FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ICHI

http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1223127328/
2ちゃんねる映画ブログ

1 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/04(土) 22:35:28 ID:DtZtAwWQ]
2008年秋、全国ロードショー

「なに斬るかわかんないよ、見えないんだからさ・・・。」
無気力に生き、近寄る人を斬り捨てて拒絶することしかできない盲目の女剣士<市>。
日本が世界に誇る時代劇の名作「座頭市」が、主演・綾瀬はるか、
監督曽利文彦の手により全く新しい魅力とともに生まれ変わる。

【監督】曽利文彦
【脚本】浅野妙子
【殺陣指導】久世浩
【原作】子母沢寛「座頭市物語」
【製作】セディックインターナショナル  (C)2008「ICHI」製作委員会
【ジャンル】時代劇/アクション
【映倫】PG-12
【配給】ワーナー・ブラザース映画

【キャスト】
綾瀬はるか、大沢たかお、中村獅童、窪塚洋介、杉本哲太、渡辺えり、横山めぐみ、ほか

【公式】 http://www.ichi-movie.jp/


27 名前:名無シネマ@上映中 [2008/10/08(水) 20:28:26 ID:Fu0bUX+B]
試写で見たけど、大人な向けの映画だった。市も決して最強というわけではなく出てくる登場人物はみな生身の人間ぽかった。決して派手ではないが地に足が着いた演出が渋みをふくんでよかったと思う。

129 名前:おやじ [2008/10/16(木) 15:45:03 ID:Dz1M8gjI]
昨日、試写会で見た。綾瀬の演技と殺陣がうまくてちょっと見なおした。ただ全体にテンポが悪いから2時間がすごく長く感じるわ。綾瀬のエロシーンは、ないに等しいから期待すると損するよ。大沢たかおファン向けの映画かもしれんなぁ。

132 名前:名無シネマ@上映中 [2008/10/16(木) 21:53:14 ID:3RovTZg9]
綾瀬は顔と表情がいいじゃん。
女優はなんつっても顔。

2ちゃんねる映画ブログ

171 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/18(土) 09:34:50 ID:KeT1EK9u]
たけしは目を閉じて盲目の役をやっていた。
きむたくもほとんど目を閉じていた。
綾瀬は目をあけて盲目の役をやっているが
目をあけて見えない演技をするのは相当な演技力。

517 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/25(土) 13:23:18 ID:XwkrSRnj]
みてきた
長崎で1番デカイ出来たばかりの映画館
朝一の回、観客は自分いれて10人くらい
ネタバレは控えるけど、綾瀬はキラキラしてた
ただ時代劇なのに小綺麗すぎ、全盲なのに目に力ありすぎ
途中の中弛み感で綾瀬に興味なければ2時間はきつい
実は1番楽しみにしてた窪塚もこじんまりした存在感で拍子抜け
女を引き込むはずの恋愛パートもなんで大沢?の疑問
結論、やっぱり綾瀬はるかを美しく撮る為だけのアイドル映画だと思った

523 名前:名無シネマ@上映中 [2008/10/25(土) 13:52:06 ID:UPHezOwZ]
予告とか見ると
キレイすぎるんだよね。
勝つ真の座頭市のような説得力やリアリティがない。

でも見に行こうかなという思いもちらほら。

524 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/25(土) 13:55:16 ID:icDA3sI0]
そのあたりが女性向きの時代劇なんじゃないのかな
武やかつしんの座頭市との比較は最初からちがってない?
あれは若い女の子とか見ないでしょ

525 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/25(土) 13:57:57 ID:icDA3sI0]
ミラとかアンジーがやる
外国の女性アクションものって綺麗じゃん。
ああいうのを日本で目指したかったんだと思う。

527 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/25(土) 14:13:30 ID:ihxXshHY]
朝一見てきた。
関西のシネコンで200人弱の箱で3分の2くらい埋まってた
客層はおじいさんが多かった。中高生の女の子やカップルもいた。

感想としては、窪塚も言ってたけど、何も考えずに感じる映画かな
曽利監督のセンスはやっぱいい
でも音響のいい劇場で見ないと魅力が半減するタイプの映画だと思う

市は女座頭市っつーよりは、剣の強いクールな薄幸の美少女って感じで
メインキャストはそれほど意外性もなく、みんなはまり役だったよ

549 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/25(土) 16:31:27 ID:xmh9rwrD]
見てきました~
綾瀬はるか当たり役ですね。
影の奥にある愁いが良く出てましたし、盲目役も上手い。
獅童は手の動きだけでも怖さが伝わってきて流石です。
派手さがない分ベタな時代劇好きにはたまらんです。

587 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/25(土) 19:47:15 ID:ihxXshHY]
冒頭いきなり佐田真由美のセックルシーン
喘ぎ声の響くなか、無表情で鈴をチリン♪と鳴らす市

589 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/25(土) 19:51:58 ID:Tqq1AS08]
>>587
エロ映画なのか?

590 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/25(土) 19:52:50 ID:xmh9rwrD]
>>589
指定掛かってるだろう

593 名前:名無シネマ@上映中 [2008/10/25(土) 20:08:48 ID:mwFei5bh]
最初、万鬼側の衣装の写真見た時にB級感覚で行くのかなぁっと思ってたんだけど
あのビビッドさも見事に違和感なくフィルムに馴染んでいたね。
主題歌も最初は浮くかなと思っていたけど、そんなことなかった。

595 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/25(土) 20:14:04 ID:LrY3vWvq]
>>593
センスがいいよな。

630 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/25(土) 22:39:02 ID:S/UWkJ0R]
十馬の幼少期が美少年だったような。

632 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/25(土) 22:47:45 ID:AiWqkX9N]
今日観てしまった。

殺陣が全然ダメだったな。
綾瀬は端から期待してなかったけど大沢も酷いモンだった。

綾瀬の顔を舐めるように撮り続けるカメラワークも鼻についた。
「いかに綾瀬を綺麗に撮るか?」しか考えてないんじゃないか?
他に撮るトコないのかよ!

とても時代劇とは思えない出来。
ま、綾瀬ファンなら必見の映画だとは思う。

633 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/25(土) 22:48:40 ID:8N8YLTbK]
窪塚はあの役を演じるには10年早かった。
イマイチ気迫に欠けると思った。
「先生、ぶった斬ってこいや」の時は思わず笑った・・・
まあ獅堂や竹内が気迫有り過ぎんのかとも思うが。

670 名前:名無シネマ@上映中 [2008/10/26(日) 00:14:44 ID:l4tk0Jv2]
リキ出て来たら、思わず笑ってしまった。
あのバンドの歌がずっと頭の中で流れてた。

671 名前:名無シネマ@上映中 [2008/10/26(日) 00:16:53 ID:VhfBn3v5]
窪塚やっぱかっけーな
負傷してた左手に刀に忍び込ませてるとは
バガボンドの小次郎のパクリだな

697 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/26(日) 02:10:17 ID:dPDcuU1T]
窪塚がよすぎた
こいつ完全復活したんじゃね?

2ちゃんねる映画ブログ

645 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/25(土) 23:11:29 ID:AmX4eDVU]
はるか市と哲太市の愛情よりも
虎次と親父の愛情のほうが泣けた!
市よりも虎次の映画だった。

646 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/25(土) 23:11:48 ID:mRvP5Tqg]
歌も三味線も、デコ出しビジュも良かったと思う。
詳しいことはわからないけど、説得力あった。
市の抑揚を抑えた演技が、じわじわと来た。
こういう演技も出来るようになったんだね、綾瀬さん。

主題歌は違和感感じなかったけど、セリフがね・・・
現代風過ぎないか。

674 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/26(日) 00:33:31 ID:ZeIRn02o]
にしても、、、トンマ
刀抜けないなら抜けないでイイけど
なら誰かに刀を抜いて貰えよ百歩譲ってもソコら辺に転がってるやくざの抜き身の
刀を使えよ。

刀使えないなら日頃から鉄の棒持でもち歩けよ。
捕り物で同心が使う刃の付いてない刀=鉄刀ってのもあるし。

何パントマイムやってんだよw

678 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/26(日) 00:47:57 ID:pStFenzt]
誰かに刀を抜いてもらえばいいのにと映画中ずっと思っていた。

952 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/27(月) 11:00:29 ID:oATrhF8U]
大沢の刀が抜けない描写がコントにしか見えない、あれじゃ
精神的に抜けないのじゃなくて物理的に抜けないんじゃないの
かよwwww

675 名前:名無シネマ@上映中 [2008/10/26(日) 00:41:41 ID:214IsgSO]
観てきた。
がっかりした。
市が薄幸に描かれてる時点でもう座頭市じゃない。
座頭市は普段はエロで3枚目、弱い者は助けるし、敵に負ける事はない。
心も全然弱くない。
そこそこ強いヤツと知り合って親しくなったとしても、展開でいろいろあって、最後には斬り合うはめになって、切り捨てて無言で去って行く。
その今までの座頭市パターンを否定してる作り。
殺陣もカット割りやスローモーションやらでごまかされた感じ。
ワンカットでバッサバッサ斬りまくってくれるのを期待したのに。
まー、パンフやポスターで市が涙流してる時点で気付くべきだった。

676 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/26(日) 00:45:21 ID:VU3LZagR]
勝新の座頭市とは違うけど
ICHIに感情移入するうちに自分も盲目になったような気がした。
盲目の世界だとICHIの目的がすごく共感できるんだよな。

677 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/26(日) 00:47:15 ID:VU3LZagR]
>>675
押しつけがましい薄幸さは感じなかったぞ。
最低限って感じ。
涙をだらだら流すシーンなんてなかったしね。

680 名前:RRD ◆3MranranlY mailto:sage [2008/10/26(日) 00:52:59 ID:126x3eEQ]
つーことで初日見てきた。
はっきり言ってどうせ綾瀬はるかのアイドル映画だろうし、綾瀬はるかの
乳ゆれ以外の期待はしてなかった。
まず冒頭の雪、どうして邦画の雪っていつも冷たそうじゃないんだろう?
この時点でガッカリしちゃった。いつもメイクばっちりな市とか、作り物っぽさの
極致が最後に万鬼が乗り込んできたときの、煙を出す機械から
出てきました的な風煙。吹き出しちゃった。
いいんだよ、アイドル映画だからチャチくても。
ところがアイドル映画っぽい作りじゃない。だいたい
「ごぜさん」ってどの程度の年齢層まで認知されてるんだろ?
俺は30代だけど大道芸みたいのに興味があって知ってるだけで
普通の30代以下はその独特の世界とか、そこからにじみ出る
哀愁みたいのを感じるのは難しいと思う。しかしそれを感じられることを
前提としてこの映画は作られてる。
映画が求める客のレベルが高いくせに、映画は客のレベルの高さに
応え切れずにボロがボロボロ出てる。
ここまでやるんだったら大作としてきっちり作りこんで欲しかったよ。
大作じゃないから、って言い訳が時々聞こえたような気がする。

683 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/26(日) 01:15:40 ID:VU3LZagR]
>>680
いってることわかる。
アイドル映画じゃないってのは同感。
アイドル映画ならあそこで涙を流させるし
全般的にもっとたくさん台詞をしゃべらせる。
あんなに静かな場面を多く作らない。
個人的には金の問題と思ったよ。
金がかかってる映画ってやっぱり細部で違うんだよな。
ところどころちょっと安っぽいような・・・。
時代劇ってちゃんと作ると金も時間もかかると思う。

727 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/26(日) 08:10:22 ID:/xJyaKve]
>680
効果とかSEへたくそだなーって思った。刀を抜き挿しする時って、
何が何でも擦れるシャリシャリする音させないといけないのかな。
特に市がゆっくり抜刀しているのとシャリーンっていう音の速度
が全然合ってないんだもの。

698 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/26(日) 02:10:32 ID:46WKBamH]
本日のナイトショーに一人で行ってきた。映画館の窓口で;
「ICHIを一枚...なんちゃって」

と軽い親父ギャグをかましたら、切符売り子がクスッと
笑ってくれた。ICHIの最後の綾瀬はるかの笑顔に匹敵する
可愛さだったよ。(当社比)

708 名前:名無シネマ@上映中 [2008/10/26(日) 02:54:48 ID:k9OSISuH]
(当社比) と入れることで味が出るもんだな。
勉強になった。

725 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/26(日) 08:01:12 ID:Jin6FEYN]
虎次って無能な指揮官丸出しだよな。
あんな狭い袋小路を猪突猛進で突撃する敵なんざ
屋根の上に弓隊(弓なんか簡単に作れるがなければ石でもいい)でも潜ませて
突撃してきたら 範囲攻撃
ひるんだところを竹やり隊にでも突撃させれば
あっという間に敵は壊走なのにさ。
あんだけ犠牲者だしてどうするんだと。
無能な指揮官もつと部下が苦労するといういい例ですな。

728 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/26(日) 08:46:57 ID:j6fcU6xL]
大沢たかおと綾瀬はるか
草剛と新垣結衣
映画だからといってもどうも不釣合いなんだよ

732 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/26(日) 09:02:04 ID:2yXlogAC]
釣合いよくすれば
あずみ 小栗と上戸
隠し砦 松本と長澤

そうするとオコチャマすぎるって言われるw

734 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/26(日) 09:13:28 ID:GBbB7Ahr]
大沢たかおと綾瀬はるか、バランスいいと思うけど。

738 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/26(日) 09:55:13 ID:3OpAxspk]
杉本哲太が座等市だったのでしょうか?

2ちゃんねる映画ブログ

742 名前:名無シネマ@上映中 [2008/10/26(日) 10:27:59 ID:XjbbBUcP]
>>738
そう捉えることもできるね

751 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/26(日) 11:19:20 ID:ZeIRn02o]
>>738
なら「座頭市」を継承する本作は座頭市2世、子連れ座頭市の類いだなw

737 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/26(日) 09:54:27 ID:J5xj9sYx]
ネタバレ増えてきたな
綾瀬が囚われているときに回想したのが
なんでトン馬の笑顔だったんだろ
目は見えてないはずなんですけど

747 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/26(日) 10:40:29 ID:VU3LZagR]
>>737
それ言い出すと過去の回想シーンすべて映像にできないからしょうがないかと。
ICHIは聴覚や触覚で思い出したことを観客は映像でみれるように
なってるというふうに考えた。

782 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/26(日) 13:27:49 ID:IWwx5TWu]
窪塚、光ってたなあ、ホント良い脇だよ。
「おれにもビンタは」アドリブ?

786 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/26(日) 14:04:29 ID:fZn5GWDM]
どうせ若い世代がやるなら窪塚が座頭市のほうが万倍面白かったんじゃねえの?
綾瀬は無理しないでヒロイン役できれいに撮ってもらえばいいし

787 名前:名無シネマ@上映中 [2008/10/26(日) 14:07:53 ID:lFY6Z5xI]
窪塚評価高いなぁー

804 名前:名無シネマ@上映中 [2008/10/26(日) 15:43:05 ID:Aatioim2]
今日見てきたが、陰々滅滅としていて娯楽性の足りない映画だった。
主人公に全く共感できないし、主人公たちが話を動かすのでなく
ひたすら巻き込まれるばかりで退屈。
こういうクールで無口な主人公には、よく喋る相方がついてバラ
ンスをとることが多いものだが、大沢も、もう一人の脇役の少年も
そこまで喋る人物ではなく、とても息苦しい。
殺陣は相手がわざわざ切られに行っている感じがして不満。

810 名前:名無シネマ@上映中 [2008/10/26(日) 16:43:42 ID:YU0SSSDJ]
・クライマックスの盛りあがりもなく全体的に抑揚がない感じだった。
・殺陣シーンも想像していたほどなく、勝新の座頭市の殺陣シーンは改めて凄いと感じた。
・監督とは【ピンポン】つながりで?窪塚氏と中村氏のキャスティングだったが
 窪塚氏のシーンになるとやけに緊張感がなくなり映画全体の印象が軽く感じた。
・晩御飯食べたあとには、今日見た事も忘れそうな映画になった。

主にこんなところだろうか・・。ようするにあまり面白くなかった。
しかし綾瀬はるかさんは頑張っていたし綺麗に撮れていたので
ファンは劇場でも見てもいいんではないだろうか。

827 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/26(日) 18:28:01 ID:GaiabKtX]
これ褒めてるのって関係者だろ

勝新太郎や若山富三郎のすさまじい剣筋知ってたら
綾瀬何とかってグラビアアイドルの名前出た辞典で鼻も引っ掛けない

中村獅童、大麻の兄ちゃんもひどい役者の代名詞

大沢たかおは知らん

828 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/26(日) 18:30:32 ID:VU3LZagR]
勝新も大麻所持してたじゃん。
だいたい勝新と若い女比べられても・・・
そんなにいいなら勝新の映画見とけって感じ。

830 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/26(日) 18:51:52 ID:IWwx5TWu]
少なくともICHIはパンツに大麻は隠さないと思う

852 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/26(日) 20:18:55 ID:uvq0ofim]
地下牢での回想シーンが良かった
言葉での説明がほとんど無いのにICHIの生い立ちを観客に説明することに成功している。
そしてそれに続くと十馬のフラッシュバックからの流れでICHI中に芽生えた感情をこれまた言葉無しで観客に感じさせてくれた。
この監督のセンス好きだな

866 名前:ICHI [2008/10/26(日) 22:14:25 ID:76GvXHNh]
■批判的意見を述べる者も多いようだが、全般的に満足できるものだった。

1.先ずラブストーリーと言えるほどのものは無かった。 藤平十馬との間には信頼
の絆が生まれたが愛と呼べるようなものではない。
2.殺陣シーンも良かった。 タケシは直線的で力でたたっ斬る豪快さがあった。
綾瀬は流麗で美しい舞のような殺陣を演じていた。 衣装の裾が長く髪も長く、それが
殺陣に華を添えていた。 この作品の場合、スロー映像が多かったのも問題なしで寧ろ効果的
であったと言えるだろう。
3.濡れ場シーンが何度かあったのには驚いたが、瞽女や娼婦の厳しい生き様を描くのに
効果的であった。
4.綾瀬は本当に美しかった。(サイボーグは駄目だったけど) 
シーンによっては相田翔子に似ていた。 
5.あずみ、どろろなどよりは断然優れているね。 それから20世紀少年もみたけど
ガッカリだね。
6.不満なのは市を救出しにきた仲間が油を撒いて火を放ちfirewall
を作っていたシーン。 何やら子供騙しみたいだった。

●最後にこれから見る人に
勝新やタケシの市の作品がああだったから綾瀬も同じようにあるべきだと
思ってはいけない。 勝新やタケシとは別の表現で演出された作品なのだから。
見るべきか否か迷っている人には「是非見るべきだ」と私は言いたい。

870 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/26(日) 22:32:46 ID:uvq0ofim]
綾瀬の殺陣は非常に美しかった、これには完全同意
しかし、舞踊的な美しさとは違う。
綾瀬は剣さばきの型というかフォームが美しく
結果、切先は綺麗な弧を描いて目標に迫る
あれが真剣ならば確かにぶった切られそうと思わせるもので
舞踏的と言うよりはより実践的な武道的な美しさだと思う。

2ちゃんねる映画ブログ

872 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/26(日) 22:38:54 ID:VU3LZagR]
>>870
同意。
綾瀬の殺陣は弧の描き方が美しいと同時に
力強さがあって本当に斬れそうな感じがする。

867 名前:名無シネマ@上映中 [2008/10/26(日) 22:15:14 ID:YAQ6RxZU]
都内で今日観てきた。400強の箱で3分2ぐらい入ってたかな。年配とカップルが多かった。

とにかく綾瀬が美しい。素晴らしい透明感。盲目でも眉の手入れバッチリとか野暮なことは言わない。
大沢は綾瀬の恋愛相手としては年とりすぎてるから、異性じゃなく父性愛っぽい印象を受けたが、
製作者の狙い通りなんだろうか。

ピンポン組はやはり良い。
獅堂は貫禄がついた。万鬼の独特の笑い方が忘れられない。
不死鳥窪塚健在。立ち姿だけでも絵になる男。もっと映画に出てほしい。

ようやく気づいたんだが、ひとり=1=ICHIなんだな。

978 名前:名無シネマ@上映中 [2008/10/27(月) 18:46:25 ID:699ce1RX]
こんな女の子いたら刀取り上げてメイド服着せますね 嫁にします


関連記事

  1. 2009/06/18(木) 17:35:49|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<チャーリー・ウィルソンズ・ウォー | ホーム | レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/718-381054fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR