FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アルゼンチンババア

【よしもとばなな】アルゼンチンババア【役所広司】
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1167280971/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2006/12/28(木) 13:42:51 ID:ZCv/QgF7
原作:よしもとばなな、監督:長尾直樹、主演:役所広司、鈴木京香、堀北真希

公式:http://www.arubaba.com/


192 :名無シネマ@上映中:2007/03/20(火) 01:30:53 ID:ZhWcchOk
鈴木京香のタンゴもダメダメだし、堀北の泣きも(トラックのとこ)ダメダメ。

映像は綺麗だったけど
脚本が駄目すぎ。楽しみだったのに

210 :名無シネマ@上映中:2007/03/21(水) 23:35:06 ID:h4mOr0of
さっきヤフーの試写会で見た。
セットとかカメラワークなんかの見える部分はすごく良かった。
でも鈴木京香がババアはないだろ。メイクでむりやり歳とらせた感じ。
そして真希タンかわいいよ真希タン(´Д`)

215 :名無シネマ@上映中:2007/03/22(木) 17:28:44 ID:CxDSoC7w
ヤフーで見たがTVの2時間ドラマのほうがまだましと思うくらい酷い
全部酷いけど京香がともかくミスキャストだと思う
まだ泉ピン子あたりだったら変なリアリティがあって良かった気がする
あと全編夏なのもちょっと季節外れ
編集も酷い、要らない描写が多く必要な部分がない
結局堀北がかわいく映ってたらいいだけの映画なのに1:52は長すぎ

216 :名無シネマ@上映中:2007/03/22(木) 22:07:38 ID:+JFy6JT8
今試写会で見て来た。全然面白くなかった。
いちいちわざとらしい。タンゴもまったくキレがない。
娘がムチウチでなくても、あの巨石を荷台に積めるはずがない。
観客が見逃してくれる事を期待して、甘えて作られている。
只で見れるテレビドラマ クラス。 それも片手間でいい加減に見ているのでなければ、チャンネルをかえているだろう。

2ちゃんねる映画ブログ

堀北真希の夏のセーラー服姿は良かった。

218 :名無シネマ@上映中:2007/03/23(金) 00:05:06 ID:jeRnMlW/
可もなく不可もなくといった感じでした。よしもとばななの原作自体そんな
感じだったから原作好きな人は気に入ると思うよ。

243 :名無シネマ@上映中:2007/03/25(日) 00:35:18 ID:zWDSiT3I
マッサージ屋のシーンは必要あったの?

244 :名無シネマ@上映中:2007/03/25(日) 01:23:56 ID:HfUlHkB8
わからん。田中直樹がいて驚いた。まさか出てるとは知らなかった
から、最初は田中に似たやつだなあとw

堀北はこういう役はほんとに似合うね。演技もしっかりしている
と思った。

250 :名無シネマ@上映中:2007/03/25(日) 16:10:12 ID:0gP6gaHO
見てきた。観客13人。だめだこりゃ。
役所演ずる父さんの行動が理解できなかった。
なんであんな臭いババアとくっつくんだよ。
でもって最後に娘に説明して、めでたしめでたし。なめとんのか!

よかったのは堀北のセーラー服と紺ハイソだけ。

251 :名無シネマ@上映中:2007/03/25(日) 16:27:45 ID:lbV/0kdz
映画作品としてはいろいろ問題あるみたいだが、
堀北ファンとしては、非常に満足。
写真集を別にすれば、堀北からこれほど強い色気を感じたのは初めてだった。

261 :名無シネマ@上映中:2007/03/25(日) 20:58:08 ID:5VI6vJIA
奥さん死んで娘捨てて出奔してババア孕ます父ってのから変だし
京香は若すぎるし、でも魅力はないババアだし
見所は岸辺一徳くらい、従兄弟はもっとかこいい子が良かった

265 :名無シネマ@上映中:2007/03/25(日) 22:34:46 ID:HOK/IKDw
イルカ墓石を海底に置いた後、
海中で身を翻す堀北の泳ぎがとても美しいんだが、
本人なのか、スタントなのか。

323 :名無シネマ@上映中:2007/03/28(水) 20:07:44 ID:dYvctfEd
>>265
TVびあの記事(立ち読みなので語句は正確ではない)に

> 水泳は得意。水中のシーンはプールで撮影。
> お父さんとお母さんが若いころ海のデートで沖に取り残されたことがあって、
> 子供は泳げるようにとスイミングスクールに通わされてた。

ってあるから、本人の可能性大。

324 :名無シネマ@上映中:2007/03/28(水) 20:32:28 ID:030SRfqd
まきまき、さすが何でもできるな

268 :名無シネマ@上映中:2007/03/26(月) 00:14:47 ID:wYz+p0Rw
意外といい映画なんだと自分に言い聞かせている。
なんか流れが不自然なとこがあってしっくりこないとこが沢山あった。
編集がまずいのかな?

270 :名無シネマ@上映中:2007/03/26(月) 00:27:05 ID:bloYVZSt
編集だろうね。あとラストの曲も気に入らなかったな。

この手の映画は監督の腕でかなり出来に差ができそう。

269 :名無シネマ@上映中:2007/03/26(月) 00:25:54 ID:wYz+p0Rw
あの蜂蜜には媚薬でも混ぜてあんのか?
妙にエロチックな雰囲気があったな。
中年たちのああいうのって面白いけど想像したくないものがあるな。

528 :名無シネマ@上映中:2007/04/19(木) 20:59:36 ID:6SoTA2bx
蜂蜜でジジババが発情してたな・・・

273 :名無シネマ@上映中:2007/03/26(月) 02:31:14 ID:3FJecX7T
とにかく京香がミスキャスト
好きな女優さんだけど、この役はまったくダメ
50のババア役ってやたら取り上げられてるけど
要するに厚化粧してるだけでぜんぜん老けメークじゃない
原作読んだ人間からすると「はあ??」って感じ
ちゃんとババア役やる気概が無いのなら受けるな
役所も汚いし、とにかく汚くて臭う映画
堀北でかろうじて救われてるけど
金出して見に行く価値はとてもじゃないが無い

274 :名無シネマ@上映中:2007/03/26(月) 02:39:45 ID:75V9ECfJ
アルゼンチンババアとの交流がちゃんと書ききれていなかった
なのに最後はギリギリまで快く思ってなかったオバサンも
良い人だったのに(;´Д⊂)になってる・・・。

287 :名無シネマ@上映中:2007/03/26(月) 19:52:11 ID:r5BVQK68
1回目はみつこに
2回目は親父に感情移入して見た
つぎはきたろうか医者だな

288 :名無シネマ@上映中:2007/03/26(月) 20:17:43 ID:HRyGIYO5
>>285

きたろうヲタとは、またマニアックな。

289 :名無シネマ@上映中:2007/03/26(月) 20:21:47 ID:+hbpCuNQ
冒頭でアルゼンチンババアについての説明があった時点で
ああ、この映画はアルゼンチンババアについて楽しむ映画
ではないのか、と思った。

案の定、十代後半の揺れる乙女心ともうすぐ50を迎えるおっさん
の揺れる心を重ね合わせてみる映画だった。

堀北はかわいいなぁ。でも、あの不安げな複雑な表情がどの
シーンでも一緒なのが気にな。

290 :名無シネマ@上映中:2007/03/26(月) 21:04:41 ID:cKKij+Ze
ボートで墓石を運ぶシーンは良かったけどなぁ・・

あんな可愛い娘を置いてババアに入れ込んじゃうのがどうしても理解出来ん。

292 :名無シネマ@上映中:2007/03/26(月) 21:11:07 ID:bloYVZSt
>>290
> あんな可愛い娘を置いてババアに入れ込んじゃうのがどうしても理解出来ん。

やっぱこれだな。違和感の原因は。

295 :名無シネマ@上映中:2007/03/26(月) 21:51:16 ID:OFEaMf4V
>>290, >>292

男のロマンの果て

293 :名無シネマ@上映中:2007/03/26(月) 21:21:29 ID:75V9ECfJ
妻の葬式もやらずに子供まで作ってんじゃねえよ

445 :名無シネマ@上映中:2007/04/08(日) 20:49:41 ID:9g3He8+j
妻を亡くした役所がババアに惹かれる・・・だけなら許せるんだが
中出しはいかんよ。中出しは。
あれで一遍に醒めた。

298 :名無シネマ@上映中:2007/03/26(月) 23:05:40 ID:/tbuo4lP
「帰れ、帰れ」
「そっちが帰ったら私も帰る」
と答えるやいなや、すたこらアルババ家に帰る父

本当の娘なら一生涯赦せないトラウマになるな
このときの絶望を、堀北は眼差しで見事に表現していたと思うが、
この後の展開見ると、長尾監督はよく理解してないようだ

299 :名無シネマ@上映中:2007/03/26(月) 23:08:09 ID:bloYVZSt
>>298
同意。堀北は良かった。ああいう役やらせたら堀北は
同世代でぴか一かな。

映画全体としたら堀北の好演を生かせてないなって感じだね。

304 :名無シネマ@上映中:2007/03/27(火) 00:09:44 ID:5+aD/Pe0
>>299
ああいう役しか出来ねーんだよw

307 :名無シネマ@上映中:2007/03/27(火) 06:51:42 ID:YJfi/ZWk
堀北真希スレに行ってみると絶賛されてる。
ところでアルゼンチンビルの屋上で踊ってたけど、も少し広いとこだとよかったのに。
曼陀羅の石碑でほぼ半分とってたしね。
現場に行った人いるの?あのビルまだあるのかな?

309 :名無シネマ@上映中:2007/03/27(火) 10:15:51 ID:EGQTAhPd
>>307
撮影終了後取り壊したらしい
堀北は悪くないけど映画は絶賛されていないだろ
目線で心の動きを表すところとかさりげなく良いところ引き出されてるけどね

親父はもう心が死んでるから浮気とか不倫とかいう感覚でないと思うんだけど
ババアが女として魅力ありすぎるからダメなんだよな

あのビルは彼岸のお墓参りのイメージでしょ。彼岸(向こう岸)から連れ戻しにいくんだよね
何度も

ババアが湯ばあばみたいな感じならファンタジックになったと思うんだけど
病院に場面が変わるのも現実的で良くないよ
嫌いじゃない映画だけどな

389 :名無シネマ@上映中:2007/04/02(月) 02:29:26 ID:asTg2ORN
あの建物はわざわざ作品の為に建てた?
異様な存在感といい、時代錯誤の家具といい、その辺の
トリップ感は結構良かったと思うけど。

417 :名無シネマ@上映中:2007/04/04(水) 23:12:25 ID:QbMXLvrE
>>389
美術の池谷氏は実相寺昭雄監督と長年組んでやってきた人だから、レトロ風デザインが得意という
実績を買われて登用されたのかも知れない。
映画は支離滅裂の最低だったけど美術と猫とエンドロールの歌だけは良かった。

311 :名無シネマ@上映中:2007/03/27(火) 12:06:44 ID:lVaTIMJL
見たときは( ゜ 3゜)≡@!ペッと思ったけど
あとからジワジワくる。

てか違う監督で観てみたい。キャストも違えて

312 :名無シネマ@上映中:2007/03/27(火) 15:44:54 ID:6ojbSXKO
>>311
どのくらいでじわじわくるんだろ。
2日たったけど全然こないw

314 :名無シネマ@上映中:2007/03/27(火) 19:42:17 ID:oIS3uFTx
もし、アルゼンチンじゃなくて、キタチョ**ンババアだったら、
オヤジの奪回シーンは萌えたろうな、それと、花火ミサイルのところは興奮したろうな!!

317 :名無シネマ@上映中:2007/03/28(水) 00:37:37 ID:K9RxM9I5
夏木マリならわかるけど、京香じゃ全然体臭が臭く見えない。

2ちゃんねる映画ブログ

319 :名無シネマ@上映中:2007/03/28(水) 01:46:15 ID:xk08WUJ7
木の実ナナでもいいなぁ!タンゴに迫力出そう!

356 :名無シネマ@上映中:2007/03/31(土) 10:54:13 ID:ioQOT/8P
そういえば堀北の子供時代の子は可愛かった。
堀北に似てたと思った。

一生懸命いいところを探してみたw

357 :名無シネマ@上映中:2007/03/31(土) 17:43:20 ID:c3g+Thd0
堀北の「やらせっか!」が耳から離れんばい。

358 :名無シネマ@上映中:2007/03/31(土) 18:28:43 ID:wtIUr2Rs
最近は墓石も多様化してるようでイルカの墓石もあんまり珍しくない。
っていうか伏線にしては弱すぎだ。

360 :真希ちゃんだけじゃないよ:2007/03/31(土) 19:27:45 ID:UU87UWZy
今日見てきた。けどここの皆さんの言う通りだったな。大人向けのおとぎ話(のつもり
で作られた映画)。きれいにまとめられていて美しいお話だから、それなりに癒される。
そんな映画だけど、深みは全くないと言ってもいいかな。

女房に死なれた夫の苦悩、別の女との同棲、それを取り返そうとする娘の奮闘。どれももっと
深く掘り下げて描くことができたはずだ。それがきれいにすっきりまとめられて終わってしまう。
いったい何なのこの映画、という感想が見終わったときに残るのだ。もっとタンゴが前面に出た
映画かと思っていたけど、付け足しのような扱いだったことも不満だ。

堀北真希はその魅力全開で、堀北ファンにとっては満足できる作品だろう。それに真希ちゃんだけ
じゃない、森下愛子も熱演してたじゃないか。彼女もきちんと誉めてあげないと。
それにしても真希ちゃんに向かって「1発やらせろ」とは、何て野郎だ! 俺も言ってみたいという
欲求を抑えらん。でも「やらせっか」って言われそうだな。(笑)

362 :名無シネマ@上映中:2007/03/31(土) 23:22:02 ID:KfIEVt0q
堀北ばかりじゃなく、役所広司も、もう少し話題にしてあげて、ハリウッド男優なのに(泣。

2ちゃんねる映画ブログ

394 :名無シネマ@上映中:2007/04/02(月) 11:00:10 ID:awpiV3mR
未成年の喫煙を認めるような描写はいけないと思います(>_<)

395 :名無シネマ@上映中:2007/04/02(月) 13:49:12 ID:kQEdCAx0
おまいは教育委員会かいな!

398 :名無シネマ@上映中:2007/04/02(月) 20:20:37 ID:mfuVS5vS
みつこがビールをガブ飲みするシーンもあったな。

426 :名無シネマ@上映中:2007/04/06(金) 00:23:54 ID:3WpbXaY4
原作が支離滅裂なストーリーだから、逆によく映画ではここまでまとめた
と思ったけど。前半は、安物の2時間ドラマぽかったけど、後半は泣きそうに
なった。ベタだけど、『自分の命は自分のためだけにあるんじゃない』という
セリフとか、イルカの海底遺跡のシーンやラストのアルゼンチンビルの屋上の
シーンはよかったな。

432 :名無シネマ@上映中:2007/04/07(土) 00:08:20 ID:yFxCL/NE
>>426
オレは逆だな。後半より前半の展開に引き込まれた。
何より、堀北をはじめ俳優陣の演技がどれも素晴らしく、
特に堀北や役所は、微妙な心の揺れを口調や態度、目の動きなどでほぼ完璧に表現していた。
残念なのはガキどもが花火をアルビルに打ち込む辺りから以降、
ストーリーについていけなくなってしまうこと。

447 :名無シネマ@上映中:2007/04/08(日) 22:37:17 ID:pI2mWwpT
原作読むとみつこは、父がアルババに入り浸ってると聞くや、大笑いしてるんだな
その辺の映画の受け止め方の差が、最後で矛盾になって噴出した感じ。
はっきりいって長尾監督、読み方が甘い気がするな。

要するに原作では、
みつこは母を亡くした心底の痛みを初めから父と共有してる。
そして、アルババに抱きしめられた瞬間、気絶するのじゃなくて泣いているわけだが、
後付けでもいいから、その意味する所をもう少し映画に持たせられていたらな。。。

479 :名無シネマ@上映中:2007/04/14(土) 00:56:46 ID:zQYbJhHb

2ちゃんねる映画ブログ

信一役の小林裕吉は、抜群にうまい。
細かい体の動き、助詞間投詞の使い方、普通の日本人俳優にはちょっとできない。
今後の活躍への注目は超大きい。
その他、役所、堀北、森下も一つ一つのシーン、台詞の意味や人物の心理を考えつつ、
動作、しゃべり方、表情、目線で丁寧・繊細に演じてるのが印象的。
俳優は、俳優陣だけは、邦画に希望を持たせてくれる。

480 :名無シネマ@上映中:2007/04/14(土) 06:41:42 ID:hS6B0z2/
この作品ほんとうにおしいところ。
ストーリ中核部の説明に、もう10分かければ、まれに見る美しい仕上がりの、
日本映画になっていた。
説明は二点。
みつこ目線で、アルゼンチンビル内部を、じっくり見つめまわして、いつのまにか
自然にみつこがその世界に引き込まれていく表現。
・・・テラスから草原の夕暮れを見つめる みつこ ・・・
・・・スペインの鎧を凝視する みつこ ・・・  
・・・父とユリの情熱のタンゴを、天上の神様の瞳で見つめる みつこ ・・・
ここをしっかり描くことによって、父親に続いて、娘もユリを受け入れていく
過程が、自然に観客.に伝わっていく。
最初の入館が失神して三階の部屋から見まわすのがまずい。
一階の大きな扉を開けて一歩踏み入れたところからの、みつこ目線で、ビル
内部全体を、観客に見せていかないと・・・。
次に
みつことユリは、もっともっと会話しないと・・・。
すれちがったり、心が触れ合ったり・・そして理解しあっていく。
この精神のぶつかり合い、溶け合いのほうが、妊娠事実より大切。
特にアルゼンチンタンゴについては、深くどこまでも深く。
ユリ「お父さんと踊ったのは、男と女の情熱のタンゴ。みつことは、
母と娘の、生まれて分かれていく、やさしさと哀しさ・・哀愁のアル
ゼンチンタンゴを踊りたい、」
この会話を、しつこいくらい、ユリに言わせて伏線張ってればラスト
ダンスシーンの意味が観客全員に伝わり、みんな、泣く。
あの屋上のラストタンゴが、死者と生者の魂の交流そして昇華・・
幽玄の舞となる。
ユリが消えた後、一人屋上に立つみつこに究極の余韻が・・・。
もうたった10分の描写があれば、本作はまれに見る美しい日本映画だった

482 :名無シネマ@上映中:2007/04/14(土) 08:47:45 ID:4FFq90uI
原作では、みつことアルババとの和解は、出会って抱きしめられた瞬間にすでになされている。
だから、娘を裏切り続ける父を描けば描くほど、原作から遠ざかってしまうことになる。
しかもその父は、娘の目の前で、誘惑するアルババとあからさまな関係を持ち、
また怪我をしながらも駆けつけた娘に、「帰れ帰れ」という。
これでみつこが、父やアルババを赦すことができるというなら、もはやネ申の領域だ。
ましてやアルババが何をした。父に「あんたは家に帰れ」と言っただけ。
娘の言うことは無視するのに、愛人の言うことだけは聞く父を嫌悪し、みつこが家出するのは当然。
みつこにも視聴者にもじんわり幸せなどやってくるわけがない。
もしやってきたなら、それは「気のせい」だ。

488 :名無シネマ@上映中:2007/04/15(日) 00:30:54 ID:K6gfCBM0
映画で完成できなかった曼荼羅は、原作では見事完成している!
ここが大きいんだよ。
原作と映画のこの違いがポイントだな。

499 :名無シネマ@上映中:2007/04/16(月) 06:58:26 ID:QKHVny1U
みつこの思いは丁寧に描かれてるが、
悟の方はのっけから破綻していてついてけない。
曼荼羅を完成できないというのは、それを制作者も自覚してるということだ。

501 :名無シネマ@上映中:2007/04/16(月) 13:33:13 ID:OFUFx+r9
>>499
斬新で興味深い評だ。
曼荼羅を完成させるシーンと出来上がった曼荼羅は、悟の芝居の見せ場のはず。
イルカ墓製作シーンもいまいち荘厳さが無い。
みつこに会いに海へ行く道中も表情に娘を想う気持ちが出ていない。
本作のクラッシャーは悟だったのだろうか。

504 :名無シネマ@上映中:2007/04/16(月) 14:26:13 ID:OFUFx+r9
悟が海に向かうときソーセージ咥えたり軽トラ窓ビニールだったりの貧乏ネタ
やらずに、亡妻やみつことの回想シーン入れて去来する想いを、表情でみせて
くれたなら、ベタだけど、観客にとっては親切だったと思う。

505 :名無シネマ@上映中:2007/04/16(月) 18:19:08 ID:cXAiaMTL
駄作駄作と責めてはいるが、
父を待ってあげてとアルババにと宥められてのち、
じろりとにらみ返すみつこの眼だけは忘れられない。
この映画の最大の見せ場だったと思ってる。
セリフがないのに、みつこが何を言いたかったのか、余りにもよく伝わってきた。
そのあと、父の為に取っておいたビールを飲み干し、みつこもまた、父を捨てる。
でもそれは、父が戻らないという寂しさを受け入れたということではない。
愛する父に裏切られたという、永遠に消えない傷を追うことを彼女は受け入れたのだ。

509 :名無シネマ@上映中:2007/04/17(火) 01:13:40 ID:ZvxHSppp
>>505
505のように解釈力ある観客にとっては、あの映像表現でOKだったろう。
しかしヤフー試写観て「意味がさっぱりわからん」とレビューしてくる
文学センス皆無の観客には、もっと会話やみつこナレで、505の言う行間を
くどくど説明してやったほうが、商業的に評判良かったかも。
みつこナレ「ユリさんにもつらい過去があるのは、わかった。でもお母さん
の供養もできていない私には、まだ、それを受け入れることはできなかった」
この程度のナレを表情演技かぶせてやれば、文学慣れしてない観客にも、わか
りやすかったはず。
それにしても、みつこナレは、自分の心の奥まで優しくとどく。
堀北真希・・女優をこんなにも好きになってしまったのは、はじめてだ。


関連記事

  1. 2009/05/24(日) 13:00:32|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ファイヤーウォール | ホーム | トゥルーライズ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/724-a82357e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR