FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボーン・アイデンティティー

http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1041842039/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :いいちこ:2009/06/12(金) 20:52:27.31 ID:xcmzkXO1
▽記憶喪失のCIA工作員が、アイデンティティー(身元)を取り戻そうと苦闘するアクション・スパイ映画

数発の銃弾を受け、海を漂っていた身元不明の男(マット・デーモン)。記憶を失っていた彼は、体に残
された手掛かりを元にスイスの銀行へ。そこでボーンという自分の名前や国籍、住所を探り当てた。や
がて、謎の殺し屋たちに命を狙われ始めた彼は、偶然出会った女性マリー(フランカ・ポテンテ)の協力
を得て、自分の住所であるパリのアパートへ向かう。

監督:ダグ・リーマン(2002年公開・アメリカ)
出演:マット・デーモン、フランカ・ポテンテ、クリス・クーパー、クライブ・オーウェン、ブライアン・コックス ほか


3 :名無シネマ@上映中:03/01/06 17:42 ID:8xuwDu2X
タイトル、いみわかんねー。

6 :名無シネマ@上映中:03/01/06 19:16 ID:0ozPVL5S
>>3
記憶喪失した主人公ジェイソン・ボーンの自己同一性ってところか。

舞台の殆どが雪と曇り空のヨーロッパロケで美しい。
ミニクーパーと警察車両とのパリ市内でのカーチェイスも迫力あった。
マット・デイモンもポテンテも悪くはないし、
見終わっても損したとは感じなかった。

25 :名無シネマ@上映中:03/01/08 01:15 ID:BqlT9iks
オイラも去年見たんだけど、いやこれマジで、かなーり面白かったぞ。
少なくともここ数年のハリウッド産アクション映画では、
傑作と呼んでも良いんじゃないだろうか?

派手な音響とか火薬量とかに頼らず、撮影と編集の「間」の上手さで
ハラハラさせるアクション映画って本当に久しぶり。
それこそ70年代のドン・シーゲルとかジョン・フリンとかが撮ってた
上質のB級アクションを思い出させたよ。
少なくとも、こういう渋いセンスのある映画、マイケル・ベイ&ブラッカイマー
あたりにゃ逆立ちしても撮れないだろうな(w

39 :名無シネマ@上映中:03/01/09 14:47 ID:lYxpuGmt
>>25
同意。
自分も、70年代アクションっぽくてイイナと思った。

30 :名無シネマ@上映中:03/01/08 03:29 ID:LIGqxfWr
今、見てきますた。
いやー、なかなか面白かった。
格闘シーンとかも本格的でかなり(・∀・)イイ!!

ちょっと前のスティーブンセガールを思い出しますた。

109 :名無シネマ@上映中:03/01/20 02:19 ID:drleugKf
ロング・キス・グッドナイトの主人公を男に変えて
スパイ・ゲームのテイストを混ぜて撮った
シャレードだと思いますた。
試写会で見たので金を払わなくてヨカタ。

美形を出さないとヨーロッパ映画っぽいと思ってるな?>ハリウッド
たのむから目を覚ましてくれ。
新しいアクションシーンを映画の目玉にしたいのはわかるが
死体をクッションにしても肋骨や手首くらいは折れると思われ。
あまりムチャな設定だとジェームズボンド風味で現実味なくなりますー。

111 :名無シネマ@上映中:03/01/20 12:46 ID:GgH7ewH6
>109
空挺部隊な人なら4,5階位の高さからでも平気な罠。

112 :名無シネマ@上映中:03/01/20 18:36 ID:Q+br93OU
先行オールナイトで観てきました。
がっかりしました。まあ、悪くはなかったけど。
というか、全然ストーリーが違うじゃないか。
原作者自らが制作総指揮でコレはないよなあ。
●●●●をどうして出さないんだ。

リチャード・チェンバレン主演のTV映画版は傑作ですので、
『ボーン・アイデンティティ』を面白いと感じた人には是非見てもらいたいです。
リメイクのおかげで、最近DVDも発売されました。

私はこの作品が大好きで今回の『ボーン・アイデンティティ』を観に行きました。
マット・デイモンには悪いけど、チェンバレン版の方が断然おもしろいです。
始まって5分でひきつけられます。
80年代の作品だからちょっと古くさいけど、歩み寄る心で挑んでください。

113 :名無シネマ@上映中:03/01/20 19:09 ID:ntIuS7by
小説は小説、映画は映画。
原作ファンがけなすことって多いけども、
映画しかしらない人が楽しめたんならそれでいいと思うが。

逆に原作ファンも初見の人も両方楽しめる映画って少ないような。

129 :名無シネマ@上映中:03/01/22 11:09 ID:pdQk91d9
話自体はあんまり面白くないね。
ただテンポがいいから見ていて小気味いいというのはある。

132 :名無シネマ@上映中:03/01/22 17:43 ID:qA6w31MO
ちがうんだ。本当はもっとおもしろいんだ!
“トレッドストーン71”の謎とか“女性と子供の記憶”とか
“カルロス”の存在とか“ボーン・アイデンティティー(ボーンの正体)”とか
二重三重に謎が隠されていて最高。
マット・デイモン版はかなりストーリーを割愛している。
というか違う物語。

たのむ、リチャード・チェンバレン版を見れ。

212 :名無シネマ@上映中:03/01/27 21:08 ID:iEpkhXF/
リチャード・チェンバレン版のDVD買った。
原作に近いストーリーでなかなか良かった。
アクションシーンはかなりしょぼいけど(w
お話としてはマット・デイモン版より面白い。

やっぱり今回の映画版の一番の欠点は
カルロス関係のネタを全部削っちゃったので
話に深みがなくなったところだねえ。
マット・デイモンは予想より頑張ってたけど・・・。

134 :名無シネマ@上映中:03/01/22 23:07 ID:eqs6EVnn
見たけどなんだかな~
アクションはハリウッド版のジャッキーチェンだな
あれほど完璧に仕込まれた殺し屋が子供がいただけで
任務が遂行できなかったなんて説得力の欠片もないし

最初の殺し屋が家に飛び込んでくるのも、絵的にはびっくりするが
無計画すぎてプロの殺し屋の潜入方法としては笑止

階段から死体をクッション代わりに飛び降りるのもそれしか
選択技がなかったとは思えず、必然性が感じられない。

狙撃手の元へまっしくらに走るのも、もはやスーパーマン

もっと緻密にリアルに作れんもんかな

168 :名無シネマ@上映中:03/01/26 04:26 ID:zJWIH9mo
オチをもう少し説明して欲しかったのが唯一の不満。

ヤマ場でとにかくどかんどかん…てのが苦手なんで
アクション映画はとにかく避けてましたが、
これは格闘シーンもカーチェイスも丁寧に作られていておもしろかった。

2ちゃんねる映画ブログ

マットはいい。文句ない。
ボーン…の最中、おいおい、かっこいいぢゃないか?と思いながら見ました。
すぺての美しい馬での馬に乗る姿も様になっていたし、
器用なんだな。

191 :名無シネマ@上映中:03/01/27 00:13 ID:NW7IUgyn
マリーになりたいと切に願った!
マットかっちょえ~~っ!!

179 :名無シネマ@上映中:03/01/26 20:16 ID:qvxxv1Ml
最後になんで酸っぱい顔したおっさんが撃たれたのかとか
そのあと爺さんが会議で偉い人っぽヤツらに何を説明していたのかとか
全然わからないのはおいらが気付けてないだけですか?

いつもなら
「あの映画のココがわからない」みたいな事を言う人に
「おまえ、ちゃんと見てたのか?あそこはだな・・・」
と説明する側に立つ事が多いのですが
今回は全然意味不明です
おいらの頭が足りないからですか?
一度みただけではわからないような複雑な物?
単純に戸田奈津子のせい?

180 :名無シネマ@上映中:03/01/26 20:54 ID:BnGU+Mma
>>179
>最後になんで酸っぱい顔したおっさんが撃たれたのかとか

酸っぱい顔したオヤジが、CIAの長官の首も含めて
危機だって言ったからじゃないの?
CIA長官は、ボーンの電話を一緒に酸っぱいオヤジと聞いてたから、
この事件の概要を全て知ってて問題があるのは、酸っぱいオヤジだけって
判断したんだろ。酸っぱいオヤジは、明らかに暴走してたもんな。

>そのあと爺さんが会議で偉い人っぽヤツらに何を説明していたのかとか

要するに、「無問題」ってことをアピールしただけ。
次の議題が出て、待ってましたとばかりに説明を始めただろ。
要するに、議会なんて表面上の体裁が整ってれば、
どんな悪事が裏にあろうとOKってことを揶揄してんじゃないの?

181 :名無シネマ@上映中:03/01/26 20:58 ID:GuIPbogL
この映画に限らず、最近理解力の無い香具師が多いな。
あんなもん、使い古されたお約束的な古典的パターンだと思うのだが。

237 :名無シネマ@上映中:03/01/28 13:30 ID:Y96nFPv8
酸っぱい親父 = 小松まさお
に見えたのは俺だけか?

2ちゃんねる映画ブログ

238 :名無シネマ@上映中:03/01/28 13:58 ID:5uET2NBk
アメリカン・ビューティーのホモ親父な。

197 :名無シネマ@上映中:03/01/27 06:07 ID:+cNlJm+F
ヒ ロ イ ン い ら な い 。

原作他は知らんが、ストーリー半ばのラブシーンぐらいしか見せ場がない。
というか、このシーンだけのために存在するだけのキャラでは

むしろ、無線傍受してた姉ちゃんのほうが気になった(藁

210 :名無シネマ@上映中:03/01/27 20:17 ID:PbE47SM4
ランローラランのねえちゃんはもっと走れや!

2ちゃんねる映画ブログ

204 :名無シネマ@上映中:03/01/27 14:11 ID:3SLqYX8V
なぜマットデイモンにGPSチップを入れておかないのかと.
なぜ貸金庫の番号だけかと.

205 :名無シネマ@上映中:03/01/27 14:45 ID:4HCAM+a8
>>204
あれを埋め込む理由が分からん。

206 :名無シネマ@上映中:03/01/27 16:57 ID:n2nH36+9
>>205
ああいう万一の時(記憶喪失等)のためでしょ?

207 :名無シネマ@上映中:03/01/27 17:48 ID:4HCAM+a8
>>206
記憶喪失なら、ヤヴァイ物いっぱいの貸し金庫にする必要性が??

209 :名無シネマ@上映中:03/01/27 19:22 ID:n2nH36+9
>>207
ん?全部必要なものだからじゃないのかな?
パリに潜伏するジェイソン。明日はXデーのため身辺整理。
「チャカやらパスポートやらどうすっかな。
土の中にでも埋めるか。いや待てよ、もし俺が記憶喪失にでも
なって隠した場所がわからなくなったら困るな・・・。そうだ!
貸金庫にしてその銀行名・口座番号をケツに埋め込んでおけば
間違いないな」
こんな感じじゃないの?まぁ土の中に埋めて、埋めた場所がわかる
物をケツに埋め込んでも良かったわけだが。

219 :名無シネマ@上映中:03/01/28 00:21 ID:85J3SIs4
あのウォンボシがそのまま生きてたら、フランスとCIAがアフリカでいかに汚い
勢力争いをやってるか暴露してくれて面白かったろうになあ。

【ネタバレ】

最後にボーンが思い出したウォンボシ暗殺失敗の理由、CIAが三千万ドルを
かけて育てた冷酷な殺人マシーンが犯すようなミスとは思えん・・・。

221 :名無シネマ@上映中:03/01/28 00:23 ID:c9LVrqj3
プロフェッサー、簡単に逝き過ぎでした。
クライヴ・オーウェン目当てだったのに残念で・・

2ちゃんねる映画ブログ

222 :名無シネマ@上映中:03/01/28 00:29 ID:85J3SIs4
プロフェッサーが死ぬ寸前に言ってた「おまえも毎日、頭痛がするだろう?」とかいう
あれは結局なんだったんですか?原作読めばわかるの?

224 :名無シネマ@上映中:03/01/28 00:32 ID:c9LVrqj3
私もそれ考えてたんですけど、脳に洗脳チップでも
はめ込まれてんだろうかなぁ?程度に軽く受け流し
ちゃった、、もう死ぬのかと、とにかくそれが腹立って。

248 :名無シネマ@上映中:03/01/29 00:46 ID:084HTP1a
>>222,224
あんなシーンは原作にはありません。
まあ、映画の中の設定では、トレッドストーンによって作られた
殺人マシーンはボーンだけじゃなかったってことでしょ。
訓練の過程でキツイことされてるから、教授みたな状態もある
ってことで。

しかし、原作での重要なキーワードの「カルロス」「カイン」「メドゥーサ」
なんて、かけらも出てこないね(w

232 :名無シネマ@上映中:03/01/28 09:16 ID:LdTrbejT
そもそもパリまで乗せて約束の金を貰ったら
ソッコーでお別れするだろ普通。

243 :名無シネマ@上映中:03/01/28 22:58 ID:CtlTN6or
普通に面白い映画だった。
主人公の自分探しの物語が今一弱い感じがしたけど、
その分行きずりのヒロインとのラブストーリーがいい感じ。
アクションの派手さもあのくらいで丁度いいと思う。
愛すべきクリス・クーパーが無様な姿をさらすのが残念。

244 :名無シネマ@上映中:03/01/28 23:44 ID:det+X9/z
ロマンスのオチはMI2よりもこっちのほうが
すがすがしく感じたのは何故だろう。

250 :名無シネマ@上映中:03/01/29 13:38 ID:hGZ2gF6K
昨日見てきました
ヨーロッパの景色とアクションは良かったが
最後に小松正夫が説明口調で全部解説してくれるところが
土曜サスペンスみたいで一気に萎えた

251 :名無シネマ@上映中:03/01/29 21:53 ID:O2EA1oEK
確かに小松マサオに似ていた。
映画観てるときそればかりが気になってしまったよ。

2ちゃんねる映画ブログ

やっぱ原作の方がおもろいのか・・・
読むべき?

253 :名無シネマ@上映中:03/01/29 23:30 ID:YKf32YEJ
>251
原作は面白いよ。今回の映画版では、話を分かりやすくする為か
原作にある重要な要素を削ってしまっているので、ストーリーに
深みがなくなってしまっている。この手のジャンルの話が好きなら、
原作を読んで損はない。

ただし、原作の続編は
長いだけであまり面白くないのでおすすめしません。

263 :名無シネマ@上映中:03/01/30 22:23 ID:bkEV5Ph/
おまいらクリス・クーパー様を小松まさおと言うのか!

むぐぐ、確かに似てる

264 :名無シネマ@上映中:03/01/30 22:39 ID:hf11gxQf
俺もクリス・クーパーのファンだ!彼は名優だぞ!
しかし小松政夫に似てると言われて「なるほど」
と納得してしまったので文句は言えないのだ。

ジミー大西に似てると評判の(?)マット・デイモン、
ファンの人は反論しないのですか?

267 :名無しシネマ@上映中:03/01/31 01:15 ID:rrr97AU7
ジミーに失礼だろ

273 :名無シネマ@上映中:03/01/31 12:09 ID:b6F8w/yE
いやー絶賛してる人はどうかと…
鉄砲使わずに肉弾戦でがんばるのかと思ったら
教授を思いっきり猟銃で撃ってるし。
1発目はいいとして、2発目は撃たないでほしかった。

279 :名無シネマ@上映中:03/01/31 22:51 ID:mDzoQpUx
>>273
つい撃っちゃったんじゃない? 体が勝手に

275 :名無シネマ@上映中:03/01/31 17:02 ID:uNiukLRm
>>273
あの猟銃と弾薬って置いてある場所を簡単に発見してたけど何で?
と思った。

276 :名無シネマ@上映中:03/01/31 17:08 ID:F8Ua30IA
>>275
「泥棒が通帳と印鑑をすぐに発見するように訓練された人は簡単に発見する」
という描写のように感じましたが

または、例えばアメリカなら「車のキーは必ずサンバイザー」というような
『実はみんな似たり寄ったりなのね』というジョークなのかも

他に意味有るのかな?わからんけど

297 :名無シネマ@上映中:03/02/01 12:27 ID:pqWURZNg
抜け忍映画だね要するに。
ボーン抹殺のためにヨーロッパ各地に潜伏する工作員が招集される場面が妙に格好良かった。
死体クッションは良かったッス
前評判どおり凄まじく地味ィ~で渋いアクション映画だったね。
ネーちゃんとの会話で「知り合いは君だけだ」って、
命の恩人の船員の皆さんとジャンカルロさんを無視してたのはどうかと思いましたが

311 :名無シネマ@上映中:03/02/01 22:08 ID:5ae5rSj4
一人目の刺客が窓を破って登場した時にドキッと驚いた。

312 :たー:03/02/01 22:20 ID:PWEUC50k
>>311 確かにドキッとしたが、異様に間抜け面に見えてしまった。
刺客は一人目二人目…とだんだんクールで凄腕っぽくなってくるのが
いいね。

314 :名無シネマ@上映中:03/02/01 22:37 ID:pqWURZNg
>>312
つーか実質二人だけだしねー>刺客
マンハイムは結局あれだけだったし出番

315 :たー:03/02/01 22:50 ID:PWEUC50k
>>314 
ボーンを狙ってたわけじゃないけど、いかにもフランス人っぽい
3人目がいますよね。あれをカウントすると、
一人目 間抜け
二人目 冷徹、プロ
三人目 プロ中のプロでイッちゃってる感じ
でだんだん怖い奴になってる。

324 :名無シネマ@上映中:03/02/02 01:16 ID:zhEj7l7K
CGや合成に頼らないアクション映画としてはまあまあ。

でも「特殊訓練を受けた記憶喪失の男が、わけわからんままスイスの銀行に行く」
以外は、原作と同じシーンがなにひとつないのはすごいよ。
ジェイソン・ボーン以外の登場人物は、すべて映画のオリジナル。
ボーンの設定すら、原作とは違う。
はっ。そこらへんが007の後継者と言われる理由か。

327 :名無シネマ@上映中:03/02/02 02:23 ID:n3hcJ0SA
007の後継者なんて話あるの…
だとしたらあのラストはまずくない?
なんか戦いより平和を望んでる感じがして。
俺的にはもうちょい救いようのないラストが見たかったんだが。

352 :こころ:03/02/03 00:06 ID:BUb+H5yU
ミニクーパーなのにハンドルにはフィアットのエンブレムが
付いていたのは可愛かった。

442 :名無シネマ@上映中:03/02/11 23:36 ID:La333dVD
辛い評価が多いね。
でも俺は面白かったなこれ、
ちゃんとヒロインの葛藤とかも描かれたりしてて良かった。

展開に雑な部分もあるけど、アクション映画だからなこれ。
1人目の刺客がボーンの事なめくさってたり、
最後まで追っかけてきた白バイ警官のキャラをもっとたたせたり、
してくれたら良かったなあ。

475 :名無シネマ@上映中:03/02/18 00:34 ID:q6nJb4x2
優等生/坊ちゃんヅラしたジミーがスパイってのは良し!そこは新鮮だった。
動きも悪くなさそうだったのに、なんでアクションはアップばっかりなんだろう。
領事館脱出のシーンは萌えたね~。みんながキャーキャー部屋に逃げ込んでる中、
平然とした顔でズンズン上に上がっていくあたり、しびれるね~。
でも後の展開は・・・ジミーのムダ使い。女イラネ。

479 :名無シネマ@上映中:03/02/18 04:22 ID:cjl+RiwS
何処の馬の骨とも知れないボーンの家にノコノコついてっちゃう
女の動機が弱かった、つーか弱すぎ。
この際、女は削ってカルロスをもっと前面に押し出してほしかった

484 :名無シネマ@上映中:03/02/19 00:13 ID:juCvf6J6
今日観に行ってきた。アクション寄りすぎ、殴打の効果音うるさすぎとか
こまかいところは気になったけど、大きく見て損はしなかったと思う。
マットかっこよかった。だからヒロインが躊躇なく家に上がるのも違和感なし。
わたしならそうする。断言する。キスされるところのボーンに禿萌え。

501 :名無シネマ@上映中:03/02/22 20:46 ID:AKR+a1PN
>キスされるところのボーンに禿萌え。

私もだー。
ジミー:キスされてちょっと驚き→はりきって萌えー
みたいな。
チェンバレン版のはいただけませんでしたが。

516 :名無シネマ@上映中:03/02/25 22:34 ID:Qdch0dbM
今見てきました
髪を切ってあげるシーンがよかったなぁ

517 :名無シネマ@上映中:03/02/25 23:08 ID:Rp9sgLy5
シャンプーしてあげるとこも萌え~~~~~~ぃ

534 :名無シネマ@上映中:03/02/28 07:48 ID:3xHTPS2P
警官にちょっと手を出されただけで反射的にボコボコにしたのに
暗闇で突然ヒロインが後ろに現れたとき、なぜボコボコにしなかったのか。

536 :名無シネマ@上映中:03/02/28 09:34 ID:6IgLj8oI
>暗闇で突然ヒロインが後ろに現れたとき、なぜボコボコにしなかったのか

そんなシーン、あったっけか?

537 :名無シネマ@上映中:03/02/28 11:13 ID:Qx15Cs2P
>>536
義弟の家で深夜にボーンが
寝ている子どもたちを見おろしてるシーンのことでないか?

ところで義弟はなぜあんなに義姉に冷淡だったの?

538 :名無シネマ@上映中:03/02/28 14:47 ID:7uYtRB0C
あれって、義理の弟だったのか

昔放浪してたときの男友達かとおもってた

541 :名無シネマ@上映中:03/02/28 17:10 ID:buZjPcm+
>>538
えっ義弟じゃないの!?
CIAが立ち寄り先の目星に母親と義弟を調べてたから、てっきりそうだと思ってた。

545 :名無シネマ@上映中:03/02/28 23:27 ID:VDPvEBJL
>>541
元彼じゃないのか?
昔の立ち寄り先のリストに元彼の家があって、その経路上で公衆電話を使用してばれた。

546 :名無シネマ@上映中:03/02/28 23:43 ID:dt3cqDub
>545
それが正解だと思う。

549 :537:03/03/01 15:16 ID:N0PnREKH
そうか、元彼か。
それなら迷惑そうにしてたのもうなづける。


関連記事

  1. 2009/06/13(土) 02:09:57|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<亡国のイージス | ホーム | 13日の金曜日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/736-6999cf79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR