シネマ@上映中 :2005/07/30(土) 18:23:34 ID:XvDJNIow
>>472
ヒント:スクリュー

476名無シネマ@上映中 :2005/07/30(土) 18:24:14 ID:luJEI5Lq
>>472 原作に同じ。後に身につけていたプロテクターや布が遺品として回収されました。映像の明度が低くてかなり判り辛いけど。

485名無シネマ@上映中 :2005/07/30(土) 18:34:31 ID:VRpqmYjb
>>472
回ってる扇風機にウマイ棒を突っ込んでみろ、よく分かるから

486名無シネマ@上映中 :2005/07/30(土) 18:37:14 ID:luJEI5Lq
>>485 部屋中に吹っ飛ぶからw

501名無シネマ@上映中:2005/07/30(土) 18:53:53 ID:tVuDgD+X
最後の方はザ・ロックの毒ガスの取り合いにしか見えなかった

502名無シネマ@上映中 :2005/07/30(土) 18:54:33 ID:68hwYu08
>>501
俺もソレ思い出した…割れないけどな。

513名無シネマ@上映中 :2005/07/30(土) 19:05:00 ID:darzaHkr
ラストはどうしても「ザ・ロック」を思い出すよね。
しかも確保したけど、あわわ、やばいよ、空爆されそう・・・・ギリギリで間に合ったー!
みたいな。

手旗信号wと、発煙筒(だっけ?)の違いはあるけど。
そっくりだよー。

525 :2005/07/30(土) 19:39:08 ID:VutjYqDL
観てきた。
陰険なアメリカさんはどこへ行った?
あれがないと、ザ・ロックの2番煎じといわれてもしゃーないぜ。
(ザ・ロックにシュリと沈黙の戦艦のエッセンスを加えて煮詰め直しただけ)
ついでに言えば、沈没シーンのCGは勘弁してくれ。
スターウォーズ(PART3)がいいとも思わないが、CGだけはすばらしかった。
予算が足り無くなったのかな?
原作をこぢんまりとまとめたけど、細かなあらが見えるという印象だ。

526名無シネマ@上映中 :2005/07/30(土) 19:42:57 ID:68hwYu08
>>525
尺だろう。察してやってくれ。

528名無シネマ@上映中:2005/07/30(土) 19:47:04 ID:AmKEGmjE
>>525
イージスは予算12億だからな。戦国自衛隊の15億より下だ。
俳優や編集・音楽にもかなり金かけてるし、イージスのセットに3億もかけてる。

530名無シネマ@上映中:2005/07/30(土) 19:57:54 ID:tVuDgD+X
>>528
この額であれだけ作れたら上出来かな?
沈没シーン以外のCGがしょぼく感じなかったのはヨカッタ

529名無シネマ@上映中:2005/07/30(土) 19:54:59 ID:r+6ADs6k
俺は原作のインパクトが強かったほうなので、今回の映画ちょっとなー
って感じ。テンポ速すぎというかはしょりすぎと言うか、原作読んでなくて
これ理解できるのか?と逆に心配。まぁ130分くらいに収めるにはそうする
しかないんだろうけどね。

悪くはないけどメチャ良くもない。だた見る前に原作は絶対読んでたほうが良いかもね。

557名無シネマ@上映中:2005/07/30(土) 20:26:35 ID:Fm6wNBF/
観てきました。原作未読
最初イージス艦が映った解きは目を見張り、その後艦が映るたびに
ジョーズが迫ってくる(意味は違うが)ときみたいにゾクゾクした。
ハプーン攻撃は緊迫感と迫力は満点。仙石を中心とした個人アクションも見応えありで楽しめる。

ヨンファとジョンヒの関係は写真ですぐ分かった。部下がヨンファに渡したのは遺品だったんだ。
如月の不幸な生い立ちも。宮津は、もしかして息子と同じ考えだったのかな?
思い忠誠を尽くした答えが息子の殺害。心の隙間にヨンファが入り込んだのかな?
あとの人間関係は分からなくても支障なく観れるしキャラの個性を楽しめる。


561名無シネマ@上映中 :2005/07/30(土) 20:29:40 ID:uyK4htx9
>>557
あれだけ端折られた内容からそこまで汲み取るとは…
すばらしいですね。

俺は原作読んでたから、やっぱり厳しい目で見ちゃうのかな。
読んでない人が楽しめたのなら、いい映画なのでしょう。

是非原作も読んでみて下さい。
あっというまに時間が過ぎ去りますよ( ´∀`)b

598名無シネマ@上映中:2005/07/30(土) 21:42:06 ID:Fm6wNBF/
>>561
原作に興味を持ちました。読みます。

真田、人情の厚い、熱いおっちゃんを好演。終盤カッコよくて強過ぎ。
東京をグソーから守ったからいいか。とにかく応援したくなる仙石でした。

中井、途中から不気味さを垣間見せ凄みがあった。ヨンファなら何千万人の死体を
見ても同じ表情だろうな。

寺尾、深い深い悲しみを背負った姿で哀愁のある反逆者。氷の心になれなかった
のが救いか。道を誤った宮津は哀れでした。東京が無事だったから言えるんだけど。

佐藤、エリートでカッコイイね。出過ぎず引っ込みすぎず役割を果たしている。

勝地、「母さんが誉めてくれました僕の落書き」薄幸な如月にこんな想い出がと
胸が熱くなった。死ぬかと思ってたし。可愛い顔に似ず非情な行動を取る如月を好演。

役者にハズレがなく映画を面白くしている。

593名無シネマ@上映中:2005/07/30(土) 21:24:49 ID:R+rc5RIh
素晴らしい。戦闘もリアルじゃないか。
日本人と、朝鮮軍人の心情の違いもよく表している。
そして何より、自衛隊の行動に関する枷の異常性。
よく描けている。
絵コンテの庵野という人のおかげか、テンポよく感じた。

595名無シネマ@上映中 :2005/07/30(土) 21:31:17 ID:vLk8z9+a
>絵コンテの庵野という人のおかげか、テンポよく感じた。
多分対艦戦闘シーンしか絵コンテは描いていないと思う庵野は

596名無シネマ@上映中:2005/07/30(土) 21:38:30 ID:R+rc5RIh
>>595
なるほど、それ系の職人なんですね。
イージス鑑一隻が如何に脅威か伝わりました。
先に敵を捕捉し、先制攻撃。
特に、日本にとっては恐ろしい存在たりえる。

601名無シネマ@上映中 :2005/07/30(土) 21:43:33 ID:vLk8z9+a
>>596
庵野のこと本当に知らないの?
アニメ・エヴァンゲリオンを作って一躍時の人になった
まぁ、キューティハニーの実写版も作って笑われたりもしたが
ついでに福井のもう一つの作品のローレライでも戦闘シーンの絵コンテを描いている
からもうすでにそれ系の職人になっているのかなぁ

622名無シネマ@上映中:2005/07/30(土) 22:26:43 ID:d+D0d2En
絵コンテ庵野さんなのか~
まぁ悪く無い感じ。
しかし、その絵コンテも下手なCGで台なしになった感じだった。
人間のドラマの方はいいんだけど、それ以外の部分がなんだか・・・
最後の東京湾での爆破シーンとかちょい迫力なさすぎ。

でも実写映画にアニメの関係者とかが色々協力しあうのって
いいね。
もっとそういうお互いの得意分野での協力とかをしてイイ作品を
作って欲しい。

まぁでもローレライよりはいい。
役者が皆かっこいいから、もう一回見に行く。
岸辺一徳とかいい味出してた。栄作もいい。真田もかっちょいい。
安藤はしゃべらないからいいけど、中井貴一の役は向こうの役者にやって欲しかったな。
やっぱ、日本人の顔なんだもんな。

9 :名無シネマ@上映中 :2006/01/01(日) 11:49:09 ID:2zbBG8wG
参考Q&A[1]

■ジョンヒの「水中キス問題」について
「あのキスシーンはいらない」「原作を読んでいない者にはわけがわからない」という意見が多いようですが、
台本の説明によれば「行の息をとめるためにジョンヒが行の口を塞いだ」という意味づけが一応なされています。
映画を観ただけではそこまで理解できた人は少ないようですが。
この「水中キスシーン」はあってもなくても映画の出来を左右するほどのシーンでもないようです。
いかし、後半のヨンファの冷静さを欠く行動の複線であり、劇中いそかぜがエンジンストップする意味付けもある。
あまりここにこだわって議論しても、話がループする傾向にあるようです。

■彼女はスクリュウに巻き込まれて死んでしまったのでは?遺品が船上にあるが?
スクリューに巻き込まれ、細切れになって海上に血や衣類が散乱。
見張りをしていた工作員が発見、ヨンファに遺品を手渡す時に廊下に居た工作員が
ウエットスーツ姿だったので、潜り回収(スクリューに絡まったのか浮遊してたのを)した。

■宮津が如月に「お父さんが悪かった」と言っている意味を 教えてください。
如月→父親の幻想で「さわるな」 宮津→如月と隆史を重ね合わせて「悪かった 」

■仙石へ絵を送ったのは、死んだ設定で生前?それとも生きてたって意味?
人を避け人との交わりを拒んで居た行が仙石に心を開いたのか?
仙石の姿を見たのは劇中だと如月しか居ないので、あの絵が如月からの物であるってのを表現。
絵を遠ざけてた如月が、絵が書けるまでに心身ともに回復したことが仙石の表情から伝わる。
的確に朱の色を注す行に、仙石は絵の才能を褒めた。封印した過去に母から絵を褒めてもらった
思い出を持つ行は、仙石に親しみを感じ、心を徐々に開いて行った・・・

■最後の墓参りをしていた人は?
役名:宮津芳恵。宮津弘隆(いそかぜ)副長の妻で、宮津隆史の母。
※蛇足ですがこの配役(夫:寺尾聡/妻:原田美枝子)「半落ち」と同じ。

■ヨーソローの人は誰ですか?意味は?
俳優の大河内浩さんです。「宜しく候」の略。
≪せおしお≫哨戒長と操舵員も劇中で「ヨーソロ!」と言っている。

10 :名無シネマ@上映中 :2006/01/01(日) 11:49:34 ID:2zbBG8wG
参考Q&A[2]

■三割が七割になるところってどういう意味なんでしょうか?
このスレでは日本の世論のことだということで決着したみたいです。
一日で三割から七割になるという流動的な日本の世論が
定まった価値観もない国民性を表しているってことで。

■野球スタジアムのシーンはどうゆう意味があったのでしょうか?
あの野球場のシーンは、ベイスターズVSヤクルトの、リアル対戦中に撮影したみたいだよ。
≪プログラムによると≫
「ヨンファたち工作員が計画を練り、永らく日本に潜伏していたとしたら、
発覚を恐れ、各々別々に行動していた」という設定で、 気軽に逢うことを許されぬ
ヨンファとジョンヒが、 「平和な日本を象徴するような人ごみの中」である野球場を選び、
群集に紛れて「兄妹の絆を確かめ合うために、なぐさめあうために」落ち合う姿が描かれている。

■宮津を副艦長にした意味が分かりません。(出典)
映画協力の条件が「艦長の無謬性を侵さないこと」だったらしい。
「艦長という存在は、そりゃあ乗員はボロクソに言うかもしれませんが、
あくまで間違いをしでかさない存在として描いて欲しいんです。 いわば王、長嶋と一緒です」
と広報担当者に懇願されたと監督&原作者がばらしている。
(自衛隊板・亡国のイージススレより転載)

空自は、落ちる(撃墜であっても、事故であっても)のは絶対ダメ
(「ガメラ監督日誌」より、空自に協力を要請した時の記述から要約)

■仙石が水密扉に仕掛けた爆弾は?簡単に開く?
水密扉の爆砕にしようしたのは127ミリオットー・ブレダ速射砲で用いられてる砲弾の火薬。
いくら水圧が架かっているとは言え水密扉くらい軽く爆砕できる。

11 :名無シネマ@上映中 :2006/01/01(日) 11:50:18 ID:2zbBG8wG
参考Q&A[3]

■篭城した如月が仕掛けていた爆弾は?
ブービートラップ。簡易な仕組みで、設置も除去するのもさほど困難ではない。

■結局宮津の息子はダイスに殺されたの?事故死?ヨンファに殺されたの?
映画では宮津息子をダイスが殺したのか事故死なのかハッキリしていません。
しかしどちらにせよダイスには責任があるようで、ダイスの渥美はその事に結構負い目を感じてたよね。
ちなみに原作ではダイスが事故死を装って殺したことになってます。

■コミック版のストーリーって小説に近いのかな?
全く同じ。

■チンコ枕って何?
グソーを巡る甲板上での戦いで斃れたヨンファの頭部が、風間水雷士の死体の股間に直撃し
風間のチンコがヨンファの頭部の枕となっていたことから。
命名は、風間三尉役の谷原章介さん自ら。


関連記事

  1. 2009/06/14(日) 20:17:52|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<モーテル | ホーム | ボーン・アイデンティティー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/737-2a411b35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR