FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

砂時計

http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1193124306/
2ちゃんねる映画ブログ

42 :名無シネマ@上映中:2007/11/11(日) 21:39:46 ID:RaDaBcoG
『砂時計』
永い時をこえる、初恋の物語。

主演:松下奈緒
   夏帆

原作:芦原妃名子(『砂時計』小学館)

監督・脚本:佐藤信介
撮影監督:河津太郎

公開:2008年 ゴールデンウィーク
製作:TBS
配給:東宝


83 :名無シネマ@上映中:2007/12/14(金) 18:54:46 ID:iYodtnJK
         大人   中高生時代
水瀬杏    松下奈緒  夏帆
北村大悟  井坂俊哉  池松壮亮
月島藤           塚田健太
月島椎香  伴杏里   岡本杏里
植草美和子 戸田菜穂
佐倉圭一郎 高杉瑞穂
水瀬正弘  風間トオル
植草美佐代 藤村志保

102 :名無シネマ@上映中:2007/12/31(月) 02:25:38 ID:rFCfbLIS
未来予想図と砂時計の映画がごっちゃになる。
未来予想図の相手役は 昼ドラ砂時計の大悟だし
なんでこうも松下奈緒を推すんだ

360 :名無シネマ@上映中:2008/04/21(月) 21:42:31 ID:dgHOOotG
田舎の景色が美しい恋物語だった。読んではないが漫画や昼ドラの世界観をスクリーンにうまく描いていたのではと思った。後半の松下のイメージシーンなどグタグタしたのがマイナスかな。もう少し短くできたと思う。

364 :名無シネマ@上映中:2008/04/22(火) 08:21:02 ID:Ceq4+vTY
大人になった2人がまったく魅力ないものになっていたが、狙いなのか?
あと杏の母、父にも違和感を感じた。特に母役は杏もっと演技力ある役者をあてるべきだった。

703 :名無シネマ@上映中:2008/05/03(土) 12:30:24 ID:eDlH9/fx
どういう人生歩んだら、夏帆のぬっぺり顔が、松下みたいなはっきりした顔になるのか教えてくれ

2ちゃんねる映画ブログ

396 :名無シネマ@上映中:2008/04/25(金) 01:53:54 ID:Vtj3+aKi
映画版は中高時代の杏と大悟がめちゃピュアな二人で
可愛くて良かったけど、大人になった途端がっかり・・・
大人杏と大人大悟演技酷すぎorz

ドラマ版は小杏と小大悟の時が一番好きだ

419 :名無シネマ@上映中:2008/04/26(土) 11:38:32 ID:1HrCHLXq
原作はあまり知らないドラマオタだが出来は上々演技も全体としてよし
でも2時間にまとめるために月島兄弟と主人公2人の友情が大人になって
絆がとぎれた話になっていて少し悲しかった
ホラーチックなシーンとかそのシーンばかり何度も出てきて中学生の子が
繰り返しばっかりよねと放映後ぼやいていた

427 :名無シネマ@上映中:2008/04/26(土) 17:13:09 ID:DgLGSPIG
あの漫画を映画化にするなら前後編にわけて制作するか、原作無視で映画オリジナルな内容にしないと
ただの病んでる自己中の女にしか見えないし何もかもが中途半端だな
でも景色と、夏帆と池松のシーンは良いと思った

454 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 09:44:31 ID:rlTJxpjc
日本の原風景が素晴らしい。
日本各地もあのような自然を取り戻そうよ。

458 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 10:18:06 ID:Q6oQfAFf
2時間だから無理ないが後半が駆け足だったな

佐倉ってのもただの嫌な奴でしかないし
大悟が教師になる理由も触れる場面もない

TVドラマの編集ではなく、リメイクしたのはよい挑戦かも

459 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 10:24:37 ID:R4FcZkf2
原作知らないけど、なんで10年も間にあくのかわからん。
あと、夏帆出だしはよかったけど、目をうつろにして口を半開きという
同じ表情だらけで、ちょっと・・・だった。
処女喪失のあとの演技もあれれだったし。

469 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 14:38:24 ID:kjyoqRxD
>処女喪失のシーン…。

2人が抱き合った後、ショットが変わったら夏帆が前を歩き、後ろを彼がトボトボと歩いていたので勃起しなかったか、しても入らなかったと見たが。

470 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 16:16:23 ID:U6ot56aE
俺もあの橋の欄干に腰掛けてるシーンは気になったww
「帰ろ」って寂しく言うし。

ただ原作ではヤッてる。
手をつなぎながら帰っても良かったシーンだぜ

473 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 16:24:55 ID:Q6oQfAFf
処女喪失したらガニ股であるくだろ
常識として

632 :名無シネマ@上映中:2008/05/01(木) 21:11:41 ID:YObOIc5s
ロストヴァージン後の演技が下手つうことは
夏帆タンは処女ということでおk?

462 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 11:41:10 ID:BC9NGR8l
ともすればスイーツ(笑)御用達の低脳映画になるところを
腰の据わった演出・映像でいい感じにまとめてたな。
ドラマも原作も知らんし、出演者の誰かに関心があるわけでもなし、
単に年100本ペースで劇場行くうちの1本として観ただけだが、
そういう砂時計初心者の俺でも十分楽しめた。

ただ、祭りの晩、夏帆へ片想いしていた青年が行方不明になって
そのまま放置だったり、
その妹と縁側で話した後に彼女が裏路地のようなところへ入っていく
不吉なショットは一体何だったんだ?とか、
フィアンセが松下へ不満を募らせる過程が全く描かれていないために、
彼の爆発と婚約破談が唐突な印象だったり、
時間の都合なのかちょっと中途半端なところはあったな。
でも良かった。

461 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 11:36:29 ID:eYLDV3b0

2ちゃんねる映画ブログ

でっかい砂時計ってほんとに島根にあるの?
彼女と見にいこうかな

463 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 11:41:29 ID:XL/KxVjc
>>461
仁摩サンドミュージアム
http://www.sandmuseum.jp/

464 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 11:48:01 ID:eYLDV3b0
>>463
ども
小さい砂時計も売ってるんだね

465 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 11:49:08 ID:v9c4/rt2
>>464
四月の始めに行った時は売り切れ出したぁ。

471 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 16:24:23 ID:S7ti9HP7
ところどころ出てくるホラー映画テイストの描写が怖いよ。

486 :名無シネマ@上映中:2008/04/27(日) 23:52:29 ID:9m0wVA2x
山小屋シーンで「伊豆の踊り子」を思い出した・・・
マンガと違ってちょいエロでリアルに感じられた・・・

今日、観てきました。
電車の音や山の植生が山陰ってカンジでした。
全ては、ラストのあのシーンのために創られた映画でしたね。
カルトシーンの意味は、杏のトラウマを心象描写として表現したかったのだと思う。
全体的に理解に苦しむような映画ではないが、
ナレーションがほとんど無かったのドラマ慣れした人には”アレ?”と感じたかもしれない。

492 :名無シネマ@上映中:2008/04/28(月) 02:20:16 ID:S6t4cSmt
手首を切って海辺に倒れた杏を、大吾が
病院に背負って運ぶシーン。
…どう見ても笑顔。楽しげな表情の大吾


2ちゃんねる映画ブログ

615 :名無シネマ@上映中:2008/05/01(木) 16:48:06 ID:RTTsc6K5
>>492
俺もそれ気になったわwww

493 :名無シネマ@上映中:2008/04/28(月) 03:13:48 ID:MK7Tscqh
悪く言うと、親子二代メンヘル映画。

500 :名無シネマ@上映中:2008/04/28(月) 14:09:15 ID:2Ko3Jaix
自分は原作ヲタだけど映画も良かった。泣いた
まず風景が綺麗で引き込まれ純なところもちゃんと出てた。
映画だからあの場面、セリフないとわかったけどよく仕上がってたと思う。逆に昼ドラはいらない場面がたくさんあって不満だった自分には調度良い
キャストがみんな合ってた。誰一人不満はなし。
たくさんの人に見てもらいたい

513 :名無シネマ@上映中:2008/04/28(月) 16:51:25 ID:9DbKi9YW
東宝なのになんでこんなショボいキャストなんだ?
特に俳優陣。ヒットさせる気ないんかい!

515 :名無シネマ@上映中:2008/04/28(月) 17:08:09 ID:Qm010Jjy
>>513
松下奈緒と夏帆ってのは
今の業界人が考える最高のキャストなんだよ
一般人との意識のズレを自覚していないだけ orz

516 :名無シネマ@上映中:2008/04/28(月) 17:15:49 ID:mUFmJ20C
夏帆は同年代の女優の中だったら一般人にとっても最高のキャストなんじゃないか?
松下はたしかに業界人受けしてるんだろうけど…あれだな

523 :名無シネマ@上映中:2008/04/28(月) 18:08:53 ID:HAkx9I4j
俺は原作もドラマも観てないが
中盤までは良かったと思う。
しかし杏が大悟に別れ話しを始めたあたりから訳分からなくなった。
夏帆の巨乳が見れたのは良かったよ。

530 :名無シネマ@上映中:2008/04/28(月) 19:20:04 ID:7T1kQghT
原作見て、まだ杏が小学生の無邪気な頃に母親が自殺するって頭に入ってるから
杏と母親が島根にやってきたシーンでいきなり夏帆がでかくでびびった
池松はいい表情する役者さんだなって思った
映画の内容がいろいろと中途半端なのが残念…

543 :名無シネマ@上映中:2008/04/28(月) 23:03:33 ID:9lm96vur
やはりあれだ
幼女がいないのが良くない

ドラマ同様に三段変形するべきだった

547 :名無シネマ@上映中:2008/04/29(火) 00:50:21 ID:/vnL822F
>>543
いやドラマ版が改悪しただけだよ。転校時は小学生6年くらいなのに幼女は必要ない
ドラマ版はいくらなんでも小さ過ぎ。1・2年経っただけなのに小椎香→中椎香の巨大化した姿といったらw

609 :名無シネマ@上映中:2008/05/01(木) 12:06:30 ID:yaj44nPJ
松下は前向きなきりっとした役のほうがいい
めそめそしてばかりでうつ病気味な杏は合わなかった

2ちゃんねる映画ブログ

616 :名無シネマ@上映中:2008/05/01(木) 17:11:03 ID:rkII8dic
杏は松下奈緒もいいんだけど、やっぱり佐藤めぐみかな。
ただ、大悟は、テレビよりも映画の井坂俊哉の方がよかった感じ。

619 :名無シネマ@上映中:2008/05/01(木) 18:41:59 ID:9czMkkyW
しょうゆ顔の夏帆がソース顔の松下にバトンタッチは無いよな。しかも松下目当てで見に行ったら
杏を演じてるのは7:3で夏帆のほうが多いし・・・余談だが学生時代から大人になったらおっぱいが
半減ってのも違和感があったな。

636 :名無シネマ@上映中:2008/05/01(木) 22:10:33 ID:tdKt2Fv+
結局、おまえら「夏帆」と「松下奈緒」のギャップに惑わされてるな・・・・・・
経験豊富なワシが予言しよう。あと4~6年で夏帆は奈の背丈になり、奈は
脂がのって夏帆のボリュームになる。
 そこで、改めて「四姉妹」のリメイク盤が出る。。これって、ちょっとええやん?

635 :名無シネマ@上映中:2008/05/01(木) 22:06:46 ID:9czMkkyW
杏は身勝手すぎるよな。「合いたい」って電話して空港まで迎えにいったら「家には一人で帰る」って言うし
挙句の果てに、当日(もしかしたらその翌日かな?)倒れた杏を見舞った後、唐突に「別れよう」じゃあ男か
らしたらたまったもんじゃない。

644 :名無シネマ@上映中:2008/05/02(金) 00:07:09 ID:ZW/FxIEe
今日見てきたが、原作ファンのわたくしから言わせたらカスだった。
夏帆はかわいかったが、演技がgdgd。池松はもう顔からだめ。
ちと身長が低い。
映画の内容は、ひどずぎ。ホラーですかこれは??
執拗にトラウマ部分をかきすぎだと思ったよ。何度びくっとしたことか。
そして小屋のシーンに急に飛びすぎだしはしょりすぎだと思った。
原作での藤くんや椎香の思いが伝わってこないし、キャストもだめ。
椎香が不細工すぐる。
大人の杏役の松下がなにより合ってない!暗い描写しかかかれてないし、
ナレーションみたいのが、暗すぎ。

うあぁー見なきゃよかった。
だれか同意求む。

645 :名無シネマ@上映中:2008/05/02(金) 00:14:27 ID:AmCIB6RU
>>644
>原作ファンのわたくしから言わせたら

此処で、一番嫌われること書いちゃったねw

647 :名無シネマ@上映中:2008/05/02(金) 00:44:22 ID:yDxDemAH
>>644
さっきレイトで見てきたが‥嫁は君の意見にハゲ同してるわ。
私は疲れに負けて寝てしまった。
「砂時計」というタイトルを止めて欲しいもんだ。

643 :名無シネマ@上映中:2008/05/02(金) 00:04:51 ID:AY+SalOC
おまえらかなり鈍感だな。
一番の感動シーンは、巨大な砂時計がグワンと回って
新しい1年を刻み始めた瞬間じゃないか。

646 :名無シネマ@上映中:2008/05/02(金) 00:20:44 ID:KFukv8W3
>>643
病院でのおばあちゃんと松下のシーンだろ。

あとは映画の主題歌。

661 :名無シネマ@上映中:2008/05/02(金) 06:00:56 ID:/Sg7iLcP
 >>646
全く同じです。 
藤村志保さんの演技はすごいと思った。
ぶつかって、謝りながら、必死に走るシーンや杏が目覚めたときに思わず口走るシーンとか良かったです。

653 :名無シネマ@上映中:2008/05/02(金) 01:58:28 ID:a/4poC3h
夏帆-島根県つながりで
天然コケッコーとの比較をしたくて観てきた
「ほとんど島根のちょびっと東京」 という点も共通していたが
すべてにおいて
天然コケッコー>>>>>>砂時計
というのが結論
風景描写からして全然違う
砂時計の方が山陰のリアリズムなのかもしれんが
とにかく砂時計の景色は暗すぎる
曇天・逆光の方がキレイに撮れるのは知ってるけど
青空でも日差しが全く感じられないというのは・・・・
海なんか同じ県とは思えないほど違っていてビックリした

658 :名無シネマ@上映中:2008/05/02(金) 03:48:09 ID:a/4poC3h
内容について言えば
松下奈緒のあのサッカーの北沢みたいな婚約者はありゃ何だ?

2ちゃんねる映画ブログ

あんな男を結婚相手に選ぶ時点で馬鹿女ケテーイだろ?
母親より男を見る目が無いワケで、
ともかくも娘を引き取った風間トオルが神に見えるくらいだ。
それでわざわざ島根まで帰ってきて手首切って阿呆か?
死にたきゃ東京で死ね。

663 :名無シネマ@上映中:2008/05/02(金) 10:09:29 ID:lzjkpEZb
>>658
北島と婚約に至る過程が全くなかったのが問題。
原作知らない人間はそこでさらに置き去り。
いきなり、あれはないだろうと。

664 :名無シネマ@上映中:2008/05/02(金) 11:23:48 ID:Z5nX85Oq
まあ二時間の制約があるからな。
いかに大胆に削ぎ落とすかだろ

666 :名無シネマ@上映中:2008/05/02(金) 11:31:06 ID:XBdmLUyn
確かにあれだけの題材を2時間ってのは厳しいよな

726 :名無シネマ@上映中:2008/05/03(土) 22:14:02 ID:7T4WaB0o
イケメンの風間が年とっててショックだった
いい意味で親父らしくなったけど

730 :名無シネマ@上映中:2008/05/03(土) 23:58:06 ID:bY9jEK5q
杏はお前精神科でカウンセリング受けろよといいたくなるほどの
メンヘル女だったな。
テレビでもあんななの?

731 :名無シネマ@上映中:2008/05/04(日) 00:13:47 ID:L32RQPlk
>>730
いいや。もっと前向きで普通だよ。
母親の自殺のことも佐倉にちゃんと自分から言ってたよ。

741 :名無シネマ@上映中:2008/05/04(日) 02:08:10 ID:yMyA32qc
最後の主題歌聞いてたら泣けてきたんだけど
エンディングロールのヘアメイクのところでちょっと笑った。
ヘアメイク2人いて、片方のヘアメイクの名前に「(藤村志保担当)」の注釈

742 :名無シネマ@上映中:2008/05/04(日) 02:13:24 ID:HJa+TwUC
大物女優さんだとご指名のヘアメイクがいるみたい
ドラマでもテレビ局の用意したヘアメイクだと不安なのか
お気に入りのヘアメイクをつれてくる女優は多いみたい

756 :名無シネマ@上映中 :2008/05/04(日) 11:45:00 ID:1OBYPiR1
>>741 マジレスすると、藤村さんは一人で別年代演じたからです。

745 :名無シネマ@上映中:2008/05/04(日) 03:31:23 ID:exzitrDo
>>741
「奈緒子」で上野樹里だけ専属スタイリストがついてたな。
上野って大物きどりなんだな~と思ったYO

752 :名無シネマ@上映中:2008/05/04(日) 10:00:26 ID:S5QDstQF
>>741
ドラゴンヘッドの時、SAYAKAには専属の演技指導が付いたわけだがw


関連記事

  1. 2009/06/10(水) 15:54:31|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ディパーテッド | ホーム | バーン・アフター・リーディング>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/692-0713e37e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR