FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダ・ヴィンチ・コード

http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1147973240/
2ちゃんねる映画ブログ

2 :名無シネマ@上映中:2006/05/29(月) 00:21:02 ID:lhOR/FFk
「ダ・ヴィンチ・コード」
 ダン・ブラウンの世界的ベストセラー小説を「ビューティフル・マインド」のオスカー監督、
ロン・ハワードが映画化。ルーブル美術館で館長が殺害される事件が発生。
調査を依頼されたハーバード大宗教象徴学教授ラングドンは、暗号解読官ソフィーとともに
死体に隠された暗号を解読してゆく中で、カトリック教会が隠蔽してきた
キリスト教史上最大の謎に行き当たる。「ターミナル」のトム・ハンクス、「アメリ」のオドレイ・トトゥらが出演。
原題:The Da Vinci Code
監督:ロン・ハワード
脚本:アキバ・ゴールズマン
撮影:サルバトーレ・トチノ
出演:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン
2006年アメリカ映画
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


66 :名無シネマ@上映中:2006/05/19(金) 13:00:07 ID:XoI79vKp
どの映画批評サイト行っても批判ばっかりだな・・・
カンヌ試写会でもやじが飛ぶほど酷かったらしいし、駄目だこりゃ

67 :名無シネマ@上映中:2006/05/19(金) 13:02:39 ID:cBbwZ5xG
マジで全世界同時後悔になりそうだな

69 :名無シネマ@上映中:2006/05/19(金) 13:06:20 ID:XoI79vKp
>>67
誰が上手い事言えと言ったw

68 :名無シネマ@上映中:2006/05/19(金) 13:04:01 ID:ZRWHDhZ1
映画よりも >>67 の方が面白かったってなりそうだな・・・ 

71 :名無シネマ@上映中:2006/05/19(金) 13:26:02 ID:CNvDIQCE
>>67
山田君!座布団・・・

104 :名無シネマ@上映中:2006/05/19(金) 16:11:23 ID:LxS6oT6u
俳優の演技は文句なしだったんだけど、とにかく駆け足杉
サスペンスになってないとか、キャラ描写が浅いとか、そういうのは原作が原作だからしかたないけど。

366 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/05/20(土) 13:16:33 ID:/ywSPwwf]
見てきた。朝一番の回で8割埋まって驚いた。

演出はダサイと思うけど、自称インテリ層には受けるんじゃないだろうか。
批判するにも擁護するにも、膨大な知識が必要なところとか。

映画はエンターテイメントにしようとしてどっち付かずに終わった感はあるが、
この本が売れている理由は解る気がした。

602 名前:名無シネマ@上映中 [2006/05/20(土) 17:10:41 ID:LD3e6nXe]
何かまったく訳がわかりませんでしたこの映画。
あんな意味のないパズルみたいなカプセルを取り合いして馬鹿みたいに思いました。
キリストとかシオンなんとかとか難しすぎます。
長いだけの映画でした。

693 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/05/20(土) 18:48:26 ID:fx6CKejS]
つかこれ観て来たけどそこまで悪くなかったぞ
この原作ってそもそも映像化は難しすぎるよ。
2時間半ぎっちり詰め込んでも展開速すぎっていわれてるんだから。
薀蓄語るシーンも同じ場所でダラダラ喋ってるだけだしそこがこの原作のキモなんでしょ
かといって二部作にするほど派手な展開はないし。
映画としてイマイチなのは製作スタッフが悪いんじゃなくて原作が映画に向いてなかっただけ。

696 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/05/20(土) 18:52:13 ID:DzDHrQPU]
>>693
それはオモタ
それでもロン・ハワードがやってのけたんだから凄いじゃん

738 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/05/20(土) 19:24:42 ID:Onlu9Mvx]
見てきたが

こりゃ微妙だろ、展開早すぎ飛ばしすぎで内容薄め、まああの情報料だから仕方ないとするとして
ルーヴルを最初ファーシュ警部とロバートが殺人現場まで行くところが短い、小説読んでるときの
現場までの長さとその間のやりとりが楽しかったのに、そしてよいよ現場にたどりついて現場の検証
云々の後ソフィーと合流ってかんじだが簡略されすぎ、「モナリザならすぐそこにあるわ」はちょい引いた
警備員の目をかいくぐり、どういう策でモナリザまで、グランドギャラリーまで辿り着くのか、とか原作で
は楽しかったのにすぐ辿り着いてしまった…導師が明らかになるのも唐突すぎだしレミーの死に方も原作
に比べるとやはり軽すぎる
そしてなにより

あのシラスの死に方が問題ありすぎ、★3つ中つけるとしたら0・5~1だな、人はいよう煮込んでたがちょっと期待はずれで
残念…



http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1148829554/
2ちゃんねる映画ブログ

4 :名無シネマ@上映中:2006/05/29(月) 00:25:02 ID:lhOR/FFk
FAQ

2ちゃんねる映画ブログ

Q:ソニエール館長、死に際になんであんな格好を?
A:まず前提として何百年も保持してきた重大な秘密を持っていて
  世間には知らせず、しかしソフィーには伝えなくてはならない。
  その最初のヒント「ダヴィンチ」を体で示し、協力者になれると見込んだ
  ラングドンの名を書き残し、何段階もの謎をセットして死んだ。

Q:マリアの遺体があんなとこにあったなんてバッカじゃない?あんな新しいとこに。
A:近年まではロスリン礼拝堂に隠されていた。ソニエールが、自分が館長を務めるルーヴル美術館に隠し直しただけ。

Q:子孫はソフィーひとりだけしかいないの?
A:他にもいるが、一番若い世代&一番「直系」に近いらしい
  このへんは映画と原作で違う点もあり混乱している。

2ちゃんねる映画ブログ

Q:クリプテックス関連
  酢なんて古くなったらパピルス溶かす力なくなるんじゃ?
A:あれは設計がダヴィンチで、製作はソニエール。古いものじゃない。
  中に入っていた紙もソニエールが考えて書いたもの。

5 :名無シネマ@上映中:2006/05/29(月) 00:28:45 ID:lhOR/FFk
Q:銀行の人の行動
  最初逃がそうとしてくれて態度が豹変するのは何故?
A:諸説あり。
1)スイス銀行はたとえ犯罪者でも顧客第一・秘密保持だから。
2)ソニエール館長の友達だったから。初めは鍵を持って現れたって事で
  孫だからと信じて脱走幇助をしたが、やっぱり「殺害犯」なら
  警察に引き渡さなきゃ、でも品物は預かっとこう、と変心。
3)ティーチャーやオプスデイの指図は受けてません。念のため。

Q:シラス関連
回想で親父を刺して投獄されたらしいことは分かるが…その後いつの間にか教会?にいるのは何故?
  最期の場面。ゴーストがどうこう言ってたけど、どういう意味?伏線とか説明あったっけ?
A:原作で補完すると、大地震で監獄壊れて脱獄し、親切な司祭に保護された。
  ゴーストというのは、色素欠乏症(アルビノ)として迫害された時の蔑称。

Q:幼いソフィーが見たソニエールたちの儀式
  めっちゃ怪しげな儀式だったけど、あれにはどんな意味があったの?
A:古代、生殖行為は神聖であった。カソリック教義は霊と肉の二元論で、
  肉欲を汚らわしいものとし、同時に女性の地位をおとしめた。
  あの儀式は教会の欺瞞に対するアンチテーゼとしての性行為礼賛を示している。

6 :名無シネマ@上映中:2006/05/29(月) 00:29:00 ID:fZdGS0j7
Q: クリプテックスは、冷凍して酢酸が反応しない状態にして壊せばよかったのでは?
A: ダヴィンチの時代には、酢酸の物性は知られていませんでした。冷凍庫も液体窒素もありませんでした。
   反応速度論(温度と反応速度の関係)もまだです。
   原始人の考案した器械に、現代人の知識を使うのは反則です。

Q: レーザーで振動を与えずに切断すればいいのでは?
   X線、MRI、超音波エコー、内視鏡等で内部構造を把握してしまえば、暗号を解かなくても簡単に開けられるのでは?
A: 原始人の考案した器械に、現代科学技術を使うのは反則です。

17 :名無シネマ@上映中:2006/05/29(月) 06:50:13 ID:/QRL1K6f

2ちゃんねる映画ブログ

シラス は神の名のもとに、たくさんの人を殺した。
現代の宗教とはそんなものなんだね。
イスラムもキリストも。

19 :名無シネマ@上映中:2006/05/29(月) 07:01:14 ID:QWaABqNu
>17
現代に限らず大昔からそうだよ。

51 :名無シネマ@上映中:2006/05/29(月) 14:58:14 ID:xcL9/jIc
とーっても初歩的な質問させてください。

何がフィクションで何がノンフィクションなの??

ソニエールって現実に殺されたの??

57 :名無シネマ@上映中:2006/05/29(月) 15:32:00 ID:dkzRnBJa
>>51
ノンフィクション:最後の晩餐はレオナルド・ダ・ヴィンチ作、オプスディは実在組織
フィクション:ノンフィクション以外

しかしダン・ブラウンは本当にシオン修道会の存在なぞを信じてこの小説を書いたのか。

66 :名無シネマ@上映中:2006/05/29(月) 16:34:37 ID:m/sBnYgl
この映画は、
話の本筋とは直接関係ないと思われる支配人の行動理由は勿論、
ストーリーを形作る上で非常に重要なシラスとアリンガローサの関係や、
シラスが殺害をまで決意させる事になるオプス・デイの苦境、
またそれによるシラスの苦悩とアイデンティティーの喪失、
ソフィーのソニエールに対する愛憎と誤解、
サー・リーの聖杯に対する異常なまでの執念など、
物語に深みを持たせる様々な設定がごっそりと削られており、
どう見ても「原作のダイジェスト版」としか呼べない物となっている。

やはり、たかが2時間半にも満たないような時間に納めようとしたことが、
何もかも中途半端な結果に終わったとするしかないですね。

67 :名無シネマ@上映中:2006/05/29(月) 16:53:18 ID:5fUWrARO
ダイジェストの割にツボ抑えずに余計なシーンいれたりしてるよね

68 :名無シネマ@上映中:2006/05/29(月) 16:54:08 ID:0slhFGaF
>>66
ロン・ハワード自身が「原作のファンをガッカリさせない」ように
意識して撮ったんだし、こんなモンでしょ。
日本だけでも100万人以上読んだ人がいる大ベストセラーなんだから
そのファンが劇場に足をはこんだでこの映画は成功と言ってもいい。
ロードオブザリングとは違う。監督もそこまで思い入れは無いって事よ

72 :名無シネマ@上映中:2006/05/29(月) 17:41:52 ID:+C5DtfBn
カトリックじやない漏れにはジーザスの継承者がいたくらいではなんのサプライズも感じないのだが・・・。
みんなそうだろ?

75 :名無シネマ@上映中:2006/05/29(月) 18:16:18 ID:4VWymi08
むしろこの小説(映画)に世界中が大騒ぎしていることがサプライズ。

119 :名無シネマ@上映中:2006/05/30(火) 00:17:46 ID:uzZOVVZl
結局、キリスト教様を扱ってるからなんか高尚に見えるってだけで、
ナショナル・トレジャーと変わんないね

121 :名無シネマ@上映中:2006/05/30(火) 00:23:53 ID:1Mor9a68
ナショナルトレジャーオレもオモタ。展開のご都合主義かげんがソックリ

127 :名無シネマ@上映中:2006/05/30(火) 00:43:25 ID:Xly8T6Ee
 ラングドンとソフイーが執事に射殺されそうになったとき鳩が飛び出すのはな~
警察もラングドンが謎解きしやすいようにルーブル空にするし、モナリザ盗まれたらどうすんだよ
シラスはソニエールが色々やりやすいように半殺しで止めるし、シスターは瞬殺なのにw
その他もろもろストーリー展開が都合良すぎ、その点はハリウッドのアホ映画と変わらんだろ

185 :名無シネマ@上映中:2006/05/30(火) 12:10:34 ID:5s1Y9ShN
この駄作を見てわかった事は、宗教に頼らなくても生きていける俺は勝ち組。

189 :名無シネマ@上映中:2006/05/30(火) 12:36:42 ID:5WT4WrSa
>185
それがいいよね。

作者も、宗教なんてこんなもんさって言いたかったのかなと思う。
為政者に都合良く広められ、信仰心を悪用した~などなど。
宗教の名の下に、いろいろあったからねー。
宗教なんてないほうが、悪用する人もでてこなくて平和になると思う。

191 :名無シネマ@上映中:2006/05/30(火) 12:44:58 ID:neX30HjE
宗教によって救われている人も大勢いるわけで…
どんな素晴らしいモノだって、悪用する人間はいる。
「悪用されるから、無い方が良い」は、乱暴だと思いますな。

186 :名無シネマ@上映中:2006/05/30(火) 12:18:31 ID:PK8aJdhk
まぁ狂信的なキリスト教徒も、言う事、なす事テロリストとあんまし
変わらんという事だけは分った。

220 :名無シネマ@上映中:2006/05/30(火) 16:45:54 ID:QRupf5lX
今週号のNEWSWEEKは「駄作/ダヴィンチコード」特集ですよ。

「これは駄作だからバチカンは安心していい。むしろオドレイトトゥが今後の身の振り方に付いて心配するべき」
「原作の蘊蓄を詰め込みすぎてキャラが薄っぺらになった」
「トムハンクスですらあのキャラに深みを与えるのは不可能だったようだ」
など酷評がいっぱい。
原作のマグダラのマリアの説に付いても一々否定されていたw

221 :名無シネマ@上映中:2006/05/30(火) 17:04:28 ID:DPpzmkwQ
まぁ確かに演技力を必要としてない感じだったなw

231 :名無シネマ@上映中:2006/05/30(火) 19:28:07 ID:kN6rPP3O
>>220
トムとオドレイだったから駄目だったんだと思うよ。
感動作じゃあ無いんだから…問答無用で突っ走るようなキャラじゃないと…

235 :名無シネマ@上映中:2006/05/30(火) 19:48:09 ID:JWDlFCmJ
この映画、ダヴィンチコードと名乗っているけど
実際にダヴィンチが残したといわれる暗号について触れたのは1~2分だけだったな。
「ソニエール・コード」にしたほうが良かったかもしれない。

237 :名無シネマ@上映中:2006/05/30(火) 19:55:48 ID:JWDlFCmJ
パンフ見て知ったのだが、杖の爺さんはリアルゲイだったんだな・・・
これも何かの伏線ですか?

2ちゃんねる映画ブログ

238 :名無シネマ@上映中:2006/05/30(火) 19:57:12 ID:QRupf5lX
そりゃあ、メイドじゃなくて執事を飼っているry

257 :名無シネマ@上映中:2006/05/30(火) 21:06:17 ID:JJXpOl/5
孔子はキリストより500年以上前の人だけど、子孫は400万人いるそうだから
もしキリストに子孫いたら、少なく見積もっても10万人くらいはいるんじゃね?

273 :名無シネマ@上映中:2006/05/30(火) 22:26:57 ID:pZeZPfCW
ようするに、ダ・ヴィンチ・コードって、一昔前に流行った『神々の指紋』みたいなものか?

274 :名無シネマ@上映中:2006/05/30(火) 22:40:01 ID:rBRkUYV3
>>273
徳川埋蔵金が近いと思う。

298 :名無シネマ@上映中:2006/05/31(水) 00:37:59 ID:7S/o88bn
この映画、美術品がたくさん見れていいとかいわれていたけど、
なんか暗い画面ばっかりで、何もでてこなかった。
このくらいの映画なら3千万円くらいでつくれそう。
どこに金がかかっているのやら。

326 :名無シネマ@上映中:2006/05/31(水) 05:33:04 ID:Vnt67gxI
この映画は130億円もお金がかかってるそうですが、具体的にどこにそんなにお金がかかったんでしょう?

327 :名無シネマ@上映中:2006/05/31(水) 06:19:31 ID:C5mgp0Aq
金がかかったのは撮影不可能だった美術館や、教会や、世界遺産的なものへの許可料。

307 :名無シネマ@上映中:2006/05/31(水) 01:21:35 ID:ghE72L8Q
最初のトムハンクスの講演で、カギ十字が回転して卍になった時点で「この程度か」と思って見る気なくした

308 :名無シネマ@上映中:2006/05/31(水) 01:24:44 ID:qtpcFO9k
マニアはすぐに挑戦モードになっちゃうから厄介だぜ

311 :名無シネマ@上映中:2006/05/31(水) 01:55:01 ID:QLE2IkI/
シラスが突然飛びかかって来たシーンで心臓が止まった

321 :名無シネマ@上映中:2006/05/31(水) 03:47:43 ID:2yvvtj70
>>311同感!ビックと身体が動いて恥ずかしかったよ。ここばかりは不意をつかれたw

333 :名無シネマ@上映中:2006/05/31(水) 07:11:34 ID:W1YXPZv9
で、なんでダヴィンチはわざわざメッセージを残したんだ?
キリストの子孫もそれを助ける者達もラスト近くのシーンの
ソフィーのばあさんと教会に集まったもの達で十分に辺り継がれ
守られているのに。

339 :名無シネマ@上映中:2006/05/31(水) 11:42:30 ID:ksUHBfgD
>>333
マジレスすると、常に子孫の存在を抹消しようとする教会勢力に脅やかされ続けて
たんだから。もしもの時のために、それぞれの代で何かを残そうとしたってことだろう。

子孫たち自身とは別に、シオン修道会のトップ常時四名が
2000年近く秘密というバトンを受け渡してきた人々。今回初めて全員揃って殺された。
ダヴィンチも真実を知るひとりだったが、余技の多い人だったんで
単に次代に秘密(の証拠のありか)を渡すだけじゃなく、作品中に
わかる人にだけ分かるようにマグダラのマリアの真実を描き残した、と。

だけどティービングが信じていたように、時が来たら秘密を世界に明かす
というつもりだったトップもいたかもしれん。ソニエールの代は、隠しつづける
選択をしたわけだが。

380 :名無シネマ@上映中:2006/05/31(水) 19:48:51 ID:wFru3UvF
イエスが人間か神かは、ずっと昔から神学論争されてきたことで、新しくもなんともない話題。

381 :名無シネマ@上映中:2006/05/31(水) 19:53:02 ID:7DRu1uKn
・イエスは実在したか?

・実在したとしたら神か人か?


むしろ大昔に論争されまくってて、一応の結論は付いていた。
そこを現代的な観点から掘り返したから、そしてそれをミステリー仕立ての小説にしたから
原作は売れたんだろう。

ちょっと前に「ダヴィンチコードは俺の本のパクリだ」と騒いでいた教授の本は
内容は似た様な説だったけど(ダンブラウンはインスパイヤを後に認めた)
小難しい論文形式だったので売れなかった。

418 :名無シネマ@上映中:2006/06/01(木) 00:51:00 ID:JYEZaOWr
キリストを檀君、マグダラのマリアを熊に置き換えて日韓のスターたちを揃えた方が
ずっと血生臭くて面白い韓流ダヴィンチコードの出来上がりになりそうだw
ちなみにルーブルの替わりに何故か靖国神社に眠ってる事なんかにしちゃうともう・・・

419 :名無シネマ@上映中:2006/06/01(木) 00:59:57 ID:UKZ1GBBS
>>418
外務省がマジレスしてバチカン笑えなくなる展開だけは避けていただきたいw

423 :名無シネマ@上映中:2006/06/01(木) 01:36:34 ID:9MQNdJrn
天皇の真の血統は韓国に存在していた! みたいな内容になるのかね
日本版ダヴィンチコードやるなら。
旧日本軍はそれを隠蔽するために日韓併合をおこなった、みたいな論調で。
宮内庁からの暗殺者がトムハンクスとチェジウ(天皇の真の後継者)を
付けねらうサスペンス。

そう考えると、まあダヴィンチコードに反発する人の気持ちもわかるかな…

482 :名無シネマ@上映中:2006/06/01(木) 18:46:10 ID:5gqrMFuY
結論から言って、ダビンチ・コードは好きです。
小説が面白かった。テーマが魅力的で、私なりに満足いった読み物でした。

映画も・・まあ・・。

気になるソニエールの全裸死体も、モザイク処理ではなく、
ライトが股間に煌々と照らされてることで、ルーブルに調和してましたし、
もう、思い残すことはありますまい。。

520 :名無シネマ@上映中:2006/06/01(木) 22:07:09 ID:718I8+vL
なんだか、ルーブルのピラミッドをネタにしてやったぞ!という
原作者の得意満面な笑みが浮かんでくるような話だった。

521 :名無シネマ@上映中:2006/06/01(木) 22:10:04 ID:2O/WseTq
個人的にはソフィーが水の上を歩こうとするシーンとマリアの遺骸の隠し場所に気付くシーンは好き。
それ以外は微妙。


関連記事

  1. 2009/05/17(日) 02:08:11|
  2. た行映画
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
<<フェイク シティ ある男のルール | ホーム | サラマンダー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/676-ab570580
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ダ・ヴィンチ・コード』 映画レビュー

『 ダ・ヴィンチ・コード 』 (2006) &amp;#160&#59;監  督 :ロン・ハワードキャスト :トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、ジャン・レノ、アルフレッド・モリーナ、ポール・ベタニー、ユル...
  1. 2010/12/17(金) 01:39:04 |
  2. さも観たかのような映画レビュー

『ダ・ヴィンチ・コード』 映画レビュー

『 ダ・ヴィンチ・コード 』 (2006) &amp;#160&#59;監  督 :ロン・ハワードキャスト :トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、ジャン・レノ、アルフレッド・モリーナ、ポール・ベタニー、ユル...
  1. 2010/12/17(金) 01:39:44 |
  2. さも観たかのような映画レビュー

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR