FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

レオン

http://tv.2ch.net/movie/kako/1007/10077/1007710667.html
2ちゃんねる映画ブログ

1 名前: 投稿日: 01/12/07 16:37 ID:sLEdKS1m
ジャン・レノ最高なんだけど
映画通から言わせると
どうなの?


2 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/07 16:40 ID:Fw7kNVtg
ジャンレノなんてどうでもいい
マチルダが全て
あの子のプロモーション映画と言っても過言じゃない

3 名前: 投稿日: 01/12/07 16:41 ID:sLEdKS1m
いまなにやってんのかな・・

4 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/07 16:42 ID:lo5Jt+YY
スターウォーズで白塗りになってますが何か?

2ちゃんねる映画ブログ

5 名前: 投稿日: 01/12/07 16:47 ID:sLEdKS1m
あれがマチルダ・・・
マジで鬱
でも俺はジャンレノはカッコいいと
思ってます、あのサングラスが
ほしくてたまらない

22 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/08 23:53 ID:q0w8yfhQ
あーマチルダが成長して
レオンのような殺し屋になった話が観たいなぁ。

それはそうと、レオンの植物を植えるシーンもいいけど、
マチルダが荷物を抱えて
ビルから離れていくシーンでいつもグッときてしまう。

25 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/09 20:12 ID:nZOtvbTP
学校からの電話に出て
まちるだ「あの子、死んだわ」
ゾクッときました

26 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/10 02:43 ID:RKUX+fXW
この映画は良いよね、マジで。
何度も観てるよ。

28 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/10 13:20 ID:LWxGIh9I
ごめん、この映画つまんなかったです。
女の子ちっくな話で。どうもダメでした。

33 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/10 18:24 ID:kvd3jIxo
この映画、アメリカでは不評だったけれど
日本とイギリスでは大ウケだったんだよね。

34 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/10 18:28 ID:+WF3I/65
ジャンレノの神経質そうな行動が好き
普通のバージョンは何度も見た、大好き。
けど完全版は一度も見てないですが面白いですか?

39 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/11 00:54 ID:rnz8dx/y
>>34
マチルダが数十秒間笑い転げるシーンはすごいですぞ。
ナタリー・ポートマンって…

51 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/11 02:34 ID:Me5YuBnq
レオン完全版は傑作。
レオンはまぁ秀作といったところ。

35 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/10 19:29 ID:QkiuScYr
この映画の影響で牛乳をよく飲むように・・・。

37 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/11 00:51 ID:wUK20Bqf
正直、レオンのような大人になりたい・・・・

38 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/11 00:53 ID:OT7oxwmp
>>37
字は読めるようになりてえな。字は。

42 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/11 01:08 ID:A4zKCLzc
個人的に名シーン

・マチルダ登場シーン
・麻薬捜査シーン
・レオン自爆後のマチルダが通りを走っていくシーン(すげえ好き)

なんか全体的に流れるセピア色っぽいイメージが(゚∀゚)イイ!

43 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/11 01:08 ID:OpIvpp6E
リュックベッソンって俺には何か合わない
フィフスエレメントもアクションシーンは凄いと思ったけどあとは・・・・
レオンはまあまあだったけどね。
殺し屋とアパートの前ですれ違って泣きそうなマチルダが良かった

50 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/11 02:27 ID:1SeTPe7k
レオンはパクリ映画だ。
「シベールの日曜日」がそれだ。
これに「グロリア」を足すとレオンになる。

138 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/16 01:27 ID:CtHkU6cP
「グロリア」(もちろんSルメット版)のリメイクなの?
ってくらい似てるんだけど、やっぱり意識してるんだろうね。

廊下でアパートの婆さんが出てきて一発撃って威嚇するシーン
なんか、まったくと言っていいほど同じだった。
一家惨殺までの流れは両方の映画がゴッチャになって思い出してしまう。
ま、どっちも好きだからいいんだけどね。

157 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/16 23:24 ID:u4qVQq/U
グロリアに似てるとはまったくおもわんぞ!!!

53 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/11 02:37 ID:sN1Fei8P
マチルダのものまねショーはキツかった。

2ちゃんねる映画ブログ

73 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/11 11:35 ID:NdtJHVEz
Nポートマンはいいんだけど、役のマチルダは好きになれんかった。
レオンのお人好しなとこにつけこんで「助ける義務がある」みたいなセリう言うのがイヤ。

54 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/11 02:50 ID:eT/LA7VI
要約すると
「こんな娘がいたらいいなー」
「殺し屋ってカッコイイなー」
というさえない独身中年男の妄想。それだけの映画。

67 名前: 終わる世界 投稿日: 01/12/11 06:30 ID:X9wHw7E7
正直、好きな映画だ。

アメリカじゃあ、ロリコン中年オヤジの映画として不評だったらしいが。

69 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/11 10:52 ID:BKsDQkmD
>>67
大不評だった為に「アメリカ進出」を狙っていた
ジャン・レノはアメリカにいられなくなって一時フランスに逃げ帰っている。

74 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/11 11:52 ID:A63Zm4JG
すごく心を掴まれた映画だった。
「地に根をおろした生活」を渇望するレオンとマチルダに
自分自身を重ねてみたりしてね。
当時のおれの憧れをキッチリ語ってた映画だった。
今はその頃の自分を「青かったナァ」とニヤニヤ思い出す。

この先この映画に心揺さぶられることはないと思う。
それでも自分にとって「レオン」は好きな映画、だったりすんだよな。
映画でも本でも何でも
印象ってのはその時の自分の置かれた状況によくよく左右されてまう。
だからドンピシャのタイミングで好きな映画に出逢えるって幸運なことだ。
おれ、いまでもレオンとマチルダの別れ際のセリフで涙目になるんだけどさ。
自分自身に甘ったるさに舌打ちしながら
「あん時この映画みといてよかったぜ」とか。思ったりするんよ。

75 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/11 11:53 ID:oIKehYw5
マチルダの父親役がイイ!
TVドラマ「プラクティス」のビリー役の人。

77 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/11 12:16 ID:5SNwrLQK
この映画を観てゲイリー・オールドマンのファンになったのレス・・・

2ちゃんねる映画ブログ

82 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/11 16:27 ID:OiKvGunD
>77
おお,奇遇ですな。私もレオンを観てからゲーリー・オールドマンが好きになりましたよ。

84 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/11 20:14 ID:IO6yGUxg
>>82
俺もゲイリーオールドマンのきれた演技が最高にカッコ良いと思った

85 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/11 21:10 ID:Gif012cT
やっぱゲイリー大人気だね、ファンだから嬉しいっす。
自分は、これでファンになったわけじゃないけど。

88 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/12 00:11 ID:wfiD301V
この映画、音楽も重要な要素だと思うけどどう?
エリック・セラ素敵。

92 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/12 23:47 ID:sfPnzC9T
何回も観ているのに
ラストでスティングの曲が流れてくると泣けてしまうんです・・・。

96 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/13 02:23 ID:f8UcULp+
期待して見たけど、ガッカリだった。
全くと言っていいほど、リアル感がない。
あんなに甘ちゃんで、何がプロの殺し屋か?
それに、スワットはあんなにヘボくない。
三流映画。

97 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/13 02:30 ID:9M3asjA6
>96、否定派の皆さん
あくまでも、マチルダとレオンの心の交流がメインだと思って下さい。
そうすると、とても感動します。ある意味、ロマンス物です。

118 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/14 00:04 ID:DHSZeLYM
本格的な殺し屋ものが観たい人は観ないほうがいいね。
そんで期待がはずれてもグダグダ言わないで欲しい。
だってこの映画はレオンとマチルダの心の交流、
少女漫画的な映画なんだから。
それを理解せずに
「殺し屋ってのはもっと殺伐としてるべきなんだよ」
なんて言わないで。

86 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/11 23:40 ID:A5ZO4K4t
処女がどうとかって台詞あったっけ?

87 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/11 23:49 ID:tC2bqQf7
>86
あ~、なんかあったよ。
レオンに捧げたがって、困らせたんだよね?

104 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/13 13:01 ID:/2U3wx8f
>86
>87
あのシーンはアメリカで非難ごうごうだったらしいです。

106 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/13 14:45 ID:CedCFD8g
>104
え、なんで?

107 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/13 15:24 ID:2vKWc7Uu
>104
マチルダの年齢の問題、アメリカでの幼児の性的虐待の深刻化
アメリカは基本的に巨大な宗教国(キリスト教)
などから少女をそのように描くのは好ましくない
また嫌悪感を感じたんだと思う

179 名前: 通行人さん@無名タレント 投稿日: 01/12/20 14:37 ID:VrlQHYo3
この映画深く語ろうとかせず
キレたゲイリーと黒眼鏡のジャンレノを楽しむか
マチルダにハァハァしてりゃいいんだと思う

191 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/23 12:09 ID:WtZvf8fz
マチルダの母親とか姉さんで抜いた男は世界中に何人居るでしょう。

198 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/24 08:58 ID:2l30mUpd
>>191
マチルダを虐待してなければ、抜いたかも。

199 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/24 19:26 ID:VBRJlkK9
母ちゃんの乳いいよね。

204 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/26 00:55 ID:whJsWr/A
いまクイズ解いてます。映画「レオン」で、マチルダがレオンにかくまって
もらうシーンで、テレビに映っている番組は「トランスフォーマー」である。
○か×か? ビデオも無くぜんぜんわかりません、レオン通の皆さんどうか
お助けを。

205 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/26 01:34 ID:n0tB7UrC
>204
○だったと思う

215 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/31 07:25 ID:n01Gj6bu
レオン、完全版よりは無印版の方が面白いな。
完全版は、よけいな説明が蛇足という気がする。
レオンの出自は謎のままでいいし
マチルダとの交流も、ベタベタしないほうがいいっていうか。

217 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/01 15:59 ID:xwPvRNkn
>>215
禿げ同っす。それなりに意味のあるシーンもあるんだが、
どれもカットされても仕方がない程度でしかないんだな、と思った。
マチルダが麻薬を燃やすシーンなんてもうベタベタ、あれを
オリジナル版でやられてたら嫌いな映画になってたよ。

でもキーチェーンのネジの位置を指で探って、すかさずチェーン切りを
当てるシーンは好きだ!あれは使って欲しかったな。

218 名前:  投稿日: 02/01/02 14:11 ID:pGpu2hd+
あ~完全版観てない。
気になってきた・・・

219 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/02 18:23 ID:pv3jzMZ+
レオンの過去って、ダニー・アイエロが通常版でもサラッと
語ってるけど、あんな風に「匂わせる」だけでいいと思う私は
多分、完全版は観ないんだろうな。
「街の銀行は潰れる事もあるが俺は大丈夫だ」の台詞が好きだ。

220 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/02 18:44 ID:/VO9Yq4V
この映画のファンの人に
「完全版と無印版、どっちが好き?」というアンケートを取ったとしたら
完全版派が多いのかな。自分は無印版を支持。

222 名前: 荒野を走れ~♪ 投稿日: 02/01/02 20:57 ID:RAEElVI2
俺は完全じゃなきゃダメ

241 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/08 21:36 ID:zZhM+bjf
ニキータの中でジャンレノが掃除人として
出ていたってのは既出かな?
レオンのネタはここからだったと思ったけど。

242 名前: 投稿日: 02/01/09 11:31 ID:asr7NTDO
>>241
スレが立つ前から既出。



http://tv.2ch.net/movie/kako/1014/10141/1014110766.html
2ちゃんねる映画ブログ

4 名前: Shape of My Heart 投稿日: 02/02/19 18:54 ID:a1g+R0mv
STINGの曲がなかったら、
実際どこまで泣けるのか、
この際考え直してもいいかもしれない。

5 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/02/19 18:58 ID:79e3IdHU
一瞬でたジャン=ユーグ・アングラードに萌え

2ちゃんねる映画ブログ

53 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/02/23 00:06 ID:YJj9GHTp
>>5どこにでてた?ネタ?

54 名前:  投稿日: 02/02/23 08:31 ID:RD2wIbmy
>>53
「完全版」の方にあり、初回公開版ではカットされています。
「王妃マルゴ」の撮影の合間に出ていたそうですね。
レオンとマチルダのお仕事のシーンで、ドアの間から顔を覗かせています。
(ドアチェーン切られてあぼーんされたと思われ・・・)
ちなみにこの後にあの「リングトリック」の元ネタのシーンが続きます。

6 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/02/19 19:00 ID:ztw1qduB
作品としての出来は映画化された方が上になったと思うけど
「第一稿のレオンとマチルダがエッチして最後心中」話も捨て難かったと思う私。
映画はレオン側が恋愛なんだか親子愛なんだか人間愛なんだか分かり辛かったから

原作の小説に興味あるんだけど読んだ人居る?
感想キボン

7 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/02/19 19:02 ID:a1g+R0mv
>>6
私としては、あの2人が一線を越えてしまったら萎える
だから、完全版はそういうニュアンスを少し感じたので
あまり好きじゃない。

11 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/02/19 19:09 ID:ODOCt/8E
>7
私は完全版で2人で仕事をするシーン好きだったな。
でも、ガムにだまされる人があんなにいるとは思えなかったが(w

12 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/02/19 19:31 ID:a1g+R0mv
>11
タシカニ 'ω'
私的には、ああいう日常のエピソードの描写は
ファッションショーで充分かなとも思いますが。

あまり二人の間に思い出を作るまもなく悲劇を迎えたという所にも、
私は胸を締め付けられるような気持ちになったものですから。

13 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/02/19 19:34 ID:ODOCt/8E
>12
なるほど。あのシーンで十分コミュニケーション取れてるね。
あと、レオンが冷蔵庫からぶたさんの鍋つかみを見せて「ブーブー」という
シーンもよいね。

2ちゃんねる映画ブログ

14 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/02/19 19:42 ID:a1g+R0mv
>13
くぅー、思い出しただけで涙腺が緩みます。
アコーディオンの音が聞こえてきそう。

15 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/02/19 19:54 ID:a1g+R0mv
ほんと、LEONて、NY来てから、ほとんど人並みの楽しい
思い出なんかないまま死んじゃったんだろうね。
唯一の娯楽が寂れた映画館通いと観葉植物なんて。

マチルダとニキータを重ねる人は多いみたいですけど、
私としては、マチルダにはあの後はああいう人生は送ってほしくないなぁ。
きっとLEONは悲しむよ。

16 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/02/19 20:06 ID:a1g+R0mv
もしトニーが例えば単なる肉屋なら、
LEONは同じようにただひたすら黙々と肉屋の仕事をやっていたんだろうなぁ。
(どういう訳があってNYに来たかは知らないけど、
誰もが冷たい見知らぬ町で、たまたま世話をしてくれた人に
殺しの仕事を依頼されたから、他に選択肢のない彼は
それを実直にこなしてた。)


という個人的妄想を今でも持っています。
完全版で、彼が殺し屋にならざるを得なかった経緯が描かれているので、
上の考えは、単なる妄想になってしまいましたが、
最初に見たときの印象ではそういう感じを受けました。

17 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/02/19 20:40 ID:dxedR3HW
>>>13
笑いながら「悲しい」というところが好き。
その前のなきながらチャイム押してるシーンもすき。
皆のベストシーンってどこですか?

18 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/02/19 20:44 ID:8qpHAHPa
ネクタイ引っ張って落とすところ

19 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/02/19 20:57 ID:a1g+R0mv
アパートで(初めてマチルダを部屋に入れるとき)
レオンが扉を開けた瞬間。

暗く汚いボロアパートに、奇跡的に天国からの光がさしたような一瞬。

20 名前:  投稿日: 02/02/19 21:25 ID:U6Ul8qoW
ベストシーンという訳ではありませんが・・・
>>19さんが指摘しましたが、「光」の使い方が非常に印象深いです。
私的にこの映画での「光」は「希望」であり「救い」であると思えました。
前半のマチルダが初めてレオンの部屋に逃げ込む(救われる)のも、
クライマックスのSWATとの壮絶な銃撃戦の後やっとの思いで建物の
薄暗い廊下から明るい外に向かって歩いていくシーンの「光」が重要な
ファクターと感じました。
ちょっと考え過ぎですかねぇ・・・

21 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/02/19 21:39 ID:a1g+R0mv
>>20
まさしくそうなのでは?
あとカメラワークも、空中を漂う視線から始まり、
そしてラストで今度は天へと上っていきますよね。
一種の宗教的な救いが、あの映画の裏には流れているように感じます。

どれだけ辛いことがあっても、この日常の中に救いはある・・・と、
信じたい。それが叶わなければ、せめて隣人の一人でも幸せにしてこの世を去りたい。
私にとっては、そんな気持ちにさせる映画です。

30 名前: 平打電 投稿日: 02/02/20 01:50 ID:DpUx64YL
>>20
まったくその通りだと思います。
またあのシーンはこの作品の「不安定の美学」をもあらわしていると思います。
自分の今までの価値観を根底から破壊するような出会い。
だんだんと激しくなる心の「揺れ幅」が、最高潮に達した場面であると思います。
不器用故に「安定」にたどり着けなかったレオンを慰めるように、植物を地面に植えるマチルダの姿は切なすぎです。

この作品は「グロリア」のパクりと言われていますが、僕は良質のパクりだと思います。なぜならば、性別を入れ替えることが決して安易に行われていないからです。
女の場合、誰か守るべき者ができたとき、強くなるのですが
男の場合、誰か守るべき者ができたとき、弱くなってしまうのです
レオンはマチルダがいなければ死ぬことなど絶対ありえない、一流の殺し屋でしょう。
誰かのために死んでもいいって心から思えること。その(単純だけど純粋な)感情がまた泣かせてくれるんだな

33 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/02/20 13:00 ID:T71NFKdY
はー。
みなさんの解釈よいわー。光かー、ホントそう思う。
私は、この映画に乾燥感というか、ほこりっぽさ
を感じました。
実際、NYって乾燥してんでしょうが…。

何回見ても泣いてしまう。


関連記事

  1. 2009/06/23(火) 15:39:07|
  2. ら行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ディファイアンス | ホーム | KIDS>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/719-239d6385
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR