FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダーク・ウォーター

http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1131205631/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2005/11/06(日) 00:47:11 ID:uFEskViW
『モーターサイクル・ダイアリーズ』のウォルター・サレス監督がハリウッド進出第1作目に選んだのは、日本のホラー『仄暗い水の底から』のリメイク。
徐々に恐怖のドン底に追い込まれて行くシングルマザーをオスカー女優、ジェニファー・コネリーが熱演。
『シカゴ』のジョン・C・ライリーや『ブラス!』のピート・ポスルスウェイトらが脇を固め、物語にリアリティを与えている。
日本版よりさらに母親側の心の闇に迫った人間ドラマが泣かせる。
 
離婚調停中のダリア(ジェニファー・コネリー)は娘のセシリア(アリエル・ゲイド)とNYのルーズベルト島に引っ越して来る。
その古びたアパートの天井の黒いシミから黒い水が滴り落ちるようになり……。
英題: DARK WATER 製作年: 2005年 日本公開: 2005年11月12日 (日比谷スカラ座 ほか) 上映時間: 1時間45分 配給: 東宝東和
カラー/スコープサイズ/ドルビーSRD/SDDS (C)Touchstone Pictures, All rights reserved.
スタッフ■
監督: ウォルター・サレス 脚本: ラファエル・イグレシアス 製作: ビル・メカニック / ロイ・リー、ダグ・デイビソン 製作総指揮: アシュリー・クレイマー
撮影監督: アフォンソ・ベアト プロダクションデザイン: テレーズ・デプレス 編集: ダニエル・レゼンデ 衣裳デザイン: マイケル・ウィルキンソン 音楽: アンジェロ・バダラメンティ
キャスト■
ジェニファー・コネリー アリエル・ゲイド ジョン・C・ライリー ティム・ロス ピート・ポスルスウェイト ダグレイ・スコット カムリン・マンハイム 


23 :名無シネマ@上映中:2005/11/07(月) 07:44:52 ID:dCir+YhQ
仄暗い水のそこからより作りこまれてるね。
ジェニファーたんくぁわいいし。
アンハッピーだけどアメリカとかでも受け入れられる
じゃないだろうか。子供が最後マンション見上げて
るところは希望みたいなところも見えたし。
仄暗いであったタンクがボコッてへこむところ無かったけど
無くて正解だったと思われ。あれ妙にやり過ぎた感があるからな~。
水の色が黒だから日本のよりホラーっぽかった。
日本の見てても楽しめた。

26 :名無シネマ@上映中:2005/11/07(月) 08:19:08 ID:Lit5A67C
>>23
タンクがボコは同意
でも水は汚水じゃないほうが良かった

39 :名無シネマ@上映中:2005/11/08(火) 20:39:44 ID:2okTz23B
母子家庭の悲哀っぽいふいんきがなかなか良かったよな。
でも、ジェニファーはなんであん人の良さそうなダンナと分かれたんだろう・・・

48 :名無シネマ@上映中:2005/11/11(金) 00:19:09 ID:j2BC8B16
みたけど、ホラーじゃないね。祖母と娘とその子どもの親子3代に渡る家族の愛憎劇て感じ。
父親の影が薄すぎて、何が理由で夫婦仲が破綻したのか分からなかった。

底辺街の住人の、デタラメさが一番ゾッとした。

49 :名無シネマ@上映中:2005/11/11(金) 00:27:10 ID:R+LzBXr3
>>48
>何が理由で夫婦仲が破綻したのか

そんなの話に関係あったっけ?

51 :名無シネマ@上映中:2005/11/11(金) 00:31:15 ID:j2BC8B16
タバコの吸殻とかあったじゃん。なぜ元だんなが、あんなストーカーのような行動をする理由があったんだろう?と思っただけ。

まぁ、ジェニファーの妄想かもしれないけど。

52 :名無シネマ@上映中:2005/11/11(金) 11:35:40 ID:TZaKQDlW
元旦那が裏でなにかやってるんじゃないかと
現実的に推理したいが実は怨霊。

58 :名無シネマ@上映中:2005/11/12(土) 14:22:06 ID:J4Gbi1+c
まあホラーじゃないわな
「セントラルステーション」を観たのはだいぶ前だが、
たしかに監督のカラーはあるような気がする

日本人にとっては「汚ねー水」が一番怖い

最後のところで出てきたのはナターシャって気付いたんで、少しゾクっときた

63 :名無シネマ@上映中:2005/11/12(土) 21:28:09 ID:OpxTXrdA
観てきた
初日なのに館内ガラガラすぎ
内容は、正直失望した…
日本版と微妙に違ってたけど、その微妙な違いが相当つまらなくさせてた
全体的に地味な印象が強くて、後味も地味な感じ。

66 :名無シネマ@上映中:2005/11/12(土) 23:42:54 ID:GMsC4C3x
日本版よりはましだと思った
雰囲気はなかなか良い感じだし
ダメダメだった黒木瞳も出てないしw
ジェニファーコネリーは適役だと思う
怖さは日本版と同じくらい
というかどっちも全然怖くないんだけどw

68 :名無シネマ@上映中:2005/11/13(日) 01:32:54 ID:sKd3rvcJ
客入りはほんとに悪いっぽいね…
こりゃ2週間で打ち切りとかかな?

しかしこの映画、何が怖いって、
ジェニファー・コネリーの額の血管が怖かった。

138 :名無シネマ@上映中:2005/11/20(日) 22:37:47 ID:H9dE5Ba4
Bマインドみたんだが、手が老けたね。
ラストシーン髪を結うシーンででてきた手が年を感じた。
30過ぎると2、3年でこんなになるかね?

69 :名無シネマ@上映中:2005/11/13(日) 01:44:37 ID:Ufwax018
日本版知らないんだけど、母親が最後ああなっちゃうのは釈然としない。
父親と少年2人の関係も気になりました。
あと、カットが多いのか、すぐ上の部屋に行ってるシーンが何回か気になって。

コネリーは適役。

70 :名無シネマ@上映中:2005/11/13(日) 02:01:29 ID:4jikjo7r
観終わった後グッタリきました。

結局ダリア(母親)はアパートに縛り付けられて、救われた?のは
ナターシャだけ。どうだかわかんないけど。
最後のエレベーターの中の場面が追い討ちをかけてくれてもう…。

自分があの陰気なアパートで彷徨わなきゃならないって考えただけ
でしんどいです。誰か日本からお祓いできる人を呼んであげてよー。

71 :名無シネマ@上映中:2005/11/13(日) 02:41:00 ID:oXY8GEbo
>>69-70
日本版もヲチはほぼ一緒ですが「悪霊」が娘の方を執拗に追い回していたのに最後の最後になって
母親の命を奪うところがあまりにも唐突過ぎて不快感しか残さないんですよ

せっかくのハリウッドリメイクなんだからあんな結末ではなく原作のように親子でアパートを逃げ出す
ラストにすればよかったのに

とにかく日本版が駄作だった映画を何を勘違いしたかリメイクしても上手くいかないのは・・・

78 :名無シネマ@上映中:2005/11/13(日) 18:17:50 ID:DxQUzC/T
ずっと雨が降っているシーンばかりなので気分が滅入ります

79 :名無シネマ@上映中:2005/11/13(日) 19:49:33 ID:c9XRqjmz
しかし、客入ってないねー。ホラーというには怖くない。感動物というには
もうちょっと。ジェニファー綺麗だったし、子役はかわいかったしまあいいん
だけど。

82 :名無シネマ@上映中:2005/11/13(日) 21:28:04 ID:RLiNHlIO
キティちゃんってアメリカでも人気あんの?アメリカ映画でキティちゃんって
なんか違和感あった。

2ちゃんねる映画ブログ

83 :名無シネマ@上映中:2005/11/13(日) 21:37:54 ID:sKd3rvcJ
>キティちゃん
eBayとかには結構出品されてるみたいだよ。
Tバックの下着から子供用のサンダルまで、いろいろと

88 :名無シネマ@上映中:2005/11/14(月) 10:17:02 ID:KteJfeba
一週間以上も水に浸かってて
腐らないのかね。
ブヨブヨだと思うが。。

93 :名無シネマ@上映中:2005/11/14(月) 20:04:14 ID:tNDVTXgX
ょぅι゙ょの入浴シーンもガッチリガードだったなw さすがアメ倫

2ちゃんねる映画ブログ

95 :名無シネマ@上映中:2005/11/14(月) 22:54:17 ID:f7l16Ako
ハリウッド・リメイクなのに、日本版よりショッカー要素が
減って人間ドラマ重視になっているのに驚いた。
正直、「ホラー映画」じゃないよなあ。

「THE GRUDGE」とか先に見せられちゃったアメリカ人には
これは物足りないというか、つまんないだろ。
本国でもあんましヒットしなかったのも仕方ない。

幽霊が怖いとかより、
離婚調停やら部屋探しやらで苦労して
精神擦り減らすジェニファーが気の毒で
見ていてひたすら鬱な気分になる映画だったよ。

96 :名無シネマ@上映中:2005/11/14(月) 23:14:29 ID:xMqnmhFG
エレベーターのシーンって個人的には良いと思う。普通のホラーなら、
半分腐った○ェニファーが髪を結ってるシーンでENDなんだろうけど。

100 :名無シネマ@上映中:2005/11/15(火) 01:33:32 ID:8MkOGBbR
今だ!100階ゲットォォォォ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄       (´´
     ∧∧   )      (´⌒(´
  ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
        ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;
      ズザーーーーーッ

106 :名無シネマ@上映中:2005/11/15(火) 22:25:47 ID:32/FswdK
ピート・ポスルスウェイトがキティちゃんのバッグを肩から下げて、ニンマリ
笑ってるシーンが一番怖かったよ。

108 :名無シネマ@上映中:2005/11/16(水) 02:55:50 ID:709NnxAA
セシリア役のアリエル・ゲイドちゃんカワユス♪ダコタンの時代は終わった!!!

120 :名無シネマ@上映中:2005/11/16(水) 23:01:48 ID:CZt34HOA
アリエルタンの可愛さが光まくってた。
こんな可愛い人間がいるのかってくらい可愛いね。

121 :名無シネマ@上映中:2005/11/16(水) 23:09:21 ID:709NnxAA
お母さんが切れかかって管理人に釘を刺した後、「ンベェッ!」って舌出して
去ってゆくアリエルタンが ギザカワユス♪

117 :名無シネマ@上映中:2005/11/16(水) 20:46:59 ID:ZlKSwnUJ
アメリカでの興行成績は

122 :名無シネマ@上映中:2005/11/17(木) 07:40:18 ID:MAW5cueO
アメリカでは、1~2週トップテンいりと言う感じ。
日本は、客のいりが悪すぎ。

129 :名無シネマ@上映中:2005/11/19(土) 04:47:41 ID:61Tk3uL1
あんな硬質ガラスドア装備なバスルームって本当にあるのだろうか
子供助けられないように映画のために無理やりつけたみたいなんだけど
原作とか日本版の風呂の描写にもあんなの付いてるの?

130 :名無シネマ@上映中:2005/11/19(土) 05:56:09 ID:YJvBFThA
>>129
あんま堅苦しく考えない方が・・・。
不動産屋が「絶対割れませぇ~~ん!!お子さんは絶対安全で~す!!」
と言ってたのが伏線となっていて、むしろ逆に、お子さんをムッチャ危険に
追い込んでしまう、という皮肉な展開を楽しむべきところでしょう。

131 :名無シネマ@上映中:2005/11/19(土) 14:03:58 ID:ofPpOi2m
みたよー。

あの雰囲気というか撮影が素晴らしいですね。
ストーリーは内面的なものを描いているので派手さがないけど抑制が効いてて結構好きです。
ジェニファーはデコ皺増えましたな。
セシー役の子は可愛くてよかったです。

136 :名無シネマ@上映中:2005/11/20(日) 20:38:48 ID:ZaGt47P8
ホラー映画ではないが、心理映画?としてはけっこう楽しめた。
母親が精神的に追い詰められて行く描写がよかったな。
観たあとは鬱になるけど。

137 :名無シネマ@上映中:2005/11/20(日) 20:47:28 ID:HbmReq7C
アメリカ人なら
おどろおどろしいモンスターメイクしたお化けが出てこないとホラーじゃないと考えてしまっても無理はないが
日本人ならこういう人情に訴える、
お化けにも同情するべき部分があるということを理解できるんじゃないかな。

ホラーという先入観抜きで観れば悪くはないと思う

141 :名無シネマ@上映中:2005/11/22(火) 13:06:36 ID:JQX6gHRo
日本版よりわかりやすい話だった。
日本版がエレベーターの子供とか、ホラー描写を多くしたせいで
死んだ女の子のバックボーンをぼやかしてたのに対して、そこが
明確に描かれてるだけラストへの繋がりが自然だった。
あと不動産屋のキャラがいかにもアメリカって感じで楽しめた。

142 :名無シネマ@上映中:2005/11/23(水) 11:08:48 ID:cNqh+qJk
ジェニファーは欝役者だなあ。
見てるだけでこっちが欝になりそうだ・・・

2ちゃんねる映画ブログ

145 :名無シネマ@上映中:2005/11/23(水) 18:35:20 ID:ReSfWNXV
>>142
砂と霧の家も鬱だった

143 :名無シネマ@上映中:2005/11/23(水) 11:22:25 ID:R8VFaFgD
いいんだ乳さえあれば。

144 :名無シネマ@上映中:2005/11/23(水) 15:30:27 ID:K+M5Qnvj
あの胸にうずまりたい

158 :名無シネマ:2005/11/26(土) 06:27:03 ID:VdxxjT1e
日本版よりシナリオが圧倒的に上手い。
マンションの気味悪さや場所移動の緊張感は負けてるけど。

159 :名無シネマ@上映中:2005/11/26(土) 08:26:06 ID:t4kG5fvP
ここの意見見る限りでは少数派かも知れないけど、娘を助けるシーンはもうちょっと大掛かりにやって欲しかった。
オリジナルの少女の死体が見つかって以降が好きな自分は、
もっとハリウッドらしく派手にやってくれると思ってたからあれだけでは肩透かし。
まあ、監督がウォルター・サレスで大作の柄ではないからあれ以上は金掛けられなかったのかな・・・

大きくなった娘がマンションで幽霊になった母親と再会するシーンが、
幽霊になった母親がエレベーターで娘を見送るのに変更になってたのはこっちの方が好きだな。
オリジナルのも嫌いじゃないけど。

183 :名無シネマ@上映中:2005/12/02(金) 13:23:59 ID:P0aRu9OZ
いい映画だったけど、なぜ1974年から始まるのか意味がわからなかったな。
ジェニファーが母親に嫌われてたっぽい設定は、どこに生かされてるんだろう?
俺が頭悪いのか、よくわかんなかった。

184 :名無シネマ@上映中:2005/12/02(金) 13:28:04 ID:dt2QLv2u
母親失格の母親に育てられたから、自分は必死でよい母親に
なろうとしてる点
マーシャも自分と同じ、親に見捨てられた子であると知る点

186 :名無シネマ@上映中:2005/12/02(金) 13:52:33 ID:P0aRu9OZ
>>184
それはわかるんだけど、冒頭にわざわざ「1974年」とか出てきて、
意味ありげに過去から始まるから、もっと秘密があるのかと思っちゃ
ったよ。自分が幼いころに母親と10Fに住んでたとかさ。

でもまあ、そんなジェニファーと幽霊が同調しちゃったってことだよね。
救いがねえなあ!

190 :名無シネマ@上映中:2005/12/03(土) 00:05:20 ID:I0VJDLaq
>>183
解り難いよね。冒頭とラストは、変に監督がオリジナルを踏襲しようとし過ぎ
たんじゃないかな?サレス監督独自のテーマに変えたんだから、設定ももっと
解り易いように作り変えて良かったと思う。

191 :名無シネマ@上映中:2005/12/03(土) 00:21:46 ID:1aWtWDGL
>>190
なるほど。
オリジナルは過去・現在・未来という構成だったなたしか。
それの名残か。合点がいった。

本編が2005年だったから、ラストは2015年とか近未来の話になるかと思ってどきどきしたぜw

192 :名無シネマ@上映中:2005/12/03(土) 01:17:01 ID:Nfih9GMm
ベタベタで分かり易かったがな

188 :名無シネマ@上映中:2005/12/02(金) 14:19:40 ID:Q+aC5Pzi
有り得ないくらいにスレがさびれてるんだね…ここ。
いい映画だろうになぁ…ウォルター・サレス監督だし。
まぁ暗すぎて見なかったけどね。

189 :名無シネマ@上映中:2005/12/02(金) 14:36:55 ID:P0aRu9OZ
みろよ。

212 :名無シネマ@上映中:2006/01/03(火) 23:07:10 ID:QzyRzYEK
なんでこんな大傑作が無視されてるの?

213 :名無シネマ@上映中:2006/01/03(火) 23:35:12 ID:Qe1k1lNy
答え:地味

216 :名無シネマ@上映中:2006/01/09(月) 02:53:55 ID:yDcXycu/

2ちゃんねる映画ブログ

弁護士役がティムロスだったから、きっと彼が助けてくれると思ってしまった
多分彼がキャスティングされた(?本人が望んで出た)理由はそれかと・・・
監督にうまく騙された!!
それとリングでも場所はジメジメしたシアトル
日本の作品の湿気感触が想起させるんだろうか
シアトルはあんなに雨ばかりなの?
見終わって「良かった、日本の方がカラっとしてる」って感じ
映画館出るとき久々の爽快感

217 :名無シネマ@上映中:2006/01/10(火) 01:24:08 ID:SYTOSqDH
>216
シアトルは最初だけ。事件はニューヨークで起こる。

218 :名無シネマ@上映中:2006/01/10(火) 01:50:00 ID:raKuIBZb
>>217
もちろんNYのアイランドが舞台なのは知ってますが、
出だしでなぜにまたシアトルなんだと疑問に思ったんです

219 :名無シネマ@上映中:2006/01/10(火) 01:52:11 ID:T2akgBIb
シアトル、冬は雨ばっからしい

223 :名無シネマ@上映中:2006/01/31(火) 23:36:46 ID:wkPzHUs4
「仄暗い・・・」も見たけど、私はこちらのほうが好き
黒木嫌いなせいもあるが、ジェニファーのすっぴんでの頑張りが凄い
つーか、女優はこれくらいできないとな

224 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 01:25:28 ID:Pe4A580E
仄暗いの方は、あのエレベーターから水ドバーで醒めちゃうんだよな、
ドリフ系のコントみたいで…

再会のシーンもバッサリ切って正解だな。

225 :名無シネマ@上映中:2006/02/01(水) 18:30:16 ID:e0XpYnmy
エレベーターから水ドバーも萎えたけど、そもそもそのシーンにつながる
団地での最後の夜、食卓を囲んでいた時に突然思い立って、娘を置いて
屋上へ行ってしまう行動が不可解だった。
ダーク・ウォーターでは唯一、鍵のかかっていなかった上階の部屋に
入り込むのが無防備すぎると感じた以外は(あ、あと調停中のダンナが
いやがらせしているような描写を入れながらその伏線を回収しなかった部分も)
特に不可解な展開がなくてよかったな。


関連記事

  1. 2009/05/12(火) 09:14:53|
  2. た行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ラースと、その彼女 | ホーム | エネミー・オブ・アメリカ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/727-6a189455
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR