FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

4ヶ月、3週と2日

4ヶ月、3週と2日 4 LUNI, 3 SAPTAMINI SI 2 ZILE
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1203687379/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2008/02/22(金) 22:36:19 ID:9PdlZZqT
2007年カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作品

監督・脚本 クリスティアン・ムンジウ
出演  アナマリア・マリンカ (オティリア)
     ローラ・ヴァシリウ (ガビツァ)
     ヴラド・イヴァノフ (ベベ)
     アレクサンドル・ポトチェアン (アディ)
     ルミニツァ・ゲオルジウ (アディの母)
     アディ・カラウレアヌ (アディの父)

3月1日より、銀座テアトルシネマほか全国順次ロードショー


2 :名無シネマ@上映中:2008/02/22(金) 22:44:07 ID:/gR/FTbc
役者、書かれても誰も知らないし

8 :名無シネマ@上映中:2008/03/01(土) 14:48:51 ID:cq40jTcT
映画は睡魔と戦いつつ完走
ホテルでの3人の会話が面白かった
たまにやりすぎという感じもしたけど、それもよし

9 :名無シネマ@上映中:2008/03/01(土) 19:44:34 ID:nVODKhjw
こういう、ひたすら迷惑かける方と迷惑かけられる方の腐れ縁ってあるよな。
バカ女もバカ女だが、お前もなんでそこまでつきあうんだよ。
ってとこが、妙にリアルで面白かった。

しかし、まさかパルムドール受賞作品とは思わなかった…。

10 :名無シネマ@上映中:2008/03/01(土) 20:26:56 ID:cq40jTcT
でもカワイイよバカ女、カワイイ

18 :名無シネマ@上映中:2008/03/04(火) 15:49:49 ID:zGQQshj1
この女優何気にすごくうまい
マリオンコテコテの演技よりもいい、でもピアフをやるならどうしても暑苦しくなるか

19 :名無シネマ@上映中:2008/03/04(火) 22:22:23 ID:+PMMX6QZ
上手いというか素で演じてる

22 :名無シネマ@上映中:2008/03/05(水) 15:41:19 ID:6artciIT
(-.-)Zzzzzzzzz・・・・

24 :名無シネマ@上映中:2008/03/06(木) 17:35:16 ID:5jV1JIlc
退屈至極でした><

25 :名無シネマ@上映中:2008/03/06(木) 18:53:24 ID:6/NrXPNh
さすがにアメリカでも評論家の評価は高い、規定は知らんけど
資格があるならCITY OF GODのように来年のアカデミーにノミネートされるな

26 :名無シネマ@上映中:2008/03/07(金) 00:49:20 ID:L94N+4DV
しっかしヤフー!ムービーでの評価散々だなあ。
ついでにノーカントリーも酷評多いなあ。

なんか最近のヤフーレビューってどんな作品も酷評されてる気が・・・

32 :名無シネマ@上映中:2008/03/12(水) 02:34:39 ID:TNO2k+jg
ヤフーを見る限り、全体的に女性からの評価は低い気がする。

33 :名無シネマ@上映中:2008/03/12(水) 07:43:33 ID:4S7azk9x
ヤフーレビューって初めてみた。。娯楽映画じゃないからなあ。
共産主義政権下ってことがわかってないとおもしろくなさそう。
漏れは中絶禁止の理由に絶句した。
中絶モノだっていうからヴェラドレイクみたいなのかと思ってたけど、
どっちかつーと特殊な社会のリアルを表現したかった映画だと思う。

43 :名無シネマ@上映中:2008/03/16(日) 08:06:27 ID:+PFYKtPn
酷評する人は重い内容の映画に耐えられないのかね。
評価っていうのはもっと客観的な視点でするものだと思うが、
ヤフーレビューは好き嫌いだけの感想が目立つ。

28 :名無シネマ@上映中:2008/03/07(金) 06:51:54 ID:cVGGu0U1
夜の描写がすげー怖かった。
明かりがないし、主人公以外がみんな不審者にみえた。

29 :名無シネマ@上映中:2008/03/07(金) 20:03:21 ID:Gq0VKcd6
この映画ってオープニングの声の聞こえ方がヘンだよね

カンヌの写真を見たらオティリアの人が別人で驚いた

27 :名無シネマ@上映中:2008/03/07(金) 01:16:02 ID:8Vo+Bba0
ガビーかわいいよ、ガビー

2ちゃんねる映画ブログ

34 :名無シネマ@上映中:2008/03/12(水) 23:13:38 ID:xPW8SxA0
ガビツァはガブリエラの愛称なのか、これはガブリエルの女性名だよね
ウィキペディアより

ガブリエルは旧約聖書『ダニエル書』にその名があらわれる天使。ユダヤ教からキリスト教、イスラム教へと
引き継がれ、キリスト教ではラファエル、ミカエル、ウリエルと共に四大天使の一人であると考えられてきた。
また、容姿は女性で描かれる事が多い(日本ハリストス正教会ではロシア語読みからガウリールとよばれる)。

ガブリエルはキリスト教の伝統の中で「神のメッセンジャー」という役割を担うことが多い。
たとえば『ルカによる福音書』では祭司ザカリアスのもとにあらわれて洗礼者ヨハネの誕生をつげ、
マリアのもとに現れてイエス・キリストの誕生を告げる。聖書本文に名前は出ないが、
伝統的に『ヨハネの黙示録』にあらわれて、ヨハネに神のことばを告げる天使もガブリエルであると
考えられてきた。カトリック教会ではガブリエルは通信事業の守護者であり、その聖名祝日は
ラファエル・ミカエルと共に9月29日である。

すげー皮肉がきいてる。ガビツァのペンダントも十字架だった

36 :名無シネマ@上映中:2008/03/13(木) 01:30:07 ID:hFR+AUXO
今日1000円の日で見てきた。

正直、前半のホテル予約とかの準備場面は見ていて眠くなったが、
ホテルに入ってからの緊迫感は物凄い。
スタイルはタルデンヌ兄弟の映画を思わせるけど、こっちの方が
ずっと構図も(何よりも音も)計算され尽くしてるね。
後半の闇の町を彷徨う場面の不気味さはまるで全盛期のポランスキみたい。
そしてラストのぶつ切りは、トビー・フーパー先生思い出したの
オレだけか!?w

帰ってパンフ見たらこの監督、
やっぱりハリウッドからホラー・サスペンス系のオファー来てるのね。
安易な誘いにも思えるが、これだけの技術見せられたら
それも分かる気がする。
超一級のスリラーでした。

37 :名無シネマ@上映中:2008/03/13(木) 01:35:36 ID:DXgLvDBS
>1000円の日で見てきた

なかーま。21時の回で見てきた。
あの終わり方は余韻残りまくりでずるいなあとw
家に帰るまでずっとこの映画の事ばかり考えてた。

38 :名無シネマ@上映中:2008/03/13(木) 06:52:51 ID:YKzt1CnG
出来のいい映画だけど、終わってからイヤーな気持ちになるね。

カンヌで賞をとらなければ集客という面で大変だっただろうね。

39 :名無シネマ@上映中:2008/03/13(木) 19:02:29 ID:n+MtmxAY
エンディングがわりかし明るめの曲でずっこけたw
あとガビツァが最後にあんなもん食べる気になるなってちょっと神経疑った

42 :名無シネマ@上映中:2008/03/13(木) 22:20:48 ID:laNhueIB
>>38
反応としては正しい

>>39
ずしんとストレートに腹に、響く映画。その最後を救うかのように、最後にかかる音楽は、
1987年当時にヒットした明るいチューンのルーマニアン・ポップミュージック。
当時の日本はバブルで、共産主義の閉塞感とは間逆の時代であった、ともいえる。
だが、音楽だけが同時代感があるようにも思える。

「そう? あれはちょっとノスタルジックなヒット曲で、歌詞は『アタマの中からあることが離れない、
ずっとそれを考えている』という内容なんです。字幕をつけようかどうか、議論したけれど、
あえてつけないことにした。僕としては、その選択は間違ってなかったと思っています」
http://www.varietyjapan.com/interview/u3eqp30000039ztg.html

41 :名無シネマ@上映中:2008/03/13(木) 21:10:30 ID:G99inSx+
映画館でみたほうがいい映画なのは間違いないが
友人に感想もとめられても勧められなかった

47 :名無シネマ@上映中:2008/03/25(火) 00:51:52 ID:s1UupAd9
昔マドンナのヌード写真集ってあったじゃない
きれいだけど筋肉質のカラダって感じの映画

48 :名無シネマ@上映中:2008/03/25(火) 01:10:13 ID:M9/FreCO
東欧に家の中で靴脱ぐ習慣があるなんて知らなかったな!
しかし、こんなに自分の為に動いてくれたり世話してくれたりする友達持ってる人って何人いるだろう。
僕は友達の為にここまでしてあげられることはないし、してくれる友達はいない(´・ω・`)
なんていい友達!
彼氏の両親の前でタバコを吸う女性がどうのこうのという説教とか、彼女の両親の学歴とかを気にする、とか
そういうのは日本と似ているなととても興味深かった。
しかし、おれは男だが、女性の気持ちが終始不安定なのがよく描かれてるなと思った。
監督とか脚本家とかは女性だったりする?

ともあれ、これに似た友達関係ってのは結構ありそうだ。
片方はのほほんとしてて何も考えてなくて、片方はしっかりもので気を揉んで。
(あのルームメイトはたぶん保育とか文学とか音楽とか専攻だったりするのかな・・・)

なんかなんと表現したらいいかわからんが、こういう繊細な、心の動揺を現す映画って
日本とか、この映画はルーマニア?とかしか作れんよね (たぶんアメリカが一番不得意)

僕は邦画が大好きで好んでよく見るんだけど、ここまでインパクトの強い(ショックな)のに出くわしたことは無くて
だから、今後この国の映画を積極的に選んで見て行くことになるかと思う。

49 :名無シネマ@上映中:2008/03/25(火) 09:42:27 ID:mJmTqckT
>>48
監督も脚本も男

2ちゃんねる映画ブログ

81 :RRD ◆3MranranlY :2008/05/22(木) 23:02:20 ID:RCHz7kJx
>>48
この2人って女の子特有の共依存なんじゃないの?
片方も「しっかりもの」なんかじゃなくて、きっちり相手に依存してる。
気をもんで、尽くして、自分の存在価値を確認して、今回の出来事も
いつものこととして片付けて、またいままでどおりの日常が続いていく。

50 :名無シネマ@上映中:2008/03/25(火) 22:41:31 ID:kYOx+3Fe
友達のためだけじゃなく自分のためでもあるだろうよ
ゴムなんて手に入らず避妊してないだろうから
いつ妊娠するかわからんし、した時にどう対処すればいいか
自分の目で見ておきたかったんだろう
そのときは、あの女に協力させるとして

51 :名無シネマ@上映中:2008/03/25(火) 23:21:47 ID:sRkDuYGa
ガビツァタンじゃ役にたたね~~

53 :名無シネマ@上映中:2008/03/26(水) 00:27:42 ID:Op7Pn4eW
2人はあの後、それまでとまったく同じ友人関係は
保てないかもしれないし

56 :名無シネマ@上映中:2008/03/28(金) 22:47:06 ID:Jy0dLxfN
長まわしと、あえて暗く低コントラストのカメラワークが良かった。
ルーマニア云々はさておき、あまりにガビツァが馬鹿杉と思ってるのに、
オティリアが最後まで付き合っているのが不思議だった。
ラストの肉の詰め合わせをオーダーしてるガビツァには、おそらくオティリアは、
「オマイいくらお腹が減ってるからって、肉なんて食べられる気分なんか!!」
叫びたい気分だったのでは?

58 :名無シネマ@上映中:2008/03/29(土) 18:17:22 ID:yXsaxpg0
監督、男だったんだね。
女の理不尽さを観たような気がした。

彼氏との約束を破ったのに理由を聞くとキレる。
友達を責める。自分は悪くないように言う。

61 :名無シネマ@上映中:2008/03/30(日) 11:26:01 ID:1Oeud4dk
主人公目線で見ればあの彼氏は身勝手でおこちゃま。
彼氏目線で見れば主人公のいらだちの原因や自分に合わせてくれないことにムカツク。

男女のすれ違いがすごくリアルに出てたと思うよ。

60 :名無シネマ@上映中:2008/03/29(土) 20:09:12 ID:CqczQz1/
最後女優はこっちを見た?
途中手にしたナイフと視線が重なって刺された感じがした。

2ちゃんねる映画ブログ

63 :名無シネマ@上映中:2008/04/05(土) 09:32:07 ID:zKU0En9K
昨日大阪で鑑賞
客層がやたら高齢者ばかりでびっくりした

こういう映画こそ今の若いカップルに観てほしい

ヴェラドレイクとはまた別の視点で観れてよかった

64 :名無シネマ@上映中:2008/04/08(火) 22:52:22 ID:Ge40Rulj
見納めしてきた。3回目だけど初めて寝なかった。
何度が見るとカメラワークよりもくだらねー会話の方が面白いな

70 :名無シネマ@上映中:2008/04/13(日) 17:51:00 ID:+ZiwM0rA
友達の中絶にあそこまでつきあったのは、
中絶という行為がチャウシェスク政権への無言の抗議
みたいな面もあるからだと思った。

オティリアの後ろを追うカメラワークがすばらしかったね。

71 :名無シネマ@上映中:2008/04/15(火) 01:08:15 ID:yuUaE2F9
バス。チケットなかったら何されるんだろう。

72 :名無シネマ@上映中:2008/04/15(火) 02:16:16 ID:ksIcK1sZ
ID没収とか

73 :名無シネマ@上映中:2008/04/16(水) 01:34:37 ID:7WNXpeOA
2000年頃は料金の2倍か3倍の記憶
80年代は?

79 :名無シネマ@上映中:2008/05/17(土) 10:49:36 ID:PBJf/XOv
1発(2発?)やらせてからは明らかに態度が柔らかになってるハゲにワラタ

80 :名無シネマ@上映中:2008/05/20(火) 21:51:10 ID:t8Z1H0dW
横に並んでの食事のシーンっていいよね

2ちゃんねる映画ブログ

81 :RRD ◆3MranranlY :2008/05/22(木) 23:02:20 ID:RCHz7kJx
つーことで見てきた。
時間と等価の空気を味わう映画だね。
早くルームメイトのもとに行きたいのに、つまらない話に付き合わされて
いらいらする、それをイライラしている役者の演技ではなくて、
実際につまらない話で時間を潰して客をイライラさせることにより
表現して、いかにもカンヌが喜びそうな映画。
 
94 :名無シネマ@上映中:2008/08/27(水) 20:25:58 ID:zm2OMAN8
今日観てきた
主人公がベベのナイフをとったのはどういう意味?

95 :名無シネマ@上映中:2008/08/28(木) 00:09:30 ID:qX0UljYX
普通、知らない男の荷物に武器見つけちゃったら
怖くて隠しとこうと思うんじゃない?
どう見ても医療行為に使う道具には見えなかったんだろうし、
何かに隠れたところから見つけてた様にも見えたし。

96 :名無シネマ@上映中:2008/09/20(土) 00:31:08 ID:bs59Hwfy
レンタルの煽りにつられて見たが、何の価値もない映画だったな。
こういうのを持てはやす感性がわからない。

97 :名無シネマ@上映中:2008/09/20(土) 20:59:58 ID:cyOV0Jn5
ストーリーだけ、映像美だけ を見たい人には向かないかもね

98 :名無シネマ@上映中:2008/09/20(土) 21:41:00 ID:bs59Hwfy
正直、観客が対価を支払ってまで得るような情報価値がなさすぎる。
せいぜいが、チェコスロバキアヒドスくらいのもの。
エンタメ要素を排するなら、思想性なり、風刺性なり、映像なり(主人公の徘徊部分か?)、なんらかの秀でるポイントがなければ評価できない。
偏った映画マニアがわざとらしく賞賛するようなつくりになってて、それを期待通りに持てはやしてるオナニー空間って感じ。

99 :名無シネマ@上映中:2008/09/20(土) 22:19:33 ID:cyOV0Jn5
チェコスロバキア?

きみ、世界地図見たことある?

101 :名無シネマ@上映中:2008/09/28(日) 01:04:40 ID:3sB3VVM0
確かに撮り方はいいと思います。
家族のシーンとか、ほんとイラっとするし、夜をさまようところは、ほんと緊迫感あるし、自分の視点なんて、動くから、カメラが一定に固定すると、自分の目をスクリーン上で動かして、自分の見ている感覚になるものなのね。

だけどー
夜徘徊できるの?女ひとりで、なにごともなく? ってそんなような時代なの?
時代背景がわからないし、女とか、人間の心理をまったく描けてない。
ただただ、むかつく。
むかつかせてどうすんだー!なにがいいたいんだー!!と
口直しの映画にヒトラーの偽札を観ました。走って銀座を駆け抜けて正解。吹っ切れたし、とてもヒトラーの偽札がいい映画だった。
というか、国は違えども、同じ時代でしょう。もっとなんかなかったのかと思います。

あとね、彼氏にいいづらいというか、いってもしょうがないことを、あんだけハッキリいう子なら、オバカな友達にも説教するか、怒鳴るだろうよ。
なんであそこまで友達のために駆けずり回っているのか、なんかそういう心理と行動が、チグハグなのも とても 違和感。 
だから背景描いて欲しかったです。

もう、ほんと残念。

104 :名無シネマ@上映中:2008/11/03(月) 00:50:45 ID:fpUJ27CR
ビックリするほど過疎ってるね。

オティリアは妊娠してるっぽいね。ツワッちゃってた。
胎児は本物かな。まさかね。

106 :名無シネマ@上映中:2008/11/03(月) 09:19:56 ID:1lFWjiS4
そもそもカンヌの感性が分からんけど、この映画はカンヌで
評価されてるのは何となくわかる。ルーマニアってこのあと数年後に革命が起きて大統領が
ぬっ殺されるんだよな?
ニュース映像とかで死体が公開されてた気がす。

110 :名無シネマ@上映中:2008/11/22(土) 10:47:32 ID:GTRL6R9m
昔のルーマニアの話されてもさぁ、「大変でしたね」って…
今のルーマニアが観たいよどっちかと言えば

108 :名無シネマ@上映中:2008/11/03(月) 10:35:50 ID:fpUJ27CR
鼻血は何か意味があるのかな。ただの演出かな。

112 :名無シネマ@上映中:2008/11/24(月) 05:17:00 ID:aUOSiz/X
今年のベスト20には入りそうだわ

113 :名無シネマ@上映中:2008/11/27(木) 22:32:32 ID:grxTcdjb
微妙な位置だw

116 :名無シネマ@上映中:2008/12/12(金) 13:17:47 ID:CfuRC+Kn
胎児を捨てる場所を探してるとき後ろから歩いてきた男の人にレイプされるのかと思った

117 :名無シネマ@上映中:2008/12/21(日) 17:15:40 ID:iWXOtqk5
結びは小細工しすぎだと思ったが、いい映画だった。
社会主義政権下でのSEXの不自由さは、戦時中の日本にも通じるものがあるんじゃないか、
日本を舞台にしておもしろいシナリオができそうだなと思った。
母性愛あふれる、くじけない強さを持つヒロイン像、構図や絵づくりからはなんとなく
ウィンターボトム監督の「ひかりのまち」を思い起こした。

118 :名無シネマ@上映中:2008/12/30(火) 21:53:28 ID:xzjNPcwS
いい映画見たなー
胎児を殺した直後に誕生日パーティーに向かうのが何とも皮肉だね

119 :名無シネマ@上映中:2008/12/30(火) 22:14:52 ID:xzjNPcwS
DVDのコピーに衝撃の結末とか書いてあったが
どーゆー意図でつけたんだこのコピー
シャマラン好きでも釣ろうとしたのか?
べつにどんでん返しがあるわけでもないし見た人怒ると思うんだが

121 :名無シネマ@上映中:2009/01/07(水) 16:23:49 ID:sqaOa0+A
>>119
「胎児を処分したあと食欲って沸くのか普通?!」っていう衝撃

124 :名無シネマ@上映中:2009/02/17(火) 23:08:39 ID:oqWHZ71d
>>119
こういう地味な作品は多少大袈裟なキャッチコピーで煽らないと客来ないからだよ。
誤解や期待を与えるキャッチコピーを添付する。よくやる手法だよ。

125 :名無シネマ@上映中:2009/02/23(月) 19:11:08 ID:KODemQ4D
ちょうど今日見て>>119と同じ感想
だって、絶対死亡フラグ立ってると思ったのに
変な先入観持たせるなよパッケージのズレた告知でw

「或る子供」に似た印象
あれもパルムドールだったな
赤ちゃんブームですなカンヌは!

122 :名無シネマ@上映中:2009/01/23(金) 20:08:27 ID:2UcH5kNS
アンダーヘアは拝めたのにおっぱいが拝めないなんて納得できない!

130 :名無シネマ@上映中:2009/03/19(木) 19:18:43 ID:WVwXiyC6
いかにもカンヌが好きそうな映画でした。アジア人にはわかりにくいね


関連記事

  1. 2009/05/09(土) 10:11:45|
  2. や行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ハンサム★スーツ | ホーム | 大いなる陰謀>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/632-51276da3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR