FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェシー・ジェームズの暗殺

【ブラピ】ジェシー・ジェームズの暗殺【アフレク弟】
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1199629038/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2008/01/06(日) 23:17:18 ID:fp0eBXEX
19世紀のアメリカに名をとどろかせた犯罪者ジェシー・ジェームズと、
彼を暗殺した手下、ロバート・フォードの人物像に迫るサスペンス・ドラマ。
プロデュースも務めるブラッド・ピットが伝説の無法者ジェシーを怪演し、
ヴェネチア国際映画祭で主演男優賞を受賞。
監督は『チョッパー・リード 史上最凶の殺人鬼』のアンドリュー・ドミニク。
伝説的人物の知られざる一面に迫る人間ドラマとしてだけでなく、
登場人物のさまざまな思惑が交錯する心理サスペンスとしても楽しめる。

監督・脚本:アンドリュー・ドミニク 原作:ロン・ハンセン
製作:ブラッド・ピット / デデ・ガードナー 撮影:ロジャー・ディーキンス
編集:ディラン・ティチェナー / カーティス・クレイトン
衣装:パトリシア・ノリス
音楽:ニック・ケイヴ / ウォーレン・エリス

ブラッド・ピット ケイシー・アフレック サム・シェパード
メアリー=ルイーズ・パーカー ジェレミー・レナー ポール・シュナイダー
ズーイー・デシャネル サム・ロックウェル

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/assassinationofjessejames
公式サイト(海外): http://jessejamesmovie.warnerbros.com/
ジェシー・ジェイムズ (Wiki)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%82%BA


4 :名無シネマ@上映中:2008/01/08(火) 11:11:07 ID:1bs0sU/d
公開劇場が少ないんですけど・・・

14 :名無シネマ@上映中:2008/01/11(金) 09:56:24 ID:t+vUyZWK
この映画アメリカでも小規模公開だったんだよ。

撮影時からスタジオと監督と主演俳優が撮影方針を巡って対立。
映画完成もワーナーの役員試写でダメだしされて公開が1年以上延期。
トラブル続きでワーナーはやる気なくして、宣伝もあまりせずひっそり公開。

災難な映画だったけど、批評家には高評価(特に撮影とケイシー・アフレック)だった。

10 :名無シネマ@上映中:2008/01/10(木) 02:11:22 ID:ksf5U4E/
試写で見た。
的を得てるか自信がないが、俺的には
「スコセッシが撮った『天国の日々』」って感じ。
「ロングライダース」の様な劇渋な西部劇期待すると、
外れるかも知れない。
ただ撮影は超一級。
これでオスカーにノミニされなかったら、どうなってるの??
ってくらい美しい。

2ちゃんねる映画ブログ

それとベンアフの弟の演技、本当に見事。
余りに真に迫ってるので、もしかして地か??と思うほど。
これがフロックじゃないなら、才能は兄貴を遥かに超えてる。
確かにちょっと長くて眠くなるが、映画好きが
新年初めに見るべき映画は、これだな。

11 :名無シネマ@上映中:2008/01/10(木) 07:02:02 ID:bKkV7spc
映画好きなら、とっくに年明け後、数回は映画館に行ってるだろw

15 :名無シネマ@上映中:2008/01/11(金) 10:21:52 ID:9F1u9w9R
何とも説明しがたいけれど良い映画だった。
2時間40分もそれほど長いと感じさせないし。
逆に削るシーンがなかなか思いつかない。

17 :名無シネマ@上映中:2008/01/11(金) 11:17:27 ID:n42aUMBz
メリハリの利いたドラマやアクションではなく、
各キャラクターの腹の探り合いや神経戦で長尺を見せきってしまう手腕に
私は感服したけれど、両隣の客は共に居眠りしていた。

確かに、普段から映画を見慣れないことには厳しいかもね。
逆に言えば、通好みの秀作ってことですな。

29 :名無シネマ@上映中:2008/01/13(日) 00:01:58 ID:obgnW6yr
観てきた。
飽きずに観れるし中身も濃いけど・・・
どの登場人物にも共感できないのが痛い。
ジェシーもかっこいい悪党ではないし、ボブのジェシーに対する憧れも中途半端だし。
ただ実際にはこんなもんだったのかもしれない。
映画としてはよく出来てる。

30 :名無シネマ@上映中:2008/01/13(日) 01:22:30 ID:I9xpkz2m
一応メジャー公開で、
公開しても、スレ 1 の レス 30 って、すげぇな。

長い割には、飽きなかったが、ふーんで終わる映画だった。
上映館が少ないから、まぁまぁの客の入り。

米国でもヒットしなかった上に、
日本人だとジェシー・ジェームスの基礎知識も、愛着もない。
興行的には、相当微妙だね。
バベルもそうだが、こんな事ばっかりやってると、
ブラピは客を呼べない俳優って認識されてしまいそう。
もっとも、こんな映画でも、まぁまぁの入りに出来るのは、
ブラピの力さんだけどね。

41 :名無シネマ@上映中:2008/01/13(日) 23:58:52 ID:PI9onRCC
>>30
もともとアート志向だし、バベルもこれもヒット狙いじゃなくて賞狙いだし、
オスカーノミネートは無理だけど、どちらも選考の時点でいい線まで残れたから満足してるんじゃ。

31 :名無シネマ@上映中:2008/01/13(日) 01:30:13 ID:juVeu1C0
公開日に見てきた、ロングダースのファンだったけど
このジェシーも有りだと思う。
二丁拳銃斜差しのガンベルトに萌えた。後ろから撃たれる定番シーンも
撃たせるよう促した印象を持たせてるのが良い感じ。
ブラッドピットは明日に向かって撃てのレッドフォードには及ばないが
アウトローの晩年をいい感じで演じてた。

2ちゃんねる映画ブログ

40 :名無シネマ@上映中:2008/01/13(日) 23:16:03 ID:9zywJFXH
近年、稀に見るつまらなさだった・・・。
周りの客たちの溜息が何回も聞こえた。
映画には申し訳ないが、あまりに退屈だったので眠気が襲ってきた
何年かぶりに映画館で数分ではあるが、寝てしまったorz
映像は良い、それは認めます。
ジェシージェームズに全く魅力を感じなかったよ。
あんな奴に人々は魅了されるだろうか?
あんな描き方じゃ、単なる乱暴者だろwwwww
ロバート・フォードも言動が気持ち悪いし、
登場人物誰一人として感情移入させてくれんかったよ。
登場人物に感情移入できない映画は非常にキツイな。
置いてけぼり喰らった感じでね。

48 :名無シネマ@上映中:2008/01/14(月) 01:37:32 ID:UJgUtZ0c
ちゅうかなぜジェシージェームズが大衆から支持されたのかが
まったく描かれてなくて意味わかめだよ
ともかく脚本が駄目だとおもた
この映画 なんか監督と俳優とスタジオで揉めたらしいのがよくでてた まとまりきれてない
他は全ていいのに 矢沢風に もったいない!

57 :名無シネマ@上映中:2008/01/14(月) 19:07:57 ID:/L1Qn9tV
>>48
俺もそこが致命的だと思う。
カリスマ強盗なのにカリスマ性を全く感じさせないんだよねえ。
全く魅力を感じないね。
評論家受けがいいらしいが・・・。
本当かよ・・・。
俺は失敗作だと思うがなあ。

61 :名無シネマ@上映中:2008/01/15(火) 01:19:20 ID:ZQNe820V
撮影・役者は(ほんの脇役に至るまで)楽しめるけど、
退屈と言われても仕方ないよな。勿体ぶってる感じで、冗長だと思う。
公式サイトを見たら、客には想像力を働かせて欲しいと言ってるけど、
逆に押しつけがましい気がしたなあ。ほんのちょっとした描写や台詞で、
多くを感じさせるような豊かさは感じられなかった。
いいところもあったけど。ボブが寝室に押し入ってきた男を殺すところとか秀逸。

ところで、ジェシーが絵をいじるのって、額の傾きを直すのが定説じゃね?
「ロングライダース」でも「地獄への道」でも「無法の王者ジェシィ・ジェイムズ」でも、
そうだったような記憶がある。ホコリってのは、初めて聞いたぞ。

62 :名無シネマ@上映中:2008/01/15(火) 01:21:23 ID:ZQNe820V
あ、それから、最後に出たメインタイトルはカコヨカッタ!

2ちゃんねる映画ブログ

69 :名無シネマ@上映中:2008/01/15(火) 19:31:56 ID:IYyFnsiF
たぶん「アメリカ人の持つジェシー像」というのが前提にあってそれをリアルにぶち壊していく映画だったんじゃないかな
西部劇大好きで見に行ったけど西部劇じゃなかったよなあ

81 :名無シネマ@上映中:2008/01/16(水) 01:26:26 ID:5iGGinIZ
確かに派手ではない(渋い)映画だけど絵画の様に綺麗な映像、もの悲しいサントラ
鬼気迫るピットとアフレックの演技は堪能出来る。
カッコいいガンアクションはないが銃の恐ろしさをまざまざと感じさせられた
銃声が大きいのと撃たれた痕をリアルに見せるから強烈な印象が残る。
良い映画と思うが・・・

82 :名無シネマ@上映中:2008/01/16(水) 01:32:23 ID:r5BjSdt8
あと一歩なんかほしかったよな
渋いなら渋いでもうちょっと突っ込んでやってもらいたかった。
全体的に物足りない

86 :名無シネマ@上映中:2008/01/16(水) 21:25:48 ID:AmT+e+yu
見てきた。
ここ数年見た映画の中で最高傑作。
個人的には「捜索者」「誇り高き男」「ビリー・ザ・キッド21歳の生涯」と並ぶ西部劇の傑作。
映画史の原点まで喚起するファーストシーンの列車強盗から始まって、
何度も椅子から身を乗り出して興奮しながら観た。夢のような2時間半でした。
最後のロバートを殺す暗殺者はジャック・ルビーなのかなあ。アメリカの歴史は本当、永久に繰り返してる。

91 :名無シネマ@上映中:2008/01/17(木) 01:32:34 ID:Yi7P2Y4w
昨日見た。時間の長さは感じなかった
ここ来て知ったけど2時間40分もあったのかw
葛藤と言えるほどはっきりしてないモヤモヤした感情が室内に漂ってる感じが秀逸だった
話しながら窓の外の光景から目が離れなくなってしまうシーンとか
感情が漂ってしかも狭い家の中で充満して張り詰めてる感じ。針がどっちにも振れうる危うさもある
家庭内の殺人事件が最近多いけど、事件直前の家の中ってこういうんじゃないのかって気がした
映像も奇麗だし、久々に映画館でしか見れないものを見れて良かった

97 :名無シネマ@上映中:2008/01/17(木) 20:12:05 ID:B9WYm22t
よく考えると
ブラピ映画は長いよね

117 :名無シネマ@上映中:2008/01/18(金) 15:30:33 ID:chkaBJCJ
すいませんアホな質問ですが教えて下さい・・・
ジェシーは殺される時、「殺されよう」として2人に背を向けたのですか?

119 :名無シネマ@上映中:2008/01/18(金) 15:49:10 ID:194RklYT
>>117
アホな質問じゃないよ。
「お前らには俺が撃てまい」か、
「ここで結局撃たれるようなら俺も終わりだ」か、
「俺ももうすぐ終わりだから撃たれるなら構わん」か、
その他いろいろ、観客に想像させるように作ってある。
まあ、ある種の挑発ではあったよね。

史実ではチャーリーは全く腰が引けて
銃を抜くこともできなかったらしい。単なる余談だけどね。

133 :名無シネマ@上映中:2008/01/19(土) 17:36:04 ID:nq8IT2mn
ジェシーのカリスマ感が伝わらないと言う意見があったが
ボブの卑怯者感もあまり…
殺人はともかく普通の感性の持ち主だと思うけどどう?

134 :名無シネマ@上映中:2008/01/19(土) 18:18:07 ID:Jt7yaCl7
>>133
あえてカリスマ感や卑怯者感といった分かりやすさを排除したんじゃないかと思う
物語として登場人物のそれぞれに同じ距離を置いて見てるんだよね
ナレーションも含めてどっちが良い悪いじゃなく事件が起こらざるをえなかった顛末を描いてる感じ
事柄を淡々と描写して暗殺後の展開を追ってるのもそう

NHKだったらジェシーの最後の帰宅シーンの前で
松平アナが「さて、今日のその時です」って言いそう

136 :名無シネマ@上映中:2008/01/19(土) 19:56:40 ID:nq8IT2mn
>>134
なるほど言われて見れば…
確かに俯瞰で見た方が真実に近づくということもありますね
この映画を批判している人はそういった意図された作風が好みではないということなんでしょうね

147 :名無シネマ@上映中:2008/01/21(月) 14:52:56 ID:o/nybot7
淡々と出来事を追って俯瞰的に描くなら、
もっとハードボイルドにやるべきだったと思うな。
物欲しげな叙情的描写が多すぎて、それで長さが助長されてる。
ポイントとなるシーン頭での回りをボカした画面処理も頂けない。
謎めいた雰囲気を出したかったのかも知れないが、
もっとさりげないやり方で謎が浮かび上がる方が効果的だっただろう。

148 :名無シネマ@上映中:2008/01/21(月) 18:08:49 ID:TkITfHWa
最後にボブ撃った人なんの役の人?全く記憶にないんだが・・

152 :名無シネマ@上映中:2008/01/21(月) 22:15:50 ID:Bt5A6StT
>>148
自称ジェシーの親戚
ボブを殺したけど特赦されたそうだから
ボブの嫌われ方は国民的レベルだったんだろうね

153 :名無シネマ@上映中:2008/01/21(月) 22:47:05 ID:nAnlkfrC
自称ジェシーの親戚=要はただの南部人

157 :名無シネマ@上映中:2008/01/22(火) 23:38:48 ID:O9uuoJfF
助演男優賞:ケイシー・アフレック
撮影賞:ロジャー・ディーキンズ

アカデミーノミネートおめでとう!!

158 :名無シネマ@上映中:2008/01/23(水) 00:33:18 ID:6+nc2DjX
おおすごいじゃん

164 :名無シネマ@上映中:2008/01/26(土) 07:51:55 ID:Tqmv/cz3
映画館ガラガラだったけど、すごくいい映画だと思う

ブラピもやればできるんだから、作品選んでこういう意欲的な作品への出演をもっと増やしてほしいね。

ガイシュツかもしれないが、ほとんど無名の監督が起用されたのはなぜ?

ブラピ、ケイシー・アフレック、サム・シェパード以外は、ややマイナーな俳優が起用されてるけど
みんな味があってよかった
特にサム・ロックウェル。
フィリップ・シーモア・ホフマン演出の舞台に出ているんだって?

人が入ってないのは、タイトルが「暗殺」で結末が分かっちゃうから?暗いから?

173 :名無シネマ@上映中:2008/01/26(土) 23:08:44 ID:Ef3CliCX
>>164
>ほとんど無名の監督が起用されたのはなぜ?

アンドリュー・ドミニクは「チョッパー・リード史上最凶の殺人鬼」を監督。
海外でも高く評価されてブラピ(映画ヲタ)のベスト映画のひとつらしい。
リドリー・スコットもこの作品をきっかけに「ブラック・ホーク・ダウン」に
エリック・バナを抜擢。ブラピも「トロイ」の準主役に推した。
リドリーもブラピもこの監督を高く評価してて今回の作品につながったのでは。

185 :名無シネマ@上映中:2008/01/28(月) 06:36:54 ID:g/RfxUX3
ジェシーも彼のいとこも1発で仕止めたボブ・フォードの銃の腕はガチ

2ちゃんねる映画ブログ

214 :名無シネマ@上映中:2008/02/02(土) 00:55:33 ID:VOebOgl+
ジェシーはなぜ、殺されることを選んだのかな
それも、妻も子もいる家の中で

答えがあるような作りの映画じゃないから、いろいろ考えてしまう

215 :名無シネマ@上映中:2008/02/02(土) 02:03:10 ID:TtpWLVoU
各地を転々とする逃避行の様な生活や周囲の裏切り等で
身も心も疲れ切って楽になりたかったっていうのが一番現実的だと思う。
あと、自分を慕っていたボブに「熱が冷めた」て言われたのも
本心ではかなりショックだったんじゃないかな。
撃たれる直前に娘が歌っていた歌詞が大きなヒントのように感じた。

216 :名無シネマ@上映中:2008/02/02(土) 02:07:01 ID:TtpWLVoU
あれ?もしかしたら歌じゃなくて詩の朗読だったかも??
スマン。ちょっとはっきり覚えてないや^^;

217 :名無シネマ@上映中:2008/02/02(土) 02:27:14 ID:fV2h4nRr
>>216
詩だったかな?
同じくあれは暗喩だったと思う。

218 :名無シネマ@上映中:2008/02/02(土) 12:06:21 ID:Rfa1s7iL
あれはやはり、分かっていて背中を向けたんだよね
その前に、銀行強盗は実行するつもりがないって話があるのに
銃をプレゼントしてるし

234 :名無シネマ@上映中:2008/02/07(木) 05:06:31 ID:+iQbEct4
なんつーか、どっちつかずだった。
ジェシーのカリスマをもっとしっかり描くか、
ボブの視点で物語を進めれば、もっと一般受けしただろうに。

多用された、外側ボカシの画像も鬱陶しかった。
ナレーションもくどかった。
ナレーションで語ったことを、映像で語れれば、この映画は素晴らしいものになった。

美術も音楽も俳優も最高だったのに、何だろう・・・編集かな?

235 :名無シネマ@上映中:2008/02/07(木) 13:31:01 ID:BMyH8YG5
>>234
演出と脚本だよ。普通に。
ただ、何となくだけど、そのどちらも
色んな過程でゆがめられちゃった気はするけどね。

246 :名無シネマ@上映中:2008/02/08(金) 15:29:55 ID:4w7Qw7TQ
誰にも感情移入できないところがいいんじゃね?
観る側の「想像の余地」がある映画だし、
ドキュメンタリーを観ているような感じが気に入ったよ。
だが確かにボカシ映像は観づらいよな!

252 :名無シネマ@上映中:2008/02/08(金) 22:57:17 ID:Hgc9FIJl
あのビン底みたいな映像はこれから流行りそうだ

256 :名無シネマ@上映中:2008/02/09(土) 12:20:10 ID:jeUZDMv/
あんなもんよくあるじゃん。
昔の白黒のB級SFなんかにもあるし、幻覚や回想の定番。
効果としてよくあるからこそ、三池の「DEAD OR ALIVE」では、
わざと、人物がコップの底を覗いた主観として、やってた。
あれやって、この映画意識してると言われたら、馬鹿らしいよな。

282 :名無シネマ@上映中:2008/02/11(月) 09:59:56 ID:tYY7XfnV
実際のところ、ジェシー・ジェイムズってどういう位置づけなんだろうね。

西部開拓時代後期のアウトロー、列車襲ったり銀行襲ったりと
派手な犯罪好きで殺人もしてる。銃の腕もかなりなもんだったらしい。
兄フランクと組んで司直の手も及ばない上に、南軍崩れにとっては戦場の英雄でもある。

でもこの人、別にロビンフッドみたいな義賊って訳じゃない。
一般市民も平等に殺してるし、南軍の生き残りって意味じゃ北から見ればテロリストだ。
大衆の支持と実際にやってる事に差が大きいんだよね。

日本だと織田信長と明智光秀みたいなもんなのかね。
プレッシャーに負けてうじうじ逃げ続ける信長と、
コンプレックスの塊みたいな光秀の映画なんて日本で公開しても、
そりゃ客入らないわなw

283 :名無シネマ@上映中:2008/02/11(月) 10:19:17 ID:SzRs+5hZ
>>282
この映画には出てこないが、南北戦争では南軍のゲリラ部隊に属して大活躍した
だから英雄視されているんだよ
南軍は負けてしまったが、南軍の精神を忘れないでいようとする人たちの間では特に

南北戦争が終わってからの30年間は、Gilted Ageといわれている
金ぴか時代、金めっき時代と訳されるけど、賄賂が横行し、拝金主義だったという
いろいろ混乱した殺伐とした時代だったんだろうね

287 :名無シネマ@上映中:2008/02/12(火) 02:02:16 ID:u9Dq6sWd
>>283
アメリカ人の南部への郷愁には、日本人が思う以上のものがありそうだよね。
南北関係なく、全国民的にあるような気さえする。
それなくして「風と共に去りぬ」も、あの映画が大古典になってる事実も理解できない。
(まあ、「国民の創世」までいくと、極端だけど)
西部劇にも「シェーン」とか、南部寄りの作品が多い。
ジェシー・ジェームズの場合は、そこに家族という要素が加わってるのも、
人気の一因だと思う。兄弟強盗というのもそうだけど、
ピンカートンの連中に家を焼かれて母親が大怪我する……とかね。


関連記事

  1. 2009/06/26(金) 14:51:18|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マックス・ペイン | ホーム | イキガミ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/691-f1611e6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR