FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

チェンジリング

http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1234445458/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中 :2009/02/12(木) 22:30:58 ID:CM07iLg2
あのリメイク映画じゃありませんえんwwwwwwwwwwwwwwwwwww


チェンジリング
Changeling

監督 クリント・イーストウッド
製作総指揮 ティム・ムーア ジム・ウィテカー
製作 クリント・イーストウッド ブライアン・グレイザー ロン・ハワード ロバート・ロレンツ
脚本 J・マイケル・ストラジンスキー
出演者
アンジェリーナ・ジョリー
ジョン・マルコヴィッチ
ジェフリー・ドノヴァン
コルム・フィオール

・公式:http://changeling.jp/


84 :名無シネマ@上映中 :2009/02/20(金) 02:20:28 ID:+v5O+0e6
もとの実話ってこれか
(当然ネタバレ注意)
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E4%BA%8B%E4%BB%B6
陰惨だな。

90 :名無シネマ@上映中:2009/02/20(金) 13:04:43 ID:1YUVbhzW
>>84
なんちゅう陰惨で悲惨でイヤな事件。

93 :名無シネマ@上映中 :2009/02/20(金) 14:00:32 ID:tSS0v7UN
>>84
見終わった後暗い雰囲気になるからデートには向いてないね

133 :名無シネマ@上映中 :2009/02/20(金) 22:54:58 ID:5ovGNEMd
>>84
今読んだ。事実は更に悲惨orz
部分的には脚色してあるからか、映画はまだ観やすい描写になってるね

106 :名無シネマ@上映中 :2009/02/20(金) 19:43:43 ID:Yj+qb36y
これはもう確実に鬱エンド以外あり得ないと思いながら見ていて、
最後の最後に本当に希望の光が射すんだよ。
「希望」って言葉の意味を、最後のお母さんの表情が見事に表現してる。
演じるっていうのはこういう仕事だって思った。

113 :名無シネマ@上映中 :2009/02/20(金) 20:30:25 ID:mnjeTu6+
う~ん 映画観たあああああって感じ。みなさん演技がうまいうまい。
クリちゃんの才能もすごいや。アカデミー作品賞にノミネートなしって
今年はそんなにレベル高いんか?
まあウソ息子の動機や設定が今ひとつだったかなぁ。でもあれが事実なのかな。

123 :名無シネマ@上映中 :2009/02/20(金) 21:45:47 ID:NW0eiWne
予想より重い内容だったけど、映像も役者もクオリティー高くて見応えあった。
母親の不安や焦燥とか、警察や病院関係者への憤りとか引き込まれっぱなしだったわ。
最後に希望を見い出す所とか泣きそうになったし。
すごい重厚な時間を過ごせて満足できた。

124 :名無シネマ@上映中 :2009/02/20(金) 22:00:16 ID:FCD8xsyM
まあこの映画のラストの感情の高まりには
ネタバレもくそも無いな。
この事件をよく知る人も最後はぐっとくるだろう。

125 :名無シネマ@上映中 :2009/02/20(金) 22:01:39 ID:NW0eiWne
そういえば、記者達の中に何度か監督が紛れ込んでたね。
一人だけオーラ出過ぎですよ、監督w
あと、警部がオードリーの春日に見えて仕方ないんですけどww

126 :名無シネマ@上映中 :2009/02/20(金) 22:10:42 ID:57Vdpw3Q
>125
やっぱあれ監督?!w

良くできてたな。あまり文句つけるところがない。
最後の字幕でやられた。

アンジーが山本モナに見えて仕方なかったけど。

127 :名無シネマ@上映中 :2009/02/20(金) 22:13:59 ID:bgcc4Fb3
一人だけオーラ出過ぎ~

ワロタ

129 :名無シネマ@上映中 :2009/02/20(金) 22:21:22 ID:NBiD0P4p
やはり監督だったんだ…なんか似てる人だなぁと思って気になってました。

142 :名無シネマ@上映中 :2009/02/20(金) 23:41:55 ID:7iDN23bv
見おわった後かなり鬱になるな…。
事実に基づくっていうのがさらに鬱度を高める。
少年の回想シーンがめちゃくちゃ怖かった。

144 :名無シネマ@上映中 :2009/02/20(金) 23:47:02 ID:BpkhvrsV
こっちも参考までに

2ちゃんねる映画ブログ
ttp://www5b.biglobe.ne.jp/~madison/murder/text2/northcott.html

145 :名無シネマ@上映中 :2009/02/20(金) 23:51:38 ID:lsydIAAH
>>144
写真似てるなぁ。
って笑い事にならんね。そっちのがリアルだわ。
映画の外にもそんなのがいるなんてほんとに恐ろしい。

148 :名無シネマ@上映中 :2009/02/21(土) 00:00:19 ID:TdV7EjQK
>>144
うあ、マジソンズにも載ってたのか
でも映画はだいぶソフト表現なんだな。

149 :名無シネマ@上映中 :2009/02/21(土) 00:15:35 ID:UT8SAEat
>>148
攫って殺すだけってのに何か足りない感じがしたけど、
やっぱ他に目的があったんだな…

513 :名無シネマ@上映中 :2009/02/24(火) 19:03:55 ID:o2VbdxWa
アンジー
2ちゃんねる映画ブログ

息子
2ちゃんねる映画ブログ

嘘つき息子&ママン
2ちゃんねる映画ブログ

524 :名無シネマ@上映中 :2009/02/24(火) 20:50:46 ID:YzqCRtz+
>>513 の写真をみると
劇中でアンジーが児童保護センターに
毎月に想いをこめて電話していたのを思い出して切なくなる

146 :名無シネマ@上映中 :2009/02/20(金) 23:56:26 ID:xHzNoGKe
見て良かったよお~!
映画として素晴らしい出来なのにアカデミー賞での扱いが不満だ。
監督と脚本賞にノミネートできないくらい他作品が良かったのか?

147 :名無シネマ@上映中 :2009/02/20(金) 23:58:21 ID:yWGIX+hp
>>146
たぶんイーストウッドが賞もらいすぎっていう理由だけだと思う。

165 :名無シネマ@上映中 :2009/02/21(土) 03:55:46 ID:JLQgIr3v
>>146
現実にあった事件と言うのが一因かなと思う。
特に衝撃的な事件だと現実のほうがインパクトあって映画だとどうしても
薄くなってしまうからね。この事件を知らない海外の方が受けがいいんじゃないだろうか。
日本でも例えばコンクリ事件をどんな監督が撮ったとしても大絶賛にはならんだろうなと
思うし。

174 :名無シネマ@上映中 :2009/02/21(土) 09:00:43 ID:915k13y6
バトン13部門で、こっちは3部門だけなのか。
アカデミー賞選考基準がよくわからんな?芸術性?独創性?

154 :名無シネマ@上映中 :2009/02/21(土) 01:00:21 ID:mqNzssfx
「ミリオンダラー・ベイビー」より鬱度は軽かったかな・・・
まぁでも78才でこんな映画撮っちゃう爺さんのバイタリティに感心するやら、呆れるやら
焼きが回るって言葉とは無縁だな、この人

163 :名無シネマ@上映中 :2009/02/21(土) 01:58:16 ID:e2lJQpBg
感動した!って意見がここまで多いのはちょっと意外だな。
オレはこの映画、御大なりの一種の不条理ホラーとして見たよ。
パンフで芝山幹郎も書いてるが、中盤の納屋捜索シーンは
残酷シーンこそ無いものの、演出が卓越してるだけに
雰囲気だけでも怖い、怖い。
警察権力の理不尽さも、精神病院の描写も胃が痛くなるくらい
ヘビーで怖かった。

一方、所々で挟まれるいつもながらの
繊細な音楽と情景描写は、今回の題材とはちょっと相性が悪い気がした。
逆にラストはやや彼の映画にしてはメロドラマ的過ぎる様な気がするし、
今回は雇われ仕事としての職人的手腕と作家性の刻印の
どちらを優先するかにやや迷いがあったんじゃなかろうか。
今や演出力では神レベルの手腕に達した監督なだけに、
その点はちょっと残念だったかな。

172 :名無シネマ@上映中 :2009/02/21(土) 08:18:20 ID:UT8SAEat
最後のエピソードは創作の範疇に入るのかな。
これが入ることで凄い綺麗に物語を終わらせることができたけど、
それだけに上手く用意され過ぎにも感じた。
けどこの部分が無かったら、夫人のその後があまりにも哀し過ぎる…

173 :名無シネマ@上映中:2009/02/21(土) 08:58:18 ID:4i0gIT0w
ラストは明るい希望というよりも
生きていると信じなければならなかったことが悲しかったよ
生きているのか死んでいるのか教えなかった犯人は最後まで冷酷すぎ

175 :名無シネマ@上映中:2009/02/21(土) 09:17:23 ID:G1oTVmKF
疑問が何点かあるんで事実と異なった部分がそこだったら教えてくれ

犯人は最後まで告らなかったが手伝されていた甥っ子も生涯だまってたのか?
(逃げたことは知ってるからせめてその後)

偽子供と駅で会った時の写真が新聞に載ったのに、本当の母親は見てなかったのか?
そうだとしてもそれを見た知り合いの1人ぐらいが、あんたのコじゃないの?
っつーアクションぐらいなかったのか?

主人公の生涯(結婚したのか、いくつで亡くなったのか)

176 :名無シネマ@上映中 :2009/02/21(土) 09:42:13 ID:gcCS883o
>>175
クリスティンは1996年に死去したそうだ。1900年生まれなので96歳。
70年近く、突然消えた我が子を探し続けたことになるね。

http://www.insidesocal.com/sgvcrime/2008/11/the-fate-of-christine-collins.html

177 :名無シネマ@上映中 :2009/02/21(土) 09:56:52 ID:gcCS883o
>>175
偽子供(アーサー・J・ハチンズ・ジュニア)の実母は既に死んでる。継母と折り合いが悪くてアイオワの家から家出していた。
あの時代だし州が違うから事件は大したニュースになってなかったかもしれないし、父も継母も真剣に探してなかったかもね。
そういう酷い家庭はあるから。
実際、その後、偽子供は実家ではなく施設に送られてる。

178 :名無シネマ@上映中:2009/02/21(土) 10:12:21 ID:G1oTVmKF
サンクス!
ひでぇ話だな

179 :名無シネマ@上映中 :2009/02/21(土) 10:28:53 ID:gcCS883o
>>177
もうちょい調べてみた。

偽子供(アーサー・J・ハチンズ・ジュニア)が15歳の時に書いた謝罪文によると継母は彼を求めても愛してもおらず
耐えられずに逃げ出したと主張している。
施設に入れられたのは家庭環境の問題ではなく警察を騙した罪によるものらしい。
現代だと9歳の子供のやったことだから無罪放免だが、当時は感覚が違うのかな。
それともやはり当局が家庭環境に問題があると判断したのか。
偽子供はアイオワの施設で2年間過ごしている。

http://www.people.com/people/article/0,,20239857,00.html

180 :名無シネマ@上映中 :2009/02/21(土) 10:38:32 ID:Nj5eRXDh
警察を騙した9歳の子供が罰せられるのか
9歳の子供に騙された振りをした警察をこそ罰するべきだろうに…
アメリカ怖い

184 :名無シネマ@上映中:2009/02/21(土) 11:13:27 ID:cpbixzZ9
演技の質、演出の峻厳さという点で
「父親たちの星条旗」や「硫黄島からの手紙」をはるかに凌ぐ
出来栄えだ。

些細な傷として
個々の場面の構成にやや甘さがあり
(署内で主人公と刑事が一瞬交錯するなど、あまりに安易だ)
子役の供述場面が三文芝居的で現実味がない等挙げられるかもしれない。
しかしそれはほじくるに値しない。

これは多義的な映画だ。
己の面目のため、
他人をこれがお前の息子と差し出す警察には
行方不明の子の捜索を怠った「罪」があるだろう。
一方、
母の喪失感や絶望をおもんばかるあまり、
生存の可能性を否定して息子の死を認めろと促す
善意の人々に「罪」はないのか?

連続殺人の若者の死にざまに、
報復の快楽を覚えるどころか苦味を感じさせる演出にこそ
この映画の本義が表れている。イーストウッド、弩級の力作。

187 :名無シネマ@上映中 :2009/02/21(土) 11:52:23 ID:lnO4OQzd
クリスティンが事件の最中もちゃんと仕事して昇進してたのが救いだった。
生活ボロボロになっちゃってもおかしくない事態なのにな。
映画では上司とちょっと良い感じだったけど、実際のクリスティンはあの後幸せになれたのかなあ。

193 :名無シネマ@上映中 :2009/02/21(土) 12:32:42 ID:mx+Ed/Ue
もう一度見て確認するつもりではいるんだけど。

刑事が、犯人の甥を捕まえるくだりがあったね。
あの少し前、牧場?養鶏場?はどういったらいいんだい?って
オーバーヒートした車の運転手に尋ねるシーンがあったけど、
あいつが主犯だよね?

195 :名無シネマ@上映中 :2009/02/21(土) 12:42:28 ID:OxhQbAmH
>>193
そう

197 :名無シネマ@上映中:2009/02/21(土) 13:16:49 ID:tbLaz+Dx
採取した遺骨をのちにDNA検査等してやらなかったんだろうか。

199 :名無シネマ@上映中 :2009/02/21(土) 13:29:44 ID:U9CY6f+k
>>197
証拠の骨をDNA鑑定が確立されるまで保管してたかわからんし
あったとしてもこの母親は拒否したかも
最後の望みが絶たれるかもしれない調査なんて

210 :名無シネマ@上映中 :2009/02/21(土) 17:35:09 ID:mx+Ed/Ue
殺人鬼が死刑執行の時、13の階段のすべてには触れていない、という台詞で、
誘拐した少年すべてを殺してはいない、と匂わせるところがよかった。
絞首刑のシーンは『冷血』を思い出したね。

2ちゃんねる映画ブログ

211 :名無シネマ@上映中 :2009/02/21(土) 17:39:28 ID:T986nKCr
最期に嘘はつきたくない=殺したのに殺してないとは言いたくない
って意味かと思った。つまり殺したと。

213 :名無シネマ@上映中 :2009/02/21(土) 17:48:42 ID:mx+Ed/Ue
いや、それは逆。
犯人としては、殺していないのに「殺した」とは言いたくなかった。

奴は、クリスティンに対してはシンパシーを持っている。
だから、息子は死んだ、とはっきり断言したほうが、
まだしも気持ちの整理が付く、と考えていた。
でも最後の最後にきて、やっぱり嘘はつけない、と思ったわけ。

216 :名無シネマ@上映中 :2009/02/21(土) 18:37:07 ID:Q11LUSF+
>>213
犯人はウォルターを殺していない。だから法廷で殺してないとは言ったが、クリスティンがまだ息子を探しているので
死刑の直前に殺したって言ってやり、ある意味楽にさせてやろうと思った。
でも、実際はやっぱり殺していないから、殺したといったら嘘になって地獄行きになるのが怖いんでやっぱり言えない
ってことかいな?

実際の事件が生死不明だからってのはわかるけど、あの五年後の少年以外は殺された気がするなあ。
闇の中か・・

220 :名無シネマ@上映中:2009/02/21(土) 19:47:23 ID:VLLsBRCH
殺した殺してないは正解も事実も無いだろ
勝手な解釈で偉そうな講釈たれる奴多過ぎ

214 :名無シネマ@上映中:2009/02/21(土) 17:55:36 ID:4i0gIT0w
最後のシーン
警察署から出ると斜め向かいに映画館があるんだけど
上映中の映画がクリスティンが作品賞獲得に賭けていた「或る夜の出来事」になってる。
古き良きハリウッド映画の代表作みたいな映画だよね。

219 :名無シネマ@上映中 :2009/02/21(土) 19:25:06 ID:a9l3s9xn
楽園を追われ地上に堕ちたイブはついにパンドラの箱を開けた。
中からは憎しみ、暴力、疫病、戦争、この世のありとあらゆる災いが飛び出し
世界中に飛び散った。そして最後に箱の底から出てきた小さな弱々しい光。
その名は「希望」。

最後、アンジーが砂色の街をピカピカのイエローキャブで
警察署に乗り付けるが、あれこそが希望の象徴に見えた。

286 :名無シネマ@上映中 :2009/02/22(日) 01:13:29 ID:5gBXNSUN
・出だしでテーマ音楽が流れた瞬間に名作だと思った。音楽もイーストウッドなのか?
・2時間半が全く長く感じなかった。そろそろダレそうなとこで、死刑シーンとかエグいのが挟み込まれてて興味が持続できた。編集うまい。
・子役の演技が異常にうまい。特に共犯のガキはすごい。
・どうも日本人の我々には、外人の子供って顔が区別できなくて、偽息子とウォルターが明確に違う!と感じなかった。共犯のガキが出たときもウォルターキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! とか思っちゃった。
・当時のLAの町並みがクオリティたけえ。CGなんかな。
・アンジェリーナ、アイシャドウ濃すぎ。よく泣くからホラーメイクみたくなってる。娼婦の女囚との友情とか、コネタもグッとくるよな、うめえよイーストウッド。

290 :名無シネマ@上映中 :2009/02/22(日) 01:45:32 ID:k3erMNVW
>>286
イーストウッドの映画は、音楽もイーストウッドなのが凄い。

287 :名無シネマ@上映中 :2009/02/22(日) 01:21:58 ID:GcZ3wK+X
今日観て来たがすごくよかった。
結構な長丁場なのに最後まで飽きずに引き込まれっぱなし。
イーストウッドの映画はあまり好きじゃなかったけど、これはいい。

本当の正義は、罪に怯えながら告白した共犯の少年や、
仲間を助けに走ったウォルターにあって、
それが母親の希望を生み出した。この過程は美しくて見応えあった。

結局ウォルターは行方不明のままだったが、
息子が生きているという希望を抱いて生きた人生は、けして不幸なものには
感じなかったな。

しいて言うなら、これだけ集中できる映画なんだからもう少し長くして
あの共犯の少年のその後を知りたかった。
あと少し音楽が感傷的すぎたかな。

358 :名無シネマ@上映中 :2009/02/22(日) 21:42:05 ID:5gBXNSUN
犯人がブレンダンフレイザーに見えた。

359 :名無シネマ@上映中 :2009/02/22(日) 22:01:32 ID:FGtU2SQl
>>358
おれも。基は別に似てないんだけど、カッと目を開くと

361 :名無シネマ@上映中 :2009/02/22(日) 22:27:02 ID:dNFJSFpG
途中まであの牧師がマルコビッチって気づかなかった
悪い役と小汚い役しか見たことなかったから衝撃だったよ
俳優ってすごいね

2ちゃんねる映画ブログ

362 :名無シネマ@上映中 :2009/02/22(日) 22:31:03 ID:6SkEijHj
裏読みしすぎて、あの牧師たちもきっと悪者で、どこかで裏切られるはずと構えていました

364 :名無シネマ@上映中 :2009/02/22(日) 22:51:56 ID:wr1IdhWU
牧師がマルコビッチのせいで、きっと教会の宣伝の為に
アンジーを利用しているに違いない!って思ってしまい
最後まで、彼の言動には裏があるに違いないって邪推
してしまった。
ごめんまるこびっち。

429 :名無シネマ@上映中:2009/02/23(月) 20:27:22 ID:VIpkbbqC
20年代ロサンゼルスの風景をうまく再現していたね。
(行ったことはないが)
「三丁目の夕日」ではCG使いまくりだったけど、
路面電車が何台もやってくる最後のテロップシーンなんて、
みんなセットなのかね?

ところで、20年代の電話交換手はローラースケート履いて勤務して
いたんだろうか。効率が本当にいいのか?

430 :名無シネマ@上映中 :2009/02/23(月) 20:28:19 ID:ZMD1KGJS
刑事が乗ってたのは本物(たぶんレプリカ)で
街中をたくさん走ってたのはCGじゃねえかな。

431 :名無シネマ@上映中:2009/02/23(月) 20:31:21 ID:m8PjGfZd
>>429
ローラースケート履いた電話交換手は昔の記録映像で見たことあるよ

437 :名無シネマ@上映中:2009/02/23(月) 20:49:27 ID:p6jbt92x
>>431
オレも映像は見た事はないが、何かで読んだことがある。電話交換を素早く
する必要があったので、歩いていては効率が悪いんだろうな。
実際、滑っていった方が早いしな。


関連記事

  1. 2009/04/29(水) 20:05:50|
  2. た行映画
  3. | トラックバック:15
  4. | コメント:0
<<エクスクロス 魔境伝説 | ホーム | ひぐらしのなく頃に>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/693-380c48ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

チェンジリング

 『どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの─? ある日突然、消えた息子。 5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だった─。 1928年、ロサンゼルス。 魂で泣く本当にあった物語。』  コチラの「チェンジリング」は、クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー..
  1. 2009/04/29(水) 21:09:35 |
  2. ☆彡映画鑑賞日記☆彡

[二観目、映画『チェンジリング』]

☆連れが観たいと言うし、私も、も一度観たかったので、一昨日に続いて『チェンジリング』を再観した。      一回目の鑑賞のエントリーはこちら・・・[映画『チェンジリング』を観た](クリック!)  ・・・やはり、引きつけられた。  二度目にもかかわらず、二度目だ
  1. 2009/04/29(水) 21:10:41 |
  2. 『甘噛み^^ 天才バカ板!』

映画 【チェンジリング】

映画館にて「チェンジリング」 クリント・イーストウッド監督による実話の映画化。 おはなし:1928年、ロスアンゼルス。クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は9歳の息子ウォルターと暮らしていた。ある日、彼女は休日を返上して仕事をしてから帰宅すると、
  1. 2009/04/29(水) 21:16:55 |
  2. ミチの雑記帳

『チェンジリング』

□作品オフィシャルサイト 「チェンジリング」□監督・音楽 クリント・イーストウッド □脚本 J・マイケル・ストラジンスキー □キャスト アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、コルム・フィオール、デヴォン・コンティ、ジェフリー・ドノヴァン、マイケ
  1. 2009/04/29(水) 22:12:29 |
  2. 京の昼寝?♪

チェンジリング

チェンジリング’08:米 ◆原題:Changeling◆監督・製作: クリント・イーストウッド「硫黄島からの手紙」「ミリオンダラー・ベイビー」◆出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・.
  1. 2009/04/29(水) 22:39:02 |
  2. ☆C&#39;est joli?ここちいい毎日を?☆

チェンジリング/Changeling

土曜日が「はしご観キャンペーン」で、1ポイントもらえるということで。 まずは1本目に「チェンジリング 」を選択。
  1. 2009/04/29(水) 23:17:15 |
  2. いい加減社長の日記

チェンジリング

何かと話題を提供してくれるブラピ&アンジー夫妻。 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』に主演の夫ブラピがアカデミー主演男優賞にノミネートされ、同時にアンジーはこちらの映画で主演女優賞にノミネート。 それだけでも話題性たっぷりですが、俺が本当にこの映画を観たか
  1. 2009/04/29(水) 23:58:28 |
  2. そーれりぽーと

チェンジリング

子は鎹(かすがい)。 永遠に!!  
  1. 2009/04/30(木) 10:12:53 |
  2. Akira&#39;s VOICE

チェンジリング

原題:CHANGELING公開:2009/02/20製作国・年度:アメリカ、2008年上映時間:142分鑑賞日:2009/02/21監督:クリント・イーストウッド出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー
  1. 2009/04/30(木) 12:38:55 |
  2. 映画鑑賞★日記・・・

『チェンジリング』を観たぞ?!

『チェンジリング』を観ましたクリント・イーストウッド監督がアンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えた感動のミステリー・ドラマです&gt;&gt;『チェンジリング』関連原題: CHANGELINGジャンル: ミステリー/ドラマ製作年・製作国: 2008年・アメリカ上映時間: 142分監
  1. 2009/05/02(土) 22:56:27 |
  2. おきらく楽天 映画生活

チェンジリング

どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの――?
  1. 2009/07/21(火) 16:27:14 |
  2. Addict allcinema 映画レビュー

「チェンジリング」(CHANGELING)

「ダーティハリー」や「許されざる者」「マディソン郡の橋」「ミリオンダラー・ベイビー」などの作品で知られる米映画界大御所のクリント・イーストウッド(79)が2008年にメガホンを執ったミステリー・タッチのサスペンス・ドラマ「チェンジリング」(原題=「取り替
  1. 2009/08/02(日) 08:38:39 |
  2. シネマ・ワンダーランド

チェンジリング

1920年代、息子が行方不明になった母親が5ヶ月後に見知らぬ少年を息子 だと言って警察に押し付けられる。本当の息子を取り戻すために堕落した 警察相手に孤独な戦いを挑む母親をクリント・イーストウッド監督が アンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えて描いたミステリード..
  1. 2009/08/06(木) 01:07:38 |
  2. だらだら無気力ブログ

【映画】チェンジリング…私程度がツッこみする隙無しな良作、高評価。

一昨日の記事でも「朝まで仕事」{/face_hekomu/}と書きましたが、昨日の朝も同様{/face_hekomu/} 15時間労働の末に朝10:00頃に帰宅{/face_hekomu/}。お陰でそのまま夕方まで寝ちゃって{/kaeru_night/}…昨日の土曜日は無駄に{/face_ase1/}{/ase/} 今日{/kaeru_rain/}{/hiyok
  1. 2009/10/02(金) 00:28:02 |
  2. ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

『チェンジリング』&#39;08・米

あらすじ1928年。シングル・マザーのクリスティンの9歳の息子ウォルターが失踪する。5か月後、警察に息子を発見したと聞かされるが・・・。感想オスカー監督『ミリオンダラー・ベイビー』のクリント・イーストウッドによって信じられない実話を基に作られ、アカデミ...
  1. 2010/03/02(火) 23:49:46 |
  2. 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR