FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪ハムレット

【松坂慶子】大阪ハムレット【岸部一徳】
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1232592571/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2009/01/22(木) 11:49:31 ID:S3eQWHNh
生きるべきか死ぬべきかって、生きとったらそれでええやん。

「少年アシベ」の森下裕美原作の人気漫画を映画化


公式サイト
http.//www.osaka-hamlet.jp/

原作:森下裕美
監督:光石富士朗
主題歌:倉木麻衣

キャスト:
 松坂慶子 岸部一徳
 森田直幸 久野雅弘 大塚智哉
 加藤夏希 白川和子 本上まなみ 間寛平


7 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 08:37:10 ID:/XAOlGiS
良かったところ
次男が大阪弁ハムレットを朗読しながら堤防の上を走るところ

?なところ
東京へ行くと言いながら汐見橋行きの電車に乗るところ

14 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 15:15:57 ID:JpSU9Jba
>>7
OCATから夜行高速バス乗ったんだろwwwww

8 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 11:45:37 ID:sc84Vqmc
個人的にはかなりいい映画だった。
全体的に登場人物が原作より毒というかアクがなくなってるけど、
それがまたよかった。

9 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 17:52:32 ID:WGES2H/y
東京人が作ったパチモン大阪映画。
アクセントが東京産の関西弁。
でもまーこんなんでええんちゃうの、マジモン作ったらそれはそれでドン引きやし。

それよりなにより松坂慶子の更年期妊婦に激しく萌え。
俺もハグされてー!

10 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 20:40:07 ID:PDxKExh2
>>9
に同意。ヤフレビュー見て期待していたら
ステレオタイプの大阪&ベタさに失笑した。
あんなに評価高くないわ…

17 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 18:59:07 ID:5q/W7+m4
>>9
でも一徳は関西の人だから

11 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 23:09:38 ID:67aBziZm
わたしもヤフーレヴューに騙されました。

12 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 12:46:04 ID:CU0Ns8vJ
大阪ハムレット
gooユーザーの評価: 94点

13 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 13:05:00 ID:xfQM4cyO
オレの好きなアーティストが、このマンガを面白いと言ってたので、気になって読んでみた。
正直あまり面白くなかった。
むしろ、大阪人とはあまり仲良くなりたくないと思った。
宣伝で言わされてたんだろうと思った。
ただ、作者がゴマちゃんの人だとは読んでる間は完全に忘れてた。そこは凄い。

映画はどうか知らん。

15 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 18:02:08 ID:5q/W7+m4
いっとくは一体なにもんなんや

2ちゃんねる映画ブログ

18 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 22:39:48 ID:pWuNZbqN
>>15
誰でもええんや

19 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 23:53:18 ID:/j49+vOd
客の年齢層高めだったな。
松坂慶子ファンなのか?
笑うところもなんだかズレた。

俺は東京の人間だけど
それなりに楽しめたよ。
三男坊が頑張ってた。

20 :名無シネマ@上映中:2009/01/26(月) 00:14:07 ID:3Bo/CIF0
松坂慶子はボンレスハム

2ちゃんねる映画ブログ

61 :名無シネマ@上映中:2009/03/08(日) 02:09:09 ID:mEV/A535
体重管理もできない松坂豚。

64 :名無シネマ@上映中:2009/04/10(金) 14:32:41 ID:PFsMe8lk
>>61
松阪牛なら高級品

65 :名無シネマ@上映中:2009/04/12(日) 02:20:42 ID:q2t8+GE6
無駄なお肉はつけないほうがいいに決まってる。

21 :名無シネマ@上映中:2009/01/26(月) 00:49:49 ID:Pjp9jv4u
一徳のこどもなのか?あれは

22 :名無シネマ@上映中:2009/01/26(月) 16:40:38 ID:O2mwMty/
女の子色は桃色や、とか言うとったけど、ヒロ君ピンク色やったやんけ。
それとも何か、おっちゃんの頭の中では桃色とピンクは別物なんか?

24 :名無シネマ@上映中:2009/01/26(月) 22:20:20 ID:5WNIu5K0
>>22
自分もそう思ったけど、ラストのベランダのシーンで物干し竿にピンクと桃色(濃いピンク)干してあった。

23 :名無シネマ@上映中:2009/01/26(月) 22:10:51 ID:UGaJT8sc
ヒロ君の子守歌のくだりは号泣してしもた

25 :名無シネマ@上映中:2009/01/26(月) 22:22:48 ID:s9yviyQW
いい歳して精力旺盛なヤリマン母ちゃんって
大阪では受け入れられるの?
誰が父親だか分からない似てない兄弟ばかり。
近所から陰口叩かれて、子供は学校でイジメられそうだけど。

26 :名無シネマ@上映中:2009/01/26(月) 23:56:14 ID:UGaJT8sc
>>25
嫌、そりゃ大阪でも差別されるだろうけど
みんな一生懸命生きてて
そういう色んな人達の悩みや生き様全てを受け入れて
共に生きてく事がこの作品のテーマだろ

28 :名無シネマ@上映中:2009/01/27(火) 00:18:47 ID:vvEEd+d1
批判レス多いけど、私としては最高ランクの映画だった。
私自身大阪人なので言葉が?ということはあったけど、そんな枝葉のことは気にならなかった。
こういうのをペーソスコメディーというのだろうな。
梅の江区ほか張り紙や看板のセンスは抜群。夫婦喧嘩の川沿いのうち、シェークスピアの大阪弁音訳。
シンデレラの台詞回し、大変よくできました。その他、役者さんの細かい仕草も感心させられる。
みんな頼む堺そんなにおとし面といて。
ただ、惜しむらくはプロデューサの力量不足か上映館が少なすぎ。宣伝費も予算のうちというのを忘れたか。
しかし、フラガールの例があるのでまだ期待できるか。
252や感染のようなどうしょうもない映画に力を入れているメディアはなんなんだ。あほちゃうか!

29 :名無シネマ@上映中:2009/01/27(火) 08:34:54 ID:Y2zWcUo5
批判レス多ないがな

30 :名無シネマ@上映中:2009/01/27(火) 18:49:52 ID:r6Enax0N
面白かったし、温かい気持ちになれた。

もう一回観ようかと思ったけど、もう近場は上映終了・・・orz

32 :名無シネマ@上映中:2009/01/27(火) 22:45:49 ID:1KtIwgDp
品がないエピが多くて、これが大阪なんだなと思った。

33 :名無シネマ@上映中:2009/01/27(火) 23:55:46 ID:UeAN74B5
森田くんの高飛車お坊ちゃまキャラを完膚なまでにぶち壊してる。下品なヤンキーでヤンキー座り。がんとばしやらバットで銭湯で立ち回り。不良と頭突き。女王の教室のお金持ちのお坊ちゃまがこんなになるなんて。演技うますぎ。

2ちゃんねる映画ブログ

35 :名無シネマ@上映中:2009/01/28(水) 13:36:00 ID:GyZa4g1e
劇のあとイジワルっ子が謝りにくる場面のわざとらしさにはあちこちから失笑が漏れた

41 :名無シネマ@上映中:2009/01/30(金) 00:42:56 ID:CkPC7J7l
>>35
原作の改悪だわなー

36 :名無シネマ@上映中:2009/01/28(水) 16:59:19 ID:z9TuXaeQ
大して笑いもしなかったし、感動もしなかったし、後に残る物も無い映画だったけど
何か「ええ感じ」が残った・・・(^^)

松坂慶子の台詞は・・・・関西人ではないんだけどムッチャ気になった(^^;
いっそ友近だったら良かったのに・・・・と思ったけど、あの天然風味はでなくなるかも・・・・

森田は奈良出身だけど、奈良と大阪の「関西弁」って何処が違うんだろ・・・なんて感じた今日この頃

37 :名無シネマ@上映中:2009/01/28(水) 21:35:44 ID:ffNZRbNp
大して残る物はないけど、見終わった後なんかすっきりする映画。

三男の雰囲気は絶妙。ただのナヨナヨした子じゃないのがいい。
次男の森田直幸は、ややこしい家庭のちょっと屈折した子の役が
よくはまるんだけど、今回古臭いヤンキー役がうますぎ。柄悪す
ぎて笑える。何であんなに黒いのか。
長男の久野雅弘は「ごめん」「かぞくのひけつ」とヘタレなんだ
けど色気づいてる大阪の子をやらせたら天下一品。中3役だけど
実際は大学生なんだよな…。こっちは色白いなぁ。前の作品に比
べると役柄が大人でちょっとインパクトが下がった。絵本読むシ
ーンはよかったな。
岸部一徳は冷酷なエリート役が多いような気がするけど、今回の
役柄はなんかいい。上手いな。
本上まなみはアキハバラ@DEEPに続いてまた中盤で死んでる。

この監督はじわっとくる笑いの間がいいなと思った。

39 :名無シネマ@上映中:2009/01/28(水) 21:43:54 ID:LgE9UQbY
森田は多分部活の性だと思うが、役者として非常識なくらい黒い(^^;

森田が標準語:まじめな学生    関西弁:やんちゃ者 というパターンが出来つつある様な希ガス

40 :名無シネマ@上映中:2009/01/28(水) 22:06:44 ID:ytOzCBIk
一徳さんかなりいい味出してると思ったら
東京国際映画祭で特別賞貰ったらしいね

42 :名無シネマ@上映中:2009/01/30(金) 05:42:01 ID:RKvC9Jk3
そいえば、シンデレラに野次を飛ばしていた意地悪っ子を後ろのおばさんの
誰が頭をはたくのかなーと思ってみていた。意外な角度の人だった。

43 :名無シネマ@上映中:2009/02/02(月) 08:37:36 ID:4OxaI9aN
ババァが娘婿はともかく実の娘の葬式にまで来なかったのは「?」だった。
なんでもいいから説明ほしかったな。
それ以外は良かった。
今のところ今年のナンバーワン映画だ。
まだ5本しか見てないけどねw

あと、ヒロ君が昼寝してるところはドキドキした。
あそこは森下の初期作「夏休み」を意識してたみたいだね。

44 :名無シネマ@上映中:2009/02/02(月) 09:02:27 ID:/SWEpYLr
ちなみにロケ地の大半が関東だったりする

45 :名無シネマ@上映中:2009/02/02(月) 22:53:58 ID:KvfANJrm
まぁナッキーと松坂慶子だけが、主要キャストで関西人以外なんだが、ナッキー
のが関西弁はナチュラルだったな。

46 :名無シネマ@上映中:2009/02/03(火) 09:23:40 ID:+c1wmK4f
松坂慶子の関西弁の異様さは・・・・ネタなのか・・・・・

あんなに台詞下手な大根女優ではないと思うのだが・・・・

方言指導が余程アホだったのか・・・・・

47 :名無シネマ@上映中:2009/02/06(金) 22:56:53 ID:TacKfiEC
次男サイコーでした!
「俺の悩みをこれ以上増やすな~」ワロタw
どっからどう見ても父親寛平に1番似ているのに、どうして他人の子だと悩むのかが不思議だった。

2ちゃんねる映画ブログ

49 :名無シネマ@上映中:2009/02/11(水) 18:23:55 ID:bNIpDNq6
本日、銀座シネスイッチにて鑑賞。客層高め。土地柄かもしれんが。
テンポが良かった。結構じーんときた。周りの客がことあるごとに声出して笑ってて若干萎えた序盤。けど終わりが近付くにつれ、それも疎らに…いや、俺が気にならなくなっただけかもしれん。いずれにせよ、映画に引き込まれたんだろう。関西弁っていいなと初めて思った。

51 :名無シネマ@上映中:2009/02/15(日) 22:39:39 ID:H6Rh845J
映画見てから原作マンガ見たけど、こっちもかなり良かった。
絵は荒い感じなんだけど、次男と三男のエピソードはかなり
原作通り(微妙に映画版はアレンジされてるがどちらもいい)。
森下裕美って大したストーリーテラーなんだなと感心した。

52 :名無シネマ@上映中:2009/02/16(月) 07:58:46 ID:Q7sKQoUR
とりあえず、どのシーンでも笑ってる奴がいるのがイライラした。
言い回しは面白いけど、笑う所違うだろ?て。
大阪スカイビルで観たけど、あそこでのデートシーンで少しざわついてた。
不思議な気持ちだった。

53 :名無シネマ@上映中:2009/02/16(月) 10:44:45 ID:ZMyE+s/r
>>52
そう言われりゃシネリーブルはスカイビルの3Fだなw

55 :名無シネマ@上映中:2009/02/22(日) 01:23:22 ID:ALKDBJbb
一昨年の9月、東京に台風直撃した日、
たまたま泊まった荻窪の古い旅館で大雨大風のなかこの撮影やってた
まだセッティング段階で俳優さんは誰も入ってなかったけど、
木造でレトロな雰囲気の空間だから、どういうシーンで使われたか
気になってるので、よかったら教えてください。

地方だから、この映画やっとらんのよ

57 :名無シネマ@上映中:2009/02/24(火) 23:47:14 ID:R8zk9VQn
>>55
中3だが大学生と嘘をついて大学4年の教育実習生とつき合っていた
長男が背伸びしてお泊まり旅行をするシーン。親には塾の合宿とご
まかしていた。年上の彼女に子守唄を歌って寝かしつけてあげる中3。

67 :名無シネマ@上映中:2009/04/13(月) 16:11:18 ID:3MQFwlKT
>>57
ありがとう 
ふつうに旅館として使われたんだね 古いから安宿ぽい設定なのかな?

58 :名無シネマ@上映中:2009/02/28(土) 22:53:44 ID:e1RvyxWY
大阪を舞台にしたドラマっておもしろいね。
「秋深し」とこれの二本はお気に入りだなあ。
そいや次男は「酒井家のしあわせ」で息子やってなかった?

59 :名無シネマ@上映中:2009/03/01(日) 13:32:31 ID:Q9h5fSWL
友近の息子やってたね↑

60 :名無シネマ@上映中:2009/03/02(月) 21:46:01 ID:GF/oanfx
これ原作のマンガもいいね。
ほいで原作では兄弟でもなんでもないんだね。

66 :名無シネマ@上映中:2009/04/12(日) 23:53:20 ID:uv8KldiY
良い映画や!
そこらの根性無し、くそえいがより、全然いさぎよくてよかったわ!
大阪の精神科医が21世紀の最高傑作って言いよったけど、褒めすぎちゃうで。
理に適っとる。こまかいこと抜きにして、その視点が大事なんやゆうてんねん。


関連記事

  1. 2009/05/22(金) 00:33:18|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0
<<ナショナル・トレジャー | ホーム | パニッシャー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/717-8993735f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大阪ハムレット■「誰も守ってくれない」と対極の世界

シュエークスピアの「ハムレット」をモチーフにした映画であるが、悲劇ではない。なるほど、こういう物語も展開できるのかと感心して見終わった。登場する人物、特に子供たちは世間の常識からははずれてちょっと変わっており、普通の親ならそれを治そうとするのであろうが...
  1. 2009/05/22(金) 08:41:39 |
  2. 映画と出会う・世界が変わる

【大阪ハムレット】

監督:光石富士朗 出演:松坂慶子、岸部一徳、森田直幸、加藤夏希、本上まなみ 「大阪の久保家、父親の通夜にやってきたお父さんの弟が何故か一緒に暮らし始める。 お母さんの房子は昼は病院でヘルパーの仕事を、夜はバイトでスナックの手伝いをしながら明るく三人
  1. 2009/05/22(金) 11:37:45 |
  2. 日々のつぶやき

『大阪ハムレット』&#39;09・日

あらすじ大阪の下町で暮らす久保家。昼は病院でヘルパー夜はスナックと、働き者のお母ちゃん房子は三人の息子を抱え、一家の大黒柱となっている。お父ちゃんが急死し、弟と名乗る男が転がり込んできた。一方、中3の長男・政司は、偶然出会った大学生と恋人同士に。やんち...
  1. 2010/01/18(月) 21:38:38 |
  2. 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR