FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファウンテン 永遠につづく愛

http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1184502102/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2007/07/15(日) 21:21:42 ID:1dUfaGTe
ファウンテン 永遠につづく愛
監督:ダーレン・アロノフスキー
出演:ヒュー・ジャックマン / レイチェル・ワイズ / エレン・バースティン
7月14日(土)銀座テアトルシネマほか全国順次ロドショー
公式HP http://movies.foxjapan.com/fountain/index.html


3 :名無シネマ@上映中:2007/07/15(日) 22:06:53 ID:tw/XguxE
去年の東京国際で見た。つまんない

レイチェルは美しくないし、ハゲの座禅は退屈だし

6 :名無シネマ@上映中:2007/07/16(月) 20:40:45 ID:F54T1Fbl

2ちゃんねる映画ブログ

西洋人、東洋の坊さんに夢見すぎ。
そんな映画でした。
でも映像は綺麗だった。

7 :名無シネマ@上映中:2007/07/17(火) 00:07:45 ID:D/s7e1nx
見てきた、話もそれほど難解でもないので、思ってたより悪くはない。
ただ恋愛映画として観に行くと、いきなりハゲヅラ座禅で面食らう。
どっちかというとSF映画だろこりゃ?

8 :名無シネマ@上映中:2007/07/17(火) 00:23:43 ID:0vu2+Fhq
妻の死を受け入れられなくて現実逃避(生命の木にすがって妻の言葉を聴き入れなかった)してた男が
現実を受け入れ、妻の願いである物語の最終章を完成させたってことだよね?

もっとラブロマンスにできただろうに「現実逃避」が禅で表現されてるから
わけわからない。
解脱?までしちゃったとこには笑ってしまった。

久々にひどい映画を見たwww。

9 :名無シネマ@上映中:2007/07/17(火) 02:17:22 ID:kEUgDT6E
ダーレン・アロノフスキー、
もう2度とワーナーとFOXでは撮れないだろ、これwww

10 :名無シネマ@上映中:2007/07/17(火) 11:43:28 ID:dgVrs/o0
大仕掛けな割に普通なオチだったような。

んー、一時期ちょっとダークでトリッキーな企画の監督候補によくアロノフスキーと
クリストファー・ノーランが並んで挙げられてほとんど“互換可能”みたいな扱い
だったけど、なーんか差が付いちゃったなぁ。

あと、パンフがハゲジャックマン完全無視でワロタ(ハゲ状態の写真無し。ストーリー
解説でも「もう一人の男」と簡単に触れられるだけ)

11 :名無シネマ@上映中:2007/07/17(火) 11:53:18 ID:/nfU0T+O
興業側は夫婦の愛と空想のファンタジー風物語の両軸で売り込みたいんだけど、
実際はハゲの座禅の占める割合が高いから、さすがに完全無視はいかんので
もう一人の男って記述するしかないんだろなwww

13 :名無シネマ@上映中:2007/07/17(火) 15:31:20 ID:MW5y5pEZ
日本人からすると座禅に拒否反応出るよね。ストーリーは悪くないのに座禅に目が行ってしまって本筋に入り込みにくい。

15 :名無シネマ@上映中:2007/07/17(火) 19:11:41 ID:m7Hha3g5
モチーフに新味がないのも、分かりやすく印象的なカタルシスがないのも、
映像の美しさで許せる。
でもやっぱりユダヤ人に禅は扱えなかったかなあ。
時々思い出したように東洋の神秘をもてはやす西洋人て出てくるけど、
どうしてみんな狙ったようにとんちんかんなんだろう。

18 :名無シネマ@上映中:2007/07/18(水) 03:37:06 ID:AGRrvYS8
ヒュージャックマンを起用しておきながら もったいないことを…

20 :名無シネマ@上映中:2007/07/18(水) 12:10:58 ID:FrZuoKxO
>>18
最初はブラッド・ピットとケイト・ブランシェットで決まってたんだよ。
ケイト妊娠で降板、なかなか制作がすすまなくて我慢できなくなったブラッド・ピットも降板。
それでヒュー・ジャックマンとレイチェル・ワイズになった。

21 :名無シネマ@上映中:2007/07/18(水) 12:21:52 ID:AGRrvYS8
ブラピだったら全国公開してたかな。
それで大コケ&日本のファンから大顰蹙のコンボw

つかハゲ座禅するつもりだったのかブラピww

29 :名無シネマ@上映中:2007/07/19(木) 15:07:29 ID:eH39QAd0
バベルと同じカップリングになったわけだね。
ブラピ的には降りてよかったかも。
だが監督としては、圧倒的な存在感をもつブランシェットの方が
世界観を表現できたような気がする。

22 :名無シネマ@上映中:2007/07/18(水) 16:59:33 ID:N2cvqfbG
ハゲ座禅とか何ちゃって太極拳は論外として、この作品に共感できない理由の一つが
奥さんが健康すぎるところ。
脳外科の患者なら当たり前なのかも知れんが、顔も身体もやつれていないしむくみも出ず
頭痛とかの痛みを訴えるシーンもない。
雪の中散歩に出かけちゃったり天体観測したり、風呂場でセックルしたり。

もしかしたらもう手の施しようがないから好きにさせている末期という設定なのか。
でもあまりに元気ピンピンなので、ダンナが「早く新薬を開発しないと妻が死ぬ!」と
わめいても説得力を感じなかった。

23 :名無シネマ@上映中:2007/07/18(水) 17:15:18 ID:oNKhX2s4
なんちゃってとは失礼な。
ヒュー・ジャックマンは14ヶ月も太極拳のトレーニングを受けたって話じゃないですか。
……映画の出来には関係なかったけど。

25 :名無シネマ@上映中:2007/07/18(水) 21:11:02 ID:N2cvqfbG
>>23
なんちゃってと言ってスマソ。
ヒューの努力には頭が下がります。
でも西欧人とアジア人では同じ武芸を演じても型が違うよね。
足が長すぎるせいか、腰が定まらないように見える。

26 :名無シネマ@上映中:2007/07/18(水) 23:41:24 ID:vW5xMWyd
コンキスタドール・トマスが生命の樹を見つけたがそのあと…てとこは
確かにトミーの書いた第12章だけど


べつに現実逃避じゃなく、トミーはあのあと生命の樹の秘密を解き明かして本当に500年生きた
しかし、生きることに執着し続けた人生は、イジーが死を受け入れた生き方と比べると
愛する人との最後の時間を過ごすのを拒否した自分の選択を後悔するばかりの悲惨な物に過ぎなかった
500年後の科学力でオリオン座星雲に物理的にたどり着いたときに
生命の樹が枯れ、トミー自身もようやく死を受け入れたってこと


という風に見たんだけどほんとはどうなんだろか?解脱とか禅とは違うように見えたんだけど…
しかし、レイチェル・ワイズは病人のときはもうちょっとやつれて見えてほしかったよね

31 :名無シネマ@上映中:2007/07/19(木) 16:42:50 ID:7pc5M8fM
俺はトミーの書いたチャプター12以降の物語の終着点だと思った。
確かに考えてみればラストで妻の墓標に植えた種が生命の樹となり
>>26の言うような感じで幕を閉じるという展開かもね?

143 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 09:08:12 ID:mHZGgM7y
>>26を読むと、かなり俺の好きそうな内容だなw
未来惑星ザルドスみたいなトンデモ系を想像してるんだが
期待していい?

144 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 13:02:09 ID:YtZdMXAg
ザルドスとは根本的に方向が違うと思うが、
トンデモ度はいい勝負かもしれない。

32 :名無シネマ@上映中:2007/07/20(金) 01:43:30 ID:f3qgrgCV
ほめる気はないけど、年に2,3本はこういう映画があっても許す

35 :名無シネマ@上映中:2007/07/20(金) 23:52:46 ID:Fj5VXKil
昔見た『奇跡の輝き』とかいう映画のほうがよかったかな。
どちらもどんな映画かぜんぜん内容知らずに見て、どちらも突拍子もない展開
だったけど、奇跡のほうは惹き込まれたけど、こっちは
ナンジャコリャ---!!?
でした。
空中浮遊とか、麻○商工じゃあるまいし…

36 :名無シネマ@上映中:2007/07/21(土) 01:39:10 ID:LMdkxhmb
日本ではやっぱり>>35が書くように、オウム真理教トラウマがあるから
座禅組んで空中浮揚しているとドン引きしてしまうね。

一方でimdb.comでの観客評価は一体…

44 :名無シネマ@上映中:2007/07/22(日) 18:35:25 ID:RzDOYcAT
IMDbのユーザー評はどの映画も全体的にポイント高いからね。参考にならない。
ワーナー配給のメジャー映画なのに興業がさっぱりだったことが全てを物語ってると思う。
見てる人自体が少ない。
ロッテントマトの批評家評では酷評。
ベネチア映画祭で初披露の時も酷評されて記事になった。

37 :名無シネマ@上映中:2007/07/21(土) 13:18:54 ID:CVUA/tJO
ドン引きしたのは刺青いれるところも。
特に指に万年筆突き刺して入れるのは、怖かった。
肝炎になるのを承知で自殺行為のつもりだったのか。

2ちゃんねる映画ブログ

40 :名無シネマ@上映中:2007/07/22(日) 13:16:41 ID:e7pKMWN1
監督の自己満足世界・・・
役者の無駄遣いにつきる駄作でしたな

41 :名無シネマ@上映中:2007/07/22(日) 16:04:42 ID:uGsHYfy+
ハゲ未来は丸ごといらねー。
現実と中世物語だけでいいじゃん。
そしたら「愛の佳作」くらいにはなったかもよ?

でも、きっと監督が気合い入れて撮ったのはハゲなんだよな~
だめだ、こりゃ。

55 :名無シネマ@上映中:2007/07/23(月) 08:40:08 ID:88OJ6nZA
銀座テアトルシネマは満員だった。
でも開始後10分あたりから場内に何ともいえない感がただよい始め
隣の席のオヤジはいびきかいて寝てしまった。
終わって照明がついたら、みんな困った顔をしていた。
通路やトイレでも話の内容について誰も語ろうとしていなかった。

59 :名無シネマ@上映中:2007/07/23(月) 11:29:53 ID:Rt+rG7Ou
テアトル満員か。
ヒューファンとレイチェルファンが集まったのかな。

108 :名無シネマ@上映中:2007/07/23(月) 21:09:41 ID:zbE7EsAV
πもレクイエム・フォー・ア・ドリームも好きだから
楽しみだったんだけど評判悪いのか

109 :名無シネマ@上映中:2007/07/23(月) 21:10:09 ID:r7A4+jKl
まぁ映画の内容が酷いから・・・
ヒューの次の日本公開もScoopだからなぁ
せっかくプレステージで注目してくれた人達ごめんよ

130 :名無シネマ@上映中:2007/07/25(水) 12:44:12 ID:REJIYgOa
脚本と監督を変えたらよさそう

131 :名無シネマ@上映中:2007/07/25(水) 13:36:41 ID:29AMIYWc
あと、主演の2人も。

猿とばあちゃんはイケてた。

132 :名無シネマ@上映中:2007/07/25(水) 15:57:33 ID:EhKth1fF
この映画で監督と別れなかったレイチェル・ワイズは偉いと思う。

2ちゃんねる映画ブログ

133 :名無シネマ@上映中:2007/07/25(水) 16:03:51 ID:j0cGCT1L
レイチェル・ワイズってあんまり作品に恵まれてないのかなぁ

134 :名無シネマ@上映中:2007/07/25(水) 16:47:09 ID:LG29QaPB
ブラピはダーレンが新たに書き直した
草稿に納得できずに対立して降板ってのも
分かる内容だなぁ。ブラピは役作りのために
1年間も髭伸ばし続けたんだから、そんな
別れ方はしたくなかったろうに

135 :名無シネマ@上映中:2007/07/26(木) 16:16:26 ID:UOirxvyU
>>134
じゃあブラピは最初の草稿には同意していたってこと?
こういうふうに俳優に見せたときと内容が変わることはよくあるのだと思うけど
どんなに反対されても監督が押し切っちゃうんだろうね。
ちなみにジャックマンは改稿版を読んで出演を承知したのだろうか。

137 :名無シネマ@上映中:2007/07/26(木) 17:25:42 ID:BMaY+oIS
>>135
その辺は力関係次第でケースバイケースでしょう。
後から決まった俳優がなぜかプロデューサーにもクレジットされることになって
脚本書き換えさせちゃうなんてこともある世界だし。

142 :名無シネマ@上映中:2007/07/27(金) 12:47:17 ID:vz5ZTbBh
ブラピとかジャックマンのような華のあるスター俳優ではなく、地味な中堅俳優を
使った方が監督の意図する作品が出来たんじゃないかな。
スポンサーを見つけるのが難しくなるかも知れんが。
ブラピとか出たらやっぱりファンはそれなりの方向への期待をしてしまう。

146 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 18:03:00 ID:bk1mKCjB
先週の水曜に銀座テアトルで観てきたよ。
π、レイクエム・フォー・ドリームの監督だから、男ばっかだろうなと思ってたら、むしろ女性客ばっかでなんか気まずかった。
恋愛映画として売ってたからか?

おれはそこそこ楽しめたけど、人には絶対に薦められない映画だったw
とりあえず、主人公が宇宙に旅立つまで何してたのか気になった。
やっぱり、生命の木の研究を続けて妻を生き返らせようとしてたのかな。

147 :名無シネマ@上映中:2007/07/30(月) 12:47:00 ID:bvpn3YiA
映画はナンだったけどサントラは買った。
ついでにレクイエム・フォー・ドリームのといっしょに。
クリント・マンセルはいいな。

148 :名無シネマ@上映中:2007/08/02(木) 01:04:01 ID:pVLc2Nu/
「永遠の命を追い求めるなんてナンセンスなのよ~」と言いたくて小説を書いたと
思われるヒロイン。
しかし内容が血で血を洗うおどろおどろしさだったので好感度ダウン。
それを読まされ、しかも続きを書くよう強要されたダンナの気持ちを考えてやれよ。
せめてもっと心温まるファンタジー作品ならなあ。

153 :名無シネマ@上映中:2007/08/05(日) 10:24:53 ID:aZ5fEI1e
もの凄くシンプルなテーマをもの凄くひねくってる所が面白かった。
テーマ語るだけなら現代編だけで済んじゃうんだよね。

主人公の内面をわざわざ三つの世界に分断して、
それぞれに金かけて映像化して見せたのは面白い試みだったと思うよ。

156 :名無シネマ@上映中:2007/08/06(月) 14:26:14 ID:Jl6jiXZa
>153
確かに面白い“試み”なんだけど
なんで剃髪して作務衣みたいの着て座禅組んで
キラキラの中を浮遊するのか解せなかったんだよね
“禅”らしきものをオールマイティに扱い過ぎる印象で白けちゃった

157 :名無シネマ@上映中:2007/08/06(月) 19:55:13 ID:2LGwB1Fx
>>156
映像のインパクトをねらったのかも。

158 :名無シネマ@上映中:2007/08/07(火) 07:51:13 ID:aWtYEqRy
オリエンタリズムに助け求めちゃったんじゃないか?
神秘にまぶして誤摩化しちゃえみたいな。

即身成仏が別に奇異なもんでもない本家アジアンからしたら、
「あーあー無理しちゃって」にしかならんのだがw

159 :名無シネマ@上映中:2007/08/07(火) 09:42:21 ID:unULgP+y
マヤ文明(だったっけ?)と旧約聖書と禅を一緒くたにしたのがアバウトすぎた。
全宗教の根源は一つという理念だとしても、まとめ方が雑。

162 :名無シネマ@上映中:2007/08/09(木) 00:01:57 ID:vOL60UG4
結局欧米人にとってはキリスト教世界とそれ以外という二択しかないんだろうな。
過去・現在・未来といった時間的概念よりそちらが優先なんだろう。

160 :名無シネマ@上映中:2007/08/08(水) 09:02:40 ID:Wyujqm78
日本人じゃなければそこそこなじめるのかな?
って思ってたけどニューズウィークかなんかで微妙なレビュされてたな。

161 :名無シネマ@上映中:2007/08/08(水) 22:54:20 ID:L4ypquIg
あの謎の球体とかどうやって何処から
旅立ったのか、あの時代は一体いつなのかっていうのを
もっと丁寧に描いて欲しかったなぁ。すんげー未来なんすかね?
そりゃブラピも降板するわ

163 :名無シネマ@上映中:2007/08/10(金) 00:12:41 ID:7Ic5lojT
いろんなとこでの酷評にもめげず、監督目当て(?)で観てきました。
前半は「ダーレン、やっちゃったよ…」と思いつつも(観終わっても思ったけど)、
何とか最後までそれなりに集中して観られました。

俺は銀座で観たのだけれど、そこで今レイトで『アヒルと鴨のコインロッカー』を
上映していて、意図した訳じゃないだろうけど、俺の中で変にこの二作がつながった。

『アヒル~』では(ネタバレじゃないよ)、主要キャストの一人であるブータン人が
車道の犬を(無茶して)助ける場面があって、そこで彼が「ブータン人は死んでも生まれ変わると
信じているから“死”を恐れない」みたいなことを語っている。(これも主要な一つのテーマかな)

そうした輪廻転生(でいいのかな)と、西洋近代の「生」と「死」の概念(境界線?)との
対立とか矛盾とか止揚(これは違うか)とかをぶっ込んでごちゃまぜにした、そんな映画に思えた。
成功してるとは思わないし、深いところまで掘り下げられてる印象も受けないけど、興味深く観られた。

“「何か」に病的なまでに執着している者”を描いているところだとか、映像や音楽なんかの面では、
それなりにダーレン色が出てると思うので、過去作好きな人は観ても好いかも。
銀座はかなり空いてたし(夕方に観ました)。

165 :名無シネマ@上映中:2007/09/08(土) 14:16:00 ID:MZvSIJDq
過去編(という言い方もおかしいのか)の最終章で
腹から葉っぱが生えたのは、博物館で話してた世界を作った男の話に繋がるのかな。

2ちゃんねる映画ブログ

166 :名無シネマ@上映中:2007/09/12(水) 21:56:17 ID:+JWWALFY
トンデモ映画だったのは確かだが、面白いアプローチだった
ある意味人にお勧めできる(人選んだけど)

レイチェルが死にそうなシーンは「ぼくの地球を守って」を勝手に彷彿させて悲しくなった

レイチェルは「ナイロビの蜂」のが良かった


関連記事

  1. 2009/07/08(水) 22:08:51|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<DIVE!! ダイブ!! | ホーム | 東京フレンズ The Movie>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/703-85511055
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR