FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラースと、その彼女

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1229143362/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2008/12/13(土) 13:42:42 ID:KzuLsUmy

最初見たときはデビッド・アークエットかと思ったライアン・ゴズリングと
エミリー・モーティマー共演
12/20(土)よりロードショー公開

公式HP
http://lars-movie.com/


3 :名無シネマ@上映中:2008/12/13(土) 15:11:30 ID:W8mj7HH8
これで日本でリアルドールの購買者が増えるかな?

5 :名無シネマ@上映中:2008/12/13(土) 17:00:35 ID:rkXok2OD
あーこれ見たいわ。

6 :名無シネマ@上映中:2008/12/14(日) 06:09:20 ID:EAxLmFNg
カナダの景色がいい感じ

8 :名無シネマ@上映中:2008/12/15(月) 06:13:00 ID:WtopDEsU
「僕らのミライへ逆回転」みたいに最初はコメディかと思いきや、
意外にシリアスという展開。

14 :名無シネマ@上映中:2008/12/20(土) 19:19:56 ID:xiEDjzEM
ありえないストーリーだと思った。
まあ役者に演技力があるからそれなりに楽しめますが。
現実にはこんな人は、精神病院に放り込まれて終わりですけれどね。

17 :名無シネマ@上映中:2008/12/20(土) 22:07:06 ID:eVe/PINl
>>14
ありえない話も映画の魅力だろうに
ひねくれたやつだな

24 :名無シネマ@上映中:2008/12/21(日) 17:54:26 ID:TH6UPfFL
>>17
ヤフーの映画批評にもありえないと書いたらえらく非難された。
しかし皆さん。胸に手を当てて良く考えてください。
現実にこのような人がいて、優しく接する事ができると自信を持って言える人は
何人いるでしょうか。それを抜きにして、手放しで感動するというのも
例え映画と言っても、何か嘘くさいんだよね。
役者の演技力と、ストーリーの面白さは私も認めます。

25 :名無シネマ@上映中:2008/12/21(日) 18:44:33 ID:TzC69gnj
カナダとアメリカって全然違うからな(笑)
カナダは田舎で治安もいい。
アメリカみたいにギスギスしてないし、本当に人々がゆったりとしてる。
カナダだから成立してる話。
海外出たことないやつが『この話有り得ない』って(笑)
これだから村社会日本はよ~(笑)
外出なよ、厨。

26 :名無シネマ@上映中:2008/12/21(日) 20:03:10 ID:ngTHPNM5
>>25
私は日本人ですから、日本人の感性で映画を観ます。
それにカナダが舞台といっても、アメリカ映画だけれどね。

114 :名無シネマ@上映中:2009/01/02(金) 15:35:01 ID:k1VY/zAM
>25
この映画の舞台はカナダじゃないよ、アメリカ中西部。
多分ミネソタ、ノースダコタ、アッパーミシガンとか、
北欧移民が多い北のほう。

18 :名無シネマ@上映中:2008/12/20(土) 23:32:44 ID:1E1JukBZ
観てきた。
役者が上手いし、それなりに良い。
しかし、予告編だけでも内容は網羅出来る感じ。

19 :名無シネマ@上映中:2008/12/21(日) 01:30:59 ID:AE9ixS0z
>>18
>しかし、予告編だけでも内容は網羅出来る感じ。

そうかな?かいつまめばそうかもしれないけど、この映画の面白さはラース本人のみならず
町人達の心境の変化の情景なんじゃないかと思う。
ゆったり観るのがいいと思うけど

20 :名無シネマ@上映中:2008/12/21(日) 13:14:52 ID:UM5ETcMO
コメディかと思ったらジーンとくる話なんでつね

21 :名無シネマ@上映中:2008/12/21(日) 16:47:52 ID:I8BgsWhe
昨日観てきた~ネタバレあり

ラースは人と接するのが苦手な為コミュニケーションツールとしてドールを購入し
町の人にたくさんの愛情をもらって、このままじゃいけないと葛藤
ドールを殺し?最後にやっと一歩踏み出すことができた「散歩でもしようか…」

てな感じなのかなぁ~コノ季節にピッタリのほっこりあったかい作品だった
職場のコのテディベアを蘇生させるシーンがラースの人柄がでてて可愛かったなぁ~w

23 :名無シネマ@上映中:2008/12/21(日) 16:57:32 ID:B6m/60hy
>職場のコのテディベアを蘇生させるシーンがラースの人柄がでてて可愛かったなぁ~w


デディを縛ってるロープが妙に凝っていて吹いたわ
やりすぎだろw

22 :名無シネマ@上映中:2008/12/21(日) 16:54:26 ID:B6m/60hy
いいね
登場人物が皆生き生きしてる。

27 :名無シネマ@上映中:2008/12/21(日) 20:38:12 ID:mHftaUgg
これって江戸川乱歩の「人でなしの恋」を思い出すな。
人形に恋する男の話。

28 :名無シネマ@上映中:2008/12/21(日) 21:42:34 ID:SwE2a04l
予告見ると、人形が好きで、その人形に恋してしまって
おかしくなっちゃった主人公、って話みたいに思ってたんだけど
全然違うんだね。

母親が自分の出産のせいで亡くなってしまったと思い込んで、兄嫁の妊娠をきっかけに
ずっと抱えてたトラウマが噴出して、何かに逃げなきゃいけないんだけど、
自分は誰にも相手にされてない存在なんだと勘違いしてるから、
ぶつける相手として人形を選んだ、ってだけなんだろうね。
おかしくなった原因も、ラースの優しさ故ってのがまた切ないな。

41 :名無シネマ@上映中:2008/12/23(火) 11:20:33 ID:9DUor5O7
ラースは周りの人みんなに愛されているという設定だけども
あのタイプは普通は好かれないよ。

2ちゃんねる映画ブログ

42 :名無シネマ@上映中:2008/12/23(火) 11:27:17 ID:N/4MEC8J
全員が全員、優しくラースに合わせてたわけでもなかったと思うけど。
物珍しそうに見てた人もいたし、避けてるような人もいたし。

ビアンカが危篤になった時、ラースの傍に居てあげたお年寄り達は、
小さい頃からのラースを知ってるんだろうし、そういう世話焼き老人の
狭い地域での発言力はかなりのもんだと思うよ。
町内会とかに出てみればよく分かるw

あのおばさん達を敵に回すよりは、多少お人形ごっこに付き合うか、
避けるかした方がましだろうしw

43 :名無シネマ@上映中:2008/12/23(火) 11:56:47 ID:E57ZjOXz
ラースは別に頭がおかしくなったわけじゃないよね
ふりをしてたというか、自己表現としてドールを利用してた?

44 :名無シネマ@上映中:2008/12/23(火) 12:48:30 ID:rpTf+okG
おかしくなってたと思うよ
少なくともビアンカが人間だと周りが信じると思ってたんだから
正常の判断からは逸してる
ラースがビアンカを人間だと信じてたのか、
それとも人形だけど人間として通せると信じてたのかは、自分には判断つかない
買うまでの描写と殺すに至る描写がないからなー
作者はおとぎな話で終わらせたかったのだろうけど、そのシーンは見たかった

56 :名無シネマ@上映中:2008/12/26(金) 21:20:56 ID:nb72mcWx
>>44
買うまでの描写はなかったけどもう一つの方の描写はあったと思う
ケンカしたりプロポーズを断られたり

60 :名無シネマ@上映中:2008/12/27(土) 00:03:29 ID:qLj82q1R
ケンカもプロポーズ拒否も、直接ラースの視点では撮ってないからな
周囲の人の視点だからラースの心の動きまではわからない

64 :名無シネマ@上映中:2008/12/27(土) 06:47:42 ID:1CLOUMrb
ネタバレ宣言

>>60
ケンカとプロポーズ拒否こそが、ラースの心情の変化を示しているのでは?
ビアンカ→ラースへのリアクションは、そのままラース→ビアンカへの気持ちが投影されているんだと思う。

母親と同じように、兄嫁が出産によって死んでしまうかもしれないという恐怖に耐えられず、ビアンカと暮らす事で一生自分の殻に閉じ籠もろうとする。
人形なら、死ぬことも自分を傷つけることもしないから。
ラースは無意識に、ビアンカが人形だと自覚していたはず。
お年寄りの荷物を持ってあげるなど、元々純粋な心の持ち主だから、ラースは身近な人達には好かれている。
そんな人達は、ラースを暖かく見守る。
職場の女子はラースに好意を抱いているが、ラースは無関心。
しかし、女医のカウンセリングの成果もあり、彼女が他の男と楽しそうにしているのを見て嫉妬している自分に気付く。
生身の人間と心を通わせる恐怖との葛藤、そして殻を破る=人形に逃げる必要がなくなる。
ビアンカの葬式で、過去の自分との決別。

ビアンカとのケンカは、職場の女子に心を持って行かれている、自分の心とのケンカだったんだと思う。

47 :名無シネマ@上映中:2008/12/24(水) 08:02:16 ID:cV9iMPYr
兄貴の心境の変化が良かった

50 :名無シネマ@上映中:2008/12/25(木) 14:01:46 ID:Vq5MBzg/
いい映画なのに伸びないな
ちゃねらーにこそ観てほしいんだけどな

52 :名無シネマ@上映中:2008/12/26(金) 01:53:29 ID:kDEg5976
ビアンカを葬るのではなく
心の中で「人形」として生まれ変わらせることは難しかったのかな。
マネキンになって貰ってた洋服屋さんや、
病院の子供達には結構喪失感があっただろうと思うとかわいそうな気がする。
自分が人形好きなのでつい「出来の良い人形が勿体無い…」と思ってしまう。

71 :名無シネマ@上映中:2008/12/27(土) 19:16:44 ID:PycbDwO3
主役の人わかくしてアカデミーノミネーしてるんだね。
演技うまいって評判。でもこの映画あまり有名な役者(日本では)
でてないんだね。

84 :名無シネマ@上映中:2008/12/28(日) 23:45:43 ID:VDim3bYY
>>71
インディーズ映画だからね。

75 :名無シネマ@上映中:2008/12/28(日) 00:57:50 ID:b/oChGKc
ラースはいい人だが、痛々しかった。
しかしいい映画だった。
女性のほうがビアンカを受け入れているのが印象的だった

77 :名無シネマ@上映中:2008/12/28(日) 07:18:05 ID:7SL/rodO
ネタバレあり↓






架空の人間を作り上げて周りの人達がお芝居に付き合ってあげて最後お葬式するってあらすじが
「ポビーとディンガン」に似てるね。あっちは病弱な子供の友達妄想、
ラースは孤独で恋愛下手な男の恋愛妄想で、どっちもそれぞれよかった。
ラースはおとなしい美人よりあんまり可愛くないけど明るくて
わいわい一緒にボーリングできる女の子がいいと思ったんだね。
ラースがボーリングで隣のレーンのガーター出すシーン笑たわw

85 :名無シネマ@上映中:2008/12/28(日) 23:53:53 ID:TXdLaPTh
>>77
俺も観てる間、ポビーとディンガン思い出してた。

しかし、他の部分はともかくラースの様な人間にマーゴみたいなフツーの女が恋をするなんてことは100%ないと思うんだけど

2ちゃんねる映画ブログ

86 :名無シネマ@上映中:2008/12/29(月) 00:27:20 ID:58wr+FRA
イケメンでちゃんと仕事してて年寄りや子供に親切な性格だったら
多少おかしくても「いい」と思う人はいると思う。

88 :名無シネマ@上映中:2008/12/29(月) 02:13:24 ID:FFbdXzgg
>>85
100%ないということはないんじゃないかな
最初は何でラースみたいな男を好きにと自分も思ったけど
新しく入った職場で困ったり辛かったときに
くまのぬいぐるみの蘇生術みたいなやり方で親切にされたら
好きになるだろうなと思ったよ

91 :名無シネマ@上映中:2008/12/29(月) 17:06:11 ID:tobulHnU
>>88
いや、そのずっと前からマーゴは好きだったでしょ。
あの熊シーンはラースに変化が出てきた後の描写だし。

102 :名無シネマ@上映中:2008/12/31(水) 10:06:53 ID:brjzF+VN
『パンズラビリンス』ではファンタジーは夢物語でない、生きていくにはあまりにも困難な現実に直面すると幻想に逃げていくを描いてたけど、この映画もそれに似たものがあるなと思った。

母の愛を知らず、兄は出ていき人嫌いな父と二人暮らし、父が亡くなると兄は嫁を連れて帰ってくる。色々なバックボーンの中、兄嫁の気遣いやスキンシップでとうとう人形であるビアンカに逃避していく。町の人には非現実的だがラースにとって逃避先は現実。
ファンタジーは残酷。でもこの映画の良いとこは町の人がラースのために非現実的なものを現実に合わせていく。そして、ラストではゆっくりだけど変わっていくだろうラースの姿。残酷な話だけど、笑いと優しさに包まれている。
ラースの同僚はフィギュア、マーゴはテディベア、ラースのラブドール。人形には何か宿っているものがあるのかな。

124 :名無シネマ@上映中:2009/01/16(金) 07:11:34 ID:uF7c9XAa
>>102
そうそう。別にラースが特別なわけじゃないんだよな。
触れられたいのにできないジレンマがあるってだけで。
愛玩物がラースはたまたまラブドールだったってだけでさ。

105 :名無シネマ@上映中:2008/12/31(水) 15:06:21 ID:QAXHYcD8
クイントのトイレにDMCのチラシがあって笑った

104 :名無シネマ@上映中:2008/12/31(水) 14:46:41 ID:aSpEfEJo
「造花は枯れないんだよ」というセリフがあったけど、両親を亡くしたラースは、いつか死を迎えるだろう人間よりも、決して老けない死なない人形との交流を求めてしまったのかな。結果は違ったけど。

106 :名無シネマ@上映中:2008/12/31(水) 15:10:30 ID:IoTRf9du
「他人に触れられると痛い」から、触れても痛くないビアンカが唯一安心できる
存在だと思ってたんだろうな。
他人と関ると確かに痛いと思うこともあるけど、それを受け入れて
さらに他人を思いやって関わっていくのが、
お兄さんの言う大人になるって事なんだろうね。

ラスト近くでマーゴの手を握った時に、ラースもそれを受け入れていこうって
気持ちになったんだろうね。
WALL-E見た後だったから、イヴとWALL-Eの「バチッ」ってのを思い出したよ。
まさにラースにとっては、そんな感じだったんだろう。

98 :名無シネマ@上映中:2008/12/30(火) 10:23:54 ID:o611rgxc
下世話な話で申し訳ないですが、ラースってセックスレスでも大丈夫な
男性だったんでしょうか?

99 :名無シネマ@上映中:2008/12/30(火) 13:55:14 ID:CN4uL51o
>>98
ビアンカとはセックスしてたとおもうよ
描かなかっただけで

111 :名無シネマ@上映中:2009/01/01(木) 18:53:13 ID:AwDywxlM
>>99
えっ?そうなの?
ラースは童貞でビアンカさんともプラトニックだと思ってたよorz

112 :名無シネマ@上映中:2009/01/01(木) 19:20:03 ID:6jI1lrFI
>>111
自分もプラトニックだった派
ビアンカは宣教師で結婚前に同じ部屋では寝られないと言ってたしさ

114 :名無シネマ@上映中:2009/01/02(金) 15:35:01 ID:k1VY/zAM
>111
自分もラースはビアンカには手を出してないと思う。
ラースがビアンカに求めてたのは純潔性だよね。
アニメオタクが自分の好きなキャラは絶対処女!と
思ってるのとちょっと似てるかなと。

マーゴの手を握った時に 生身の人間の温かさ、
手を握れば握り返してくれることを知ったラースは
その後ビアンカにキスをして、
確かに触っても痛くないけど、温かくもないし、
キスを返してくれるわけでもないっていう事実を実感して
ビアンカと決別しようと思ったんだろうと思った。

2ちゃんねる映画ブログ

122 :名無シネマ@上映中:2009/01/13(火) 00:04:48 ID:5HVQFnFK
俺、ラスト近くでの近所のおばぁちゃん3人とラースのシーンと
最後の協会のシーンで泣いたわ…

やさしさが伝わってきてさ…

125 :名無シネマ@上映中:2009/01/19(月) 11:18:32 ID:1+TuahMm
この作品は思わぬ掘り出し物って感じで、観に行ってよかった。
出来ればまた観たい。

全編を通してラースの優しさとか、村の人々の優しさがものすごく
伝わってきた。あと、小さな芝居がものすごくいい。
女医さんが立ち去るとき、遠景で帽子を被る動作が好き。
寒いのもあるけれど、あの女医さんはおしゃれだもんね。

128 :名無シネマ@上映中:2009/01/23(金) 18:24:17 ID:Esmlfap7
>>125
女医さん熟女の魅力全開だったよな。
最近観た映画では、デスレースの女所長と、この映画の女医が
マイベスト熟女。

2ちゃんねる映画ブログ

129 :名無シネマ@上映中:2009/01/23(金) 19:43:09 ID:lzoTokx1
江頭がネットラジオで評価していたよ

130 :名無シネマ@上映中:2009/01/23(金) 21:31:53 ID:uCJZHs4W
アメリカの田舎の前近代的村社会はセックスドールを彼女ですって紹介したくらいじゃ見捨ててくれないんだな おそろしや

131 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 17:25:55 ID:k0io94QO
>130
これは中西部のリベラルな州が舞台だけど、
同じ田舎でもディープサウスだったら「あそこの家の
息子は基地外」とかいって村八分にされて
教会にも入れてもらえないと思う

132 :名無シネマ@上映中:2009/02/01(日) 00:53:05 ID:21FJgfmg
>>131
リベラルなところでも、サイコと思われたら八分じゃないのか?ふつう

本作はリアルな体裁のファンタジーでしょ

133 :名無シネマ@上映中:2009/02/01(日) 01:07:00 ID:8NS4RiQc
人形を人間と思い込んでるくらいじゃ、別にサイコとも思われないんじゃないの。
日本でだって、たまに変な人が駅ででっかい独り言叫んだりしてたって、
目は合わさないで避けるような人はいるけど、面と向かって出て行けとか言う人いないよ。

映画みたいに、子供が近づいたら「その人に近づいちゃだめよ」って親が
引き離す程度なんじゃない。
親しい人以外の反応はそんなもんだろうし、特に映画の世界が特殊だとも
思わなかったけどな。

134 :名無シネマ@上映中:2009/02/01(日) 18:00:45 ID:3yHPfWJK
あの変人を抱きこむ力が逆に作用した時に、輪の外にいる黒人をガンガン差別してたんだろな
おそろしやアメリカ

135 :名無シネマ@上映中:2009/02/02(月) 16:37:06 ID:TBcRhdd2
ぶっちゃけ、ラースって、ぜんぜん「おまえら」じゃないよな。他人に触れられないのには医学的ナ理由があるし
見た目は「サンシャイン」だし。そもそも女の子に告白されてるわけで。

137 :RRD ◆3MranranlY :2009/02/02(月) 22:38:07 ID:4WzAMmiF
つーことで見てきた。
兄嫁が黙ってる時、ダッチワイフに見えて仕方なかった。
つーかラースとビアンカの関係と兄嫁夫婦の関係、何が違うか
一瞬分からなくなったよ。
兄嫁は兄に合わせられるけど、ビアンカはラースに合わせることはない、
その分、人間同士の愛より尊いんじゃないかとすら思った。
ただやっぱり決定的な違いは体温なんだろう。
湖でのキスは人形との冷たいキスではなく、死体との冷たいキス
だったんだろうな。あのキスと、素手でのマーゴとの握手の対比。
季節が夏だったら、こんなドラマにはならなかった。

140 :名無シネマ@上映中:2009/02/03(火) 21:12:45 ID:DcdXU2Kf
前のほうにも書き込みあったかもしれないけど、年末のすべらない話の
千原Jr.の話がずっと頭ん中ぐるぐるしてた。

141 :名無シネマ@上映中:2009/02/03(火) 21:25:12 ID:rA/GCPvv


ときえぇぇぇーーーーーーーっ!!!

153 :名無シネマ@上映中:2009/04/25(土) 00:04:56 ID:rsjnp/ZE
飯田橋で見てきたよ。

教会に飾ってた花を一本、「好きな子にあげなさい」と婆ちゃんから貰って
マーゴを見てからポーイと投げる所がすごく良い。
あの時から、自分がマーゴに好意を持っているという事実に耐えられなかったんだろうかね。

155 :名無シネマ@上映中:2009/04/26(日) 14:39:25 ID:OoOaFqp1
兄嫁のなりふり構わぬストーカーぶりにワロタw


関連記事

  1. 2009/05/12(火) 23:18:20|
  2. ら行映画
  3. | トラックバック:12
  4. | コメント:0
<<ネバーエンディング・ストーリー | ホーム | ダーク・ウォーター>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/694-4e697252
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画 【ラースと、その彼女】

映画館にて「ラースと、その彼女」 アカデミー賞脚本賞ノミネート作品。監督は、本作が初の劇場公開作品となるCM作家クレイグ・ギレスピー。 おはなし:ラース(ライアン・ゴズリング)は人付き合いが苦手な青年。そんな彼が兄夫婦(エミリー・モーティマー、ポール・シュ
  1. 2009/05/12(火) 23:37:28 |
  2. ミチの雑記帳

ラースと、その彼女

 『彼が恋に落ちたのは… 等身大のリアルドール!』  コチラの「ラースと、その彼女」は、雪が降り積もる小さな田舎町で”Mr.サンシャイン”とみんなに慕われる心優しい青年が、”リアルドール”いわゆる”ラブドール”に恋してしまう姿を描いた12/20公開のハートフル...
  1. 2009/05/12(火) 23:38:20 |
  2. ☆彡映画鑑賞日記☆彡

ラースと、その彼女

アメリカ中西部の小さな町で、兄夫婦が住む家のガレージを改造して生活しているラースは、人に対して消極的で引っ込み思案ですが、優しく純粋で、町の人たちの信頼を集めています。けれど、ずっと彼女もいなくて、兄のガス、義姉のカリンたちは心配していました。そんなある
  1. 2009/05/13(水) 00:13:51 |
  2. 日っ歩?美味しいもの、映画、子育て...の日々?

ラースと、その彼女

彼が恋に落ちたのは…等身大のリアルドール! 原題 LARS AND THE REAL GIRL 製作年度 2007年 上映時間 106分 脚本 ナンシー・オリヴァー 監督 クレイグ・ギレスピー 出演 ライアン・ゴズリング/エミリー・モーティマー/ポール・シュナイダー/ケリ・ガーナー/パトリシア・ク
  1. 2009/05/13(水) 00:39:51 |
  2. to Heart

『ラースと、その彼女』

□作品オフィシャルサイト 「ラースと、その彼女」□監督 クレイグ・ギレスピー□脚本 ナンシー・オリヴァー□キャスト ライアン・ゴズリング、エミリー・モーティマー、ポール・シュナイダー、ケリ・ガーナー、パトリシア・クラークソン■鑑賞日 12月21日(日)■
  1. 2009/05/13(水) 08:09:20 |
  2. 京の昼寝?♪

ラースと、その彼女■コミュニティが人を支える

「大阪ハムレット」と似たティストの作品である。「大阪ハムレット」が家族が支えであったのに対して、この「ラースと、その彼女」はコミュニティが支えであることを描いている。どちらにしても人間はお互いに理解しあい、支えあうことが大事だということであろう。単に支...
  1. 2009/06/25(木) 10:28:57 |
  2. 映画と出会う・世界が変わる

ラースと、その彼女

彼が恋に落ちたのは&amp;hellip&#59;等身大のリアルドール!
  1. 2009/08/09(日) 15:03:12 |
  2. Addict allcinema 映画レビュー

「ラースと、その彼女」

人間の温かさが良く出てた映画だったなぁ。笑って、そしてホロリ
  1. 2009/08/17(月) 15:28:05 |
  2. 心の栄養♪映画と英語のジョーク

mini review 09422「ラースと、その彼女」★★★★★★★☆☆☆

アカデミー賞脚本賞にノミネートされた、ハートウォーミングな人間ドラマ。インターネットで注文した等身大のリアルドールとの恋愛関係に没頭する青年と、彼を取り巻く町の人々の人間模様が展開する。リアルドールに恋をする主人公ラースを演じるのは『きみに読む物語』のラ
  1. 2009/12/07(月) 22:53:59 |
  2. サーカスな日々

『ラースと、その彼女』&#39;07・米

あらすじ小さな田舎町に暮らすラースは、シャイで女の子が大の苦手。でも、人一倍優しくて純粋な心を持っている。そんなある日、同じ敷地内に住む兄夫婦に、ラースが「彼女を紹介するよ」と言って連れてきたのは等身大のリアルドール、ビアンカだった・・・。感想アカデミ...
  1. 2010/03/31(水) 00:00:21 |
  2. 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ

ラースと、その彼女

作品情報 タイトル:ラースと、その彼女 制作:2007年・アメリカ 監督:クレイグ・ギレスピー 出演:ライアン・ゴズリング、エミリー・モーティマー、ポール・シュナイダー、ケリ・ガーナー、パトリシア・クラークソン あらすじ:幼いころのトラウマから人とのつながりを
  1. 2010/07/31(土) 01:34:58 |
  2. ★★むらの映画鑑賞メモ★★

「ラースと、その彼女」

お勧め度:★★★★☆ 製作年 : 2007年 製作国 : アメリカ 配給 : ショウゲート 上映時間 : 106分 監督 : クレイグ・ギレスピー 出演 : ライアン・ゴズリング 、 エミリー・モーティマー 、 ポール・シュナイダー 、 ケリ・ガーナー 、 パトリシア・クラークソン あらす
  1. 2010/08/16(月) 00:30:59 |
  2. ドゥル的映画鑑賞ダイアリー

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR