FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラスト、コーション

【Lust, Caution】ラスト、コーション【李安】
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1201018242/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2008/01/23(水) 01:10:42 ID:3iiGvMWH
2月2日より公開
公式HP
ttp://www.wisepolicy.com/lust_caution/
主演 トニー・レオン、タン・ウェイ、ワン・リーホン


18 :名無シネマ@上映中:2008/01/27(日) 16:58:45 ID:GHezhrZ5
中国では大幅カットだったらしいが、日本は大丈夫なのか?

19 :名無シネマ@上映中:2008/01/27(日) 18:44:02 ID:pbwbedPy
>>18
数秒ずつカット+ハレーション(ぼかし?)でごまかし。

30 :名無シネマ@上映中 :2008/01/30(水) 07:02:30 ID:bA7jDgvO
エロもすごいけど映像も美しかったー。
数日余韻が残る感じ。
トニー・レオンの逃げっぷりにちょっと噴き出しました。
セックスの練習までして女スパイになる感覚はよくわかんないや。

31 :名無シネマ@上映中:2008/01/30(水) 09:05:01 ID:d980T8vH
>>30
私も!トニタンの逃げっぷりがおかしくて笑いをこらえていましたw
車に飛び込むとこもw

36 :名無シネマ@上映中 :2008/01/31(木) 13:48:07 ID:It4lcQ6E
脇毛は何を表現したかったんだろ、、、

37 :名無シネマ@上映中:2008/01/31(木) 17:08:00 ID:oagfFyOV
ズバリ、エロスでしょう

38 :名無シネマ@上映中 :2008/01/31(木) 20:34:15 ID:TCkHDvr3
>セックスの練習までして

練習ていうより
もしヤられたとき、人妻じゃないてバレたら殺されるからでしょ

全体的には芸術作品だけど
問題のシーンは組体操とかシンクロナイズドみたいだ
脇もアレだし、エロスとは思えない

39 :名無シネマ@上映中 :2008/01/31(木) 23:34:15 ID:2MAIuxVl
  あの時代に腋毛の処理をしてる東洋人などいません。いや、西洋人だって
してなかったはず。

46 :名無シネマ@上映中 :2008/02/02(土) 09:38:19 ID:3oTlYjSg
当時どうだったか、というリアリズムより
美を追求して欲しい。

2ちゃんねる映画ブログ

処理してよ>毛

51 :名無シネマ@上映中:2008/02/02(土) 18:58:41 ID:TJzcfw7f
ボカシ無し見た奴ってどこで見たの?
今日見てきたけど、あのボカシが許せなかった。

54 :名無シネマ@上映中 :2008/02/02(土) 21:40:15 ID:4gQ+1JEf
>>51
香港版DVD(リージョン3)はノーカット無修正でしたよ。セックスシーンは、訳が分からない体位で最初見たときは
笑ってしまいましたw。
中文字幕しかついていないため、細かいセリフの意味が分からなかったので、明日日本語字幕付きで見て理解を
深めたいと思います。カット、ボカシは今の日本じゃ仕方ないでしょう。

55 :名無シネマ@上映中 :2008/02/02(土) 21:55:57 ID:/72E+NPk
>>54
工エエェェ(´д`)ェェエエ工工
あれ程度で「訳わからない体位」という喪舞のセクルライフって・・・ww

60 :名無シネマ@上映中 :2008/02/02(土) 23:38:45 ID:251Rt1PG
何故最後に自殺カプセル飲まなかったのか疑問が・・・
ワン・リーホンの顔を最後にもう一度見たかったのかな。

61 :名無シネマ@上映中 :2008/02/03(日) 00:21:22 ID:T+gp6oeo
>>60
ハゲドー
あれだけご大層にUPでカプセル見せておきながら
おいおい言う感じだったw

63 :名無シネマ@上映中 :2008/02/03(日) 00:47:25 ID:mF6/7PFQ
>>60
タン・ウェイはたしか微笑んでなかったっけ?
気の良い、ちゃりんこタクシーの運ちゃんとか
今日の夕食が心配なおばちゃんとか
地に足のついた人々と、自分の世界が相対化されて
自決するということが急に現実味がなくなった感じだった

207 :名無シネマ@上映中 :2008/02/06(水) 23:50:39 ID:FMI4V4dn
観てきた!良かった…
あの時代の上海に浸れる映像も美しかった。
>>63
そうだったんだ。
全てが終わり、ちゃりんこタクシーに揺られながらチアチーが見る
風景。夕暮れ時のやわらかな光、風に回る風車、夕食を心配する
おばちゃん…
処刑場での眼前に広がる深い谷の底知れぬ闇…
深い余韻が残る映画だった。また観たいです。

71 :名無シネマ@上映中 :2008/02/03(日) 01:52:57 ID:TeRxzVwP
教えて、エロい人。

彼女が「逃げて!」と言ったから仲間が捕まったの?
その後のシーンとか見ていると、そう言わなくても仲間は捕まっていたような流れのセリフを言っていたよね??

72 :名無シネマ@上映中 :2008/02/03(日) 01:56:10 ID:GK4JIKPA
>>71
確かにマークはされてたけど、泳がされてた印象。
銃で撃ったりしたから、それで決定的になったんじゃない?

73 :名無シネマ@上映中 :2008/02/03(日) 01:56:33 ID:75yL4IK4
処分されるシーンだと、仲間に睨まれてるようにも見えた。

74 :名無シネマ@上映中 :2008/02/03(日) 02:12:46 ID:GK4JIKPA
>>73
「逃げて」って言ったことは知らないはずだから、恨まれてはないと思いたい。
逆にリーホンの表情は「今まですまなかった」的に僕には見えた。

88 :名無シネマ@上映中 :2008/02/03(日) 11:38:57 ID:CSoejuL3
いつ決定的に破綻するかもしれないあの時代性と
対立する関係の中で♂と♀の関係を持つ刹那
∴その瞬間が濃密で激しいモノになる
認識不能なうちに互いに心まで委ねあってしまっている
そんな危うい瞬間を掬い取って映像化
日本軍占領下の上海がどんな風に描かれるのかと思ったけど
料亭なんかの描写も「おかしな日本人風」じゃなく丁寧に表現されてた
監督の力量を感じさせられマスタ

96 :名無シネマ@上映中:2008/02/03(日) 17:06:09 ID:mENN9mX8
見てから一日経って今頃泣けてきたわい・・・
主人公の女の子は将来希望に満ちた大学生だったのに
何故彼女は死なないといけなかった?
タバコを覚え、愛情の無い性交を覚え
何が、ああさせたのかと考えると悲しい話やないか・・・

イラクでもアフガンでもグアンタラモでも同じ事が行われてるんだろうな・・・
人間て愚かじゃ。

103 :名無シネマ@上映中:2008/02/03(日) 19:02:52 ID:iBd+o79T
96
禿同!

104 :名無シネマ@上映中 :2008/02/03(日) 19:24:16 ID:w0zB+FB3
射精シーンをトニーがぴゅーっと車に飛び込むシーンで
描きたかった訳ですよね?

2ちゃんねる映画ブログ

106 :名無シネマ@上映中:2008/02/03(日) 19:59:09 ID:8JhQ60hM
>>104 男と女の関係のクライマックスはアソコですからね
   女が「早くイって」と言い 男はイクとw

108 :名無シネマ@上映中 :2008/02/03(日) 20:25:29 ID:hCCmzE8U
自分も昨日見て、うーんイマイチと思ったけど
一夜明けてまた見たくなった。できれば無修正版。

残虐なシーンはなかったけどアン・リーて描かない人?
タンウェイを仕事場の外で待たせてた時、
仕事場の中に連れて行って(友達の)拷問シーンを見せるのかと
勝手に想像したけど全然違った。
最後の採石場の友達もあまりボコボコじゃなかったし、最期も写さなかったね。
そういう意味ではあの暗い時代を描く映画の中では淡々として上品と思った。

緊張感の漂うシーンではずっと重低音でズン・・・ズン・・・ズン・・・って
音が鳴ってましたよね?

110 :名無シネマ@上映中:2008/02/03(日) 22:41:25 ID:8JhQ60hM
こうゆうひとつの雰囲気を完全に作り出した映画てのは
癖になるよ 中毒になる 何度でも見たくなるんだ
「ブレードランナー」なんかと共通している
全く違う内容だけれど 見終わってまたその世界にはまりたくなる

111 :名無シネマ@上映中 :2008/02/03(日) 23:08:15 ID:x/EtlVnH
アン・リー映画としてはそんなに良い出来ではないと思う。
相変わらず巧いとは思うが、今回は何が言いたいのかよく分からなかった。

114 :名無シネマ@上映中:2008/02/03(日) 23:32:25 ID:8JhQ60hM
>>111 あの時代のあの空気を作り出したかったんでしょうね
   その時代に生きた人々と
   「ブロークバック・マウンテン」の主人公は山だと
   書いていた人がいて、なるほどなと。

118 :名無シネマ@上映中 :2008/02/03(日) 23:59:27 ID:hCCmzE8U
ブロークバックマウンテンのシャツみたいに
最後に仕掛けあるのかと思ったら、
トニーたん涙目…であっさり終わってしまった感があった。

121 :名無シネマ@上映中:2008/02/04(月) 00:03:47 ID:O5vdkucJ
>>118

あの涙目が好きだった。
結局だれも信じることは出来ず、愛し愛されることもない。
必ず裏切られるという、悲壮。
かわいそスギ。

そして自分も誰かを真剣に愛したいと思った、彼女いない歴2年弱...orz

122 :名無シネマ@上映中:2008/02/04(月) 00:32:44 ID:DT2j5qiH
>121
そして、奥さんは、その涙に嫉妬するだろうね。
この人を泣かせる女がいたという事実に。

かなしいね。

124 :名無シネマ@上映中 :2008/02/04(月) 00:49:07 ID:SXNEVlSv
奥さんは最後まで気付かなかったの?

145 :名無シネマ@上映中 :2008/02/04(月) 14:21:58 ID:Afso1ipr
>>124
気づいてたんじゃないのか?
麻雀シーンで、トニーが捨てた牌をタンウェイが「チー」しようとするのを、奥さんが「ポン」で奪い取るところは女の戦いを表してるんだと思った。
トニーが次巡で同じ牌を捨ててタンウェイに「チー」させるのを見て、奥さん嫌な顔するし。
ちなみにその牌=七筒は日本じゃチンコの隠語として使われることがあるんだが、中国でもそうなのだろうか?

147 :名無シネマ@上映中 :2008/02/04(月) 14:58:17 ID:Jud7hYAB
>>145
あれ彼女のためにわざとちーぴんトイツ落とししたんかい
と思わず劇場で言いそうになった私ww
トニータソと麻雀なんて萌え~w

2ちゃんねる映画ブログ

115 :名無シネマ@上映中 :2008/02/03(日) 23:36:47 ID:ikchGp6k
チクビ黒すぎ立ちすぎ

116 :名無シネマ@上映中 :2008/02/03(日) 23:44:07 ID:GK4JIKPA
>>115
そこが良い!!!

133 :名無シネマ@上映中 :2008/02/04(月) 02:45:18 ID:ZK6q3jYm
割と評判いいんだなこの映画。自分には散漫というか冗長に映ったけど。
ラストからすると描かれるべきところが描かれず、そこまでしつこくしなくとも
良いのにという箇所が多くて消化不良。流れも素直過ぎて面白みがないし。。。

134 :名無シネマ@上映中:2008/02/04(月) 04:03:56 ID:JF6GliLB
>>133  この映画は格好がいいからね
    風景、洋服、仕草、何もかもがクールで格好が良い
    フィルムノワールなんだよ

172 :名無シネマ@上映中:2008/02/05(火) 15:14:51 ID:1a02GT/V
トニーレオンの車のナンバープレート確か「2048」って書いてあったような・・・

173 :名無シネマ@上映中 :2008/02/05(火) 15:28:23 ID:fYZT2j+C
2048w

175 :名無シネマ@上映中 :2008/02/05(火) 16:19:08 ID:ElHJBiah
今日観て来た。男女関係なく殆ど一人ものばかりでファーストショーで
10人ぐらいいた。
この時代好きなんでハマッた。映像も綺麗だしテンポもよかった。
観終わってから時間が経つにつれ静かにジワジワきてる。
ヒロインの人、丸顔でお盆みたいだが、髪垂らしてて殆どすっぴん系の
メイクの時のが可愛いと思った。
最初の麻雀シーンで「花の影」でレスリーのお姉さん役だった人が
いたような気がしたが…気のせいか?

178 :名無シネマ@上映中 :2008/02/05(火) 20:31:15 ID:C5D4B+V0
>175
気のせいじゃない。
何賽飛ですね。ひさびさに見た。

209 :名無シネマ@上映中:2008/02/07(木) 00:04:35 ID:jBnmjeDj
うらぶれたアパート(?)での初めてのシーン、何故チャイナドレスを破いたり
縛ったり叩いたりと、あんなに乱暴なの?

211 :名無シネマ@上映中 :2008/02/07(木) 00:09:30 ID:EUHsXL9Y
拷問や処刑やってる鬱屈した日常の発露じゃないのかね。
あの時はマイ夫人もまだイー氏にとって
これまで関係してきた多くの愛人たちと同じレベルのいわばセフレみたいな位置付け。
気持ちがないのさ。
ほとんどレイプだろ。
事が終わったら放心してるマイ夫人放っておいてさっさと帰ってるし。

212 :名無シネマ@上映中 :2008/02/07(木) 00:44:58 ID:MX1lOeRl
>>209
上下関係をハッキリ分からせるための躾、と思った。

213 :名無シネマ@上映中 :2008/02/07(木) 00:46:55 ID:uZPiDFB6
ドSなんだと思った。

237 :名無シネマ@上映中 :2008/02/08(金) 12:02:27 ID:IGE4F+j8
>>209
亀だけど初めてのセクルあーだったら普通もう次はない罠w
ドMでもない限りは
けど目的があるから仕方茄子かよww
あの描き方は正直萎えー
まあ監督の性癖考えれば許容範囲だけどさ

238 :名無シネマ@上映中:2008/02/08(金) 14:33:21 ID:BWtJoyBu
>>237 同じ屋根の下に住んでいるのをお忘れですか?w

230 :名無シネマ@上映中 :2008/02/08(金) 01:19:43 ID:ZHtOyPtW
処刑場でのタン・ウェイとワン・リーホンの表情と
ラストのトニー・レオンの表情が忘れられない。
恋愛ものというよりも、信念も無いまま、いつしか本物の抗日組織に利用され
処刑される一女性の物語。

263 :名無シネマ@上映中:2008/02/09(土) 01:47:43 ID:OjEf36WR
とにかく長いもんだから、みんな観終わった後の小便の勢いのいいこと

268 :名無シネマ@上映中 :2008/02/09(土) 07:15:56 ID:flzhX29T
戦後、イーは裕福な生活は出来ないよね?
最悪な場合、処刑か!?

269 :名無シネマ@上映中 :2008/02/09(土) 08:22:42 ID:CKCZZH0j
当然です。

270 :名無シネマ@上映中 :2008/02/09(土) 08:30:57 ID:MzBGbx0e
1日経った今、じわじわ思い出してくる

服毒か迷うシーンで
一回、回想シーンに戻すのはズルいなぁ。・゚・(ノД`)・゚・。

あれは、死にゆく同士のもとに行くって解釈?
それとも、あんな頃もあったなの解釈?

とにかくなんか泣けてきた、すっぴんの湯ちゃん、守ってあげたくなる

273 :名無シネマ@上映中:2008/02/09(土) 08:46:21 ID:40hONJA/
>>270
彼が好きだったから暗殺計画に乗ったのを思い出し、死ぬなら最後に本当に好きな人の顔を見ておきたいと思うようになったんじゃないかな。
そのシーンが処刑前に好きな人の顔を見ての笑顔に繋がるんだと思う。

274 :名無シネマ@上映中:2008/02/09(土) 08:58:14 ID:FsjNBENu
>>270
思えば、あのシーンがチアチーの運命の分かれ道だったね。
あの時、仲間達に名前を呼ばれなければ、チアチーはこんな
波乱の人生を歩む事はなかった。

やはり自分ひとりで死ぬのは違うと思ったんじゃないかな。
死ぬなら同志と一緒だと。
最後のチアチー、いい顔してたな。

272 :名無シネマ@上映中 :2008/02/09(土) 08:43:18 ID:jiPRRkUq
前半、学生時代の女友達との関係も結構面白かった。
クアンから熱心に学生演劇に誘われた友人とおまけに誘われるチアチー。
学生劇は成功に終わって、クアンが友人よりチアチーに関心が移っていった時のバスのシーン。
イーを暗殺しようと、家を借りて共同生活しているときも、友人とチアチーの関係が微妙に映る。
ラストシーン、号泣している学生時代の仲間たちを背景に
クアンとチアチーだけが涙を流していないのが切ない。

275 :名無シネマ@上映中 :2008/02/09(土) 09:02:57 ID:eiTM5KUi
ここの住人さんはチアチーは最後までイーのこと愛してなかったと思うの?
最初はチアチーはクアンに恋してたけど
最後はイーのこと愛してたんじゃない?

276 :名無シネマ@上映中:2008/02/09(土) 09:28:57 ID:DQsL96dx
最初の指輪の店のシーンでイーも好きになっている自分に気付いたんだと思う。
だから二回目の時に「行って」と言う言葉が出たんじゃないかな。
つまり彼女は外見から始まる恋とセックスから始まる恋の両方を経験し、
どちらも最終的には精神的な面を好きになっていた、ある意味幸せな女性だと思う。

277 :名無シネマ@上映中 :2008/02/09(土) 10:00:06 ID:nixzrfrM
うーん、難しいところかなあ。
チアチーのイー先生に対する気持ちが恋愛だったのか
売国奴の裏に隠された愛国心や人間らしい孤独の表情を感じての人間的な理解だったのか
はかりかねるんだよねえ。
イー先生を逃した後、チアチーがイー先生を想っている描写が無いじゃない?
自転車タクシーに乗ってる時もイー先生のことを考えてるんじゃなくて
街の喧騒や市井の人間の営みに微笑したり、急速に学生時代の仲間を思い出したり・・・
最後の処刑シーンでもイー先生の事を想ってはいないよね。
深い奈落を眼前にしながら、チアチーはクアンの方を見て、クアンはチアチーを見るし。
チアチーのイー先生に対する強い愛情が見えないっていうか。
イー先生はラストの処刑サインの動揺ぶりや、指輪を返されたときの反応
自宅のチアチーの部屋での涙から、深く愛してたんだなって言うのはわかるんだけど。

283 :名無シネマ@上映中 :2008/02/09(土) 19:02:00 ID:7mn/yDn0
>>275
映画を見終わったときは良く分からなかったけど、原作を読んだらすっきり。


彼の横顔にランプの明かりが当たっている。視線を下にした顔の睫毛は、薄黄色の蛾の羽が窪んだ頬の上に載っているようだ。チアチーはそこに優しく慈しむような表情を見て取っていた。

この人は本当に私を愛している。いきなりそう思った。すると激しい炸裂音が胸の中で起こり、何かを失ってしまったように感じた。

遅すぎたのだ。

店主が受注書をイーに渡すと、彼はそれをポケットにしまった。

「早く行って」 チアチーが低い声で言った。

284 :名無シネマ@上映中 :2008/02/09(土) 20:01:31 ID:PQryFGPw
やっぱりチアチー「は」イーを愛してたわけじゃないんだね。
イーはチアチーを愛してしまったけど。

285 :名無シネマ@上映中:2008/02/09(土) 22:58:51 ID:0OL28YwJ
え"
私は愛していたと思うけど。しかも、人間愛から性愛までも含めた、愛。

和泉モトヤの方には、ただのほのかな恋心だったかと。

肉体関係から入って、始まり深くなっていく絆は間違いなくあるからね。

294 :名無シネマ@上映中 :2008/02/10(日) 02:37:42 ID:BVmlsaLl
私もちゃんとイーを愛してたと思うよ。
クアンのことは学生時代の淡い恋。
キスされて「3年遅い」って言ったのも、
本当に過去のこととして言っただけだと思う。
もうその頃には彼らとはぜんぜん違うところに来ちゃってるしね。

それにしてもあんな処女喪失することになったのに
3年たって好きとか言い出すクアンは本当にどうしようもないね。
イーのように毎日命の危険に晒されながら生きてる男と比べたら特に。

329 :名無シネマ@上映中:2008/02/11(月) 10:42:46 ID:0zWrVlfq
酔っ払いの日本軍人のちょい役が藤木勇人
(NHKちゅらさんの沖縄料理店店長役の人)だったのにはびっくり。

2ちゃんねる映画ブログ

沖縄の映画館ではここでザワザワ。
そして沖縄人が日本軍人の役をやっている事実に
そのザワザワはしばらく続いた・・・

347 :名無シネマ@上映中 :2008/02/12(火) 00:46:13 ID:ElXbmfQU
なんか青臭い学生が暗殺ごっこに失敗してとんでもない結果になる感じがよく出てた
ラストの怯え切った姿が憐れで痛ましい
多分現実の政治犯なんてのも歴史的虚飾を剥ぎ取ればあんなものだったんだろうな、と思ったな

349 :名無シネマ@上映中 :2008/02/12(火) 01:27:30 ID:jkTSqT/y
>>347
あれは死に怯えて運動に参加したことを悔いているのもあるけれど
それ以上に凄惨な拷問に遭って
身体的な苦痛から泣いているんだと思いました。

学生たちによる曹(ツァオ)の殺害シーンは原作にはなかったけれど
あのシーンでの人を一人死に至らしめる行為の重さと残酷さが
良く現れていて良かった。

映画の都合上、曹はいかにも堕落したゲスな雰囲気の人間として登場している。
でも、曹としては亡くなった友人の弟であるクワンたちが
自分を兄貴分として頼ってきたから
わざわざ口を利いて仕事の世話をしたのに騙された挙句
(彼らを脅した自業自得とはいえ)集団リンチの様にして惨殺された。

映画の学生たちの末路は確かに哀れだけれど
人の命を踏み躙れば自分たちにも返ってくる因果応報の結末だとも思いました。

356 :名無シネマ@上映中 :2008/02/12(火) 15:01:42 ID:jkTSqT/y
映画の方が学生メンバーたちの活動や
一人一人の個性を丁寧に描いている。

2ちゃんねる映画ブログ

小説だと「愛国劇」とあるだけで
具体的にどんな劇を彼らが演じたのかは描写されないし、
男性メンバーはリーダーのクワンと
ヒロインと最初に関係を持つリャン以外は殆ど個性らしきものを持たされていない。

もう一人の女性メンバー頼秀金も
ヒロインにセックスの訓練をするよう仕向ける場面ぐらいにしか出てこない。

香港での易の副官曹を学生たちが殺害するくだりも小説にはないし
後半で易の暗殺計画を主導する老呉も名前だけで直接には登場しない。

372 :名無シネマ@上映中 :2008/02/13(水) 16:04:42 ID:/4s/eOhP
あんなに露骨なベッドシーンがなくても十分趣旨は伝わると思うが
やはり話題性を狙ったのか?
まあ、どっちにしても良い映画だということに違いはないが

377 :名無シネマ@上映中:2008/02/13(水) 21:14:08 ID:eWopMKIN
二回目見終わった。
欲望、見栄、虚栄、それぞれを満たすために生きてるような感じがした。
もしかしたら、その行為はこれから訪れる死を無意識に感じていたからかな。
チアチーがイーが生きてるのを確かめるようにっていたよね。

401 :名無シネマ@上映中:2008/02/15(金) 21:30:45 ID:AMYUThll
大期待してみたのに、もうがっくりだった。まず女性側の細かい感情の動きが
全く表現されていない。演技の稚拙もあるが演出のまずさたと思う。たとえば
事後に入浴してなく場面とかちらと入れたり、次第に見も心もとろけてゆく
様子が表情でだれればいいのだが。昔の林寛子みたいな顔つきで、全く役に
似合わないし。
トニー・レオンだってアレほどの切れものなのに、スパイごっこみたいな稚拙
なからくりに気付かないのもアホだし、身長が低いのが身だって貧相に見える。
どうみても魅了が乏しい。最初のサド場面、なんで一回きりなのか?それと
彼女結婚してる設定なのに、旦那と一緒の場面が無いのも不自然。

素晴らしかったのは上海のセット。ちゃんとした日本人の起用位か。
少なくともベネチアでグランプリとる様な作品じゃないよ。アン・リー
「ブローク・バック」でノックダウンしてくれたのに、これは無いよ~。

434 :名無シネマ@上映中:2008/02/17(日) 02:57:33 ID:5NVfuuXr
途中でイってしまいました。。。
そして、揺らぎばかりでなく、その結果としてのラストにも、
人間として、女性としての凛々しさや静かな強さ、矜持に溢れたシーンでした。
対するイーも、見事に時代に流されて生きた男だった。
チアの命をかけた行為によって知った、自分への愛情。指輪に込めたチアチーへの自分の愛情。
この両者が釣り合ったとイーが知った時が、チアチーの愛情は得たが存在は失った時だった。
そんなイーとチアチーとの対比の中で伝わってくる人間の生きざま。
そして、ベッドシーンから読み取れる関係、心情の変化も。
私は、何もかも狙って計算された演出がいきた映画だと思いましたよ。
また、タンウェイは素晴らしい女優だとも思いました。
麻雀や歴史、語学に堪能していると、もっと理解できたのに、と残念でした。


関連記事

  1. 2009/05/15(金) 10:47:07|
  2. ら行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サラマンダー | ホーム | 銀幕版 スシ王子! ~ニューヨークへ行く~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/654-35132acf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR